deaikeitaiken_novel

【PCMAX出会える】清楚な巨乳女子大生と処女喪失セックスで中出し

更新日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
自分は日々出逢い系アプリで美人の女をセックスフレンドにして、タダマンセックスをやってヤりまくっています\(*T▽T*)/
 
さて、今回は即出会いできる無料お試しポイントがある出会系コミュのPCMAXで出会ったキュートなロリJDと東京都東久留米市で会ってセックスフレンドにして今からすぐ即ハメセックスをしてきたのですが、はめ撮り写メが沢山撮影できましたのでレポートします。
 
※この記事にはエロいsexのハメ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出合い系アプリのPCMAXで出会った女性はロリJDで、名前はアヤメちゃんといい、顔は浜辺美波似の相当美人でした(^^)
 
ロリ女子大生とは、出会い系SNSのPCMAXで知り合ってラインでやり取りした後、東久留米駅周辺の高級海鮮居酒屋に飲みに行った後ホテルOKとのことだったのでいつも通りラブホテルに行ってオフパコsexをしました。
 
2人が東京都東久留米市の東久留米駅周辺のラブホの部屋に入ると、僕は巨乳の女子大生をこちらに向かせ、正面から抱きしめた。 よくしなる肢体を引き寄せながら、唇を奪った。 女子大生(JD)はキスをいやがらなかった。だが、身体も唇もこわばっていた。 俺はそんな可愛いJDを愛おしく感じて、唇を強く合わせた。さすがに舌をつかうことはしなかった。彼女がかえって引くのではないかと思ったからだ。 それでも、巨乳のロリ女子大生(JD)の顔の角度を変えて、ついばむようなキスを浴びせ、わずかにひろがった唇の隙間に舌を這わせると、スレンダーなロリ女子大生のこわばった身体から徐々に力が抜けていき、ついには、ぎゅっとしがみついてきた。
 
俺は最大限の愛情を込めて自称処女のロリ女子大生の唇をついばみ、重ね、吸い、舌をうごめかせながら、小さな背中を撫でさすり、腰に手を這わせた。 ロリ女子大生(JD)の尻をつかみ寄せて、引き寄せると、「あっ……!」 ロリ女子大生はキスをやめて、のけぞるようにして喘ぎ、胸のなかに顔を埋めてきた。 僕はふらつくちょっと前までJKのロリ女子大生をソファに寝かせて、上からやさしい気持ちで見た。ロリ女子大生(JD)は視線を合わせ、恥ずかしそうに顔をそむけた。 その横顔にキスをして、ねじれた首すじにも唇を押しつけた。 ロリJDの巨乳の乳房をそっとつかみ、愛情を込めて、揉んだ。 女子大生(JD)の巨乳のおっぱいは想像以上に豊かで、揉むたびに手のひらにたわわな弾力を伝え、「あっ……あっ……ダメ……」 セフレのロリJDは一瞬、僕を突き放そうとした。 かまわず胸のふくらみを揉み、唇を奪った。 さっきより激しく唇を合わせ、舌で唇の狭間を狙った。そうしながら、清楚なJDの巨乳のおっぱいを愛撫した。 やがて、sexフレンドのJDの唇からこわばりが完全に取れ、わずかにひろがった唇の間に舌を差し込むと、彼女はおずおずと舌をからめてきた。 その小さくて、つるっとした女の舌がためらいながらもからんできたときの感触を今も忘れないよ。 僕はそれを歓迎しつつ、セックスフレンドのロリJDの上着を脱がし、さらに、Tシャツの裾から手を入れて、巨乳の乳房をさぐった。
 
ブラジャーの存在を感じながら、自称処女のロリ女子大生の巨乳の乳房を揉みあげると、たわわなオッパイが揺れて、「んっ……んっ……」 キスをしたまま少し前までJKのロリ女子大生(JD)は、セクシーに声を洩らした。 俺は彼女の身体を横向けて、背中のホックを外した。こういうことだけは器用だと言われているし、自分でもそれは自覚している。 知ってるか? ブラジャーのホックを外すコツを。ひとつずつ外したらダメなんだ。均等な力で一気に二つのフックを外すんだ。さもないと、片方だけ外れて、もうひとつはちっとも外れないという厄介なことになる。 ブラジャーをゆるめておいて、ふたたび女子大生(JD)をソファに寝かせ、ブラジャーを押しあげるようにして、巨乳の乳房を揉んだ。 もちろん、Tシャツは脱がしていない。女性は大概が自分の身体にコンプレックスを抱いている。とくに初めての男とエッチするときは、身体は見せたくないんだ。 清純なロリJDの胸は大きくて、形が良かったから、多分、胸にコンプレックスは抱いていない。だが、念には念を入れた。 俺はふたたび唇を奪い、丹念なキスをつづけながら、女子大生(JD)の巨乳の乳房をやさしく揉んだ。そこは柔らかくて、想像よりはるかにたわわだった。
 
