deaikeitaiken_novel

【ハッピーメールハメ撮り】三十路の巨乳奥さんと中出しセックス

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
僕は相も変わらずであいけいSNSで可愛らしい女性をセフレにして、即ハメセックスにいそしんでいます\(^o^)/
 
さて、今回は即出会いできる詐欺でない出合い系SNSのハッピーメール(happymail)で出会った欲求不満な奥様と東京都中野区で会ってセフレにして即ただまんセックスをしてきたのですが、ハメどり写メがいっぱい取れましたのでレポートします。
 
※この記事にはアダルトなエッチのハメ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回であいけいコミュニティのハッピーメールで出会った女性は人妻で、名前はあさかちゃんといい半端なく美人でした\(*T▽T*)/
 
セフレの若妻とは、出合い系サイトのハピメで知り合ってラインでやり取りした後、中野駅近辺のお洒落な串カツ居酒屋に飲みに行った後いつものようにラブホに行って即ハメセックスをしました。
 
 東京都中野区の中野駅で彼女と俺は降りた。手には脱いだコートを掛けたままだ。先を行くセフレの専業主婦の後ろをついて行く。ぴったりとしたスーツのスカートが、形の良い奥様のお尻を浮かび上がらせる。股間が膨らんでくるが、俺はカバンでそれを隠しながら、後を追った。 セフレの人妻は後ろからついてくる俺を時々チラリと見ながら足早に歩く。いくつもの商店が並び、栄えている中野駅の北側とは反対に歩を進めていた。南側は雑居ラブホテルがいくつか並んでいる。中野駅の表と裏。びっくりするほど人の数が違う。賑やかさとはほど遠い場所に向かって、貧乳の奥様と俺はどんどん歩を進めていった。しばらく歩くと、古いラブホテルの前でセックスレスの奥さんは足を止めた。僕はラブホテルを見上げた。外壁が所々はげた、五階建ての古いラブホだった。 セフレの若妻がラブホテルに足を踏み入れる。俺も辺りを気にしながら、奥さんに続いてラブホテルへと入った。 狭い入口を入ってすぐに、細い階段があった。急な階段を専業主婦が上って行く。ひっそりとしたラブホテルの中に、奥さんの履いているヒールの乾いた音が響いていた。 可愛らしい奥さんはエレベーターで三階まで上がると、細い廊下を奥へと進んだ。
 
廊下の奥に、磨りガラスの小窓が付いたドアがあった。プレートには女性を象った赤いマークがあった。奥さんはドアを開けて僕を見た。部屋へと誘われ躊躇っている僕の手を引き、中へと入る。ドアが自然と閉まると同時に、彼女は俺とトイレの中に誘い俺の唇を強引に奪った。 最初は戸惑う僕だったが、ぷっくらとした彼女の唇の柔らかさに惑わされる。躊躇いがちに触れあっていた二人の舌が徐々に絡まり合い、静かなトイレの中に淫靡な水音が響いていた。「乳房…舐めたいの?」 唇を離したセックスレスの奥さまが、俺の目をじっと見つめながら尋ねた。スリムな人妻の潤んだ瞳にドキッとしながら、俺は小さく頷いた。「で、でもこんなところ、誰かに見られたら…」 興奮するシチュエーションにありながらも、僕はまだ理性が働いている。「じゃあ…やめておく?」 主婦がトイレのドアに手を掛け、出て行こうとするが、僕はドアの方へと回り込み、それを止めた。「正解。ここで何もしなければ本当に帰ろうかと思ってたわ。チャンスをモノにできない男になんて興味はないから。私は、欲望のままに私の相手をしてくれる人に出会いたいの。あなたは、たぶん私を満足させてくれる気がするの。だって、私とあなたはきっと…同じ性癖だから…」 清純な専業主婦が俺の手を引き、個室へと入り鍵を閉める。手に持っていたコートをドアのフックに掛けたあと、ジャケットのボタンを外した。
 
