deaikeitaiken_novel

【PCMAX出会える】高槻市でアラフォーの爆乳美熟女と中出しセックス

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
私は飽きもせず出会い系コミュで美人の女性を釣って、即ハメセックスをやっています\(*T▽T*)/
 
さて、今回は出会いやすいサクラのいないであいけいSNSのピーシーマックスで出会った40代の美魔女と大阪府高槻市で会ってセフレにして即即ハメsexをしてきたのですが、ハメどり写メが沢山撮影できましたのでご紹介します。
 
※この記事には過激なセックスのはめ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出合い系コミュのPCマックスで出会った女性は美熟女で、名前は泰子ちゃんといい、顔は鈴木杏樹似のとても美人でした(^^)
 
出会い系サイトPCMAXでのセフレの美魔女のプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトピーシーマックスでの清純な美熟女の掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
美熟女とは、出会系マッチングサイトのPCマックスで知り合ってLINEでやり取りした後、高槻市駅近辺のお洒落な串カツ居酒屋に飲みに行っていい雰囲気なったのでいつものようにラブホに行ってオフパコsexをしました。
 
俺と熟女が大阪府高槻市の高槻市駅周辺のラブホテルの部屋に入った。「そういえば、さっきの話……ホントなのかしら。あたしとセックスしたいって」 子持ちの美魔女が顔を赤くさせて、見つめてくる。 子持ちのおばさんのタレ目がちな双眸が潤んでいて、なにかを言いたそうにもじもじしている。 グラマーなおばさんのヒップや巨乳のおっぱいは十分に熟れきっていて、アラフォーの熟女の色香が匂い立つようだった。誰かに触ってほしくてたまらないという女盛りの欲情が、鈴木杏樹似の熟女の肉感的なボディから漂ってくる。「い、いやそんな……誰でもなんて」 と否定しながらも、僕は思いきって言ってみた。「でも、泰子さんには……その……確かに……」 はっきり言うのが恥ずかしいので濁したが、清純な美魔女には伝わったようで、ますます目の下を赤らめて見つめてくる。「……やだ、わたしはおばさんよ。子持ちだし、萎びてるし……こんなおばさんを興奮させてどうするの?」 そう言うと、おばさんは自虐的に笑う。「そんなことないですよ。キレイで、スタイルもいいし」「若い頃に比べたら、ずいぶん崩れたわよ。でも……ウフフ。いいわ、おばさんの身体に興味があるなら……」 セックスレスの美熟女がぽつりとつぶやく。俺の心は湧き立った。僕が心の中で手を合わせていると、セフレの美熟女がラブホの玄関に行き、戸に鍵をかけて戻ってきた。 手招きされたのでついていくと、かわいい熟女は奥の部屋に進んでいく。俺もそれに続いた。 下を見れば、セックスフレンドの美熟女のジーンズに包まれたはち切れんばかりの豊かな尻が、ぷりん、ぷりんと揺れている。 このお尻を自分のものにできるのだと思うと、全身が熱くなる。 欲求不満なおばさんは少し逡巡していたものの、やがて布団を敷いた。 俺は着ていたスーツの上着を脱いで、シャツとズボンになる。 これも脱いだほうがいいかなと、セックスレスの熟女を見やる。
 
