deaikeitaiken_novel

【ハッピーメールセフレ】三十路の巨乳若妻と不倫中出しセックス

投稿日:

 


 
(あーあ。それにしても、セックスしたいなあ) 製薬会社で営業をしているゆうきは、ボケーッと不埒なことを考えながら、ルーティンの得意先回りを終え駅に向かって歩いていた。アラサーの健康的な男であるがゆえ、性欲を持て余しているのである。 とはいえ風俗に行くとどこかむなしさを伴うし、付き合っている女性などいなかった。性欲解消のためにセフレが欲しいので、出会い系サイトハッピーメール(happymail)で女漁りをしていたが、ここ最近はさっぱりだった。(やっぱり、彼女をつくるしかないか) そこはかとなく思うが、本気の出会いを求めて行動したことはない。そもそも男女交際に関して、能動的に活動するのが苦手なのである。 友人の紹介や、人数合わせの合コンに参加して知り合った女性と付き合い始めても、あまり長続きしなかった。つまるところ俺は、恋愛と性欲の違いがよくわかっていないのだ。しかも恋人ができて、日々の行動を制約されるのが面倒臭い。一人でいるのが楽だった。 ゆえに休日はグルメの店を食べ歩いたり、スポーツを観たりして過ごす生活がお気に入りだった。こんあな気ままな独身生活を満喫していた。
 
 遅く起きた土曜日の昼過ぎ、ゆうきは大田区の大森に出て地下街をブラブラと歩いていた。このところ、禁欲生活をしていたことも関係あるのだろう。お洒落に着飾ったさまざまな女性とすれ違うと、そこはかとなくムラムラしてくる。 (とりあえず若妻と出会って、後腐れなくsexしたいなあ……) 虫のいい願望を念じながら、大森界隈を歩いていた。。その途端、まさに突然、前から来た女性に声をかけられた。「すいません。ちょっと道に迷ってしまって。大森駅の駅ビルに行くのは、この方向でいいんでしょうか。○○ってレストランはご存じですか? そこに行きたいんですけど」 肩くらいまで伸びたセミロングの黒髪で、黒目がちなつぶらな瞳とおちょぼ口が可愛らしい女性だった。コンサバなワンピースにコートを羽織っている。眉の辺りで流している前髪のせいか、同い年くらいのOLという佇まいだった。 けれど左手の薬指に指輪がある。ということは既婚の人妻なのだろう。驚きながらゆうきは口を開いた。「ぐ、偶然ですね。俺もそこに行くところなんで、よかったら案内しますよ」 そのレストランはに何回か行ったことがあったゆうきは、調子を合わせた。
 
 朝からクッキーとカフェオレしか口に入れていないので、何か食べようと思っていたところでもあった。「助かります。わたし、極端な方向音痴なんで」 僕とセックスレスの主婦はレストランまで歩きながら、映画や海外ドラマ、アニメに出てくる食事の話題で盛り上がった。店に着いても話は尽きず、別々に食事するのも味気ないので同席することになった。 あまり混んでいなかったので、四人掛けのゆったりしたテーブル席でさしむかいに座る。メニューを眺めていたら、ウエイトレスが注文を取りにきた。 奥さんの百合子さんはハンバーガーとミルクシェイクを注文した。彼女の名前は百合子で、子どもはいないが結婚十年目。若々しく見えるが、なんと俺よりも4歳上の三十六歳だった。「由里子さんって、俺と同い年くらいだと思ってました」「さすが営業マン、お上手だわ。そっか。ゆうきくんは、わたしの弟と同い年なのね。あっ。旦那の苗字は好きじゃないから、由里子でいいわよ」 年下だとわかった途端、ぼくは名前で呼ばれた。 主婦のゆりこさんは旦那の転勤で東京に来たばかりで、まだ友だちがおらずお喋りに飢えているそうだ。会ったばかりの男を相手に饒舌なのは、そういうことなのかと俺は納得した。 やがてウエイトレスが注文した食事と飲み物を持ってきたので、食べながらとりとめもない会話を続けた。清純な主婦のほんわかした喋り方は、年齢を感じさせずとても可愛い。
 
 清楚な見かけと相まって、エッチなんてしたことがありませんというムードをまとっていた。おれは若妻のユリコさんと出会って後腐れなく情事がしたいと願ったが、若妻との間でエロティックな出来事が起きる雰囲気はまったくなかった。 けれど食事しながら、打ち解けて語らうだけでも楽しかった。sexフレンドの奥さまの話にうんうんと頷き、フライドチキンにかぶりついていた。すると何故か清純な主婦が、ゆうきの口元をうっとりと見つめていることに気づいた。「ゆりこさん。そんなに、見ないでくださいよ」 俺が言うと、美人妻はほおを桜色に染めた。「だって、すごくワイルドな食べ方をするんだもの」 俺は骨に付いたナンコツを齧ってから、骨内の髄液までチューチューと吸っていたのだ。「品がないかな?」 美人妻の由里子ちゃんはゆっくりと首を横に振り、ぼくの目を見て言った。「男らしくて、素敵だと思うわ」 ゆうきはドキドキした。やけに生々しい、性的なニュアンスを含んだ視線だったからだ。もしかしたらとペーパーナプキンを使って手を拭い、速攻でポケットの中にあるピンクの招き猫を握りしめた。 思ったとおり、美人妻の由里子さんの身体がピンク色のほのかな光に包まれていた。つまり、由里子さんは俺とセックスをしたがっているということなんだよな。素晴らしい、素晴らしすぎるぞ) エッチを意識した途端、喉の渇きを覚えたのでコーラを一口飲んだ。
 
 そして片手でモリモリとフライドチキンを食べ続けた。唇を肉汁だらけにしながら、ムシャムシャと肉に食らいつくほどに、奥様の由里子さんの輪郭から発散されるオーラの光は強くなった。 彼女がセックスを望んでいることはわかった。しかしどうやって誘えばいいのか、ぼくにはまるでわからなかった。 いきなりラブホに誘ったら主婦の由里子ちゃんに断られるに決まっているし、人の多いデパート内で抱きついたりキスを仕掛けたら、ただの痴漢野郎になってしまう。 そんなことを考えながらチキンを食べ続けたが、上手な誘い方はまったく思い浮かばなかった。誘惑に関するスキルは無いに等しいが、人妻の発情濃度がわかるのだ。 別に焦る必要はないと、心に余裕ができたらアイディアが浮かんだ。映画に誘ってみるのはどうだろう。「ユリコさんは、これからどうするんですか?」「そうねえ。とりあえず……」 主婦のユリコさんはテーブルの端に置いてあった伝票を手に取って、ヒラヒラと振った。「わたしのほうが、年上だもん。ここは奢らせてね」「いやいや、気を遣わないでくださいよ」「その代わり、このあとも買い物に付き合ってくれない?」 なんと若妻の由里子ちゃんのほうから誘ってくれた。ぼくの身体中に、何かいいことが起きるかもしれないという予感が満ち溢れる。
 
