deaikeitaiken_novel

【ハッピーメールハメ撮り】美人の巨乳キャンギャルと中出しセックス

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
自分はあいわらず出会系サイトで美しい女の子漁りをして、オフパコセックスにいそしんでいます(^^)
 
さて、今回は本当に出会える無料お試しポイントがある出会系コミュのハピメで出会った巨乳のキャンギャルと東京都立川市で会ってsexフレンドにして今からすぐオフパコエッチをしてきたのですが、ハメ撮り写メがたくさん取れましたのでリポートします。
 
※この記事にはアダルトなsexのはめ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出合い系コミュのハッピーメール(happymail)で出会った女はキャンペーンガールで、名前は彩香ちゃんといい、顔は蛯原友里似の非常に美人でした(*^^*)
 
彼女とは、出逢い系コミュのハッピーメール(happymail)で知り合ってラインでやり取りした後、立川駅周辺のお洒落な海鮮居酒屋に飲みに行っていい雰囲気なったのでいつも通りラブホテルに行ってハメどりsexをしました。
 
東京都立川市立川駅の繁華街からはずれたところの路地を、キャンギャルがヒールの足音も高らかに早足で進む。その少し後ろを、俺は懸命に追った。(どこに行くんだろう?) アフターということは、別の場所で飲み直すのか、それとも食事か。仮にキャンギャルが今日セックスをさせてくれるにしても、マンションに帰ってからということになるのだろう。かなり遅くまで付き合わされそうだ。(だけど、結局また今度なんてことになったら、お金がもたないな……) 立川駅近くのさっきの店での支払いは、予想した以上の額だったのだ。 僕は期待半分、諦め半分で歩き続ける。店を出てから、彼女は一度もふり返らないし、何も言わない。(なんだか怒ってるみたいなんだけど……) 唐突だったし、やはり無茶なお願いだったのか。期待がどんどん萎んでくる。 キャンギャルが足を止める。
 
すぐ脇の建物を見あげたのに、僕もつられて視線を上に向けた。(え!?) 紫色の看板に「HOTEL」の文字。けれど入り口はブロック塀の陰になって見えない。ただの宿泊施設でないことは明らかだ。 彼女はこちらをふり返りもせず、塀の陰にすっと入った。俺も心臓の鼓動を速くしながら、慌てて続く。(ここでsexするんだよな……) 何しろそういう場所なのだ。望んだこととはいえ、降って湧いた展開に足が震える。 自動ドアを抜けて中に入れば、ロビーと呼ぶには手狭なところで、キャンギャルが壁のボードを見あげていた。部屋の写真が並んでいる。バックライトが点いているものと、点いていないものが半々だった。(点いてるやつが空き部屋だな) 初めてでも、そのぐらいの予想はつく。と、キャンペーンガールがちょっと首をかしげてから、すぐそばにあった小さな窓口に進んだ。「501をお願い」 ほとんど間を置かずに、中からキーが差し出される。「ありがと」 受け取ったものを手に、細身のキャンペーンガールは後ろで扉を開けていたエレベーターにすたすたと乗り込んだ。(さすがに慣れてるな) 少しの迷いも感じられない動きに感心する。このホテルに入るのも初めてではないのだろう。僕も急いでエレベーターに乗った。 ドアが閉まると、やや古びた箱はゆっくりと上昇した。
 
「初めてよね?」「え?」「ラブホテル」「あ、はい」 僕と彼女のあいだで交わされた言葉はそれだけ。だが、仮にあれこれ話しかけられたとしても、sexの期待に舞い上がっていた俺は、ろくな受け答えができなかったであろう。 上がった階は、廊下に赤いカーペットが敷き詰められていた。照明も暗く、いかにも淫靡な趣。各部屋から喘ぎ声が洩れているのではないかと想像したのだが、そういうことはなかった。 部屋は廊下を進んだ奥から二番目。重い鉄製のドアを開けて入れば、室内は意外に広々としていた。手前側にソファーとテーブル、テレビなどがあり、奥側に丸いかたちのベッドが鎮座する。壁の半分が磨りガラスになった向こうに、バスルームも見えた。(ここが──) セックスのための空間。壁や調度に淫臭が染みついているのか、こもる空気もなまめかしい。いよいよという思いが強まって緊張してくる。「ホテル代はゆうきくんが払うんだからね」 彼女の声に、僕は我に返った。「高いんですか?」「さあ。値段は見なかったけど、普通じゃないの?」 初めてだから、その普通がどれほどのものかわからないのだ。部屋の写真の横に料金も書かれていたと思ったが、そんなものを確認する余裕はなかった。 セフレのキャンギャルはすたすたとベッドに歩み寄ると、どさっと尻をついた。「ふうん、こんな部屋か」 室内を見回して、さして興味なさげに言う。「写真を見て選んだんじゃないんですか?」 
 
