deaikeitaiken_novel

【PCMAXハメ撮り】清瀬市でビッチな巨乳看護師と即セックス

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
自分はせっせと出逢い系SNSで可愛らしい女をセックスフレンドにして、即ハメセックスをやってヤりまくっています(^▽^)
 
さて、今回はセフレを量産できる大手の出合い系コミュのPCMAXで出会ったセフレの看護婦と東京都清瀬市で会ってセフレにして即タダマンsexをしてきたのですが、ハメどり写メがいっぱい取れましたのでレポします。
 
※この記事にはアダルトなsexのハメどり写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出合い系アプリのピーシーマックスで出会った女はナースで、名前は恵理子ちゃんといい、顔は白石麻衣似のすげえ美人でした(o^∇^o)
 
彼女とは、であいけいSNSのピーシーマックスで知り合ってLINEでやり取りした後、清瀬駅近辺のお洒落なフレンチレストランに食事に行った後いつものようにラブホテルに行ってハメ撮りエッチをしました。
 
俺とかわいらしい看護士が東京都清瀬市の清瀬駅周辺のラブホの部屋に入った。
ヤリモクのナースが先にシャワーを浴びてくるというので、俺は清瀬駅周辺のラブホテルの一室で、彼女が浴室から出てくるのを待っていた。(PCマックスのような出会い系アプリ初めて会って、数時間後にラブホテルに入るなんてことが本当にあるんだな) 自ら口説いたくせに、俺には現実感が希薄だった。まさか巨乳のナースが、自分のような普通のおっさんに大切なオマンコを晒してくれるなんて。あまつさえたっぷり舐めることができるなんて、考えるだけで淫心がキュンキュンと疼きまくりだった。 sexはしないまでも身体が触れ合うのだから、看護婦は先にシャワーを浴びた。クンニのエチケットとして、俺は念入りに歯も磨いた。今はTシャツ&トランクスという姿だが、我慢汁が出まくりで、萎えているチ○コの先端がヌルヌルしていた。このままでは、トランクスまで染みてしまう。 オ○ンチンが勃起もしていないのに布地が濡れてしまうのは、妙に恥ずかしい。なので、ゴムを装着した。そして喉の渇きを覚えた俺は、室内の自動販売機でミネラルウォーターを二本買って、一本をベッドのヘッドボードに置いた。 もう一本の蓋を開け、ベッドに座ってグビグビ飲んだ。喉を潤してから、極度の緊張でカラカラだったことに気がついた。 しばらくすると、ブラジャーと一体になった淡いピンク色のキャミソールに同色のパンティという姿になったヤリモクの看護師が浴室から出てきた。 ブラキャミに包まれたスリムな看護師のおっぱいは巨乳で、その頂上にはポチッと勃起した乳首が確認できた。つまり、パットが入っていないタイプらしい。 布地面積が少ない淡いピンク色のビキニパンティは、白のフリルがついていた。しかも、両サイドが紐で蝶々結びにしてあった。「意外ですね、すごく可愛くてセクシーなショーツだ」 おしとやかに見えるセックスフレンドの看護士が、エロい下着を身につけているというギャップに俺は興奮してしまう。「ふだんは派手な格好ができないから、せめて下着くらいはって思っていて」「やっぱり、仕事柄ってことですか?」
 
「そうですね。だから隠れている場所だけ。わたし、可愛いランジェリー集めが趣味なんです」「なるほど。では、始めましょうか」 そう言って僕は、セフレのナースをベッドに誘った。言われるがままに仰向けに寝たナースは、ほとんど聞こえないような小さな声を出して照れた。「えっと、やっぱり少し恥ずかしいかも……」 つぶやきながら彼女は、大きめのクッション枕を抱きしめて顔を隠す。両足はきつく閉じられていた。決意して挑んだものの、おそらくいきなりショーツを脱がされることに抵抗があるのだろう。けれど開いてもらわなければ、下着を脱がせられないし、クンニもできない。「室内の照明を、少し落としますか?」「暗いのも怖いかも」「わかりました。もし嫌じゃなかったらリラックスするために、少し足をマッサージしましょうか」 僕が言うと、彼女は顔を隠したまま頷いた。最初は性的なニュアンスのないさわり方のほうがよいだろうと思い、しばらくの間、彼女のスラッとした足をやさしく撫でる。 肌の白さは、この部屋に入ってカーディガンを脱いだときに気づいた。ピンクベージュのワンピースはノースリーブで、むき出しになった彼女の白い二の腕が、やけにまぶしかったのだ。 
 