 美熟女は後ろ髪をまとめたゴムをほどいた。 すると黒髪がパアッと枝垂れ落ち、ミドルのボブヘアになる。ムチっとした熟女の女っぷりが変わって、僕はハッと見つめてしまう。 欲求不満な美熟女は、少しためらいがちにうつむいている。 おばさんが健気でいじらしいと思った瞬間だ。 しかしおばさんが戸惑っていたのもほんの短い時間で、すぐに近づいてきて、俺の手を取った。「しばらくsexしてないから、ちゃんとできるかどうかわからないわよ」 美魔女の手が、俺の手を包み込む。 温かくてうっとりするような優しい手だった。 しばらく俺の手を撫でてから、美魔女が言う。僕がちょっと照れたところを見せると、「あんもう、妬けるわねえ」 鈴木杏樹似の熟女が顔を寄せてきて、すっとうなじに手をまわして僕を抱き寄せた。セフレの美魔女の紅い唇が近づき、すぐに唇を重ねる。(意外と積極的なんだな……) 俺も肩を抱き、ディープキッスしながら唇のあわいに舌をすべり込ませる。 美魔女もすぐに応えて、僕の舌に自分の舌をからませてきた。「んん……ンンッ」 おばさんの感じいったような甘い呼気が、俺の口腔に入ってくる。果実の香りとアルコールの甘い味にうっとりとなる。 俺と美魔女の舌同士をもつれさせ唾が混ざり合う。くちゅ、くちゅ、と淫靡な音を立てながら口を吸い合うと、四肢の先までジンと甘い痺れが広がっていく。
 
「ぅんんっ……ぅんんん……」 やがて豊満な美熟女は悩ましい声を漏らしてきた。 可愛らしい美熟女の舌使いがいやらしく、俺もキスをしているだけで、股間がぐんぐんと持ちあがっていく。(可愛い……優しい美熟女みたいなのに、いざ火がつくと甘えてくるんだな) 四十路の美熟女はおしとやかに見えても、アラフォーの美魔女であった。エッチの経験はあるし、感じやすくてスケベな肉体をしている。 俺はもう夢中になった。 鼻先が何度も当たるほど、角度を変えて唇を押しつける。 キスをしながら、鈴木杏樹激似のおばさんは自ら右手だけでブラウスのボタンを外していく。 僕は息苦しくなり、ゆっくりとキスをほどいた。 セフレの熟女を見れば、白いブラウスの胸元が大きく開き、豊かな爆乳のオッパイの谷間と、胸元にレースのついたキャミソールみたいな白い下着が露わになっていた。(……スリップだ) シルクのようにつるんとしていて、胸のところのレースが透けている。肩紐が二本見えて、セックスフレンドの熟女はこの下にブラジャーもつけているのがわかった。「おっぱい、お、大きいですね」「でも、だいぶ垂れたわよ、ほら……」 豊満なおばさんは僕の右手を取ると、爆乳の胸が見える胸元へと導いた。 俺はおずおずと手を伸ばし、スリップ越しの熟女の爆乳の胸を包み込んだ。軽く揉んだだけで、たわわな爆乳のオッパイはムニュッとひしゃげる。(……や、柔らかい……それに、お、おっきいな……) セックスレスの美熟女の爆乳のバストは、どこまでも指が沈み込みそうな軟乳で、しかも量感たっぷりだった。張りはないが、そのぶん、しっとりとした揉みごたえがあり、美魔女らしいもっちりした柔らかさに陶然となる。「あん……ね、垂れちゃってるでしょう」「言うほど垂れてないですよ。素敵です、ヤスコちゃんのおっぱい……」
 
「嬉しいわ……ンンッ……いいわ、もっとギュッと揉んでも」 セックスレスの美魔女に言われたとおりに、ずっしりとした重みを手のひらに感じながら、ゆっくりと指を沈めていく。 スリップ越しに下乳からすくうように、ムギュッとふくらみをつかむと、「んっ……」 美魔女がわずかに顎を持ちあげた。「いいわ、すごく……」 柔らかな表情をしていたセフレの美魔女が、すでにうっとりとした色っぽい女の顔になっている。もうたまらなかった。 またディープキスしながらコンドーム爆乳のおっぱいを揉んだ。「んんっ、んぅぅぅ」 ほつれた唇から甘い喘ぎ声が漏れる。 手のひらは、スリップの上からコンドーム爆乳のバストをぐいぐいと揉みしだいていた。40代の熟女と舌を吸い合い巨乳の乳房を揉めば、もう脳味噌がとろけてしまいそうなほど昂ぶってしまう。 俺は美熟女のブラウスのボタンをすべて外し、肩から抜くようにして大きく左右にはだけた。 さらにスリップをズリ下げ、ブラジャーのフロントホックを外すと、つきたての鏡餅のような美しい熟女の爆乳のオッパイが、たゆんと揺れてこぼれ落ちた。「んん……」 キスをしながら、おばさんが羞恥の声をあげる。 爆乳のオッパイを露わにされて、恥じらったのだろう。 夫以外の男に、しかも出会い系アプリのピーシーマックスで出会った男に爆乳の乳房を見られているのだ。恥ずかしいに決まっている。 俺は接吻をほどいて、美魔女の爆乳のオッパイをまじまじと見た。
 
