deaikeitaiken_novel

【PCMAXハメ撮り】セックスレスのアラサー美人妻と不倫sex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
管理人はあいわらず出会系コミュでかわいらしい女の子をセフレにして、はめどりエッチをやっています((^┰^))
 
さて、今回は秘密の出会いができるサクラ無し出会い系アプリのピーシーマックスで出会った清純な若妻と東京都練馬区で会ってセフレにして即即ハメsexをしてきたのですが、はめ撮り写メがたくさん撮影できましたので報告します。
 
※この記事にはエロいsexのはめ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出合い系コミュニティのPCMAXで出会った女は若妻で、名前は架純さんといい半端なく美人でした(^0^)
 
彼女とは、出会系アプリのPCマックスで知り合ってラインでやり取りした後、光が丘駅周辺の高級個室居酒屋に飲みに行った後そのままラブホテルに行ってハメどりsexをしました。
 
「この一回だけって約束してください」 ラブホテルの淫靡な暗がりの中で、アラサーの奥さまはかみしめるように言った。「わたし、いまの生活を大切にしてます。主人に余計なことを言わないでもらう代わりに、今日だけはお付き合いします。でも、それ以上は……」「わかってるさ」 皆まで言うなという顔で、おれはうなずいた。おれとセックスレスの奥様は、広いベッドに並んで腰をおろしていた。 奥さまのカスミさんの体を包んでいるのは、初夏らしい白いワンピース。三十歳にしては丈が短すぎる気がするが、童顔なので可愛らしい。 膝の上に手を置くと、主婦の架純さんはビクッと身をすくめた。 懐かしい触り心地がした。若妻の肉感的な太腿の感触が、ぼくの男心を揺さぶってくる。 「旦那とのセックスはいいかい?」 太腿を撫でながらささやく。「俺としたsexより……」「そんなこと……」 奥様は顔をそむけた。「言えるわけないじゃないですか」 なるほど、体は許してもマナー違反はしないつもりらしい。しかし、マナー違反をしても、自分とのセックスのほうがいいと言ってもらいたいのが、男という生き物なのである。
 
 おれは身の底からふつふつと闘志がこみあげてくるのを感じながら、若妻の顔に手を伸ばしていった。ふっくらしたほほを手のひらで包み、顔を近づけていく。「……ぅんんっ!」 唇を重ねた。まずはチュッと軽いキッスをして、すぐに口を離す。心の内を探るように、顔をのぞきこんでやる。眼の下を赤く染めたスレンダーな若妻は、明らかに動揺していた。不安を覚えているのだ。浮気をすることに対してではない。浮気をして、乱れてしまうことに対して……。「ぅんんっ……」 もう一度、唇を重ねた。今度は舌を差しだし、美人の若妻の口の中に侵入していく。 セックスの極意は、欲望を吐きだすことを焦らないことだ。単純な話、接吻の時間をたっぷりとれば、女の感度はあがっていく。愛撫もまた、同様と言っていい。ちん○んを挿入するまでどれだけ時間をかけられるかで、男のsexの評価は決まるのである。 わかっていても暴走しがちなのが男の性欲というものだが、おれはどういうわけか、若いときから自分を抑えることに長けていた。無我夢中で射精に辿りつくより、女を乱れさせることに悦びを見いだしていたからだ。 乱れる女は美しい。
 
 それが乱れてはいけないシチュエーションであればあるほど……。「ぅんんっ……ぅんんっ……」 ぼくは緩急をつけて若妻のカスミさんの舌を舐めしゃぶりながら、背中をそっと撫でさすった。バストをまさぐりはじめるのは、背中が熱くなってきてからで充分だ。 それまでじっくり、舌をからめあい、唾液を啜ってやる。唾液の分泌量もまた、女体の発情のサインだ。唾液がお互いの口をスムーズに行き来するようになるまで、甘いキスを続けてやる。 むさぼるような熱っぽいキスをしなくても、時間をかけてやるだけで、女は自分を守っている殻を脱ぎ捨てる。時が来れば散る桜の花のように、艶やかに……。「ぅんんっ……ぅんああっ……」 主婦の架純ちゃんの眼の下がねっとりと紅潮し、瞳が潤んできた。呼吸もハアハアとはずませて、おれの顔に熱い吐息を吹きかける。 背中をさすっている手のひらに熱を感じはじめると、僕は満を持して胸のふくらみに手を伸ばした。 若妻の霞ちゃんはまだワンピースを着ているし、その下にブラジャーも着けている。にもかかわらず、軽く触っただけでビクッと身をすくめた。感じやすくなっていることが、見るからに伝わってくる。 ぼくは彼女の腕を取り、ふたりで立ちあがった。
 
