deaikeitaiken_novel

【ハッピーメールハメ撮り】国立市で清楚な貧乳主婦と不倫sex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
僕は飽きもせず出合い系アプリできれいな女と出会いまくって、ただまんsexに励んでいます\(*T▽T*)/
 
さて、今回はバンバン会える迷惑メールのこない出会系コミュのハッピーメールで出会った貧乳の若妻と東京都国立市で会ってsexフレンドにして今からすぐオフパコsexをしてきたのですが、ハメどり写メがいっぱい撮れましたので報告します。
 
※この記事には過激なセックスのはめ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会い系SNSのハッピーメール(happymail)で出会った女性は美人妻で、名前はのりかさんといい、顔は宇賀なつみ似のものすごく美人でした(^○^)
 
清純な人妻とは、出会系コミュのハッピーメールで知り合ってLINEでやり取りした後、国立駅周辺の高級イタリアンレストランに食事に行っていい雰囲気なったのでそのままラブホテルに行ってタダマンセックスをしました。
 
人目がないのはカラオケルームかラブホだが、ラブホに拒否反応を示すようならカラオケルームに行けばいいといった気持ちで、僕とスリムな若妻はレストランを出てラブホ街を歩いた。専業主婦はうッと体を硬くしたが、黙って付いてくる。いざ、東京都国立市国立駅近くのラブホに入るとなると「嫌よ」と首を振るかと思ったが、目隠しの鉢植えのある入口ですこし足をためらわせただけであった。ラブホのロビーの客室パネルは洋室がふさがっていて和室しか空いていなかった。部屋をえり好みしている場合ではなく、その和室のボタンを押して部屋に行く。 ドアを開けると畳敷きの二部屋があり、奥の部屋に和室用のクイーンサイズのベッドが置かれていた。手前の部屋で座卓を挟んで座った。彼女は目を伏せていた。「こういうところに連れ込んだりして、いけなかったかな」「……こういうところ初めて。ちゃんときれいにしてるのね」 と奥さんが気を取り直したように顔をあげて言うと、すっと立ち上がって体をもってくる。ホールドの恰好になると、「ふぅ~ん……」 とスレンダーな奥さんが抱きついてきた。人目がなく緊張感がないためなのか、彼女の貧乳のおっぱいと下腹部のやわらかさがあった。唇を合わせると、僕の舌にしっとりと応じる。息継ぎをさせず、清純な奥さんの口角から唾液が垂れるほど舌をからませた。「うぅ~ん、もぅ……」 唇を放すと、綺麗な奥さまは怒ったように言ったが、甘えるようなひびきがあった。「あそこでは気になってゆっくりできなかったけど、ここはいくらでも」 と唇を求めると、彼女は舌をからめつつ体から力を抜いていく。抱えていないと、だらりと彼女の体が畳に垂れそうになる。「ベッドに腰掛けようか」 ベッドに横になって口づけできればいいという思いでいた。彼女のふっくらとした体にかぶさって、微乳のバストや下腹部の感触を得ながらキスできればいいと。ラブホに来たのだからそれぐらいはいいだろうと思っていた。
 
 ベッドの端に腰掛け、抱き寄せると細身の専業主婦の上体がなよっとベッドにくずれた。「うぅ~ん、いや~ょ……」 主婦に唇を合わせつつ服の上から貧乳のバストをさわると、やわらかい声で言う。微乳のおっぱいをさわるつもりではなかったものの、上体にかぶさると手が自然とぺちゃぱいの胸にいく。いやよと言いながらsexフレンドの専業主婦は、その僕の手を押しのけたりぺちゃぱいの乳房をかばったりせず、舌をからめたままでいた。ワンピースの微乳のおっぱいのボタンを外し、手をブラジャーのなかに入れ、直接微乳のバストにさわる。ぶよんとしたキメ細やかな肌の心地よさにつられ、ぺちゃぱいのおっぱいをやさしくつかむ。「うぅ~ん、だめ~ょ、もうぅ……」 と貧乳の若妻は僕の手を嫌って上体を起こし、背中を向けてはだけた服を直す。「怒った? チュッとしたらつい……」「チュッじゃなかったでしょう」「じァ、チュッと」 と清純な人妻の肩を抱くと、「そんなこと言ってチュ~っとするンでしょう。苦しくっていやょ、あんなにしたら」「チュッとするつもりでいても、魅力的なのでつい気持ちが昂ぶって」「このベッド、クッションがいいのね、ふわっとしていて」 とベッドを手で押し、お尻を置き直してクッションをたしかめる。「よかったらここで昼寝しますか」 と軽い調子で言った。
 
