deaikeitaiken_novel

【PCMAXハメ撮り】ヤリマンキャビンアテンダントと中出しsex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
自分はせっせと出会系コミュニティで可愛い女と即会いして、オフパコセックスにいそしんでいます(^_^)
 
さて、今回は即出会いできる評判の良い出会系コミュのPCマックスで出会ったビッチなキャビンアテンダントと東京都台東区で会ってsexフレンドにして今すぐ即ハメセックスをしてきたのですが、ハメ撮り写メがたくさん取れましたので報告します。
 
※この記事にはアダルトなsexのハメ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会い系マッチングサイトのピーシーマックスで出会った女の子はスチュワーデスで、名前はみつきちゃんといい、顔は広瀬アリス似のとても美人でした(^^)
 
スチュワーデスとは、出会い系SNSのPCMAXで知り合ってラインでやり取りした後、浅草駅近辺のおしゃれなフレンチレストランに食事に行った後ホテルOKとのことだったのでいつものようにラブホテルに行ってただまんセックスをしました。
 
僕とキャビンアテンダントが東京都台東区の浅草駅近くのラブホテルの部屋に入った。
僕と客室乗務員は背中を向けてベッドの端っこに腰をおろし、着ているものを一枚一枚取り去った。新婚夫婦みたいに、お互いをチラチラ意識しながら。「服を脱ぐことがこんなに恥ずかしいって、初めて知った気がするわ」 スチュワーデスが言う。たしかに動作ものろのろしているようだ。 先に僕が素っ裸になった。キャビンアテンダントはまだブラとパンティを着けていて、背中から抱きしめる。「キャッ」 小さな悲鳴が上がったものの、スチュワーデスは肩をすぼめただけで抵抗はしない。(いい匂い……) シャンプーの香りと、肌のミルク臭が溶け合っている。客室乗務員は汗ばんだのか、首すじ付近には甘酸っぱい匂いをくゆらせていた。 悟られないように鼻を蠢かせ、愛しいひとのフェロモンを嗅ぎまくる。ブラのカップ越しにキャビンアテンダントのオッパイを揉むと、「やん」となじる声があがり、上半身がくねった。だが、ブラのホックを外してあげると、おとなしくされるままになっていた。「シャワーを浴びたほうがいいかしら……」 彼女がつぶやく。俺は聞こえなかったフリをした。そんなことをしたら、せっかくのいい匂いが消えてしまうではないか。 ブラを肩からはずし、パンティ一枚になった客室乗務員をベッドに引き倒す。あらわになった胸を両腕で庇う客室乗務員は、耳まで赤い。表情が強ばっているのは、いよいよ結ばれることへの緊張からだろう。
 
 俺は真上からかぶさり、身を重ねた。キャビンアテンダントはすぐに腕をほどき、しがみついてくる。胸元で胸が柔らかくひしゃげた。(ああ、充希ちゃんのおっぱいが──) キスをしながら手をふたりのあいだに差し入れ、手に余りそうな乳肉を揉む。CAの予想した以上のぷにぷに感に心が躍る。「──ン、はあん」 指の股に乳首が引っかかると、キャビンアテンダントが唇をはずして喘いだ。突起は早くもしこっており、掌で転がすと「あン」と甲高い声があがった。(おっぱいがけっこう感じやすいんだな) CAがおしりを集中的に愛撫されて泣いたのは、お乳のほうもかまってほしいという気持ちがあったせいかもしれない。 僕は少しずつからだを下にずらした。見えなかった彼女の乳房の盛り上がりが視界に入り、間もなくミルクティーピンクの乳頭が目に入った。「やん」 スチュワーデスがすぐさま隠そうとしたのを許さず、小指の先ほどの愛らしい突起に吸いつく。 チュパッ。 軽い舌鼓を打っただけで、セフレのキャビンアテンダントの上体が反り返った。「はぅン」 艶っぽい喘ぎも聞こえる。 舌でクリクリとはじかれる乳首は、ミルクの味わいだった。もちろん母乳など出ないのであるが、彼女の胸の谷間からたち昇る肌のかぐわしさも、牛乳を温めた匂いに似ていた。 乳くさいというものとは違う。そういう子供っぽいイメージの乳酪臭ではない。いっそ母親のような甘い香りであった。(二歳しか年が違わないのに……) 女性というのは、存在そのものが母性なのだろうか。 味わいにも惹かれて夢中で吸い転がしていると、スチュワーデスの喘ぎはいっそう甲高くなった。「ああ、ああ、ア──あふッ、ン、ふううう」 少しもじっとしていられないらしく、下半身を左右にくねらせる。汗の甘酸っぱさが強くなったのは、それだけキャビンアテンダントの肉体が火照っているからだろう。手に触れる乳肌も、しっとりして吸いつくようだ。 そして、反対側の乳首にも口をつけると、よがりがさらに大きくなった。「ああああ、あ、やぁん、気持ちいい」 チュッ、ちゅぱッ、ピチャピチャ──。
 
