deaikeitaiken_novel

【PCMAXセフレ】ハーフのパイパン美人モデルとオフパコsex

投稿日:

 


 
スリムなハーフのモデルの手に引かれるようにして、8階のペントハウスへ来ていた。ラブホテル『ラブD』の中では一番値段の高い部屋だ。8畳の和室には花柄のダブルサイズの蒲団が2組敷かれていて、別に巨大なダブルベッドの部屋があり、その二つの部屋はラブソファーが4セットも置かれた、ふかふかの絨毯敷きのリビングと接している。4人が楽に入れるジャグジー付の内風呂と、その窓外にほぼ同じサイズの露天風呂まで付いている。この部屋の食事のメニューは一般の部屋とは違い、オードブルやボトル売りの酒類が豊富に載っている。要するにパーティーに向いている部屋なのだ。過去にはいっぺんに20名で乱交パーティーを開いたグループがいて、騒ぎすぎて近隣のホテルから苦情が来たこともある。ウィークデイには、AVのロケにも使われていた。
 
その部屋の中、リビングの白く大きなラブソファーへ、俺とセフレのモデルが座っている。「あなたと二人きりになりかたかった」細身のハーフのモデルの瞳が潤んでいる。彼女の手が俺の手を握りしめていた。「彼女・・・僕は・・・何を」そう僕が言いかけると、言葉を彼女の唇が止めてきた。唇だけの触れ合いのあと、一旦距離を置いて、キュートなハーフのモデルがじっと見つめて。「抱いて欲しいの」そう呟いて、僕の答えを待たずに、ユニフォームのパンツに手を掛けてきた。二人とも、ホテルのユニフォームを着ていた。ウェストゴムのパンツは簡単に脱がすことが出来る。ビッチなハーフのモデルが下げるには腰を浮かせなければならない。
 
じっと座ったままでいると「脱ぎたくないの?」「僕が先なの?」そう訊くと、モデルはそこで立ち上がり、自分でジャンパーとパンツを脱ぎ、ブラジャーとTバックのショーツだけになった。スレンダーなモデルは身長が160センチほどのスラッとしたスタイルをしている。余分な脂肪がなく美しい肉体だった。女性らしい筋肉とボリュームのあるバストとヒップ。褐色の肌に真っ白な下着が眩しい。僕が言葉を発せず、人差し指の指先を下向きにして、ぐるぐる回すと、モデルは微笑んで頷き。その場でゆっくり回転し始める。プリッと腰高の尻、はみ出さんばかりに豊満なバスト、それらが目の前で舞っている。「全部脱いで」20代のモデルは僕を正面で止まり、僕の指示に従う。まず、ブラジャーのフロントホックを外し、ポンと双丘が飛び出した。
 
褐色の肌に良く合う黒褐色の乳首が大きな乳輪の中に立ち上がっていた。東洋系バストは自由になると横に広がるが、ヤリマンのモデルの胸はギリシャ彫刻のように形を整えたままだ。神秘的なまでに美しかった。細身のハーフのモデルの両手が下がり、Tバックのショーツに掛かる。後ろは一本の紐、フロントもギリギリまで狭めたデザインだ。両サイドに置いた手が下がっていくと、土手を過ぎたあたりでツルッと一気に降ろしてしまった。そこには陰毛が何もなかった、見事なまでにツルツルだ。脱毛用のワックスをブラジリアンワックスと言うくらいだから、パイパンは常識なのかもしれない。手指を使って後ろ向きになり、俺の方へ尻を突き出すように無言で指図すると、彼女は黙って反転しこちらへ尻を向け、前屈みになり手で尻の割れ目を開いて魅せた。
 
そこも綺麗に処理されていた。肛門の周りにも一本も残っていなかった。白人系の女性が好みの同僚がいて、ブラジル人の彼女とセックスした時に、毛が多くて参ったと話していたから、多毛をイメージしていたのに裏切られた。だが、綺麗なのだ。良しとしよう。全裸の彼女は僕へ近づき、ユニフォームと下着をすべて脱がせた。先ほどのストリップショーでペニスはそこそこの形状まで膨らんでいた。セックスフレンドのモデルはそこをじっと見つめて一言。「素敵」と囁いた。僕は自身のペニスを標準サイズだと判断していたから『素敵』と言われて、言外に大きいとの評価を得たように感じて、嬉しくなってしまう。
 
