deaikeitaiken_novel

【PCMAX大人の関係】可愛い爆乳保育士と中出しsex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
管理人は何時ものごとく出逢い系サイトで綺麗な女の子と即会いして、オフパコセックスにいそしんでいます(o^∇^o)
 
さて、今回はセフレを量産できるサクラのいないであいけいSNSのピーシーマックスで出会った爆乳の保育士と東京都世田谷区で会ってセフレにして今すぐ即ハメセックスをしてきたのですが、ハメどり写メが沢山撮れましたのでご紹介します。
 
※この記事には過激なセックスのハメ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会い系SNSのPCMAXで出会った女の子は保育士で、名前はきょうこちゃんといいとても美人でした(^▽^)
 
彼女とは、であいけいSNSのピーシーマックスで知り合ってラインでやり取りした後、世田谷代田駅近辺のおしゃれな海鮮居酒屋に飲みに行った後ホテルOKとのことだったのでそのままラブホに行ってオフパコセックスをしました。
 
おれはひきつった笑みを浮かべながら、巨乳の保育士とラブホテルに入った。保育士の恭子さんはツンと澄ました顔で入って。可愛い顔をしているくせに、気が強そうだった。いや、実は美人なタイプより、可愛いタイプのほうが気が強い女は多いらしいが……。
色っぽい保母は部屋に入るなり服を脱ぎ始めると、「早くゆうきさんも服を脱いでくださいよー」 セックスフレンドの保育士は両手を背中にまわして、ブラジャーのホックをはずした。冷たい眼つきのまま前屈みになってカップを落とし、たわわに実ったふたつのおっぱいをプルンと揺れはずませる。(うおおおーっ!) 僕は内心で絶叫してしまった。この前は後ろから揉んだだけだし、照明も薄暗くしてあったが、いまは蛍光灯がついている。白い素肌はおろか、青い血管まで透けて見えるし、なにより薄ピンクの乳りんが露わになっていた。全体のサイズに比例してパンダの眼のように大きかったが、清らかすぎる色合いに鼻血が出そうだ。 気がつけば、ぼくも服を脱ぎはじめていた。罠であろうがなんであろうが、そんなものを見せつけられて黙っていられなかった。勢いでブリーフまで一気に脚から抜いてしまい、勃起しきったチン○ンを反り返してしまう。「やだ……」 スリムな保育士は顔をそむけた。
 
「いきなり全裸になることないじゃないですか」 そそり勃った男性自身を眼にしたことで、さすがに表情が変わった。胸がほのかなピンク色に染まり、にわかに色香が匂ってきた。(ほっ、本当にその巨乳でパイズリを……) 僕はうながされてもいないのに、マッサージベッドの上にあお向けに横たわった。臍に張りついたちん○んが、釣りあげられたばかりの魚のようにビクビクと跳ねているのが恥ずかしい。「ゆうきさんって、本当におっぱいが好きなんですね?」 彼女もマッサージベッドにあがってくると、ぼくの両脚の間に陣取った。?きだしの巨乳が、皿に盛られたプリンのようにプルプルと揺れている。「そっ、そんなの嫌いな男がいるはずないじゃないか」「でも、ゆうきさんは異常ですよ。この前、後ろから突きながら、ずーっと手を離さなかったじゃないですか。わたし、二回も三回もイッてるのに……」「あっ、いやっ……つい……」 
 
保育士の話は本当だった。理由はふたつある。ひとつはもちろん、その量感あふれる揉み心地に魅了されていたからだ。いままで揉んだおっぱいの中でナンバーワンだったし、二度とこんな巨乳には出会えないだろうと思うと、簡単に手を離すことができなかった。 そして、もうひとつの理由は……。「わたしも、異常といえば異常なんですけどね……」 爆乳の保育士が苦笑する。「巨乳は感度が鈍いなんて、よく言われるじゃないですか? わたしは逆に超敏感。それも、挿入されながら胸揉まれて、乳首をいじられたりすると、すぐイッちゃうんですよね……」 恥ずかしい告白に彼女の乳房はどんどん赤みを増していき、僕は息を?んだ。 たしかにそうだった。おっぱいを揉み、乳首をいじるほどに、かわいい保育士はひいひいと喉を絞ってよがり泣いた。尻を振りたてて燃えまくり、立てつづけに絶頂に達した。それゆえぼくは、最後までオッパイから手を離すことができなかったのである。「だから……」 保母さんが前屈みになる。白くもちもちしたおっぱいが、勃起しきったチ○ポに迫ってくる。
 
