deaikeitaiken_novel

【ハッピーメールヤリモク】美人の巨乳若妻と不倫中出しセックス

投稿日:

 


 
僕が会議を終えてスマートフォンをチェックすると、ラインの着信があった。僕はメーカーの営業マンをしている。LINEの着信は、欲求不満な奥さんからだった。メールの文面は(今日は楽しみにしています。あの…泊まるという事は…)で終わっている。ナツコは、1カ月程前に出会い系のサイトで知り合った主婦で今夜は食事と酒を飲んだ後に一緒にホテルに泊まる約束をしてあった。彼女のメールの文面で、(ホテルに泊まるのは、やはり無理なのかな?)と思ったが、そこには触れずに、(私も楽しみにしています)とだけ返信した。ゆうきは女性への興味は人一倍強く、持て余す性欲は、たまに風俗で欲求を満たす事が多い日常を送っていた。そんな時に、同僚が数人の女性とセックスをしてセフレ自慢を聞かされて、うらやましく思っていたのだった。同僚はお世辞にも、イケメンとはほど遠いタイプだ。頭は薄くなり広い額と、貫禄のついたお腹は、ムーミンを思わせる風貌だ。その同僚は、出会い系のサイトのハッピーメール(happymail)で女性と知り合っているらしい。一度、女性からのメールを見せてもらった事があったが、内容は、(営業しているの?営業って疲れない?)とかどうでもいいようなやり取りだった。
 
そんなメールのやり取りでどうやってセフレ関係迄導いているのか不思議だった。当時のゆうきには、出会い系サイトのハッピーメールとか良く知らない世界の話だったが、興味はあった。俺が出会い系のハッピーメール(happymail)を始めたのは、それから3カ月経った春だった。インターネットで情報を集めて、一つのサイトに登録をしてみた。年齢確認のため免許証を提示しなければならない事には抵抗があったが、年齢確認をしないと先にすすめないため、思いきって出会い系サイトのハッピーメール(happymail)に登録をしたのだった。数人にメールを送ってみたが、返信が反ってくるのは、割り切りと呼ばれる援助目的の女性ばかりだった。そんな中で、36歳の若妻から返信があったのだ。清純な美人妻とは出会い系サイトのハッピーメール(happymail)で4~5回メールをやり取りした。彼女も営業職という事でだったので、(同じ営業同志、食事をしながら営業トークで盛り上がりませんか?)と誘ってみたものの、あまり期待はしていなかったが(営業トーク 笑い いいですよ)とすんなり了解をもらう事が出来た。僕は、(レストランを予約します。店を教えますのでLINEを教えて下さい。)と無事LINEで交換が出来た。それから会う迄の間は、一日に何回もLINEを送る日々が続いた。セフレの美人妻は営業をしている事を知った。主人は単身赴任で月に一度帰ってくる程度だと言う事だった。
 
若妻との最初のデートは、ゆうきの行きつけのイタリアンレストランにした。雰囲気がよくカジュアルで以前からデートで利用してみたいと思っていたのだ。デパートの入口を待ち合わせ場所にした。18:30より10分早く着き、未だ見ぬ女性に心躍らせて待った。出会い系サイトハッピーメールのプロフィールで、身長やスタイルは書いてあったが、写真の交換は出来なかった。主婦がそれには応じてくれなかったのだ。僕の服装は、ネイビーブルーのスーツだと伝えてある。また、既にLINE電話で話もしているので、判らなければ、連絡があるはずだ。約束の時間の5分前に、誰かを探している様子の小柄な女性に気が付いた。たしか、プロフィールには、身長153cmとあった。数字だけでは実感はなかったが、全体が華奢な感じで、とても小柄に見えた。やがてセフレの若妻は、スマホを取り出して電話をかけた。同時に私のスマホに着信があった。「ゆうきさんですか?なつこです。ネイビーのスーツの男性が沢山いるので…あっ、判りました」欲求不満な奥様はスマホを耳に当てている私を見つけた。お互い視線を合わせてほほ笑む。近寄ってきた奥さんは「はじめまして夏子です。よかったぁ~。同じような服装の男性が何人かいたので判りませんでした。」「私も、お会いできてうれしいです。想像より素敵な女性でよかったです。」「あら、お上手ですね。宜しくお願いします。」と彼女は愛らしい笑顔をゆうきに返した。
 