そしてスレンダーなナースの恥じらいと緊張は、固まった筋肉からも伝わってきた。膝から脛の辺りを丁寧に撫でてから、足の指をくつろげる。少し戻って脹脛をマッサージすると、ナースは安堵の吐息を漏らした。「マッサージ、お上手ですね」「以前通っていた、フィットネスクラブのトレーナーに教わったんですよ」 肌の触れ合いが不安を和らげたのだろう、スタイル抜群のナースのこわばっていた筋肉が徐々にほぐれていく。頃合いやよしと、足を広げてもらい股間を目指した。「うふぅうん」 太ももに指を這わせると、彼女の悩ましい吐息が漏れ聞こえた。セフレの看護師の柔らかく真っ白い太ももは極上のさわり心地だった。まさに、ふるいつきたくなるような餅肌なのである。辛抱たまらず内ももに唇をつけ、ユルユルと足のつけ根へ向かって舌を這わせた。 ナースのパンティの際までたどり着いたら進路を変更。鼠径部をたどる。蝶々結びになっているサイドの紐を、最初は左、次に右、順番に咥えて引くとハラリッとほどけた。 そのあと、彼女は少し腰を浮かせてくれた。俺が手を使ってパンティを取り除くと、まんこが露出した。(どれくらいぶりだろう。女のオ○ンコを見るのは……) 「あっ、毛がないパイパン」 看護婦のオマンコのヘアがまったく生えていないパイパンの状態に驚いて、思わず声を出してしまった。「しょ、処理しているんですか?」「あの。男性にはわからないかもしれませんが、別にセックスのために処理しているわけではありませんからね。このほうが、生理のときも清潔でいろいろ楽なんですよ」
 
 俺にとっては、パイパンイコールAV女優や風俗嬢などのプロフェッショナルもしくはヤリマンのイメージだったが、女性側には男が考えるのとは違う事情があるのだと勉強になった。「なるほど、知りませんでした。たしかに見た目が綺麗だし、クンニリングスをする側からすると、舐めやすくていいですよね」 そう言って俺は、セフレのナースの恥丘と左右の大陰唇にチュチュッとキスをした。肉厚で弾力がある。それにしても大人の女性のあるべき場所に、ヘアがまったくないのはとても卑猥な感じがした。 しかもセフレの看護師は足を開いているのだが、ワレメはまだ閉じたままだった。陰毛のない彼女のまんこは、白い太ももに比べて少しくすんだ色をしており、アンポ柿を彷彿とさせた。 今さっきシャワーを浴びたばかりだからか、ほのかにボディソープの香りが漂ってくる。 両手の親指を使って大陰唇を広げると、スリムなナースの鮮やかな桃色のオマ○コが出現した。まず目に入ったのは、見事に盛り上がった鶏冠に似たフードだった。ただしクリちゃん本体は、皮に包まれてほとんど見えない。 すぐ下にある小陰唇は、ナースの薄い唇とよく似た形状をしていた。唇へのキスをNGにされたのは残念だったが、巨乳のナースに下の唇とクンニリングスという名のディープなキスができるのだから贅沢は言えない。 そして針で突いた穴のような尿道口や、薔薇の蕾みたいなま○この入り口も含めてオマンコ全体が、蜜汁でキラキラと濡れ光っており性欲をそそる。たまらなく興奮した俺は、鶏冠に似たナースの一番敏感なところの包皮の上にそっと指をのせて、車のワイパーのように動かした。
 
「んんっ。あああっ、あっ、あっ、あううっ、気持ちいいっ」 可愛らしい看護婦は悩ましい声を漏らした。同時にクニュクニュしたメス器官が、ヒクッ、ヒクッと上下に動いた。「おれはテクニックがあるわけではないので、チカラの加減とか、こうしたほうが気持ちいいとか、遠慮なく教えてくださいね」 俺は言って、ソフトタッチの愛撫を続ける。クリに添えた指を縦に動かし、クリの包皮をむいたら大粒のピンク色の突起が出現した。「うっ、ふっ、謙虚なんですね」 ふつうにセックスできていたときは、指でさわって膣が濡れていたら、おちん○んを入れればいいじゃないかと考えていた。 EDになるまで、クンニリングスに特別関心を払ってこなかった。むしろ蔑ろにしてきたが、これを機に極めてみたくなっているのだ。「えっと、皮をむいたクリちゃんを直接さわっても大丈夫ですか?」「大丈夫というか、直接さわってもらうほうが気持ちいいです。自慰をするときは、いつも?いてますから」 とはいえ湿らせたほうがよいだろうと思い、俺は膣口から溢れ出ている淫液を自らの指に塗った。「じ、一人エッチって、こんなふうにするんですか?」 訊きながら僕は、指の腹でテロテロと肉真珠を撫でた。「ちょっと痛いです、もっとやさしくしてっ」
 