そして、柔らかな肉の塊は指のなかで自在に形を変えながら、まとわりついてきた。指が乳首に触れると、「んっ……!」 sexフレンドのロリ女子大生(JD)は唇を合わせたまま、びくっと震えた。 乳首がとても敏感だった。ほとんどの女性は乳首が強い性感帯だが、程度というものがある。 僕はキスをしながら、指で乳首を触ってみた。 上からゆるゆると円を描くように捏ねると、JDの乳首は急速に硬くしこり、やがて、カチカチになって、そこを指腹で挟んで転がすと、「んっ……んっ……んんんんっ……」 ロリJDはのけぞり、その動きで唇が離れた。 ここは一気に攻めるときだった。 僕はそこで初めて白のTシャツをめくりあげ、肌色のブラジャーも押しあげて、転げでた巨乳のバストにしゃぶりついた。 直線的な上の斜面を下側の充実したふくらみが押しあげた、18歳のJDの乳房はとても男をそそる形で、おそらくEカップだろう。 感激したのは、乳暈と乳首が透きとおるようなピンクだったことだ。 正直言って、長い間女と接してきて、こんなに薄いピンクの乳首は初めてだった。 僕は丁寧に、すごく丁寧に女子大生(JD)の乳首をかわいがった。ゆっくりと上下に舐め、横に舌を揺らした。「くっ……くっ……」 奇麗な女子大生(JD)は手の甲を口に添えて、必死に喘ぎを抑えていた。だが、ますますしこってきた突起を下から舌で持ちあげるようにして、ピンッと弾くと、「あうっ……!」 綺麗なロリJDは鋭く反応して、それを恥じるように顔をそむけた。
 
だが、身体は正直だった。 僕は片方の乳首を舐めながら、もう一方の乳首を指でやさしく捏ね、転がした。すると、左右の乳首はそれとわかるほどに硬く、せりだしてきて、「ぁああ、ああ……」 彼女はのけぞりながら、パンツの太腿をよじるようにしていた。 俺はパンツのウエストから手を差し込んで、パンティ越しに太腿の奥に触れた。そこは微妙に汗ばんでいたが、クロッチをさすると、「んっ……あっ……あっ……ぁああ、ダメっ……」 自称処女の女子大生(JD)は太腿をよじりあわせて、いやいやをするように首を振った。 太腿の圧迫を感じながらも、クロッチを撫でるうちに、そこが明らかに湿ってきて、彼女は「あっ、あっ」と声を洩らした。 俺はふたたびその唇を奪い、下腹部をまさぐった。 すると、ロリJDは堰が切れたように自分から舌をからめ、僕の頭を抱き寄せた。 そのときになって、僕は気づいていた。 指の動きにつれて、セフレの女子大生(JD)の下半身がわずかだが、せりあがっていることに。 せがんでいるのだ。ここにチ○コを入れてほしいのだ。 浜辺美波激似のロリJDの意思はわからない。だが、身体が求めているのだ。身体はとても正直だから、僕は最終的には、身体しか信じていない。
 
女は平気でウソをつく。だけど、肉体は正直だ。 僕はロリJDのパンツに手をかけて、強引に足先から抜き取った。「あっ……!」 と、ロリJDは身体をくの字に折って、まんこを隠した。 女のこんなに初々しい姿を見たのは、ほんとうにひさしぶりだった。 俺はパンティを脱がす前に、自分が裸になった。 自慢できる体じゃないが、女を裸にするんだから、その前に男がすべてをさらさないと、女は納得できないだろう。 股間からそそりたっているオ○ンチンをちらりと見て、彼女が太腿をよじりたてて、顔をそむけた。 自分で言っていたように、彼女は処女だと思った。僕は浜辺美波似のロリ女子大生(JD)をソファから立たせて、隣室のドアを開けた。 隣がベッドルームであることは推測がついていた。シンプルな洋間の壁際に小さなベッドが置いてあった。 覚束ない足取りのJDをベッドのエッジに座らせて、Tシャツを頭から抜き取った。さらに、ブラジャーを外す。 巨乳のオッパイを隠したかわゆいロリ女子大生をそっと後ろに倒し、肌色のパンティをおろして、足先から抜き取った。 一糸まとわぬ姿になった少し前までJKのロリJDは、巨乳の胸を手で隠し、太腿をよじりあわせた。
 