「はい、喜んで!」 居酒屋店員のような返事で快諾して、レストランを出た。買い物と言ったが、奇麗な主婦は実際には何も買わなかった。さまざまな売り場を二人で冷やかしながら歩いた。 ウインドーショッピングの間、僕はポケットの中にあるハンカチをずっと握り締めていた。食器や寝具の売り場ではそれほどでもないが、ランジェリー売り場では発散されるオーラの光が特に強くなった。 人妻は上下お揃いのセクシーランジェリーをつけたマネキンを指差し、からかうような口調で俺に訊いた。「ねえゆうきくん、こういう下着ってわたしに似合うと思う?」 花柄刺しゅうが施されたブラジャーに、同じ柄のTバックショーツの組み合わせだった。清楚な見かけの主婦の百合子ちゃんに過激な下着、おれは想像するだけで下半身が疼いてしまう。「も、もちろん、似合いますよ」「何色がいいと思う?」「黒とか。いや、薄紫がいいかな」「ふーん、そういうのが好みなのね。でもねえ、わたしの年齢だともう、Tバックは実用的じゃないのよ。後学のために覚えておくといいわ。男の人的には残念かもしれないけど、お尻もお腹もすっぽり包まれるおばさんパンツが心地いいの。うふふ、がっかりした?」「全然。むしろ、勉強になります」 答えながら僕は、おばさんパンツ姿の彼女を想像した。パンストのゴム痕が残っている腹部など、日常的な生々しい詳細を思い浮かべることができる。気どったセクシーランジェリーより、むしろエロティックかもしれない。
 
 ゆうきにとっては、フランス料理よりもふだんの食事のほうが美味しい。喩えるならば、肉じゃがや明太子のほうが、ご飯を何杯でも食べられるという感覚なのだ。けれど、正確に伝わる自信がないので発言は控えた。 そして靴や化粧品の売り場などを巡りながら、ぼくとスタイル抜群の専業主婦は親密さを増していった。「うちの弟は昔からわたしに逆らってばかりだったけど、ゆうきくんは何でも言うことをきいてくれそうなタイプよね。もしも婚外恋愛をするなら、年下と付き合うのもいいなって思えるわ」 三十路の奥様に言われてぼくは有頂天になった。婚外恋愛イコール婚外性交、付き合うイコールまぐわう、たちまち頭の中がエッチ一色に染まっていく。「か、からかわないでください。俺、単純だから本気にしちゃいますよ」「別に、かまわないわよ」「えっ」 もちろん、エッチしてもかまわないという意味ではないとわかっている。だが女性の発情を意味するピンクのオーラが見えるおかげで、二人の性的な感情が確実に絡まり合う感じがしていた。「ゆうきくん、かのじょはいるの?」「いないですよ」「買い物に根気よく付き合ってくれる、やさしい男の子なのに? 見る目ないのねえ、最近の若い女の子は」 そんな会話をしながらデパートを出て、あてもなく並んで歩いた。
 
有頂天気分の俺は、彼女が方向音痴であることを忘れていた。ただひたすら、徐々に強くなっていくピンクのオーラに気をとられ、気づいたときにはラブラブホ街に迷い込んでいた。 ぼくに向き直った彼女は、からかう口調ではなく掠れた声を漏らした。「年上は嫌い? わたしみたいなおばさんには、魅力を感じないかな?」「とんでもない。結婚してるって知らなければ、俺、告白してると思います」「お世辞でも嬉しいな。今だけ独身に戻ったら、恋人にしてくれる?」 そう言って主婦のユリコちゃんは、結婚指輪を外した。 間違いない、30代の若妻が俺を求めている。これも開運グッズの導きだろうか。僕は、まさかのタナボタセックスチャンスに驚きながら答えた。「ももも、もちろんっ」「歩きすぎて足が疲れちゃった。少し休みたいな」「俺もです」 俺はアラサーの専業主婦の手を握ると、目の前にあるラブホに入った。(もしかしてユリコさんは、後悔しているのだろうか?) 部屋に入り、交代でシャワーを浴びた。今は二人ともタオル生地のバスローブを着て、ベッドに横たわっている。なのに欲求不満な人妻は何故か、ぼくに背を向けたままだった。このまま抱きしめキスをしたいけれど、かわゆい奥さまのまとう空気は硬質で、拒絶を意味しているみたいだった。気おくれしているゆうきは、女体に触れることさえままならない。
 
重苦しい沈黙の時間だけが、ただ過ぎていく。「ゆうきくん、あのね。信じてもらえないかもしれないけど、わたし、誰とでもこんなことをする女じゃないのよ」 清純な奥さんの震える声からは、痛いほどの緊張感が伝わってきた。「初めてなの。出会ったばかりで食事デートして、わたしのすさんだ心を癒してくれたゆうきくんなら、きっとわかってもらえるって思ったから」 恥じらうアラサーの主婦の言葉に押されて、彼は手を伸ばしセフレの若妻を自然に抱きしめることができた。心がすさんでいたとはつゆ知らず、自分はただ久しぶりにセックスができると浮かれていただけだった。ならば、奥さんの百合子ちゃんをもっと癒したい。「もちろん、わかりますよ。それに由里子さん、年上なのに可愛すぎます」 俺は鎖骨など、デコルテラインの生肌をやさしく撫で回した。そして、バスローブの隙間から胸元に左手を差し入れる。柔らかくてなめらかな乳肌が、しっとりと汗ばんでいた。女体から、ほのかに艶めかしい薫りが漂ってきた。 膨らみの麓に指を這わせながら、もっと積極的に動いてもいいものか、まだ迷っていた。「嬉しいわ。大切なものみたいに扱ってくれるのね」「どこをどうやって愛撫すれば、由里子さんが気持ちよくなってくれるのかなって、必死で考えているんですよ」「うふぅん。そっとさわられるのは、久しぶりなの。けどね、もっと強くされるのも嫌いじゃないわ」
 