事実、清楚な人妻は二重瞼がハッキリした、キャリアウーマンを漂わせる知的な女性だった。(出会い系のハピメでも、こんな素敵な奥さんと出会えるのだな。今日はついているかも)ぼくは清純な若妻を改めて見直した。清楚な奥さまは春らしい薄いベージュのワンピースに白いカーデガンを羽織っている。セミロングのヘアースタイルが良く似合って上品さが感じられた。アラサーだと聞いていたが、全体に柔らかな大人の雰囲気があった。セフレの人妻のオッパイのふくらみはワンピースの上からでも、はっきりと盛り上がっているのが判る。推定Eカップはあるだろう。僕は乳房の大きな女性がタイプだった。女性は男性の胸の視線に敏感だと聞いた事があるので、慌てて視線を外した。「予約したレストランは、すぐそこです。行きましょう」僕は車道側に立ち並んで歩いた。小柄なスタイル抜群の若妻はゆうきの肩くらいしかない。それでも姿勢の良い彼女の歩く姿は上品さをかもしている。僕は久しぶりに新鮮なウキウキした気分が味わえた。 レストランの席は、カウンター席を予約していた。初対面で、向かい合って食事をするのに抵抗があったからだ。それに、カウンター席に並ぶ方が距離も近いし、話声も耳元で話せば周りに聞かれる事も少ないと考えたからだ。 料理は、悩むのが面倒なのでコースにした。飲み物はビールとワインを楽しんだ。30代の主婦もお酒は好きで、特にビールは、ビールテイスターの資格を持っているとのことだった。
 
ビールテイスターとは、ビールのソムリエ適なものらしい。 また、アラサーの若妻の話ことばに、少し関西のアクセントがあるので、出身地を聞くと、大阪だという事だった。しかし、京都の女性は腹黒いと思われるので、彼女自身は大阪出身である事は封印していて、大阪弁は出さないように注意しているとの事だった。彼女なりの考えなのだろうが、おっとりとした感じの京都弁には、あこがれる男性が多いのにもったいないなと思いながら聞いていた。 東京という大都会には、全国の地方出身者が集まる。東京で暮らすうちに、地方の方言から、標準的な言葉に変わるから不思議だ。それでも、方言のアクセントはなかなか抜けない。主婦も例外ではなかったが、人妻のアクセントは嫌みがなく、好印象だった。 食事を終える頃には、セフレの人妻と二人で、ビール数杯とワインボトル1本を空にし、ほろ酔い気分になっていた。次は、清純な主婦が知っているバーに行くことになった。 店を出ると、主婦のなつこさんが腕を組んできた。奥さんのなつこさんの胸の感触が腕に伝わってきて、おれは下半身に疼きを覚えた。今後の進展に期待をしつつも、なんとか平静を装いタクシーを停めて人妻の指示する場所に向かった。タクシーの中でも若妻の夏子さんは腕を取り、わざとではないかというくらい、腕に胸を押し当ててきた。
 
