deaikeitaiken_novel

【ハッピーメール出会える】美人の爆乳若妻と不倫中出しセックス

投稿日:

 


 
あれは確か3年前だったかな。当時自分は31歳。勤めていた会社を辞めちゃって、これからどうしようかなーとか考えながらも貯金を切り崩してお気楽な無職生活を送っていたんだ。んで経験ある人なら分かると思うけど無職というのは本当に暇なんだよね。特にやりたいこともなかった俺は出会い系のハッピーメールのアプリをいじったりして日々漫然と過ごしてたんだ。ただ次第に体を動かしたくなってきて、近くのプールに行くようになった。自分が住んでたのは地方の田舎で、しかも俺が行く時間帯は午前中ばかりだったから人が少なくて快適だった。
 
1ヶ月ほど通ったある日のことだった。その日は自分しかいなくていつにもまして快適だった。存分に泳いでいたそのとき、一人の女性がプールサイドにやってきた。今でもあのときの光景は忘れられない。長い睫毛に覆われた切れ長の美しい瞳、スラッとしていながら程よい肉付きの長身、白い肌と濃いめのブルーの競泳水着のコントラストが映えていた。年齢は30前半といったところか、だが見ようによっては20代にも見える整った顔立ちをしていた。美しいという言葉がこれほどまでに合う女性を見たのはこれが初めてだった。天窓から注ぐ日光も相まって、俺には彼女からキラキラと輝くオーラみたいなものが発せられている錯覚すらした。
 
さらに驚いたのはその胸だった。水着に窮屈に抑え込まれているが、その大きさは隠しきれていなかった。びっくりするくらいにドン、と盛り上がっていたんだよね。俺の存在に彼女も気づいたようだったが、何事もなかったかのようにプールサイドでストレッチを始めた。俺も俺でゴーグル越しとはいえいつまでもガン見していては怪しまれると思い、再び泳ぎ始めた。とはいえ泳いでいる最中も彼女のことが気になってしょうがなかった。はっきり言ってこんな片田舎に似つかわしくない女性だった。一体何者なんだろう、どこに住んでるんだろう、興味は尽きなかった。やがてストレッチを終えた彼女もプールに入ってきた。プールには自由遊泳区域の横に2つのレーンがあって、俺はその内の1つで泳いでいた。彼女はその隣のレーンに入った。俺はなぜだか緊張していた、何か起こるわけでもないというのに。しばらくの間、二人とも黙々と泳いでいた。
 
だが俺は男の性には逆らえず、水から顔を出している間チラチラと彼女のほうを見てしまうのだった。やがて俺の中で一つの考えがまとまりつつあった。なんとしてでも彼女とお近づきになってやる、と。次にいつ会えるという保証はない、だとすれば今日のうちに勝負するしかなかった。ところでこのプールでは定時ごとに10分間の休憩時間が設けられている。その間は遊泳者はプールサイドのベンチなどで過ごす必要があるのだが、そのときがチャンスだと思った。そしていよいよ休憩時間のアナウンスが入った。彼女は先にプールサイドに上がると、俺がいる位置から一番近いベンチに腰を掛けた。ラッキーだと思った。そこならば俺が座っても不審には思われないだろう、
 
一番近いところなのだから。俺もプールサイドに上がり、彼女と少し間隔を空けてベンチに腰掛けた。広い空間に(監視員が遠くにいたが)二人きり、俺の心臓はバクバクしていた。どうやって話しかけよう、心の中で何度も考えを浮かべてはああでもない、こうでもないと模索していた。早くしないと休憩時間が終わってしまう、俺が意を決して声を出そうとしたそのときだった、信じられないことが起こった。「ここにはよく来られるんですか?」なんと彼女のほうから俺に話しかけてきたのだ!あまりに意外な展開に俺は内心かなり動揺した。だがここでうろたえて変な男と思われては元も子もない。
 