 彼女の淫らな嬌声に煽られて、ねぶり方もねちっこくなる。(おしりでもあんなに濡れたんだし、この様子だともうかなり──) 怖いほどの期待がこみ上げる。恐る恐る手をキュートなスチュワーデスのパンティのほうにのばせば、股間に喰い込むクロッチは案の定、お湯でもこぼしたみたいに湿っていた。「ひゃふぅううっ!」 指をちょっと蠢かせるだけで、キャビンアテンダントがガクガクと身を揺する。そこはすっかり発情モードに入っているようだ。「だ……め──感じすぎちゃうぅ」 イヤイヤをしながらも、sexフレンドのキャビンアテンダントの腕は僕の頭をかき抱く。もっと吸ってというふうに放さない。 細身のCAのたわわなバストに顔をめり込ませ、窒息しそうな甘美にうっとりしながら、俺は舌を遊ばせた。チュッチュッとついばむように吸ったり、スリムなキャビンアテンダントの突き勃った乳首の側面を舌先でなぞったりと、思いつくままの愛撫を施す。「ああ、ああ、はああ」 普段の天真爛漫さが?のように、ぺちゃぱいの客室乗務員が淫らがましくよがる。艶肌はますます汗で湿り、僕の肌に吸いつく。 脱いだときからすでにそそり立っていたチンチンは、キャビンアテンダントの太腿に押しつけられていた。ムチムチした柔肉の快さを味わい、多量に滲ませた透明な汁でしっとりした肌を濡らす。
 
(ああ、早く美月さんの中に挿れたい) 切望に苛まれつつも、スチュワーデスは頭をしっかり抱えたままだ。やむなく腰を動かし、先走りを用いて亀頭をヌルヌルとこすりつける。(うう、気持ちいい) ぺちゃぱいのキャビンアテンダントの太腿の肉感がこれほどまでに心地よいということを、俺は初めて知った。夢中になって、セックスさながらの前後運動を続ける。もちろん客室乗務員の乳首を含み、秘部も下着越しにいじりながらだ。ドラマーもかくやというほどに、全身を使って女体を打ち鳴らしていく。「う、あ──い、いく……」 ふいにスチュワーデスが呻きをこぼし、全身を強ばらせた。乳首舐めと秘芯いじりだけで達したのだ。「う、うッ、う──あああっ!」 太腿をきつく閉じて手を挟み込み、ひときわ大きな声をあげる。悦楽の高みに昇った彼女は、全身をヒクヒクと波打たせた。(おれ、美月さんをイカせたんだ) 感激で頭がボーッとなる。その間も習い性のごとく擬似ピストンを続けており、自分がどこまで高まっているのか、少しも自覚していなかった。(あ、まずい──) 悟ったときにはすでに遅く、後戻りができなかった。「あああ、出る」 僕は情けない声をあげて、腰をギクギクと揺する。めくるめく快美に理性を役立たずにされ、僕はねっとりと濃いセーシをキャビンアテンダントの太腿に放った。「ああ、ああ……」 
 
出ているあいだも腰の動きを止めることができず、随喜の波にまかれて身悶える。 彼女の甘酸っぱい体臭に、精子の青臭さが混じる。ハァハァと胸を大きく上下させるヤリモクのスチュワーデスに、俺はぐったりと身を重ねた。射精を遂げて縮こまったちんこを、仰向けた俺の横にぺたりと坐り込んだ貧乳のキャビンアテンダントが、興味深げに見つめる。さんざん愛撫されて裸身を晒すことにも慣れたか、たわわなおっぱいを隠そうとしない。「へえ……こんなに可愛いちんちんが、あんなに逞しくなるんですね」 いくら萎えていても、オ○ンチンなど到底可愛いとは思えない。おそらく勃起したときとの比較で、そう思えるだけなのだろう。「チン○ン、また大きくなりますよね?」 CAは軟らかなチ○ポを指でつまみ、軽くしごきながら彼女が訊ねる。「う、うん」 俺は荒ぶる呼吸を押しのけて、どうにか返事をした。精液放出時の爆発的な快感が、まだ体内で燻っていた。「どうすれば大きくなりますか?」 早く復活してほしいという顔つきで、彼女は手を動かし続けた。今日こそは結ばれたいという強い思いがあるからだろう。「興奮すれば大きくなるけど……」
 