 ワンピースを脱がすためだ。 背中のホックをはずし、ファスナーをさげて、床に落とした。 現れた下着に、ぼくは眼を見張った。 モスグリーンのシルクで、縁が銀のレースで飾られている。素足にミュールなのでストッキングは穿いていない。「ふふっ……」 俺は一歩後ろにさがり、下着姿の彼女をまじまじと眺めた。「ずいぶんと大人っぽい趣味になったもんだな」  高貴な光沢を放つその下着がよく似合っていた。僕は専業主婦のカスミちゃんの背後にまわりこみ、後ろから抱きしめた。ショートボブの髪に顔を埋めこんで匂いを嗅ぎつつ、両手でウエストをさすりあげた。素肌の感触も、記憶にあるよりしっとりしている。お肌の曲がり角を過ぎているのに、手入れを怠っていない証拠だ。「いい女だな」 耳元でささやくと、「変なこと言わないで……」 彼女はいやいやと身をよじった。本気の羞じらいが伝わってくる。おれは両手をウエストから上にすべらせ、胸のふくらみをすくいあげた。ブラジャーに包まれていても、ずっしりと重量感が伝わってくる。「んんんっ……」 揉みしだくと、人妻の架純さんはますます身をよじった。ベッドに横になりたいようだったが、僕はあえて立ったままオッパイを刺激し、後ろからうなじにチュッチュと接吻を浴びせる。「ねえ……」 セックスレスの人妻が振り返って見つめてくる。立っているのがつらいと言いたがっているその口を、俺は接吻で塞いだ。
 
そうしつつ、ブラを強引にずりさげて床に落とし、左右の乳首を露わにする。「んんっ!」 敏感な先端に触る前から、彼女は情けない中腰になった。両膝が震えているようだった。若妻の架純ちゃんの性感はもう、とっくにスイッチが入っているらしい。 しかしぼくは、そう簡単にベッドに体を横たえてやるつもりはない。「ぅんんっ! ぅんんっ!」 息がとまるような深い口づけで翻弄しながら、乳首に指を近づけていく。まわりをくるくるとなぞりながら、触るぞ、触るぞ、とフェイントをかける。「あんっ! いやっ……あああっ……」 触らなくても、彼女はどんどん昂ぶっていく。後ろから抱いている格好だから、きれいな美人妻の背中が一秒ごとに熱くなっていくのがはっきりとわかる。「どうしてほしい?」 息のかかる距離で見つめながら、俺はささやいた。「つまんでほしいか? それとも、爪でくすぐってほしいか? いきなり舐めるっていうのも、気持ちよさそうだが……」「ううっ……くぅううっ……」 彼女はその瞬間を想像しただけで、身震いがとまらなくなる。3 ぼくは左右の人差し指を交互に口に含み、たっぷりと唾液をまとわせた。 その指を、人妻の乳首に近づけていく。まだ触ってもいないのにピンピンに尖りきって、刺激を求めて物欲しげに身悶えている。
 
「くぅううっ!」 ようやく与えられた刺激に、若妻の架純さんは喉を迫りあげてくぐもった声をあげた。唾液にコーティングされた指は卑猥なほどヌルヌルし、淫らに尖りきった乳首をくりくりと転がすことができる。指でいじるのと舌で舐めるのとの、ちょうど中間の刺激だろうか。「ああっ、いやっ……いやいやいやああああああっ……」 人妻は顔を真っ赤にしてあえぎ、ガクガクと膝や腰を震わせる。俺が後ろから抱いていなければ、いまにもしゃがみこんでしまいそうだ。 しかし、しゃがませてやらない。ベッドに体を横たえもしない。俺は、女を立たせたまま翻弄するのが好きなのだ。立っていられないほどの快感が眩暈を誘い、次第に我を忘れていく。快楽だけに操られる、淫らな肉人形になっていく。「ああっ、いやあっ……」 おれは左手で乳首をつまみながら、右手を下半身に這わせていった。股間にぴっちりと食いこんだモスグリーンのショーツ――その上からお○んこをやさしく撫でた。上質なシルクの感触がエロスを伝えてくる。だが、その奥で燃えている柔肉の気配は、輪をかけていやらしかった。 ショーツ越しの愛撫にもかかわらず、指に熱気がからみついてきた。十年前から感じやすい女だったが、この熱気は本物だった。清楚な主婦の旦那は、最近エッチレス気味だと語っていた。額面通り信じていたわけではないが、本当にそうなのかもしれない。この時点でここまで燃えているのなら……。「ねっ、ねえっ……」 彼女がいまにも泣きだしそうな顔を向けてきた。
 