「こんなことすると、自分も感じちゃうんですよ……ああんっ!」 両脇から乳房を寄せあげた瞬間、彼女はせつなげに声をあげた。 声をあげたいのは、むしろおれのほうだった。おのがち○ちんが、むちむちのオッパイに挟まれていた。量感がありすぎるので、隙間なくぴっちりと。(これかっ……こんな感じなのかっ……) 僕は感動に打ち震えた。巨乳に憧れつつも、これまで付き合った女は貧乳ばかり。胸が小さいからという理由でやれそうな女を逃がしてしまうほど、僕は女運に恵まれた人生を送っていなかった。憧れは憧れとして、貧乳を愛した。後悔なんてしていないが、巨乳の破壊力は想像を遥かに超えていた。貧乳なんて、この世からなくなってしまえばいいと思った。「ああんっ、オ○ンチン、熱い……」 保育士は甘い声でささやきながら、上体を動かしはじめた。巨乳におち○ちんを挟んだまま、ゆっくりと……。「熱いだけじゃなくて、ズキズキしてる。ちゃんと感じるんですよ、わたしの乳房。ゆうきさん、すごく興奮してるでしょ?」 興奮していないわけがなかった。
 
あまりに興奮しすぎて、リアクションがとれなかっただけだ。(たっ、たまらんっ……) 齢四十にして、おれは生まれて初めてパイズリを経験した。 それも、小玉スイカ並みの巨乳に……。 この感動を、どう説明すればわかっていただけるだろう? 雪国が育んだという真っ白い素肌はすべすべのツヤツヤで、柔らかさは搗きたての餅を思わせる。しかも、前屈みになった彼女が上体を揺するたびに、鼠蹊部あたりに小さな突起があたる。 乳首であろう。早くもこれほど硬くなっているということは、パイズリをすることで、保母の京子さんも感じているらしい。「ああんっ、熱いっ……おち○ちん、どんどん熱くなっていく……」 眼つきを蕩けさせて、半開きの唇からハアハアと息をもらす。眉根を寄せたいやらしすぎる表情で、パイズリに没頭していく。「気持ちいいですか?」 上目遣いで訊ねられ、「たまらないよ……」 俺は顔を熱くしながらうなずいた。「こんなに気持ちいいのは、生まれて初めてかもしれない……」「じゃあ、こんなことしたら?」 彼女は悪戯っぽく眼を輝かせると、半開きの唇から唾液を垂らした。
 
ツツーッと糸を引いた唾液を胸の谷間でキャッチしつつ、次々に唾液を垂らしていく。巨乳の谷間がヌルヌルになり、お○んちんに伝わる乳房の感触も変わっていく。「おおおっ……」 俺は声をあげ、恥ずかしいほど身をよじった。乾いた巨乳も気持ちよかったけれど、唾液のローションが加わると、いやらしさが倍増し、身をよじらずにはいられなかった。 だが、それすらまだ序の口であったことを、すぐに思い知らされる。「ねえ、気持ちいい? 気持ちいい?」 彼女はおちん○んを挟むのをやめると、唾液で濡れた亀頭に硬く尖った乳首を押しつけてきた。「ああんっ、いいっ……乳首が熱いっ……」 うわごとのように言いながら、今度は亀頭をしゃぶってくる。口の中で舐め転がしては、再び巨乳に挟んで上体を揺する。「おおおっ……すっ、すごいっ……すごすぎるよ、爆乳の保母さんちゃんっ!」 めくるめく快楽の波状攻撃に翻弄され、俺の顔は火を噴きそうに熱くなっていった。
 