 くたっとした美魔女の巨乳の胸はわずかに垂れて左右に広がっている。蘇芳色の乳輪は大きくて、実にいやらしい巨乳の乳房だ。「ああ……いやっ……」 ぽっちゃりのおばさんがいやいやと身をよじる。美魔女の慎み深さや恥じらいが、僕を燃えさせる。 僕は汗ばんだ手のひらで直におっぱいを揉みしだいた。「あっ、んっ……」 色っぽい息を吐きながら、セフレのおばさんのヒップが妖しくくねる。 指先に当たる乳首は縮こまっていたが、指で捏ねているうちに、むくむくと頭をもたげて硬くなってくる。 熟女の乳首を、チュウと口に含み吸い立てた。「あ、あんっ!」 むちっとした熟女の背がきつく反り、形のよい顎がクンッと跳ねあがった。(感じてくれている……) おばさんの乳肌がじっとりと汗ばんで、熱く火照っていく。 俺の手も汗ばんでいるから、揉むといやらしいほどに、おっぱいがぬるん、ぬるんとすべっていく。 さらに乳頭をねろねろと舐めれば、「あんっ……だめぇっ」 双眸を潤ませながら、セフレの熟女がよがる。 立っていられないとばかりに、ジーンズを穿いた脚を震わせている。 俺がいよいよ下腹部を責めようとすると、美魔女が先に俺のズボンの股間をいやらしく撫でまわしてきた。「おばさんにも、させて。ね?」 美魔女はそう言うと、俺の足元にしゃがんでベルトを外してきた。 ファスナーを下げてズボンを膝まで下ろし、盛りあがった股間を指で撫でさすりながら、ブリーフの上からチンチンを舐めてくる。「あっ! くうう……」 熟女の長い舌で布地の上から、はむっ、と咥えたり、ねろねろと舌で撫でまわしたりするので、グレーのブリーフに美熟女の唾液のシミができる。「ああ……安子ちゃんっ……」 40代の美魔女はクスッと笑い、ブリーフに手をかけてズボンとともに一気に下ろす。
 
 ち○こがぼろんと飛び出して、急角度でそそり勃っている。「すごい……やっぱり若いのね、元気」 セフレの熟女はち○ぽに指をからめ、形や硬さを確かめるように握ってくる。「おお……」 その指使いにも僕はびっくりしたのだが、それよりも可愛い美熟女がいきなり亀頭部にチュッとキスしてきたのには、どぎまぎした。「ウフフ……」 熟女は淫靡に微笑むと、大きく口を開けて、いきなりおちんちんを?張ってくる。「くぉぉ……あ、やすこさんッ……」 僕は下を見る。 セフレの美熟女が、血管の浮き出るようなピンク色のオ○ンチンを、大胆にち○ぽを口に含んでいるのが信じられない。 しかし、陰毛が唇に触れるほど深く咥えられ、おばさんの生温かい口内粘膜で亀頭がぴっちりと包み込まれて、とろけるように気持ちがいい。 さらに喉奥から吸われ、ムッチリの美熟女の舌でねろねろと舐められる。「く、おおう……」 俺は脚をガクガクさせながら、顔を真っ赤にさせて低く唸った。 気持ちいいなんてもんじゃなくて、頭がどうにかなってしまいそうだった。 さらに清楚なおばさんは熱っぽく顔を打ち振って、「うんぅん……んんっ……」 と鼻息を弾ませて、唇をゆったりとスライドさせてくる。 美熟女のなめらかな唇の裏側で敏感な勃起の表皮を甘くこすられ、くびれを舌でねろねろと舐めまわされると、もう俺は首に筋ができるほどのけぞって、腰を震わせるばかりだ。
 
