deaikeitaiken_novel

【PCMAX体験談】巨乳グラドルと3Pセックスでアナル中出し

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
私はせっせと出逢い系SNSで奇麗な女の子を釣って、オフパコセックスをやってヤりまくっています(^_^)
 
さて、今回は匿名で出会えるまともな出逢い系アプリのPCMAXで出会ったセフレのグラビアアイドルと東京都武蔵野市で会ってセフレにして今からすぐオフパコセックスをしてきたのですが、ハメ撮り写メが沢山撮影できましたのでご紹介します。
 
※この記事には過激なsexのはめどり写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会い系SNSのPCマックスで出会った女はグラビアアイドルで、名前は奈々未ちゃんといい、顔は小島瑠璃子似の物凄く美人でした(^○^)
 
sexフレンドのグラビアアイドルとは、であいけいコミュのPCマックスで知り合ってLINEでやり取りした後、三鷹駅近辺の高級フレンチレストランに食事に行った後いつも通りラブホに行って即ハメsexをしました。
 
俺とグラビアアイドルが東京都武蔵野市の三鷹駅近くのラブホの部屋に入った。
「奈々未さん、この水着に着替えて」
俺に渡されたビキニを着てみると、グラドルは裸の状態よりも一層卑猥な姿を曝け出していることに気がついた。 三角形のブラは面積が狭く、Fカップのたわわな巨乳のおっぱいをまったく隠し切れていない。深い谷間を見せるどころか下乳までもが露出してしまっている。そのうえ薄い生地のためにうっすらと突起を浮き出してしまっている。 そしてパンツに至ってはお○んこの部分だけを小さな三角形で隠し、尻肉は半分以上が露出、腰紐はあまりに頼りない細さだった。 目の前の鏡に映る痴女のような姿をした自分を見てグラドルは思わず赤面してしまう。「よーく似合ってるぜ、見てるだけで勃起しちまいそうだ」 俺がにやりと笑いながら卑猥な賛辞を送る。
もう一人の男はそう言うとそそくさと服を脱ぎ始めた。それを見て、俺をなだめていた男もいそいそと服を脱ぎ始める。
チ○コはまだ半勃ちといった様子だが、二人の股間には十分に巨大でドス黒いチンチンがぶらぶらとぶら下がっていた。「さあそれじゃあななみさん、お楽しみタイムといこうかぁ。さ、ここに座って」 ヤリマンのグラドルの腰に手を回し、ソファーの真ん中に20代のグラビアアイドルを座らせる。その両横に二人が陣取る形となった。「ナナミさんはグラビアアイドルなんだってねぇ。こーんな大きなおっぱいしてて大変じゃない?」 そう言うと男はむんずと彼女の巨乳の乳房を掴み、弾力を楽しむかの如く野太い指を沈めていく。「そうだよ、重くて大変でしょう。それに絶対エッチな目で見られてるよね」 もう一人の男も片側の巨乳のおっぱいをやわやわと揉みほぐし始める。
 
「・・・そんなこと・・・ないです・・・」 ヤリモクのグラビアアイドルが身体を硬くし、頬を赤らめながら呟くように言う。 そんな細身のグラドルの反応を楽しみながら、男二人は両側から彼女の豊満な巨乳のバストを揉み続けた。 巨大で張りのある巨乳のバストは男たちにこれ以上ない感触をもたらし、鼻息を荒くさせた。 グラビアアイドルは過去に複数の男と3P乱交エッチをした経験はない。 そのため異なるリズムで、異なる強さで両の巨乳のオッパイを揉みほぐされるとこんなに感じてしまうものなのかと内心驚いていた。 次第にグラビアアイドルのブラの中心はますますぷっくりと盛り上がり、突起がすでに硬く尖りきっていることが伺えた。「ビキニの上からも乳首がびんびんに勃ってるのが分かるねぇ。菜々美さん、もう感じてるのかな? まだ揉んでるだけなのに随分エッチなんだね、奈々未ちゃん」 そう言うと二人の男はブラの上から指先でカリカリと彼女の突起を刺激し始めた。「ん・・・はぁ・・・んん・・・」「すごく硬くなってるのが分かるよ。それに割と大きめな乳首なんだね」「そ、そんなこと・・・ないです・・・」「嘘なもんか、ほら」 男がブラの上からぎゅうっと巨乳のグラビアアイドルの乳首を摘む。「ンンっ! はぁ・・・んん・・・」「コリコリしてて最高の弾力だよ、奈々未ちゃん」 彼女の表情がどんどん淫らに変貌していく。瞳を淡く閉じ、口を半開き、そこから甘い吐息を漏らしていた。
 