おちんちんもまた火柱のように熱くなり、ズキズキと脈動を刻みながら、絶え間なく先走り液を漏らしている。唾液と混じりあって、ヌルヌルが倍増していく。「ダッ、ダメだ。そんなにしたら出ちゃうっ……」 のけぞりながら切羽つまった声をあげると、「もう出そう?」 保育士のきょうこさんは淫らなほどに潤んだ瞳を向けてきた。「どこに出したいですか? お口、それともオッパイの谷間?」 言いながら根元をすこすこと手指でしごいてきたので、俺は喜悦にのたうちまわり、答えることができなかった。4 バストの谷間で! と俺がパイズリでのフィニッシュを求めようとしたときだった。「やだ……」 彼女がちんこをしごく手をとめた。「なんかわたしも、相当濡れてるみたい……」 むっちりと肉感的な太腿を、もじもじとこすりあわせながら言う。 綺麗な保育士の股間には、ワインレッドのハイレグパンティがぴっちりと食いこんでいた。見るからに、匂いたつような色気が伝わってくる。顔に似合わずエッチな保母さんのことだから、ヌルヌルになるほど濡らしていてもおかしくない。 
 
たまらなくそそられた。パンティを脱がし、ヌルヌルになったおま○こをいじり、尖った肉芽を舐め転がして、チンポで貫いてやりたいという衝動が、身の底からこみあげてきたが……パイズリでのフィニッシュにも後ろ髪を引かれる。(どうする? ああっ、どうしよう?) 悩んでいるうちに、彼女はパンティを脱いでしまった。身を翻して騎乗位の体勢でまたがられると、僕は抵抗できなくなった。眼と鼻の先に類い稀な巨乳が迫り、プルンプルンと揺れはずんだからである。「あっ……んっ……」 スレンダーな保母は前屈みになってち○ぽをつかむと、股間に導いていった。もはや愛撫も必要ないくらい、保母さんのキョウコちゃんの花園は濡れまみれているようだった。「んんんっ……」 セフレの保母さんが腰を落としてくる。中はヌルヌルを通り越し、ドロドロだった。そのくせ締めつけはきつく、内側にびっしり詰まった肉ひだがからみついてきて、僕は首に何本も筋を浮かべた。(パッ、パイズリもたまらなかったけど……) やはりちんちんはまんこと結合されるようにできているらしい。凹凸が?みあった状態でこそ、最大のパフォーマンスを発揮するように……。「ああああーっ!」 爆乳の保育士はちんちんを根元までずっぽりと咥えこむと、上体を起こした。
 
僕の目の前から巨乳が遠ざかっていったわけだが、失意を感じる隙もなく、保母が腰を使いはじめる。「ああんっ、硬いっ……オチン○ン、とっても硬くなってるっ……」 クイッ、クイッ、と股間を前後にスライドさせては、深く咥えこんだまま腰をまわして愉悦をむさぼる。かなり達者な動きだった。見ているだけでムラムラしてくる、いやらしすぎる腰振り動作である。 さらにおれは、爆乳の保育士の表情にも視線を奪われていた。 前回、マッサージのどさくさにまぎれてsexしてしまったときは、バックから貫いた。眼を合わせるのが恥ずかしいというか、咎められるのが怖かったわけだが、いまは騎乗位で視線がばっちり合っている。「ああっ、いいっ……ゆうきさんのお○んちん、すごくいいっ……」 眉根を寄せてささやきながら、オッパイを生々しいピンク色に染めていく。小鼻はさらに赤く染まり、ハアハアと息をはずませている唇は唾液で濡れ光って、いまにも涎まで垂らしそうである。「ああっ、いいっ! いいようっ!」 スレンダーな保育士が騎乗位であえげばあえぐほど、俺の視線は定まらなくなっていった。
 
