deaikeitaiken_novel

【PCMAXやれる】欲求不満の爆乳若妻と不倫中出しセックス

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
僕は飽きもせず出会系コミュで奇麗な女性と即会いして、はめ撮りセックスに励んでいます(*^^*)
 
さて、今回は匿名で出会える詐欺でないであいけいSNSのPCマックスで出会った清純な主婦と東京都国分寺市で会ってsexフレンドにしていますぐオフパコsexをしてきたのですが、はめどり写メが多く撮影できましたのでご紹介します。
 
※この記事にはアダルトなセックスのはめ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会系マッチングサイトのピーシーマックスで出会った女は人妻で、名前は玲香さんといい、顔は長澤まさみ似のチョー美人でした((^┰^))
 
「……次は、どうしようかなぁ」 スリムな人妻はPCMAXのような出会い系アプリを使って誰かと出会う経験なんて今までに一度もなかったから、これでもそれなりに試行錯誤をしてきたつもりだ。 自撮りをしてプロフィールに写真を載せるときだって、最初は露出度の高い格好やきわどい下着を身につけたりもした。 だけど、それだけではピーシーマックスのような出会い系アプリ声を掛けてくる層が代わり映えしないというのは最近知ったことだ。PCMAXの出会い系アプリを使っている年齢層や趣味嗜好もあわせて考えると、それなりに「らしい」方が受けたりもする。 意外とかっちりした服装や、普通の格好の中にエッセンスを加えることで、学生や若い社会人からもメッセージを送られることが多い。 なので最近は、爆乳の奥さんはノーブラにブラウスを着たり、タートルネックを選んでみたりすることもある。今日もブラジャーはつけず、黒いタートルネックを素肌の上から着て、更にカーディガンも羽織ってみた。
 
「……この格好じゃ、すこし季節感がないかな……」 それなりに厚着になってしまったので、若妻は巨乳のオッパイの谷間や下にじっとりと汗をかき始めた。 それでも人妻はスマートフォンで角度や加工を変えながら、何枚かの写真を撮っていく。その中でもうまく撮れたものをPCMAXの出会い系アプリにアップロードすると、すぐに何人かの男性からメッセージが送られてきた。(こんな時間でも、メッセージを送ってくる人っているのね……) いわゆるPCMAXのような出会い系のアプリケーションでは、女性の比率が圧倒的に少ないと雑誌で読んだことがある。 だからなのか、写真をあげるとすぐにたくさんの反応があった。どうやら男性の方には、写真を更新するとトップページだかにその写真が表示されるらしい。 奥様はついでに、プロフィールに一言書き加えておいた。『夫が出張中で、体を持てあましています。30代専業主婦。興味がある方はメッセージをください』 こう書いておけば、一日でそれなりにメッセージをもらえる。 だらだらと長たらしく書き込みをするよりは、シンプルな方が人目にもつきやすいらしい。「いまいち仕組みがわからないけど――お昼まで待ってみてもいいかな」
 
ディスプレイを消して家事をこなすと、彼女はしばらくの間すっかりとそのアプリのことは頭から抜け落ちてしまった。「……あっ、いけない――」 結局メッセージの返信をしなければと思いだしたのは、昼食を食べ終わった午後一時過ぎのことだった。 巨乳の奥さんがピーシーマックスの出会い系アプリを開いてみると、既に五十件を超える通知が来ている――これに一つずつ返信するのは骨が折れるし、中には返事を期待していないのか、一言二言のみの挨拶や卑猥なジョークが入り交じったものもある。 主婦はそれらは一度無視をして、出会い系アプリPCMAXのぱらぱらと気になった人のプロフィールを眺めていく。(この前は適当に選んで、結局ホテルにも行けなかったから……少し慎重に選んだ方がいいのかも) 気になってメッセージを交してみても、いざ会ってみたら相手の方が気後れしてしまうということもあるらしい。 奥さまは出会い系アプリのPCマックスでは既婚者だということをプロフィールで明言しているので、実際に会うと夫の影がちらつくのかもしれない。 そんな中、ふと目に留まったのはスーツ姿の男性のメッセージだった。別にスーツでプロフィール写真を撮っている人なんて珍しくもないが、なんとなくフィーリングがあったのだろう。 プロフィールページを確認すると、そこには食品メーカーでの営業をしているとの表記があった。
 