 バーは3階の廊下をの突き当りにあった。店内は、うす暗い照明にシックなカウンターと、ボックス席が5席程度の店だった。カウンターに座った二人は、ゆうきはウィスキーのロック、色っぽい若妻はカクテルをなめる様に飲む。前のレストランで、アルコールは充分である。少し話し疲れたのか、主婦のなつこさんも口数が少なくなったので、ゆうきはカウンターの下で手を伸ばして主婦の夏子さんの手を握り、指を絡めた。バーには30分程度いただろうか、空になったグラスを見ながら、若妻の奈津子ちゃんの耳元で「場所を変えて、ゆっくりしませんか?」と誘ってみた。若妻の夏子ちゃんは私の意味を理解したようだが、「今日は駄目、次にまた誘って」と断られてしまった。(まぁ最初はこんなものだろうな。)と自分をなぐさめたが、落胆は重くのしかかってくる。バーを出た廊下には人影もなく静まりかえっていた。高まる気持ちが抑えられなくて、欲求不満な奥さんを引き寄せ、遠慮がちに顔を近付けが、拒否されなかったので、そのまま唇を重ねた。柔らかく温かい感触を感じ、さらに強く抱きしめた。若妻のナツコちゃんは抵抗も無く静かに受け入れてくれた。彼女の唇を舐めたあと、舌を差し込むと、滑らかな舌が迎えにきてくれた。やがて舌を絡め、柔らかく滑らかな口内をまさぐる甘いキスを続けた。
 
もう一度「もう少し、一緒にいたい」と嘆願したが、「これ以上は、素人じゃなくなちゃうからだめ。続きは次回にして…」と言われたのだった。「素人じゃなくなる」の意味は理解出来なかったが、初めて会った男性とこれ以上進展するのに、人妻の奈津子さんなりの抵抗があるのだろ。「じゃ、次は朝まで一緒にいてほしい。」ゆうきは、酔った勢いもあり大胆に誘った。「ええ、約束します。今日はごめんなさい。」清楚な美人妻一人をタクシーに乗せ見送った後、ぼくは電車で帰宅した。 それから、2週間が過ぎた。その後も以前と変わりなくLINEのメールは続き、本日は約束の宿泊日を迎えたのだ。 妻には、接待で帰れないと伝えてある。僕は、営業部長という立場上接待客によっては、終電に間に合わなくなる事がたまにあった。僕の家は、さいたま市で、終電に間に合わない時は、タクシーで帰ると勿体ないからと妻も宿泊には同意してくれていた。 ホテルは、シティーホテルのWルームを予約した。食事は、彼女が大阪出身と判ったので、関西料理のカジュアルな店を予約した。席は、前回と同じ様にカウンターにした。 待ち合わせの前に、ホテルのチェックインを済ませようと、東京都町田市町田駅近くのホテルのフロントに寄った。少しでもスムーズに人妻を部屋に誘導するためだ。
 
 フロントで名前を伝えてチェックインを申し込んだら、「お客様たった今、スイートルームがキャンセルになり空いてしまいました。特別に五千円の追加でスイートルームにアップグレード出来ますが如何いたしますか?」と言われた。予約したのは、風呂から夜景が見える部屋だったが、一泊八万円の部屋が五千円の追加で宿泊出来るのなら断る理由は無い。申し出を受ける事にした。備え付けの冷蔵庫には、飲食物が入っているが宿泊料金に含まれているので自由に飲食して下さいと言われた。しかもスイートルームは、ホテルの客室では最上階で眺めも良いという。(今日はついている。)ゆうきは今後の展開にますます期待を膨らませるのだった。 待ち合わせ場所は、店の前としていたが、約束の5分前には奥さんと合流する事が出来た。銀行で営業しているだけに時間に正確だ。若い女性は、10分遅れてくるのが当たり前だと聞いていたが、爆乳の若妻の真面目さに好感がもてた。 食事は、前回と同じように店のコースを頼んであった。メニュー選びが面倒だからだ。飲み物は、乾杯にビールを飲んだあとは、赤ワインにした。若妻は出された赤ワインが気に入ったみたいで、スマホで写真を撮っていた。どうもラベルで産地などあわかるアプリがあるらしい。ビールの他にワインの勉強もしているとの事だった。30代の若妻は銀行の投資部門の営業をしているというので、富裕層と呼ばれる人達の接待もあり、勉強しているのだろう。
 