「ベッドに……ベッドに横にならせて……」「おま○こ、舐めてほしいのか?」 ぼくは卑語を投げつけた。「ベッドでオ○ンコ丸出しにされて、ペロペロされたいのか?」「そっ、そうじゃなくて……」 若妻の霞ちゃんの紅潮した顔が、恥辱に歪む。「たっ、立ってるのがつらいのっ……くらくらするのっ……」「オ○ンコ舐められたいなら舐められたいって、正直に言ったらどうだ」 ぼくは彼女をベッドにうながした。しかし、体を横たえさせはしない。両手をベッドにつかせ、立ちバックの体勢で尻を突きださせた。「人間、正直にならないと損をするよ」「くぅうううーっ!」 バックレースも美しいショーツを乱暴にまとめて引っ張りあげると、奥さまは爪先立ちになって両脚を震わせた。いい格好だった。ぼくは眼福に酔いしれながら、クイッ、クイッ、とショーツを桃割れに食いこませてやる。彼女が身をよじる。両脚の震えが尻まで及び、丸々と張りつめたヒップの双丘が波打つようにわなないている。「ずいぶん気持ちよさそうじゃないか……」 おれは30代の専業主婦の後ろにしゃがみこむと、ショーツを半分ほどめくりさげ、セピア色のすぼまりだけを露出させた。
 
「あああっ……」「夫はクンニが苦手だと言っていたが……」 おれは尻の双丘を両手でつかみ、ぐいっと割りひろげてアヌスホールをさらに?きだしにする。「ということは、こんなところは間違っても舐めてもらえないだろう?」「はっ、はぁおおおおおーっ!」 アヌスホールにねろねろと舌を這わせてやると、綺麗な美人妻は尻尾を踏まれた猫のような悲鳴をあげた。「やっ、やめてっ! やめてくださいっ! そんなとこを舐めないでっ! 舐めないでえええーっ!」 俺はねちっこく舌を使ってすぼまりの細い皺を伸ばすように舐めまわしつつ、右手で股間の前方を探った。まだショーツに覆われているクリトリスの位置を目敏く特定し、くりくりと転がしてやる。「はっ、はぁああああーっ!」 奥さまの霞さんの腰が、ビクンッ、ビクンッ、と跳ねあがる。しかしもはや、尻穴を舐められることを嫌がってはいない。ア○ルだけを単独で舐められると、くすぐったかったり、心理的なおぞましさがあるものだが、同時に性感帯を刺激されると、くすぐったさやおぞましささえ快感に変わるのだ。「ようやく調子が出てきたみたいだな」 ぼくはセフレの人妻の下半身から、ショーツを完全に脱がせた。そしてあらためて尻の双丘を両手で割りひろげ、濃厚な牝の匂いを振りまいている花園に鼻面を突っこんでいく。
 
 くにゃくにゃした花びらが蜜をしたたらせながら、僕の唇を迎えてくれる。半開きになっている合わせ目をめくりあげると、匂いたつ愛液があふれてきた。肉層が渦巻く中にヌプヌプと舌先を差しこみ、奥までねちっこく?き混ぜてやる。「ああんっ……はぁあああっ……」 清純な主婦が腰をくねらせてよがりによがる。バッククンニは無理な体勢で女体を責めている悦びがあるが、刺激できる場所が限られている。さらによがり泣かせるためには、体位の変更が必要だ。「よーし、ベッドにあがるんだ」 すでに一糸纏わぬ丸裸なスタイル抜群の奥さまに対し、俺はスーツを着たままだった。上着を脱ぎ、ネクタイをはずしてから、彼女の両脚を大きく割りひろげた。そしてそのまま、でんぐり返しをするように背中を丸めていく……。「いっ、いやあああっ……」 マンぐり返しに押さえこまれたアラサーの主婦は、恥辱に歪んだ悲鳴をあげた。僕はニヤニヤと笑いながらその顔をのぞきこむ。マンぐり返しの素晴らしいところは、女の恥部という恥部を目の前にさらけださせたうえに、顔まで見られることだ。
 