(すごい……さすがは熟女だ。フェラ○オがいやらしすぎる……) 早くも甘い射精欲がこみあげてきて、僕は身をよじった。(こ、このまま……やすこさんの口に注いでも……) そんな欲求が頭をよぎったが、やはり爆乳の美魔女の中に入れたいという欲望が勝り、僕は甘い陶酔を振り切るように歯を食いしばった。僕は後ろ髪を引かれる思いで、熟女の口から勃起を抜いた。「すごかったです、セーシが出ちゃいそうで……」 ハアハアしながら言えば、美魔女は、「出してもよかったのに」 と言って、母性的な微笑みを見せてくる。「そ、そうなんですけど……」「ウフフ、私のおめこの中にチ○コを入れたいのね……」 美熟女にねっとりと赤らんだ顔で挑発的なことを言われて、俺の鼓動がドクドクと跳ねあがった。 猛烈に昂ぶってしまい、いてもたってもいられない。「安子ちゃん……」 僕は布団の上にセフレの美魔女を押し倒して、巨乳の乳房にむしゃぶりついた。夢中で揉みしだいて、ツンと勃起した乳首を口に含むと、「あんっ……!」 美魔女は女の声をあげて大きくのけぞった。 硬くなっていく乳首を舌で舐め転がしつつ、指でつまんでギュッと挟みつけると、蘇芳色の乳頭がわずかに伸びて、「あんっ……いやっ……恥ずかしいっ……あ、ああっ……いやっ、見ないで」 子持ちの美魔女が目をつむって、いやいやする。 感じている表情を見せたくないのかと思いきや、ムチっとしたおばさんのジーンズを穿いた下腹部が「欲しくてたまらない」とばかりに持ちあがってきて、うねうねと動いていた。(自然に腰が動いてる、エロい……)
 
キュートな熟女が、これほどの女っぷりを見せるギャップがたまらない。 と、美熟女の顔を見れば、なんとも淫らですがるような表情をする。「……お願い、オマンコを触って……ジクジクするのよ」 やはり美魔女はいやらしくてたまらない。 僕は美魔女の下半身に手をやり、ジーンズのボタンを外して、ファスナーを下ろす。 ジーンズに手をかけてこき下ろそうとするのだが、大きなヒップに引っかかってなかなか脱げなかった。(すごいお尻だ……) 豊かなヒップがsexフレンドのおばさんの魅力だ。 たっぷりと旦那に可愛がられて脂の乗った40代の美熟女の尻肉の丸みが、もう目もくらむほど悩ましい。 苦労しながらジーンズを脱がせると、爆乳の熟女はスリップも下ろして、外れたブラジャーと白いパンティ一枚という扇情的な格好になる。 その下半身の充実ぶりに、僕は息をのんだ。 腰はほっそりしているのに、そこから急激にヒップにかけてふくらんでいき、大きめのパンティが、美魔女のマンコを隠している。 だが、巨乳のおばさんが横を向けば、パンティからムッチリした尻肉が半分以上ハミ出している。 鈴木杏樹似の美魔女のまろやかなヒップを撫でまわして、ボリュームとムッチリ感を楽しんでから、太ももの裏に手を差し入れて、美魔女の膝をぐいと持ちあげた。「あうっ……い、いやっ……この格好……」 激カワの熟女が大きく顔をそむけた。 アラフォーの熟女の卑猥すぎるM字開脚に、俺は鼻息を荒くしてパンティ一枚の無防備な股間を見る。 クロッチが湿り気を帯びて、淫らな熱気を放っている。「こんな格好……だめっ……あんっ……」 熟女の両脚を開かせたまま、パンティの上から恥丘をすうっと撫でると、美魔女は声を跳ねあげ、腰をぶるぶると震わせる。
 