「きれいだよ。心からそう思う」 そう言って、俺はまた唇を重ねながら、巨乳の胸を揉みしだき、手を脇腹から腰にかけておろしていく。 すると、彼女は唇を合わせたまま、「んっ……」と声を洩らした。 脇腹はくすぐったいが、敏感な箇所でもある。そこを指先でスーッ、スーッと掃くようにして撫でると、「あっ……あっ……」 キスしていられなくなったのか、10代のロリJDは顎をせりあげて、びくっ、びくっと震えた。 ロリ女子大生(JD)はとても敏感な身体をしていた。おそらく、初めてのsexしていなかったから、ひさしぶりの男の愛撫に強く反応したのだろう。 俺は清楚な女子大生(JD)のバージンを奪えることに歓喜した。 また巨乳のおっぱいを揉みしだき、透きとおるような乳首を舌で転がし、しっとりと汗ばんだ肌を撫でた。きめ細かい肌はひとつも引っかかるところがなく、そこに触れているだけで至福を感じた。 彼女は身悶えをして、俺の愛撫を受け入れていた。 顔をおろしていき、縦に窪んだかわいらしい臍から真下に向かってキスしていく。 とても薄い若草のような陰毛に唇が触れると、彼女は足をよじりあわせて、股間を隠した。
 
だがそれは、彼女が本気でいやがっているのではなく、反射的な羞恥心から出たもののような気がした。 僕は太腿にキスを浴びせ、膝から向こう脛へと舌を這わせた。「ぁああ……!」 彼女の逃げていく足をつかんだ。「ダメぇ……!」 腰をひねって、逃れようとする。その太腿をつかんで開かせ、薄い翳りの底に顔を埋めこんだ。 最初に感じたのは、くにゅくにゅしたJDのオ○ンコの感触だった。その狭間に唇を寄せて、舐めると、「あっ……あっ……いやいや……汚いわ、汚い……」 ロリ女子大生(JD)が腰を揺すった。「大丈夫。ロリ女子大生(JD)のここはすごくきれいだ。いいから、身を任せて……大丈夫だよ」 何が大丈夫なのかわからないが、「大丈夫」は俺が女と接するときの口癖だった。 少なくとも俺が知る限り、女は「大丈夫」という言葉をかけられると、少しは安心するようだった。「大丈夫」は俺にとって魔法の言葉だった。 清純なロリ女子大生のオマンコを舐めるにつれて、ぷっくりとした陰唇がひろがっていき、鮮やかな濃いピンクの粘膜が姿を現した。 女子大生(JD)のまんこは肉びらも縦には短いが、ふっくらとして肉厚で、舐めるにつれてそこはますますふくらんで、同時に狭間の粘膜が?きだしになった。 俺は狭いベッドに這いつくばるようにして、粘膜をひたすら舐めた。それだけで彼女は感じるようで、「くっ、くっ……」という押し殺した声がやがて、「ぁああ、ああぁぁ……」 と、糸を引くように変わり、下腹部が舌の動きに合わせるように突きあがってきた。
 
「ああ、いや、いや……」 彼女はそう言いながらも、腰を揺すった。 僕は彼女の肉体の素直な動きに、興奮した。肉体は裏切らない。信じられるのは肉体だけだ。 オマ○コの上端の収束部に、小さな一番敏感なところが頭を擡げていた。 それは俺に向かって、舐めてくださいとお辞儀をしているようにも見えた。 右手の人差し指でロリJDの一番敏感なところの上を引っ張ると、皮がくるっとむけて、コーラルピンクの本体がぬっと現れた。 その小さな突起を下から舐めあげる。舌が肉豆を弾くと、「あっ……! あっ……!」 自称処女のロリ女子大生(JD)はがくっ、がくっと腰を揺らして、シーツを握りしめた。 本体をむきだしにしておいて、ピンクの陰核にやさしく舌を這わせた。 下から撥ねあげ、舌をプロペラのように旋回させたあと、かるく口に含んで吸いあげると、「いやぁああああ……!」 セックスフレンドのロリJDは嬌声をあげて、ブリッジするみたいに腰をせりあげた。そのまま断続的に吸うと、「あっ……あっ……ぁああああ、ぁあああうぅぅ」 バージンのJDが小柄な肢体を弾ませた。「感じるんだね?」 唇をクリちゃんに接したまま訊いた。「はい……感じる。すごく感じるの……ぁああ、わたし、わたし……」「いいんだよ、それで。男は女が感じてくれればうれしい。いいんだ。僕の前では遠慮しなくていい。仮面をかぶらなくていい。素直に感じてくれれば、うれしいんだ」 言い聞かせて、俺はまた彼女の肉豆に舌を這わせた。 小さな宝石みたいな一番敏感なところが明らかに充血して大きさを増し、そこをかるく指でさすると、「ぁあああ、ダメっ……ダメ、ダメ、ダメ……ぁああうぅぅ」 少し前までJKのJDはもっととでも言うように腰を撥ねさせた。 もう準備は万端のように思えた。だが、その前にやってほしいことがあった。「すまないが……あれを舐めてくれないか?」 思い切って言った。この状態だからこそ、口に出せることだった。
 
