deaikeitaiken_novel

【ハッピーメール大人の関係】三十路の美人女子アナとセックス

投稿日:

 


 
その日は出会い系サイトハッピーメールで知り合った女子アナの女性と会う約束だった。
僕は女子アナの陽菜ちゃんと新宿駅の改札で待ち合わせた。 いつものことだった。落ちあえば、視線さえ合わさず、肩を並べて黙々と歩きだす。 曲がりなりにも異性とのデートなのに、お互いにまったく笑顔を浮かべない。彼女はむしろ、怒っているようにさえ見える。ぼく自身もおそらく相当険しい表情をしていることだろう。 もちろん、怒っているのではなく、欲情しているのだ。待ち合わせにやってくる前から、いや、メールで逢瀬の約束をしたときから、ふたりの頭の中には爛れたセックスのイメージだけが去来している。 だから無言になる。 会話は人類最大のコミュニケーションツールだが、セックスにおいては欲情を妨げる親和性を生んでしまう。 ラブホテルの一室でふたりきりになると、磁石のS極とN極が引き寄せられるように、熱い抱擁を交わした。
 
「ぅんんっ……」 キスもまた、お互いがお互いの口をむさぼりあうような激しいものだった。会話はおろか、笑顔もないまま、唾液を啜りあうキッスを交わすのは興奮する。大人の情事に耽っている気分になる。 僕はキスを深めていきながら、女子アナのハルナさんの体をまさぐった。若草色のアンサンブルを着ていた。装いはコンサバティブでも、油断はできなかった。服を脱がすと、悩殺的な黒いレースのランジェリーが姿を現した。 眼を見張ってしまう。 女子アナのハルナさんはいつでもそうだった。セクシーなランジェリーで男の欲望を揺さぶりたてるのを忘れない。サービス精神というより、退屈なsexをしたら許さないという、プレッシャーをかけたいのかもしれない。 その日はなんと、ガーターストッキングまで着けていた。腰にベルトを巻き、セパレート式のストッキングをストラップで吊っているやつである。 俺は正直、雑誌のグラビア以外でそんな下着を見たことがなかった。「いやらしいな……」 思わず感嘆の声をもらしてしまう。「こんなエロい下着を着けて、今日一日、仕事をしてたんですか?」 女子アナの春奈さんは答えず、ぼくのネクタイをほどいてくる。「自分でやりますから、先にベッドに行っててください。そうだな。四つん這いの格好で待ってて……」 女子アナをベッドにうながし、俺は手早く服を脱いだ。ブリーフ一枚になってベッドに向かうと、細身の女子アナは命じた通りの格好で待っていてくれた。 四つん這いである。 三十路の女子アナが、黒い悩殺ランジェリーを着けてそのポーズになっているのを前にすると、耐えがたいほどの息苦しさに苛まれた。それほど濃密なフェロモンを、四つん這いの女子アナの春奈ちゃんは放っていた。
 
 女子アナと関係をもつようになって、僕はあることに気づかされた。美人は自分の裸を見られるのが好きだということだ。裸だけではなく、あられもなく乱れているところも……。 俺はじっくりと眺めた。 透けた素材の黒いパンティに包まれたヒップを、セパレート式のストッキングからはみ出した白い肉を、ガーターベルトを巻かれてもなお細くくびれた腰を、犯すように這うまなざしでむさぼり眺めた。「いつまで放置しておくつもり?」 ぺちゃぱいの女子アナが長い黒髪をかきあげ、顔を向けてくる。その美貌はクールだが、欲情を隠しきれない。瞳が潤んで、眼の下がほんのりと赤くなっている。「自慰してみてくださいよ」 おれの口から出た言葉は、自分でも意外なものだった。用意してきた台詞ではなく、ほんの思いつきだった。「ハルナちゃん、マスターベーション好きそうですもんね。いつもどんなふうに自分を慰めているのか、披露してほしいな」 彼女は一瞬、不快そうに美貌を歪めたが、sexに対する好奇心が旺盛な女だった。結局、おれの思いつきに乗ってきた。何度か深呼吸をしてから、右手を股間に伸ばしていった。体勢は四つん這いのままである。
 