「……この人にしよう」 期待に胸を躍らせながら、奇麗な人妻はその人にメッセージの返信をした。『こんにちは。メッセージありがとうございます。こういう格好はお好きですか?』 一般的な会社は、そろそろ昼休みの時間だろう。美しい主婦が短いメッセージを送ってみると、予想通りすぐに返信があった。『ありがとうございます。まさか返信があるなんて思いませんでした。下着、つけてませんよね? 清楚そうな印象だったので、ちょっと気になりました』 出会い系アプリのPCマックスのメッセージに食いつきを見せたのを確認して、30代の人妻はそこから何通かやりとりをする。
『もしよかったら、今度お会いできませんか? 一度お話をしてみたいです』 人妻の方からそう持ちかけると、三十分ほど時間が空いてから新着のメッセージがあった。 自分の中のルールとして、出会い系アプリのピーシーマックスでその時やりとりをおこなう人は一人だけと決めている。だから、俺の方から返信が来るまではぼんやりとテレビを見て過ごしていた。 彼女は時間を持てあます。きっと俺は、そんな若妻の毎日を理解してこんな『約束』をしてきたのだろう。『土曜日でしたら、お会いできます。場所は東京都国分寺市国分寺駅近くのホテルのロビーでいかがですか?』 ぼんやりとそんなことを考えていると、メッセージの返信があった。 東京都国分寺市国分寺駅近くのホテルは、家からもそれほど遠くない。
 
金曜の夜は、セフレの主婦は柄にもなく洋服をあれこれと選んでみたりもした。清楚っぽい格好の方が僕の好みだろうと、あえて薄い色のワンピースを着ることにする。 そしていざ土曜日になると、欲求不満な美人妻は自分がいかに浮かれているのかを体感することとなった。朝目が覚めるとショーツがじっとりと濡れ、彼女の体の内側が熱っぽく火照っている。「……そんなに楽しみにしてるの?」 これまで彼女は出会い系アプリのPCMAXで何人かの男性と会って、計画的にしろ突発的にしろエッチしてきたけれど――こんな風になったのははじめてだ。 それだけ奥さんは、俺との出会いを楽しみにしているのだろう。 朝食のトーストを食べ終えた欲求不満な主婦は、普段よりも丁寧にメイクを施し、選び抜いたワンピースとストールで外に出た。「暑いのね……帽子も被ってくればよかった」 外に出ると案外日差しも強く、ストールだけではなかなか日差しを遮るのも大変だ。 とはいえ、東京都国分寺市国分寺駅までついてしまえばホテルまではすぐなので、そのまま指定されたロビーに向かう。
 
スーツ姿のビジネスマンはたくさんいたが、交換した写真にあった男性の姿はなかなか見当たらない。 セフレの奥様はきょろきょろと周囲を見回しながらロビーの中を探していくと、少し奥まった場所の椅子に腰掛けたスーツ姿の背中を見つけた。「……ゆうきさんですか?」 そっと声を掛けると、その人は弾かれたかのように顔を上げる。 30代半ばくらいだろうか。顔立ちの端正な若い男性が、どこか不安げな表情で新婚の奥さんを見上げていた。「玲香さん?」「はい。お待たせしてしまってすいません」 そう言って軽く微笑むと、俺は何度か頭を下げて周囲を見回した。「そんなに、待ってません。その……暑い中、わざわざ来ていただいてありがとうございます」「いいえ、そんなにかしこまらないでください。玲香さんの方こそ、せっかくのお休みなのに」 ゆうきさんの視線が、奥様の胸元に注がれている。 今日はさすがに下着を着けてきたけれど、セフレの若妻は爆乳のオッパイの谷間にはしっとりと汗をかいていた。「そ、そうだ……お茶でもどうですか。外も暑かったですし……色々、お話をしたくて」 ゆうきさんはそう言って、ホテルに併設されているカフェに清楚な若妻のことを連れてきてくれた。 アイスコーヒーを二人分頼んでから、三十路の若妻は俺を観察するようにその仕種を眺めている。(出会い系アプリのピーシーマックスの写真で見るより、少し童顔ね。)その後俺とセフレの主婦はカフェで少し会話した後、東京都国分寺市国分寺駅近くのホテルの部屋に向かった。
 