「やっ、やめてっ……こんな格好、恥ずかしいっ……」「そのわりには、ずいぶん濡らしているみたいだが……」 俺は下卑た笑みをこぼしつつ、舌先をオマンコに近づけていく。激カワの奥さんのまんこをひろげてつやつやと濡れ光る薄桃色の粘膜を露わにし、ねちっこく舐めあげていく。アナルの方からピンク色の突起に向かって……。「あああっ……あうううっ!」 舌先が敏感なピンク色の突起に届くと、彼女は押さえこまれた四肢を小刻みに震わせ、手脚をジタバタさせた。無駄な抵抗だった。いくら暴れても、彼女がこの体勢から逃れることはできない。手も足も出ない無念さを?みしめながら、性感だけを高められていく。「ああっ、いやあっ……いやあああっ……」 可愛い顔が生々しいピンク色に染まり、汗にまみれて卑猥に輝く。首を振るほどに、ショートボブの黒髪がざんばらに乱れていく。 ぼくは割れ目と陰核だけを舐めていたわけではなかった。尻穴も舐めていたし、内腿にキッスの雨も降らしていた。そうしつつ指でクリをいじったり、乳首まで愛撫の手をひろげていく。「あううっ……はぁうううっ……」 快楽の波状攻撃に、彼女はじわじわと限界に追いこまれていく。体の中に欲望が充満し、それが破裂しそうになっていることがはっきりとわかる。
 
「ダッ、ダメッ……ダメようっ……」 喜悦の涙を溜めた眼で、すがるように見つめてきた。「イッ、イッちゃうっ……そんなにしたら、わたしっ……もうイクッ……イッ、イッちゃうううっ……」 きゅうっと眉根を寄せた瞬間、おれは愛撫の手をとめた。「ええっ?」 喜悦に歪んでいた彼女の表情に、絶頂を逃したやるせなさがひろがっていく。「そう簡単にイカせるわけないだろう?」 僕はマンぐり返しの体勢を崩し、服を脱いだ。ブリーフまで一気に脚から抜いて、隆々とそそり勃ったチ○チンを、欲情しきった人妻に見せつけた。「昔からの悪い癖だよ。自分ばっかりイコうとするのは……セックスはふたりでするものじゃないか。こっちも気持ちよくしてもらわないと困る」「うううっ……」 主婦のかすみちゃんは聞き分けの悪い女ではなかった。のろのろとではあるが、四つん這いになり、膝立ちになっている僕のち○ちんに顔を近づけてきた。自分ばかりイキそうになったことを羞じらいつつも、汗まみれの裸身から発情の匂いをむんむんと漂わせている。「むううっ……」 専業主婦の霞ちゃんの手指がチン○ンにからみついてくると、俺は腰を反らせた。「ぅんあっ……」 若妻が口をひろげ、亀頭を?張ってくる。眉根を寄せたいやらしい顔で、ぼくを見上げながら……。
 
 そうだ、とぼくは思いだした。奥さまは口が小さいので、フ○ラがキツキツで気持ちよかったのだ。必死でチンチンを咥えこむ健気な顔に、いつだってそそられていた。「ぅんぐっ……ぅんぐっ……」 人妻になった奥さまのカスミさんは、ただ口の小さなおぼこい女ではなくなっていた。横山に仕込まれたのか、あるいはその前の男遍歴で覚えたのか、口内で大量の唾液を分泌しては、じゅるっ、じゅるるっ、と音をたてて、唾液ごとちん○んをしゃぶりあげてきた。 まるで、わたしはもう昔のわたしではないと主張するように……。「むううっ……」 僕は腰を反らせて、彼女の頭を両手でつかんだ。奥様のかすみちゃんの振りまく淫らな肉ずれ音に身震いするほど興奮しつつ、腰を使ってゆっくりと抜き差しを開始した。俺はオーラルセックスが好きだった。 なかでもシックスナインは、挿入する前の最大の山場と位置づけ、決しておろそかにすることがなかった。 女性上位、あるいは横向きの69にも愛着があるが、今日は別のやり方をチョイスした。 男性上位のシックスナインである。 自分が上になれば、下になるよりクンニが容易かった。
 
M字に割りひろげた両脚の間を、思う存分舐めまわすことができる。 その一方で、上になっていれば腰を使うことも容易だった。女の口をヴァギナに見立てて、ピストン運動を送りこむことが……。「ぅんぐっ! ぅんぐうううーっ!」 体の下で、若妻が悶絶している。したたかにクリを舐め転がされ、時にオマ○コの中を指で?き混ぜられながら、口唇にピストン運動を受けていては、されるがままに悶絶するしかないだろう。 男性上位のシックスナイン(69)は、どこまでも男が責めるための体位なのだ。容赦するつもりは毛頭ない、ということである。「もっとしっかり舐めるんだ」 ぐいぐいと腰を使いながら、ぼくは言った。その言葉に呼応して、セックスフレンドの若妻は口内で舌を動かそうとする。だが、すぐに放棄され、うぐうぐと鼻奥で悶え泣くばかりになる。 下になって両脚をひろげているかわいい主婦の体はすでに発情しきって、いまにもオルガスムスに達してしまいそうだった。クリちゃんは完全に包皮を?ききり、舌を離してもプルプルと震えている。漏らしたラブジュースは尻の下にサッカーボール大のシミをつくり、ベッドの上にいやらしすぎる匂いを充満させている。「ぅんぐうっ! ぅぐううううーっ!」 どうやら、イキそうになっているようだ。奥さまのカスミちゃんの四肢がこわばり、両手に力をこめて僕の腰にしがみついている。薄桃色の粘膜に、白濁した本気汁が滲んでいるのが見える。
 