そんなビッチなグラビアアイドルの唇を男の一人が奪った。そして貪るように舌を押し入れていく。 突然の出来事に一瞬驚いたスリムなグラビアアイドルだったが、すぐに観念したかのように蠢く男の舌に自らの舌を絡めていくのだった。 その男の手がスレンダーなグラビアアイドルのパンツへと伸びていく。そしてパンツ越しにオ○ンコをすりすりと撫で始めた。「んちゅうう・・・んむぅ・・・ううん・・・」「そろそろこっちはご開帳といきましょうか」 そう言うと乳首を責めていた男がブラをぺろりと引き上げた。彼女の豊満な巨乳のおっぱいが外気に晒される。「おお、聞いていたとおりの最高の巨乳だ・・・乳首の色も美しい。日焼けした肌の色とのギャップがたまらないね」 男は目を爛々とさせながら顔を巨乳のおっぱいへと近づけていく。 そしてもう我慢できないと言わんばかりにグラドルの乳首へとしゃぶりつき始めた。「いいですな、では私も」 そう言うともう一人の男もヤリマンのグラドルの唇から口を離し、片側の乳首へとしゃぶりつくのだった。 どちらの男も肉欲を剥き出しにした、愛撫とは言い難い荒々しい貪り方だった。だがじゅるじゅると一心不乱にしゃぶりつくその間もヤリマンのグラビアアイドルのオマンコへの刺激は止めようとはしなかった。
「あぁ! ん、あぁ・・・ンン・・・!」 両の乳首を同時に舐められるという初めての体験に、セフレのグラビアアイドルは快感の波が一気に高ぶるのを感じていた。その上オ○ンコからも快楽の信号を送られては身悶えしながら甘い声を漏らすしかなかった。 ふと視線を下ろすと、男たちのチ○ポは天を衝くように勃起していた。どちらも太く醜悪な形をしていた。「ほら、ななみさん手を動かして」 一人の男がグラドルの手を取ると自分のチンポへと誘導する。もう一人の男もそれに倣いセフレのグラビアアイドルに自らのちんぽを握らせる。 彼女は仕方ないといった様子でしこしこと二本のチン○ンを上下に擦り続けた。どちらも鉄のように硬く怒張し切っており、まるですべての肉欲がここに詰まりに詰まっているように思えた。「ほーらななみちゃん、直接オ○ンコも触っちゃうよ」 男がグラドルのパンツの中へと分厚い手を潜り込ませていく。「あぁ・・・ん・・・だめぇ・・・」
 