日常で少しの努力の差が結果に出るのがビジネスなのだ。俺もそうだが、スタイル抜群の若妻も真剣にビジネスに取り組んでいる姿勢に共感した。 食事はどれも美味しく、店長も彼女と同じ京都出身だったので、意気投合して楽しく過ごす事が出来た。ホテルは、スイートルームにアップグレードした事を伝えると、清楚な主婦は嬉しそうに「スイートルームにアップグレードされたのですか。楽しみです。」と素直に喜んでくれた。正直、この後本当にホテルに一緒にいけるのか、不安があったが、この先も楽しめそうだ。期待はふくらみ、下半身に熱いものを感じた。 店を出てホテル迄は、徒歩5分だ。彼女と腕を組み、バストのふくらみを感じながら東京都町田市町田駅近くの夜の街を歩いた。 既にチェックインは済ませてあるので、フロントを通り過ぎ、エレベーターに乗り込む。エレベーター内のセンサーにカードキーをかざすと上層階へと滑るように動きだした。 部屋は、リビングとベッドルームが扉で仕切られている。浴室と洗面はガラスで仕切られて浴槽もベッドルームからは、丸見えになっている。トイレはリビング側にがある作りだった。主婦の奈津子ちゃんは、部屋に入るなり「凄い。スイートルームって違いますね。」と言って、大きなバスタブや、キングサイズのベッドが二つ並んだベッドルームを見て感嘆していた。
 
部屋の照明を暗くして、上層階から見下ろす東京の夜景を二人で観ていた。少しの沈黙の後、どちらかともなく唇を重ねた。軽く唇を触れ、上唇と下唇を挟むようにキスをする。舌で唇を舐め始めると、彼女は「んんんー」と鼻から声をもらし始めた。口の中は先ほど飲んだ、赤ワインの豊潤な香りが残っていて、甘く感じられた。二人は夢中に舌を絡めると、奥さんの漏らす声も本格的になってきた。 ゆうきは、掌でずっと気になっていた胸のふくらみを、服の上からあてがった。ブラジャー越しに伝わってくるオッパイは、豊かで柔らかだった。首筋に唇を移すと、ほのかなフローラルの香水の香りと、ミルクのような甘い香りがした。 ワンピースの上から、右手をブラの下に滑らせ直接、おっぱいに触った。想像以上に柔らかく、既に乳首は固く突き出していた。 アラサーの人妻は、抵抗もなく「あっ…あっ…うーん」と声をもらしながら、再び唇を求めてきた。下半身に手を伸ばし、女性の最も感じる部分を掌全体でおおい、円運動で刺激すると、熱い吐息が漏れ始めた。「あっ…はああああっ…あーー」おれは、もう我慢出来なくなり、ワンピースを脱がそうとかかった時に「汗をかいてるから、シャワーにいかせて」と言われた。
 
ゆうきは主婦から、発せられる甘いフェロモンにすっかり酔ってしまい、汗などどうでもよいのだが、「それでは、一緒に入りましょう。バスルームはガラス張りだから丸見えだし、一緒に入る方が自然な気がします。」 美しい美人妻も一瞬バスルームに目をやり、小さく頷いた。これで引き続き服と下着を脱がす口実が出来た。 ワンピースのファスナーを降ろすと、滑らかな肌とレースが施されたピンクの下着が現れた。ブラジャーに挟まれた双方のオッパイの谷間に欲情をかきたてられる。(男って、この谷間にひきよせられる生き物なのかも)と思いながら、谷間に顔を近付けた。彼女から発せられる甘い香りは、むせるほど強くなり、ホテルの部屋中に漂っているのではないかと感じられた。 ベッドに移動して、背中を指先で滑るように愛撫をする。指先はわき腹から、太ももの内側へと移動する。「あん…あっ…はぁぁぁ…あー」彼女の吐息も、ゆうきの指先に敏感に反応している。どうも感じやすい体のようだ。ブラジャーのホックを外しにかかる。外した瞬間に乳房が解放されるようだった。あらわになった乳首はツンと上を向き、まだ子供を産んでいないためか、色も濃くなかった。乳房を下から押し上げるように、優しくもみ始めると、巨乳の奥さんは俺の肩に腕を回してきた。両手でバストをもみながら、舌で乳輪を舐める。
 
