deaikeitaiken_novel

【ハッピーメール体験談】処女のロリメイド喫茶店員と凌辱中出しセックス

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
自分は相も変わらず出逢い系SNSで色っぽい女漁りをして、ただまんセックスに励んでいます(^▽^)
 
さて、今回は即日即ハメできる人気のであいけいSNSのハッピーメールで出会った少し前まで女子高生のメイド喫茶店員と東京都青梅市で会ってセックスフレンドにして今すぐただまんセックスをしてきたのですが、ハメどり写メがいっぱい撮れましたのでリポートします。
 
※この記事にはアダルトなセックスのはめどり写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会い系マッチングサイトのハッピーメールで出会った女の子はメイド喫茶店員で、名前は愛実ちゃんといい、顔は能年玲奈似の物凄く美人でした(o^∇^o)
 
セフレのメイド喫茶店員とは、出逢い系コミュのハッピーメール(happymail)で知り合ってLINEでやり取りした後、青梅駅近くのおしゃれなフレンチレストランに食事に行っていい雰囲気なったのでいつも通りラブホテルに行ってハメどりセックスをしました。
 
俺とセフレのメイドカフェ店員が東京都青梅市の青梅駅近辺のラブホテルの部屋に入った。「ん、んん・・・」 目を覚ますと清純なメイド喫茶店員は豪勢なダブルベッドの上に一人でいた。先ほど身につけた卑猥な水着姿のままだった。「ここは・・・?」 まだ意識が混濁する。それでも可能な限り状況を把握しようと辺りを見回した。 そのとき細身のメイドカフェ店員はギョッとした。横にはガラス張りの浴室が見えたからだ。「まさかここラブホじゃ・・・」 彼女の顔が青ざめ、背筋に寒いものを感じた。 まずい、一刻も早く逃げなければ、そう思いベッド脇のドアに手をかける。しかし鍵が掛かっていて開かない。 閉じ込められている、セフレのメイドカフェ店員は今、得体の知れない危機に直面していることを悟った。「くそっ・・・一体どうなってるのよ・・・」 そもそもなぜ意識を失ってしまったのか。それもほんの一瞬のうちに。メイドカフェ店員は考えていた。
 
「よーし、いい子だ」 俺がメイド喫茶店員の目の前に立つといきなり唇を奪った。「んっ! んん・・・」 突然の出来事に思わずメイド喫茶店員は目を丸くし、身を硬くする。 俺はそんなことを意にも介さず、舌を絡め始める。 彼女にとってすれば歯を食いしばって拒否したいところだ。 ただただ俺に口内を貪られるしかなかった。 僕が口を離す。だらりと唾液の糸が引き、床に落ちていった。「たっぷり可愛がってやるぜ・・・」 僕はそう言うとメイドカフェ店員の背後に立った。 そして水着に包まれたメイドカフェ店員の巨乳のおっぱいをぐにっと掴む。「ひっ・・・!」 僕の野太い指が乳房に食い込んでいく。 薄く緩い生地で出来ているこの水着は、メイドカフェ店員のオッパイの形をくっきりと露わにしていた。 当然俺にとってすれば18歳のメイドカフェ店員のバストの感触をそのまま手に感じているようなものだった。「マジででけぇ乳だなぁ、きれいなメイド喫茶店員・・・観客もこんな乳見せつけられたら帰ってセンズリこくに決まってらぁな・・・」 僕はメイド喫茶店員の耳元で囁きながらぐにぐにとおっぱいを揉みしだく。荒い鼻息が頬をかすめて彼女は気色悪さを感じずにはいられなかった。 そのうえ目の前の浴室のガラスにはメイドカフェ店員と僕の痴態がくっきりと映し出されている。ちょっと前まで女子高生のメイド喫茶店員は直視できずに思わず瞳を閉じてしまった。
 