ピンク色のブラウスのボタンに手を掛け、俺の目を見つめながら一つずつ外して行く。はだけたブラウスの隙間から、同じような色をしたブラが露わになった。彼女はブラの肩紐をそっとズラしたあと、背中に手を回しホックを外した。おっぱいを包むカップに隙間が生まれる。俺はその様子を見ながら、ベルトをゆるめた。ホックを外し、ファスナーを下ろす。欲求不満な人妻のバストが目の前に露わとなったと同時に、僕は足首までズボンと下着を下ろした。「すごい…やっぱりダンナ様のモノよりおっきいわ…ねぇ…どうしてそんなに硬くなってるの?」 分かっていながら彼女が尋ねる。「だって、こんなに綺麗なおっぱいが目の前にあるんですから」 ツンと上を向くように勃起するココア色をした乳首を見つめながら俺が言った。「触りたい? 私の乳首…」 僕の目をじっと見つめながら主婦が言う。「もちろんです。さっきからあさかさんのオッパイを見ている時も、ずっと触りたかったんです」「あら、嬉しいわ。私のオッパイを見ながら、今みたいにちんぽをおっきくさせてたのかしら?」 主婦が手のひらで亀頭の先端を軽く撫でる。しっとりとした手の感触が先端を通して伝わり、撫でられると僕の身体が勝手にビクビクと震えてしまう。「ああっ…」 あまりの気持ちよさに、俺は思わず声を漏らした。「うふふっ…敏感なのね。私のま○こも敏感なのよ」 貧乳の奥様は一度乳首に視線を落としながら言った。「本当ですか? 試してみたいです」 そう言いながら俺が彼女の乳首に指を伸ばした。だが、指先が触れそうになった瞬間、彼女は身体を引き、それを拒んだ。「ど、どうして?」
 
「ダメよ、勝手に触っちゃ。私がいいって言うまではダメよ」「どうすれば触らせてくれるんですか?」 俺はその顔に困惑の色を浮かべている。「触りたいなら、お願いしてみて」 細身の奥さんの言葉から奥さまの性癖を理解する。それならば、と、「朝香さんの綺麗な乳首を弄りたいんです。お願いします」 細身の奥様が喜ぶような言葉を口にする。「ぁん…あなたとはやっぱり上手くやれそうだわ。いいわよ。いっぱい弄ってみて」 細身の人妻が嬉しそうに笑みを浮かべながら、俺の方に胸を突き出す。俺はスタイル抜群の主婦の顔を見てニコリと笑ったあと、勃起している乳首に指先をそっと触れた。「…ぁっ…はぁあんっ!」 初めて間近で聞くぺちゃぱいの専業主婦のよがり声に、僕のドキドキが止まらない。両手の人差し指の先を立てると、その指先で乳首の頭をグリグリと刺激する。「はぁんっ! それいいっ! ぁんっ…上手…ぁああん!」 かわゆい人妻が目を軽く閉じながら上向き加減で甘い吐息を漏らす。気を良くした俺は指先に力を込め、少し強めに乳首を刺激してみる。「ぁああんっ、いいっ、乳首をグリグリされると感じちゃうわ…ぁあん、ねぇ、舐めたい? 私の乳首舐めたいんでしょ?」「ええ…すごく舐めたいです。こんなにビンビンになった乳首は初めてです。コリコリになった乳首を舌で転がして気持ちよくしてあげたいです」「ぁああん、そんな事言われたら想像しちゃうじゃない…ぁん、いいわ。舐めて。乳首を舌で転がして私の事、気持ちよくさせてみて」 
 
下から自分でおっぱいを持ち上げながら胸を張る。自分の方へと突き出された乳首に向かって俺は舌を伸ばした。「はぁぁああんっ!」 舌先が触れた瞬間、細身の若妻の肩がビクンと跳ねる。切ない顔をしながら快楽の声を漏らす美人の若妻に、俺はドキドキを抑えられない。もっとエッチな声が聞きたい。もっとエッチな顔が見たい。乳首を攻める僕の舌に熱がこもる。「ぁ、いいっ…ああんっつ、ビクビクしちゃう」 言葉の通り、乳首の頭を舐めるだけで、美人妻は身体を震わせている。舌を這わせる位置を、乳首の頭から下部へと移す。舌先を使って乳首を持ち上げるように下から舐めると、舌から逃れるように勃起乳首がコロコロと転がる。「ぁ、ぁ、ぁ、ぁんっ、それだめっ…ああん!」 乳首を舌で転がし続けると、若妻の足ががくがくと震え、徐々に体勢が沈んでいく。快感のあまり、力が入らないのだと僕は悟った。(このまま彼女が座り込んだら……) その状況を想像すると、俺は興奮を覚えた。下半身を露出した状態でその場に崩れると、当然貧乳の若妻の目の前には…。人妻を興奮させ、我慢できなくさせてしまえば、絶対に美味しい思いができる。人妻の気分を高揚させつつ、且つ、気持ちよくさせてあげるためには? 俺は乳首を舐めながら考えた。そしてその答えはすぐに見つかった。
 
