deaikeitaiken_novel

【ハッピーメール大人の関係】清楚な主婦と不倫中出しセックス

投稿日:

 


 
週末の金曜日、僕は定時に会社を出た。今夜は、彼女と2度目の居酒屋デートだ。彼女も出会い系のハッピーメール(happymail)で知り合った人妻だ。一回目の出会いは「飲みながら楽しく話しましょう」と誘い、王子駅の近くの居酒屋で会う事が出来た。貧乳の人妻は内気な感じで、仕事は派遣社員で事務をしていると言っていた。居酒屋で会った時も伏し目がちで、こんな内気な奥様が出会い系のハッピーメールをしている事が不思議だった。緊張のせいか、スタイル抜群の専業主婦とあまり会話も弾まなかったので、次は無いかと思っていたが、その後もメールが続いてもう一度会う事になった。今回は、東京都北区王子駅近くの新鮮な魚が美味しい居酒屋風の小料理屋の個室に予約を取った。この店は新鮮な烏賊が名物だ。烏賊が旬な時期なので、新鮮で透き通った、甘くコロコリした烏賊が食べたくなったからだ。彼女は待ち合わせの時間より十分程遅れて待ち合わせのコンビニに訪れた。服装は紺のセーターに、ベージュのスカートといった平凡な服装だったが、控えめな若妻に相応しいと思えた。
 
食事はどれも美味しく、お目当ての烏賊の刺身は抜群の鮮度だった。人妻も、まだ動く烏賊に感動しながら、お酒を楽しんだ。しかし、終始伏し目がちなセフレの奥さんと目線が合う事は少なかった。俺は(今夜も、特に劇的な進展は無いな。話も盛り上がらないし、この店で解散して、馴染みのスナックで飲みなおそうか)と考えていた。個室で勘定を済ませて、一緒に外に出ると、秋の夜風が気持ちよかった。ここで、人妻と別れようとした時に、人妻から「少し歩きませんか?」と声をかけられた。俺は意外だったが、特に断る理も無いので、近くの公園迄散歩をした。小さな夜の公園は人影も無く、男女のために用意されている様にも思えた。(内気な主婦だが、もしかして、俺を誘っているのか?)酔いもあり、そんな都合の良い考えが僕の脳裏に浮かんだ。俺は確かめたくなって、人妻の体をそっと抱きしめてみた。拒否する様子はない。次に伏し目がちなsexフレンドの奥さまの顎を手であげて、上から唇を重ねた。拒む様子もないので、僕の行動は徐々にエスカレートしてゆく。唇を割って舌を差し込む。固く閉ざされた歯茎を、舌先でなぞると、さらに奥への侵入に成功した。舌先をさらに伸ばして、若妻の舌に触れる事が出来た。
 
やがて貧乳の若妻の口も開き、うごめく滑らかな感触に興奮してきた。僕の掌は、条件反射のように人妻の胸にあてられる。口を塞がれているあきは、「うううー…うっ…ううううー」と声にならない、うめきが発せられる。俺は、ますます刺激され、美人妻の着ていたセーターの下から手を忍ばせて、さらにブラジャーの下へと掌を滑り込ませた。奥さまの柔らかくて暖かいオッパイが掌に伝わる。乳首はもう固く尖っていた。硬くなった突起を指で挟んでオッパイ全体を揉みほぐす。「あああー…もっと触って下さい」彼女の口から、予想していない言葉が発せられた。激しく唇を求めて舌を絡めてくるのだった。気を良くした俺は、セーターとブラジャーを首まで上げて、ついにバストをあらわにした。うす暗い公園の街頭に浮かんだ白い乳房と形のよい乳輪の上に、ツンと突き出した乳首はエロティシズムに溢れていた。キスでスイッチが入ったのか、さっき迄の内気で清楚な人妻の姿はなく、急に色香に染まった雌豹に変貌したようだった。夜の静かな公園とは言っても、人の目が気になる。僕が「場所を変えませんか?」と話すと、若妻は我に返ったのか、また俯いてしまった。しかし、もう収まりのつかない俺は、通りに出てタクシーを停め強引に清純な若妻を乗せるのだった。奥様はタクシーの中では、視線を落として何も話さない。俺は少しでも先ほどの余韻を呼び戻そうとして、若妻の太ももに手を当て、指先で愛撫をしていた。
 