ホテルの部屋に入ると、ベッドの上で小さくなりながら、ゆうきさんは興奮を抑えきれない様子だった。 アラサーの主婦は俺の隣に腰を下ろして、少し汗ばんだシャツのボタンを外しはじめる。「緊張しますか? それとも――興奮する?」「興奮します」 涼しげな目許に、隠しきれない情欲の色が滲む。 シャツのボタンを全て外してあげると、俺はそっと奥様の唇に吸いついてくる。「っふ……ぁ、っん……」 確かめるように触れるだけのベロちゅうが、どんどんと深くなっていく。 彼女にぐっと肩を掴まれて、ぬるりとした舌先が口内に挿入される。 柔らかくて生ぬるいその感覚に、人妻はぶるっと肩がふるえた。「ぁ、あぅっ……ン、んんぅ……」 キスの仕方が、夫とはまるで違う。 根こそぎ奪うようなくちづけではなく、探るようそれがどことなく新鮮で、彼女も僕の背中に手を回した。「ぁ、んんっ……んむ、ぅっ……」 くちゅ、と音を立てながら唾液をかき混ぜて、お互いの体をきつく抱きしめ合う。 ややあって離れた唇からは、名残惜しげに透明な糸が引いていた。「麗華さん――もっと、触っていいですか」 それは、こちらの答えなど求めていない問いかけだった。 背中のチャックを引き下ろしたゆうきさんが、奥さんのワンピースを脱がしていく。
 
その辺りは慣れているのか、美人妻は簡単に下着姿へと剥かれてしまった。「やっぱり、レイカさんって胸でかいですよね。写真で見てたときから思ってたんですけど、柔らかそうで……」 両胸を包む下着も取り外されると、sexフレンドの奥様の巨乳の胸がぷるんっとまろび出る。少し重たいそれを下から持ち上げて、ゆうきさんは感嘆の声を上げた。「す、ごい……思ってたより、ずっと柔らかい――」「ぁ、あっ――ゆうきさんっ……そんな、ぎゅって……」 セフレの若妻はGカップの爆乳の胸をぐにぐにと揉みしだかれて、背筋に甘い痺れが走る。 感触を楽しむように柔肉を揉み込む俺の手は、夫のそれよりも張りがあって、瑞々しい。 少しかさついたダンナ様の手のひらとの違いが、溶け出してしまいそうなほどの官能を与えてくれた。「ァ、ああっ……」「――俺、こういう巨乳のおっぱいに一回挟んでもらいたかったんですよね。レイカちゃん、こういうことってダンナ様としたことありますか?」 ジッと音を立てて、今度こそゆうきさんのおちんちんが取り出される。反り上がったチンポは既に涎を垂らしていて、荒っぽい呼吸を繰り返すゆうきさんはお○んちんの先を人妻の胸に埋めた。「んぁあっ……すごい――ビクビクいってる……」
 
主婦はたぷんっと跳ねる爆乳のバストで僕のちんこを包み込むと、火傷してしまいそうなほど熱いちんこがドクドクと脈打っているのがわかった。 奥様はきゅっと胸を寄せて、爆乳の胸全体でそれを扱きあげる。「ぁ、あっ……」「ぁ――すご、っ……マジで柔らかくて、悪いことしてるって気になりますね」「そう、かしら……」 主婦が爆乳の胸を寄せて上下に動かすと、亀頭が谷間から顔を出す。 それに舌を伸ばして、ゆっくりと先端を舐めていく。 彼女は動きを止めて、たっぷりと肉の感触を教え込むようにしながらそのち○ぽを頬張ると、ゆうきさんは腹筋に力を込めて息を詰めた。「っぐ……」「ぁむ、ぅ……ン、んんっ……んく、ぅっ……」 青臭い味が口の中で広がっていく――細身の若妻は口を窄めながら、ちゅぽちゅぽと音を立てて頭を動かすと、唾液とガマン汁が混じったものが唇の端からこぼれ落ちた。 若妻が丹念に胸で揉み込みながら愛撫を繰り返していくと、ゆうきさんは深く息を吐いた。「実は、ずっと考えてたんです。どんな風に麗華さんを抱こうかって」「んんっ……初めてじゃないんでしょう? ピーシーマックスの出会い系アプリを使って誰かに会うのは――毎回そんなことを考えるの?」「結構考えますよ。何回麗華ちゃんの胸で抜いたと思ってるんですか」
 