「おい、この乳房は何カップあるんだ?」「・・・Eカップです」「でけぇ! でけぇぞぉ愛実ちゃん! 性奴隷にはもってこいのエロ乳だ!」 俺がますます興奮し、バストを揉み込む手にも力が入る。「ロリには似つかわしくない巨乳、引き締まり鍛えられた肉体。最高にそそるぜ・・・」 オッパイに置かれていた手がうっすらとバージンのメイド喫茶店員の腹筋へと移る。そして今度は筋肉と肉感を兼ね備え張りつめた太腿へと移っていく。「ん・・・ああ・・・」 さわさわと撫でるように全身をまさぐられ、メイド喫茶店員も思わず身をよじらせてしまう。 そのうえ俺はメイドカフェ店員の耳を舌で舐め回し始めた。「ひっ・・・あぁ・・・」 ぐちゅっ、ぐちゅっ、耳元で響く唾液音は脳にまで届き、否が応でも淫らな気分にさせられる。 俺にそんな風にさせられてしまうのは不快でしかなかったが、反応してしまう自分が情けなかった。 僕の手がスレンダーなメイドカフェ店員の股間へと伸びていき、水着の上から縦筋をなぞり始めた。「んっ・・・はぁ・・・んん・・・」「いいぜ・・・だいぶ色っぽくなってきたじゃねぇか」 メイド喫茶店員にとってこの上なく屈辱的だった。 だが敏感な箇所にカリカリと爪を立てられると、水着のさらさらとした質感も相まってどうしても感じてしまう。(くっ・・・こんな男に・・・感じちゃダメなのに・・・) 瞳を閉じ、口を一文字に結んで耐える彼女を見て、俺も加虐心に火がついたようだった。 この女がひぃひぃとよがり狂う姿を見たくなったのだろう、ついにその手はブラの中へ、パンツの中へと滑り込んでいった。「ひっ! ああっ・・・だめっ・・・」
 
 直接オッパイを揉み込まれ、同時に媚肉をくちゅくちゅと弄られる。 今ままでギリギリのところで耐えていたメイドカフェ店員だったが、決壊のときを迎えようとしていた。脳がピンク色に染められていく。「柔けぇデカパイだぜ・・・めぐみちゃん・・・。そのうえパイパンってのが興奮するじゃねぇか」 僕が指を動かしながら彼女を煽り立てる。 競技の都合上恥毛は剃るのが当然だった。だが、それが故に今目の前の男をさらに肉欲に駆り立てていると思うと悔しくてしょうがなかった。 僕の指がおっぱいの先端の突起に触れた。「んっ!」 ビクンと体が震えた。淡い性電気が巨乳のメイドカフェ店員に走る。 それに気を良くした俺は指先を小刻みに動かし、触れるか触れないかという絶妙なところで突起を刺激する。 メイドカフェ店員の艶っぽい唇からは甘い吐息が漏れ、次第に突起は芯が通り硬くなっていった。「おいおい、もう乳首が勃っちまったぜぇ? 感じやすいのか?」 すっかり尖り切ったスリムなメイド喫茶店員の乳首を僕はコリコリと摘み、反応を楽しんでいた。「んん・・・そんなこと・・・ない・・・」「嘘つけ、おまんこも濡れてきてんじゃねぇか」 俺の言うとおり、おま○こをまさぐっていたもう片方の手が動かされるたび、ぴちゃっ、ぴちゃっ、という液体音が大きくなっていた。「あっ・・・だめ・・・」 メイド喫茶店員は天を仰ぎ望まぬ快楽に抗っていた。 奴隷契約を交わされたとはいえ、快楽に溺れる姿まで晒すのはもはや屈辱の極みでしかなかった。 
 
それでも俺はスタイル抜群のメイド喫茶店員が堕ちる姿を見たい一心で一番敏感なところをねちっこく責め回した。指先で皮を剥き、くりくりと弾き、摘み、こねくり回す。「あ・・・あぁッ・・・! ・・・んあぁッ!」 ぷっくりと膨らんだ一番敏感なところはただただ快楽を清楚なメイド喫茶店員の脳へ送り続ける。 彼女の逞しい太腿がガクガクと震え始めた。「おらっ・・・もっと喘ぐんだ・・・」 僕が耳元で囁く。 屈強な肉体を持ち野太い指をしているくせに、俺の愛撫は繊細だった。このテクニックで相当の女を手懐けてきたのだろうと思うとイクわけにはいかない、そう脳の奥で言い聞かせた。 だが尖り切った乳首もピンク色の突起も同時に責められてしまうとその誓いも快楽で薄らいでしまう。理性と背徳の狭間でメンヘラのメイド喫茶店員は大きく揺れていた。 そのときずぶり、と僕が指を女穴へと侵入させた。「ああっ!」 先ほどと異なる快楽を送られ、清楚なメイド喫茶店員は思わず高い声をあげてしまう。 その反応が気に入ったのか、僕は何度もゆっくりと指を出し入れし、セフレのメイド喫茶店員の反応を楽しんでいた。「あっ、あっ、あぁっ・・・」 指のリズムに合わせて思わず甘い声が漏れる。ぐちゅっ、ぐちゅっ、と卑猥な液体音も大きくなっていく。 十分に潤ったのを確認すると、俺は指先で膣壁をぐりぐりと抉り始めた。メイドカフェ店員の一番弱いところを探し出すように場所を変えながら、ゆっくりと指先を動かし続けた。「あぁっ!」 メイドカフェ店員の声が一際高くなった。 俺はニヤリと笑うと、指先の動きを早め、膣壁のその場所を重点的に抉った。「ああっ、あっ! だっ、だめっ!」 一番弱い箇所を責め立てられ、頭が真っ白になっていく。もはや理性は消え、スレンダーなメイドカフェ店員は荒れ狂う快楽の波に呑まれていた。「あっ、あっ、いっ、イっちゃう! い、イクッッ!」
 