 燃え盛る表情もセクシーなら、クイッ、クイッ、とリズムに乗った腰の動きもエロティック。 だがやはり、いちばん眼を惹くのは巨乳だった。セフレの保育士の繰りだすリズムに乗って、タップン、タップン、と揺れはずんでいる。清らかな薄ピンクの乳暈が、上下に動く距離が長すぎる。(もっ、もうダメだっ……我慢できんっ……) おれが巨乳に両手を伸ばそうとした瞬間だった。「んんんっ……」 セフレの保母さんが腰振りをペースダウンさせて片脚を立てた。すぐにもう片方の脚も立て、騎乗位でM字開脚を披露する。 ごくりっ、と俺は生唾を?みこみ、動けなくなった。 結合部が、丸見えだった。 淫らに逆立った黒い恥毛の下で、隆々と勃起しきったおのがおちん○んが、アーモンドピンクの花にずっぽりと埋まっていた。「見える?」 彼女はツンと澄ました挑発的な表情でささやくと、腰を動かしはじめた。今度は前後にではなく、上下にだ。 彼女が腰をあげていくと、アーモンドピンクのオマンコに吸いつかれた肉棒が、カリの近くまで露出する。
 
たっぷりと粘り汁を浴びて、テラテラした卑猥な光沢を放っている。腰を落としていくと、きついま○こに締めつけられ、亀頭がコリコリしたところにあたる。「ああんっ、届いてるっ! いちばん奥まで届いてるうううーっ!」 保育士は髪を振り乱して、腰使いに熱をこめていく。前後運動よりピッチはゆっくりだが、上下運動のほうが奥まで咥えこめる。両脚をM字にひろげて、体重を結合部にかけているからだ。一打一打を?みしめるように、可愛らしい保育士は腰をあげては落とし、落としてはあげる。「あああっ……はぁあああっ……」 ピターン、ピターン、と尻を鳴らすリズムに乗って、保育士の顔はいやらしく歪んでいった。気持ちがいいのだろう。子宮を亀頭で押しあげられる刺激が、たまらないらしい。時折ぶるると身震いしては、腰をグラインドさせてコリコリした子宮を亀頭に押しつけてくる。(いやらしいっ……この子は本当に、いやらしい女だっ……) かわいい保育士の淫蕩さに圧倒されつつも、俺はみずからの欲望を思いだした。 巨乳である。 保母のきょうこちゃんが腰を落とすたびに、タップン、タップン、揺れはずむその姿は重量感たっぷりで、両手を伸ばさずにはいられない。 裾野のほうからすくいあげると、予想以上にずっしりした重さが、手のひらに伝わってきた。「強くして」 保育士が淫らに蕩けきった顔でささやいた。「わたし、騎乗位でバスト揉みくちゃにされるの、大好き……」
 
「だっ、大好きなんだね……」 俺は鼻息を荒らげて巨乳に指を食いこませた。最初はやわやわと揉んだり、撫でさすったりしてやるつもりだったが、sexフレンドの保母さんが強くされるのがお望みとあらばしかたがない。「むうっ! むうっ!」 ぐいぐいと指を食いこませてやったが、なにしろ小玉スイカほどある巨大さだし、若いから肉も素肌も張りつめている。 負けじと入魂の思いでスリムな保育士のおっぱいを揉みしだき、こねまわすように愛撫してやる。柏手を打つように左右のふくらみをぶつければ、パチーン、パチーン、と小気味いい音がたつ。(すげえ……) まったく、スリムな保育士は呆れるほどの巨乳である。とても手指だけでは愛撫しきれないという諦観と、小気味いい音をたてる胸の谷間に顔を挟んでみたいという欲望が、同時に湧きあがってきた。「ああっ、もっとっ……もっとしてっ……」 爆乳の保母に淫らな眼つきでねだられれば、もはや遠慮する必要はなかった。 俺は上体を起こし、体位を対面座位に変えた。これなら、保育士のキョウコちゃんの顔の正面に巨乳がくる。むちむちした胸にほおずりし、乳首を舐めつつ、揉みくちゃにしてやる。
 