時々乳首に舌先が触れると、奥さまはビクッと反応し声をあげる。固くなった乳首を口に含み、舌で乳首を転ばす様にすると、「あー…上手だわぁ…あっあっ…気持ちいい…あー」声も大きくなり、顎を突き出す様にしながらおれの背中をさらに強く抱きしめた。バストの愛撫を続けながら、片手を下半身に伸ばす。ピンク色の突起をパンティーの上から指先で上下に刺激すると、喘ぎ声は次第に大きくなった。もうよい頃と見計らって、パンティーの中に手を滑らせる。恥丘のザラザラした陰毛の感触を楽しんだ後、まんこに手を伸ばすと、そこはグッショリと濡れていた。パンティーの中で、あふれた蜜汁を指先ですくいとり、小陰唇をなぞるように指先で刺激を繰り返した。スリムな奥さまは、じれったくなったのか催促する様に腰を左右にふる。おれがパンティーの縁に手をかけると、脱がしやすいように腰をあげた。可愛い奥様の恥丘は、陰毛が薄く柔らかい。小陰唇も形がきれいで、二重瞼のきれいな女性はお○んこもきれいなのかと思われた。あふれ出しているぬめり汁を、指にからめては、小陰唇から、陰核へと優しく撫でると、30代の人妻の喘ぎ声はさらに大きくなる。中指を膣口に挿入し、クリトリスの裏にあるGスポットを刺激する。
 
指の第二間接を折り曲げ探ると少しくぼんだ所に、少しザラっとした部分があったので、軽く前後刺激した。「あーすごい…きもちいい…あっあっ…だめ…いっちゃう…ああああー」叫びにも似た声でのあと、一瞬ビクビクと痙攣したあと、動かなくなった主婦の夏子さんが、ゆうきのパンツに手をかけてきたので、ゆうきも全裸になり覆いかぶさった。人妻は、あらわになったゆうきのチ○ポをそっと触ってくる。冷たく細い指の感触が心地良い。おちんちんは、既にカチカチに固くなっていた。「す、すごい…もうだめ…我慢できない…お願い…欲しい」おれのお○んちんは、標準サイズより少し大きい程度だが、固さと形には自信があった。よく風俗嬢にも、石のように固いと褒められた一物だ。「何が欲しいのですか?」あまりに可愛い言葉に、少し意地悪がしたくなった。「意地悪しないで、お願い。あなたの、これを入れて」もう少し、意地悪をしようかとも思ったが、時期をずらして冷めてしまっては、いけないと思い挿入することにした。(フェ○チオやクンニリングスも楽しみたいが、今夜は泊まりだから、後で楽しめばいい。)そんな余裕がゆうきにはあった。事前にチェックインした時に、ベッドの側にゴムを用意していた。
 
手を伸ばして装着しようとしたら、「コンドームは、中が痒くなるから嫌なの。そのままでいいから」と生での挿入をせがまれた。固くなったチ○チンを、濡れたおめこにあてがい、ゆっくりと腰を押し出す。張った亀頭が、一瞬押しもどされたあと、スボッと吸い込まれる。中は熱く、柔らかな壁が密着しつくるようで気持ちいい。セフレの若妻は「あっ、おおきい…すごく固い…ああああー」と喘ぎおれの背中をきつく抱きしめてきた。俺は挿入した後は、すぐに動かずじっとしていた。そうする事で、マンコは男性の形に合わせようとすると本で読んだ事があるからだ。妻とセックスレスであるため、セックスへの欲望が人一倍強いぼくは、情報収集はよくしていた。また、あまりの気持ち良さに、すぐに動くと暴発してしまいそうでもあった。動かずに唇を重ね、舌をからめると、清楚な奥様はもう待ちきれないという様にさらにきつく抱きしめてきた。それを合図にゆっくりと抽挿をはじめた。長いストロークで、抜ける寸前まで引き抜き、奥の深いところまで一気にさして、子宮口に亀頭を当てる。「ああああー凄い…奥が気持ちいい…あっ、あっ」奥さんのなつこさんの喘ぎ声は、再び絶叫に変わった。喘ぎ声に誘われるように、抽挿の速度は上がっていった。
 