「んんんっ……」 くぐもった声をもらし、控え目に身をよじる。 女子アナの後ろにまわっていくと、ピアニストのように白くて長細い指が、黒いパンティの股布にあたっていた。赤いマニキュアが妖しかった。薄布越しに割れ目をなぞっては、クリのあるあたりに圧を加える。 その刺激が、小ぶりなヒップと肉づきのいい太腿を、波打つように震わせる。体の内側で喜悦の痙攣が起こっているのだと、見ているだけではっきりわかる。「ずいぶんおとなしいやり方ですねえ……」 俺は、パンティの両サイドを指でつまんだ。ガーターストッキングを吊っているストラップの上から穿いていたので、パンティだけをめくりおろすことができた。「あああっ……」 熱く疼いている部分に新鮮な空気を浴びせてやると、セフレの女子アナはあえいだ。 ぼくはすかさず尻の双丘を両手でつかみ、ぐいっと割りひろげた。セピア色にすぼまったお尻の孔から、アーモンドピンクのクリトリスまで、女の恥部という恥部をむきだしにした。 いつ見てもいやらしい花だった。陰核は大ぶりで厚みがあり、見るからに弾力がありそうだ。実際、結合感が素晴らしいので、見ていると口の中に唾液が溜まっていく。色艶はややくすんでいるものの、蜜を帯びてテラテラと濡れ光っている様子は卑猥としか言いようがなく、男の本能を揺さぶられる。「もっと大胆にしてください。いつもやっているみたいに」「うううっ……」 彼女は恥辱に身をよじりながら、?きだしになった女の花に指を這わせていく。二本指を割れ目に添え、ぐっと開いてVサインをつくる。
 
つやつやと濡れ光る薄桃色の粘膜を見せつけるように。 なんていやらしい……。 おれはごくりと生唾を?みこみ、血走るまなこを見開いた。清楚な女子アナの白い細指が、アーモンドピンクのクリちゃんに戯れる様子を凝視していると、息苦しいほどの興奮に胸が押しつぶされそうだった。「あああっ……」 彼女はいよいよ本格的に指を使いはじめた。ぴちゃぴちゃと猫がミルクを舐めるような音をたてて女の花をいじりまわし、クリちゃんを撫で転がしては、ガーターベルトの巻かれた細い腰をくねらせる。「あああっ……くぅううっ……」 このままでは自分だけが取り残されてしまうという焦燥感に駆られ、俺は尻の双丘をあらためて割りひろげた。白い細指がアーモンドピンクの肉芽をいじっている様子がよく見えたが、狙いは別にあった。「あううっ!」 彼女が甲高い声をあげたのは、舐めてはいけない器官に舌が這いまわったからだった。お尻の孔である。淫蕩なsexフレンドの女子アナも、さすがにこの部分を舐められることには慣れていないらしい。「やっ、やめてっ……そんなところを舐めないでっ……」 
 
滑稽なほど上ずった声で訴えてきたが、ぼくは一笑に付した。「どうしたんですか? 春奈さんともあろう人が、そんなに狼狽えて……」「だっ、だって……」「はるなさんのお尻の穴、いい匂いがしてとってもおいしいですよ。美人はこんなところまでチャーミングなんですね」 ささやいては、ペロリ、ペロリ、とアヌスホールを舐める。舌先を尖らせて、細い皺を一本一本伸ばすようになぞってやる。「ああっ、いやっ……ダメッ……ダメよっ……はぁうううーっ!」 アヌスホールを舐めながらマンコに指を沈めこんでやると、彼女は言葉を継げなくなった。黒い下着でエロティックに飾られた五体を淫らにくねらせ、喜悦に悶絶するばかりになる。 俺はしつこくお尻の穴を舐めながら、マ○コに埋めこんだ指を動かした。中で鉤状に折り曲げ、Gスポットを探った。ざらついた窪みを押しあげてやれば、貧乳の女子アナはひいひいと喉を絞ってよがり泣く。 おそらく、クールな美貌を生々しいピンク色に染めていることだろう。それが見たくなり、おれはビッチな女子アナの体をあお向けに反転させた。「ああっ、いやあああっ……」 ただのあお向けではなく、マンぐり返しに押さえこんだので、30代の女子アナの美貌はひきつった。予想以上に紅潮していたので、凄艶ささえ滲ませてこちらを見てきた。「いい格好ですよ」 僕は、興奮に険しくなった顔で彼女を睨めつけた。この体勢であれば、女の恥部とよがる表情を同時に拝むことができる。
 
