deaikeitaiken_novel

【ハッピーメール出会える】四十路の巨乳奥様と不倫セックス

投稿日:

 


 
彼女とは、出会い系サイトのハピメで知り合った。彼女は、36歳で子供が三人、仕事は歯科衛生士をしているとのことだった。読書と映画が好きで、俺と趣味が合った。二人共、読書のジャンルが似てた。彼女はストレスが溜ると集中して本を読んで解消するというから根っからの読書好きの様だ。ゆうきはそこまで本を読まないが、それでも月に3~4冊は読んでいる。 出会い系サイトのハッピーメールで知り合った後メールを始めて三カ月以上経つが、彼女とまだ写メ交換はしていない。共通の趣味からメールを始めた関係だったので、特に専業主婦のアヤミさんの容姿は気にしていなかった。こんな健全的な出会いも悪くないと思っていたし、写メ交換をして主婦の文美ちゃんを失う可能性の方が怖かった。心の奥底では専業主婦とエッチな関係を望んでいたのかもしれないが封印した。…つもりだった。お互いの本を交換してシェアしようということになった。人妻は、「お酒が好きだけど、なかなか呑みに出る機会が無い」と言っていたので、仕事帰りに居酒屋で軽く会う事にした。
 
通勤電車は、俺は東西線、彼女は西武池袋線を利用するので、お互いの電車の便を考慮し池袋にした。池袋北口の個室居酒屋を予約した。彼女に予約した店を伝えると知っているというので、直接居酒屋で会う事にした。彼女の出会い系サイトハッピーメール(happymail)のプロフィールは、スタイルの欄が「ちょいポチャ」となっていたので、俺は正直あまり期待はしていなかった。女性が「ちょいポチャ」という時はデブの方が多いからだ。ゆうきの頭の中では、ちょっとおデブで地味な読書好きな奥様程度のイメージしかなかった。それでも、人妻の礼美ちゃんを誘ったのは、出会い系サイトハッピーメール(happymail)ではこのところ好色な主婦ばかりと会ってきたので、真面目でおとなしい主婦と話がしたくなったのかもしれない。 ぼくは予約した時間より10分早い18時20分に着いた。居酒屋に入り名前を言うと店員から「お連れの方がお待ちです」と言われる。女性がぼくより早く着くのは珍しい。待たされるのが嫌いな俺は、専業主婦に好印象を持った。ゆうきが予約したのは、堀こたつの個室だ。案内された部屋の上りには、女性の靴が揃えて置いてあった。個室の襖を開けると、ビビットブルーのセーターを着た主婦が座っていた。セックスレスの奥さまは、全体的にふっくらしているが、デブではなかった。
 
彼女は出会い系サイトのハッピーメール(happymail)のプロフィール通り「ちょいポチャ」いや、その手前かもしれない。ゆるいウェーブのかかったセミロングのヘアーがセンターパートからおろしてあり、知的で上品な美人だった。36歳らしいが、30代前半にしかみえない。側に店員がいるので、セックスレスの主婦と初対面である事を悟られないように挨拶をした。「早かったですね。待ちましたか」「いいえ、私もさっき着いたばかりです」ゆうきが堀こたつの座に腰を降ろすと、店員が「ご注文がお決まりでしたら、こちらのタブレットで注文して下さい。ごゆっくり…失礼します」と言って引き上げていった。ゆうきは改めて挨拶をする。「はじめまして…でいいのかな?改めましてゆうきです。今日はありがとうございます」「はじめまして、彼女です。こちらこそありがとうございました。」「メールでしか話してなかったから、緊張しますね。今日は大丈夫でしたか?」「はい、今日は同僚と食事をすると伝えてるので大丈夫です」「とりあえず、注文しましょう。私は生ビールを頼みますが、何を飲まれますか?」「私も、最初は生ビールでお願いします。」「あやみさんは、お酒が好きだと言ってましたね。結構飲むのですか?」「お酒は好きなのですが、量はあまり飲めなくて…直ぐに酔ってしまうんです」「私と同じですね。今日は、飲みながらゆっくりお話しましょう」
 