俺も恐る恐るベッドに近づきながら訊ねた。「まさか。あんなのレストランのサンプルと同じだもの。いちいち比べるのも馬鹿らしいし、番号で選んだの」「え?」「あたしの部屋の番号よ」 言われて、キャンギャルのマンションのものと同じなのだと気づいた。「じゃあ、このホテルに入ったのは初めてなんですか?」「忘れたわ」 素っ気なく応えてベッドに仰向けになり、キャンギャルは「んー」とのびをした。それから僕に向かって右足を上げる。「ねえ、脱がせて」 パンプスのことだと、すぐに理解する。「はい」 僕はベッドの脇に跪くと、キャンペーンガールの黒いパンプスを甲斐甲斐しく脱がせた。と、爪先が抜かれた瞬間、ツンと酸っぱいものが鼻奥を刺激した。(女のひとでも足が匂うのか!) キャンペーンガールは仕事のあとなのだし、至極当然のこと。だが、それにも情欲を煽られる。 両足とも脱がせてから、僕はそっと屈み込み、巨乳のキャンギャルの爪先に鼻を寄せた。息を吹きかけないよう、漂うものをすうと吸い込む。(わあ……) パンプスの革の匂いも混じっているらしきそれは、予想以上に強烈だった。蒸れた皮脂が熟成されたと、まさにそんなふう。(けっこうキツいかも) 生々しい臭気に、キャンギャルもひとりの人間なのだと、当たり前のことに気づかされる。おかげで緊張もいくらか和らいだ。 僕は立ち上がると、ベッドに仰向けたキャンペーンガールを見おろした。 目を閉じたキャンギャルは、穏やかな顔つきだ。足の匂いを嗅がれたことには気がついていない様子。スーツの胸元が、規則正しく上下している。(まさか、本当に眠ってるんじゃ──) 心配になったところで、瞼がわずかに開く。「好きにしていいわよ」 薄目で告げてから、セフレのキャンギャルは自らスーツのボタンをはずした。前をはだけると、文字どおり大の字になる。もっとも、タイトミニのスカートでは、あまり脚は広がらない。 スーツの内側はキャミソール。胸がこんもりと隆起している。いつか見たナマの乳房を思い出し、たまらなくなる。 俺は鼻息を荒くしながら靴を脱ぎ、ベッドの上に膝をついた。
 
好きにしていいなんて言われると、かえってどうすればいいのかわからなくなる。どうsexするのか、一から十まで自分で考えなければならない。 だが、たとえ欲望本位に振る舞っても、肉体に傷をつけるような酷いことでもしない限り、スレンダーなキャンギャルは受け入れてくれるはずだ。これまでの付き合いと今の態度から、そうに違いないと思えた。(いつもリードされるばかりだったし、今日ぐらいは恥ずかしがらせるぐらいのことをしたっていいんじゃないのかな) キャンギャルが、羞恥にむせぶところを見てみたいという気にもなる。 まずは心置きなく手を出せる状況をこしらえるべく、僕はスーツを脱がせることにした。シワになったら怒られるだろうし、エッチを中断する口実も与えてしまう。不都合なものは、前もって排除しておくに限る。 彼女は寝転がったままであったが、スーツをはずすときには肩を浮かせてくれた。スカートもファスナーをおろすと、言われずともおしりを上げる。 僕は脱がせたスーツの上下を手にベッドをおり、ソファーの背もたれにかけた。ついでに自分もスーツやワイシャツを脱いで、ブリーフひとつになってからベッドに戻った。
 
 手足をのばして仰向けたキャンペーンガールは、上はオフホワイトのキャミソール、下はラメ入りのパンティストッキングという姿。もちろん巨乳のキャンギャルはブラやパンティもそれぞれの内側に着けている。 全裸よりもセクシーな姿に、俺の性欲が徐々にふくれあがる。気後れはない。キャンギャルにはさほどためらいを感じないのが、不思議といえば不思議だった。キャンギャルの顔を覗き込めば、本当に眠っているかのような、規則正しい息づかい。俺は大したsexはできまいと、たかをくくっているのか。 だったら目にもの見せてやろうと、俺はキャンギャルの脚を開かせた。閉じられないように、そのあいだに膝をつく。「ン……」 わずかに身じろぎをしただけで、sexフレンドのキャンペーンガールは相変わらず無抵抗を決め込んでいた。パンストに透ける黒いパンティを、恥ずかしげもなく晒したままで。 化粧品と香水と、それからセフレのキャンギャル自身の体臭が溶け合ったものが、色っぽいボディからたち昇る。悩ましさを感じつつ屈み込み、もっとも女らしい匂いを放つ部分に、僕は鼻面を寄せた。 むわ──。 ヨーグルトを連想させる甘酸っぱさが、吸い込まなくても鼻奥に忍び込む。頭の芯がクラクラするようで、しかし決して悪くない媚臭であった。 パンティとパンストの二重防壁に守られて、キャンギャルのマンコはかなり蒸れているに違いない。
 