俺は微笑みながらいたって自然な様子を装って答えた。「ええ、運動不足なのでよく泳ぎにくるんです」「あら、とても運動不足には見えないですよ。すごい筋肉じゃないですか」今さらの話で恐縮なのだが俺は大学までラグビーをしていたので多少落ちたとはいえ筋肉はかなりあるほうだった。彼女は俺の体を眺めながら言った。「私も筋肉をつけたくて。ほら、今筋肉をつける女性が多いじゃないですか。私もああなろうと思って」その言葉を聞いた瞬間俺は閃いた、彼女との距離を縮める最高の計略を。俺は言った。「そうなんですか、自分のこの筋肉は水泳をベースに作り上げたんですよ」「えー、そうなんですか、やっぱり水泳って筋肉つきますよねぇ」もちろん俺が言ったことは嘘だった。水泳なんてたいしてやったことはない。俺は続けて言った。「ただ、単に泳いでるだけだとなかなか筋肉ってつかないんですよ。使う筋肉を意識しなきゃだったりだとか結構コツがいるんです」これも思いついたままのでまかせだ(ひょっとしたら本当なのかもしれないが)。だが案の定彼女は食いついてきた。「ええっ、そうなんですか?一体どうすれば?」
 
俺は勝負をかけにいった。「よければこの後少し教えましょうか。知ってるのと知らないのとでは大違いですから」俺の言葉に彼女は目を輝かせながら言った。「ハイ!ぜひお願いします!」俺は勝負に勝った。休憩時間が終わり、二人でプールに入った。俺は自分でも驚くくらいにスラスラとコツ(?)を伝授していった。とはいえ元々筋トレに関する知識は有り余るほど持っていたので、それを応用すればさほど自分にとって難しいことではなかった。実際彼女も感心しきりで、俺の言葉の全てを信じきっているようだった。お互いに関する話も色々とした。彼女の名前はリョウコさん、どうやら主人の仕事の関係で最近この辺りに引っ越してきたらしい。それまでは東京にいたらしく、彼女の田舎っぽさを感じさせない姿の謎が解けた気がした。
 
また、間近で見る彼女の肉体の破壊力は凄まじかった。きめ細やかな美しい白い肌、むっちりとしたヒップ、そして水着を突き破らんばかりの爆乳。俺は勃起しないように気を鎮めるので内心必死だった。そんなこんなで午前中は彼女と付きっきりの至福の時間だった。やがて専業主婦は言った。「今日は本当にありがとうございました。そろそろ帰らなくちゃ。私のせいで全然泳げなかったでしょう。本当にごめんなさいね」まずい、帰ってしまう、俺は焦った。連絡先を聞こうか、いやそれはまだ早い気もする…。とりあえず俺は言った。「いえ、いいんです、一人で泳いでいるのも寂しかったですから。自分はいつもこの時間にはここにいるのでよかったらまた教えますよ」すると彼女は瞳を輝かせて言った。「本当ですか!それはすごく嬉しいわ、まるで専属のスポーツトレーナーができたみたい。また来るのでぜひよろしくお願いします」俺は心の中でガッツポーズを繰り返していた。
 
この反応は嘘でも社交辞令でもない、本心だ。近い内にまた清純な人妻と会えることを確信していた。そして数日後再び美人妻は現れた。「あっゆうき先生!今日もよろしくお願いします!」巨乳の美人妻は茶目っ気たっぷりな笑顔で話しかけてきた。「やだなぁ先生だなんて…。こちらこそよろしくお願いします」そうしてその日も俺のインチキ(?)トレーニングが始まった。三十路の美人妻は相変わらず、ふんふん、とか、なるほど、などと呟きながら俺の言葉の一つ一つに熱心に耳を傾けていた。俺はレッスンをしながら、自分の中に黒い欲望が湧き上がってくるのを感じていた。清純な主婦とヤリたい、正直健全な男子なら誰もがそう思ってもおかしくないと思う。だがどうするか、俺は今後のプランを考えていた。するとまた信じられないことが起こったのだ!
 