 だが、射精時の快感がかなり大きかったためか、僕のチンチンはまさにぐったりという様相を呈している。生半可な興奮では勃起は望めないかもしれない。実際、スタイル抜群の客室乗務員の柔らかな指が施す愛撫にも、まったく反応しないのだから。「興奮──」 ビッチなキャビンアテンダントはちょっと考えてから、僕に向き直った。「ゆうきさんは、やっぱりおしりがいいんですか?」「え?」「だって昨日、あんなに──」 尻への執拗な愛撫を思い出したのか、スタイル抜群のキャビンアテンダントの?がほんのり染まる。「ま、まあ、そうかも……いや、みつきちゃんはおっぱいも素敵ですけど、おしりはそれに輪をかけて素晴らしいというか」「つまり、ゆうきさんはわたしのおしりのほうが好きっていうことですよね?」「まあ、そう……いうことに、なるのかな?」「さっきも気持ちよかったですけど、昨日ゆうきさんがおしりにあれこれしたときのほうが、もっとしつこい感じでしたし」 軽く睨まれて、僕は首を縮めた。 彼女は小さくため息をつくと、ちんちんから指をはずした。それからパンティに手をかけ、腰を浮かせてするすると脱ぎおろす。
 
 いよいよ全裸になった貧乳のCAに、俺は目を見開いた。股間の繁みと、尻を浮かせたときにチラッと見えたま○こに、心臓がバクバクと高鳴る。「はい、おしりです」 恥ずかしそうに告げて、ヤリモクのキャビンアテンダントが背中を向ける。膝立ちで、ヒップをわずかに突き出すポーズをとった。「ああ……」 何も覆うものがない、まろやかな素のおしり。たわわに実った果実という趣に、感動と欲望がうなぎ登りにこみ上げる。(なんて素敵なおしりだろう) キャビンアテンダントのお尻はかたちの良さが際立っている。 ふっくらした丸みは、どんなコンパスでも描けまい。あまりに完璧で美麗な曲線だ。 だが、ただ見ているだけでは物足りない。キャビンアテンダントの尻穴に触れたいし、舐めたいし、もっと密着したい。「あの……顔に乗ってくれませんか?」 僕がそんなことをお願いできたのは、ひとえに尻を求める強い心があったからこそだ。
 
「え!?」 ふり返ったキャビンアテンダントが首をかしげる。「顔にって?」「おれの顔を跨いで、おしりを乗っけてほしいんです」 これには、赤くなりかけていたCAの顔が、たちまち真っ赤になった。「そ、そんなことできません!」「お願いします。そうしないと、おれのは大きくならないんです」 もちろんそれは?で、スチュワーデスの美麗なヒップを目にするなり、おちんちんは血液を集め出していたのだ。 だが、僕はそれ以上の膨張を必死で抑えた。とにかく広瀬アリス似のスチュワーデスに顔面騎乗をしてもらいたい一心で。それが叶うのなら、悪魔に魂を売っても惜しくなかった。「大きくならないと、おれ、男としての自信を失うと思います。そのせいでインポになるかもしれません」 悲しげに顔を歪めての脅し文句。ひとを疑うことを知らないのか、彼女はすっかり真に受けたようだ。「そうなんですか……?」「お願いします、このとおりです」 両手を合わせて頼み込むと、スチュワーデスは力なくため息をついた。逡巡の素振りを見せつつも、「わかりました……」 渋々了承してくれる。(ああ、もう、死んでもいい) いや、実際に尻と密着するまでは死ねない。ぺちゃぱいのキャビンアテンダントがためらいがちに腰を浮かせ、胸の辺りを膝立ちで跨いでくるのを、俺は空でも飛びそうに心を浮き立たせながら見守った。
 