「浅香さんの乳首、もっと気持ちよくさせてあげたいんです。もっと乳首をヌルヌルにしてあげたい。だから、ひとつお願いがあるんです」 あくまでも奥さまの立場が上だというスタンスで接する僕。「何かしら? 言ってみて…」 どこか嬉しそうな顔をしているセックスフレンドの若妻を見て、僕は30代の専業主婦のS気質を確信する。「朝香さんの唾を垂らしてもらえませんか? あなたの乳首に…」「うふふっ…あなたと私、やっぱり相性がいいかもしれないわ。いいわ。いっぱい垂らしてあげる」 彼女は自分の乳首に向かってだらりと唾を垂らした。ココア色をした乳首に唾液が絡む。乳首から垂れそうになるセックスレスの専業主婦の唾液を、僕はこぼさぬように舌で綺麗に舐め取る。「ぁんっ…なんかこれ…感じちゃう」「もっとしてあげたいです。アサカさん…もっと唾を垂らしてくれませんか?」 僕の申し出に、嬉しそうに若妻は唾を垂らした。微乳の人妻の左の乳首が激カワの主婦の唾液でぐっしょりと濡れる。乳首から垂れそうになるスリムな人妻の唾に気づき、俺は乳首に吸いついた。たっぷりと垂らされた唾を音を立てて啜る淫音が狭い個室内に響く。「はんっ…いやらしい…でも…いいっ…すごく。もっといっぱい舐めてみて」 そう言うと、専業主婦は再び乳首に唾を垂らそうと口を開いた。「待って!」 僕が声を上げ、突然それを止める。
 
「直接欲しいです…浅香さんの唾…」「えっ? 直接?」「はい…乳首に垂らすんじゃなくて…直接…下さい」 彼女の胸越しに人妻を見上げる。そして顔を上に向け、大きく口を開けた。僕のその行動を見て、奥様は笑みを浮かべる。「そこに欲しいの? 私の唾がほしいの?」 若妻が尋ねると、僕は「欲しいです」と答えた。「分かったわ…じゃあ…口を開けてごらんなさい」 僕は主婦の言う通りに口を開けた。「ふふっ…いい?」 垂れてくる髪を手で押さえながら、若妻は俺の口に向かって唾を垂らした。透明な粘液が糸を引きながら僕の口の中へと消えて行く。俺はそれを受け止めると。口を閉じてたっぷりと人妻の唾の味を堪能したあと、ゴクリと飲み込んだ。「あらあら、飲んじゃダメじゃない…私の唾を味わうためにこんな事を頼んだの? 違うでしょ?」 人妻が僕を嬉しそうに叱る。「ごめんなさい…もう一度、下さい」 俺は彼女の性癖に合わせ、従順な態度をとりながら口を開けた。若妻は開かれたその口の中に唾を垂らす。僕は舌にたっぷりとセフレの主婦の唾を絡ませると、舌先で彼女の乳首を舐め回した。「ぁ、ぁあん! ヌルヌルして気持ちいい…ぁあん、もっと舌を早く動かして…ぁっそう、それそれ…ぁああんいいっ!」 
 
若妻の両乳首が、二人の混ざり合った唾液で淫らに汚れて行く。ヌルヌルになった乳首の表面に舌が滑る度、専業主婦の口から快楽の声が漏れ、足がビクビクと震えてゆく。そして力が抜けたのか、人妻は急に便座に座り込んだ。彼女の顔の前に、僕のちんぽが突きつけられる体勢。そのシチュエーションに僕は興奮を覚え、それが下半身へと伝わる。僕のチンコに絡まる太い血管がどくどくと脈を打ち、赤黒く膨れ上がった亀頭は、今にも破裂しそうな程に膨れていた。「ねぇ…唾を垂らしてほしいのは、あなたのお口だけかしら?」 主婦が俺を見上げながら尋ねる。「いえ…口以外にも…垂らして欲しいです」「どこに垂らして欲しいのかしら?」 目の前でどくどくと脈を打つチンポに口を近づけながら、俺を見上げて尋ねる。「こ、これに…アサカさんの前にある、これに垂らして欲しいです」 勃起した竿を上下に動かしながら専業主婦に乞う。「ちゃんとお願いして」 しゃべる度に、主婦の息が亀頭にかかる。触れるか触れないか微妙な距離に若妻の口がある。それがまだ一度も触れていないことが逆に俺の興奮を煽った。どんな感触なのだろうか? 人妻の唇が触れるんだぞ? 今でも気持ちいいのに、これ以上の行為に及べばどれだけ興奮するのだろう。
 