「いやなら、いいんだよ。無理することはない」「……します。させてください」 そう言って、彼女は身体を起こした。 俺が仰向けになると、彼女は足のほうにまわり、這うような姿勢で下腹部のものに顔を寄せた。 おち○ちんをおずおずと握り、ゆったりとしごきながら、「下手だと思いますよ」 僕を見た。レイアー風のショートヘアが、ととのったさっぱりとした顔によく似合っている。 だが、僕を見るJDの大きな目はいつもと違って、情愛に濡れているようだった。「大丈夫。アヤメちゃんにしてもらえるだけで大満足なんだ。夢のようなんだ。だいたい、濃厚なフェラが上手すぎると心配になるよ」「心配?」「ああ、きっとすごい男とセックスしてきたんだろうな、そういう男に仕込まれたんだろうな、俺ごときに太刀打ちできるんだろうかって」「それは心配要りません」 すっと口角を吊りあげて、自称処女のJDは顔を寄せてきた。 10代のJDは茜色にてかる亀頭部にキスをして、それから、円をだんだん大きくするように舐めた。 その、たどたどしいが一生懸命にやっているというけなげさを感じさせる仕種が、僕の胸を打った。
 
ロリ女子大生(JD)は亀頭部をほお張り、ぐちゅぐちゅと音を立てて唇と舌でかわいがってくれた。それから、指を離して、おずおずとちん○んの根元まで咥えようとする。 奥まで?張って、「ぐふっ、ぐふっ」と噎せた。 だが、チンポはほお張ったままで、もっとできるとばかりにぐっと根元まで唇をすべらせた。 俺の陰毛に、女子大生の小さな唇が触れていて、そのことに俺はひどく興奮した。 えずきそうになりながらも、JDは深く咥えて、しばらく、じっとして肩で息をしていた。それから、ゆったりと唇を引きあげ、顔を振りはじめた。 ぐちゅぐちゅと唾音が聞こえた。(こんないい女が僕のチン○ンを一生懸命にしゃぶってくれている。ご奉仕をしてくれている。僕はそれにふさわしい男なのだ……!) 濃厚なフェラ○オは男の矜持を満たしてくれる。もちろん、肉体的な快感も大きいが、それ以上に俺は精神的な充足を感じる。 伏せた姿勢での首振りは首が疲れるはずだ。だが、ロリ女子大生はいっさいそれを感じさせることなく、一心不乱に唇をすべらせた。 それでもう充分だった。「いいよ。疲れただろう。すごく良かったよ」 俺は下から抜けでて、女子大生の後ろにまわり込み、唾液まみれのチンポを尻たぶの底に押し当てた。 小さなベッドに四つん這いになり、尻を突きあげて俺の突入を待つ清純な女子大生は、抱きしめてキスをしまくりたいほどに愛おしかった。
 