 かわいいナースが言葉を荒らげたので、俺は平身低頭で謝りながら訊いた。「ご、ごめんなさい。あの、どれくらいの加減にすればいいんですか?」「最初は弱くにしてください」「わかりました」 思っていたよりも、デリケートに扱わなければいけないのだと反省する。ふたたび、彼女のマ○コに触れるか触れないかギリギリのタッチでチャレンジした。「はうっ、うっく。そうですっ、ソフトタッチが好きっ、おおうっ」 ヤリマンの看護師の満足げな喘ぎを聞き、オマンコの反応を見てホッとした。 一番敏感な豆が上下にヒクヒクするだけではなく、小陰唇が蝶の羽のようにパタパタと開いたり閉じたりしていた。セフレの看護士のがまるでこちらを誘惑しているように見えたので、俺は強烈に口唇愛撫をしたくなった。「わかりました。ではそろそろ、舐めさせていただきますね」 さっそく舌先を伸ばして、ピンク色の突起のむき出し部分を突くと彼女が窘めた。「いきなりクリを舐めるんじゃなくて、最初はもっと周辺にキスをしたり、いろいろ焦らしてください。そのほうが期待が高まって、女は濡れるんです」「なるほど、勉強になります」 僕は納得して、色っぽい看護士に蠢く小陰唇とバードキスをする。次に、彼女のサーモンピンクのお○んこを丁寧にしゃぶった。それから、大と小の陰唇の間にある溝に、舌先を入れて動かしていく。「うっ、ふっうううん、いい感じ」 ナースは少しだけ息を漏らし、じれったそうに腰をくねらせる。僕は舌を離して、ふたたび彼女のマ○コを観察した。
 
薔薇の蕾に似たお○んこと、針で突いた穴みたいな尿道口のまわりとキュートなお尻の穴もヒクヒクと蠢いていた。 膣口から蜜汁が、ジュクッ、ジュクッと少しずつ溢れてくるので、口をつけて啜った。さらにチロチロと舌先を動かしながら美人の看護婦のおま○こを舐め上げ、クリに向かった。気配を感じたらしく、看護士はリクエストした。「ゆうきさん。そろそろ、肝心な部分をお願いっ」 言われた俺は指でクリちゃん包皮をむき、たっぷりの唾液をまみれさせたヌルヌルの舌先で、大粒のクリちゃんをペロペロと上下に舐めた。しばらくすると、彼女からさらなる注文があった。「あふぅん、唇をあてて横に動かして」 濡らした下唇をピンク色の突起に押しつけ僕が顔を横に振ると、彼女は甘える子犬みたいに喘いだ。「くぅうんっ、くぅううううんっ。素敵、素敵っ。舌や唇の感触って本当に別格です。あううううっ、次は吸ってください」 口唇を遣いつつ返事をするのは不可能なので、僕は無言で巨乳のナースの陰核にチュッと吸いつく。口腔内は真空状態になり、舌先が肉芽にあたった。じっとしながら、彼女の性感が上がってくるのを待つ。 彼女は「んんっ」と息を詰め、腹筋に力を入れた。上半身を捻りながら身悶える。ほどなく、ED男の顔を太ももで挟んだ。 太ももの不規則な震えが、俺のほおや耳へ伝わってくる。しばらくして看護士は、両脚の力を緩めて大きく股を開いた。すると、「はぁはぁ」という艶かしい呼吸音が聞こえた。
 
(クンニリングスなんて、陰核を適当に舐めればいいと思っていたけど、さまざまなテクニックがあるもんだな) そう思いつつ僕は舌を上下させ、看護婦の陰核からおまんこまでのおめこ全体をユルユルと可愛がった。溢れるマン汁と自身の唾液が混ざって、接触部分のヌメリが増えていく感じが心地よい。「いいわ、そのまま同じ調子で続けて。あっ、あんっ、あああっ」 喘ぎながらセフレの看護婦は、ED男の舌の動きとは逆に腰を上下させ積極的に快感を貪っていた。そうやって、官能を生み出す共同作業を続けていった。 俺自身、ものすごく濃厚なエロスの時間を味わっている気がした。まだオチン○ンの反応はないけれど、脳が沸騰しそうに興奮していた。意識はフワフワと宙に浮き、舌とおまんこが同化して巨乳の看護婦の快感が自分の肉体に流れ込んでくるような錯覚に陥った。 ふと、スレンダーな看護士の手が何かを探していることに気づいた。指で触れると握り締められた。なので、手をつなぎながら同じ調子で舐め続けていた。すると突然、巨乳のナースの下肢全体が痙攣し始めた。「あああああっ……。ダッ、ダメッ、んくっ、ストップ!」 看護婦は切羽詰った感じで叫び、腰を捻り僕の舌を避けた。そして胎児のような格好で横たわり、数秒後には全身から力が抜けたようになっていた。
 