「ゆうきさん、よろしければこの後ランチでもどうですか?教えていただいているお礼にご馳走させて頂けませんか…?」俺は天にも昇る気持ちだった。まさか向こうから更なるアプローチをかけてくるとは…渡りに船とはこのことか。「いいんですか?なんだか気を遣わせてしまって申し訳ないです」「そんなことないですよ、ゆうきさんの教えは本当に役に立っていますから。これくらいさせてもらわないと私の気が済まないわ」「そうですか、じゃあお言葉に甘えちゃおうかな」「よかったー!断られたらどうしようかと思っちゃった!」清純な若妻は満面の笑みを浮かべていた。それが本当に可愛らしくて、ますます自分の中で雄としての欲望が湧き上がるのを感じていた。二人でプールサイドに上がると、後ほどロビーで落ち合うことに決まった。俺は更衣室で着替えながら考えていた。初対面でセフレの若妻のほうから話しかけてきたこと、レッスン中の熱心な様子、そして人妻でありながら男と二人きりでのランチ。
 
俺は確信めいたものを感じていた、人妻のほうも俺に気があると。そう思うと俺の心はまるでリミッターが外れたようになっていた。絶対にセックスに持ち込んでやると。着替えを終え、先にロビーに着いた俺は傍らのソファーに座って待つことにした。その間も清純な奥さまとのセックスについて考えては妄想を膨らませていた。しばらくすると清純な若妻がやってきた。「ごめんなさいね、お待たせしちゃって」俺は私服姿の主婦に目を奪われていた。淡いピンク色のノースリーブの薄いマキシワンピースが女体の肉感的なラインを惜しげもなく晒し、豊潤な色香を放っていた。そして肩の高さで切り揃えられた艶のある黒髪。俺はそれまでスイムキャップを被った清純な奥さましか見たことがなかったから、髪を下ろした姿を見るのは初めてだった。まるでファッション誌の一面から飛び出してきたような容姿をしていた。「あら?どうかしました?」固まっている俺にセフレの若妻はキョトンとした眼差しを向けた。「あ、いえ…綺麗だなーと……」「あらやだわ、こんなおばさん相手にして。さ、行きましょう」
 
清楚な若妻はふふっと笑うと外へと歩き出す、俺もそれに続いた。彼女は車で来ていたので俺はそれに同乗させてもらうことになった。「行きつけの美味しい和食屋さんがあるの。そこでいいかしら?」「はい、ぜひお願いします」そうして車は走り出した。車中では色々会話したのだが驚いたことがひとつあった。俺は奥さんは30前半くらいだと思っていたのだが、なんと実際には40になったばかりだというのだ。こんなに若々しく見える40歳を俺は見たことがなかった。俺の心はますます人妻に惹かれていった。店に到着してからも会話は尽きなかった。「それにしてもゆうきさんの筋肉は本当にすごいわ?。惚れ惚れしちゃうもの」「ありがとうございます。けど昔はもっとすごかったんですよ。今は筋トレサボりがちだから」「えー!これよりすごいなんて見てみたかったわ?。私、男の人の筋肉大好きなの」「そうなんですか!なんか照れちゃうなー」「私の主人なんてヒョロヒョロで……。見てて心配になっちゃうもの」
 
「でしたらご主人も一緒にレッスンしましょうか、ははは」すると人妻の表情が曇った。冗談のつもりだったが何かまずいことを言ったかな、俺は急に不安になった。セフレの若妻は晴れない表情のまま言った。「ううん、あんな人もういいの。仕事ばかりで私のことも気にしてくれないんだから」その後も次々と飛び出してくるご主人への愚痴。どうやら夫婦関係はうまくいっていないようだった。なるほど、だから別の男に興味を持つようになったのか、俺は心の中で納得していた。それに女は男と違い性欲のピークは30を過ぎてからくると聞いたことがあった。だとすれば奥様も欲求不満の可能性は十分にある。その考えが俺の口を滑らせた。「遼子さんみたいな美しい女性をないがしろにするなんて信じられないなぁ。僕が遼子さんの旦那さんだったら毎日……」言いかけた瞬間しまった、と思った。ところが爆乳の美人妻は目を爛々とさせて俺を覗き込んでくる。「なぁに?毎日?」俺は必死に考えた末言った。「あ、いや…毎日抱き締めるのになぁ…と……」なるべく上品な言葉でお茶を濁したつもりだった。
 
