deaikeitaiken_novel

【ハッピーメールやれる】新婚で三十路の爆乳美人妻と不倫sex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
私は飽きもせず出会系マッチングサイトで色っぽい女の子と即会いして、オフパコsexに励んでいます(o^∇^o)
 
さて、今回は即出会いできるサクラのいない出会い系マッチングサイトのハッピーメールで出会ったセフレの専業主婦と東京都中央区で会ってセフレにして即即ハメsexをしてきたのですが、ハメ撮り写メが沢山取れましたのでレポートします。
 
※この記事にはアダルトなエッチのはめ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出合い系アプリのハッピーメールで出会った女性は美人妻で、名前はあさみさんといい、顔は戸田恵梨香似の半端なく美人でした((^┰^))
 
若妻とは、出会い系SNSのハッピーメールで知り合ってラインでやり取りした後、八丁堀駅周辺の洒落た串カツ居酒屋に飲みに行った後セックスしてもOKとのことだったのでいつものようにラブホに行って即ハメsexをしました。
 
僕と爆乳の若妻が東京都中央区の八丁堀駅周辺のラブホの部屋に入った。
人妻は結構出会い系で遊んでいるみたいなので、出会い系の遍歴を聞いてみた。
「……出会い系サイトハピメのアプリに、登録したんです。人妻って言うと、みんなたくさんメッセージをくれて……」「なるほど。需要は高いんだな――それで?あさみちゃんはGカップの巨乳を武器にして、どんな男と会ったんだ」 そう語るゆうきさんの声は、なにも咎めているわけじゃない。
 
 むしろこれは俺との約束、絶対に破ってはいけないルールとしてゆうきさん自身から命じられたものだ。 ――三十路の若妻はハピメのような出会い系アプリで他の男性と会うこと。そして、その時に起こった出来事は事細かく俺に伝えること。 それが、俺が三十路の人妻に課した絶対遵守のルールだった。「さ、最初は……学生さん、でした。出会い系のハッピーメールのアプリが初めてだったのは、私と同じだったみたいで……デートっていうことで、二人でカフェにいったんです」「まさかそれで終わりか?」「いえ――あの、バ、バイブ……あそこに、バイブを入れられました。それで半日、街を連れ回されて……とってもドキドキしました。でも、エッチはしてもらえなかったんです」 ゆうきさんと会うまでの間、彼女は色々な男性達と代わる代わる会ってきた。不倫や一度きりの関係を求めるのに、今の時代ハッピーメールのような出会い系アプリはかなり手軽で役に立つ。「なんだ、怖じ気づいたのか? 亜佐美さんの方から誘惑してやればよかったじゃないか」「ごめんなさい……でも、私もハッピーメール(happymail)のような出会い系アプリは初めてで、ちょっと怖くて……」 半分透けて、乳首もほとんど見えてしまうようないやらしいランジェリー……それを着た清楚な奥様の胸を、ゆっくりとゆうきさんが揉みしだいていく。
 
 奥さんの爆乳のオッパイはGカップなんて大きいばかりで品がない。男性の好奇の視線が不愉快だと思っていた若妻に、ゆうきさんが自信を取り戻させてくれたのだ。 ぽっちりと勃ち上がった乳首を捏ねまわしながら、ゆうきさんは至近距離で新婚の主婦の耳に息を吹き込んできた。「あ、ぁぅっ……ン、はぁっ……」「次はどうだったんだ?」「は、はい……ァっ――エアコンが、壊れてしまって……修理にいらっしゃった業者の方と、リ、リビングでsexをしました」 買って一年しか経っていないエアコンが故障してしまって、セフレの専業主婦は仕方がなしに業者を手配した。 大抵やってくるのは、修理をおこなう人が一人と、多くて手伝いにもう一人くらいだ――そう踏んだ細身の主婦は、今のようにきわどいランジェリーを身にまとって修理を待った。 そして、彼女はやってきた一人の男性のいやらしい視線を受け……そこからはなし崩しだった。「修理が終わったので、冷たいお茶をお出ししたんです。そうしたら、その方が勃起をしていて……苦しそうだったので、お口でご奉仕をしました。その後、リビングで……」「具体的にどうだったんだ? 口で奉仕だなんて、上品な表現で濁すつもりじゃないだろう。もっと、あさみちゃんの言葉で伝えてみなさい」 少し低い声で咎められて、彼女は口の中にじゅわりと唾液が溢れてくる。 あの時はとても暑くて――作業用ツナギの奥に隠れていたち○ぽが、とても蒸れていたことを思い出す。「フェ、フェラチオを、しました……汗臭くて、蒸れたチ○ポにキスをして……ぢゅぼぢゅぼって、は、はしたない音を立てながら濃厚なフェ○チオしました」 あの時の味と臭いを思い出すと、アラサーの奥さまはクラクラしてしまう。
 