 奥さんは、おれの左手首を握ってバストに導く。何カップなのかは不明だが、大きくも小さくもない手の平サイズだった。指先ではマシュマロに似た弾力、手の平の真ん中はコリッとした乳首を感じた。「こんなふうにすれば、いいのかな?」 訊きながらぼくは両手を使って二つのオッパイをワシワシと揉み、しこっている乳首をこねくり回す。細身の若妻はもっとしてほしいとねだるように、胸を突き出しながら熱い吐息を漏らした。「うーん、そうよ。んんんっ、はああああっ」 オッパイをたっぷり可愛がりつつ、ぼくは人妻の髪の匂いを嗅ぎ、首筋や耳に舌を這わせた。さらに右手でバスローブの腰紐をほどき、生肌の露出部分を増やしていく。 それから左手による乳愛撫を続けながら、右手で腰のくびれや太ももをゆっくりと撫で回した。濡れ具合を確かめたくて秘所に指を近づけると、スレンダーな若妻はあわててうつ伏せになった。「あっ、ダメッ」「えっ? ここをさわるのは、ダメなんですか?」「違うの、ごめんなさい。恥ずかしかっただけ。だってわたし、はしたないほど湿ってるから」「恥ずかしいって気持ちはわかるけど、はしたないっていうのは、ちょっと意味がわからないですよ。そんなの、ただひたすら嬉しいだけです。俺なんてさっきからずっと……」 俺はバスローブを脱いで、勃起しているオチンチンを若妻のユリコちゃんの尻に押しつけた。「あん、すごいのね。まだわたしがさわってないのに、こんなに元気になってるなんて。やっぱり、若さかしら」「違います。百合子さんがほしくて、たまらないんですよ。
 
あの、暑くないですか? これ、脱いじゃいましょう」 ゆうきは言いながら、奥様のバスローブを脱がせ始める。 セックスレスの主婦は照れながら従った。桜色に染まった耳と、白い全裸の背中がとても綺麗だった。はしたないほど湿っているらしいおまんこはあとのお楽しみにとっておき、うつ伏せで恥じらう背中をじっくりと愛撫したくなった。 衝動にまかせて、襟足から背骨に沿って尻の割れ目まで、チロチロと舌を這わせる。何度か往復させているうちに、キュートな腰エクボを見つけたので、バードキスの雨を降らせた。 柔らかな臀部を甘?みしながら両手を伸ばし、肩甲骨の辺りを羽毛タッチで撫でる。ゆっくり女体を慈しんでいると、閉じられていた両足が少しずつ開いていった。「くぅーん、くふぅーん」 同時に聞こえる甘える子犬のような喘ぎ声が悩ましい。年上で若妻の彼女が、身体のみならず淫心まで開いてくれたような気がしてとても嬉しかった。ゆうきも性欲を全開にしてオーケーという、スケベパスポートを得た気分だった。 開かれた足の間から、ほのかであるがフルーツヨーグルトに似た薫りが漂ってきた。ぼくは背中全体を撫でながら、クンクンと鼻腔で匂いを楽しむ。すると巨乳の美人妻は、心地よさそうに熱い息を吐いた。「あはぁああ。背中をじっくり愛撫されて、嬉しいな。男らしくて熱い息と、丁寧でやさしい舌と指で、なんだかわたし、エッチな気分が増しちゃった」「俺は延々と、ユリコさんの全身を撫でたり舐めたりしたい気分ですよ」「うふふ。ゆうきくんは、女の身体を舐めるのが好きなのね」「もちろん、大好きですよ。引かれるのを承知で言うけど、足の指も一本ずつしゃぶりたいくらいだし」「いやん。先に知ってたら、足をもっとよく洗ったのに」「そのままで、全然平気ですよ」「ダメよ、恥ずかしいわ。女心ってそういうものよ」
 
「そっか。覚えておきます」 俺は巨乳の専業主婦の尻をマッサージした。柔らかい双丘を押し広げるように揉むと、ココア色の可愛らしい花蕾がヒクヒクと動いた。すぐ下にあるおめこは、どこかしっとり甘いあんぽ柿を彷彿とさせる。「でも女の全身を舐めるのが好きなんて、将来ゆうきくんの奥さんになる女性が羨ましいな」「そうですか? たいていの男は、舐めるの大好きだと思いますけど。もしかして、ゆりこさんのご主人は、違うんですか?」「あの人はね、フェラチオはさせるのに、クンニはしてくれないタイプなのよ」「信じられない。俺は逆だな。クンニを拒否する女性とは、絶対に付き合えないですよ」 おれは早く舐めたい気持ちを抑えつつ、ゴクリッと生唾を?み込んだ。そして、熟れた尻と太ももの境目を揉みほぐしながら性器観察を続ける。繊毛が煙る大陰唇と、捩れて閉じ合わさった小陰唇が、透明な蜜でコーティングされていた。 下ツキと言うのだろうか、アヌスホールとまんこの距離がかなり近いことに気づいた。セフレの奥さまがどんな体位を好むかわからないが、正常位よりもバックスタイルのほうが挿入しやすそうだった。「ふふふ、やっぱりね。ゆうきくんは、そういう人だと思った」「えっ? どういう意味ですか?」「フライドチキンのsexな食べ方を見て、あんなふうにわたしのことも味わってくれるかもって思ったの」「そんなに、sexだったかなあ」「だって唇を肉汁だらけにしながら、ムシャムシャと肉に食らいついて。うふん、骨までしゃぶってたでしょう。
 
しかもナンコツを外して齧ってたし、そのうえ髄液までチューチューと吸ってたから」 だからあのとき、巨乳の主婦はぼくの口元をうっとりと見つめ、それを指摘されるとひどく恥ずかしがったのか。「俺、さっきからずっと、クンニを我慢していたんです」「本当に? わたしね、背中を舐められているとき、もしもアソコだったらって、ゾクゾクしてたのよ」 振り向いた奥さまのゆりこさんは?を桜色に染め、含羞のまなざしで俺を見つめた。おれは仰向けに寝た巨乳の専業主婦の、足の間に入って顔を埋めた。目指すおま○この位置が、やはりそこそこ下方にあった。このままでは少々舐めづらい。いわゆる下ツキなので、腰枕をしたほうが口唇愛撫をしやすくなると気づいた。 そこで尻を浮かせてもらって、その下に枕を敷いた。足は自然と、M字に開脚する姿勢になった。 ビーナスの丘からア○ルまで、おま○この全貌がゆうきの目の前に出現した。さっそく舐めようとしたら、まるで赤ん坊がオムツを交換するような格好になった彼女が照れた。「ちょっと恥ずかしいポーズよね」「もちろん、全部丸見えです。でも俺、隅から隅までじっくり味わいたいから」 ヘアは薄めで、手入れが行き届いている感じがした。まんこ全体が小ぶりで、花びらの色も淡くなんとも可愛らしい性器だった。クンニリングスを意識して懸命に洗ったのだろうか、ボディシャンプーのほのかな香りがいじらしい。 ぼくはマ○コを観察しながら、清純な奥様の内ももをじっくりと撫でた。
 