小さく笑いながら、ゆうきさんは若妻の髪をくしゃりと撫でた。 たったそれだけの動作で、下腹部がきゅんと疼く――ショーツはじっとりと濡れていて、足を動かせば音が聞こえてしまいそうだった。「レイカちゃんっ……一回、手を離して」 震える息を吐き出したゆうきさんが、彼女にそう命じる。 言われた通りに胸を挟んでいて手を離すと、爆乳のおっぱいがたぷんと揺れた。そこから引き抜かれたち○ぽはてらてらと濡れ光り、当然それを挟んでいた彼女の両胸もべとべとになっている。「――ご主人は、どんな風に玲香ちゃんのことを抱くんですか」「どんな風に、って……普通ですよ。ごく普通のsexです」 そう微笑むとゆうきさんはなにか言いたげな表情を浮かべた。 それから僕は若妻の両胸を再度持ち上げ、その先端をきつく摘まみ上げた。「ぁ、あぅっ……」「普通じゃないだろ、こんなこと……そういえば、二人のなれそめを聞いてませんでしたね」「なれそめ――」 きゅうっと乳首をつままれて、その痛みで子宮の疼きがより強いものになる。 唾液がたっぷりと絡んだ舌が乳輪に這うのを眺めながら、若妻はぶるっと体を震わせた。
 
「助けて、もらったんです……奥さん、短大の時に付き合ってた恋人に騙されていて」 ヤリサーというには少し小規模だったが、とにかく恋人はそういうグループに所属している人間だった。 可愛らしい奥様が俺の家に呼び出されるときは決まって複数の男たちに抱かれることになっていたし、中高と女子校だった奥さんは、あるところまでそれが異常であるとも気付かなかったのだ。「外で――何人もの男の人に輪姦されることもありました。本当は嫌で仕方がなかったけど、逃げようとするともっとひどくされるんです」「それは……」 絶句するゆうきさんに、清楚な美人妻は軽く笑いかけるしかできない。 確実に引かれただろうが、そこから至るのが正しくダンナ様とセフレの奥さまのなれそめだ。「短大の時かな。夜の公園で裸にされた私を、ちょうど通りがかった旦那に助けてもらったんです。車に乗せてもらって、家で話を聞いてくれました」 他人に彼女の姿を見られたことで、当時の恋人も怖じ気づいてしまったのだろう。 それ以来向こうからの連絡はなく、専業主婦はその時助けてくれた夫と結婚した。「旦那は、彼女のことを理解してくれるの。エッチの時も、昔を思い出しておかしくなっちゃう時があって……でも、俺は何度もキュートな奥様を愛してくれる」 ご主人は、奥さんを救ってくれた。 彼女の性質を理解して、その上で妻として躾けてくれる。そんな僕に何度心が救われたかわからない。
 
ゆうきさんはきらきらと目を輝かせながら、うっとりと微笑んでいた。 そうして俺はセフレの奥さまの体をベッドに横たえる。奥様ははち切れそうなほどに膨張しオチン○ンに視線を向けるが、その楔はまだマ○コを貫こうとはしない。「ぁ、あっ……」「俺と会ったこと、夫に話すんですよね?」「えぇ――それが、俺との約束ですもの」 人妻は大きく足を開かされて、ま○こをじろじろと見下ろされる。 その視線だけでマンコはじゅわっと蜜を帯び、軽く指を挿し込まれただけでぞわぞわと快感が駆け上ってきた。「ぁ……」「ちゃんと俺の名前も伝えておいてくださいよ。ゆうきがここで……麗華ちゃんのことを抱いたって」 ぬちぬちと、粘着質な音を立てて指先が欲求不満な奥様のマンコをなぞりあげる。 とろりとした愛液を湛えたそこに指の第二関節ほどを挿し入れたゆうきさんは、もったいぶった動きで彼女のおまんこの中を捏ねまわした。「ンぁ、あ――は、ぁうっ……ぅ、ン、んっ……」 ほんの浅い位置を弄られているだけなのに、新婚の人妻の体はどうしようもなく反応してしまう。 入口の辺りを爪で引っかかれる刺激だけで、彼女は目の前がくらくらしてどんどん声が漏れていった。
 