 だが、イカせるわけにはいかない。そういう状態になると、ぼくはすかさず陰核から舌を離し、薄桃色の粘膜をいじるのもやめた。プルプル震えている肉芽をじっくり観察しながら、しがみつかれた腰を動かし、自分ひとり口唇を犯す愉悦に酔いしれる。 もう三十分以上、そんなことを続けていた。顔を見なくても細身の美人妻が息絶えだえになっていることが伝わってきて、内心でほくそ笑んでしまう。 そろそろ仕上げにかかる頃合いだった。 俺は口唇からオチンチンを抜き、彼女の体の上から降りた。主婦のかすみちゃんは手脚を投げだした状態で、体中を、ピクピク、ピクピク、と小刻みに痙攣させている。呼吸は激しくはずんで、顔は唾液と汗と喜悦の涙でぐちゃぐちゃに濡れ、眼の焦点を失っていた。 いい顔だった。 若妻の架純ちゃんは放心状態に見えて、その体には欲望が充満し、一刻も早くオルガスムスをむさぼりたがっている。僕が両脚の間に腰をすべりこませ、ちんちんの切っ先を濡れた花園にあてがうと、にわかに表情に生気が蘇り、すがるような眼つきで見つめてきた。「入れてほしいか?」
 
 おれの言葉に、コクンとうなずく。と同時に、生唾を?みこんだことを、おれは見逃さなかった。「イカせてほしいんだな?」 もう一度、コクンとうなずく。しかし、そのオルガスムスがひどく高くつくことになるのを、可愛らしい美人妻はまだ知らない。「いくぞ……」 おれは細身の美人妻の顔を見つめながら、ゆっくりと腰を前に送りだしていった。上体を起こしたままだから、顔だけではなく、結合部分も丸見えだった。 巨乳の奥様はもう、それを見られている状態を羞じらうこともできなかった。アーモンドピンクの花びらを巻きこんで、黒光りを放つおちんちんが彼女の中に入っていく。「んんんーっ! んんんんーっ!」 むりむりと奥に入っていくに従って、可愛らしい若妻の顔は紅潮していった。息を?んで、結合に身構えているからだ。 ずんっ、と最奥まで突きあげると、「はっ、はぁうううううーっ!」 ?みこんでいた息をすべて吐きだすようにして、甲高い悲鳴をあげた。 いい眺めだった。 おれは、田楽刺しにした若妻を悠然と見下ろしながら眼福を?みしめ、懐かしい結合感を堪能した。 小さな口と同様、彼女のマンコはキツキツだった。
 
三十歳になってなお、人妻の霞ちゃんのマ○コ類い稀な締まりのよさをキープしており、しかしよく濡れているから滑りが悪いわけではない。「たまらないよ……」 僕はうっとりとささやきながらちんぽを抜き、もう一度入り直していく。 エッチだけなら、主婦のカスミちゃんは最高の部類に入る女だった。少なくとも、自分との体の相性は群を抜いていた。 あまりにかまってほしがる甘えん坊な性格に辟易し、大学時代は別れを選択してしまったけれど、十年ぶりにこうしてひとつになってみれば、夢中になって彼女の体をむさぼっていたときのことばかりが蘇ってきた。どうして別れてしまったのだろうと、後悔までがこみあげてくるほどだった。「あああっ……はぁああっ……」 スローな抜き差しに身をよじり、こちらを見上げてくる彼女も、昔を思いだしているようだった。三十路の美人妻にしても、おれほどセックスの手の合う相手は他にはいなかったはずだ。その蕩けるような眼つきが、なによりの証拠だった。若妻のカスミちゃんは人妻で、いまこの瞬間、夫をしたたかに裏切っている。にもかかわらず、罪悪感など微塵も伝わってこない。
 