 彼女は全身をビクンビクンと激しく震わせ、あっけなく絶頂を迎えた。 しばらくも痙攣は続き、スリムなメイド喫茶店員は虚ろな目で浴室のガラスに映る自分を見つめていた。そこには惚けた顔を浮かべ男の玩具に成り下がった自分がいた。「そろそろ俺のも気持ちよくしてもらおうか」 そう言うや僕がスーツを脱ぎ出した。屈強な筋肉に覆われた肉体が露わになっていく。 ついに僕はパンツ一枚の姿になった。 それを見た細身のメイドカフェ店員はギョッとした。パンツの中心は信じられないほどにこんもりと大きく盛り上がり、ときどきビクンと脈を打っているようだった。「さて、これからお前を可愛がるちん○んだ。脱がしな」 そう言って俺が彼女の目の前に立つ。 彼女にとってすれば逃げ出したい気持ちでいっぱいだったが、そんなことが許される状況ではないことは骨身に染みて分かっていた。 メイドカフェ店員はその場にしゃがみ込むと、おずおずと僕のパンツに手をかけ、ゆっくりと引き下ろしていった。 びんっ、と勢いの良い音と共に天を衝く巨大なお○んちんがメイド喫茶店員の目の前に現れた。「あ・・・ああ・・・」 あまりの大きさに綺麗なメイドカフェ店員は言葉を失ってしまう。 僕のチンチンは極太でドス黒く、はち切れんばかりに硬くそそり勃ち、エラは大きく張り出し太幹の周りにはミミズのような血管がぶくりと太く浮き出していた。
 
まるで女を犯す準備はいつでもできているといわんばかりの醜悪な逸物だった。「どうだ、俺のチン○ンは? 気に入ってもらえたかい?」 僕がゆっさゆっさとオ○ンチンを揺らしながら笑う。(こんな大きなちんぽ・・・見たことない・・・) 言うまでもなくメイド喫茶店員が今まで見てきた中でも最大のものだった。こんなもので犯されたらどうなってしまうのか、考えただけで恐ろしくなってしまう。メイドカフェ店員にとってみればまるで凶器のようにも思えた。「さぁ、しゃぶってもらおうか」 俺が低い声で命令する。 メイド喫茶店員はごくりと唾を飲み込むと、目を閉じ意を決したようにゆっくりと口をおちんちんへと近づけていった。 鼻を突くような汗臭さと雄の匂いで思わず顔を背けたくなる。それでも少し前までJKのメイド喫茶店員の艶のある唇は僕のオチン○ンを咥え込んだ。「んちゅう・・・んん・・・」 咥え込んでみて未成年のメイドカフェ店員はその熱さに驚愕した。ちんぽが火傷しそうなほどに火照っている。そのうえ鋼鉄のように硬い。この男が自分に向ける肉欲が尋常ではないことを象徴しているようだった。 そのうえむせ返るような雄臭が口いっぱいに広がりえづいてしまいそうだった。 だがそんなことをすればこの男は機嫌を損ね何をするか分からない、悔しさにまみれながらメイドカフェ店員は口いっぱいにチンチンを頬張るしかなかった。
 