二人は、生ビールと食べ物をタブレットのメニューを見ながら注文する。四十路の人妻はタブレットの扱いにもなれていて、手際がよかった。 最初はお互い緊張していたが、少しのアルコールで直ぐに奥様と打ち解ける事が出来た。もともと、同じ趣味でメールをしていた仲なので、最近読んだ本の内容、映画の感想、映画のラストは原作と違うけど映画の方が好き、等々と話は尽きない。専業主婦の文美ちゃんと暫く話し込んでいるうちに、読む本のジャンルの話になった。アルコールの入った俺は、スケベな本性がついでてしまった。「あと、官能小説もたまに読みますよ。文章から想像するからAVなんかよりも断然刺激的なんですよ」ゆうきは話した後に、しまったと思った。上品な奥様にはふさわしくない話だと思った。「官能小説、私もたまに読みますよ。本の置き場所に困るので電子書籍で読むことが多いですけど」きれいな主婦から意外な答えが返ってきた。考えてみれば、セフレの奥さんは3人の子持ちだ。エッチな事にも興味があって当然ではある。ゆうきは専業主婦のあやみちゃんがどの程度エロ話に乗ってくるか試したくなった。「官能小説でも、ストーリがしっかりした小説もありますよね。何をもって官能か文芸かに分けるかが微妙だと思いませんか?最近の直木賞の小説も結構エロイのがありますよねぇ」「そうですよね。表現方法で分かれるのだと思います。
 
エッチ表現が露骨なのが官能小説で、簡素化して表現してるのが文芸とかですかね?」「あやみさんは、どちらがお好きですか?僕は、断然官能小説ですね!脳幹に直接ひびいてアダルトビデオなんかよりエロいと思います。」「私は女性なので、アダルトビデオは殆ど観ないのですけど、ゆうきさんのいう事解ります。文章からの想像って映像を越えますよね。なんか、こう子宮がギュッってなっちゃいます。」主婦は下半身を両手で押さえて、ギュッとこぶしを握ってジェスチャーで表現する。上品そうな彼女も性に関しては積極的な女性なのかもしれない。今更ながら、奥様とは、出会い系サイトハッピーメール(happymail)で知り合った事を思い出した。 腕時計を見ると、午後八時になっていた。いつの間にか90分も経っていた。奥さまのあやみさんと話は尽きないが、ゆうきは盛り上がったところでお開きにするのが最も効果的だと、営業マンとして心得ている。そろそろ店を出る事を伝えタブレットの清算ボタンを押した。二人でビール4杯、レモンサワー2杯、ワイン1杯、焼酎お湯割り1杯、料理も4品食べていた。話に夢中だったが、二人共いつの間にか結構呑んだようだ。支払いは俺がスマホの電子マネーで支払った。 立ち上がると、酔いが適当に回っている事に気が付いた。乗ったエレベーターは彼女とゆうきの二人きりだった。俺は思わず彼女の手を握る。指を絡めると、奇麗な専業主婦が握り返してきた。ゆうきはスケベな直観で、これはいけると思った。「子宮がギュッ、となるか確かめにいきませんか?」と笑いながら誘ってみた。
 
セフレの専業主婦は微笑んだが、返事は無い。返事が無いという事は、嫌ではないのだと近くのラブホに向かって歩いた。池袋北口には、居酒屋も多いが、ラブホテルも近くにあるから便利だ。それも僕の計画の一部ではあった。主婦は黙って付いてきてくれた。 部屋を選んで中に入る。人妻のアヤミちゃんは何も言わなくなったので、ゆうきも緊張してきた。彼女の腰に手を回して引き寄せて、キスをした。チュッ、チュッ、チュッとバードキスを3回繰り返して、そっと舌を入れると、ぽっちゃりの専業主婦の舌が迎え入れてくれた。人妻の舌は柔らかくて気持ちいい。僕は息をするのも忘れて、柔らかな舌と唇を堪能する。二人の唾液が混じりクチャクチャと音を立てる。セフレの美人妻の身体から力が抜けていくのを感じた。ゆっくりとベッドに腰を降ろして、セーターの上からおっぱいを触る。見た目よりもボリュームがあり、掌にはおさまりきれない。子持ちの専業主婦は抵抗もせず、「んんー…うんんー」と、かすかな声をもらし、完全に身を任せているようだった。俺は、セーター、スカートストキングを徐々に脱がせていく。清純な人妻はゆうきが服を脱がしやすいように協力してくれた。程なく彼女は、上下ともお揃いの濃い紫色のブラジャーとパンティーだけになった。パンティーはTバックだった。胸ははちきれんばかりに膨らみ巨乳と言っていいだろう。ウエストは細く、ヒップはまりのように張っている。
 