「あ、ぁうっ……ァんっ、はぁっ……」「喘ぐだけで胸が揺れてる――れいかさん、どんだけ感じてるんですか」「だって、ぇっ……ずっと、楽しみにしてたからぁっ」 こちゅっと内壁を擦られて、爆乳の若妻は口の端から涎がこぼれ落ちる。 そうすると、ゆうきさんは笑みを深くしてよりオマンコの奥まで指を挿入してきた。「んぁああっ!」「指だけでこんなになってるなんて、本当に淫乱――夫は、普段こんな人を抱いてるのか……」 恍惚とした声を漏らしたゆうきさんが、膣内で動き回る指を二本に増やした。 バラバラに内側をかき混ぜられた彼女は、腰をくねらせてその感覚に酔いしれる。「んぁっ、ッく、ぅうっ――んっ、指、気持ちいい……」 長い指で膣内を蹂躙されて、清純な若妻はその先にあるものに期待度が高まっていく。 本当に――指でこれなのだから、ここから先はどうなってしまうのだろう。 ここ数日はひたすらゆうきさんとのやりとりを行っていたから、他の誰にも会っていない。 どうせだから盛り上がろうと思って、奥様はオナニーすらしない毎日が続いていた。そのせいで折り重なっていたものが、ゆうきさんの指先でほろほろと崩れおちていく。「ッひ、ぁ、ああっ――だめぇっ、も、そんなに激しくされたらぁっ!」 くぽくぽと音を立てながら抜き差しされる指に、体が痺れていく。 スレンダーな若妻がだめと言ってもやめてと言っても、ゆうきさんはその手を止めようとはしなかった。
 
「イっていいですよ。麗華さんがイくところ、俺によく見せてください……」 指だけの愛撫でイッてしまうなんて、そんなことありえない――そう思っていたのに、僕の巧みな愛撫は簡単に若妻のことを絶頂の極みに押し上げる。「あぁっ、そ、んな――ぁ、だめぇっ、それっ……ひぅッ、ぁ、あ、あ、イッ……ァ、んんっ――!」 ビクンッと体を大きく跳ねさせたスタイル抜群の奥さんは、切なくオマンコを収縮させながら果てた。 一度大きな波にのまれてしまった体はちっともいうことを聞かず、はしたなく蜜を垂れ流しながらより大きな熱を求めている。「ぁ、あ――は、はぅっ……」「のけぞっちゃって、可愛い――そんなに気持ちよかったです? 指だけでイけるなんて、やっぱり玲香ちゃんは本物の淫乱なんですね」「ち、がぁっ……今の、は――ゆうきさんが、い、意地悪するから……」 絶頂の余韻はまだ欲求不満な若妻の体を甘く縛りつけており、思うように体を動かせない。 ゆうきさんは彼女の足を軽く折り曲げると、しとどに濡れたマンコに自分のおちん○んを擦りつけはじめた。「ァ、んっ――ひぅっ、ァ、あっ」「うわ……ヌルヌルしてて気持ちいい――俺、まだ指しか入れてないのにな……」
 
ゴクッと喉を鳴らしたゆうきさんが、腰を上下させてチ○コを擦りつける。 それだけで刺激が生まれてしまい、スレンダーな人妻は浅ましく腰を浮かせてその快楽を追った。「ぁあんっ、ァあ――それぇっ……だめっ、気持ちよく、なっちゃうぅっ……」 ぬちゅ、くちっと、粘っこい音が鼓膜を犯してくる。 胸での奉仕ですっかり硬くなったオチ○チンを突き立ててほしいのに、僕は先端で入口をなぞるばかりだ。 達したばかりの彼女の体は貪欲で、俺から与えられる愉悦を欲している。「お願い――ねぇ、焦らさないで……私のナカに、ゆうきさんのちん○ん……奥まで、思い切り挿入れて――」 専業主婦は――自分から足を開いて、オマ○コを指で拡げてみせた。「おねだりのやり方まで、ご主人に習ったんですか?」 低く笑ったゆうきさんは、そこでようやくオ○ンチンの先端をぐっとマンコのナカに押し込んでくる。 ゆっくりと、もったいぶったような動きの挿入は、散々焦らされたsexフレンドの専業主婦の体を更に熱っぽくさせた。「ぁあ――き、たぁっ……!」 ま○この中をぬちぬちと割り入ってくるち○こは、雁首が張り出ていて気持ちいいところを思い切り擦りあげてくる。
 