「お昼寝できるの、いいの」 と真顔で言う。ベッドに一緒に横になれば下腹部がうずうずし、人妻のぺちゃぱいの胸に股間に手をのばせば嫌わそうな気がしたが、こういうチャンスは二度となく、そう思うと調子を合わせ、成り行きにまかせることにした。「二、三十分横になるぐらいなら、僕の仕事のほうは問題ないけど、そのまま横になるとせっかくの服が……」「どうしようかしら……スリップで横になることになるわよ」「僕もカッターシャツを脱いで下着姿になるから、同じことでしょう」「そう、おなじことなの。でも、なにもしないでお昼寝するだけよ」 と主婦は、僕が背中を向けている間にフロントボタンを外してワンピースを脱ぎ、スリップ姿でベッドに入る。俺もカッターシャツを脱ぎ、シャッとパンツ姿でベッドの端に横になる。専業主婦は横向きに背中を向けていたので、僕との間にもう一人横になれるだけのスペースがあった。引き寄せてスリップ姿の彼女にチュッとしたかったが、同じベッドで横になっているだけでなにか満たされるものがあって、ぺちゃぱいの専業主婦の様子を気にしつつも、うとうとしつつあった。「寝たのぅ」 と清楚な主婦のゆるりとした声がした。「ぅん、うぅん、寝かかっていた。
 
背中を向けているからおとなしく昼寝したほうがいいと思って」「寝たのかとおもった」 とアラサーの若妻は横向きの体を、僕と同じ仰向きにする。「俺も寝たのかと思った、寝付きがいいなと」「そんなにすぐに寝られないわよ」「背中を向けていたから話しかけたら悪いと思って」 と手をのばし、人妻の手をさぐると腰のあたりに置いていた。その手を掬うように持ったけれど、微乳の若妻はじっとしていた。俺の手の甲が欲求不満な奥さんの側腹部、スリップごしであったがパンティーのウエスト部分にかかっていた。スリップの下はパンティー一枚なのが、その感触で分かった。ショートガードルを脱いでいた。清楚な主婦が警戒していないのかと、その手の甲を下腹部寄りにそろりとずらす。「うぅ~ん、だめ~ょ、じっとしていないと寝られないでしょう」「チュッとしたくなかった」 と唇をもっていき、舌をからめつつ仰向きの体にかぶさる。ブラジャーもはずしていた。スリップごしの彼女のやわらかな裸体に貧乳の胸がときめき、スリップの肩紐を外して微乳のおっぱいに唇を這わせ、ぽつとしたきれいな乳首を口に含む。「うぅ~ん、いや~ょ……」 とくすぐったそうな声をもらす。ダメよと貧乳のおっぱいをスリップに戻されればあきらめればいいと思っていたが、主婦はそれほど嫌そうな声でもなく、大目に見てくれているようなので、その唇を貧乳の乳房から腹部へと下ろしていく。
 
「だめ~ょ、もぅ、そんなことしたらァ……」 と、スリムな奥さまはやはりくすぐったそうに言うものの、顔を押しのけたり体をくねらせたりせず、「もぅ、だめ~ょ」という声が熱を帯びつつあった。「あゝ、だめよ、それは」 パンティーに手を差し入れ、陰毛にふれると主婦は反射的に僕のその手を抑え、パンティーから引き出そうとする。なだめるように唇を合わせ舌をからませていると、激カワの主婦の手がゆるむ。それに乗じて陰毛からオマ○コに指先をのばす。「あぅ、うぅ~ん……」 ダメよと手首をとらえ、彼女は拒否反応を示したが、キスで口をふさいでいるため声にならない声をもらす。その拒否反応にしても羞じらいゆえのことで、本気で手首をとらえていない。アラサーの奥さんにその気がなければブラジャーとショートガードルを外し、スリップ一枚で横になるはずはなく、またおまんこに指先をすすめた以上、もう後戻りはできない。山頂に向けて稜線を歩き出したようなものであった。 唇から乳首を愛撫し、sexフレンドの奥様の気持ちをそこに向けておいて、マンコをなぞるように指先を這わせる。「うぅ~ん……」 と唸りつつスタイル抜群の若妻は、その手を押しのけようしたが、かまわず小陰唇にもぐりこませる。「も~ぅ、いやァ、いや~ァ……」 と強く手を押し剥がそうとする。押し戻せない力ではなかったものの、激カワの美人妻の抵抗に弱気になったようにパンティーの手を貧乳のおっぱいに移し、唇を合わせる。
 