おれの基準で、くびれがあるがお腹が出ているのが「ぽっちゃり」くびれがないのが「おでぶ」なのだが、彼女はくびれも見ごとで、お腹もでていない。彼女は「ちょいポチャ」ではなくてグラマーだった。緩やかなセーターの下にこんなダイナマイトな身体が隠されていたとは予想していなかった。しかも、紫色のTバックを穿いて用意しているとは思ってもいなかった。今迄のおれの四十路の主婦に対する知的なイメージが、身体を見た瞬間に変わってしまった。 僕も、服を脱いでパンツだけになり、美人妻の礼美さんと肌を合わせる。体温が暖かく、きめ細かな肌が心地よい。背中に手を回してブラジャーのホックを外すと、ブラジャーがはじける。目のまえには、児玉スイカのような双方のオッパイが広がった。乳輪は大きいが色は薄かった。しかしまだ乳首は乳輪の中に埋まっていた。 俺は、その手に収まらない乳房を両手で下から持ち上げるように触った。柔らかい。たとえるなら、巨大なマシュルームのようだった。強くもむと、指の間から胸がはみ出す。柔らかな胸を揉みながら、乳首の無い乳輪を指先でくるくると撫でる。「ううーん…はぁ…はぁぁ…」かわゆい主婦はかすかに声を洩らすが、控えめだ。
 
もっと感じて欲しいと思ったゆうさくは、オッパイの愛撫に集中した。唾液で濡らした舌で、乳房の外側から円を描くように愛撫する。舌の愛撫は徐々に乳輪に近付ける、乳輪に近付いたら、また外側に逃げて乳輪を目指す。双方の乳房を順番に舐めまわした。「んーー…んーー」奥さんは、目をつむって神経をおっぱいに集中している様子だ。胸はあまり感じないのかなと思いながらも、乳輪を舐め始めると、片方の陥没した乳首がぷっくらと立ってきた。うれしくなってその乳首に吸い付く。チュウチュウと音をたてて吸い付きながら、硬くなった乳首を舐めまわした。完全に突起したら、もう片方の乳首に挑む。硬く飛び出した乳首は指先でつまむ。彼女に「痛くないですか?」と、たずねると「はぁ…はぁ…気持ちいいです…はぁぁ…」控えめに答えた。双方の乳首を突出させる事が出来た時は、乳首はおれの唾液で濡れていた。僕は彼女をうつ伏せにして、背中を舐めながら、Tバックのヒップを舐める。せっかくのTバックのパンティーをすぐに脱がすのはもったいない。尻を撫でまわして、食い込んでいる紐を指でなぞった。「あぅぅ…あ…あああー」欲求不満な専業主婦の声の音程が少し上がってきた。Tバックの紐を少しずらして谷間に指を入れた。
 