やがて、若妻は切羽詰まった声で「あっ、だめ…いっちゃう…あーいくっ…いく」と叫んだ。同時に膣壁がきつく締まってくる。ぼくもちん○んが溶けてしましそうな快感におぼれ、腰の動きを止める事は出来なかった。腰に軽いしびれを感じ射精が近い事を知った。ここで一回射精したとしても夜は長い。まだこの体を楽しむ時間はある。そんな事を思い一回目の射精をする事にした。なにより、もう限界に来ていたのだ。 子宮を突くように激しく抽挿の速度を上げると、彼女も俺の射精が近いことを感じ「中に頂戴、大丈夫だから、奥に出して。いっぱい頂戴」と俺が離れないように足をロックして、背中に回した腕に力を込めて引き寄せた。「ああー中で膨らんでいる。だめーまたいっちゃう」奥様のなつこちゃんの絶頂の訴えにと同時に、ゆうきも「うおおおー」と思わす声を出して、体の芯からこみ上げてくる熱い精液を、思いきり子宮深くに2度3度と続けて中出しした。それは、体中の生気を一気に放出するような激しい放出だった。放出した後も、膣壁はオ○ンチンを締め付ける様に収縮を繰り返した。放出した後も挿入したままで、溶けるような快感の余韻に浸っていた。おちん○んを抜くと、二人とも滴る程か汗をかいている事に気が付いた。我に返ったゆうきは、「中出したけど大丈夫でした?」
 
と心配になって聞いた。「一緒に泊まるという事は、こういう事ですよね。準備してますので大丈夫です。」ゆうきは昼間のメールで気になっていた(あの…泊まるという事は…)の意味が理解できた。コンドームは痒くなるという彼女は、精液を中に出すことに慣れているのかもしれないと思った。 少し休んで、汗で冷たくなったベッドを出て、一緒にバスルームへ向かった。互いの体を洗い、洗髪迄一緒にする光景は、新婚の夫婦みたいで懐かしく感じられた。清純な奥さんの化粧は落ちて、素ぴんだったが、素顔もあどけなく可愛かった。 浴槽で再び、立ちバックにして、欲求不満な若妻の小柄な体を貫いたが、射精する前にのぼせそうなので、途中で諦めた。 バスローブに着替えた若妻は、バスタオルが1組しかない事が不満で、もう一組届ける様にフロントに注文していた。夜に使用したバスタオルを翌朝使うのは嫌だというのだ。電話の内容から追加料金が発生するみたいだが、微々たる追加料金を気にして不機嫌にするわけにはいかないので、全てを任せた。リビングのソファーで冷蔵庫内のつまみと、冷えたビールを飲みながら、たわいのない会話で夜を楽しんだ。
 