「もうこんなに濡れてるじゃない。奈々未ちゃんは聞いていたとおりの淫乱だねぇ」 男の言うとおり20代のグラビアアイドルのマンコはすでに濡れに濡れ、パンツの中へ忍ばせただけで男の指は一瞬のうちに粘り汁にまみれた。 それが男の肉欲をさらに煽ったのか、指先で肉豆をグリグリと撫でくり回し、淫らに歪む彼女の表情を楽しんでいた。「どうだい? どこが気持ちいいのか言ってごらん?」「そ・・・そんなこと・・・」「言いなさい、早く」 巨乳のグラドルの顔が一層紅潮していく。 そんな恥ずかしい箇所の名称を言わせるなんて信じられない、グラビアアイドルは恥辱に震えた。 だが脳裏によぎる僕の顔が清楚なグラドルに黙らせることを許さない。「ん・・・く・・・クリトリス・・・」「ええっ? 何だって? 聞こえないなぁ?」 二人の男は大笑いしながら彼女を煽った。「く・・・クリトリスが気持ちいいです・・・!」 彼女は俯き目を閉じながら通った声で答えた。恥ずかしさで消えてしまいたい気分だった。 だが哀しいことにその恥辱が彼女の中に流れるマゾの血を一層たぎらせ、悦楽を増長させてしまうのだった。「よく言えたね、じゃあこっちもご褒美に責めてあげよう」 今まで乳首ばかりに貪りついていた男が彼女のパンツをぐいと横に引っ張ると、露わになった女穴へと指を沈めていった。「あああっ!」 新たな快感にグラドルの全身がびくんっと震える。 クリトリスとおま○こを同時に弄り回され、彼女は頭がおかしくなりそうだった。 二人の男は乱れるグラビアアイドルの表情をにやにやと観察しながら、その指の動きを一向に休めない。 そのうえさらに美しいグラドルを狂わせようと再び乳首へも舌を這わせるのだった。「あああっ! だめっ、おっ、おかしくなっちゃう!」 僕との性交では体験し得なかった全性感帯への同時攻撃。 グラビアアイドルはまるで電流を流され続けているかのような快楽地獄の渦中にいた。 そして、いよいよ絶頂の瞬間を迎えようとしていた。「ああっ! もうダメ! イっちゃう! イッちゃいますぅ!」「いいよ、イキな」「あ、あ、あぁ! あっ、いっ、イクうぅぅッッ!」 彼女が背中を大きくのけ反らせ、天を仰いで全身を何度も震わせた。逞しい太腿はガクガクと何度も痙攣し、それは気が触れたのかと思うほどだった。
 
グラドルはしばらくの間はぁはぁと肩で息をしながら、目を閉じ高ぶりきった心と身体を鎮めようと努めていた。また、それは快楽の余韻に浸る時間でもあった。 二人の男は満足げな表情を浮かべ、互いを見合わせるとおもむろにソファから立ち上がった。「さぁ、奈々未さん、今度は僕たちを気持ちよくさせる番だよ」 自らのチンチンをごしごしとしごきながらソファに座るグラビアアイドルを見下ろす。 もはや3P乱交セックスに身も精神も飲み込まれているグラビアアイドルは、黙って床にしゃがみ込む。 二つの巨大なおちん○んを見上げる形となった。 彼女は片方の男のオチ○チンをゆっくりと根元まで咥え込み、ちゅぱちゅぱと唾液をまぶしつけながら唇を上下に滑らせた。グラビアアイドルの美貌は男の剛毛に埋まり、鼻先に雄の臭いがつんと走る。「おほぉ、上手。さすが僕に躾けられているだけのことはあるねぇ」「んんっ・・・んちゅぅっ・・・ありがとうございますぅ・・・」「ナナミちゃん、僕のはしごいてよ」 そう言うともう一人の男はセフレのグラビアアイドルの手を取り自らの怒張し切ったオ○ンチンを握らせた。 彼女は二人の男のセーシを搾り取ろうと、顔を上下に動かし、必死に手も動かし続けた。 ときおり咥えるおちん○んを変えながら、舐める位置をエラや鈴口、裏筋とありとあらゆる箇所に変えながら、男たちに満足してもらうため必死で奉仕を続けた。 グラビアアイドルを跪かせ奉仕させている征服感で男たちは天にも昇る気分だった。
 