俺の胸は期待と興奮で高鳴っている。「これに…おっきくなった僕のおちんちんに垂らして下さい」 口元でワザとち○ぽを上下に揺らしながら俺が言った。「こんなにおっきくしちゃって…イケナイ人…」「だって、こんなに美人な人に、しかも人の奥さんの前でこんな事をしてるんですから」「あら、嬉しいわ。じゃあ…いっぱい垂らしてあげる。私の唾…いっぱい欲しい?」「はい、欲しいです…おちんちんにも欲しいし、口にもいっぱい…アサカさんの唾を、チ○チンでも口でも味わいたいんです」「うふふっ、いい子ね。いいわ。いっぱい味わわせてあげる」 興奮し、お腹に着くほどに勃起したチ○コの先端に、彼女は口元を移した。唾を溜めた後、口を開く。真っ赤な舌の先端から、ドロリとした透明な滴が赤黒く膨れる亀頭に垂れる。甘い蜜を纏ったチ○コは、トイレの照明に照らされイヤらしく濡れ光っていた。「さあ、口でも味わってみて」 蓋が閉まった便座から、微乳の美人妻が立ち上がる。僕は彼女の顔が上に来るように中腰になった。顔を上に向け、口を開く。まるで親鳥が持ってきた餌を欲しがる雛鳥のように。 開いた口の中に、清楚な専業主婦が溜めた唾がダラリとたれた。俺は口を閉じ、その味をじっくり味わう。「唾だけじゃなく、浅香さんの唇も、それから舌も欲しいです」
 
 色っぽい奥さんの顔を見上げながら俺が言った。「あらあら、欲張りな人…あなただけ気持ちよくなるつもり? 私のことは気持ちよくしてくれないのかしら?」 そう言ってふっと笑みをこぼした後、彼女は自分の胸の上で舌を出した。伸びた舌の先に溜まった唾が、滴となって勃起したままの乳首の上に垂れてゆく。粘液を纏ったココア色の乳首に向かって僕が手を伸ばす。ヌルヌルになった乳首の頭を、僕は指の腹で優しく撫でた。「ぁっ…うんん……上手よ……ぁん、ご褒美をあげるわ…ぁんん」 目を閉じ、恍惚の笑みを浮かべる奥さん。中腰になる僕を立ちあがらせると、俺の首に右の腕をからめながら唇を奪う。押しつけるように唇の感触を味わわせながら、空いている左の手のひらで、唾液にまみれた亀頭の先端を優しく撫でた。「ああっ…アサカさんの手つき、すごくイヤラシくて…ぁあっ…浅香さんが垂らしてくれた唾のヌルヌルが気持ちいいです。ああ、朝香さん、僕もあなたの事をもっと気持ちよくしてあげたい。触ってもいいですか?」「どこを触りたいのかしら?」 俺のちんこをしごきながら若妻が尋ねる。「朝香さんの……マ○コを触りたいです。触って、気持ちよくしてあげたいです」「触りたい? 私のオマ○コ触りたい?」「触りたいです。すごく。早く触りたいです」「うふふ、そんなに触りたいの? いいわ。じゃあ、触らせてあげる…」
 
 主婦はスカートをめくった。パンストから透けて見えるブラと同じ色をした下着があらわになる。彼女は下着の中に指を忍ばせると、パンストと一緒にそれを膝の下まで下ろした。再び俺の首に腕を回し、彼の唇を奪った。俺もすかさず美人妻の股間へと手を忍ばせる。マンコの割れ目にそって指を這わせると、彼の指はすぐに愛液を纏っていった。「すごい…あさかさんのここ、もうぐしょぐしょになってますよ」 そう言って指を前後に動かす。指の動きに合わせ、欲求不満な奥さまのそこからグチュグチュと卑猥な水音が立つ。「ぁん、あなただってこんなにビンビンになってるじゃない」 そう答えながら、貧乳の若妻は僕のチンコをしごいた。「ああっ…何だか電車の中で痴漢してるみたいでドキドキしますね」 俺が言うと、「あら。今度してみる? 電車の中でこうやってお互いのイヤラシイところを触り合いっこする?」 美しい主婦がいたずらな笑み絵を浮かべながら答える。「いいですね。スゴく興奮しそうです」 僕もニヤリと笑みをこぼしながら答えた。「あなた、ホントにいいわ。私とドキドキするツボが同じみたい。私をみながら興奮してたんでしょう?」「ええ。スゴく興奮しましたよ。朝香さんのエッチな姿を見て勃起したチンポを見せたくて仕方なかったです」
 