手の平と十本の指で、膝裏から足の付け根の間を丹念に可愛がった。何度も往復させて指と柔肌が馴染んだころに、鼠径部を軽く揉むと、sexフレンドの人妻は熱い吐息を漏らした。「ふぁあああっ。すごい、ゾクゾクするわ」 クンニリングスへの期待で、ま○こ以外のところまで敏感になっているようだ。「そろそろ、舐めますよ」 そう宣言して俺は、左右の足の付け根と大陰唇、蟻の門渡りなどに舌を這わせた。さらに繊毛たなびくビーナスの丘から、まんこの割れ目の始まりあたりもチロチロと舐める。 くすぐったさを感じさせないように、舌の圧力を強めにした。あえて核心には触れず、徐々に周りから攻め続けた。ハァハァという彼女の呼吸音が悩ましい響きになったころ、閉じている小陰唇の間からぬめり汁が滲み出してきた。30代の若妻はもう我慢できないという感じに、腰をクネクネと揺すりながら悶えた。「なんかダメッ。身体中が熱くなってきてるの。ねえ、ねえっ、ゆうきくん、お願いよ、もうちょっと下のほうも舐めてぇ」 年上の女性が俺の性技に翻弄され、必死になっておねだりしている。
 
それは、身体中に性エネルギーが漲るような体験だった。「いいですよ」 焦らすのを止めたゆうきは、長く伸ばした舌でオ○ンコ全体をペロリペロリと何度も舐め上げた。しだいに、捩れていた花びらが卑猥な形に開いていく。無臭だと思えたオマンコから、レアチーズケーキに似た匂いがたちのぼり鼻腔をくすぐった。「んんんっ。はあああ、気持ちいい。温かくてヌルヌルとした舌の感触が、あああんっ、たまらないわ」 うっとりとした表情でわななきながら、欲求不満な奥さまは僕を見つめた。 まるで、もっと舐めてほしいと訴えているようなまなざしだった。ならばこういう舌遣いはどうですかと、おれは大陰唇と小陰唇の間の溝をなぞったあと、尖らせた舌先で包皮の上からクリトリスをトトトトトンッと数回ノックした。「ひゃううううっ」 呻きながら、アラサーの若妻の腰全体がビクンッと跳ねた。僕は顔の側面を、彼女の両太ももでガッチリと挟まれてしまった。硬直した太ももの筋肉が小刻みに痙攣しているのがわかった。 このままでは呼吸ができなくなると焦ったが、舌の動きを止めると美人妻の太ももの緊張もほどけた。ホッと一息ついたおれの頭を撫でながら、sexフレンドの美人妻は申し訳なさそうに声をかけた。「ごめんなさい。苦しくなかった? わざとじゃないのよ、気持ちよすぎて足が閉じてしまったの」
 
「大丈主人ですよ。もしかして由里子さん、ここが一番感じるんですね。どうやって愛撫しましょうか、今みたいにすればいいんですか?」「ううん。できれば皮を?いて、吸ったり舐めたりしてほしい」 目を合わせず、?を染めて主張する彼女の表情が愛しかった。いかにも夫には言えない秘密のおねだり、という感じがしてたまらない。チンポの硬度が増して、ドクリッと我慢汁がこぼれる。「望むところです。だって俺は、ユリコさんをいっぱい感じさせて、メロメロな状態にしたいですから」 指を遣って丁寧に包皮を?くと、小指の先くらいに膨張したクリトリスが顔を出した。まるで、ピンク色の真珠粒みたいに綺麗だった。チュッと吸いつき、たっぷりの唾液をのせた舌先で表面をくすぐる。 そして側面や裏面にも舌を這わせて、ネロリネロリとあますところなく舐め続けた。僕の耳の近くにあった彼女の両足は、徐々に力が抜けて大きく開いていった。 肉芽をしゃぶりながらゆうきは、恍惚の表情で喘ぐスリムな奥さんの身体を撫で回した。太もものみならず、くびれたウエストや乳房にも手を伸ばすが反応は薄かった。ただひたすら、口唇愛撫されている部分に性感を集中させているのかもしれない。「くふうぅううん。気持ちよすぎて、クリちゃんが溶けてなくなっちゃいそう」「もしかして、イキそうなんですか?」 ゆうきの問いに人妻は、甘ったるい声で答えた。「いやんいやんっ、まだイクなんてもったいない。もっと舐めてっ。あとね、中に指も入れてぇん」
 
 奥様の百合子ちゃんの要望に応えてピンクの真珠を舌で転がしながら、蜜汁でしとどに濡れた膣口に中指をあてがいめり込ませた。途端に、ヒクヒクと蠢く媚肉が指にまとわりつく。まるでま○この入り口が、指を味わっているようだった。「くぅうううん、くぅうううん」 奥さんはせつなげに喘ぎ、淫靡に腰をくねらせた。 しばらくの間、おれは淫ら豆を舐め、蜜穴の入り口をくつろげるように指先を出し入れさせ続けた。徐々に膣口はほぐれ、奥のほうに溜まっていた愛液が溢れた。指を動かすほどに、チャプチャプという淫音が響いた。(由里子さんは、中のどこらあたりが性感ポイントなんだろう?) 口唇愛撫を続けているので、ゆうきは喋ることができない。とりあえず、指で洞窟を探ってみることにした。奥に向かって腹側の柔らかい肉ヒダをたどると、ほどなくプックリと縦長のミミズ腫れみたいな部分を見つけた。(これは、きっとGスポットだ……!) そう確信して、押したり揉んだりする。指を二本に増やし、腫れの部分を重点的に圧迫しつつ、小さく出し入れの動きをした。「うああんっ。ゆうきくん、そこよ、そこっ、すっごく気持ちいいっ」 さらに左右にスライドさせると、奥様の腹部がペコンッとへこんだ。途端に柔らかく広がっていた内部全体がとても狭くなり、彼女は切羽詰まった感じの嗚咽を漏らした。
 
「上手だわ、止めないでね。そのまま続けてっ、んんんんんっ」 息を詰めて身体を硬直させたのは、クライマックスが近づいているからだろう。そう理解して俺は、口唇と指による愛撫を続けた。ほどなく彼女は予想どおりに、鼻にかかった色っぽい喘ぎ声を発した。「素敵、素敵、素敵。んんんっ、イッ、くぅううううんっ」 絶頂に達した女体の痙攣が、ゆうきの唇と指に伝わってきた。 身体をくねらせながら彼女は、やんわりと俺を制した。イッたあとはつらいから、もう舐めずに指も抜いてほしいという訴えに思えた。クリトリスとGスポットの刺激で極める感覚は、男の射精直後と似ているのかもしれない。「ゆうきくん、もっとこっちへ来てっ」 恍惚の表情で彼女は、両手を広げて年下の男を求める。クンニリングスを止めてずり上がった俺は、正常位の格好で細身の若妻を抱きしめ、乞われるままに唇を重ねた。そして、舌を絡めて唾液を吸い合う濃厚な接吻を交わした。 長いキスのあと、若妻はぼくの尻に足を巻きつけた。「腰全体がね、ビリビリッて甘く痺れたまんまなの。それでね、奥のほうが疼く感じもする。だから、ゆうきくんのでいっぱい?き混ぜてほしい」「俺も入れたくてたまらないです」 ゆうきはヘッドボードの上にあるゴムを手にして、袋を破り、素早くオチン○ンに装着した。
 