指先がアヌスホールに触れる。「あっ…いや…だめっ、だめです…恥ずかしいから…あ…ああー」ぽちゃの専業主婦の声が急に大きくなった。かまわず、指を奥に進めると、Tバックの中は、蜜でヌルヌルしていた。主婦を仰向けに戻して、Tバックの中に指を入れようとすると、手首をつかまれた。「ダメです…お願い…シャワーに行かせて下さい。」先程アヌスに触ったから、よけいに意識したのだろう。ここから先は、シャワーの後に楽しもうと思い、手を外した。 欲求不満な奥さんが浴室にむかった後に、部屋の調光を調整して、部屋全体を暗く、ベッド周りは、ボリュームある身体が観える様にした。ベッドの枕元に、電動マッサージ器と、それ用のゴムと除菌アルコールがセットで置いてあるのに気が付いた。ぼくは、電動マッサージの大きなコンドーム状のゴムを被せて、除菌アルコールで持つ部分を消毒して、何時でも使える様に用意をした。試しにスイッチを入れると「ブイイイー」と振動し始める。彼女が嫌がらなかったら試してみようと思った。 清純な奥様が浴室に行って、5分くらいしたらゆうきも彼女の後を追って浴室に入った。「あっ、入ってきたのですね…もうすぐ出れるのに…」
 
「セフレの奥さまの身体を見たくて、待てないから来ちゃいました。背中を洗ってあげます」おれはそう言って、ボディーソープを手に取り、泡立ててから背中をなそる。手は豊かな尻に移動して、先程までTバックが埋まっていた谷間にも泡をつけて撫でた。「うううー…そこはもう洗いました…あっ…あああー」後ろから股の間に腕を入れて、性器も洗った。そこにはソープとは違うぬめりで潤っていた。「洗ったのに、まだここには石鹸がこんなに残ってますよ」ゆうきは、主婦を正面にむけて、シャワーをかけながら性器を掌でこする。「あっ…だめっ…あああー…んんんー」奥さんはおれの腕にしがみ付いて腰を落とした。股間のぬめりはシャワーで流しても、次々溢れ出ていた。ぼくは耳元で「後で、ここにもキスさせて下さいね」と伝えた。sexフレンドの奥さまは返事をしなかったが、怪しい笑みを浮かべる。ゆうきが自分で、体に泡をつけて洗っていると、股間に欲求不満な奥さんの手が伸びてきた。人妻が積極的になってきたことがうれしい。俺は人妻の礼美ちゃんに身を任した。主婦のあやみさんは屹立したち○ちんをしごくように洗い、体の泡をシャワーをかけながら手で丁寧に流してくれる。
 
シャワーが終わると、ゆうきの股間にしゃがんでそそり立ったちんちんを口に含んだ。知的で上品だと思っていた彼女がいきなりフェラチオをするとは思わなかった。フェラ○オの感覚よりも、そのことに感激して、ちんこは最大の硬度になった。「あっ、硬い…すごく硬くて太い」清楚な奥さんは、口からよだれを垂らしながら、オ○ンチンをしゃぶる。俺は、もう我慢出来なくなり、セフレの奥さんを後ろ向きにして、浴槽の縁に両手をつかせた。sexフレンドの人妻は一瞬戸惑ったが、僕が彼女の腰に手を当てると、腰を上げて待機する姿勢をとる。ぼくは場所を確認して、ゆっくりと腰を前に押し出した。おち○ちんはプスリと温かい肉ひだに包まれる。「うううー・・・・おっ…大きい…あっ…・あああー」少し間をおいてから、腰を前後に動かす。「あああーー…すごい…はあああー気持ちいい…あーあー」浴室の中で、セフレの美人妻の声が反響する。こういうホテルは、浴室の換気扇が隣部屋と繋がっている事が多いので、もしかしたら隣の浴室にまで聞こえているのではないかと思いながら、立ちバックでsexフレンドの人妻を打ち続けた。「うううー…あああー・・・だめ…いく、いく、 あああー」叫ぶような声をあげて、太ももがビクンビクンと痙攣して膝をついた。もう一度、シャワーで軽く流してベッドに移った。  ベッドに移ると、二人はすっかり打ち解けていた。
 