東京都北区王子駅近くのラブホテルに着き、タクシーを降りてからも、ためらいがらも、ついてくる清純な若妻であった。俺には、部屋に入って二人きりになれば、またさっきの続きをすればいいのだと余裕があった。週末という事もあるのだろう。ラブホテルの空き部屋は、意外に少なくて部屋選びに迷う事はなかった。部屋に入ると、二人共荷物を置きソファーに座る。人妻は目線を下に落としたまま、何も言わない。俺はsexフレンドの人妻の肩を寄せて、再び唇を重ねる。舌を差し込むと、美人妻も舌を絡めてきた。滑らかなで柔らかい舌が、口の中を探る様に動く。やがて清純な人妻の鼻から、「んーんー」と鼻をならすような声が聞こえてくると、舌の動きはさらに激しくなってきた。可愛らしい奥様の体から力が抜けてくるのが伝わってくる。ソファーからベッドに移り、彼女をそっと仰向けに倒して、服の上からおっぱいをもむほぐす頃には、「あああー、あーー」と声も大きくなり、完全に僕に身を任せる姿勢になった。ブラウスのボタンを外して、背中に回した手でブラジャーのホックを外すと、窮屈さから解放されるかの様にはじけた。公園からの行為で、既にテンションが上がっている俺は、露わになったバスト見ると、すぐに先端の突起を口に含んだ。牛乳を煮詰めたような、フェロモンが強く感じられる。両手で、若妻の乳房を揉みながら、固くなった乳首を舌で転がし、軽く歯を当てて、愛撫を繰り返していると、彼女は僕に首に腕を廻して「あああー ああーすごい、ああー感じる…もっと強く触って」
 
スカートをたくしあげて、ストッキングに掌をあてがうと、奥さんも固くなった俺のオ○ンチンに手を伸ばしてきた。先程までの、控えめな主婦は消えて、また妖艶な女に変貌したようだ。パンティーの下に手を忍ばせ、陰毛の先へと進み、指先が陰部に達した場所は既にぬめっていた。体勢を変えて、セックスレスの人妻の服を脱がせパンティーだけの姿にする。レースを施された白い下着は、まだ新しく今日のために新調したようだった。僕も服を脱ぎパンツ一枚の姿になり、お互いの肌を合わせると、柔らかい肌から体温が伝わり心地良い。俺は、パンツをはいたままで、固くなったお○んちんを彼女の股間に押し当てて、腰を動かす。「ああーん、ああーもう我慢できない。あなたの固いのが当たってる」人妻は、僕のパンツに手をかけて脱がそうとする。俺は尻までずらされたパンツを脱ぎ、sexフレンドの専業主婦のパンティーも抜き取った。陰部を触るとぺちゃぱいの人妻の愛液でベトベトになっている。「ああーん、あなたのが欲しい。お願い…もう入れて」俺はじらすつもりで、固くなったちん○んを、膣口に軽くあてがうと、キュートな主婦の方から膣口内へと誘導され、膣内に入っていった。奥様のローションでみたされているお○んこの穴の中は非常に滑らかで、スルスルと侵入が許された。「ああああああー、おっきいー、すごいー気持ちいい」チンポが根本まで挿入されると、部屋中に響くような大きな喘ぎ声が発せられた。
 