 唾液でてらてらと光る亀頭の妖しさに、思わずま○こがじゅわりと潤った。「そうか……じゃあ、同じように俺にもやってみなさい。できるだろ?」「はい……」 若妻は緊張と悦びで、体がみっともなく震えてしまう。僕に抱かれるときはいつだってそうだった。 彼女はベッドから降りて、隣に座っていたゆうきさんの前に跪いた。「ゆうきさん……」 俺が好きなコロンの香りに、雄の艶やかな匂いが混じる。 スンっと鼻を鳴らしてその匂いを堪能してから、若妻は下着越しの俺のち○ぽに顔を押しつけた。「ん、ふぅっ……ふ、ぁっ……ン、んふ、ぅ」「匂いで興奮しているのか? 永羽は相変わらず変態だな――一週間、よっぽど体を持てあましていたと見える」「ふぅぅっ……そ、そうです――本当はずっと、ゆうきさんにしてほしくて……でも、会えないからずっと切なくて、ぇっ……」 下着の中に収まっている俺のオチンチンに何度か唇を押しつけて、手を使わずにそれを脱がせていく。 唇で下着の生地を持ち上げ、ずりずりと時間を掛けてずり下ろした。「んはぁっ……ゆうきさん……ゆうきさんのち○ちん……」 シャワーを浴びた俺のそこは、あの日の業者さんのように汗の臭いがするわけでもない。 けれど記憶を頼りに、ほとんど勃ち上がった僕のチ○コをぺろぺろと舐めていく。「はむぅっ……ん、ちゅっ……ぁふっ、ん……」
 
「っ――そうやって、犬のようにオチンチンを舐めしゃぶっていたたのか?」「ふぁい……はむっ、こ、こうやって……唇ではむはむして……裏筋を、丁寧に舐め上げました……」 アラサーの奥さまはちゅるるっと唾液を絡ませながら、裏筋も丁寧に舐めていく。 どんどん硬くなっていくチンポは太く、そして長い。この後コレに犯されるのだと思うと、セックスフレンドの人妻はオマンコがきゅんきゅんと疼いて仕方がなかった。「れろっ……ん、んふ、ぅ……む、ぅっ」 裏筋を舐めたら、今度は亀頭をちゅぽりと咥内に収める。 専業主婦が口を窄めてゆっくりとそれを頬張ると、ゆうきさんが少しだけ息を乱した。「んふーっ……ふーっ……ん、ぷっ……ぁ、あふっ」 セフレの主婦が頭を前後に振って、たっぷり唾液を絡めた舌でち○こを包み込みながら扱く。 あの時と同じようにねっとりとち○こを愛でていると、先走り液と唾液が混ざった液体が唇を伝ってこぼれ落ちた。「んほ、ぉっ……んむ、むぅっ……ふはぁっ……」 欲求不満な人妻がガチガチに硬くなったちんちんから唇を離すと、それは凶悪な角度でそそり立っていた。 ち○ぽの血管が浮き出し、いっそグロテスクとさえ思えるようなチ○ポが、先端からダラダラと涎をこぼしている。「そのデカパイでパイズリはしてやらなかったのか?」「は、はい。すぐに挿入したそうでしたので……そのまま、エッチしていただきました」
 
 既に胸元は、奥さんがはしたなくこぼした唾液でベトベトになっている。 ランジェリーを脱いで全裸になった彼女は、ゆっくりと俺のち○こに手を伸ばし――先ほどの先走りを塗りたくるように、指で亀頭を円く刺激した。「昼間のリビングか……いい趣味じゃないか。どんな風に犯してもらったのか、言ってみなさい」「ぁ――わ、細身の奥さまが上になって……自分で僕のちんぽを、マンコのナカに入れました。向こうはお仕事で来ていただいているのに、人妻の我が儘で引き留めてしまいましたから……」 そう言って、ゆうきさんの膝の上にちょこんと座る。 既に天を仰いでいるチ○コを膣内に招き入れようと、奥さんは自分の蜜口を指先でくぱりと拡げた。「あぁ……ゆうきさん、挿入れてもいいですか? ゆうきさんのオチン○ン、奥さまのナカでズポズポしてもいいですか……?」「構わないよ。お前が業者にしてみせたように、淫らに跳ね回ってごらん」 そう言われて、こくりと頷く。 彼女はくぽくぽと物欲しげに蠕動しながら、オチ○チンがほしくて涎を垂らすオ○ンコの中へ――ゆうきさんのおちんちんを迎え入れた。「んあぁぁっ……! あはっ、あ、ァんっ――ッふうっ、アっ」 にゅぷぷっ……といやらしい音を立てて、ち○こがオ○ンコの穴を押し開いていく。 長大な僕のものを一週間ぶりに受け入れた若妻の膣内は、歓喜に震えてきゅぷきゅぷとチンコを咀嚼しているようだった。
 