ゆうきが、「今迄メールではずっと話はしてたけど、今日初めて会ったのに、どうしてここまで付いてきてくれたの?」と聞くと「sexが好きなんです。でも、主人だといけなくて…」「えっ…じゃぁ、今日は期待して来てくれたの?」「サイトで会うって、そういう事なのだと、読んだ事があります。ゆうきさんが、私の好みだったらそれもいいかなぁとは、思ってました。ゆうきさんが予想した通り、優しそうな人なので安心しました。それに、エロいし(笑)」「エロいかなぁー自分では真面目な紳士のつもりなんだけど」「エロいですよ。それは間違いないです。うふふ…エロがにじみ出てますよー」「そうかぁー。これから少し気を付けよう。エロい男は嫌い?」「嫌いだったら、ここにはいないですよ」巨乳の奥様は、上体を起こして僕の乳首に吸い付いてきた。不意をつかれた僕は「あっあっ…ううーん」と女子のように声をあげてしまった。「あーゆうきさんの乳首が硬くなっている。気持ちいいですかぁー」清純な奥さまは気を良くしたのか、乳首を舐めたり、軽く噛んだりする。唾液で濡れて硬くなった乳首を、指先で転がされる。
 
さっき、俺が主婦のあやみさんにした事を返しているようだった。ゆうきは自分が乳首で感じる事を思い出した。 奥様のアヤミさんの口は徐々に、舌に降りていき、オチン○ンを口に咥えた。いや、咥えるというよりは舐めると表現する方が正しい。人妻は、オチンチンを舌で舐めまわしてくる。柔らかな舌が、尿道、亀頭、裏筋を刺激してくる。亀頭から先の敏感な部分を集中して舐めている。セミロングの髪をかき上げながら、チンポを舐める姿は妖艶で、見ているだけでもゾクゾクするのに、強弱をつけて舐めるので、とても気持ちいいい。「ウッあ…凄いよ…気持ちいい…上手だね…うっううー」ゆうきがビクンと動くと、人妻の礼美さんは上目使いでニコッと微笑む。亀頭は、ポチャの奥さんの唾液で赤く光っていた。「今度は、僕がお返しだね」ゆうきは、主婦のアヤミさんを仰向けにして股間に顔をうずめる。専業主婦の文美さんのヘアーは薄く殆ど生えていなかった。女性器も子供を3人も生んだとは思えない程綺麗だ。小陰唇は小さく綺麗だった。
 
専業主婦のあやみちゃんのクリトリスは小さくて隠れている。膣口は開き尿道の穴が見える。膣孔の壁はピンク色で既に分泌液が溜って溢れている。中のひだが動いているように見えた。小陰唇を舌で舐める。少し苦い味がした。クリちゃんは顔を出していないので唾液と蜜液で舌先を潤わせて、クリトリスのある場所を舐める。舌先に、小さく硬い突起を感じた。顔を離して確認したが陰核自体は確認できないが、どうもそこが肉芽の様だ。再びその突起を舌先で刺激する。「はぁぁー…あっ…あっ…気持ちいい…ううーん」反応は弱いが、感じているのは確かだ。ぼくは、浴室に入る前に用意した電動マッサージを思い出した。「専業主婦の文美ちゃん、電マって使った事ある?」「えっ、電マ…エッチな小説で読んだ事はあるけど、使った事はないです」「ここにあるけど使ってみる?さっき、シャワー行く前に、専用のゴムをつけて、周りはアルコールで滅菌したから、大丈夫だよ。」おれは、手に取って清純な専業主婦に見せる。「えーー…なんか怖いです」「試しに使ってみよう。痛かったりしたら、すぐやめるから、どう?」「なんか恥ずかしいです。本当に少しだけですよ」ぼくは、電動マッサージ器を手にして、主婦の文美ちゃんの膝を立ててM字に足を広げた。スイッチを入れると「ブイイー」と音を立てて振動する。いきなりピンク色の突起に当てると刺激が強すぎると思い、太ももに軽く当てて様子を見る。特に拒否されないので、小陰唇と膣口に軽く当てた。
 