僕は女子大生(JD)のマ○コにちん○んを慎重に埋めていく。 すごく窮屈で、すぐには入っていかなかった。 ち○この先でJDの膣を押し広げながら、さらに腰を入れると、チンポが狭い箇所を突破していく確かな感触があって、「くっ……ぁあああ!」 清楚なJDがつらそうな声をあげて、顔を撥ねあげた。 俺はゆっくりとしたストロークで内部をかきまぜた。すると、硬かった清楚な女子大生のオマンコのなかがたちまち柔らかくなり、ピストンを繰り返すと、「ぁああ……あああ……」 浜辺美波似のロリ女子大生は目の前の枕をつかんで、心から感じているような声をあげた。「気持ちいいんだね?」「はい。気持ちいい、気持ちいい……ぁああ、よかった……」「よかったって?」「しばらくしていなかったら、もう女じゃなくなっているのかって不安だった」「大丈夫だよ。キュートな女子大生は充分に女だ。女すぎるくらいに女だ。ああ、気持ちいいよ。締めつけてくる」 僕はくびれた細腰を両方からつかみ、自分のほうに引き寄せながら、尻たぶに向かって腰を突きだした。 小さな尻の底に、蜜まみれの肉柱が出入りする姿が見えて、俺は自分がとうとうロリJDとセックスしたという強い実感を抱いた。抜き差しすると、「あっ……あっ……」
 
彼女はかわいらしい喘ぎ声をだして、裸身を揺らした。 マ○コの奥のほうに差し込むと、腰が自然に逃げる。 どうやら、18歳のロリJDは奥を突かれるとつらいらしい。何種類かの女がいて、なかには子宮口を突かれるとつらいという人もいる。 俺は深く突くのをやめて、途中までのストロークをつづけた。すると、そのほうがJDは感じるようで、「ぁああ、ぁあああ、気持ちいいの……それ、気持ちいいの……」 そう喘ぐように口走った。 やはり、ポルチオよりもGスポットのほうが感じるタイプなのだ。 俺は微妙に腰の角度を変えて、女子大生のGスポットを擦った。「ぁああ、ああうう……くっ、くっ……」 ロリ女子大生がびくっ、びくっと腰を震わせはじめた。 俺は前屈みになって、18歳のJDの巨乳のおっぱいをとらえた。その清楚な顔にそぐわないたわわな丸みをつかんで、揉み、中心の硬い突起を指で転がす。 と、彼女の気配が変わった。「ぁああ……あああ、ダメっ……もう、ダメっ……」「気持ちいいんだね?」「はい……良すぎるの……ダメ、ダメ、おかしくなっちゃう!」「おかしくなっていいんだよ。おかしくなってほしいんだ」
 
そう囁いて、細身のロリ女子大生(JD)の乳首を指で転がし、引っ張って捏ねた。そうしながら、俺は腰を動かして浅瀬を突いた。「ぁああ、ああああ……ダメ、ダメ、ダメ……もう、もう……」「イッてもいいんだよ。イクんだ」 言い聞かせて、乳首を捏ねながらゆるく腰をつかうと、「ぁああ、いや、恥ずかしい……あっ、あっ、くっ……イキそう……」「イッていいんだよ」「ぁああああ、イク、イク……くっ!」 女子大生はぐーんと大きくのけぞり、どっと前に突っ伏していった。腹這いになった清楚な女子大生(JD)を、俺は後ろから突いていた。 性器結合をしたまま、sexフレンドの女子大生の襟足を舐め、さらに、肩へと舌をすべらせる。「ぁあああ、あああ……イッたばかりなのに……感じる。感じるの……わたし、おかしくなってる。おかしい……」「そうじゃないよ。女子大生はもともと敏感なんだよ」 言い聞かせて、肩甲骨を舐め、さらに、中央の窪みに縦に舌を走らせる。すると、ロリJDは「あっ、あっ……」と鋭く反応して、背中を反らしたんだ。 打てば響く身体だった。 僕とロリJDの間には、25歳もの差がある。だが、歳の差はまったく気にならなかった。
 
それに、歳の差があったほうが上手くいくケースだってある。いや、むしろそのほうが多いのではないか。 18歳の未成年の若くしなやかな肢体が、自分の腹の下で身悶えをしている。 俺は後ろからつながったまま、10代のJDを横向きにさせ、自分は背後から突いた。すらりとした足を少し持ちあげて、斜め後ろから腰をつかった。 ここしばらくなかった角度でチ○コが、膣を斜め後ろから突く。女子大生(JD)は片足を持ちあげた姿勢で、「あん、あんっ、あんっ……」 愛らしく喘ぎ、もうどうしていいのかわからないといった様子で、半身になって身悶えをしている。突くたびに、ロリJDの巨乳の乳房がぶるん、ぶるるんと揺れ、JDはシーツを?きむしった。 その背中越しに、窓のカーテンが薄く開いた隙間から、ほぼ満月が夜空に浮かんでいるのが見えた。 自宅の部屋からは、建物が邪魔になって月は見えない。あらためて、彼女が手塩にかけて作ったレストランの二階で、ロリ女子大生を抱いているのだと感じて、震えがきた。 俺はそのままちょっと前まで女子高生のJDを仰向けにさせて、覆いかぶさっていった。
 