「うふふ。私も…あなたのちんちんを見てエッチな気分になった私のおま○こを見てほしかったの」 そう言うと、彼女は僕の前にしゃがんだ。そして太く硬く勃起したチ○チンをを口に含む。「ああっっ! 浅香さん、そんないきなり…ぁああっ!」 ぷっくらとした彼女の柔らかな唇が、太い血管の絡まる俺のおちんちんを咥え込む。口を前後に動かすと、グチュグチュと卑猥な水音が狭い個室の中に響いた。何度かピストンを繰り返すと、ち○ぽはぺちゃぱいの奥様の唾液を纏ってテラテラと濡れ光っていた。「ああん、やっぱり美味しいわ。想像していた以上よ。おちん○んが大きすぎて口の中がいっぱいになっちゃう。でもそれがいいの。苦しくなるぐらい大きなちんぽに憧れてたの。ああんっ、たまらない。このチンポ、すごく好き」 角度をもったチン○ンを再び咥え込む。前後の運動から上下の運動へ。若妻が上下のピストンを繰り返す度、口の中に溜まった唾が口の隙間からだらだらと流れて行く。その涎が袋をツタって、トイレの床へポタポタと落ちていった。「ああ、お向かいの奥さんにこんな事してもらえるなんて最高です。すごく興奮します」「あらあら、こんな事で満足なの? 男の人って、こういう風にされるともっと興奮するんじゃないの?」
 
 彼女はチンコを握ると、その根元に舌を伸ばした。そして根元から亀頭に向かって竿の裏側をベロを使ってゆっくりと舐め上げて行く。俺を見上げながら、彼を挑発するように丁寧にゆっくりと。「ぁっああっ、それヤバいです。見つめられながらそんなにイヤラシイ顔で舐められたら僕…ああっ!」 人妻の仕草に興奮し、いつも以上に感じてしまう僕を更なる快感が襲う。舌で竿をまんべんなく舐め回しながら、五本の指を使って亀頭を摘まむように持ち、蛇口をひねるようにそれを回す。唾液で滑りのよくなった指が亀頭を刺激する。指と舌の競演に、俺の身体が電気刺激を受けたように勝手にびくびくと震えだす。「こんなにビクビクしちゃって…女の子みたい。ねぇ、もっと恥ずかしいことしてあげましょうか?」 俺の答えを聞く前に、微乳の若妻は彼の手を引っ張った。少し広めのトイレの個室の中、僕はバランスを崩した。貯水タンクに手を突き、何とか転倒は免れる。足首まで落ちたズボンが邪魔になり、動きを制限された俺の後ろに、セックスフレンドの専業主婦は回った。そして後ろから彼に抱きつく。「ねぇ、恥ずかしい格好でしょ? でもね、今からもっと恥ずかしい事してあげる」
 
 主婦は後ろから俺のチンポを握った。そしてそのままその場にしゃがみ込む。お尻を突き出すように倒れた俺のおちん○んをしごきながら、セフレの奥さんは目の前に開かれた彼のア○ルに向かって舌を伸ばした。「の、朝香さんっ! そ、そんな事! だめです! それはダメです!」 家を出る前にシャワーを浴びたが、僕はさすがに抵抗があった。ましてやち○こをしごかれながら尻穴を舐められるなんて、アダルトビデオでしか見たことのない光景だ。あれは見ている者に対してのパフォーマンス的なモノであり、実際に男のアナルを舐めるなど周りで聞いたこともない(逆はアリかもしれないけれど…)そんなプレイをされるなんて…。 美人な上に人の奥さんがとんでもない場所を舐めてくれている。清楚な奥さんの舌の、お尻の孔のシワの一本一本に沿って這うような丁寧な動きに、僕の身体が素直に反応する。鈴口からは先走り液が溢れ、奥さまの舌の動きにあわせて吐息が漏れる。「あああさかさん、こんなに気持ちがいいのは生まれて初めてです」「本当に? 嬉しいわ。じゃあ恥ずかしい格好のままもっと気持ちよくなって」
 