俺は内心「頼む、気持ち悪いとか思わないでくれ!」と願わずにはいられなかった。恐る恐る彼女の顔を覗き込む。するとそこには照れた笑みを浮かべる主婦がいた。「やだ…ゆうきくんたら……。こんなおばさん相手に何言ってるの…」どうやら俺の言葉は奥さんの心に響いているようだった。俺はこのときに覚悟を決めた。店を出て、再び二人で車に乗り込む。そして、助手席に座った俺は、すかさず、奥さまの唇を奪った。彼女は一瞬驚いた顔をしたが、すぐに雌の顔になっていった。しばらくの間お互い求め合うように舌を絡め合った。さらに互いの肩に手を回し、より強く求め合った。どれくらいの間そうしていたか覚えていない。しかしやがてどちらからともなく唇を離した。唾液の糸がツーっと引いていた。しばらくの間お互いに無言だった。俺は静かに口を開いた。「彼女……今日はもっと涼子さんと繋がっていたい……」俺の言葉に清純な若妻は前を向きながら言った。「……私も」そう言うやエンジンをかけ、車を走らせた。
 
行き先はお互い言わずとも分かっていた。ホテルの部屋に入るやいなや、俺は30代の人妻をベッドに押し倒した。そして再び互いに唇を貪り合う。やがて俺の手は爆乳の若妻の大きく盛り上がった豊満なオッパイにかかった。俺は欲望のタカが外れたように、ワンピース越しに荒々しく胸を揉みしだいた。「あっ…はぁん…もっとぉ……」奥さんが切なげな声を漏らす。俺はその言葉にますます欲情し、ぐにぐにと何度も何度もオッパイの感触を味わっていた。手に収まりきらないほどのそれは、形を変えながらも心地よい弾力を俺に返してくる。手だけでは飽き足りなくなった俺は顔を押し当て、顔面いっぱいに彼女の温もりを感じていた。清純な若妻もそれを受け入れるかのように俺の頭に手を回す。「ふふっ…ゆうきくんたら積極的ね……」「だって…遼子さんがあまりにも素敵だから……」「私ったらもう濡れてきちゃった……。ねぇ…アソコも……触って……?」俺は片手はオッパイに置いたまま、もう片方の手でワンピース越しにオマ○コをまさぐった。「あっ、あっ、いいっ、いいのぉ!」俺の指先の動きひとつひとつに30代の若妻は敏感に反応していた。
 
それが俺の加虐心をくすぐり、ますます指の動きを早めていく。「ああっ!もうダメぇ!イッちゃう!ああっ!」細身の若妻の体がびくんと跳ねた。その後も小刻みに全身を震わせる。どうやら軽くイッたようだった。それを見ていた俺は内心ほくそ笑んだ。三十路の専業主婦はイキやすい体質らしい、であれば今日何度でもイカせてやる、そんな欲望が湧き上がってきた。奥さんに服を脱ぐように促す。少し恥ずかしそうにしながらsexフレンドの若妻は静かに立ち上がると、ゆっくりとワンピースを脱ぎ始めた。それを見ながら、俺も着ていた服を脱ぎ捨てボクサーパンツ一枚の姿になった。セフレの専業主婦が着ていたワンピースをはらりと床に落とした。刺繍の細かい、黒のレースの下着姿。しかも下はTバックだった。むっちりとした人妻のセクシーな装いに俺は我慢できず、背後から彼女に抱きついた。巨大なブラに覆われたオッパイに手をかけ、秘所を下着越しにまさぐる。そしてすでにいきり勃った自分のち○ちんを主婦の尻の谷間に何度も何度も擦り付けた。
 