 鼻息も荒く両脚の間に顔を突っこみ、まずはアーモンドピンクの肉芽をしゃぶりあげた。蜜のヌメリを拭うように舌を使いながら、唾液で濡れた尻穴を指でコチョコチョとくすぐってやる。「ああっ、いやっ……ああああっ……」 上下逆さまの体勢に押さえこまれているセフレの女子アナの顔は、みるみる真っ赤に染まっていき、汗の光沢がそれを輝かせた。「むううっ! むううっ!」 ぼくは鼻息を荒らげて舌を躍らせた。これほど夢中でクンニリングスをしたのは初めてというくらいに……。 あお向けになった女体にクンニを施していると、どうしたって奉仕をしている気分になる。だが、マンぐり返しでは、責めている気分を満喫できる。女体を辱め、追いつめている実感がある。高嶺の花が相手だと、どういうわけかそういうことをしたくなるのだ。「ああああっ……」 マンぐり返しの体勢を崩すと、女子アナのはるなさんは手脚を投げだしてハアハアと息をはずませた。 僕は時間をかけてクンニリングスを施したが、まだ女子アナの春奈さんをイカせていなかった。もちろん、イカせることもできたのだが、前戯で絶頂にまで導かないのは、ふたりにとって暗黙の了解だった。 どうせならひとつになり、恍惚を分かちあったほうがいい。
 
「わっ、わたしにもさせてっ……」 まだ呼吸が整っていないのに、女子アナは体を起こして俺の腰にむしゃぶりついてきた。もっこりと盛りあがっているブリーフの股間を愛おしげに撫でまわしてから、毟りとるように脚から抜いた。 勃起しきったち○ぽが唸りをあげて反り返り、三十路の女子アナの白い細指がからみつく。「むううっ……」 僕は太い息を吐きだしたが、フェラ○オだけをしてもらうつもりはなかった。30代の女子アナをうながし、横向きの69の体勢になった。女性上位のシックスナインも悪くはないが、横向きのほうが愛撫の自由度が高いし、なによりチ○チンをしゃぶっている女の顔を拝むことができる。「ぅんあっ……」 発情しきっている30代の女子アナは、躊躇うことなく肉棒をほお張り、ずっぽりと口唇の奥まで咥えこんだ。「むほっ、むほっ」と鼻息をはずませて、したたかにしゃぶりあげてきた。小鼻を赤くした表情が、たまらなくいやらしかった。 ぼくも負けじと、三十路の女子アナの敏感な部分を愛撫しはじめる。まずはクリトリスの包皮をむいては被せ、被せてはむいた。リズミカルにそれをしてやると、スリムな女子アナの腰はもじもじと動きだす。 先ほど包皮の上からたっぷり舐めてやったピンク色の突起は、小粒の真珠ほどにも肥大していた。
 
包皮を限界までむききると、宝石のような輝きを見せた。「んんっ! んんっ!」 ビッチな女子アナはお○んちんをしゃぶりながら、身構える。身構えつつも、?き身になった真珠肉に刺激が欲しくてしようがないらしい。腰をくねらせ、股間を出張らせてくる。「ぅんぐううーっ!」 ちょん、と舌先で軽く突いただけで、女子アナの腰はガクガクと震えた。蝶々の羽のようにぱっくりと開いた陰核の間で、渦を巻いた肉ひだの層がひくひくと息づいていた。そこから新鮮な蜜がこんこんとあふれてきて、白い内腿を盛大に濡らしていく。 焦る必要はなかった。 俺は年上美女の口腔奉仕に陶然となりながら、クリの包皮をむいては被せ、被せては?いた。そうしつつ、淫らな泉と化した陰核の間を指でいじりまわし、時折、お尻の穴もくすぐってやる。クリに舌先を伸ばせば、女の急所三点同時攻撃の完成である。
 