 彼女はそう言うと、ちんこをしごくスピードを速めた。そして俺のお尻の孔に再び口を近づけ、伸ばした舌でお尻の穴を舐め回す。唾液をたっぷり絡ませながらグチュグチュと音を立てて舐める専業主婦。激しい舌の動きと淫らな水音、心地よい強さの手の締め付けとしごく速さ。そのどれもが心地よく、僕の心と体を徐々に絶頂へと導いて行く。「ああっつ、そんな激しくされると僕もう…」「イッちゃうの? いいわよ。イってみて。ほら、エッチなお汁、いっぱい出して」 オチン○ンを握る手に力が入り、そしてピストンがどんどん早くなる。それに加わる彼女のイヤラシイ言葉。「ほら、もうこんなにパンパンになってるわよ。ほら、出して、私の前でいっぱい出して」 後ろから抱きつき、耳元に息を吹きかけながら囁く奥様。耳に唇が触れるほど近く、そして吐息混じりに言葉で攻める。背中に当たる柔らかな感触と、しっとりとした指先で竿を捕まれ、激しくしごかれるその心地よさに、俺の気持ちと身体は絶頂へと上って行く。「ああっ、ダメだっ、ヤバい!」「イッちゃうの? イキそう? イクのね、ほら、いいわよ、ほら、ほらっ!!」「ああああああ、ダメだ、イク、イク、イク、イク…ああぁ、でる、でる、でる、でる…あ、あ、あ、あああああぁイクううううっ!」 
 
腰ががくがくと高下する。便器の蓋に向かって僕は大量にザーメンをぶちまけた。イった瞬間力が抜け、俺は便器に背を向けながら、その場に座り込んだのだった。 「派手にイったわね。じゃあ今度は私が気持ちよくなる番よ。さぁ、いっぱいご奉仕して」 快感のあまり力が抜けその場に崩れ落ちた僕。便器を背に座り込んでいる彼の顔に、彼女は強引にまたがった。発情した雌の匂いを放つ股間を俺の口へと押しつける。唇がおま○この割れ目に触れると、セフレの奥さまは俺の口の上で前後に腰を動かし始めた。「ねぇ、どんな味がする? 私のオ○ンコ、どんな味がする?」 腰をくねらせながら僕に尋ねる。「うっ…すごく、エッチな味がします。ちょっとしょっぱくて、それでいてちょっと酸味が強くて…チーズのような匂いがして…嗅いでいるとすごく…興奮します」「興奮しちゃうの?」 彼女が腰を浮かしたあと、尋ねる。「はい、とても…」「もっと舐めたい?」 「はい…もっと舐めたいです。アサカさんのおめこ、いっぱい舐めさせて下さい」 人妻が求める答えを、セフレの奥様が尋ねる前に答える。清楚な奥様は満足げな笑みを浮かべながら、再びお○んこの割れ目を俺の口へと近づけた。舌を伸ばしてもぎりぎり届かない位置で止まる。
 
「ほら、舐めたかったらもっと舌を伸ばして。ピンク色の突起をいっぱい舐めて私の事、気持ちよくさせてみて」 貧乳の若妻は上から僕のおでこを押さえながら体重をかけた。微乳の奥さんの肉豆を舐めようと必死に舌を伸ばす僕。だが、絶妙な位置で止まっている股間には届かない。「ぁあん、うずうずしちゃう! たまらない!」 清楚な奥さまの方も早く舐められたいと思い、僕も早く舐めたいと思っている。だがそれを邪魔する距離が二人の欲情をどんどん煽っていく。「ぁん、早く舐めて。ほら、目一杯舌を伸ばして早くクリちゃんを舐めて」 清純な奥様に言われ、舌を思い切り伸ばす。何とか舌先が肉芽に触れた瞬間…「ぁあはぁあああんっ!」 30代の若妻が大きなよがり声を上げた。二人の我慢のたがが一気に外れる。僕は顔を強引に彼女の股間に押しつけ、顔全体を使って愛撫し始めた。「あっああん、それいいっ、ああん、舌をねじ込んで? おまんこの中にいっぱい舌をねじ込んで」 セフレの奥様に言われた通り、俺は舌をおま○この割れ目の中へとねじ込んだ。舌を入れようとすると、自然と顔を股間に押しつける形になる。それが微乳の人妻のツボにはまる。
 