口づけすると、からませる舌に気持ちが浮き出てくる。ほんとうに嫌な事をされたならこわばりを見せるが、スタイル抜群の若妻の舌はやわらかく、むしろねっとりとからませてくる。「ちょっとだけ、いい?」 とパンティーのウエスト部分に手をのばす。「ふぅ~ん、いや~ょ……」 と手を押しのけようとするが、形ばかりのものであった。鎖骨から貧乳のバスト、腹部へと唇を這わせて、奥さまの脚のあいだに腹這うように体を入れ、パンティーに唇を押し当てる。「チュッとしたい」「……チュッとしてるでしょう」「直接チュッと」「だめょ、そんなこと……」 と言ったが、声がうるみを帯びていた。「チュッとするだけ」 とパンティーに手をかけると、主婦はパンティーを手で押さえ、「だめよ、ほんとうに……」 と首を起こし、か細い声で言う。「チュッと、チュッとするだけ」 と臀部のほうからパンティーをずらし、陰部を隠す手に唇を押しあて、なだめるようにその手を剥がしていく。ぺちゃぱいの奥さまはあらがったが、力でかなわないと知ると、「うぅ~ん……」 と怒ったような声をもらし、観音びらきの扉を開けるように手を開かせてくれる。陰毛とま○こがのぞき、そこに唇をつけ、おま○この上端をちょろっと舐める。奥さんの体がヒクッとなり、なにか唸り声がしたが、聞こえないふりをしてオマンコに舌先を這わせる。じとっと滲んでいる分泌液にそそのかされるように小陰唇の襞を掻き分けるように舐めると、「もう、いやッ」 と美人妻が体をくねらせたので、ま○こから唇を離して体をずり上げ、機嫌を取るように唇を合わせる。「ちょっとだけ、いい?」 と股間に手をやり、おま○こをかるく手の中に収める。「うぅ~ん、だめょ、そんなこと……」「ちょっと入れるだけ」「だめ~ょ、そんなこと……」「ほんとうにちょっとだけ」 と、清楚な若妻の太腿に、勃起しているオ○ンチンを押し当てる。「…………」
 
「ほんとうに、ちょっと入れるだけ」「うぅ~ん……」 と強く拒むような反応でなかったことから、太腿にずらしていたパンティーを脱がせる。30代の美人妻は俺の動きを止めようと手を伸ばしかけたが、あきらめて手で顔を覆う。スリップ一枚のかわゆい若妻に、パンツとシャツを素早く脱いでかぶさり、剥き出しの下腹部をくっ付け、硬いオ○ンチンを彼女の陰部にもっていく。「…………」 彼女がなにも言わないのをいいことに、微乳の若妻の脚をひらく。「やさし~くょ……」 と弱々しい声で言う。 先っぽの亀頭を入れる。マン汁でじっとりと濡れていたものの、そわ~っと粘膜がはがれるように入った。ラブジュースが少なければそういう感触が生じることもあるが、淫液でうるおっている状況では珍しく、専業主婦のマンコは小づくりの膣なのかという思いがした。「うぅ~ん、ちょっとだけよ」「先っぽを入れただけ」「もうだめ、もぅいいでしょ」「もうちょっと」 と言いつつ、彼女にかぶさって唇を合わせたはずみに、するっとち○ぽが中ほどまで入る。「うッ……」 と声をもらしたが、押しのけるようなこともせず、しんなりと舌をからませる。「中まで入ったけど、いい?」「うぅ~ん、もぅ、いや~ょ……」「ここ、気持ちいい。ぴたっとして、すごく気持ちいい。……もうちょっと入れてもいい?」「だめ、もうだめ~ょ……」「もうちょっと……」「あッ、そんなにいれたら……もぅ、そんなにしたらいや~ァ……あゝ、だめよ、ほんとうにだめょ……」「もっと奥まで入れてもいい?」「うぅ~ん、おくまでいれてるでしょう」「そんなにおくまでは……じァ、根元まで入れるよ」「あうぅ……だめよ、そんなにおくまでしたら、へんなかんじになって……あァ~、もぅ、もうぅ、あァ~~……」「こうして奥まできっちり入れると、すご~く感じる」 と膣壁をなぞるように腰をつかい、くっと適当に深く挿入すると、「あぅ、もぅ、い~ぃ~~、い~ぃ~~……」 と若妻は抑え切れずに声をもらす。
 