「あああー、うううー…あっあっあーーー」彼女は、驚いたように声をあげて、逃げようとするので、腰を押さえた。膣口から蜜が流れて、電動マッサージの振動で散っている。位置を少しずらして肉芽周辺に当てた。「あああー…ダメーダメー…うううー変になりそう…ぅおっおお…すごい…いく、いちゃうからダメーあああー」ぱっくりと開いた小陰唇の奥から、膣液が流れ出している、膣口に指を入れると、指先まで振動が伝わってきた。電動マッサージを当てながら指を上下に動かす。「あああーだめ、だめーー感じすぎて、おかしくなる…あぅぅ…お願いもうやめてー」ゆうきはスイッチを切る。振動音が止まり、美人妻のアヤミさんはぐったりとしていた。「もうーやめてって言ったのに、意地悪」「どうだった?」「言わない、……こっちの方がいいです」欲求不満な主婦は、ゆうきのチン○ンを掴んできた。ゆうきは、ゴムを装着しなければと思ったが、さっき浴室で生で挿入したのだから、もういいかと思いそのまま挿入した。おちんちんはさっき挿入したせいなのかすんなりと入っていった。膣孔は柔らかくて暖かい。根本迄入れると、膣のうえの方がキュウーと締まってきた。おれは、彼女の首に腕を回してキスをする。舌を絡めると、柔らかな舌が絡んでくる。腰を動かすと「んんんーーんんんーんんんー」と喉の奥から声にならない喘ぎが発せられる。
おれは奥さまのミドルヘアーを腕で下敷きにしないように気を付けて、腕立て伏せの姿勢になり、本格的に腰を動かす。亀頭が抜けそうになる迄引き、一気に膣奥に打ち込む。長いストロークで抽挿を早くしてゆく。人妻は、腰の動きに合わせて「あっ…あ…」と声を出すが、やがてその声は大きくなり始めた。「あああーきもちいいー…ああーいいー」膣口の周りがさらに強く締まってくる。「はぁぁーはぁぁー…あああー…イクッ、イクッ」俺は構わずピストン運動を続ける。「あああー…だめー…いったのに…ああー…もうだめー」ゆうきは、アルコールを飲んだせいかいつもよりオチ○チンの感度が悪い。ここでピストン運動を弱めたら、射精できないかもしれないと思い、一気に速度を上げる。「あああー…ううううーダメーダメー…おかしくなるからダメー」四十路の人妻は眉間に皺を寄せて、頭を左右に振りながら、ゆうきにしがみ付いてきた。ゆうきの腰の辺りにしびれる感覚がくる。
 
射精迄あと少しだと、休まずに腰をふった。「ああああーああーん…あああああー」主婦の発する声はもう言葉になっていない。俺に射精する瞬間が来た。「うっ、うううーおー…いく…いくよ」射精の直前に、膣孔から抜き、右手でチンポをしごいて射精を促す。ドクンドクンと波打ちながら子持ちの専業主婦の腹上に射精した。ゆうきは、ティッシュで拭く余裕もなくそのまま、巨乳の専業主婦の上に伏した。「はぁはぁはぁ…」二人共の息が荒く声が出せない。最初に声を発したのは、彼女だった。「いっぱいいちゃいました。もう…私がいっても、止めてく下さらないから…」「ごめん、途中で止めたら、今日はもういけそうになかったから…お酒のせいかも」「なんとなく、そうなのかなぁーとわかりました。いっぱい出ましたか?」「いっぱい出たよ。凄く気持ちよかった」「ならよかったです。私もすごく気持ちよかったです。」「あっ、白濁液をお腹に出したままだね。ごめん…ティッシュで拭くから」「私なら平気ですよ。まだ、子宮がジンジンしてます。もう少しこのままでいて下さい。」僕は、清楚な主婦が愛らしくなり、頭をなでてキスをした。
 
出会い系サイトハッピーメール(happymail)でのセックスフレンドの奥さまとのハメどりsexのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓


















































 
なおハッピーメールを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないといますぐエッチさせてくれる色っぽい女の子と出会ってセフレにしてオフパコエッチできませんので、ハッピーメールに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハッピーメール(happymail)のような出合い系コミュで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで具体的に説明していますので見てください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハッピーメール(happymail)は18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【PCMAXやれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【PCMAXセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【PCMAXヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【PCMAX体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【PCMAXハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【PCMAXヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【PCMAXやれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【PCMAXセフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.