「あああーすごい、あああー、ああーいっちゃうー」彼女は一度目の絶頂を迎えたようだった。膣内が、ギュッと締まってくる。俺の背中に手を廻して、喘ぎながらもだえる姿は、今まで知っている貧乳の専業主婦と別人だった。俺が腰を動かして抽挿を始めると、人妻は叫ぶような声を挙げる。「あーーーあーーーーすごい すごい あーーーだめ、またいっちゃう、あーーー」再びチン○ンは締め付けられる。専業主婦の喘ぎ声に影響されて、抽挿の速度を増してゆく。膣の中は、滑らかだが、締め付けられるため、抽挿の度にちんぽ全体を刺激され硬度は更に増してゆく。やがて俺は、下半身にが沸騰するような感覚を覚え、射精が近い事を知る。快感の中で速度をあげ射精にむけて抽挿の速度は最高速度に達した。男の射精が近い事を感じた若妻は、僕をあおるように自らも腰を動かし始めた。「あああー…いくっ…いく…一緒にいって、中でいいから、奥に出してー」「僕も、いくよ…いく、このまま出していいの?」「大丈夫だから、中に出して、ああーだめ…いく、いっちゃうー」「うっ…うおおおおーおおおー」僕も限界を迎え、熱い白濁液を勢いよく、2度、3度と膣深くに噴出した。
 
ぐったりと、色っぽい若妻の上に覆いかぶさった俺は、動けなくなり余韻に浸った。それほど彼女とのセックスは激しい快感をともなったのだ。射精を終えたち○ちんは、膣内でまだ硬度を失っていない。快感の余韻の中で軽く抽挿をする俺であったが、膣内は愛液と精子が混じり抵抗は殆ど無くなっていた。 硬いままのチンチンを引き抜くと、膣口からは、白濁した精子があふれ出していた。チンポの根本には、精子と膣液が混ざり泡立っている。息がまだ整わない俺は、精魂尽きたように、スリムな専業主婦の横に仰向けに寝そべった。すると、奥さんは体を起こして、チンチンに顔を寄せる。(まさか、今?)と思った瞬間に、清楚な若妻は未だ固いおちんちんを愛おしく触り「すごい、まだ硬いままだよ」「セフレの主婦が素敵だからだよ」「うふ、うれしい」欲求不満な若妻は、泡立ったち○ぽを、ためらうことなく口に含んだ。「うあああー、おおおー」射精したばかりの、亀頭は敏感に反応して僕は、うめき声をあげた。「いった後は、敏感だから…ダメだって…うううー」「ウフフ…さっき、私がいっても激しく突いてたでしょう。そのお返しよ。」
 
スリムな主婦は容赦なくフェラチオを続け、敏感になっているちんぽ攻めてくる。僕は、あまりの快感に悶えながら「おおおー、もうギブアップするから許して」「やったー、なんか嬉しい。でも、こんなに硬くなって可哀そう」彼女は、そう言いながら仰向けの僕の上にまたがってきた。硬いオチ○チンの根本を押さえて、ゆっくり挿入してくる。「あああー、気持ちいい…おちんちん気持ちいい」彼女が、ついにチ○コの名称を歓喜に口にした。ぺちゃぱいの若妻の騎乗位は、上下では無く、前後の動きだった。肉豆を男性の股間と密着させて擦る事でさらなる快感を得るようだ。「あっあっあーー」sexフレンドの美人妻は自分の動きに合わせて小刻みに、声をあげる。俺もたまらずに、腰を下から突き上げると、彼女の動きも上下運動に変わっていった。「ああー 気持ちいい…私って上が好きだったんだ」奥さんは俺の腰の動きに合わせて動きを加速させる。「ああー気持ちいいー、あっダメ、またいっちゃう、ああああーー」
 
歓喜の声と共に俺の胸に崩れ落ちた。俺は、体を入れ替えて、背後から貫こうとしたが、セフレの美人妻は、「バックって苦手なんだよね。ゆっくり動いてね」とお尻を持ち上げてきた。僕は、膣口の位置を確認して、慎重におち○ちんを沈める。ずっとちん○んが入っていた膣口は、導かれるように奥深くに挿入された。 ゆっくりと抽挿を開始する。人より硬い僕のチ○コは、勃起角度が高く、へそに付かんばかりの角度を保っている。その角度で、バックで攻めると膣の背中側を刺激する。「あああーすごい。こんなの初めて…気持ちいい…気持ちいいです…あああー凄い凄い」また、細身の主婦の声は部屋中、いや、隣の部屋迄聞こえているだろうと思われるくらい響いた。 ちん○んが抜けそうになるところ迄引き、一気に膣の奥を刺激する。パンパンパンとリズムよい音と、主婦の爆音が部屋に反響する。 しかし、射精したばかりの僕には、次の射精よりも、体力の限界が先に訪れた。微乳の奥さんが何度目かの絶頂を迎えた後に、俺は、少し休むつもりで寝そべった。
 