口を使えれば、おっぱいを愛撫するヴァリエーションは倍増する。爆乳の保育士のオッパイを舐めては吸い、吸っては舐め、時に甘がみまで織り交ぜながら、むぎゅむぎゅと音さえしそうな勢いで、丸い形がひしゃげるほどに揉みまくる。「ああっ、いいっ!」 保母さんのきょうこさんが身をよじりながら腰を使ってくる。もはや前後運動、上下運動のような単純な動きではなく、前後左右にヒップを振りまわしては、ま○こでオチ○チンをしゃぶりたててくる。そうかと思えば、彼女のおまんこはち○ぽを深く咥えこんで腰をグラインドさせ、子宮に亀頭を押しあてる。 たまらなかった。 おれは肉の悦びに首まで浸かりながら、巨乳好きの本懐を遂げることにした。保育士のキョウコさんの胸の谷間に顔を押しつけ、左右のふくらみを真ん中に寄せた。ぎゅうっと顔に迫ってくる感触に、一瞬、気が遠くなりそうになった。 パイズリの顔ヴァージョンだが、昔から一度でいいからこれをやってみたかったのだ。「ああんっ、エッチ! ゆうきさんのエッチッ!」 彼女の声が急に遠くなったのは、おっぱいに耳が塞がれているからだった。耳まで塞ぐなんて、まったく恐ろしいサイズである。
 
 つかんだ横乳を揺すりたてると、顔に胸がパフパフとあたった。もはや呼吸もろくにできなかったが、巨乳から顔を離す気になれない。「はぁうううーっ!」 彼女がのけぞったのは、俺の両手が乳首をつまんだからだった。コリコリに硬くなった乳首を強くつまんで巨乳を揺すりたて、顔をパフパフした。おれはもはや陶酔の境地で、いっそこのまま死んでしまいたいと思うほど興奮しきっていた。「ああっ、ダメッ……もうダメッ……」 20代の保育士が切羽つまった声をあげた。「そっ、そんなにしたらイッちゃうっ……もうイッちゃうっ……」 巨乳による顔パフパフに嵌まりきっていたぼくは、イキたかったらイケばいいと思ったが、すぐにちょっと待てと自分を戒め、保母の体をあお向けに倒した。「ええっ? ええっ?」 不意に体位を正常位に変えられた彼女は腰が使えなくなり、やるせない顔を向けてきた。「わたしいま……イキそうだったのに……」「イキたいか?」 左右の乳首をこちょこちょとくすぐりながら訊ねると、「ああっ、イキたいっ……イカせてっ……」 肩をすぼめてせつなげに身をよじりながら、甘い声でねだってきた。「いいとも……」 ぼくは上体を被せ、彼女を抱きしめた。
 
唇を重ねると、綺麗な保母さんは自分から積極的に舌をからめてきた。騎乗位から対面座位とひとりで腰を使っていたヤリモクの保育士の体は、いやらしいほど熱く火照り、じっとりと汗ばんでいた。「イカせてあげるから、その代わり……」 俺が耳打ちすると、色っぽい保母は眼を細め、ねっとりと潤みきった黒い瞳を妖しく輝かせた。「……いいよ」「よーし」 ぼくは再び上体を起こし、彼女の両膝をつかんだ。両脚をM字に割りひろげながら、腰を使いはじめた。「はぁあああーっ!」 ずぼずぼと抜き差しすれば、爆乳の保育士は首に筋を浮かべ、汗ばんだ裸身をくねらせる。ぼくが上体を起こしたのは、もちろん巨乳の動きを眺めるためだった。予想は見事に的中し、正常位で突きあげると、ブルンッ、ブルルンッ、と悩殺的に揺れはずむ。(すごいっ……すごいぞっ……) さらに巨乳を揺らすため、美形の保育士の両手をつかんだ。俺の必殺技だった。正常位で女の両手を引っ張れば、二の腕に挟まれた胸が寄せあげられ、三割増しで大きく見えるのだ。 しかも、引っ張るタイミングで腰を突きあげれば、いままでより深く突けるし、連打も速く打てる。二の腕に挟まれて三割増しになった保母の京子さんの巨乳が、怒濤の連打でブルンブルン揺れる。その躍動感はすさまじいもので、いまにもどこかに飛んでいってしまいそうだ。 なんという眼福だろう。 なんという素晴らしい巨乳だろう。
 