クロッチも様々な体液を吸い込んで湿っているのだろう。 想像するだけでたまらなくなり、僕はビッチなキャンペーンガールのおまんこに鼻の頭をめり込ませた。「やんッ」 セフレのキャンギャルが小さな悲鳴をあげ、腰をよじって逃げようとする。けれど僕は太腿をがっちりと抱え込んで逃がさず、湿地帯の淫臭をクンクンと嗅ぎ回った。「ヤダあ、もお」 キャンギャルの忌避の言葉はなまめかしく、本心から嫌がっているようには感じられない。それが物足りなくて、内部の縦溝を探るように、鼻をグニグニと練り動かす。「あ、あッ」 多少は感じたか、焦った声をあげたキャンギャルが下半身をくねらせる。おま○このワレメに溜まっていたぶんを吸い取ったのだろう、クロッチの湿りが増した。「もう……僕ってば、そんなくさいところが好きなの!?」 かわゆいキャンギャルがあきれた声でなじる。その部分が濃密な臭気を放っているという自覚はあるらしい。だが、このあいだも洗っていないおま○こを舐めさせたし、この程度では羞恥を感じないのかもしれない。 ならばと、俺は身を起こし、今度は彼女の右足首をつかんだ。持ち上げて顔の前にかざし、爪先や足裏の匂いを嗅ぐ。
 
「ば、馬鹿ッ!」 今度は激しい抵抗が生じた。 彼女は必死で足を引っ込めようとする。けれど僕はそれを許さず、背中を向けてキャンギャルの膝を脇でがっちり固定した。そうして爪先の汗と脂臭を執拗に嗅ぎ続ける。かなり酸味が強かった。「いやあ、そ、そんなところ嗅がないでっ!」 彼女がジタバタと暴れる。左足が背中を思い切り蹴り、一瞬呼吸が止まりかけた。 しかし、俺はなにくそと諦めなかった。匂いの次は味だと、結んで開いてを繰り返す足指を口に含む。「あ、あ、あっ」 指が舌の攻撃に逃げ回る。ザラつくナイロンには、酸味とも塩気ともつかないものが染み込んでいた。「もう、馬鹿、ヘンタイ、足フェチ!」 蛯原友里似のキャンギャルに罵られても平気だった。変態でけっこうと開き直り、爪先が唾液でじっとりと濡れるほどにしゃぶり回す。「く、くすぐったいってばあ」 だが、そればかりではないのだろう。彼女の非難の言葉に艶っぽい響きが交じっているのを、俺は聞き逃さなかった。右の味が薄くなったら次は左と、パンプスで締めつけられた足を癒すように、舌を躍らせる。「う、うう……ン──ひゃふぅ」 
 
こむら返りでも起こしそうに、セフレのキャンペーンガールの脹ら脛がピクピクと痙攣した。 左側も唾液まみれになるころには、キャンギャルの反応もおとなしくなった。騒ぎすぎて疲れ切ったようにベッドに身を沈ませ、ハァハァと胸を大きく上下させるだけになる。 僕は足を解放すると、再び可愛らしいキャンペーンガールに向き直った。ぐったりしたスリムなキャンギャルの秘部に顔を寄せれば、そこはさっき以上になまめかしい匂いをくゆらせている。「はふ──」 僕が中心に顔を埋めると、キャンギャルはわずかな反応を示した。けれど抵抗はなく、開きっぱなしの脚を閉じようともしない。(うわ、すごい) 外側のナイロンにシミをこしらえるほど、おめこはじっとり湿っていた。足指をねぶられて、それだけ昂奮したということか。 そして、むわむわと鼻腔に忍んでくるのは、ヨーグルトよりはチーズに近い熟成臭。悩ましさをいっそう喚起するそれに、いつの間にかそそり立っていたチ○コがビクンと猛る。 ここまで濡れればいいだろうと、俺はパンストのゴムに手をかけた。キャンギャルが気怠そうにしながらも腰をあげてくれたので、中のパンティごとヒップから引きはがす。 裏返ったところで確認すれば、クロッチの内側に糊のような白い粘つきがこびりついていた。
 
スリムなキャンペーンガールの陰唇にも同じものが付着しており、秘臭がツンと鋭さを増す。 爪先から下穿きを抜き取ると、何も覆うものがなくなった清楚なキャンギャルのオマンコに、僕はむしゃぶりついた。「ひゃふぅうう!」 ぐったりしていたセフレのキャンギャルが、さすがに覚醒する。マンコを抉る舌づかいに同調して内腿をビクビクと震わせ、ハッハッと息を荒ぶらせる。「ふは、あ、ああッ、感じる──」 恥唇がキュッキュッとすぼまり、舌を挟み込む。 ケモノじみた匂いほどには、粘つく粘り汁の味は濃くなかった。塩気の中に、ほんのり甘さが忍んでいる程度だ。日によって違うものらしい。 ちゅぱッ、ぢゅぢゅぢゅ──。 派手な音を立ててま○こをすすると、キャンギャルが「いやぁ」と泣くような悲鳴をあげる。いつもの威張りくさった態度とは真逆の反応に、僕は目眩いがしそうなほど昂った。「あ、ああ、ア──気持ちいいよぉ」 クンニリングスの快感を積極的に受け入れる姿勢になったか、彼女は太腿で俺の頭を強く挟み、下半身を淫らにくねらせだした。クリちゃんを舌先でぴちぴちとはじくと、いっそうはしたない声をあげてよがる。「はひぃ、そ、それいいッ」 下腹を大きく波打たせ、セックスフレンドのキャンギャルは自らの乳房をキャミソールの上から揉みしだく。(これじゃいつもと変わりないな) 悦びを与えているという充実感はあったものの、もっと恥ずかしがってくれないと面白くない。
 