 セックスレスの主婦は俺のオチンチンに手を伸ばし、硬度が落ちていると、再び口に含んでフェラチオを始めた。今度のフェラチオは、明らかに射精を意識したもので、唇の圧力も握る手の力が強かった。「うっうっ」俺が声をあげると「口に出していいよ。中で出すのも、口に出すのも一緒だから。全部飲んであげるから」精子を飲まれる儀式は、俺自身も未だ経験も無く、AVで観るだけの憧れの行為だった。初めてセックスする清楚でおとなしい人妻が、飲精をしてくれるというのだ。俺は、目を閉じて快感に集中した。人妻の奉仕するようなフェラチオに応えたいという気持ちも加わり、間もなく射精感が訪れた。「あっ、いくっ、出るよ」俺の合図で、フェラチオはさらに速度をあげる。「うっ、いくっ」うめき声とともに、勢いよく精子を放出する。彼女は、ほとばしる精子をバキュームのように吸って、射精速度を加速させた。「うおおおー」俺は今まで感じた事のない射精時の快楽に震えた。男の生気全てを吸い取られる様な射精だった。何かで、射精の快感は、射精の出る量と速度に比例するという事を思いだした。まさに、こういう事だったのかと薄れゆく意識の中で思い出した。 射精はビクンビクンと繰り返されながら行われた。2度目とは思えない量のザ○メンが射精されたはずだ。彼女はその精子を全て飲み干した。射精を終え固さを失ってゆくオ○ンチンを咥えたまま、舌先で亀頭を舐めてくる。
 
「うわー、もうダメ、本当にもうダメ、お願いだからもうやめて」あまりの快感に、降参するのだった。「いっぱい出たね。うれしい」セフレの奥さまは満足げな笑顔で笑っている。そこには、出会った時と、全く違う女の表情があった。 少し休んでから、二人でお風呂に入った。一緒に入った浴槽で、俺が気になっていた事を質問した。「スリムな若妻は、ずっと目を見て話してくれないから、嫌われてたのかと思ってた。どうしてエッチに応じてくれたの?」「嫌いだったら、誘われても二度目は会わないですよ。本当は、最初に会った時から、あなたとエッチしたいなーと思ってたのよ。そうしたら、なんか意識してしまって、目が合わせられなかったんだよ。それに、簡単に応じる女だと思われたくなかったし。でも、公園であんなキスするから、もう我慢出来なくなっちゃった。」「そうだったんだ!アラサーの人妻とは、もう駄目なのかと思ってたよ。でも、散歩に行こうて言うから、もしかして誘ってた?」「だって、もう少し一緒にいたかったから…ねぇ…私のキスは何番目だった?」普通ならば、一番だと答えるべきなのだろうが、急に素直になったかわゆい若妻に意地悪がしたくなった。「そいだねぇ…二番目かなぁ~」人妻の顔は、明らかに不機嫌になる。あわてて僕は「もう一回確かめさせて!」滑らかな舌が絡む感触でまた下半身が疼き、オ○ンチンに血液が集まってくるのを感じる俺だった。彼女とは、これから先もセックスが楽しめそうだ。
 
 
出会い系サイトハッピーメール(happymail)でのセックスレスの専業主婦とのオフパコsexのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓












































 
なおハッピーメールを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないといますぐエッチさせてくれる可愛い女と出会ってセフレにして即ハメエッチできませんので、ハッピーメール(happymail)に登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハピメのような出会系サイトで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで丁寧に説明していますので参考にしてください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハピメは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.