「んっ、んっ、んっ・・・」「奈々未さん、そろそろ出すよ、口で受け止めるんだよ、ううっ!」 男が天を仰いだ。そしてびくんびくんとち○ぽが脈動したかと思うとグラドルの口内にザ○メンが飛び散った。「んんっ!んー!」 射精は長い間続き、その間彼女は目を白黒させるばかりだった。やがてそれも収まると、細身のグラドルの舌の上にはこってりと大量のスペルマが残された。男がちんこをグラビアアイドルの口からゆっくりと引き抜く。そして言った。「さ、飲むんだ」一瞬躊躇したグラビアアイドルだったが、やがて喉がごくりと動いた。青臭くゼリーのように濃厚なザーメンはグラビアアイドルの胃の中へと落ちていった。彼女は口を大きく開き、男に飲み込んだ証を見せつける。「いい子だ」「ありがとうございます・・・」「じゃあ僕は挿れさせてもらおうかな。菜々美ちゃんが上に乗るんだ」そう言うともう一人の男はその場に仰向けになった。脂ぎった腹がたゆんと揺れる。巨乳のグラビアアイドルは黙ってその男の上に股がると、おちん○んを自らのマンコにあてがい、ゆっくりと腰を落としていった。「はぁ・・・んんっ!」下から巨大なオ○ンチンで突き上げられる形となり、重力も加わって子宮にゴリゴリと亀頭が押し当たる。自然と彼女の膣内がきゅうっと締まり、男のおち○ちんを一層悦ばせる。「こりゃあ最高の締め付けだ・・・よし、菜々美さん、自分で動くんだ」男の毛深い胸に手を付き、清楚なグラドルはゆっくりとその豊満な肉尻を上下に動かした。「あぁん・・・いいです・・・気持ちいいですぅ・・・」鋭角に張り出たエラがスリムなグラドルの膣壁をガリガリと抉る。腰を落としきると子宮口をごつんと小突かれる。次第に彼女はより一層の快楽を貪り求めるように、肉尻の動きを早めていく。否応ない雌としての悦びにグラビアアイドルはその美貌をだらしなく淫美に歪めていた。
 
「最高だよ奈々未さん、ほらオチンチン動かすぞ」肉欲が最高潮に達した男はもう我慢できないと言わんばかりに猛烈な勢いで腰を動かし始めた。それは中年とは思えない、盛りのついた思春期の若者ばりの激しさだった。「あぁっ!激しいぃっ!おま○こイッちゃいますぅ!」グラビアアイドルの絶叫が響く。子宮を突き破るのではないかとすら感じるほどの押圧がグラビアアイドルを襲う。豊満な巨乳のバストは激しく揺れ、肌と巨乳のオッパイがぶつかり合うたびに、ぱつん、ぱつん、と辺り一面に音を響かせた。 彼女の位置を直したはずのブラは当然のようにズレてしまい、ピンク色の尖りきった乳首を哀れに晒し出していた。「あっ、あぁっ! いいっ! 気持ちいいのぉッ!」「壮観だねぇ!やはり巨乳を騎乗位で揺らすのはやめられんな!」男は鼻息を荒くしながら縦横無尽に揺れる彼女の巨乳のオッパイを見上げていた。やがて、お○んこは引き寄せられるようにその手を清楚なグラビアアイドルの巨乳の乳房へと沈めていった。「はぁん!」下からの巨乳のおっぱいへの圧力に20代のグラドルにさらなる電流が走る。男は下卑た笑みを浮かべながらやわやわと揉みしだき、その甘美な感触を楽しんでいた。 どれほどの長い間突き続けただろうか、やがてチ○チンに込み上げてくるものに男は顔を歪ませた。「ううっ、そろそろイクぞ、中出してやるからな」「あ、ああ!ください、セーシいっぱいくださいぃッ!」「イクぞっ!うぅッ!」「い、イクうッッッ!」二人は同時に絶頂を迎えた。まるで噴水のように下から熱い精液を撒き散らされ、背中を弓のように仰け反らせながら巨乳のグラドルは脳まで突き抜けるようなアクメを迎えた。それが収まるまで、グラドルの膣はきゅっとちんこを締め付けて離すことをやめない。 男にとってはセーシを最後の一滴まで搾り取られるような極上の射精だった。
 