「あふぅっ、あ、ァっ……来た――おっきいの入ってきたぁっ……! ゆうきさんのおちんちん、ほしかったのぉっ……」 卑しく俺を食もうとする膣壁が、うねうねと蠢きながらチ○コを奥へ奥へと誘導する。 そこに自重も加わり、その先端はあっというまにきれいな奥さんの一番奥に到達した。「ぁううぅっ……ン、はぁっ……は――お、お腹の中……ゆうきさんでいっぱいになってるぅ……」 セックスフレンドの主婦の中の、ぽっかりと空いた部分を僕に埋めてもらっているような気がした。 この瞬間――この瞬間に新婚の奥さんは、自分が世界一幸福であると実感できる。 大好きなゆうきさんとひとつになって、自分の一番いやらしいところを曝け出しているのがどうしようもなく幸せだった。「ぁ――あ、はぅっ……」「いつまで惚けているつもりだ? たかがちんちんを挿入しただけで、だらしないぞ」「は、はい……ごめんなさい、ゆうきさん――」 ぴしゃりと叱られて、人妻はようやく我に返る。 そして再び記憶の糸を手繰り寄せ……ゆっくりと、腰を動かした。「ぁ、ふぅっ……! ァんっ、あ、あぐっ」 ぢゅっぽぢゅっぽと音を立てながら、腰を上下に動かす――足の間から卑猥な音が聞こえてくるので、それが余計にsexフレンドの人妻の羞恥を煽った。「ンぅっ、ぁ、あ――すご、ぃぃっ……ゆうきさんのチンポっ、奥さんのナカごりごりしてるっ……」 我慢できない涎が、どんどん口の中から溢れていく。
 
 新婚の若妻が腰を上下に揺するたび、ぷるぷると胸が跳ねた。その様子を満足そうに見つめているゆうきさんは、そこでようやくぐっと腰を掴んでくれる。「んぉおっ……! ァ、あんっ! ふみ、や、さぁんっ!」「まんこの肉ヒダが絡みついてくるな――思い出して感じているのか?」「ちがぁっ……ゆうきさんだからっ――ゆうきさんがいっぱいズポズポしてくれる、からぁっ……!」 美形の人妻がズンズンっと下から突き上げられて、視界が明滅する。「アサミさんはこうしてすぐにイきそうになってしまうな。学生時代からなにも変わらないだろう」「ご、ごめんなさぃぃっ……アサミは――みんなにハメハメされてぇっ――ゆうきさんに助けていただいたとき、からっ……なにも――」 ゆうきさんの声は優しい。 だけどその言葉が、過去の記憶を無理矢理に揺さぶり起こしていく。「なにも、変わらない……ァあっ……」 何人もの男達の手が、彼女の体の上を這いずり回るのだ。 奥様のGカップの爆乳の乳房を揉みしだき、咥内にオチンチンを突き立て、まるで遠慮のない腰遣いで彼女を貫いてくる。「んぁァっ……ゆうきさんっ――ゆうきさん、お願い……」 記憶が蘇ることが恐ろしくてゆうきさんの体にしがみつくと、僕はなだめるように若妻の背中を撫でてくれた。 そうされると、ようやく奥様は息を吐くことができる。
 
「ッはあぁっ……ッァ、いやぁ――」「アサミさん――落ち着きなさい。よがり狂うお前は美しいけれど、我を失ってはいけない。そうだね?」「ンぅうっ……ゆうきさんっ……ゆうきさん、お願いします――もっと、激しく……じゃないと、怖いんです。清純な若妻――」 ゆうきさんの香り、視線、肌の質感。 それらを五感全部で感じ取って、彼女はなんとか取り乱した心を落ち着かせようとする。 短大時代――友人と一緒に参加したサークルで、人妻は幾度となく男たちに輪姦された。 sexフレンドの奥さんが望むと望まないとに関わらず、室内でも屋外でも犯された。「ぁあふぅっ……ンぁっ、あ、ふみ、や――ゆうきさんっ……」身悶えする人妻を躾けるように、ゆうきさんは強く膣奥を穿ってくる。 その甘い刺激に引き戻されて、主婦はたまらず俺の唇に吸いついた。「んふ、ぅうっ――んく、ちゅ、ちゅぅっ……ふはぁっ、あ、ァ――すき、大好きです……ゆうきさんっ……」 男の人に犯されている。 美人妻はゆうきさんに激しく抱かれている時が特に幸せだ。
 