 ねちっこく撫でていると、パンティがじっとり湿ってくるのが指の腹に伝わってきた。「ああんっ……ああっ……いいわっ……も、もっと……」 美魔女はいよいよ指の動きに合わせて、せがむように腰を持ちあげてくる。 ならばと、僕は美魔女のパンティに指をかけて一気にひき下ろす。「あっ……」 最後の一枚をするっと脱がされると、キュートな美魔女は恥じらい、太ももをよじらせた。 外れたブラジャーをまとわりつかせているだけのほぼ全裸の熟女が、布団の上で恥じらっている。(四十路……熟れきって、たまらない身体だな……) 爆乳の美魔女の豊満な肉体を隠すものはなにもない。 僕は再び脚をつかんで開かせた。 両脚を大胆に開かされて、セフレの美熟女はまんこを無防備にさらすしかない。 美熟女は「くっ……」と小さな声を漏らし、唇を?みしめて横を向く。 僕はセフレの美魔女の恥部に顔を寄せ、じっくりと見つめた。(い、いやらしい……おばさんのオ○ンコ……) 40代のおばさんの優しげな相貌とは裏腹に、想像以上に濃い恥毛が、恥ずかしいオマンコの割れ目の横にまで、びっしりと生えそろっている。 ぷっくりとふくらんだおまんこの肉びらはかなり大きめで、左右対称に開いていて、亀裂の内部には、サーモンピンクの媚肉が妖しく濡れ光っている。(ちょっと使い込んだ感じがそそる……) 美熟女のおまんこにさらに顔を寄せると、磯のような生々しい匂いがプンと漂った。そこに舌を走らせると、「ぁああ……!」 セフレの美熟女が声をあげて、背をのけぞらせる。 それまでとは比べものにならない感じ方が、sexの経験豊かなおばさんであることを改めて教えてくれる。「すごいな、もう濡れてる……」 僕のかすれ声に、子持ちのおばさんはビクッと腰を揺らめかせた。「は、恥ずかしいから口に出すのはやめて……お願い、おばさんをこんな格好にさせないで、脚を閉じさせて」
 
 鈴木杏樹激似のおばさんは布団の上で身をよじるが、俺が太ももをしっかりと押さえつけているので、脚を閉じることはできない。「やめてなんて……ヤスコちゃんのオマ○コ、嬉しそうにひくひくしてますよ……」 僕は美魔女のおめこに人差し指と中指をあてがい、Vサインのようにして左右にぐいっと押し広げた。 熱い粘膜は幾重にも膜が張り、粘り汁が噴きこぼれている。俺は舌を伸ばして、40代の熟女の膣孔の内部を舐めた。「あ、あんッ!」 むっちりの美魔女のムチッとしたヒップがビクッと大きく揺れた。 ヨーグルトのような酸味を舌先に感じつつ、ぬぷぬぷとセフレの美熟女のお○んこに舌を出し入れさせると、奥から新鮮な蜜汁があふれてくる。 それをすくうように、マ○コの奥の鮭紅色のぬめりも、ぴちゃぴちゃ舐めてやると、「あンッ……アンッ……そ、それっ……ああんっ……気持ちいい……ッ」 巨乳の美熟女は子供の泣き声のような高い声を発し、両手で俺の髪の毛をくしゃくしゃにしながら、むきだしの恥部を持ちあげてくる。 舌を外して美人のおばさんの顔を眺めれば、タレ目がちの優しい双眸は、ぽうっとなにかに取り憑かれたようにうつろになって、目尻を紅色に染めあげていた。 口は半開きのままハアハアと息を荒らげている。またマ○コを舐めれば、美魔女はさらに艶めかしい声を放って、追いつめられたように身をよじる。 僕のクンニに悶えきっているのだ。 嬉しかった。 出会い系アプリのPCMAXで出会ったセフレのおばさんを、女にしている実感が湧く。 俺は舌を伸ばし、今度は上方の小さなクリトリスをつついてやる。
 