男がチンコを引き抜いた。途端、膣口からどろりと濃厚な精子が零れ出す。それと同時にグラビアアイドルは全身の力が抜けたようにその場に突っ伏してしまった。「あれあれ、ナナミさん、お休みにはまだ早いよ?」sexフレンドのグラビアアイドルの濃厚なフ○ラで精液を射精した後、ソファーに座って鑑賞していたもう一人の男が立ち上がる。(二人とも射精したのに・・・まだする気なの・・・)先ほどまでは脳がピンク色に染まっていたグラビアアイドルも思わず尻込みしてしまう。「奈々未さんは聞くところによるとコッチは未経験らしいねぇ?」そう言うと男はうつ伏せになっているヤリモクのグラビアアイドルの豊満な肉尻を両手で掴むと、左右に割り開く。たちまち濁色の無い美しいピンク色のアナルが晒された。「ひっ!」瞬時に男の意図を察して彼女が思わず小さな悲鳴をあげる。「俺がねぇ、アナル調教が大好きな僕のためにコッチは今まで手をつけないできた、ってさぁ。俺も本当は弄り倒したかったらしいけどね。ありがたいよねぇ」男はこれ以上ない下衆じみた笑みを浮かべていた。巨乳のグラビアアイドルはその事実を聞かされ、唖然としながら俺との過去のセックスを振り返っていた。思い返してみれば確かにアナルsexどころか指で触れられたこともない。グラドルにはアナルは不潔な場所であり責められても痛いだけというイメージがあったため、僕が何もしてこないことは幸運と考えていた。それはきっと俺自身も似た考えの持ち主だからだと考えていたが、まさか大事な顧客の性接待用に今まで手付かずにしてきたとは想像を超えていた。
 
グラドルの脳裏にはしたたかに笑う僕の顔が浮かんでいた。「さてさて、それじゃあ始めようか。はい、四つん這いになりましょうねー」「ま、待ってください・・・そこだけは・・・」ほとんどかき消えそうな声だった。ヤリマンのグラビアアイドルの表情は焦燥感に溢れていた。「口答えしない!」男が彼女の肉尻を平手で思い切り叩く。バチンと激しい音が部屋中に響いた。「痛っ!」彼女が思わず悲鳴をあげる。だがそれにもかかわらず男の二発目が放たれた。再び激しい音が響く。「ひっ、ひぃっ・・・」激痛に対して逃げたい一心で可愛らしいグラビアアイドルはすぐさま四つん這いの格好をとった。「そうそう、言うとおりにしていれば気持ちよくなるからねー。いい子にするんだよー」先ほどまでは望まぬsexだったとはいえグラドル自身も悦楽に溺れていたのは否めない。だが今は圧倒的な恐怖感がグラドルに押し寄せていた。「ほんとプリプリの巨尻だしアナルも綺麗だ・・・。僕は色んな娘のを見てきたけど奈々未ちゃんのが一番綺麗だよ・・・。まずは味見からしてみるかな」そう言うと男は突き出されたヤリマンのグラビアアイドルの肉尻に顔をうずめる。そしてべっとりと舌でお尻の穴を舐め上げた。「ンンッッ!」今まで感じたこともないような感覚がグラビアアイドルに襲いかかる。彼女はまるで氷で背中をなぞられたようにぞくりと震えてしまう。滅法のアナル好き故か、男は恍惚の表情を浮かべながらべちょべちょと何度も舌をお尻の孔に這わせた。一方の彼女は苦悶の表情を浮かべていた。汚らわしい箇所から未知の刺激を送られ続け、汚辱にまみれていた。(お願い・・・早く・・・早く・・・終わって・・・!)
 