再びキスをすると、セフレの奥様が膝をついて、僕のおちん○んをくわえ始めた。ち○ぽは欲求不満な奥さまの口の中ですぐに力をみなぎらせた。30代の美人妻のフ○ラチオは、たっぷりの唾液で、尿道口を舌で舐めながら、亀頭のえらをしごくという絶妙のテクニックだった。俺は、たまらず声をあげた。「あっ、あっ」セフレの美人妻は上目遣いで、うれしそうに微笑み、さらに奥深く呑み込んでくれた。丁寧なフ○ラチオが続いたあと、今度は、俺がクンニリングスで返そうとすると、お姫様抱っこでベッドに運んで欲しいといわれた。筋肉質な僕にとって、小柄な三十路の若妻を、お姫様抱っこで運ぶのは造作もない事だ。最初に使用したベッドのシーツは汗で冷たくなっているので、使用していない方のベッドに運びそっとおろし、ほどけたバスローブを抜き取とった。膝をM時に開き、今から舐める場所をよく観察した。既に小陰唇も開き、膣口から粘り汁がしたたり落ちている。小豆程の肉芽は半分露わになっていた。おれが顔を近付けるとヨーグルトの様な匂いがした。
 
舌で太ももの内側から大陰唇を舐め、小陰唇を唇で挟んだりしながら、徐々に最も敏感なクリトリスに近付いてゆく。陰核を覆った包皮を剥く。そして唾液と淫液を蓄えた舌先でチロチロと刺激する。若妻の夏子さんは、敏感な部分に舌が触れた瞬間、体をビクッと震わし、喘ぎ声をもらした。ゆうきの執拗なクンニリングスで喘ぎ声は、さらに大きくなってゆく。気を良くしたぼくは、人差指を膣口に挿入して、ピンク色の突起の裏のGスポットを再び刺激しながら、同時にピンク色の突起も舐め始めた。人妻のナツコさんは僕の頭を押して、腰を左右に振り身もだえた。「あっ、だめ…またいちゃう…あああー」やがて、体を痙攣させぐったりとした。クンニリングスに集中していた僕のチ○ポは、一時の硬度は失われていた。奥さまの奈津子さんをうながすと、すぐに口に咥えてくれた。オチンチンはすぐに、はちきれんばかりの勢いで反り返った。おれは、仰向けのままの状態でsexフレンドの若妻を引き寄せて騎乗位での挿入を示唆した。セフレの主婦は少し戸惑ったが僕をまたぎ、固くなったチ○コに手を添えて、徐々に膣口に挿入していった。膣の中は暖かく、真空状態のように密着された。
 
始めは、恥じらいがちにゆっくりとした動きも速度を増し、若妻は髪を振りみだしながら快感に集中していった。美人妻の奈津子さんが絶頂を迎え、ついに僕も2度目の白濁液を中出ししたのだった。翌朝、ぼくが目覚めた時に、奥さまのなつこさんは裸のままおれの隣で寝ていた。起こさないようにそっとベッドを抜け、シェービングと歯磨きをし、シャワーを浴びた。シャワーを出ると、美しい美人妻がベッドの中から、顔だけを出して恥ずかしそうにこっちを見ていた。時計を見ると朝の7時を少し回った時間だった。「おはよう。少しは眠れたかな?よかったら、今から食事にいきましょう。」僕がホテルの朝食に誘うと、小さく頷いてバスルームに入っていった。ホテルの朝食は、和食定食と洋風定食が選べるようになっていた。主婦は、和定食を選んだ。夫が単身赴任で一人暮らしのため、普段朝に食る事がない和食が食べたくなったと言っていた。朝食を終えて、部屋に戻り歯磨きを終えると、主婦の夏子さんは着ていたワンピースをスルリと脱ぎ捨てベッドに入った。(まだ寝足りないのか?いや違う、誘っているのだ。)チェックアウトの11時迄は、まだ時間がある。せっかくのお泊りなのだ。時間いっぱいセックスを楽しもうではないか。来ていた服を脱いで彼女の待つベッドに潜り込んだ。
 
出会い系サイトハッピーメール(happymail)での30代の奥さまとのオフパコsexのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓













































 
なおハッピーメール(happymail)を利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと今すぐエッチできるかわいらしい女と出会ってセフレにしてオフパコsexできませんので、ハッピーメール(happymail)に登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハッピーメールのような出会系SNSで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで具体的に解説していますのでご覧ください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハッピーメール(happymail)は18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.