「これが好きだったよな?」 ぼくはM字にひろげている彼女の両脚を真っ直ぐに伸ばし、肩に担いだ。そうしておいて前傾姿勢になれば、おちん○んをかなり深くまで埋めこめる。 ずんっ、ずんっ、とストロークを打ちこんでいくと、「はっ、はぁあああーっ!」 汗まみれで紅潮したかわいい人妻の顔が、くしゃくしゃに歪んだ。表情にみるみる浅ましさが浮かんできて、唾液で濡れた唇が物欲しげにわななく。「いっ、いやっ……いいっ! すごいっ! すごい気持ちいいいいいーっ!」 眼を見開き、おれに向かって叫ぶ。このままイカせてほしいという切実な欲望が伝わってくる。 俺も一瞬、我を失いそうになった。十年ぶりに貫いた専業主婦の体は、記憶にあったよりなお心地よく、腰を振りたてるピッチがどんどんあがっていく。 キツキツなのによく濡れているのは、かつてと一緒だった。いまはそれに加えて、内側の肉ひだがからみついてくるような感覚がある。子宮を亀頭で叩いているのに、さらに奥まで引きずりこまれるような、たまらない快感に全身の血が沸騰していく。
 
 だがもちろん、射精まで一気に突っ走ってしまうわけにはいかない。「ああっ、いやっ……いやいやいやあああっ……」 彼女が切羽つまってイキそうになると、深いストロークを中断し、上体を起こした。奇麗な若妻の両脚をあらためてM字に割りひろげ、悠然としたピッチで腰を使った。ぬんちゃっ、ぬんちゃっ、と粘りつくような音をたて、熱く爛れたマンコをねちっこく攪拌していく。「ああああっ……はぁあああっ……」 刺激の質が変わったことで、セフレの美人妻は淫らがましく身をくねらせた。恥ずかしげな顔をしつつも、ぼくを見つめて腕をつかんでくる。もっと激しく突いてとばかりに、ぼくの体を引き寄せようとする。「ダンナより気持ちいいか?」 おれは上体を起こしたまま、ゆるりと人妻のかすみさんを見下ろした。「俺と夫のセックス、どっちが気持ちいい?」「うううっ……」 彼女が顔をそむけ、唇を?みしめる。「言うんだよ」 おれが、ずんっ、ずんっ、と深いストロークを打ちこむと、「あぁうううーっ!」 彼女はのけぞって白い喉を突きだし、「言えないっ! 言えませんっ!」 ちぎれんばかりに首を振った。「それはっ……それだけはっ……言わせないでえええっ……」「言わないなら、やめちゃうぞ」 僕がおちん○んを半分ほど抜くと、
 
「ああっ、ダメッ……抜かないでっ!」 彼女は焦った顔になった。「じゃあ言うんだよ」 おれは勝ち誇った顔で若妻を見下ろしつつ、右手を結合部に伸ばしていく。勃起しきったおちんちんで浅瀬を穿ちながら、陰核を親指ではじきはじめる。「あうううーっ! ダッ、ダメッ……そんなのダメええええっ……」「正直に感想を言うんだ。俺よりダンナとするほうが気持ちいいか? そうなのか?」「言えないっ! 言えませんっ!」 30代の奥様は頑なに首を振ったが、腰は動いていた。浅瀬への突きとクリトリスへの刺激に、見るも無残なほどいやらしく腰をくねらせる。「言うんだよ」「言えないっ! 言えないっ!」 叫び声を放つ彼女の顔は、愉悦に真っ赤に染まりきり、いまにも白眼さえ?いてしまいそうだった。5 僕はセックスのとき、女に容赦をしない性格だった。 そのほうが女だって燃えると思っているからだが、今日はいつも以上に心を鬼にしていた。望みの言葉を言わせるまでは、絶対に妥協するつもりはなかった。「ああああーっ!」 セフレの奥さまの口から放たれた悲鳴は、歓喜のそれとはかけ離れたものだった。 俺がオマ○コからおちんちんを抜き去ったからだ。奥さまの霞さんにしても、本当に抜かれるとは思っていなかったはずだ。
 