けれど彼女が乱れた呼吸を整えている表情は、快楽の余韻を楽しむように安らかな表情だった。「もしかして、イッたんですか?」 俺が訊くと、白石麻衣激似のナースはゆっくり首を横に振った。「違うの。急にイキそうになって、でもまだイクのがもったいなくて、休憩したくなったの」「もったいない?」「つまり、身体の反応に心がついていかないというか。最初、わたし、けっこう緊張していたみたいなんですよね。途中から行為にのめり込めて、やっと心と身体がリラックスしてきたら、突然急にイキそうになって。でも、もっとゆっくり落ち着いて楽しみたいって気分なんです」 ナースは一気に喋ってから、ヘッドボードに手を伸ばした。そして、ミネラルウォーターのペットボトルを取って蓋を開け一口飲んだ。「でも女性は男と違って、連続で何回もイケるんじゃないんですか?」 俺は週刊誌のエロ記事で得た知識をぶつける。「わたしの場合、けっこう男性的なのかも。一回イクと、スッキリしてエッチな気分が醒めてしまうんですよね」「なるほど。女性はそれぞれ、みんな違うのかあ、納得です」 まだイクのがもったいないとは、早漏ぎみの男が急激な射精の兆しを醒ますために、おまんこからち○こを抜くみたいなものなのかもしれない。「ゆうきさん。後ろから抱きしめてもらえますか」 かわゆい看護婦は言って、ペットボトルをヘッドボードに戻した。「あっ、はい。わかりました」 いいんですかと尋ねる言葉をのみこみ、俺は横たわるヤリマンのナースを背後から抱く。
 
 基本的にはクンニだけという約束だったので、バックからでもハグができるのは嬉しい。清楚な看護婦の火照った女体から、フワッとバニラのような香りが漂う。「わたしの身体、すごく熱くなっているでしょう」「そうですね」「はああ、もっとギュッてしてください」 そう言われてきつく抱きしめた。 俺の顔の前に彼女の頭頂部がある。髪からはリンスと頭皮の混じった香りがした。大きく吸い込んで匂いを堪能する。 ?にかかっている黒髪の束を梳いたあとに、許可を得ずに触れてしまったことに気づいたが、ナースは咎めなかった。 逆に「くふぅうーん」と鼻を鳴らし、ほおを俺の手の平に寄せてくる。そのまま、上気している?を撫でた。瞼や睫にも指を這わせて愛撫する。キスはしない約束だから、半開きになっている唇を指で軽くなぞった。 すると、その指を咥えられた。温かく湿った舌がチロチロと指の腹をくすぐる。俺はもう片方の手指で、ヤリモクの看護士の耳を愛撫した。「あっ、んんんんっ、んっくっ」「えりこさんは、耳がすごく感じるんだね」 看護師は、俺の指をしゃぶるのを止めて快感に没頭し始めた。「だって、さわり方が……、あっ、うううんっ。なんだかわたし、身体中が敏感になっているみたい。もっといろいろなところを、さわられたり、舐められたりしたくなってるわ」「こんなふうに、ですか?」 僕は囁いてから、美しい看護婦の耳を舐め、しゃぶり、甘がみした。
 
同時にヤリマンの看護婦の首筋や肩を撫で、鎖骨に触れてから、巨乳のおっぱいに向かってジリジリと指を這わせた。(いろいろなところには、当然、巨乳のバストも含まれるよな) そう思いつつ巨乳の乳房の麓に到達すると、彼女は吐息を漏らした。「はぁんっ。胸も、いっぱいさわってください」 了承を得た俺は、看護士の巨乳のバストを手で包む。控えめな膨らみは、手の中にスッポリと収まった。全体をやんわりと揉んでから、頂上にあるポチっと勃起した乳首を中指で押さえる。 看護師のブラキャミの布越しに乳頭を爪でカリカリとむいたり、指の腹で乳暈の辺りを円を描くように撫でたりした。親指と中指で乳首の側面をキュッとつまんだら、20代の看護師は甘い声で喘いだ。「いやぁあああん」 両手を自身の太ももに挟んで「んんんっ」と息を詰めたり、上半身をビクビクッと震わせた。反応がよいので、緩急をつけた乳首愛撫を繰り返していたら、セフレのナースは掠れた声で訊いた。「む、胸を直接さわったり、舐めたりしたいですか?」「もちろん」 僕はビッチな看護婦の耳に熱い息を吹きかけながら答えた。
 
出会い系サイトPCMAXでのスレンダーなナースとの即ハメセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓





















































 
なおPCMAXを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと今すぐsexさせてくれる綺麗な女と出会ってセフレにしてオフパコsexできませんので、ピーシーマックスに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
PCマックスのような出合い系サイトで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで詳しく説明していますので参照してください。
 
⇒出会い系サイトPCMAXの詳細はこちら
 
※PCMAXは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【PCMAXやれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【PCMAXセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【PCMAXヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【PCMAX体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【PCMAXハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【PCMAXヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【PCMAXやれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【PCMAXセフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.