(……そうだっ!) 今度は両腕をつかんでいた両手を、巨乳に伸ばしていった。どうしても、保育士の恭子さんのバストを放っておくことができなかった。激しく上下に揺れはずんでいるオッパイの先端を、つまんだ。コリコリにしこった左右の突起を指でつまみあげながら、ずんずんっ、ずんずんっ、と渾身のストロークを送りこんでいく。「はっ、はぁああああああーっ!」 保母さんが白い喉を突きだして叫ぶ。「ちっ、乳首がっ……乳首が熱いっ……燃えてるっ……乳首が燃えてるみたいいーっ!」 巨乳の保母はちぎれんばかりに首を振り、髪を振り乱してあえぎにあえぐ。グラマーボディをこれでもかとくねらせて、肉の悦びを謳歌する。淫らがましく紅潮し、くしゃくしゃに歪みきったスリムな保育士の顔が、喜悦に翻弄されて切羽つまっていく。「イッ、イッちゃうっ……そんなことしたら、イッちゃうううっ……ねえ、イカせてっ……このままイカせてえええーっ!」 ぼくはもう、オルガスムスを焦らすつもりはなかった。左右の乳首をつまみながら、怒濤の連打でスリムな保母を天国に送ってやることにする。「ああっ、いやっ……もうイクッ……イッちゃうイッちゃうイッちゃうっ……イッ、イクウウウウウーッ!」 ビクンッ、ビクンッ、と腰を跳ねさせて保育士のキョウコさんが絶頂に達すると、おれにも我慢の限界が訪れた。
 
「こっちも……こっちも出すぞっ!」 これから先の展開に胸を躍らせながら、フィニッシュの連打を開始する。腰の動きは絶好調で、自分でも驚くくらい軽い。 射精ぎりぎりまで我慢して、寸前でスポンと抜いた。愉悦の高まりに頭がくらくらしたが、なんとかこらえて保育士の上半身をまたぐ格好になる。「ああんっ!」 細身の保母さんはオルガスムスの余韻に蕩けきった顔をしていたが、約束を守ってくれた。両手で巨乳を寄せあげて、射精寸前のちんこを挟んでくれた。「おおおっ!」 俺は声をあげて腰を振りたてた。おちんちんはビッチな保育士が漏らした淫液でヌルヌルになっており、保母のキョウコさんの巨乳にむぎゅむぎゅと挟まれると、痺れるような快感が頭のてっぺんまで響いてきた。「でっ、出るっ……もう出るっ……おおおっ……うおおおおおーっ!」 雄叫びとともに、煮えたぎる精子がドピュッと放たれた。勢いがよすぎて彼女の顔にかかったが、保育士の恭子さんは嫌がることなくち○ちんを巨乳で揉みくちゃにしてくれた。会心の射精だった。 しかも……。 すべてを出し終えると、彼女はオチ○チンを舐めしゃぶりはじめた。尿道に残ったザ○メンを吸いたてては、もう一滴も出なくなったオチン○ンを舌で綺麗に掃除してくれたのである。「もういいっ! もういいからっ!」 俺は過剰な快楽に身をよじりながら、熱い涙を流した。かわいい保母さんのいやらしさに感動し、涙を流さずにいられなかった。
 
出会い系サイトPCマックスでのセックスフレンドの保母との即ハメエッチのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓















































 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【PCMAXやれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【PCMAXセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【PCMAXヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【PCMAX体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【PCMAXハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【PCMAXヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【PCMAXやれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【PCMAXセフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.