 客室乗務員が脚を開いたことで、たっぷりした尻肉が左右に分かれる。谷底にちんまりと愛らしいアヌスが見えた。「あん、これ、すっごく恥ずかしい」 CAが泣きべそ声で嘆く。「お願いします、早く──」 そうしないと、我慢できずにお○んちんが勃起してしまう。 切羽詰まった訴えの真意など、CAはまったくわからなかっただろう。とにかく急がなければという気にさせられたらしい。「もう……どうなっても知りませんからね」 責める言葉を口にして、その言葉どおりに勢いよく尻を落としてくる。 その一瞬、僕は既視感を覚えた。前にもこういうことがあったと、やけにはっきりした感覚に襲われる。 見事なヒップが、グラビアか何かで見たものと似ていたのだろうか。それとも、尻というのは男にとって魂の故郷だからなのか。 答えが出る前に、彼女の柔らかな肉塊に頭を潰される。「むううぅぅ」 キャビンアテンダントのむっちりヒップが顔面を犯したとき、濃厚な恥臭が鼻腔をいっぱいにした。
 
肌の匂いと同じ乳酪系ながら、濃さと生臭さが際立つ。日向にほったらかして発酵しきったヨーグルトという感じだ。ほのかにオシッコのアンモニア臭も感じられる。(これがミツキさんの──) 洗っていない、正直すぎる匂いだ。窒息感による苦しさが三割、あとの七割は悦びの呻きをあげ、僕は腰をガクガクと上下に揺すった。いよいよ忍耐も限度を超え、多量の血流がオチ○チンに殺到する。「あ、すごい──」 奇麗な客室乗務員の臀部がキュッと強ばった。瞬時に勃起したチ○ポに驚いたらしい。「本当だわ……すぐに大きくなっちゃった」 男の顔を敷いていることも忘れたか、悩ましげに腰をくねらせる。それにより、俺の顔とキャビンアテンダントの尻は、ほとんど一体となった。(ここは天国か!?) そう思わずにいられない美感触。CAのすべすべの肌にぷりぷりのお肉、ムンムンと蒸れた恥臭が渾然一体となり、官能の極みという状態を作り出していた。「あ──ゆうきさん、わたしの……くさくないですか!?」 洗っていないことをようやく思い出したか、彼女が焦って尻を浮かそうとする。そうはさせじと、俺は両手で細腰を?んで引っ張った。「イヤぁッ!」 悲鳴を上げたCAが、いっそう重みをかけて坐り込んでくる。
 
「ふむむぅぅぅうう」 俺はフガフガと鼻を鳴らし、口許に押しつけられたCAのオマンコを舐め回した。「いや、あ──駄目ぇ」 舌の攻撃を浴びた客室乗務員のま○こがいやらしく収縮する。狭間には温かく粘っこい分泌液が溜まっており、俺はそれをぢゅぢゅぢゅッとすすった。「いやいや、あ、はああああ」 忌避の言葉に歓喜の色が混じる。はしたない格好でクンニをされ、彼女は悦びに身を震わせた。たわわな尻肉を何度もすぼめ、男の鼻先に当たるアヌスも収縮させる。 そこからほのかな異臭がしたものだから、俺は激しく興奮した。これで愛しいひとのすべてを知ったという気にもなる。告白すら満足にできなかったのが?のように、キャビンアテンダントのすべてをしゃぶり尽くすべく舌を躍らせた。「あひッ、ア──はふぅうう」 喘いだキャビンアテンダントがオチンチンをギュッとつかむ。それこそ藁にも縋りたいというふうに。限界以上に硬くなったものをしごかれて、俺も舞い上がった。(ああ、もう、どうにかなっちゃいそうだ) 与える快感がそのまま与えられるという錯覚に陥る。このままではセフレのキャビンアテンダントと結ばれる前に果ててしまうかもしれない。(いや、それもいいか……) 悦楽に蕩ける脳が理性を追いやろうとしたところで、「も、もう許して」 泣きべそ声が聞こえてハッとする。昨夜泣かせてしまったことを思い出し、スリムなスチュワーデスを抱え込んでいた手の力が弛んだ。 その隙を逃さず、スタイル抜群の客室乗務員は素早く僕の上から逃れた。
 
「も、もう──あんまり変なことしないでください!」 涙目で憤慨する貧乳のCAは、昨日のように悲嘆に暮れてはいなかった。むしろほおを火照らせ、感じていたふうにハァハァと息を荒らげている。「あ、ごめん」 素直に謝ると、彼女はそれ以上咎めることをしなかった。恥ずかしいけれど気持ちよかったという雰囲気も見て取れる。これなら次も同じ体位を許してくれるかもしれない。(そうだよな。おれたちの関係は始まったばかりなんだから) 急ぐことはないのだと、心の中でうなずく。「ね、大きくなったんだから、早く」 キャビンアテンダントに手を引かれて、僕は身を起こした。代わりに客室乗務員がころりと仰向けになる。「来て──」 両手を前に出し、おねだりするように求めてくる。僕は胸を高鳴らせつつ、CAの柔らかな女体に重なった。 たまらなくなっているらしく、スチュワーデスは勃起を手に取って導いた。亀頭がめり込んだお○んこは、びっくりするぐらい熱く潤っている。
 