肉付きの良い尻は俺のおちんちんに心地よい感触を返してきた。「やっ…!ハァん……気持ち…いい……」彼女は恍惚の表情を浮かべていて、まるで一人別世界へ行ってしまっているようだった。やがて俺はブラのホックを外し、豊満な胸を露わにさせた。俺は思わず息を飲んだ。そこには垂れずに形良く張り詰め、そしてまるで処女のそれのように美しい桜色の乳首があった。ますます40歳の人間とは思えず、俺は人体の奇跡を目の当たりにしている気分だった。「恥ずかしいからあまり見ないで…」若妻はそう言うが、こんな見事な豊乳を前にしてそれは無理な話だった。俺は再び主婦をベッドに押し倒すと、露わになった胸を欲望の赴くままに揉みしだいた。溢れんばかりの乳肉は俺の指の間から零れ落ちていく。こんな爆乳を相手にしたことがなかった俺は、すっかりその弾力と重量感の虜になっていた。
 
乳首はすっかり硬く尖りきり、ぴんっ、と存在感を主張していた。片方の乳首に吸い付き、もう片方を指で摘んでコリコリと転がす。「きゃっ!ああっ、いいっ!」奥さまが一際甲高い声を上げる。それに気を良くした俺は一層舌と指を動かし続けた。「ああっ、だめぇ!乳首、乳首弱いのぉ!んんんー!」美人妻の顔は真っ赤になっていた。やがて俺は乳首から指を離すと、Tバックの中へと手を忍び込ませた。そこは信じられないほどにぐっしょりと濡れていた。俺はずぶずぶと指を侵入させ、指先をぐりぐりと動かした。「あああっー!!いいっ!!」吸い付いていた乳首がますます硬くなった気がした。俺はトドメと言わんばかりに高速に指先を動かした。「ああーーッ!!イクぅーー!!」再び奥さまは全身を震わせながら絶頂を迎えた。太腿はガクガクと何度も痙攣していた。「あぁ……あぁ……」虚ろな瞳で宙を見つめている奥様。だが俺は責めの手を緩めなかった。Tバックを横にグッとズラすと、露わになった秘所に舌を這わせた。
 
「あっ!まっ、待って!」主婦の声に耳を傾けず、俺はぐちゅぐちゅといやらしい音を立てながら舐め続けた。「あぁっ!!イッ、イッたばっかりだからぁっ!敏感になってるからぁ!」俺は対象をぷっくりと剥き出しになったクリトリスに定め、責め続けた。舐め上げ、吸い付き、舌で転がし…、本能のままに責め続けた。「あああッッーー!!」30代の奥さまが絶叫したかと思うと、膣口から分泌液がトロトロと流れ始め、やがてプシャーッと潮を撒き散らした。俺は顔を潮まみれにされながらもまだ舌を動かしていた。「おっ!おかしくなるッ!おかしくなっちゃうぅ!!ンああッ!!!」欲求不満な専業主婦が背中を弧のように大きく仰け反らせた。
 
俺はようやく顔を離すと、吹き出した潮がベッドの外まで飛び散っていった。驚くほどの大量の潮を撒き散らした後、若妻はぐったりとしていた。「どうでした?気持ちよかったですか?」俺の言葉に奥様は力なく答えた。「もう……こんなにイッちゃったの初めてよ……」その顔には満足気な微笑があった。「じゃあ今度は僕を気持ちよくしてもらえませんか?」そう言うと俺はパンツを脱ぎ捨て、いきり立ったチンチンを彼女の顔の近くまで持っていった。彼女はふふっと笑った。「すごい……ここも逞しいのね……主人のとは大違い……」そう言うと舌をべろりと出し、裏筋を何度も舐め上げた。やがてぱっくりとチンチンを咥えると、顔を上下に何度も動かし竿全体を刺激する。ゾクゾクするような快感が俺を襲う。
 