初めてのセックスゆえの羞じらいが滲み出ていて、30代の美人妻を犯す隠微な快感がよぎった。「ここがいいのか」 ねちねちフレンチキッスしたまま、膣壁をさぐるように掻きまわすと、不意に射精がきざした。おちんちんを浅く引き、それをはぐらかそうとしたが、抑えきれる状態ではなく、「ちょっと抜くよ」 と言いざま引き抜き、プシュッと出るザ○メンを掌で受ける。こらえようとしたせいかザ○メンの半分は精巣に残っていてチンチンに芯が入ったままであった。掌のセーシを枕元のティッシュペーパーで拭い、目をうすく閉じるセックスフレンドの人妻に再び挿入する。「あァ~……」 と声をもらしたが、どうしたの、いいのといった戸惑いと快感の入り交じったひびきがあった。チ○チンを抜いてザー○ンを射精したので、それまでと思っていたところに、硬いオチンチンをくいとおめこに挿入したものだから、あれ、元気なのとオマケをもらったような悦びがこもっていた。「ま○この奥まできっちり入れると気持ちがいい」「あゝ、そんなにしたら……もぅ、そんなにしたら……」 と専業主婦が唇を求めて抱きついてくる。中途半端に膣外射精し、すぐに挿入すればザーメンをもらさないかと気になるものだが、セフレの美人妻はなにも気にせず、俺に任せたままでいる。一つ間違えば妊娠という厄介な事態になりかねず、奥さんが不倫セックスするにしては不用心に過ぎ、それというのは欲求不満な人妻はセックスにともなって避妊したことがなく、ご主人との行為の癖でしているせいではないか。「出しても大丈夫なのか」
 
「うぅ~ん……だめょ、あァ~~、い~ぃ~~、い~ぃ~~……」 奥様がだめょというのが中出しということを分かって言ったのか、それとも射精のタイミングのなのか、エッチにのめりこんでいて曖昧なものがあった。人妻なのだから当初からコンドームを着けるのがエチケットというものだろうが、羞じらいためらう彼女の官能の酔いに乗じて物事をやり遂げようという状況のもとで、スキンを着けるといった間抜けたことすれば、興醒めとなって、清楚な主婦に羞じらいが戻り、気まずい空気がただよう。それに、僕はスキンのスキンごしの感触ではエッチをした気分になれず、これまで出会い系アプリで出会ったセフレとのエッチでも膣外射精で避妊していた。 主婦の下腹部は、ぽっちゃりとした体つきのままにやわらかく弾力があり、M字形に膝を立てさせて脚をひらけば、無理をしなくてもきっちりと深く入る。子宮に届くほど奥まで入れていると、ピンと勃起したまま射精感覚が抑えられ、彼女の肌を火照らすことができる。浅く引いたり中ほどでとどめていたりすると、感じやすい亀頭のカリ首に襞がちゅわッとまつわりついて射精をうながす。その点、チ○チンをお○んこに深く挿入すると、もだえる膣襞を避けて塹壕にひそむようなもので、案外気持ちが安定することもあって、射精をこえることができる。
 
このことは出会い系アプリで出会ったセフレとのsexで覚えたもので、錨を下ろすように奥までしっかり挿入することがポイントであった。「あァ~~、い~ぃ~~、い~ぃ~~……」 と声をもらす、セックスレスの奥様のその声が次第に大きくなり、下腹部を掬うようにしゃくる。俺の腰のリズムと一体となってしゃくる。意識的な動作ではなく、オルガスムに向けて肌が火照りだすと、自然と下腹部がしゃくり出すようだ。若妻の体のうごきでそれが分かった。「うッ、あァ~ァ~~……」 と恥のないオルガスムの声を発し、粘り汁をあふれさせる。「中で出してもいいのか」 オルガスムの息が収まりつつある美人の人妻に言う。「ふぅ~ん……」 ぼ~っとなっていて、言葉が耳に入っていないようだ。「中出ししてもいいのか」「ふぅ~ん……だめよ、出していないンでしょう」 とセックスフレンドの奥様はゆるんだ声で言う。「じァ、外で出すよ」 とオルガスムス後のまったりした膣に、腰を使って射精寸前までもっていき、スッと引き抜いてティッシュペーパーに膣外射精する。 セックスレスの主婦は腋にたくしあがっていたスリップを下ろして横になっていた。「よかったよ、とっても」 と専業主婦にかぶさって唇を合わせる。「ちょっとだけって言ったのに……」「ちょっとだけのつもりでいたのに、歯止めが利かなくなった。怒ってる?」
 