そして荒ぶるち○ちんをおめこにあてがい、ゆっくりと挿入を開始する。亀頭や竿部分を、ジューシーで柔らかな肉ヒダが包み込んだ。 温かな洞窟をズブズブと進むだけで、ち○ぽが溶けてしまいそうなほど気持ちよかった。一番奥深くまでつながったとき、俺は熱い吐息を漏らした。「うあああああ、すいません。由里子さんの中が気持ちよすぎて、もしかしたら俺、すぐにイッてしまうかもしれない」 出し入れの動きをしたら、一分持たないくらいのレベルだった。 久しぶりのsexということもあるが、早々に果ててしまうのはあまりにも情けない。後悔先に立たずだが、シャワーを浴びたときに一回抜いておけばよかった。そうすれば、ここまで差し迫った状態にはならなかっただろう。「可愛いなあ、ゆうきくんは。そんなこと、全然気にしなくていいのに。だってわたし、お口と指でいっぱい気持ちよくしてもらったんだもの。ゆうきくんにも、気持ちよくなってもらいたいな」 欲求不満な人妻の気遣いは嬉しかったが、せっかくのsexをすぐに終わらせたくなかった。彼女を感じさせたいのはもちろん、自分のためにもより長い時間楽しみたかった。「で、でもぉ。まだもったいなくて、イキたくないよ」 つぶやきながら俺は、奥を?き混ぜてほしいという要望を思い出した。なんとなく恥骨を押しつけ、ユルユルと腰を回した。オ○ンチンでオマ○コを?き混ぜるイメージだった。「あっ、くうううん。ゆうきくん、何をしているの? ふあああっ、すごくいいわ。クリちゃんが押し潰されてるうえに、ちんぽが奥の疼いているところにヒットしてるぅ」
 
 清楚な奥様は年下男の腕をさすりながら、湧き上がる快感に没頭し始めた。 もっけの幸いというやつだろうか。この方法ならば、ぼくも熱すぎる欲情を冷まして、粗相することなく楽しめそうだった。ひたすら射精に向かうピストン運動と違って、淡い快感が身体の内側に染み渡るような気がした。 穏やかな動きを続けて、粘膜を馴染ませる。彼女の内部はとてもゆるやかで、温かいゼリーの中に浸っているような心地よさがあった。 ゆうきはときおりPC筋を使って、チ○コを、ビクンッ、ビクンッと動かす。呼応するように膣口がヒクヒクと蠢き、まるでチ○コとおめこ同士でイチャイチャと会話しているような気分になれた。「ああん、素敵。こんな穏やかなセックスって初めてかもしれない。それに、すごく奥まで届いてるわ。うふん、お尻の下に枕を敷かれたときは、不思議なことをする人だなって思ったけど、こんな効果があるのね」「はい。百合子さんは、下ツキぎみだから、腰枕をしたほうが舐めやすいし、入れやすいって気づいたんです」 じつは僕の初体験相手が下ツキだったので、二人で工主人したときのことを思い出したのだが、わざわざ口にすることではあるまい。「誰かと比べたことがないからわからないけど、そっか、わたしって下ツキなんだ。ゆうきくんったら、経験が少なそうに見えるのに意外と遊び人なのかな?」「違いますよ、耳年増なだけです」「冗談よ。ねえ、ゆうきくんも、ちゃんと気持ちよくなってる?」
 
 アラサーの奥様はうっとりとした表情で、リラックスしていた。両手を頭の上にあげたバンザイポーズをしているので、綺麗に処理された腋の下が丸見えになっていた。ほのかに漂う甘酸っぱい汗の匂いが、妙にエロティックで淫欲がそそられる。「もちろん、メチャメチャ気持ちいいです。ゆりこさん、腋の下にキスしてもいいですか?」「いいけど。もしかしたら、くすぐったくなっちゃうかも」「弱いんですか? だったら強めにすれば、大丈夫じゃないかな」 そう言ってぼくは、奥さまの百合子ちゃんの腋の下に唇をつけた。キスマークをつけるつもりで思いきり吸い、柔らかい肉を何回か甘かみした。荒々しい愛撫を施すたびに、若妻の百合子ちゃんの肢体は過剰なほどビクビクッと痙攣した。「ひっ、ひああああっ」「くすぐったいですか? 逆に痛いとか?」「違うの。膣? ううん、子宮かな? とにかく奥が、イク前兆みたいな感じでキュンッてなったわ」 巨乳の若妻は、もどかしそうに腰をくねらせた。「続けたほうがいいですか?」「そうね、お願い。いっぱい気持ちよくしてっ」 ゆうきが腋の下を甘かみするほどに、膣内の肉ヒダがウネウネと蠢いた。聞こえてくるのは、主婦の悩ましい呼吸音だけだった。ときおり途絶えるのは、快感を体内に蓄積させるためかもしれない。
 
 しだいに狭まっていくまんこは、若くてはちきれそうなお○んちんをやさしく包み込んでくれる。ただひたすら腰を押しつけ、?き回す動きを続けているだけなのに、チ○チンの奥底からゆっくりペースで射精の兆しが訪れた。 ぼくは腋の下から口を外し、短いストロークで膣奥をグイグイと突いた。「うううっ。由里子さんが気持ちよくなると、膣の中がどんどん締まって、俺もメチャメチャ気持ちよくて。ああ、もう我慢できないっ」「早く来てっ。我慢なんてしなくていいのよ」 彼女はおれの尻に足を巻きつけた。そのうえ、彼の背中を両手でさすって射精を促す。「くああああっ。出るぅ、うっ、うううううっ」 ぼくの腰全体が甘く痺れ、欲望の激流が尿道を駆け抜けた。 奥さまの由里子さんを見つめながら精子を射精した瞬間、目の前が真っ白になった。続けて数回の脈動に襲われる。衝動にまかせて激しく抜き差しすると、収縮する膣肉が尿道に残るスペルマを搾り出してくれた。 脈動が治まってなお、僕は膣奥にオチンチンを挿入したままだった。ジューシーな洞窟は居心地がよくて、甘ったるい射精の余韻をあますところなく味わうことができる。
 