二人、ソファーに全裸で座っていると、スリムなモデルが手を差し出して、俺の股間の肉筒をそっと握ってきた。「舐めてみたいでしょ?」「うん・・・」頷いて、セックスフレンドのハーフのモデルは真っ赤なルージュの唇の中へ、怒張の先端を誘い込んだ。『ブチュ、チューチュー』と部屋中に響くほどの音で吸い上げ、舐めまくる。色っぽいモデルの美しい顔が頬を凹ませ歪んでいた。またぞろ、海外それもドイツやフランスの強烈なAVを観ている感覚に襲われる。俺の身体の他の部分よりも黒いはずの肉筒は、モデルの口に含まれるとその褐色にはかなわなかった。二つは美しいコントラストになっている。僕は豊満なバストへ手を伸ばす。パンパンに張った双丘は、掴むと心地よい弾力があった。すでに硬く尖っている乳首は皺立っている。指先でつまむと。「ああ、いい・・・」モデルの口から呻き声が放たれる。黒褐色のそそり立つその粘膜は、見た目より敏感で反応が的確だった。左右の乳首を同時に虐めると、彼女の身体がピクンと跳ね上がる。
 
「ああ・・・ダメ」「止したほうがいいの?」「ううん・・・」もっとして欲しいようだ。洋子、マリアと比べると可愛らしいハーフのモデルが見た目も、性格も一番きつそうに思えていた。事実、副店長として朝礼や仕事の指示をするときは相手に対して厳しい態度で接していた。モデルがSかMかと問われれば、ほぼ100%の人間がSだと応えるだろう。それがここに来てからは、命令をしているつもりはないのに、スリムなモデルは僕の言いなりになっている。驚くほど従順だ。「股を開いて」その言葉で脚を裂けるように広げた。ツルツルのヴァギナが丸見えになる。ソファーの正面に大きな姿見があって、そこには二人がソファーに座り、sexフレンドのモデルが俺のペニスを吸い、大きく股を開いている絵が映っている。セフレのモデルに鏡を見るように指示すると、じっと鏡面に映る自分を見つめている。その瞳が潤んで涙が溢れている。
 
「悲しいの?」「ううん・・・綺麗」パイパンのモデルは一旦唇を放し、そう答えた。鏡に映し出されたキュートなモデルのヴァギナはテラテラに光っていた。裂いた股間の中心へ手を持っていき、指先をドロドロに溶けだしている淫孔へ沈めた。「ああ、素敵」指先は深みにはまり、奥底まで誘われる。卑猥で複雑な壁が指に絡みつく。その指を掻き出すように動かすと、透明だが濃い愛液が指を伝い長い糸を引いて垂れた。ハーフのモデルに弄ばれているペニスは、大きくエラを張りコチコチになっていた。「彼女、上になって挿れてみて」「嬉しい・・・」美しいモデルは座っている俺に背を向け跨ぎ、ペニスの上に無毛のヴァギナを位置する。俺はハーフのモデルの肩越しに鏡に映る可愛いモデルの表情を見る。真剣なまなざしで、怒張へ手を添え、鏡に映るその淫茎をヴァギナの中心へ宛がい、妖艶に口を開けた淫孔へ注意深く飲み込ませていく。
 
「あああ・・・うんんん」深く入り込むに従い。嗚咽が高なっていく。「いいわ・・・素敵・・・うぐぐ・・・」「うっ」無言で耐えようとしていた俺も呻きが出てしまう。「好きなように動いて」俺がそう言った途端、彼女は我を忘れて、腰をひねり叩きつけてくる。「えぐぅ・・・がぁぁ」獣に変わっていくパイパンのモデル。鏡に映る激しい動き。みるみる20代のハーフのモデルの背中に汗が噴き出してくる。俺は手を伸ばして、クリトリスを刺激しようとした。だが激しく動いているので触れることが出来ない。両手で彼女の腰を抑え、動きを止め、すかさず淫核を探し、指先で撫ぜる。「あああ・・・いい・・・逝きそう」その言葉と共に蜜壺が収縮した。
 
そこも綺麗に処理されていた。肛門の周りにも一本も残っていなかった。白人系の女性が好みの同僚がいて、ブラジル人の彼女とセックスした時に、毛が多くて参ったと話していたから、多毛をイメージしていたのに裏切られた。だが、綺麗なのだ。良しとしよう。全裸のハーフのモデルは僕へ近づき、ユニフォームと下着をすべて脱がせた。先ほどのストリップショーでペニスはそこそこの形状まで膨らんでいた。20代のハーフのモデルはそこをじっと見つめて一言。「素敵」と囁いた。俺は自身のペニスを標準サイズだと判断していたから『素敵』と言われて、言外に大きいとの評価を得たように感じて、嬉しくなってしまう。二人、ソファーに全裸で座っていると、20代のモデルが手を差し出して、俺の股間の肉筒をそっと握ってきた。
 