「ぅんぐーっ! ぅんぐうううーっ!」 貧乳の女子アナは白眼すらむきそうな無残な顔をさらけだしながら、必死にチ○チンをしゃぶってきた。4 体の相性がいい男と女は、言葉を交わさなくても相手の気持ちがわかるものだ。まるでテレパシーでも通じているかのように。 ぼくと女子アナの春奈ちゃんはもう三十分以上も、横向きのシックスナイン(69)に淫している。決して飽きることはない。ただ性器を舐めあっているだけではなく、無言のまま会話を交わしているからだ。 ――もう入れてほしいんでしょ? ――そっちこそ。 ――腰を振りあいたくてたまりませんよ。 ――わたしだって。 ――エッチだな。 ――でも、もうちょっと我慢したほうが、きっと気持ちいいわよ。 ――僕も同じことを考えてました。 俺は、口のまわりどころか、顔中を発情のエキスでネトネトに濡らして、スリムな女子アナの両脚の間を舐めまわしている。 一方の女子アナの陽菜ちゃんも、顔を真っ赤にしてチンコをしゃぶりあげ、両手を唾液でベトベトにしながら、根元をしごき、玉袋をあやしてくる。 ――ねえ、キスしたくない? ――とっても。 シックスナイン(69)の体勢を崩すと、ふたりは自然と唇を重ねあった。いままで自分の性器を舐めていた口を、慈しむようにキスして、舌と舌とをからめあわせる。唾液が糸を引くよう
 
な濃厚なキスを交わせば、自分たちが「同志」であることがはっきりわかる。愛でもなく、恋でもなく、ましてや結婚などという制度に縛られない、快楽だけを追求するために抱きあっているのだと……。「んんっ! んんっ!」 キスを深め、お互いの体をまさぐりあいながらも、声を出さない会話は続いている。 ――後ろから入れますか? それとも前? ――どっちでも。 ――横向きで後ろから入れましょうか。クリがいじりやすい。 ――ううん。ごめん。やっぱりわたし、上になりたい……。 鼻息を荒らげたディープキスと体のまさぐりあいの果てに、女子アナはぼくの上に乗ってきた。上体をこちらに被せてまたがり、潤んだ瞳でうっとりと見つめてくる。 体の相性がいいふたりは、無粋なよがり方をよしとしなかった。騎乗位で言えば、上になった女がち○ちんに手を添え、股間に導くようなやり方はしない。 下になったおれが両膝を立てれば、自然と位置が合う。もちろん、角度の微調整は必要だから、お互いにもじもじと腰を動かす。至近距離で見つめあいながらそれをやれば、もどかしさがちょうどいいスパイスになって、お互いの興奮は高まっていくばかりだ。
 
「……んんっ!」 紅潮したヤリマンの女子アナの?がひきつった。 どうやら、角度が合って結合の準備が整ったらしい。 ぼくは好機を逃さず、腰を浮かせた。ずぶっ、と亀頭が割れ目にめりこんだ感触がした。女子アナはしたたるほどに濡らしているから、肉と肉とがひきつれることはない。おれがもっと腰を浮かせば下から一気に貫いていくこともできるし、彼女のほうからずぶずぶと咥えこんでくることも可能である。 しかし、ふたりは焦らない。 見つめあい、ハアハアとはずむ吐息をぶつけあいながら、じりっ、じりっ、と結合を深めていく。俺が膝を使って小刻みに出し入れすれば、彼女もそれに応えて小ぶりの尻を振りたてる。どちらか一方の意思でなされる挿入とはひと味もふた味も違う、エロティックなやり方だ。 ――おまんこがすごく熱いですよ。 ――だって、すごく興奮してるもの。 ――締まりも……。 ――あなたのオチン○ンだって、とっても熱くて、とっても硬い。「ああああーっ!」 勃起しきったちん○んがすべてオマ○コに収まると、女子アナは甲高い悲鳴をあげて身をよじった。ぼくは、下から三十路の女子アナをしっかりと抱きしめ、結合の実感をかみしめた。
 