しかし彼女の願いとは裏腹に男は舌の動きを一切緩めない。それどころか、舌先を尖らせて彼女のアナルの中へと侵入させていった。「ん・・・お・・・おぉ・・・」侵入させた舌先で円を描くようにして、堅く閉ざされた入口を優しくほぐし解いていく。それに呼応するようにヤリマンのグラビアアイドルのお尻の穴はひくひくと開閉を繰り返す。さらに男はその円運動と交互しつつ舌の出し入れも行なっていく。手慣れた男の舌遣いによって少しずつグラドルの尻穴はほぐされていくのだった。「よし・・・じゃあ次は指を挿れるよ・・・」セフレのグラビアアイドルの涎にまみれたお尻の孔へ小指をあてがう。(やだ・・・指なんて・・・!)ヤリマンのグラドルがごくりと唾を飲み込む。その緊張がお尻の穴へも伝わったのか、入口をきゅっと固く閉ざしてしまう。だが男はそれに構わず少しずつ小指を押し込んでいった。小指がヤリモクのグラビアアイドルの中へと埋まっていく。「あ・・・あぁ・・・」押し込まれる感覚と異物感にセフレのグラビアアイドルは目を閉じ為すがままに身体を委ねていた。(なんなの・・・この感じ・・・)セックスフレンドのグラドルはここで異変に気付いた。痛いと感じなかっただけではない。なぜかこの感覚に身を硬くしながらも、脳がとろけそうになっている自分がいることに驚いていた。
 
程よく押し広げられ、自然と侵入物をきゅうきゅうと締め上げるたび、美しいグラドルはゾクゾクするような悦楽がアヌスホールから脳天へと突き抜けていく。(嘘・・・私、感じてる・・・)今まで不浄の場所と考えてきた分、グラビアアイドルにとっては到底受け入れ難い事実だった。だが今はその背徳感さえも悦楽の一部となっていた。「すごいすごい・・・ぎゅうぎゅう締め付けてくるよ・・・。けど今どこまで入ってると思う?もう第二関節まできてるよ・・・」少しずつ押し込まれた小指は確実にグラドルのアヌスへと吸い込まれていった。「ひ・・・あ・・・あぁっ・・・」さらなる押圧感に彼女は美貌を歪め、呆けた顔を晒してしまう。(脳が・・・おかしくなる・・・!) 男が挿れた指をぐりぐりと曲げ始める。「あっ! おぉぉン・・・」 バイブのような振動にグラドルのアヌスが切なげに一層ひくつく。肉襞からは小指の腹が触れているのを感じ取っていた。豊満な巨乳の乳房はまるでプリンのようにぷるぷると震えていた。「もうだいぶ馴染んできたみたいだね・・・。じゃあこういうのはどう?」男が小指でゆっくりと抽送運動を始める。「はァんッ!あっ、あっ、ああっ・・・!」抜き差しされる小指とアヌスの摩擦が快楽を生み、グラドルは思わずしなやかな腰を妖しくくねらせてしまう。(どうしても・・・感じちゃう・・・!) あろうことか次第にグラビアアイドルは男の指の動きに合わせて肉尻を振り、貪欲に快楽を求めにいってしまう。それはまぎれもなく彼女がアナル奴隷として生まれ変わった瞬間だった。 男はニヤリと笑った。「ふふ・・・自分からお尻動かして指を求めに来てるよ・・・」「あっ、アッ、いっ、言わないでぇ・・・」
 
「でもほら、大きなお尻が前後に動いてるよ・・・」(だって、お尻が・・・お尻が・・・気持ちいいの・・・!) 男がさらに指の動きを早めていく。 摩擦が激しくなり、彼女はさらなる刺激に悶絶してしまう。 周りにはじゅぷっ、じゅぷっ、と卑猥な音が鳴り響く。「あっ、あっ、あっ、ああっ!」 そのとき男が指を引き抜いた。おもわず細身のグラドルは小さな悲鳴を上げてしまう。 小指の太さに馴染んでいたアヌスは、もはや閉じ切らずに赤い肉襞を覗かせていた。「じゃあ次は中指だ」 そう言うやいなや男は中指をずぶずぶと沈ませていった。「はァン・・・! あぁッ・・・」 先ほどまでよりも太く長い栓をされたことで巨乳のグラドルはより強烈な刺激に悶えていた。 そしてまたじゅぷっ、じゅぷっ、と指を抜き差しされ、あまりの快楽に20代のグラドルは顔をその場に突っ伏してしまう。 アナルで感じている自分の顔を見られることは耐えがたい恥辱だった。「あぁっ! ダメぇ!」 グラドルは肉尻を高く突き出す格好となり、上から突き立てられるように中指がアナルを抉る。「ひっ、ひィッ! あっあっ、あぁっ!」 アナルから止めどなく送られてくる快楽に抗うこともできず、彼女はただただ身をよじらせアナル奴隷としての無様な姿を晒していた。 まるで脳の快楽を司る器官を直接指で操られているような、そんな感覚にとらわれていた。 20代のグラビアアイドルのマ○コからは膣液が溢れ出し、それが褐色の太腿を伝い淫美な輝きを放っていた。
 