 欲求不満な熟女はやはり陰核は感じる場所らしい。 舌が触れただけで、ビクッと腰が揺れて、「い、いやッ……あああ、そこは……ああん、だめっ……!」 セフレのおばさんの声はいっそう切実なものに変わっていき、尻をもどかしそうに揺らしている。 セフレの美魔女のマンコはもうぐちゃぐちゃだった。 あのしとやかな熟女が、グラマーな熟女は今ははしたなく腰を動かしてきて、まんこをびっしょりと濡らして乱れに乱れている。「ああんっ、もうだめっ……お願い……」 いよいよ熟女は、焦れったそうに濡れ溝をこすりつけてきた。 俺もこんな刺激的な光景を目の前にして、ガマンの限界だった。 蜜汁でべとついた口を拭いながら、(ああ、いよいよ……出会い系アプリのPCマックスで出会ったおばさんと……) ひとつになると思うと、歓喜に身体が震えた。 正常位で入れるか、爆乳のおばさんの豊満なお尻を楽しむようにバックか……。 いや……俺は思った。 むちっとしたおばさんを、もっとスケベにさせてみたい。 俺はシャツと脚にからまったズボンとパンツを脱いでから、セックスフレンドの熟女の隣で仰向けに寝そべった。5「え……なあに……」 奇麗な熟女が肩に引っかかっていたブラジャーを取りつつ、怪訝な顔を向けてくる。「上になってほしいんです。だめですか?」「ええっ……」 美魔女は戸惑い、恥じらい顔で見つめてくる。 だが俺が「お願いします」とせがめば、「もう……」と呆れるような顔を見せつつも、おずおずと俺の腰を跨いできた。 腰が動いてしまうほどクンニで昂ぶってしまっていたのだから、恥ずかしい騎乗位でもしてくれるだろうという算段があった。やはり正解だった。「うううッ……」 清楚なおばさんは目の下を赤く染めながら、ゆっくりと腰を下ろしてくる。
 
 途中で俺と目が合い、すぐにそむけ、40代の熟女はこちらを見ないようにしながら膝を曲げて大きな尻を落としてくる。(ああ、すごい……) 下から見あげて、40代の美魔女のむっちりボディに目を見張った。 尻も大きいが、そこから太ももにかけての太さがたまらなくエロティックだった。 セフレの熟女の垂れ気味の爆乳のオッパイもローアングルで見れば、余計に大きさが際立っている。 美魔女の爆乳の胸がふたつ迫ってくる絶景に、僕は鼻息を荒くして、ちんこをさらに充実させてしまう。 アラフォーの熟女は俺の上で淫らなM字開脚を披露しながら中腰になり、そそり勃つオチンチンを握り、角度を変えて自らのオ○ンコに導いた。「ああん……恥ずかしいわ。私みたいなおばさんに、こんな破廉恥なことをさせるなんて……」 つらそうな泣き顔を見せつつも、爆乳の美熟女のま○この割れ目は「早く入れてほしい」とばかりに、中の赤身をぐっしょり濡らしている。 あの中に入れたらどんなに気持ちいいんだろう。 俺が爆乳の美魔女との濃密セックスを夢想していると、いよいよ勃起の先が濡れ溝に触れてぬるりとすべり、「んっ……ああっ……」 たったそれだけで、美熟女は切なそうな声を漏らし、きりきりと眉根を寄せながら、亀頭を目がけて腰を沈めてきた。 おちんちんの先が膣口に引っかかる感触があり、だがすぐに先端が狭孔を広げていって、あとは奥にずるっと嵌まり込んでいく。「あ、ああんっ!」 子持ちの美熟女が甲高い声を漏らして、顎を跳ねあげた。
 