そして何より人妻にちんちんをしゃぶらせているという背徳感が俺をたまらなく興奮させた。「んっ…んっ…」瞳を閉じ一心不乱に俺のチンポにむしゃぶりつく30代の美人妻。やがて玉の裏もべっとりと舐め上げ、玉袋ごと口の中に収めてしまった。あまりの痴態に俺の興奮も頂点に達していく。「主婦、もう我慢できない!挿れますよ」彼女は玉袋を咥えたままコクンとうなづいた。俺は清純な主婦の上に覆いかぶさると、Tバックをグイッと横にズラし一気にちん○んを突き立てた。「あぁっ!すごいっ!!大きいぃっ!!それに、筋肉がっ!筋肉がたまらないのぉっ!!」喘ぎながら専業主婦が俺の太い二の腕にしがみつく。俺はまるで犯すようにオチ○チンを何度も何度も突き立てた。この女は今俺のモノだ、そういわんばかりに。
 
その一突き一突きに細身の若妻は高い嬌声を上げていた。突き入れながら巨大なバストに顔をうずめる。そして両手でおっぱいを寄せて、顔面いっぱいに広がる更なる圧迫感を楽しんだ。「あぁっ!あっ!あっ!!あぁっ!!」人妻はこれ以上ない淫らな表情をしていた。瞳は濡れ、広げた口元からはだらしなく涎を垂らし、頬は真っ赤に染まっていた。気づけば俺は唇を奪っていた。清純な人妻もそれを受け入れ、お互い求め合うように舌を絡め合う。そして互いの体を強く抱きしめ合った。身も心も一つになった瞬間だった。そして。「んっ!んんっー!!イっ、イクぅぅ!!!」俺も清楚な人妻もほぼ同時に絶頂を迎えた。その後二人並んで寝ながらしばらく話をしていた。スリムな主婦も最初に俺を見た時からドキドキしていたこと、自分のような筋肉男に抱かれてみたいという願望があったこと、色々話をしてくれた。
 
俺は爆乳の奥さまに聞いた。「またこうして愛し合ってくれますか?」すると爆乳の奥さんはニッコリと笑いながら俺にキスをしてくれた。その日から美人妻とは何度も体を重ねた。ある日には客も監視員もいなかったことをいいことに、プール内で互いの性器を弄り合った。そしてそのまま背後から突きまくってイカせてやった。それだけではお互いに満足しきらず、男子更衣室のシャワールームに二人で入って体を重ねた。いつ誰が来るかも分からない中、狭い密室で肉体を貪り合うSEXというシチュエーションは最高に興奮した。またある日には俺は全裸で両手を縛られ目隠しをされ、欲求不満な若妻に全身の筋肉をさわさわとまさぐられ続けた。淡い刺激の連続に当然チ○ポは硬くなりピクッ、ピクッ、と反応する。だが悲しいことになかなかそこには触ってもらえない。
 
やがてどうしても我慢できなくなった俺が叫ぶように哀願すると、セフレの専業主婦は笑いながらようやくちんぽをしごいてくれた。その時は信じられないほどに大量のスペルマをぶちまけたことを覚えている。そんな風に、田舎暮らしで刺激に飢えていた俺たちは狂ったように愛し合った。だがそんな日々も突然終わりを迎えることになる。別れは奥様から切り出された。「ごめんなさい、いつまでもこんなこと続けているのはお互い良くないと思うの…」その言葉に俺は何も言い返せなかった。それ以来彼女はプールに現れることはなかった。連絡したこともあったが返信はなかった。田舎だからどこかでばったり会うこともあるだろうとも思っていたが、とうとう再会することはなかった。おそらく引っ越してしまったのだろう、俺は悲嘆に暮れた。やがて俺は就職も決まり、新しい生活を送り始めた。だがそれでも時折思い起こしてしまう、セフレの若妻との甘い蜜月の日々を。
 
出会い系サイトハッピーメールでのセフレの人妻とのハメ撮りエッチのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓





































 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.