他の男性に彼女が抱かれたと知ると、僕は余計に興奮してくれるらしい。「ぁあっ、ゆうきさんっ……彼女の――他の男の人をたくさん咥えこんだマ○コ……たくさん他の人に汚された子宮にッ……いっぱい、中出してぇぇっ……」 スレンダーな奥さんが卑猥な言葉を口にすると、ゆうきさんがうっそりと微笑んだ。 その表情だけで体がじわじわと痺れ、子宮が降りてきゅんきゅんと疼いてしまう。「ッ――いい、だろう。このままナカに出してやる、からっ……存分に、イきなさい。永羽ッ……!」「ッい――ァ、あぁぅっ、イくっ……あぁっ、イくのっ、ァあっ……だ、あ、ァ――んんぅっ、ァ、だめだめだめっ、イッ――」 ゴチュンッと最奥を穿つ先端に、主婦の体がぶるりと大きく震える。 次の瞬間訪れる愉悦の波に、彼女は体を強張らせて息を詰めた。 いっそ暴力的とも思える快感が、体の中を駆け巡っていく。「ぁう……ン……」「こら、へばってもいられないぞ……まだ俺はイッていないから、もう少し頑張りなさい」 体からすっかり力を抜いて息を荒くする欲求不満な奥さまに、ゆうきさんはそう言ってまた激しい律動を開始した。「ぁひっ、ァ、ひィんッ……! だぇ、あ、らぇっ……ンあぁっ、ァ、またイくの、止まらな、ァあんっ!」 イッたばかりで敏感になってしまっているおま○このナカを再び刺激されて、体がのけぞる。 ぐったりとゆうきさんの体にもたれかかるしかできないくらいに蕩かされて、それでも甘い責めはいっこうに止まることがなかった。
 
「んぁあっ、ァ、やぁっ――ァ、イっ……はぁ、ァんっ……」 主婦の言葉にならない声が、突き上げられるたびにただ唇からこぼれ落ちる。 それに満足したように、うねるお○んこを堪能していたゆうきさんが短く息を吐くようになった。「ッは、ぁっ……このまま精液を射精するから、受け止めなさいッ……!」「は、ぃいっ……ァ、あっ――あぁッ、ァ、びゅーって、出てっ……んは、ぁっ……!」 彼女のマ○コに熱いものがドプドプと注ぎ込まれる感覚は、ゆうきさんに心から支配されているみたいで気持ちがいい。 最後の一滴まで白濁液を注ぎ込まれて、美しい奥さんはうっとりとした心地でベッドの上に倒れ込んだ。「ぁ――ぁふぅっ……」 この瞬間が、一番幸せ――誰に抱かれても、誰に卑猥な言葉をかけられても、ゆうきさんとのエッチが一番彼女を満足させてくれる。 くたりと寝転がる彼女を、ゆうきさんは優しく撫でてくれた。「ん……」「それで――これだけか?」「……え?」「だから、これだけかと聞いているんだ。俺の出張中に出会った男とは、他になにかしなかったのか?」 その言葉に、奥さまは背筋がぞくりと震えた。
 
 恐怖ではなく、これは期待だ。記憶を手繰り寄せて、爆乳の奥さんは歪な笑顔を浮かべた。「ぁ――出会い系ハッピーメールのアプリで、出会った方と、ホテルに行きました。それで……あの、お、お尻を……」「なるほど。それならアサミちゃん、腰を突き上げて、尻をこちらに向けなさい」 柔らかい命令に、先ほどたらふく白濁液を流し込まれた子宮がまた収縮した。 若妻は犬のように四つん這いになって、円く重たいお尻をゆうきさんの方に向けた。「ぁ、あうっ……冷たい……」「最初から知っていたら、もう少し解してあげてもよかったんだが――まぁ、永羽なら大丈夫か」 冷たいローションとゆうきさんの指で後孔をきゅぷりとほぐされ、爆乳の美人妻は背中に特有の悪寒が走る。 それでも期待に胸を躍らせたセックスフレンドの専業主婦は、盛りのついた動物よろしくお尻を持ち上げ、ハッハッと息を吐き出した。「ぁあっ――ゆうきさん、怖い……」「十分解れたから大丈夫だよ。ほら、アナルもこんなにトロついてる――」 ぬぽぉっ……と粘っこい音を立てて指先で開かれたセフレの主婦のア○ルに、シリコン製の玩具が押し当てられた。 本当はゆうきさんのオチンチンが良かったけど――俺だって、中出しして疲れているはずだ。 主婦はぬぷっと挿入されるシリコンの感触に身震いしながら、体を押し開かれる快感に声が上がった。
 