 俺はキャンギャルの両膝を曲げさせ、羞恥帯が上向きになるよう脚を抱えさせた。さらにねちっこく舐めてくれるものと期待したのか、sexフレンドのキャンギャルは恥ずかしげもなく大胆なM字ポーズをとる。 愛液と唾でヌルヌルになった細身のキャンペーンガールのおめこは、内側の花弁が腫れぼったくふくらんで開き、淫らに収縮する膣口までも見せつける。そこからわずかの距離を置いたところに、会陰の縫い目で恥裂ととがったお尻の孔があった。 前に指では触れた部分。だが、舌による探索は行われていない。 清楚なキャンペーンガールのアヌスホールからは汗のすっぱみに混じって、ほんのりと生々しいものが香った。特に付着物は見られないから、シワのあいだに匂いがこびりついていたのだろう。あるいは仕事中に用を足したのかもしれない。(あんな綺麗なドレスを着ていたのに、アナルがくさいなんて……) そんなふうに考えると、やけに昂奮する。 彼女はもっと舐めてほしいと言いたげに、包皮を脱いだ秘核がプルプルと震える。それは後回しにして、僕は後門の愛らしい蕾に尖らせた唇をつけた。
 
「ひッ」 彼女が息を吸い込むみたいな声をあげる。さらに舌先で放射状のシワをチロチロとくすぐれば、ぱっくりと割れた尻肉が慌てたようにすぼまった。「だ、駄目、そこは──」 キャンギャルは身を翻して逃れようとした。だが、僕が両腿をしっかりと抱え込んでいたから、抵抗のしようもなくアナル責めを受けることになる。「や──あああ、くすぐったいー」 舌先を誘い込むように、秘肛が幾度もすぼまる。だが、彼女が爪先を舐められたときも同じようなことを言って、おまんこをビショビショに濡らしたのだ。前に指で弄ったときも悩ましげな反応を見せたから、ここもきっと感じるに違いない。 キャンギャルの尻穴をしつこく舐め続けるうちに、咲きほころんだ淫華の狭間に、透明な粘り汁が溜まってきた。表面張力でなんとか持ちこたえているが、ちょっと道筋を作ってあげるだけでトロリと垂れ落ちるだろう。「や、だ──らめぇ」 キャンペーンガールのむっちりしたヒップが跳ね躍る。そのせいで溜まっていたラブジュースがこぼれた。会陰を伝い、俺の舌で彼女の尻穴に塗り込められる。「あ、や、イヤイヤ」 ヌメリに助けられた舌先が浅くもぐり込み、きれいなキャンギャルは括約筋を忙しく収縮させた。だが、それで動きを封じることはできず、入り口をクチュクチュとほじられてしまう。「ひっ、は──はひッ」
 
 濃厚なフ○ラを嬲られて、キャンペーンガールはかなりまいったらしい。すすり泣くように声を詰まらせ、懇願を口にした。「お願い、許して……も、変になっちゃいそうなのぉ」 清楚なキャンギャルは感じていないわけではないのだろうが、羞恥が大き過ぎてそれどころではない様子だ。さすがに可哀想になって、俺も舌を引っ込めてあげた。「はっ、は──はぁ」 清純なキャンペーンガールが息を切らしながら脚をのばす。まだ燻る感覚があるのか、下半身がピクッと何度か痙攣した。 と、キャンギャルが涙を流しているのに気づいて、僕はうろたえた。「あ、す、すいません」 さすがにやり過ぎたかと首を縮めると、美形のキャンペーンガールは涙目でキッと睨み、「こっちに来て!」 両手をこちらに差し出した。(ああ、完全に怒ってるよ) 何かされるのかとビクビクしつつ身を乗り出せば、いきなり下から抱きつかれる。バランスを崩し、俺は柔らかな肉体に身を重ねた。「足とかおしりとか、どうして汚くてくさいところばかり舐めるのよ。あんたってば、本当にヘンタイなの!?」 赤ん坊みたいにしがみついたキャンギャルに耳元でなじられ、俺はどう弁解すればいいのかわからなかった。仕方なく、「べつに汚いとも、くさいとも思いませんけど」 と答えた。 いや、ヤリマンのキャンペーンガールのアヌスホールを汚いとは感じなかったものの、くさかったのは確かにそうだ。だからこそ昂奮したのである。しかし、そこまで正直に答えると、それこそ変態扱いされるに違いない。今はとにかく初体験を遂げねばならないから黙っておく。「?ばっかり。くさいに決まってるじゃないの」 セフレのキャンギャルは端っから信じていないふうに憤慨した。
 