抜くぞ、やめるぞ、というのは一種の言葉責めであり、いずれはきっちりイカせてもらえると……。 だが僕は、彼女の漏らしたものでドロドロになったチンコを、セフレの奥さまの口唇に突っこんだ。「ぅんぐううーっ!」「言わないなら、俺はこっちに出すことにする。いいんだな、それで?」 奥様の小さな頭を両手でつかみ、ぐいぐいと腰を動かした。うぐうぐと鼻奥で悶えている彼女の顔を犯すように、勃起しきったチン○ンを抜き差しする。「……ぅんあああっ……」 口唇からチンポを引き抜くと、美人妻は大量の唾液とともにせつなげな声をもらした。「ゆっ、許してっ……許してくださいっ……」「正直に言うまで、絶対に許さないよ。本当に口の中に出すぞ」「ぅんぐううーっ!」 もう一度口唇にち○ぽを埋めこみ、ピストン運動を送りこんだ。人妻の口は小さくて気持ちがいい。本当にこのまま出してしまいたくなり、自分を抑えるのに往生する。「どうするんだ? 答えるのか、答えないのか……口に出してもらいたいならそれでもいいが……」「いっ、いやっ! いやですっ!」「だったら言うんだよ」 蜜と唾液でコーティングされた肉棒で、ピターン、ピターン、と紅潮した?を叩いてやる。「ううっ……うううっ……」 それでもまだ彼女が言いよどんでいるので、おれは美人妻のかすみちゃんの両脚の間に腰をすべりこませ、再びお○んこを貫いた。
 
「はっ、はぁううううううーっ!」 ずぶずぶと奥まで侵入していくと、若妻のカスミちゃんは背中を弓なりに反り返した。ガクガクと腰を震わせて、ぼくが動く前から股間を淫らに押しつけてきた。「腰が動いてるぞ」 ぼくは嘲笑を浴びせてやる。「こっちは動いてないのに、ずいぶん貪欲なんだな」「言わないでっ……言わないでっ……」 いやいやと首を振りながらも、キュートな人妻は腰をくねらせる。紅潮した顔を恥辱に歪めつつも、肉欲をむさぼることをやめることができない。 たまらなかった。 僕は上体を覆い被せ、唇を重ねた。舌をからめあう甘い口づけに、彼女の顔が蕩けていく。オルガスムスを欲しがってこわばっていた体から一瞬力が抜け、あらためて抱きついてくる。発情の汗でヌメッた手脚をからみつけてくる。 素晴らしい抱き心地だった。 ぼくは抱擁に力をこめ、本格的に腰を使いはじめた。勃起しきったちんこを抜いては差し、差しては抜く。時折グラインドを織り交ぜ、中を?き混ぜることも忘れない。 かわゆい人妻も下から動いてくる。動き方が次第に切迫してくる。「あああっ……はぁああっ……」 もうイキそうだという顔で見つめられ、ぼくはうなずいた。スタイル抜群の主婦の口から、まだ望みの言葉は引きだせていなかったが、頑なに抵抗する巨乳の専業主婦に好感をもっていた。 その貞操観念をどこまで維持できるのか、見てやろうと思った。おれにはまだ余裕があった。彼女を一度絶頂に導いたくらいでは、射精に至ることはないだろう。「ああっ、ダメッ……もうダメッ……」
 
 専業主婦が声を震わせ、強くしがみついてくる。「もうイキそうっ……イッていい? イッ、イカせてっ……」 僕はうなずき、腰を動かしつづける。いちばん深いところを力強く突きあげながら、主婦のかすみさんを見つめる。彼女も見つめ返してくる。熱い視線をからませあいながら、オルガスムスの頂へと駆けあがっていく。「……イッ、イクッ!」 ビクンッ、ビクンッ、と跳ねあがる女体を、ぼくはしっかりと抱きしめた。快楽を漏らさず若妻が味わえるように押さえこみつつ、しつこく腰を振りたてる。「あああああーっ! はぁああああーっ!」 おれの腕の中で綺麗な人妻はのけぞり、四肢を淫らに震わせた。密着している素肌、あるいは結合している粘膜を通じて、女体の痙攣が生々しく伝わってくる。「……あふっ!」 イキきった女体から力が抜けると、ぼくはいったん、ピストン運動を中断した。ハアハアと息をはずませている若妻の霞さんの顔をのぞきこみ、乱れた髪を直してやった。
 
「最高だよ」 まぶしげに眼を細めてささやく。「奥さんのカスミさんの抱き心地は最高だ。他のどの女よりも……そっちはどうだ?」「ううっ……くぅううっ……」 スタイル抜群の主婦はせつなげに眉根を寄せたが、もう抵抗することはできなかった。オルガスムスの余韻をありありと残した顔に、敗北の色がひろがっていった。「わっ、わたしも……わたしもすごくっ……いいっ……いままででいちばん……」「ダンナよりか?」 コク、コク、と主婦のかすみさんがうなずく。すがるように見つめながら。「ダンナとしても、こんなふうに激しくイクのかい?」 彼女はきっぱりと首を横に振った。「夫とは……相性があんまり……合わないっていうか……」 その言葉には、セックスフレンドの専業主婦なりの精いっぱいのやさしさが滲んでいた。横山という男は、がさつで自分勝手なエッチをしそうだった。人妻を愛していることは間違いなくても、ベッドで女を悦ばせることに心血を注ぐタイプではない。「……ぅんんっ!」 ゆっくりとピストン運動を再開すると、人妻の顔が歪んだ。一度イッたことで、ただでさえキツキツのマンコがさらに締まりを増していた。きついというより、吸いついてくる。これだけ密着感が強いと、少し動いただけで彼女もたまらないだろう。「愛人になってくれないか?」 俺がささやくと、「えっ? ええっ?」 欲求不満な主婦は呆けたような顔を向けてきた。
 