「はっ、はぁああああーっ!」 もう我慢できない、と言わんばかりに、セフレの女子アナが腰を使いはじめる。上体をこちらに被せているから、ヒップを上下に振りたてるしかない。ぬんちゃっ、ぬんちゃっ、と粘りつくような音をたてて、ち○こをしゃぶりあげてくる。 ぼくは背中のホックをはずし、ブラジャーを取ってやった。くすぐるように背中を愛撫しつつ、必死に腰を振りたてている女子アナの顔を、至近距離からむさぼり眺める。「見ないでっ!」 かわゆい女子アナは羞じらって顔をそむけたが、腰の動きはとまらない。おまんことチ○コがこすれあうほどに、ただでさえ洪水状態だったおめこは新鮮な発情のエキスをあふれさせ、肉ずれ音がどんどんいやらしくなっていく。 ――はしたない音だ。 ――だって気持ちいいもの。 ――はしたない春奈ちゃんが、僕は好きですよ。 おれは両手で女子アナのヒップをむんずとつかんだ。小ぶりでもむちむちと弾力ある尻肉にうっとりしつつ、下から腰を使いはじめる。ずんっ、ずんっ、と突きあげてやれば、女子アナの陽菜ちゃんはあられもない悲鳴をあげ、自分で腰が使えなくなる。女子アナが動くより、おれが下から突きあげたほうが、深く突けるからだ。亀頭を子宮まで届かせることだってできる。
 
「いやああああーっ!」 ずんずんっ、ずんずんっ、と突きあげられた30代の女子アナは、早くも感極まりそうな声をあげた。喜悦の涙で瞳を濡らし、俺の顔にキスの雨を降らしてくる。 ――もっと……もっと突いて。 ――わかってますよ。 俺は、女子アナに舌を吸われながら、内心でしっかりとうなずいた。 彼女の体はもう、じっとりと汗ばんできた。甘ったるい匂いがするのは、それがスポーツで流す汗とは違う、発情の汗だからだ。 おれは手応えを感じていた。このままでも絶頂に導くことができそうだったが、もちろんそう簡単にイカせてしまっては面白くない。 腰の動きをスローダウンさせ、かわいらしい女子アナの上体を起こした。ごく一般的な騎乗位になったわけだが、さらに両脚をM字にひろげさせ、すべての体重を結合部にかけさせる。「はっ、はぁあうううーっ!」 微乳の女子アナは獣じみた悲鳴をあげ、したたかにのけぞった。一瞬バランスを崩したが、両手を後ろにまわせば、そこにおれの両膝があった。立てているので、つかめばバランスはとれる。 しかしそれは、オッパイを天に突きだすように上体をのけぞらせ、股間を出張らせた淫らきわまりない格好だ。しかも彼女は、黒いガーターベルトとセパレート式のストッキングを着けたままだから、ぼくは眼福に酔いしれる。「ああっ、いやっ……いやいやいやっ……」 羞恥に髪を振り乱しても、彼女の腰は動いていた。ち○ちんをずっぽりと咥えこんだ股間を、ぐりぐりと押しつけてきた。ぼくは、おのがちんこが子宮を押しあげているのを、はっきりと感じていた。 女子アナは美しい。美しい女は、みずからの破廉恥な姿を見られると興奮するということを、僕は女子アナに教わった。
 
「あああっ……はぁあああああっ……」 たまらないようだった。三十代半ばの濃厚な色香をこれでもかと振りまいて、微乳の女子アナは肉の悦びをむさぼっている。ぐりぐりと股間を押しつけては、豊かな胸をタプタプと揺らす。物欲しげに尖った先端から、汗の粒が飛んできそうだ。「ねっ、ねえっ……もうイキそうっ……」 女子アナがいまにも泣きだしそうな顔で言った。「イッてもいい? 先にイッてもっ……」「ダメですよ」 僕は上体を起こし、対面座位に体位を変えた。「少しは我慢してくださいよ。いつも春奈ちゃんばっかり先にイクじゃないですか……」「でも……でもおっ……あああーっ!」 乳首に吸いついてやると、女子アナの陽菜さんは言葉が継げなくなった。本当は、先にイッてもらってもよかった。女は男と違い、続けざまに絶頂に達することができる。 少し意地悪がしたかったのだ。 会えばろくに会話も交わさず、sexばかりしているふたりだった。そのことに不満があるわけではない。言ってみれば、意地悪が愛情表現のようなものだった。
 