「だけどさやかさん、おれに足とかおしりの穴を舐められて、感じてたように見えましたけど」 僕が突っ込むと、キャンペーンガールは「そんなことないわよ!」と語気を荒らげた。「だってさやかさんのま○こ、すごく濡れてましたよ」「ばば、馬鹿」 うろたえたsexフレンドのキャンギャルは、それ以上何も言わせまいとしてか、いきなり唇を重ねてきた。(え──) 最初から舌をぬるりと差し入れる、濃厚なキス。強く吸われ、歯の裏まで舐め回されるに及んで、これがキャンギャルとの初めてのくちづけだと気づいた。(あんなことまでしてたのに……) キャンペーンガールとは出会い系サイトハッピーメールでもともと成り行きみたいに始まった関係で、普通の恋愛の手順など踏んでいない。また、そういう間柄でもない。だから、本来なら最初にあるステップをとばしていたのだ。(でも……キスって気持ちいいものだな) より関係が深まった気がした。 彼女の吐息と唾液からは、ほんのりとアルコールの成分が感じられる。味わうだけで酔ってしまいそう。けれど、自分もけっこう飲んだから、同じような風味をさせているはずだ。 ヤリマンのキャンペーンガールは嬉々として舌を戯れさせ、唾を掬い取る。
 
貪欲に喉を潤し、なおも吸いたてる。 いつしか俺もうっとりして、清楚なキャンギャルの深い舌入れキッスに応えていた。舌を絡め返し、ピチャピチャと舐めあう。くすぐったくも官能が高まった。「──ぷあ」 長い接吻が終わると、巨乳のキャンペーンガールは呼吸を止めていたみたいに大きく息をついた。それから、潤んだ瞳で訴える。「ね、しよ……脱いで」「はい」 僕は身を?がすと、最後の一枚を脱ぎおろした。ブリーフのゴムに引っかかり、勢いよく反り返ったちんちんが下腹を叩く。シンボルの猛りそのままに、最終局面を迎えて牡の昂りも上昇した。 その間にセフレのキャンギャルも上体を起こし、キャミソールを脱いだ。ブラもはずして全裸になる。「来て」 仰向けて両手を差しのべた美形のキャンギャルに、俺は再びかぶさった。 からだの下で、仰向けてもかたちを崩さない乳房がふるんと揺れる。肌の柔らかさと甘い香りにも胸がときめく。 握られた屹立が導かれ、先端が熱い潤みにめり込んだ。「すごく濡れてるから、ヌルッて入っちゃいそう」 キャンペーンガールがチンチンで恥割れをかき回す。
 
マン汁をなじませながら、切なげに息をはずませた。「あんたのせいなんだからね。あんなに舐めたりするから」 キャンペーンガールがほおを赤くして責任を転嫁するのを、僕は可愛いと思った。 初体験を目前にして、不思議と緊張することがなかったのは、安心して身を任せられる心境になっていたからだ。もしも相手が風俗嬢だったら、ただ気後れするばかりだったろう。やはり彼女にお願いして正解だったのだ。「挿れるの、ここだからね」「はい」 彼女の手が外される。亀頭は入り口をしっかり捉えていたから、迷うことはない。 俺はゆっくりと腰を沈めた。濡れて柔らかなところを、硬く強ばったものがぬむぬむと侵略する。快さと熱さが同時に広がり、自然と鼻息が荒くなった。「あ、あ、入ってくる」 20代のキャンペーンガールがからだを反らす。入り口付近がキュッとすぼまった。 もはやゆっくりと感触を愉しむ余裕はなかった。僕はより深い快さを求め、陽根を一気に侵入させた。「ほおおッ」 清楚なキャンギャルがのけ反って低い喘ぎをこぼす。彼女が言ったとおりにち○この根元までヌルリと入り込んだものは、全体をキツく締めつけられた。「ああ……」
 
 心地よさと感動が広がる。彼女の柔らかな女体にからだをあずけて、僕は初めて経験する歓喜に漂った。(これがsexなんだ) 男になれたという感激は不思議とない。ひたすら気持ちよかった。「ちゃんと入ってるの、わかる?」 迎え入れたキャンギャルが、胸を上下させながら問う。熱っぽさを増したかぐわしい吐息が、顔にふわりとかかった。「はい」「どんな感じ?」「……すごく気持ちいいです」 我ながら語彙が貧困だと思いつつ、他に相応しい言葉は見つからない。「なによ、童貞を捨てたかったんじゃないの?」 ただ快さを訴えるだけの僕に、細身のキャンギャルが不満げに眉をひそめる。一人前の男になれたことへの喜びが聞きたかったのかもしれない。「それはそうですけど……でも、彩香さんと結ばれたことのほうが、単純に嬉しいっていうか」「な、なに言ってるのよ!」 彼女がうろたえたふうに声を大きくしたものだから、俺は驚いた。(え、おれ、何か変なこと言ったっけ?) 快感にどっぷりとひたっていたせいで、うまく思い出せない。普通に感じたままを述べたはずなのだが。 キャンギャルはバツが悪そうに顔をしかめたものの、俺がぎこちなく腰を動かし出すと、「はああ」と喘いだ。
 