「あ、ぁ、あっ――ッひぃ、お尻っ……苦しい、ですっ……」「我慢しなさい。……ほら、お前がされたようによがってみなさい。もっといやらしい姿を見せてくれ」 ゆうきさんの声で、欲求不満な奥様あ体がまたカァッと熱くなってくる。 背骨からお尻にかけてを指先でなぞられ、思わず腰がカクカクと揺れた。「ん、ふぅっ……ァ、あっ」 すっぽりと清楚な人妻のお尻に埋め込まれたシリコンディルドは、微弱に震えながら少しずつ刺激を生み出していく。ごりゅっ、ごりゅっと卑猥な音を立てながら、それは私の後孔を的確に犯していった。「ぁ、ああっ、ン――は、お腹、が……」 たくさんの振動パターンがあるそのディルドは、大きさや太さ、質量に至るまで一般的な成人男性のそれよりも大きい。 そんなものにお尻の穴を捏ねまわされるのはたまらないほど気持ちよくて、若妻は腰を振って快楽に身悶えた。「ォ、お――ッあ、あぅうっ……」 ごりゅっ、ごりゅっとアナルを刺激されることで腸壁越しに振動が伝わってくる。 30代の専業主婦は目が眩むような快感に乱れながら、奥様はぎゅっとシーツを掴んでそれに耐えた。「ぁああっ、ぉしりぃっ……! あつ、ぃ……んあ、ぁっ――」 優しい目線が自分の痴態を見下ろしているのだと思うだけで、体が総毛立つほどに気持ちよくなってしまう。 彼女はガクガクと体を震わせながら、体を駆け上ってくる規格外の快楽に身を委ねる――。
 
「んあぁぁッ、ぁひっ、ひぃっ……! ァ、ああっ――ゆうきさんっ……ふみや、さんっ……!」 ごちゅっと果物が潰れるような音を奏でながら、僕は更にディルドは奥深くを穿つ。 うねうねとうねりながら微細な振動を繰り返していたディルドが急にその動きを変え、腸壁を抉るように回転しながら振動を強くした。「ぁああぅっ、ァ、ひぃぃっ――ア、らめっ――だめっ、これだめぇっ、ンぁあっ、出ちゃうっ……また、これぇっ……」 ぷしゃぁっと愛液を噴きこぼした三十路の人妻は、深すぎる絶頂に息をすることもできなかった。 目を見開き、ようやく呼吸ができるようになると、今度は体が弛緩しきって動かない。 だが、そんなひどい姿の主婦を見ても、ゆうきさんは怒らなかった。卑猥なジョークで彼女を貶すことも、油性のペンで体じゅうに落書きをすることもない。「潮吹きまでするだなんて、本当に麻美ちゃんは淫乱だな……だが、その様が美しい。もっとお前の綺麗な姿を、俺に堪能させてくれればいいんだが」「も、っと……ゆうきさんに、新婚の奥さんの……?」 もっと触れられたい――そうは思えど、体の方はすっかり疲労困憊していた。 それを知っているゆうきさんは、若妻の額に浮かんだ汗を丁寧に拭ってくれる。「あぁ。……また来週から出張が入ってしまったが――あさみさんが色々な話を聞かせてくれると思うと、仕事にも張り合いが出る」「ん……また、ゆうきさんにたくさんお話ができるように――頑張ります。もっと、たくさん……」 大きな手のひらが、スレンダーな奥さんのゆっくりと頭を撫でる。 心地好い体温にうとうととしていると、ゆうきさんはそのまま美人妻を抱きしめてくれた。汗にまみれた体を寄せ合って、新婚の人妻たちは幸福な眠りへと落ちていくのだった。
 
出会い系サイトハッピーメールでの爆乳の人妻とのオフパコエッチのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓

















































 
なおハッピーメール(happymail)を利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないとすぐエッチさせてくれるかわいらしい女の子と出会ってセフレにしてオフパコセックスできませんので、ハピメに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハッピーメールのような出逢い系マッチングサイトで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで丁寧に解説していますので見てください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハッピーメールは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【PCMAXやれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【PCMAXセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【PCMAXヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【PCMAX体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【PCMAXハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【PCMAXヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【PCMAXやれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【PCMAXセフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.