 顔を動かし何度もオ○ンチンに唇を滑らせる。パンパンに張った亀頭が口の中にゴツゴツと当たった。それでも舌も使って丹念に鈴口もエラも裏筋も舐め回した。 ビーチバレー一筋で生きてきた彼女は男性経験はない処女のうえピンク色の突起の経験もあまりない。それでもクラブのことを想い必死で唇と舌を動かし続けた。「んっ、んっ、んむう・・・」「いいねぇ、その健気な姿勢・・・最高にそそるぜ・・・」 俺の言葉には耳を貸さず、ひたすら口を動かした。ただただこの悪夢を早く終わらせたい一心だった。「おい、玉も舐めるんだ」 僕の言葉にちょっと前まで女子高生のメイドカフェ店員はもはや抵抗は示さず、黙って垂れ袋へと舌を伸ばした。 股ぐらの間に顔を埋めるような形になり一層屈辱的な体勢だった。 それでも皺の一つ一つを丁寧にほぐすようにぺろぺろと懸命に舌を動かした。ザラついた舌触りがこの上なく不快でしょうがなかった。「はむんン・・・んむぅ・・・」 口いっぱいに垂れ袋を頬張りはふはふと玉を転がす。 彼女の顔の上にそびえ立つ巨大なおち○ちんはビクンビクンと脈打っていた。セフレのメイド喫茶店員を支配している悦びで俺も相当に興奮しているようだった。
 
 再び太幹へと舌を移す。 裏筋をつーっと舐め上げると俺は快楽に天を仰いだ。 それにしても巨大なチンコだった。裏筋を何度も往復するためには顔を大きく動かさなければならない。 一心不乱に男のチンコに奉仕するメイド喫茶店員の姿は側から見れば従順な犬のようだった。「うンン・・・ンちゅう・・・ん・・・」 巨大に膨れ上がった亀頭を再び頬張ったときだった。「よし、そろそろこっちでも奉仕してもらおうか」 俺は巨乳のメイド喫茶店員の口からチ○ポを引き抜いた。大量の涎が糸を引き床に落ちていく。(一体何をする気なの・・・?) 僕は巨乳のメイド喫茶店員を立ち上がらせると、背後に立った。 そして自分のち○ちんをメイド喫茶店員の豊満な肉尻へと押し当てた。「試合会場で見た時からお前のプリケツは気になってたんだよ。思ってた通りの最高の弾力だ!」 そう言うと俺はぐいぐいと腰を動かし力任せに18歳のメイド喫茶店員の肉尻にチンコを滑らせた。 先ほどまでの口淫で十分にぬめったチン○ンは、極小の水着から大半が露出した小麦色の肉尻の上で何の抵抗もなくぬるぬると蠢いた。 メイドカフェ店員にとってすればこんな変態のような真似事に付き合わされ不快でしかなかったが、秘所に近い部分で硬くて巨大なち○ぽが押し当てられると何故か得体の知れない興奮を覚えてしまうのだった。 僕が10代のメイド喫茶店員のブラトップをぐいと引き上げた。「きゃあっ!」 突然の出来事に思わずメイドカフェ店員も声をあげてしまう。 巨大でありながら、まったく垂れずに豊満に膨らんだバストが晒される。 中心で硬く尖り切った突起は美しい桜色をしていた。
 
 俺はその突起をコリコリと摘みながら、腰の動きも休めずちんこから感じる肉尻の弾力も楽しむのだった。(この変態男・・・くそっ・・・)「次はこっちでも楽しませてもらおうかぁ?」 今度は何を、メイド喫茶店員がそう思っていると僕はぴったりと閉じられたスレンダーなメイドカフェ店員の発達した太腿の間へとち○こを滑り込ませた。「鍛えられていながら脂も乗ってムチムチのたまんねぇ脚だなぁセックスフレンドのメイド喫茶店員ぃ? 素股するためにあるようなもんだぜ」 そう言うと僕は再び腰を動かし始める。「あっ・・・だっ、だめっ・・・」 巨大なちんちんがゴリゴリと秘所に当たる。望まない甘美な悦楽が彼女に押し寄せる。 そのうえ乳首への責めも休むことを知らず、二つの箇所からの快楽の信号に脳がとろけそうになってしまう。「最高の太腿だぜ・・・男を悦ばせるために鍛えてきたようなもんだな」(うるさい・・・私はこんなことのために鍛えてきたわけじゃない・・・!) 僕が腰を突き出すたび、巨大な亀頭は太腿の間から顔を覗かし、たっぷりとまぶされたメイド喫茶店員の唾液も相まってくちゅっ、くちゅっ、と卑猥な音を立てていた。彼女は押し寄せる快楽にはどうしても抗えない。 メイド喫茶店員は浴室のガラスに映る自分がこの上ない惚けた顔を浮かべているのを見て、もう引き返せないところまで悦楽の波に呑まれていることを悟った。「そろそろち○ぽをオマ○コに挿れるか、おい、そこに手を付いてケツを突き出しな。後ろから犯してやるよ・・・ククク・・・」「・・・!」 彼女はごくりと唾を飲み込んだ。 あんな巨大なチ○ポを膣内に収めたことなど無い。いったい自分がどうなってしまうのか、想像しただけで身が震えた。
 