「ぁ、ぁ、ぁ、鼻の頭が肉芽をグリグリして…ぁあん、これ、スゴく感じちゃう…ああん、いいっ! もっとして! もっとグリグリして!」 舌をねじ込むと同時に顔を回し、顔全体を使ってまんこの割れ目を愛撫する。僕の顔は溢れた愛液で淫らに汚れ、そのヌメリが顔の動きを滑らかにした。「ぁあん、その硬いの、おまんこにもっと押しつけてぇ」 僕は鼻の頭をおまんこの割れ目の中へと突っ込んだ。オマ○コの割れ目をかき分けるように押しつけながら、伸ばした舌でベロベロとアヌスホールを舐め回す。「ぁん、そんなのアリ? ぁあん、お○んこをグリグリされながらお尻の孔を舐められるなんて…ぁん、こんなの初めて…ぁあん、最高! あなた最高よ」 女性に褒められると嬉しくなる。それがコトの最中なら尚更のこと。男としてのプライドをくすぐられたようで俺は気分が良かった。僕は顔をズラし、肉芽を重点的に攻めた。舌を硬くし、クリちゃんを覆う皮を広げるようにしながら豆を舐め回す。「ぁ、ぁアッ、強いぁああん、ダメっ、そんなに強くしたら…ああん…腰がビクビクしちゃう」 
 
かわいい主婦の言葉の通り、ピンク色の突起を強く攻める度、人妻の身体は痙攣を起こし、体重がもろに顔にのしかかる。押しつけられたオマンコの割れ目に舌をねじ込み、今度は鼻の頭でクリトリスを刺激した。「ぁ、ぁ、ぁんっ、そんなにグリグリしちゃダメっ! ぁ、ぁ、ぁ、ダメ、イッちゃいそう…ぁ、ぁ、ぁ、ぁいや、いや、ダメっ、ぁあああん」 彼女の身体に力が入る。絶頂は近いようだ。俺は舌の動きを早め、セックスレスの若妻を絶頂へと導く。すると…「ダメっ! 口じゃなくて、それでイカせてちょうだい?」 彼女が突然口から股間を離した。個室の壁に向かって手を突き、俺に向かってお尻を突き出す。早く入れてといわんばかりに腰を落とし、オマ○コの割れ目を僕の方へと突き出すように…。「あなたのオナニーを見たときから、ずっとこのオ○ンコに入れたかったんです。あなたと旦那さんがセックスをしてたとき、どんなに旦那さんが羨ましかったか。でも、いいんですよね? ホントに朝香さんとセックスできるんですよね?」「ええ、いいわ。早くちょうだい。そのおっきなチンコで、私のおま○こを狂わせて」 彼女が言い終えたあと、僕はおめこの割れ目に当てたチ○ポの先端をsexフレンドの美人妻の中へと押し込んだ。「ぁっ…ああああああんっ! すごいっ!」 
 
入れた瞬間、トイレの中に彼女が大きな声で悶えた。「ああああっ、あさかさんのお○んこ、すごくいい…うっ、中がヌルヌルしてて、ちょっと動いただけでヒダがすごく絡みついて…こんな気持ちいいマ○コ、初めてです」「ほんと? 私もこんなにおっきなオチン○ンは初めてだわ! 太くて硬いのが私の奥をズンズンと当たるの! あ、あああんっ、奥を激しく突かれるとこんなに気持ちいいなんて初めて知ったわ。あああんっ、あなたのち○ぽ最高よ!」「旦那さんのモノよりもいいですか?」「比べ物にならない!」「本当に?」「ええ、ホントよ! あなたのチ○コ最高だわ! 毎日したい! あなたになら毎日してほしい!」 トイレの個室に手をついたまま、僕の動きに合わせて腰を高下させる微乳の人妻。上下の動きに陰核が擦れ、奥を突かれる前後の動きに快感が身体を駆け抜ける。これまで経験したことのない太さのオチ○チンにま○この割れ目を目一杯開かれ、硬く膨れた亀頭で膣奥を犯される。突かれる度に自然と膣肉が締まり、俺のおちんちんを強く刺激する。「ああっ、そんなにキュッてされたら僕はおかしくないなっちゃいます!」「ああっあん、勝手に締まっちゃうの! 私の身体があなたのオチ○チンを離したくなくて勝手に締まっちゃうの!」
 
「嬉しいな。朝香さんにそんなに気に入ってもらえて。離したくないなら離れないですよ? アサカさんがイクまでずっと奥をついてあげますよ!」「ああっあん、嬉しい。おかしくして! あなたのちんちんで私を狂わせて!」 そう言うと、スリムな若妻は一歩横にずれ、蓋のしまった便座に手を突いた。僕に向かって自然とお尻を突き出す、いわゆる服従のポーズを取る。 「ああ嬉しいですアサカさん。そんなにも僕のチンコを欲してくれるなんて。ああ、なんてあなたは素敵な人なんだ!」「あなたも素敵よ! あなたのおっきくて硬いち○ちん大好きよ! ねぇ、早く激しく突いて! 私のこといっぱいイカせて頂戴!」 三十路の人妻が突き出したお尻を振りながら俺に乞う。向いの人妻に求められ、気分が高まる。S気質な主婦を従わせているような錯覚を覚える体位に俺は興奮を抑えきれない。「ああっ、お向かいの奥さんとこんな事になるなんて! 夢のようだ! いいんですね? 僕のチンコで奥さんを狂わせていいんですね?」「ええ、いいわ! 早く犯して! あなたのそのおっきなオチ○チンで早く私をイカせて!」
 