 チンチンがゆっくりと美熟女の中に消えていく。(な、中がぬめぬめして……うおっ、すごい) おちん○んにグッと力を込めて腰を送ると、ちんちんが奥まで突き刺さった。 熱い媚肉に包まれる快感が、僕にもじわりじわりと押し寄せてきた。「あんッ、硬いっ……!」 アラフォーの美魔女が蹲踞の姿勢のまま、腰をぶるっと震わせる。 ち○ちんが嵌まるとおびただしい蜜があふれ、ぬちちゅ、と淫猥な音が立つ。「ああ、いやっ……」 ぬめり汁の音を聞き、美魔女は恥じらって汗粒の浮いた顔を横に振るも、もう快楽には抗えないようで、腰を落としきって結合を深めていく。「くうう……」 僕も唸った。 アラフォーの熟女のオマ○コの濃厚な粘膜が勃起を甘く締めつけてくる。 あったかくて、うねうねして、想像以上に気持ちいい。 たまらなかった。もうザー○ンが出ちゃいそうだ。下からなんて突きあげられない。 じっとしていると、ようやくわずかに余裕ができた。 俺はゆっくりと腰を浮かし、下からググッと圧迫する。「ああ、そんな……そんな奥に……ああん、いやっ……」 騎乗位で跨がっているセックスレスのおばさんが、息を荒らげて悶えはじめる。 上体をわずかに起こして、結合部を見た。 陰毛と陰毛がからむほどに、深く熟女の中にチン○ンを突き入れている。 いけないことだが、寝取りの興奮はなによりも大きかった。「ヤスコちゃんの中、気持ちいいです……」 僕の腰は自然と動いていた。 見れば、ぬらついたチンポが結合部から現れては消え、を繰り返している。 亀頭部のエラが膣膜を甘くこすりつつ、美熟女のオマンコのざらついた奥までを切っ先で穿つ。「ああっ、だめっ、だめっ、ああ、ああ……」 鈴木杏樹似の熟女は美貌を歪め、顔をふるふると打ち振った。 上になった美熟女は、ロデオのように身体を揺らし、重たげな爆乳のおっぱいもぶるんぶるんと揺れ弾んでいる。
 
 僕は下から貫きながら、四十路のおばさんのふくよかな巨乳のおっぱいに手を伸ばし、じっくりと両手で揉みしだいた。「あんっ……ああ……あああ……」 おばさんは艶めかしい声を漏らし、豊満な肉体を揺らしたままのけぞらせる。 乳首を下からギュッとつまめば、「ああん、はあああ……ッ!」 といっそう感じいった声をあげてギュッと目をつむり、半開きの口から甘い吐息をひっきりなしに漏らしている。 ちんちんとマンコの結合部がさらに熱く滾ってくる。 清楚な熟女のマンコの奥からラブジュースがあふれてくるからだ。 白い肌が火照り、ぬるぬるとした汗がふたりの身体を濡らしていく。 甘ったるいかわゆい熟女の汗の匂いも、獣じみた発情の匂いも強くなっていく。「くうう……た、たまりませんよ」 ぬるぬるした温かな感触が震えるほど気持ちよかった。美熟女の膣粘膜がまるで吸いついてくるようだ。 ぐちゅぐちゅと淫音が混ざり合い、お○んちんの切っ先は熱くとろけるような喜悦に痺れていく。 ガマンできなくなって、もっと突いた。 おばさんは脚を開いたまま、俺の腰の上で淫らに身体をバウンドさせる。 お尻が何度も強く太ももを叩き、奇麗な美魔女の爆乳の胸が、ぶるん、ぶるんと暴れるように揺れている。「ああんっ、だめっ……恥ずかしいっ、恥ずかしいわ、見ないでッ」 言われると見たくなる。 黒髪が枝垂れ落ちて、その隙間から熟女の表情が見える。 美熟女は眉間にギュッと縦ジワを刻み、今にも泣きそうな顔で、首を左右に振りたくっている。
 