おかげで今のところ、勃起が衰える気配はまったくなかった。「ゆうきくんのイッてるときの顔、すごく気持ちよさそうだったわ」「まだ続いてます。ゆりこさんは絶頂のあと、ビリビリと腰が痺れる感覚が残って、奥が疼くって言ってたよね。今は俺が、同じようになってるかもしれない」 ゆうきは彼女を抱きしめ、?にキスの雨を降らせた。彼女から離れたゆうきは、コンドームを外しティッシュで残滓を拭った。そして再度横向きで抱き合う。主婦はちんちんをじっと見つめ、熱く悩ましい吐息を漏らした。「信じられない。一回出したあとなのに、ずっと大きいまんまなのね」 彼女は手を伸ばし、チ○ポを強く握りしめた。「硬くて、逞しくて、はちきれそうだわ。このまま、もう一回できそうね」 嬉しそうに言って、指先で裏スジやカリ表をやさしく弄んだ。「はい、できますよ。うううっ、何故か俺、全然終わった気がしなくて。賢者タイムをすっ飛ばして、ユリコさんに欲情しっぱなしになってるんですよ。それに、あの、指がすごく気持ちよくて、ヤバすぎで、ひあああっ」
 
 射精からさほど時間が経過していないこともあり、おち○ちんはとても敏感になったままだった。「悶えてるのね。うふふ、可愛いわ」 セフレの若妻はゆうきの表情を見つめつつ、興奮で上がっている睾丸と縮んでいる玉袋を左手で揉みほぐし、右手で肉竿と亀頭を嬲り続けた。 ゆうきの身体中を、快さともどかしさが駆け巡っていた。おそらく、人妻の由里子ちゃんのまなざしと指は挑発の意味を含んでいる。もっと積極的になって、たくさんわたしを可愛がってと訴えている気がした。「ああっ、俺もゆりこさんを感じさせたいっ」 快感を分かち合いたくなったゆうきは、人妻の由里子さんを仰向けにした。手の平サイズのおっぱいが揺れる。ミルクチョコレート色の乳暈と、ツンッと上向きでしこっている乳首がとても美味しそうに見えた。思わずむしゃぶりついた途端、若妻は眉根を寄せたせつない表情で喘いだ。「んんっ、あっ、ふあぁあああんっ」 僕はコリッとした触感の乳首を、何度も舌で転がしてから、チューチュー吸った。もう片方の乳房は指で愛撫する。麓から中心に向かって、フェザータッチでゆっくりと円を描いた。けっこうな時間をかけて、乳暈にたどり着く。なぞって焦らしたあとに、乳首を指で数回弾いた。 専業主婦のゆりこちゃんは胸を突き出して、さらなる愛撫を催促した。
 
僕が胸を愛撫し始めたころから、オチン○ンを弄ぶ手指の動きは鈍くなっていた。きっとスタイル抜群の奥さんは、攻めるよりも受け身になって、ひたすら湧き上がる快感に没頭したいのだろう。 望むところだった。俺にとっても、自らの性技で奥さんが感じることが悦びになっていた。 オッパイをたっぷり可愛がったあと、僕はオマンコに手を伸ばした。一度達したあとだからなのか、ピンク色の突起を弄るよりも、二本の指を重ねてマ○コに出し入れするほうが好反応だった。 クンニリングスのときより膣肉の動きが活発だし、奥さんの由里子ちゃんの乱れ方も大胆になっているのだ。おれの指が洞窟内部のスイートスポットにあたるように、自ら腰をクイクイと振っていた。「ああん。ねえ、僕くぅん」「なんですか?」 おれは指を出し入れするスピードを緩めた。「二回目の始まりに、ゆっくり手でしてもらうのって、すごく素敵」 お○んちんよりもピンポイントで刺激できるからだろうか。それに手指は射精しないし、時間に制限がないということもある。「クンニリングスよりも、ですか?」「また違った気持ちよさなのよ。それにわたしはさっきイッたし、ゆうきくんも一回満足しているでしょう。
 
だから、より安心して快感に集中できるみたい」「安心、ですか」 気を遣わなくてすむ、という意味だろうか。「わたし、気持ちよくしてもらうことに、あんまり慣れてないのよ」「でも、セックスレス旦那婦ってわけじゃないんでしょう」 フ○ラチオはあるが、クンニリングスのない営みらしいが。「そうだけど、ウチの場合って二つのパターンしかないのよ。知りたい?」「ぜひ。後学のために、教えてください」 未婚で恋人ができても長続きしないぼくは、十年間同じ相手とだけセックスをし続けた主人婦の営みに興味があった。「あの人から誘ってきた場合は、キスして、胸と下のほうをチャチャッとさわって、少しでも濡れてるのがわかったら、正常位ですぐに入れて、勝手に射精でおしまい。わたしから誘った場合は、勃つまでフェラさせられて、騎乗位でわたしが動いて彼が射精したらおしまい」「百合子さんが感じてるかどうかは、全然関係ないんですか。それはちょっと、ひどいなあ。ご主人に直接、不満を言ったりしないんですか?」「話し合ったこともあるけど。結局ね、あんまり変わらなかったわ」「昔から、ずっとですか?」「最初のころは、もっと丁寧で情熱的に求めてくれたけど……。ねえゆうきくん、セックスって、男の勃起で始まって射精で終わるものなのかしら。ときどきわたし、射精するための道具みたいだなって、むなしくなっちゃう」 
 
寂しげな笑みを浮かべる美人の奥さまを、とことん気持ちよくしてあげたくなった。「男女両方の心と身体が昂らないと、意味がないですよね。だってセックスって、二人で作り上げるものだから」「素敵。そういう考え方のゆうきくんだからなのかなあ、気持ちよさにのめり込めて、感度もアップしてるのは……。あっ」「どうかしました?」 俺はゆっくりとした指の出し入れを続けていた。指が入るとき膣口はくつろぎ、出るときはキュウウッと締まった。「うふぅん。ものすごく、いい感じになってきたの。もしかしたら、久しぶりに中イキできそう」 オマンコの潤いが増し、指を抜き差しするたびに、クチュッ、クチュッという淫音が響いた。「ゆりこさん。中イキって、クンニでイッたのとは違う感じなんですか?」「全然違う。わたしの場合、外で一回イッたあとに中でイクのは、比べものにならないほど、ずっしりと重くて深い感じになるわ」「うわっ。ぜひ、中イキしてくださいよっ。このまま、指を動かせばいいんですか? 指示してください。俺、ちゃんと言われたとおりにやりますから」「いいわよ。だったら指じゃなくて、オチンチンで後ろから犯されたいな」 僕が濡れ穴から指を引き抜くと、主婦の百合子ちゃんはクルリと反転してうつ伏せになった。まるでオチン○ンをおねだりするかのように、少しだけ尻を突き出してじっとしている。 いったい、どういうつもりなのだろう。バックスタイルと言えば、赤ん坊がハイハイをする格好ではないのかと思いつつぼくは訊いた。「もしかして、このままで入れるんですか?」「そうよ。えっ? むずかしいのかしら?」
 