「あん、おっきい」 キャンギャルが悩ましげにつぶやき、身をくねらせる。そうするとまた内部が収縮し、細やかなツブツブが奥へと引き込むような動きを示す。(これが女性のマンコなんだ──) なんと居心地がよく、そして気持ちいいのだろう。無意識のうちに、腰の動きが大きくなる。「あ、あっ」 僕は声をあげた。くびれのあたりに快い締めつけを浴び、たちまち爆発しそうになったのだ。「なによ、もうイッちゃいそうなの?」 セフレのキャンペーンガールが訝しげに目を細めた。「だって、さやかさんの中がすごく気持ちいいから」 正直に打ち明けると、キャンペーンガールが恥じらうように顔をそむける。「いいわよ。出しなさい」 告げられたことに、俺は戸惑った。「いいんですか?」「いいも何も、出したいんでしょ?」「でも……スキンとか着けてないし」「初めてのクセに、そんなこと気にしなくてもいいの」 キャンギャルが両脚を俺の腰に絡みつけ、自らも腰を回しだした。「ほら、好きなように動いていいから」「あ、はい」 僕は本能に任せて、腰を突き動かした。(今日は安全日とか、そういうやつなんだな) そんなことを頭の片隅でチラッと考えてから、悦楽の行為にのめり込む。「う、ん……あ、はぁ」 抽送され、キャンギャルが小さく喘ぐ。マンションの部屋で愛撫を交わしたときには派手によがっていたが、今はそうでもない。(おれがヘタクソだから感じないんだろうか……) だが、溢れる声を圧し殺しているようにも見える。 放出を許可されたとは言え、そうそう簡単に昇りつめてはみっともない。俺は高まるものを必死で押し戻した。しかし、忍耐には自ずと限度がある。
 
 僕を酔わせたのは、チ○コが受ける快感ばかりではない。キャンギャルの生身の女体と抱き合っていることそのものが、たまらなく気持ちいいのだ。(これがセックスのよさなんだな) 最終的に射精に至っても、オ○ニーとは根本的に違うのだとわかる。(ああ、よすぎるよ、これ) チ○ポの付け根あたりが蕩ける快感にまみれる。腰の動きがいっそうぎくしゃくしてくる。目の奥に歓喜の火花が散り出した。(ああ、ああ、もう──) 射精欲求と反比例して、理性が役立たずになる。こすれ合うちん○んとおめこがぢゅ、ニチュッと粘つきをたてるのにも、頭の芯が痺れるようだった。「も、もう出ます」 とうとう我慢できなくなって観念すると、sexフレンドのキャンペーンガールが慈しむようにギュッと抱きしめてくれた。「いいわよ、いっぱいおま○こに中出ししなさい」 これまでになく優しい声に、涙がこぼれそうになる。同時に随喜の汁も一気に溢れ出し、俺はめくるめく悦びに包まれて腰を震わせた。
 
「ああ、ああ、ああ──」 馬鹿みたいに喘いで、多量のザ○メンをキャンペーンガールの膣奥にドクドクと注ぎ込む。「はううー」 ほとばしりを感じたのか、背中を浮かせた蛯原友里激似のキャンペーンガールが悩ましげに呻く。俺は手足のわななく快さに漂い、幸せを?み締めた。 射精の気怠さに全身をどっぷりとひたらせ、俺はキャンペーンガールに重なったままハァハァと深い呼吸を続けた。重いのではないかと気づかうこともできず、女体の柔らかさと肌のなめらかさにうっとりする。「たくさん出たみたいだけど、まだ元気なのね」 キャンペーンガールの声でようやく我に返る。キャンギャルに包まれたちんぽは、少しも強度を失くしていなかった。「まだできるの?」「ええ、たぶん」「まだしたい?」 俺は少し考えてから、「はい」と返事をした。「じゃ、一回抜いてよ。抜かずの二発でもいいんだけど、中がザ○メンでドロドロだと、あんたも気持ちよくないだろうし」 そうかもしれないと思い、僕は素直に腰を引いた。亀頭のくびれが狭まりからヌルッとはずれるとき、彼女が「あン」と艶っぽい声を洩らす。
 
「ティッシュとって」「あ、はい」 ヘッドボードにあったボックスから三組ほど抜き取って、キャンギャルに渡す。「やん、出てきた」 スリムなキャンペーンガールはそれを急いで股間にあてがい、ほうと息をついた。それから、俺のほうを見ないで言う。「けっこうよかったわよ」「え?」「あんたのチンチン」 キャンギャルは照れ臭そうに顔をしかめ、おまんこを薄紙で拭う。エッチのあとには普通に行われるであろう清めのしぐさが、やけにエロチックに感じられた。(おれ、紗香さんとしたんだ……) 後始末をするのを見て、ようやく実感する。 キャンペーンガールはベッドから身を乗り出し、丸めたティッシュを下にあったゴミ箱に捨てた。そのとき、彼女がこちらにヒップを向けたものだから、艶やかな丸みにドキッとさせられる。 熟れ尻の狭間には、腫れぼったくほころんだ女唇。そこにおち○ちんを挿れたのだと、行為を終えたあとでも信じられない気がした。「ねえ、ちょっとどいてよ」 言われてベッドからおりれば、彼女が上に掛かっていたものをばさっと?いだ。それでようやく、掛け蒲団の上で行為に及んでいたのだとわかった。
 