すべての神経が、結合した性器に集中していたようだった。「また会ってくれよ。ダンナと違って、俺とは体の相性がいいだろう? まだ何度でもイケそうだよな?」「ううっ……ああああっ!」 返答を拒む奥様を、おれは深く突きあげた。一打一打に力をこめてストロークを送りこみつつ、発情の汗にまみれた胸を揉みしだく。乳首をつまみあげ、指の間でしたたかに押しつぶす。「ああっ、いやっ……」 若妻の体がにわかに生気を取り戻し、淫らにくねりはじめた。十年会わない間に、美人妻の性感はずいぶんと熟れたらしい。昔は立てつづけに絶頂させるのはかなり大変だったが、いまは簡単に追いこめそうだ。「いいんだろう?」 僕は抜き差しのピッチをあげていった。ずちゅっ、ぐちゅっ、と汁気の多い音をわざとたてながら、怒濤の連打を送りこんでいく。「あああーっ! はぁあああーっ!」 腕の中で、巨乳の若妻がのたうちまわる。言葉は返さなくても、僕の体にしがみつき、股間を押しつけてくる。「どうだ? 愛人になるか?」 アラサーの奥さまは言葉を返さず、ハアハアと息をはずませては、喜悦に歪んだ悲鳴を放つ。
 
「OKするまで、イカせまくってやるぞ。失神するまで……」「いっ、いやっ……」 美人妻は怯えた顔で首を振ったが、興奮を隠しきれなかった。「イカせまくってやる」というぼくの言葉に反応し、激しく身をよじらせる。(したたかな女になったものだ……) 女体にぐいぐいと律動を送りこみながら、俺は感心していた。 この状況で、ぼくの言葉を肯定するのは、それほど難しいことではない。sexに夢中で頭がどうにかなっていた、と自分に対して言い訳もできる。 だが、奥さまの架純ちゃんはあくまでも言質をとらせない。手持ちのカードをすべて見せてしまっては、男に飽きられるのが早いという現実を、この十年で学んだらしい。 かつて付き合っていたとき、スレンダーな奥さんはすべてをさらけだし、捨て身で男の胸に飛びこんでくるタイプだった。そういう女を、男は鬱陶しいと遠ざける。 人妻になった巨乳の美人妻は、感じていても、感じていると認めない。そうすることで、男の関心を惹こうとしている。悪い作戦ではない。俺はまんまと、欲求不満な若妻の術中に嵌まってしまっている。
 
「ああっ、いやっ……イキそうっ……またイッちゃいそうっ……」「愛人になるならイカせてやるぞ」「むっ、無理ですっ……そんな約束はできませんっ……」「イキたいんだろう?」「ああっ、イカせてっ……お願いっ……」「だったら、愛人になるんだ」「ああっ、ダメッ……ダメですううーっ!」 叫びつつも、身をくねらせてオルガスムスに駆けあがっていく。「イッ、イッちゃうっ……またイッちゃうっ……イクイクイクッ……はっ、はぁあおおおおおおおーっ!」 獣じみた悲鳴をあげて二度目の絶頂に駆けあがっていくセックスレスの人妻に、ぼくは怒濤の連打を送りこんだ。女体が浮きあがるほどの激しい突きあげで、彼女を爆発的なオルガスムスに追いこんだ。 若妻はきっと、次の逢瀬を拒みはしない。 これほど立てつづけにイキまくるということは、かわゆい若妻もまた、夫を裏切るスリルとサスペンスを楽しんでいるのだ。 セフレの専業主婦は最高のセフレになってくれそうだった。 いや、是が非でも最高のセフレに育てあげたい。僕はそう思いながら、しつこく連打を打ちこんでいった。
やがてぼくが「う、ああ、出すよ」と言いながらsexフレンドの若妻のお○んこの中にザーメンを勢いよく中だしした。
 
出会い系サイトPCマックスでの欲求不満な若妻との即ハメセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓











































 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【PCMAXやれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【PCMAXセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【PCMAXヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【PCMAX体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【PCMAXハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【PCMAXヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【PCMAXやれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【PCMAXセフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.