 一度身体を起こし、振り向き様に唇を軽く開くセフレの若妻。俺は若妻の唇に吸い付きながら、伸ばした舌で奥さまの舌を求める。唾液を含んだ舌が淫らに絡み合い、二人の唾液が混じり合う淫猥な水音が個室の中に響き渡る。あらわになった奥さまのおっぱいを両手で激しく揉みしだきながら舌を堪能したあと、背中を押し、再び服従のポーズを取らせる。突き上げられた彼女のマンコの割れ目に向かって、僕はチンポを深く突き刺した。「ああっああん! すごい! 奥まで、奥までいっぱい刺さってくる! あ、あ、あああん、いいっ! この体勢、すごくマ○コに刺さっちゃう!」 膣奥を突くにつれ、美人妻の体は電気刺激を受けたようにビクビクと痙攣を繰り返す。つくほどに口はだらしなく開き、無防備になった唇からは、透明な粘液が糸を引きながら、便座の蓋に向かってダラダラと垂れてゆく。自分のチン○ンで乱れる向いの人妻の姿に僕は興奮を覚え、更なる痴態を覗き見たく、腰の動きにも力が入る。細くくびれた主婦のウエスト。そのくびれを両手で掴み、俺は奥さんを引きつけながらおちん○んを強く突き刺す。亀頭が奥に当たると、そこから生まれる快感が全身を駆け巡り、さらなる快楽を求めて自然と腰の動きが激しくなる。
 
「ああんっ! すごい! すごい! こんなの初めて! 当たるんぅ! おま○この奥までおちんちんの先っぽが刺さっちゃう! あ、あ、あ、あ、あっんんもうダメぇ! イッちゃう! ご主人以外のち○ちんで気持ちよくなってイッちゃう!」「イッてください! 旦那さん以外のちんこでいっぱいイッてください!」「あん、ちょうだい! あなたのエッチな白濁液を私の中にいっぱい出して!」「出していいんですか? 朝香さんの中にいっぱい出していいんですか?」「ああっあん、ちょうだい! 熱くて濃いのいっぱい出して!」 お向かいの奥さんの中に出すと言う背徳の行為に俺の興奮は最高潮に達する。突く度に大きく揺れるおっぱいが、細身な色っぽい美人妻の背中からはみ出しながら揺れている。服従のポーズを取ったままの奥様のま○この割れ目が壊れるほどに、俺は激しく腰を振った。「ああっ、あ、あっ! すごい! すごい! イッちゃう! イッちゃう! あ、あ、あイク、イク、イク…、あ、あ、あ、あっっつっつつ!」 堪えきれない彼女の悶え声が嘘のように一旦消える。グッと唇を噛み締めた数秒後…… 「ああっあああんああああああんつ!」  止めていた息が、快楽の声と共に一気に吐き出された。「あああっ、僕も、イク、イク、イク、あ、あ、あ、出る、出る、出る…あ、あ、あああああああああああ!」 叫ぶような声をあげながら、僕が彼女の中に熱いザー○ンを放った。 叫びきった後に襲いくる絶頂の快感に、彼女の身体が周期的にビクンビクンと震えている。何度か絶頂の震えに襲われたあと、主婦はその場に崩れ落ちた。唾液と汗で汚れた便座の蓋にぐったりともたれかかったスリムな若妻のオマ○コの肉割れからは、どろりとした精液がトロトロと流れ出していたのだった。
 
出会い系サイトハピメでのアラサーの人妻とのただまんセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓




































































 
なおハピメを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないといますぐセックスできる可愛い女性と出会ってsexフレンドにして即ハメエッチできませんので、ハピメに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハッピーメールのような出会系SNSで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで具体例を示しながら解説していますので参照してください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハッピーメール(happymail)は18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【PCMAXやれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【PCMAXセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【PCMAXヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【PCMAX体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【PCMAXハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【PCMAXヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【PCMAXやれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【PCMAXセフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.