いくらドライな関係とはいえ、これだけエッチしていれば情も芽生えてくる。「先にイッたら許しませんよ。勝手にイコうとしたらやめますからね」 ささやきながら汗まみれの乳房を揉みしだき、淫らに尖った乳首を吸う。吸っては舐め、舐めては吸い、甘がみまでして昂ぶらせてやる。「そっ、そんなっ……そんなあああっ……」 微乳の女子アナは紅潮した顔をくしゃくしゃに歪めながらも、腰の動きをますます熱っぽくしていった。 騎乗位でなら、膝を立てれば下から突くことができるけれど、対面座位となると、男は腰を動かしづらい。「ああっ、いいっ! 気持ちいいっ!」 おれは、微乳の女子アナがしたいようにさせてやった。こちらの首に両手をまわし、必死になって腰を振りたててくるビッチな女子アナのリズムに身を任せ、自分は胸と戯れる。目の前でタプタプ揺れているから、?ずりをするのも乳首を吸うのも思いのままだ。「ねえ、イキそうっ! わたしもう、イッちゃいそうっ!」 彼女が感極まりそうになると、「ダメだって言ってるでしょっ!」 スパーンッ! と尻をしたたかに叩いた。「ひいいっ!」「すぐイキたがるのはハルナさんの悪い癖です。いやらしすぎます」 スパーンッ、スパパーンッ、と尻に平手打ちを浴びせれば、スリムな女子アナは衝撃に身をこわばらせ、オルガスムスを逃がす。とはいえ、イケないまま欲情と性感はさらに高いところへ向かうから、全身を発情の汗にまみれさせ、さらに激しく腰を振りたててくるしかない。
 
「あああっ……お願いっ……もう許してっ……イッ、イカせてっ……」 眼尻を垂らして哀願しつつ、むさぼるように腰を動かす彼女は滑稽なほど浅ましく、クールな美貌も無残なほどくしゃくしゃになっている。気持ちはよくわかる。尻を叩くたび締まりが増し、お○んことちん○んの密着感がすさまじいことになっている。 ぼくにも我慢の限界が近づいてきた。彼女をあお向けに倒し、正常位へと体位を移すと、満を持して怒濤の連打を送りこんでいった。「はぁおおおおーっ!」 彼女が獣じみた悲鳴を放ち、腕の中でのけぞる。長い黒髪をざんばらに乱してのたうちまわりつつ、下から腰を動かして、少しでも多く肉の悦びを味わおうとする。 たまらなかった。 クライマックスがすぐそこにあるいまこのとき、ふたりはひとつの生き物だった。お互い頭の中を真っ白にして、ただ快楽だけを求めている。言葉も必要なければ、セフレの女子アナが誰であるかを知る必要もない。一対の牡と牝としてお○んことチンチンをつなげていることが、こんなにも心地よい。この世に生まれてきた悦びがあるとすれば、いまこの瞬間にしかあり得ないと断言できる。
 
婚約者とのsexでは、ついぞ味わったことがない境地だった。愛しているはずのパートナーが相手ではなぜこうならないのか、不安になるほど快楽が深く、濃く、悪魔的な魅惑を放つ。「もっ、もうダメッ……」 オルガスムスの前兆にガクガクと震えだした女子アナの陽菜さんを、俺はしっかりと抱きしめた。もう意地悪をして、我慢させようとは思わなかった。「もっ、もうイクッ……イッちゃう、イッちゃうっ、イッちゃうっ……はぁああああーっ!」俺がヤリマンの女子アナのお○んこの中にセーシを大量に膣内射精生中だしした。静寂がベッドの上に降りていた。 先ほどまでハアハアとはずんでいた呼吸音も、もう聞こえない。淫らなまでに湿っぽい空気と、欲望をすっかり吐きだした気怠さだけを感じながら、俺は天井を見上げている。隣で彼女も、同じように放心状態に陥っていた。やがて、のそのそとベッドから降りて、バスルームに向かった。
 
出会い系サイトハピメでのセフレの女子アナとのただまんエッチのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓


























































































 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【PCMAXやれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【PCMAXセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【PCMAXヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【PCMAX体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【PCMAXハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【PCMAXヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【PCMAXやれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【PCMAXセフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.