「ミツキちゃんの、すごく濡れてますよ」「ゆうきさんがあんなエッチなことをするからです」 スチュワーデスはむくれ顔で、手にした強ばりで秘割れをかき回した。ピチャッと淫らな粘つきがたつ。「ね、これ、挿れてください」 おねだりしてチ○チンから手をはずし、奇麗な客室乗務員は両腕でしがみついてきた。「わかりました」 僕はちん○んに漲りを送り込むと、ゆっくり腰を沈ませた。「あ、あっ、ああッ、入ってくる」 亀頭のエラが狭まりをぬるんと乗り越えたところで、セフレのCAが白い喉を見せてのけ反った。「ン──はああ」 それまで呼吸を止めていたかのように、大きく息をつく。(うわ、熱い) 内部はトロトロで、煮詰めたかのよう。もはや悠長に進んでなどいられず、僕は一気に押し入った。「ううッ」「はああああっ」 呻きと喘ぎが交錯し、根元までがおま○こに埋まる。
 
(入った──) とうとう20代のキャビンアテンダントとひとつになれたのだ。嬉しくて涙がこぼれそうになった。「ゆうきさん……」 彼女も感慨深げに呼びかけ、キュッと抱きついてくる。僕は彼女の唇を奪い、舌を深く絡ませた。上も下も、密接につながりたかったのだ。そうしてくちづけたまま、腰を突き動かす。「ん……むふぅ」 唇を塞がれたセックスフレンドのキャビンアテンダントが、切なげな鼻息をこぼす。俺も蒸気機関車のようにフンフンと息をはずませながら、リズミカルなブロウを繰り出した。(ああ、なんて気持ちがいいんだ) 「ああ、ゆうきさん」 彼女が目尻から涙をこぼし、女芯を穿たれるたびに身をよじる。「あっ、あッ」と艶っぽいよがりが唇から溢れた。「すごく気持ちいいです、みつきさんの中」「わたしも、ゆうきさんの……ああ、感じる」 オマンコとちんちんがこすれ合うところから、ぢゅッ、ニチャッと卑猥な音がたつ。それが悦びを増幅させ、ふたりの体温を上げる。「ああ、おれ、もうイッちゃいそうです」
 
「い、いいわ……あああっ、あ、わたしも──」「このまま出していいんですか?」「うん、うん」 俺にしがみついたかわゆいCAが、裸身をブルブルと震わせる。いよいよ終末が迫ってきたらしい。「ちょうだい……欲しいの。と、ゆうきさんのザ○メンが」 ヤリマンのスチュワーデスの淫らな言葉づかいに、俺は頭に血が昇るのを覚えた。次の瞬間には、歓喜の痺れが下半身を襲う。「ああ、充希さん、イクよ」「ゆうきさん、あああ、ほ、欲しい」「大好きだよ、美月さん」「わたしも、あ、好きぃ」「ううう、出る」 腰がエンストしたみたいにガクンガクンと暴れる。ちんぽが抜けそうになるのをどうにか堪え、チンチンをおま○この最奥に突き入れたところで理性が決壊した。 びゅるんッ! 勢いよく飛び出したザーメンが、子宮口を叩く。「うううっ」 さらに二陣三陣が膣奥に攻め入る。「あ、ああ……あったかい」 キャビンアテンダントは俺のザ○メンを浴び、CAが四肢をヒクヒクと痙攣させた。(最高だ──) 意識を失いそうなほどの悦びに包まれ、俺は心地よい締めつけの中に、キャビンアテンダントのまんこの中に最後の一滴の精液をトクンと溢れさせた。
 
出会い系サイトPCMAXでの貧乳のCAとのオフパコエッチのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓
















































 
なおPCマックスを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと即sexできるかわいらしい女と出会ってセフレにしてオフパコセックスできませんので、PCMAXに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ピーシーマックスのような出会系マッチングサイトで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで分かりやすく説明していますので参考にしてください。
 
⇒出会い系サイトPCMAXの詳細はこちら
 
※PCマックスは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.