 処女のメイド喫茶店員は黙って震える手を浴室のガラスに付いた。ガラスに映る自分は恐怖で顔が引きつっていた。「なぁーに、心配するな。すぐに天国に連れていってやるさ」 僕はキュートなメイドカフェ店員のパンツを横にずらすと、秘所に二、三度オチン○ンを擦らせ、やがてゆっくりと侵入させていった。「ああっ! ま、待って!」 押し広がる膣口からの危険信号にスレンダーなメイド喫茶店員は思わず声を上げる。 だが俺はそれに耳を貸さず、そのままずぶり、と根本まで一気にチンコを押し込んだ。「ああああっ! いやああっ!」 メイドカフェ店員の狭い膣内を僕の凶器のようなちんこが駆け巡る。途端裂けるような痛みが走った。「お願い、抜いてえぇッ!」 彼女は涙目になりながら僕に懇願した。 しかし僕はニヤニヤと笑うだけで、それどころか腰の動きを加速させていく。「あああっ、いやあああっ!」 メイド喫茶店員は顔を大きく歪めながら絶叫した。「いいぞ、もっと哭け! 鍛えてるだけあってお前のお○んこよーく締まるぜ!」 僕は狂ったように笑いながら勢いよく腰を振り続ける。 メイド喫茶店員の肉尻と俺の腰がぶつかるたび、パンッ、パンッと激しい音が部屋中に鳴り響く。 それは性交というよりも野獣が獲物を喰い殺すかのような一方的なものだった。「あっ、あっ、ああっ・・・」 次第に彼女の声が甘美なものに変わっていく。 膣穴がチンチンの大きさに順応し始めたのか、メイド喫茶店員は痛みよりも快楽を感じ取るようになってきていた。 
 
大きく張り出たエラが膣壁をガリガリと抉る。鋼鉄のように硬い亀頭が子宮をゴツゴツと小突く。 その度に色っぽいメイドカフェ店員は雌の悦びを感じずにはいられなかった。「あっ、ああっ、ああっ!」「いいぜ・・・だいぶ感じてきたみてぇだな。この淫乱お○んこ、きゅうきゅうとおれのオチ○チンに吸い付いてきやがるぜぇ! まるで離したくないみてぇにな! 気にいってくれて嬉しいぜぇ!」 オ○ンチンに絡みつく肉襞を感じながら俺は一心不乱に腰を振った。 彼女はもはや快楽の虜だった。犯されているということすら忘れ、膣奥から沸き起こる快楽に身を委ねていた。「どうだ! 気持ちいいのかぁ?」「んんっ! は、はい・・・! 気持ちいいですぅッッ!」 もはや自尊心などなかった。男のち○こに支配された哀れな雌の姿を晒していた。「そろそろイキそうだ・・・おめこの中にたっぷり中出してやるからなぁ!」 理性を失ったセックスフレンドのメイド喫茶店員は何も答えられなかった。自身も絶頂を迎えようとしていた。「イクぞ・・・ううっ!」「あああっ! イっ、イクッッ!」 メイド喫茶店員の膣奥にスペルマが大量に中出しされた。 それを合図にsexフレンドのメイド喫茶店員も全身を激しく痙攣させながら絶頂を迎えた。太腿はガクガクと震え、立っているのがやっとという状態だった。「あ・・・あぁ・・・」 じゅぷり、という音と共に僕がチンコを引き抜いた。 しばらくすると18歳のメイドカフェ店員の膣口からはどろりと大量のザー○ンが漏れ出した。 清純なメイド喫茶店員はその場にがくりと崩れ落ちた。瞳を閉じ肩で息をし、いまだ悦楽の渦中にいるようだった。 そんなメイド喫茶店員に僕はずいとチ○ポを差し出した。「綺麗にしな」 彼女は黙ってチンチンを咥え込むと、ちゅぱちゅぱと愛おしそうにお掃除フェラをするのだった。 メイド喫茶店員が快楽に負け、性奴隷として完全に生まれ変わった瞬間だった。
 
出会い系サイトハピメでの清楚なメイド喫茶店員とのはめ撮りセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓



































 
なおハッピーメールを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと今からすぐエッチさせてくれる美形の女の子と出会ってsexフレンドにしてオフパコセックスできませんので、ハピメに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハッピーメールのような出会い系サイトで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで詳しく説明していますので参考にしてください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハッピーメール(happymail)は18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.