 寝バックという名称で、主婦の百合子さんにとっては一番感じる体位だと教えてもらった。今さっき聞いた二つのパターンとは違うので、もっと昔、夫婦の蜜月時代に会得した体位なのかもしれない。「いえ、大丈主人です」 俺は経験したことのない体位だった。けれど不安はない。彼女のオ○ンコが下ツキゆえに、楽に交合できそうだからだ。僕は手早くスキンを装着し、まっすぐ伸ばしている主婦の百合子ちゃんの両足を跨いで、膣口に亀頭をあてがった。 ほんの少し押すとギンギンに硬くなったおち○ちんが、ほとんど抵抗感なくズブズブと吸い込まれていく。「んんんんんっ」 若妻は息を詰めながら尻を震わせた。おそらくちんぽを受け入れやすくするために、潤んだまんこの入り口をゆるめているのだろう。8の字筋でつながっているゆえか、膣のすぐ上にあるお尻の孔も丸く可愛く開いていた。 初めての体位なので、オチ○チンを根元まで埋めたあと、物は試しと軽く抜き差しする。上体を起こしたままなら、ポヨンポヨンと柔らかい尻肉がクッションになって、ピストン運動がしやすい。「やんっ、待って。最初はしばらく動かさないで」「は、はい」 ぼくは美人妻に従い、腰の動きを止めて上半身も重ねた。そして、美人妻の髪の毛を梳いてから耳を甘がみする。
 
じっとしていると、何故かおち○ちんの感覚が鋭敏になっていった。しかも正常位でまぐわったときより、膣内部が狭く感じる。「はああああ、すううううっ」 おそらく奥様は深呼吸をしながら、チ○コの感触を楽しんでいる。ときおり尻をクネクネさせて、おち○ちんとヌルヌルの媚肉を馴染ませる。そうやって、膣内のスイートスポットを探しているようにも思えた。 しかも悩ましい呼吸によって、マ○コ内部の色合いが変化していた。彼女が息を吐くとおち○ちんは吸い込まれ、吸うと少し押し出される。黙っていると淡い快感の沼に引き込まれそうで、おれは少々気をまぎらわせたくなった。「ちょっと、話をしても大丈夫ですか?」「もちろんよ。何かしら?」「中イキの深い快感っていうのを、もっとくわしく知りたいんですよ」「いいわ、教えてあげる。そうね、絶頂感って一定してなくて、体調とか気分によって変化するの。打ち上げ花火みたいに、大きいのがドーンッてくるときもあるし、爆竹みたいに小さいのが何回も連続するときもあるかな」「どちらにしても、爆発するみたいな感覚なんですかね」「まったく爆発しない、いつまでも浸っていたいゆるい快感が、延々と続くようなエクスタシーもあるわ」「男の射精と違って、すごく複雑なんですね。ワクワクしてきた」 俺もずっと浸っていたいゆるい快感の中にいる。
 
彼のハードボイルドソーセージは、熱いオ○ンコの中でウネウネと蠢く肉ヒダに揉まれ続けていた。ふとセフレの奥さんの背中を愛撫したくなり、俺は再び上体を起こした。「あっ、この角度。ゆうきくん、突いてっ」「はい、喜んでっ!」 細身の若妻に乞われてゆうきは、居酒屋店員のような返事をして、チ○コの抜き差しを始めた。若妻のゆりこさんが望む角度と速度、一定のリズムで出し入れをしながら、十本の指で背中をくまなく撫でた。「いやっ、いやん、気持ちいいっ。もっと」 唇から艶っぽい喘ぎ声、潤みを増した洞窟からは、ズチュッ、ズチュッという淫音が聞こえてきた。「うああああ。俺も、たまらないよ」 オンデマンドな打ち込みを続けていると、柔らかい尻肉の反動もあり、しだいにハードなピストン運動になっていった。 どれくらい時間が経ったのだろう。荒ぶるチン○ンは、執拗にうねる膣肉に嬲られていた。つながっている場所から発生する甘美な電流が、身体の隅々まで流れ込んでいく感じがした。たぶん二人とも、快楽によるトランス状態になっている。 少し疲れた俺がピストン運動を弱めると、今度は美人妻のゆりこちゃんが膝でバランスをとり、腰を反らせ上下に尻を振り始めた。まるで別の生き物みたいに貪欲で、あまりにもエロすぎる腰つきだった。 切羽詰まった感じがするので、中イキの兆しが訪れたのかもしれない。
 
そうやってしばらくは、交代で腰を動かし快楽をむさぼっていた。だが突然、セフレの奥様が突っ伏し均衡が崩れた。「もうダメッ。でも、あとちょっとなの。お願いゆうきくん、続けてっ」「わかりました。こ、これでいいですか?」「はぁはぁあああっ、あんっ、あうんっ、ふっ、ふううううっ」 突く角度や強度、速度やリズムについて質問したが、快感に集中している主婦のユリコちゃんはただ喘ぎ声を漏らすばかりだった。 おれは人妻の尻を?んで、ワシワシと揉みながら突いた。洞窟内部は、肉ヒダがざわめいていた。何度かヒクついたあと、きつく締まりつつある膣奥から、大量の粘り汁が溢れてきた。(これは、潮吹きってやつだろうか?) ち○ちんだけが熱い湯にまみれているような感覚だった。「んんんっ、本当にイッちゃうかもっ。あっ、くっ、うううううっ」 さしたる前触れもなく、呻きながら奥さまのゆりこさんは達した。両手でシーツをかみ、足はピーンと伸ばしたままだった。尻肉と膣口はキュウウッと締まって、不規則に痙攣していた。けれど奥のほうは隙間があり、空洞になっている感じがした。 ピストン運動を止めたゆうきは、おち○ちんを膣奥深くに入れた状態で腰をユラユラと動かした。蜜汁でヌルヌルの亀頭が、同じような触感の子宮口とグリグリ擦れ合っているのが気持ちいい。「ふぁああああ。ゆうきくん、まだ抜かないでね。そうやってゆっくり動かしてもらうと、あああああっ、気持ちいいのがずっと続くから」
 