「ぁおっ、ぉ、ぅうっ……」 セフレの美人妻はぐぬっと大きく膣道を拡げられながら、太長いものを体の中へと受け入れていく。 やがてちんこの切っ先がオ○ンコの最奥に到達すると、ゆうきさんは軽く腰を揺さぶった。「ひぁあっ、ァ、あんっ」「ナカ、温かいですね。それにすごく狭い……すぐ出しちゃわないように気をつけないと」 うっすら笑ったゆうきさんは、何度かゆっくりとした抽送を繰り返す。若妻の蕩けた膣内はそれだけで歓喜し、きゅうきゅうとちんちんを締めつけて悦楽を生み出した。「あふっ、ァ、あ――」「ちゃんと、気持ちいいところは教えてくださいよ? 俺は夫と違って、レイカちゃんを抱くのは初めてなんだから……」 少し早口になりながら、ゆうきさんは徐々に責め立てる動きを強くしていく。 膣壁をめくりあげるほどに強く抽送を繰り返されると、その動きに応じるように彼女の爆乳のオッパイがふるんっと揺れた。舌舐めずりをしたゆうきさんがその先端にしゃぶりついてくる。「ぁああぅっ、ァ、んんっ」 舌先で乳首を捏ねまわされながら、生々しい音を立てて俺を刻まれる。 ねっとりとセックスフレンドの専業主婦の体を責め立てる夫とは違い、性急な動きがより大きく若妻の官能を揺さぶった。「ぁ、あぁんっ! すごい……もっと――もっと激しく……」「いくらでも……ッ、激しくしてあげますよ」「はぅッ――ァ、お、ぉっ……」
 
ズンッと強く突き上げられて、巨乳の人妻は驚きと衝撃に目を見開いた。 言葉や道具でじわじわと追い立てられるsexに慣れているせいか、あちこちを次々に刺激されるとなおのこと体が反応する。 彼女はシーツをきゅっと掴んで、膣奥を抉るような動きに必死で耐えた。「ぁあうっ、ひゃ、ぁっ――」「ッく――レイカちゃん、どんどん締めつけキツくなって……ッ、これ、本当に人妻のまんこかよ……」 歯を食いしばるゆうきさんの額から、ぽたりと汗の雫が落ちる。 凄艶な表情はどことなくダンナ様に似ている――今自分を抱いているのが俺でないことはわかっているのに、巨乳の主婦の唇からは愛しい夫の名前がこぼれ落ちた。「……〇〇、さん――」「は――」 低い声に、人妻はやってしまったと口元を押さえた。 さすがにベッドの中で、夫の名前を呼ぶのはタブーだろう。ゆうきさんはきっと、気分を害してしまったに違いない。「ぁ……ご、ごめんなさい……」 清楚な主婦は申し訳なさでいっぱいになりながらゆうきさんの顔を仰ぎ見ると、僕は口元をわななかせていた。 なにを言われるかと身構えていると、やがてゆうきさんは興奮に上擦った声でセフレの人妻の名前を呼ぶ。「レイカさん――俺のこと、ダンナ様だって勘違いしちゃいました?」
 
ずりゅぅ……と一気に腰を引かれて、美人妻の肉襞が名残惜しげに絡みつく動きをした。「あぁぅ、ぅ……ン、んんッ! ァ、あふぅっ!」 けれど次の瞬間、引き抜かれたち○ぽは一気にマンコの奥まで突き立てられる。 押し出されるように息を吐いた奥さまは、がくがくと強く揺さぶられながらゆうきさんの腕に手を伸ばした。「ッひ、ぁあっ、ァ、やぁあっ……」「いやじゃ、ないだろ――こんな気持ちよさそうな声だして、説得力ないですって」 長大なチ○コは咥えこんでいるだけでも苦しくて、それを何度も出し入れされるものだから次第に呼吸が上がってくる。「ぁあっ、イイ――気持ちいいのぉっ……! ゆうきさんに子宮ゴツゴツされるの……ッ、大きなおちんぽでズボズボされて、気持ちいいからぁっ……」 シーツを掴んだままだった手を、ゆうきさんが柔らかく握ってくる。 恋人同士のように指を絡め合いながら、彼女たちは互いを貪るようなくちづけを交した。 ぐりぐりっと先端部分で子宮口にもキスをされ、すっかり専業主婦の体は発情しきった一匹の雌に成り果ててしまった。
 