「もう完全にアナルの虜だね・・・それじゃあいよいよチ○コを挿れてあげようか」(そんな・・・指でこんなに感じているのにちんぽなんて挿れられたら・・・!) それは恐怖にも似た感情だった。だが、グラビアアイドルは内なる自分から発せられる官能的好奇心に逆らうことができなかった。 ひょっとしたら自分が自分でなくなってしまうかもしれない、だが今まで感じたこともないような快楽に浸れるなら、そう感じずにはいられなかったのだ。 男が指を一気に引き抜いた。「あぁッ!」 軽く身体を痙攣させながらグラドルは小さな悲鳴をあげた。 栓を無くしたアナルは、まるで次のご褒美をおねだりするようにぱくぱくとその入口をひくつかせていた。 男は天を衝くようにそびえ立つオ○ンチンを軽くしごきながら言った。「お○んちんが欲しいかい? それなら自分でおねだりするんだ。アナルを手で広げながらね」 男の言葉にグラビアアイドルは戸惑った。(そんな恥ずかしいことできない・・・だけど・・・だけどお尻が疼いてしまう・・・!) 葛藤するヤリモクのグラビアアイドルだったが、それでもグラビアアイドルの尻穴はさらなる快楽を求めてしまう。 その声に負けた奇麗なグラビアアイドルは、静かに両の手をアナルへ持っていくと、そのしなやかな指で左右に開いた。「アナルにチンポをください・・・!」 あまりの恥ずかしさに顔を紅潮させ、歯を食いしばるグラドル。 男はにやりと笑った。 ヤリマンのグラビアアイドルは完全に堕ちた、そう思うと男のち○ぽには一層血が巡りビクン、ビクン、と脈を打った。 男はチンチンを彼女のアナルにあてがうと、ゆっくりと、ゆっくりとその先端を沈めていった。「おぉぉ・・・ンンッ・・・!」 これまでとは比較にならない押圧感に彼女の顔から血の気が引いていく。
 
彼女の緊張はアナルへと伝わり、その入り口を閉ざそうと男のチンチンをきゅうっと締め上げる。「ナナミさん力を抜いて、締め付けすぎて入っていかないよ」 男の言葉に必死でア○ルから力を抜こうとする。 だが巨大なチンチンに侵略されかけている今この状態ではそれは無理な話だった。「無理です・・・! 入りません・・・!」 清純なグラドルの悲痛な叫びにも男は挿入を中断しようとはしない。「そうか、それなら用を足すときみたいに踏ん張ってみてごらん。アナルをぐっと広げるんだ」 グラドルは目を閉じ息を止め、ぐっと尻穴に力を入れた。 緩まったその瞬間を男は逃さず、ずぶずぶと根元までちんこを押し込んでいった。「ああぁーッッ!」 裂けるような激痛がグラドルを襲う。「いっ、痛いッ! 抜いてっ抜いてくださいッッ!」「大丈夫、その内馴染んでくるから」 チ○チンから逃れようと腰を動かそうとするが、巨乳のグラビアアイドルは後ろからガッチリと腰を抱えられて逃れることもできない。 ただただ襲いかかる激痛と闘っていた。(無理よ、本当にお尻が裂けてしまう・・・!) 細身のグラドルの額には嫌な汗が滲み出してくる。 グラビアアイドルは必死に尻穴から意識を逸らそうと別のことを考えようとするが、鋭い痛みがそれを許さない。 紛れもなくグラビアアイドルにとって地獄のような時間だった。
 