夢中だったから、そんなことを気にかける余裕がなかったのだ。「ここに寝て」 キャンペーンガールが水色のシーツをポンポンと叩く。続きをするのかと素直に寝転がれば、そそり立ったままのものを握られた。 生乾きのザ○メンやマン汁がこびりついた屹立に、少しひんやりした手指が心地よい。だが、sexフレンドのキャンギャルがいきなりその部分に顔を伏せたのに驚いた。「ちょ、ちょっと──」 呼びかけたのとほぼ同時に、亀頭が温かなところに含まれる。「あふッ」 先端でピチャッと舌鼓が打たれ、さらにアイスキャンディーのように舐め回される。俺は募る悦びに喘ぎつつも戸惑った。(そこ、汚れてるのに……) sexの後、ティッシュで拭ってもいないのだ。エッチの前にシャワーを浴びたわけでもなく、饐えた匂いを発しているのは想像に難くない。 だが、キャンペーンガールは少しも厭わず、嬉々としてフ○ラチオに興じた。 清純なキャンペーンガールは頭を上下させ、筋張った側面を唇でしごく。舌もねっとりと絡みつかされ、強く吸われる。射精後で感覚が研ぎ澄まされたオチ○チンが、根元から溶け落ちるのではないかと思った。「うあ、あ、ふはぁ」 息が荒ぶり、腹部がヒクヒクと波打つ。 丹念にしゃぶり回してから、スリムなキャンペーンガールが口をはずす。僕は即座に腰をよじって逃れた。「駄目ですよ、こんなの」「え、なにが?」 彼女がきょとんとする。
 
「そこ、汚れてるんだから、舐めなくてもいいです」 告げると、今度は《何を言ってるんだか》というふうにキャンギャルに顔をしかめられた。「あんただって、あたしの洗ってない足とかオマンコ、嬉しがって舐めてたじゃない」「いや、あれは──」「おまけに、おしりの穴に舌まで挿れたくせに!!」 なじられて、言葉に詰まる。たしかに先に舐めたのは僕だ。あるいは彼女は、恥ずかしい目に遭わされた仕返しをしているのだろうか。 キャンペーンガールは再びチンチンを奪い取ると、深く?み込んで吸い立てた。音が立つほどに舌を躍らせ、指の輪で胴の半ばから根元までをしごく。「うああ」 一度達したあとにもかかわらず、エクスタシーへの熱望がふくれあがる。キャンギャルに陰のうも撫でられて、尿道を熱い予兆が伝った。(ま、まずいよ) このままでは遠からずほとばしらせてしまう。だったら深いところで結ばれたいと、俺は思いの丈を訴えた。「おれ、もう一度彩香さんとしたいです!」 ヤリマンのキャンギャルの動きが止まる。ゆっくりと顔を上げ、赤みを帯びた猛りを解放した。彼女のほおも、情欲で火が点いたように火照っている。「じゃ、今度はあたしが上になるね」 ひとりで決めて、俺の腰を跨ぐ。キャンペーンガールはちん○んの真上に腰を落とし、唾液と先走りにまみれた亀頭でオマ○コをかき回した。「あン」 sexフレンドのキャンペーンガールのオマ○コから、ピチャくちゅと粘つきがこぼれる。一度丹念に拭ったはずだが、またしとどに濡らしているようだ。身につまされる熱さも伝わってくる。「挿れるよ」 口早に告げた20代のキャンギャルが、男の股間に坐り込む。 ぬむむむむッ──。 柔ヒダを押し広げながら、屹立が女芯に侵入した。「あああっ」 まろやかなヒップが腿の付け根に重みをかけたのと同時に、美形のキャンペーンガールがのけ反って喘いだ。受け入れた牡を狭道で締めつけ、ピンとのばした上体をヒクヒクと痙攣させる。(くっ、気持ちいい) 僕も女体に埋もれた分身を脈打たせた。
 
 今度はさっきよりも内部の感触を味わうゆとりがある。キャンペーンガールの膣は、奥に入るほどヒダの佇まいが際立っていた。ちょうど敏感なくびれのあたりが狭まっており、さっきはここでこすられたから、早々に洩らしたのだとわかった。「う、動くわよ」 彼女が腰を上げ下げし始める。最初はやり方のおさらいをするようにゆっくりした動作だったが、次第にリズミカルになった。「ん……ふっ、はん」 巨乳のキャンギャルは息をはずませ、たわわな臀部をぱつぱつとぶつける。乳房も縁日のヨーヨー風船みたいにはずんだ。「うああ、あ」 目の眩む歓喜に、僕の喉から喘ぎが溢れた。締めつけが正常位のときより著しい。体勢が体勢だから、膣に力を入れやすいのだろうか。まさに絞るように、キャンギャルのオマ○コがち○こをしごきあげるのだ。(くそ、一方的にやられてばかりじゃ──) 僕は反撃を試みた。ベッドのスプリングを利用して、真下から女体を突き上げる。 ぱちゅ、ずちゃ……ぱちゅんッ。 股間のぶつかり合いが、淫らなサウンドを奏でる。
 