突き上げられるたびに刺激を生み出す膣肉が、俺の種をねだって蠢動する。「んんぅっ……んふ、ぅっ――ちゅ、むぅっ……んはぁっ、ァ、はぁっ……」 体に浮き上がる汗のせいで、二人の体がより強く密着するのがわかった。 主婦はいつの間にか僕の腰に足を絡ませ、もっと深く繋がりたいと言わんばかりに体をうねらせてしまっている。「ぁ、ああっ――ごちゅごちゅされ、てぇっ……気持ちいの、止まらないの……」 人妻が卑猥な言葉を口に出すたびに抽送は強くなり、ゆうきさんの呼吸がどんどん荒くなっていった。「はぁっ……ァ、玲香さんッ――れいかちゃんのナカ……膣内に出しちゃっていいですよね? ね? いつも夫がするみたいに、子宮に精子流し込まれたいですよね……?」 耳元で囁かれて、セフレの専業主婦は思わず頷いてしまう。 それはさすがにいけないことだと、頭ではわかっているのに――低く笑う声に、想像が掻き立てられる。(赤ちゃんできちゃうかも――出会い系アプリPCMAXであった男にに中出しされたら……) 主婦は過ぎた快楽で目尻から涙がこぼれる。 背徳感と一緒に、このことをダンナ様に報告できるという歓喜で、体がわななく。「だ、して――レイカのナカに、ゆうきさんの気が済むまで、いっぱい中出しして……!」 若妻はぎゅっと僕の背中に腕を回し、皮膚を密着させる。 どんどん強くなるピストンに目眩がした。
 
「ぁあうっ、ァ、あんっ! ぁ、あィっ……ィ、ひぁあっ」 力強く脈動するちん○んを絡め取りながら、更にきゅうきゅうとセックスフレンドの美人妻のマ○コが収斂する。「あぁっ、ン、ぅ――ぁ、あっ……!」 ビクンッと体が跳ねると、眼前が白く弾けていく。忘我の極地に達した美しい奥さまの体は何度かゆうきさんによって揺さぶられ、ぢゅぽぢゅぽといやらしい水音を立てる。「ひぐっ、ゥ、やぁっ――だめっ、激しくされたらっ……」 彼女はイッたばかりで体が敏感なのに、遠慮なく揺さぶられたら際限なく愉悦を感じてしまう。 軽く頭を振って拒絶の意を表しても、既に吐精の準備をしている俺の体は止まらない。「もう少し、頑張ってくださいね……今、ナカに全部中出ししてあげますから」 ぐぽっぐぽっといやらしい音を立てながら、ゆうきさんが更に抽送を強める。「ッはぁっ、出るっ――」 低く吼えたゆうきさんが、ぶるりと体を震わせてザーメンを子宮に浴びせかけた。「ぁ、あぁっ……」 sexフレンドの若妻はわなわなと体を震わせ、全身で喜悦を感じながら熱いものを感じる――脱力した体から、萎えたチンチンがずるりと引き抜かれた。「んァ、ぁ――は、ぁぅ……」 気持ちよかった――下手をしたら、旦那と同じくらいに。 今ま> ピーシーマックスで出会い系アプリピーシーマックスで出会ったり、家の中で誘った男の人よりもずっといい。相性がいいといえばそれまでだが、自分と似たような嗜好を持つ男に組み敷かれる快楽は思ったよりも大きい。
 
「んんッ……ゆうきさん、気持ちよかったですか?」「え――は、はい。すごく……この部屋も、玲香ちゃんも」 ふーっと息を吐いたゆうきさんが、汗で張りついた若妻の髪を掻きあげ、もう一度唇に吸いついてくる。「すごく、気持ちよかったです……」 うっとりとした表情でそう言いながら、汗ばんだ体じゅうにキスを落とされる。 その愛撫を受け止めながら、若妻は枕元のスマートフォンに意識を向ける。 ――もう一度くらい、俺と楽しめるだろうか。「ねぇ、ゆうきさん……今日って、お夕飯を食べていきませんか?」 すりっ、と自分の下腹部を手で撫でながら、そんなことを尋ねてみる。 こちらを見つめてくるゆうきさんの目にじっとりとした光が宿るのを感じて、彼女は唇に浮かべた笑みを更に深くした。
 
出会い系サイトPCMAXでのセフレの人妻とのタダマンエッチのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓











































 
なおPCマックスを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと今すぐセックスできるかわゆい女性と出会ってsexフレンドにしてタダマンsexできませんので、PCMAXに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ピーシーマックスのような出合い系コミュニティで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで分かりやすく説明していますので見てください。
 
⇒出会い系サイトPCMAXの詳細はこちら
 
※ピーシーマックスは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.