だがしばらくもすると不思議と痛みは引いていった。 それどころか、ち○ちんを咥え込んだアヌスホールが悦びの声を上げていた。 きゅうっとチ○コを締め付けるたびにグラビアアイドルの脳天に甘美な快楽が突き抜けていく。「あ・・・あぁン・・・」 巨乳のグラビアアイドルの口から淫美な声が漏れ出したのを男は聞き逃さなかった。 それを合図に男はゆっくりと腰を前後に振りピストンを始めたのだった。「あァ・・・はァン・・・! だめぇ・・・!」 大きく拡張されたアヌスがオチン○ンをぎちぎちと締め付けて離さない。 それはまるで行かないで、とせがんでいるようでもあった。「すっごい締め付けで最高だよ奈々未さん・・・!」 経験したことのない極上のアナルを手に入れた悦びで男の腰にも力が入る。 次第にピストンのスピードが上がっていき、それはやがて叩きつけるような激しいものに変貌していった。 肌と肌が触れ合うたび、ぱんっ、ぱんっ、と部屋中に音が鳴り響く。「あっ! あっ! あぁッッ!」「どうだいななみちゃん、気持ちいいだろう?」「あっ、あっ! はっ、はいぃっ! お尻がっ、アナルが気持ちいいですぅッ!」 清楚なグラビアアイドルが恍惚の表情を浮かべながら声を上げる。 口元からはだらしなく涎を垂らし、乳首を硬く尖らせ、陰唇からはどくどくとラブジュースを漏らす。 気高きアスリートとしての姿は消え失せ、快楽の虜となった雌の姿を晒していた。「あんっ! あっ、あっ、あぁッッ!」 グラドルの喘ぎ声がどんどん高く淫らになっていく。
 
それにつられるように男もそのピストン速度を速めていった。 まるでマシンガンのように何度も、何度もグラドルのアナルを乱れ撃っていた。「ななみさん、出すよ、全部アナルで受け止めるんだよ!」「はいぃッ! アナルに、アナルに白濁液くださいぃっっ!」 男は吐息を荒くしながらラストスパートと言わんばかりに腰を振った。「んぁああッッ! イク、イきますッッ!」 頭が真っ白になり、未知なる絶頂へと向かう可愛らしいグラドル。「ああっ、あ、あっ、あぁっ! いっ、イクうぅぅッッッ!」「ううっ、出るっ!」 グラビアアイドルのアヌスの奥深くでほとばしるザ○メンを感じる。 燃えたぎるようなそれを感じた瞬間、彼女は身体中に電流を感じ、激しくがくがくと全身を震わせ絶頂を迎えた。 それは今まで経験したことのないような、魂が抜けてしまうのではないかと感じるほどの絶頂だった。 可愛らしいグラビアアイドルのアヌスホールは壊れてしまったかのように何度も何度も不規則なリズムで収縮を繰り返した。 しばらくし、男がゆっくりとち○ちんを引き抜いた。 真っ赤になったア○ルからどろりと大量のザーメンが溢れ出し、床にぼたりと落ちていった。 そしてグラドルもその場に突っ伏してしまう。 瞳を閉じ、はぁはぁと激しく呼吸を繰り返した。 だが、その表情にはどこか笑みが浮かんでいた。 今まで経験したことのないような絶頂を迎えたためか、それともアナルという快楽に目覚めたからか、はたまた性奴隷として生きることの悦びを知ったためか。 グラドルは分からなかった。
 
出会い系サイトPCマックスでの巨乳のグラドルとのはめどりsexのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓






































 
なおPCマックスを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと即sexさせてくれるかわいらしい女と出会ってセフレにしてオフパコエッチできませんので、PCマックスに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
PCマックスのような出逢い系サイトで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで詳しく説明していますのでご覧ください。
 
⇒出会い系サイトPCMAXの詳細はこちら
 
※ピーシーマックスは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.