キスをすると、セックスフレンドのロリJDはためらうことなく、自分から舌をからめてきた。 その情熱的な舌づかいが、キュートな女子大生の気持ちをそのまま伝えてくるようで、俺は至福を感じた。 唇を離すと、二人の間に唾液の糸が伸びて、切れ、それに気づいたJDが恥ずかしがった。 僕は顎から首すじにかけて舌を這わせながら、巨乳の乳房を揉んだ。 彼女の巨乳のバストはすでにじっとりと汗ばんでいて、揉むほどに形を変えた。たまらなくなって、乳首にしゃぶりついた。 透きとおるようなピンクの突起を舐めころがすと、スタイル抜群の女子大生は「あっ、あっ」と顔をのけぞらせた。そして、膣がびくっ、びくっと締まって、僕の愚息を吸い込もうとする。(ぁああ……すごい……締まってくる!) 赤ん坊が母親の指を吸っているみたいに、彼女の膣が食いしめてくる。 俺は目を閉じてその吸引を味わい、また乳首を舐め、もう片方の乳首を指で転がした。
 
「ぁあああ……いいの……いいのよ……あっ、あっ……くうぅぅ!」 ロリ女子大生(JD)が顎を突きあげるのが見えた。 喉元を見ながら、おちんちんの先で浅瀬を擦りあげた。 すると、清純なロリ女子大生(JD)は「くうぅぅ……」と鳩が鳴くような声を絞り出して、M字に開いた足を俺の腰に当てて、引き寄せた。 深いところに欲しくなったのだろうと、僕は上体を立て、膝裏をつかんで押しあげながら腰を打ち据えた。ぐっと挿入が深くなり、「あんっ……あんっ……あんっ……」 奥に届かされるたびに、未成年のJDは声をあげ、シーツをかきむしった。 その頃には、俺も射精が近いことを感じていた。 膝を開かせながら、ぐいっ、ぐいっと打ち込むと、彼女はもう手をどこに置いていいのかわからないといった様子でさまよわせ、「ぁああ、また、またイキます……!」 大きな目を開いて、僕を見あげてきた。女子大生の男にすがるようなその表情が、俺をかきたてた。「俺も、僕もザーメンを出すぞ」 そう宣言して、力の限りに打ち据えた。 浅瀬を数回擦っておいて、深いところに打ち込む。強く引いて、ゆっくりと打ち込む。
 
こうしたほうがカリの引っ掛かりが感じられて、ロリ女子大生は気持ちいいはずだった。もちろん、なかには奥にズンッと打ち込まれたいというのもいるから、それは女によって違うかもしれないが……。 相手にしている女のどこをどうしたら感じるのかを瞬時につかむ。それを、セックスが上手い男と言うんだ。 たてつづけに打ち据えると、あの高揚感がひろがってきた。 僕は、JDが気を遣る姿を目に止めておこうと、パイパンの女子大生(JD)を見ながら激しく腰をつかった。 形のいい巨乳の胸を波打たせながら、美人のロリ女子大生はシーツを引っかき、そして、「あん、あん、あん……来るの、来る……来ます! ぁあああうぅ」 枕を後ろ手につかんだ。 僕はロリ女子大生をイカせ、また自分も発射しようと、最後の力を振り絞った。「ぁああ、イク……イキます……やぁああああ、くっ!」 ロリJDがのけぞり返るのを見て、俺もスパートした。ぐいぐいと打ち込んだとき、下半身の一部がしびれた。女のお○んこのなかに中出しするのは、ほんとうにひさしぶりだった。 射精する間も、ロリ女子大生(JD)はがくん、がくんと痙攣をつづけていた。 そして、スタイル抜群のロリ女子大生(JD)のチ○ポの中に中出しし終えたときは、俺も精根尽き果てて、バージンの女子大生(JD)に覆いかぶさっていった。
 
出会い系サイトピーシーマックスでのパイパンの女子大生(JD)との即ハメエッチのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓


































 
なおピーシーマックスを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないといますぐセックスさせてくれるかわいらしい女性と出会ってsexフレンドにしてオフパコセックスできませんので、ピーシーマックスに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ピーシーマックスのようなであいけいアプリで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで具体例を示しながら説明していますので見てください。
 
⇒出会い系サイトPCMAXの詳細はこちら
 
※PCマックスは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.