「はう、うう、あふン」 キャンペーンガールのよがりも大きくなった。 肌に汗を滲ませての、キャンペーンガールと俺の睦み合い。全身に行き渡ったセックスの快さに息を荒らげながら、俺は自分がほんのちょっと前まで童貞だったことが、嘘みたいな気がした。(ああ、おれ、彩香さんとセックスしてるんだ) しかも、自分からちんこを勢いよく出し挿れしている。以前だったら、女性相手にここまで積極的に出るなんて、とても叶わなかっただろう。やはり男として一皮むけたから可能になったのだ。そのとき、はしたなく腰を振っていたスレンダーなキャンペーンガールが、大きく息をついて坐り込んだ。「疲れちゃった」 胸を上下させるのに合わせて、脈打つち○ちんを緩やかに締めつける。激しいエッチも気持ちいいが、こういう穏やかな結びつきも悪くない。(ああ、いい感じ) 俺も手足をのばして呼吸をととのえた。「ね、やりはじめだから、もっといろいろ試してみたいんじゃない?」 スタイル抜群のキャンペーンガールの問いかけの意味をすぐには理解できず、俺は「え?」と訊き返した。
 
「正常位と騎乗位はしたから、次はバックでやってみる?」 ようやく意図するところを?み、「はい」とうなずく。このまま騎乗位を続けてもらってもよかったが、せっかくのお誘いだ。今後のためにも、あれこれ経験しておくのは悪くない。「じゃ──」 彼女が腰を重たげに持ち上げる。秘毛の真下から、白っぽいヌメリがこびりついたち○こが現れた。突端と恥唇のあいだに、一瞬だけか細い糸がかがったものの、すぐに切れる。「いいよ、挿れて」 すぐ脇に肘と膝をついた彼女が、ケモノのポーズで尻を振る。淫らな誘いに?を熱くして、俺はキャンギャルの真後ろに膝立ちで進んだ。 細いウエストとの対比で、いっそうむっちりしたボリュームを際立たせる極上の尻。逆ハート形に切れ込んだところに見える巨乳のキャンギャルのアヌスホールにも、あやしいときめきを覚える。その真下には、咲きほころんだ濃い色合いのオ○ンコ。 侵入すべきところが見えているから、迷うことはない。僕は反り返ったチンチンを前に傾けると、先をおまんこにもぐらせた。「あん」 巨乳のキャンギャルが待ちきれないふうに肉尻を震わせる。なめらかな肌にぷるんと波が立ち、秘肛も物欲しげにすぼまる。「挿れます」 俺は逸る心のままに、硬直を押し込んだ。
 
 ぬぬぬ──。 キャンギャルのオマンコに、俺のチンポが入り込む。「ほおお」 下腹と臀部が密着したところで、セックスフレンドのキャンギャルが白い背中を弓なりにした。同時に、尻の谷と膣口がキュウッとすぼまる。(うわ、すごい) チン○ンが吸いこまれる心地がする。内部の蠢きが著しくなったようだ。さっきまでの体位とは侵入する角度が異なるから、そんなふうに感じるのだろうか。「ああ、深いの、これぇ」 清純なキャンギャルがハッハッと息をはずませる。案外この体位がお気に入りなのかもしれない。巨乳のキャンギャルの下半身がなまめかしく左右に揺すられ、色気たっぷりの眺めにも昂奮させられる。 僕はたわわなヒップを両手で支えると、剛直を力強く抜き挿しした。最初はゆっくりと。徐々にスピードをあげる。「んん、う、あ、はああ」 キャンペーンガールの喘ぎがせわしなくなる。髪を乱し、女膣で牡の強ばりをきゅむきゅむと締めつける。「ああ、チンチンが奥に当たるのぉ」 淫らなよがりが室内に反響した。
 
 スタイル抜群のキャンギャルからたち昇る甘ったるい体臭に、セックスの蒸れたすっぱみが混じる。悩ましいフェロモンに、頭が痺れてくる。(これでおれは、一人前の男になれたんだ!) 激しいピストンで女体を責め苛みながら、俺はこの上ない充実感に酔いしれた。翌日、俺は爽快な朝を迎えた。過去をすべて脱ぎ捨てて、まさに新しく生まれ変わった気分だった。 世の中のすべてが自分のためにあると、傲慢な思いにも囚われた。それだけ有頂天になっていたのだ。 昨夜は、ビッチなキャンギャルを相手に三度膣内射精中だしした。 バックスタイルで子宮口にほとばしらせたあと、ふたりでシャワーを浴びた。それで終わりにするつもりであったが、キャンギャルにチ○ポを洗ってもらううちにまたムラムラして、ベッドに戻って三回戦セックスに挑んだ。最後は正常位で、唇も交わしながら蕩けるような快感に包まれて巨乳のキャンギャルのおまんこに精子を膣内射精中出しした。そのときには、キャンギャルも軽いアクメに達したようである。(さやかさんを感じさせることもできたし、初めてにしては出来過ぎじゃないだろうか) ここまで充実した初体験ができる男など、そういないはず。自分はなんて幸せなのだろう。巨乳のキャンギャルにはどれだけ感謝してもし足りない。
 
出会い系サイトハッピーメールでのセフレのキャンペーンガールとのオフパコセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓

















































 
なおハッピーメール(happymail)を利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないとすぐエッチさせてくれる美しい女性と出会ってsexフレンドにしてオフパコセックスできませんので、ハピメに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハピメのような出会系アプリで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで詳しく説明していますのでご覧ください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハピメは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【PCMAXやれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【PCMAXセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【PCMAXヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【PCMAX体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【PCMAXハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【PCMAXヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【PCMAXやれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【PCMAXセフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.