「うぅ~ン、そんなこと……なにか大きな声を出したでしょ、わたし」「そう、大きな声って……気がつかなかった。ちょっとだけと言いながらずるずるとしたので、気分をこわしていないかと」「こんなことすると思ってなかった。お昼寝のつもりやったのに……でも、はずかしかったわ……あんなことしたから」「奥までチンチンをいっぱい入れたから?」「うぅ~ん、恥ずかしいところにちゅ~っとしたでしょ、あれが……」「もっとちゅ~ッとしたかったけど、体をくねらせて嫌がったので……このつぎはもっとしようかな」「いやょ、そんないじわる言うたら」「嫌なことなかった?」「ふぅ~ン、そんなこと分かってるでしょう。あなたこそどうなの、いやなことなかったの、外でだしたりして……」 彼女が僕のことをあなたと言った。エッチのもたらす親密さが引き寄せたものであった。「ノリカちゃん、このつぎ中出しせてくれる。あれはどう、いつごろあった?」「あれって、あれのこと。……三日前に終わったばかり、大丈夫やったかしら」「あれの始まりからすると八日目ぐらい?」「そうね……七日目かしら。いやだわこんなこと」「七日目なら出せたのに……」「でも、こんなことはずかしいわ」 と欲求不満な若妻は俺の胸にふわっとかぶさってくる。太っているというのではなく、肌の内側に薄いジェルをまとったようなぽっちゃり体形で、接触面がやわらかく抱き心地がいい。
 
「あんなことしたのに恥ずかしいのか」「ふぅ~ン、いじわるぅ。はずかしいわよ、それは……」「明日、どうかな。中出したいから一時間でも……」「お昼間でしょ、出て来られないことはないけど、でも、大丈夫なの」「ん、八日目なら中で出せるはずなんだ。有名な避妊法があって、それで言えば排卵日を避ければいいということで」「そうなの。わたし、そういうことはあまり考えずにいたから……」「だいたい十二日目から十五日目に排卵日がくるということで、その三日前あたりから要注意らしく、それを避ければ大丈夫のようなんだ」「オギノ式というのは聞いたことがあるけど、そうなの……それで明日なら大丈夫ということなのね」「ん、八日目なら……二十八日周期とかあるけど、それはどう」「二十八日かしら、そんなものよ。……いやだわ、そんなこと聞かれると思ってなかった」「ごめん、恥ずかしいことを聞いて」 と唇を合わせ、彼女の機嫌を取るように舌をからませる。 そのラブホの部屋から出るとき、若妻は下腹部をかるく押さえ、「ふふ……」 と、はにかむ。エレベーターに乗っても下腹部を気にしていた。「どうしたン」「うぅ~ン、ちょっと……ゆうきさんがいっぱいしたからよ」 と小声で言う。「きつかった?」「ふぅ~ン、まだあるような気がしておかしかったの。……わたしってエッチでしょ、こんなこと言って」 と俺の顔を見たので、清純な主婦のその下腹部にサッとふれた。「エッチ、あなたのエッチが移ったのかも」 とスレンダーな専業主婦が笑みを浮かべる。男女の仲になったという親しみが、互いに遠慮のない気分にさせ、言葉遣いにしてもフランクなものになった。
 
出会い系サイトハピメでのスリムな人妻とのタダマンエッチのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓











































 
なおハッピーメール(happymail)を利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと今からすぐセックスさせてくれるかわいらしい女の子と出会ってsexフレンドにして即ハメエッチできませんので、ハッピーメール(happymail)に登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハッピーメール(happymail)のような出合い系SNSで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで具体的に解説していますので参考にしてください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハッピーメールは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.