「もちろん。中イキしたあとのユリコさんの中って、最高に気持ちいいですから」 クンニリングスで絶頂に達したあと彼女は、局部を刺激されることを嫌がった。今はむしろ膣内をかき混ぜられることを求めていた。これが外イキと中イキの違いなのだろうか。 しかもゆうきがゆっくりと抜き差しを再開すると、肉ヒダがやさしく寄り添うように動くのがたまらない。潮が満ち絶頂に達したあと、膣内が射精を促すように蠢くのは、女性という生き物の本能なのかもしれない。「ああんっ、ゆうきくんも、イキそうになってるのね」「そんなことまで、わかるんですか。あっ、もう我慢できない」 若妻の指摘は的を射ていた。いつの間にかゆうきは、急激な射精の兆しに襲われていた。ピストンを止めると、膣肉のざわめきが余計に際立って感じられ、まったく抗うことができなかった。「好きに動いていいのよ。わたし、男性がイクときの激しい感じも好きだから」 美人妻のユリコちゃんに言われてぼくは、数回の深突きピストンと快感を溜める止めの動作を繰り返し、最大級の射精を呼び込んだ。「んくっ、んんんんんんんんんっ」 俺が息を止めて、オマ○コの最深部まで欲棒を押し込んだ射精の瞬間、あろうことかセックスレスの奥さまはクネクネと上下左右に尻を振った。 おかげでま○こ内部で子宮口と亀頭が擦れ合い、俺は悶絶しそうなほどの快感を味わう。数回の脈動のたびに、フラッシュを焚かれたときのごとく、目の前が真っ白になった。
 
濃厚なエッチを終えた二人は、ベッドで抱き合いながらまどろんでいた。(それにしても、さっきのユリコさんはエロかったな……) 僕は官能的な余韻に浸りながら、欲望の炎を燃やした時間を反芻する。彼女は、主人がしてくれない愛撫をねだった。旦那婦の営みはいつも手順が決まっているから、一度くらい自分本位のエッチをしてみたいとお願いされたのだ。 清楚な若妻の言いなりで愛撫するのは楽しかった。清楚に見えたスリムな人妻が、とてつもなく卑猥な存在に変化していく姿を、つぶさに観察できたからだ。乱れながらスリムな主婦は、理性の皮を一枚ずつ脱ぎ捨てた。 女心の奥底に秘められていた淫らさが?き出しになるほど、ぼくは圧倒されつつも激しく欲情した。いいエッチは男のテクニックよりも、女性自身の過集中が重要だと学習できた気がする。 とはいえ今回はぼくが攻めるばかりで、積極的になってもらえないのが少々不満だった。でも逢瀬を続ければ、もっと相互に楽しめるだろう。開運グッズに後腐れのないsexを願ったが、今はしばらく関係を続けたくなっていた。 僕が気持ちを伝えようか迷っていると、綺麗な奥さまは彼の胸に顔を埋めたままそっとつぶやいた。
 
「ゆうきくん、ありがとう。すごくよかったわ」「とんでもない、こちらこそ。あの、よかったっていうのは、久しぶりに中イキしたことですか?」「ううん。それだけじゃなくて、いろいろ」 もしかして、若妻の由里子さんも今日のエッチ内容を反芻していたのだろうか。ならばとぼくは、また会いたいという気持ちを打診した。「いろいろって、何ですか? 体位のことなら、次の機会に俺、もっといろいろ試したいですけど」 ゆうきが言うと、少し間が空いた。彼が気まずさに耐え切れなくなったころ、彼女はやっと口を開いた。「ごめんね。わたし、割り切った関係を続けられるほど器用じゃないの。会い続けたら、きっとゆうきくんのことをもっと好きになっちゃうから」「ですよね。でも……」 好きにはなってもらいたいし、ゆうきも好意を持っている。だが奥さまの百合子ちゃんの家庭を壊すつもりなど毛頭ない。ただ気軽に、専業主婦の百合子ちゃんとのエッチを楽しみたいだけなのだ。深追いは禁物だが、気になることもあった。「自分勝手な旦那さんとじゃ、満足できないんでしょう?」 今さら、味気ない旦那婦の営みに戻れるのだろうか。「わたしね、ゆうきくんに気持ちよくしてもらったら、思い出したのよ」「何を、ですか?」「わたしにも責任があることを。わたしたち夫婦のセックスがおかしくなったのは、妊活の時期に揉めたときからだったの」 
 
排卵日以外は身体を許さず、ムードも快感も無視して、とにかく射精を促すセックスを主人に求めたそうだ。「それだけじゃなくて、さっきゆうきくんにおねだりしたことは、新婚時代の再現だって気づいちゃった」 旦那婦生活はセックスだけじゃない。だから修復できなくてもいいとあきらめていた。けれど夜の営みを含め、真剣に向き合っていた新婚時代を、取り戻したくなったと巨乳の人妻は熱く語った。「つまり、旦那さんとやり直したくなったんですね」「本当にごめんね。だけどラブホテルに入ったときは、主人婦生活が壊れてもかまわないって覚悟だったのよ。心の底から、やさしいゆうきくんに抱かれたかった。それだけは信じて」 起き上がった奥さんは、左手で俺の?を撫でた。いつの間にはめたのだろう、彼女の薬指には結婚指輪があった。「もちろん信じますよ。むしろ、よかったじゃないですか。いや、皮肉でもなんでもなくてそう思います。いつの間にか旦那さんは、ユリコさんの人生にとって、大切な一部になっていたってことですね。ものすごくこじれた関係に思えたのに、夫婦ってすごいな」 未婚のおれにはまだよくわからないが、とても複雑な旦那婦の絆を知った気がする。邪な気持ちでタナボタセックスを手に入れたが、なんだか真面目な恋愛がしたくなった。「ユリコさんとsexしたら、結婚も悪くないって思っちゃいましたよ」
 
 快楽を探り合うような、エッチ三昧の新婚生活をしてみたかった。短い交際しか知らないゆうきは、同じ相手とまぐわい続けることにも興味があった。「ゆうきくんの奥さんになる人は、幸せね」「どうしてですか?」「やさしいから」 巨乳の奥様は何か誤解している。俺の頭の中はエッチ一色なのだ。「俺って、そうとうにこじらせてますよ」「何をこじらせているの?」「恋愛とsexに関して、すべてです」 真面目な恋愛がしたくなったのは本当だが、焦る必要はないと、スケベ心が勝ってしまう。次は年下の攻め上手な女性とセックスして、受け身快感を学習したくなっていた。「大丈夫。ゆうきくんが真剣な恋愛に目覚めたら、きっとうまくいくよ」 かわいい人妻はそう言った。
 
出会い系サイトハッピーメールでの欲求不満な奥さまとのただまんセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓



















































 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【PCMAXやれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【PCMAXセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【PCMAXヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【PCMAX体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【PCMAXハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【PCMAXヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【PCMAXやれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【PCMAXセフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.