「舐めてみたいでしょ?」「うん・・・」頷いて、モデルは真っ赤なルージュの唇の中へ、怒張の先端を誘い込んだ。『ブチュ、チューチュー』と部屋中に響くほどの音で吸い上げ、舐めまくる。ハーフのモデルの美しい顔が頬を凹ませ歪んでいた。またぞろ、海外それもドイツやフランスの強烈なAVを観ている感覚に襲われる。俺の身体の他の部分よりも黒いはずの肉筒は、ヤリマンのハーフのモデルの口に含まれるとその褐色にはかなわなかった。二つは美しいコントラストになっている。俺は豊満なバストへ手を伸ばす。パンパンに張った双丘は、掴むと心地よい弾力があった。すでに硬く尖っている乳首は皺立っている。指先でつまむと。「ああ、いい・・・」彼女の口から呻き声が放たれる。
 
黒褐色のそそり立つその粘膜は、見た目より敏感で反応が的確だった。左右の乳首を同時に虐めると、彼女の身体がピクンと跳ね上がる。「ああ・・・ダメ」「止したほうがいいの?」「ううん・・・」もっとして欲しいようだ。洋子、マリアと比べると彼女が見た目も、性格も一番きつそうに思えていた。事実、副店長として朝礼や仕事の指示をするときは相手に対して厳しい態度で接していた。パイパンのモデルがSかMかと問われれば、ほぼ100%の人間がSだと応えるだろう。それがここに来てからは、命令をしているつもりはないのに、モデルは俺の言いなりになっている。驚くほど従順だ。「股を開いて」その言葉で脚を裂けるように広げた。
 
ツルツルのヴァギナが丸見えになる。ソファーの正面に大きな姿見があって、そこには二人がソファーに座り、モデルが僕のペニスを吸い、大きく股を開いている絵が映っている。パイパンのモデルに鏡を見るように指示すると、じっと鏡面に映る自分を見つめている。その瞳が潤んで涙が溢れている。「悲しいの?」「ううん・・・綺麗」可愛いモデルは一旦唇を放し、そう答えた。鏡に映し出されたモデルのヴァギナはテラテラに光っていた。裂いた股間の中心へ手を持っていき、指先をドロドロに溶けだしている淫孔へ沈めた。「ああ、素敵」指先は深みにはまり、奥底まで誘われる。卑猥で複雑な壁が指に絡みつく。その指を掻き出すように動かすと、透明だが濃い愛液が指を伝い長い糸を引いて垂れた。ハーフのモデルに弄ばれているペニスは、大きくエラを張りコチコチになっていた。
 
「上になって挿れてみて」「嬉しい・・・」モデルは座っている俺に背を向け跨ぎ、ペニスの上に無毛のヴァギナを位置する。僕は20代のハーフのモデルの肩越しに鏡に映るヤリモクのハーフのモデルの表情を見る。真剣なまなざしで、怒張へ手を添え、鏡に映るその淫茎をヴァギナの中心へ宛がい、妖艶に口を開けた淫孔へ注意深く飲み込ませていく。「あああ・・・うんんん」深く入り込むに従い。嗚咽が高なっていく。「いいわ・・・素敵・・・うぐぐ・・・」「うっ」無言で耐えようとしていた僕も呻きが出てしまう。「好きなように動いて」僕がそう言った途端、パイパンのハーフのモデルは我を忘れて、腰をひねり叩きつけてくる。「えぐぅ・・・がぁぁ」獣に変わっていくモデル。鏡に映る激しい動き。みるみる20代のハーフのモデルの背中に汗が噴き出してくる。俺は手を伸ばして、クリトリスを刺激しようとした。だが激しく動いているので触れることが出来ない。両手でハーフのモデルの腰を抑え、動きを止め、すかさず淫核を探し、指先で撫ぜる。「あああ・・・いい・・・逝きそう」その言葉と共に蜜壺が収縮した。
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【PCMAXやれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【PCMAXセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【PCMAXヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【PCMAX体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【PCMAXハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【PCMAXヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【PCMAXやれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【PCMAXセフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.