 セックスレスの熟女が乱れてきた様子が、色っぽくてたまらなかった。 じっくりと突きあげていると、いよいよ巨乳の熟女も腰をぐいぐいと前後にうねらせて、膣肉をチンポにこすりつけてきた。「はああああ! い、いいわっ」 四十路の美魔女はもうどうにもならないといった様子で、ぱちん、ぱちんとヒップを鳴らして、人形のようになすがままにバウンドしている。 もっとだ。 もっと乱れてほしいとばかりに、おばさんの腰を持ってぐりぐりと勃起をまわし入れれば、「ああんッ、お、奥まで……ああんっ、そ、そんなッ……そんなことしちゃだめよお……はあああっ」 と、ますます激しく乱れていく。 愛おしくてたまらなかった。 両手を腰から外し、その手で美魔女の上半身を引き寄せる。 sexフレンドの美熟女は騎乗位で挿入したまま、前屈みの格好になっていく。僕の上で四つん這いになる格好だ。 俺はsexフレンドの熟女をきつく抱きしめながら、腰を使ってちんちんでぬめった膣肉と練り合わせていく。ぐちゅぐちゅと淫音が混ざり合い、キュートな熟女が「あんあん」と艶めかしい声を振りまいて腰を揺らめかす。「あんッ、すごいっ! いい、気持ちいいわっ、ゆうきくんっ」 熟女も、しがみつくように僕の身体を抱きしめてきた。 せがむような、うねった腰つきがたまらなかった。僕はハアハアと息を荒らげて、怒濤のピッチでオチ○チンを突き入れる。「ううっ、安子ちゃん」「ゆうきくん……んふっ」 見つめ合い、どちらからともなく熱い口づけを交わす。そっと熟女の舌が俺の口腔にすべり込み、情熱的に舐めまわしてくる。(上も下もつながってる……くうう、気持ちいいっ) もっとセフレのおばさんの熟れた身体を味わいたかった。 俺は欲求不満なおばさんのムッチリしたヒップに手を伸ばし、双尻に指を食い込ませて鷲づかみにする。すると、突き入れている角度が変わったらしく、「いやっ、そこだめっ……はああああッ……」 キスをほどいたおばさんが、切実な目で訴えてきた。
 
 美魔女はだめと言いつつも、結合をもっと深めようと自ら腰をくねらせてくる。 いつもの優しい顔つきからは想像もできない、艶めかしい顔があった。 口は半開きで、瞳はとろんと宙をさまよう。 セフレの熟女の感じた顔はいやらしすぎると驚嘆しながら見つめていると、セフレのおばさんは視線を合わせてきて、「ねえっ、もっと……もっとして……おかしくなる、おかしくなりそうなのよ、私、あああ……」 そんなことをささやかれたら、男は奮い立つに決まっている。 前屈みになっていたむちっとした熟女の上体を起こしてやり、また蹲踞の姿勢にさせて、俺は遮二無二突きあげた。「いやっ……ああっ……あああッ」 俺は下から手を差し伸べて、両手の指と指とをからませて恋人つなぎにし、もっと奥までフルピッチでチ○チンを突き刺した。「いやっ、いやっ……はああん……ははあああん」 恥ずかしいM字開脚で、しかも両手をつかまれていても、鈴木杏樹激似の熟女は腰を動かさずにはいられないようだった。(くうう、すごい……腰が……腰の動きがすごい) まるでフラダンスのような四十路の美熟女の腰の動かし方に、戦慄すら覚える。「やあ、やだっ、わ、私、もう……」 セフレの美熟女の形のよい顎が、何度も持ちあがる。 黒髪を振り乱すほどに身体を上下させ、ぱちんぱちんと尻音をさせて俺の上で揺れ弾む。 すごい眺めだった。 四十路のおばさんの様子もそうだが、分泌液でべとべとになった己のちんぽが、色っぽい美熟女がバウンドするたび、出たり入ったり妖しい動きを繰り返している様もいやらしすぎた。「ああんっ……ああんっ……いい、いいわっ……」 セフレのおばさんはのけぞりながら、ギュッと恋人つなぎの手をさらに強く握ってくる。「ぐぅぅ……」 俺は奥歯をかみしめた。
 
手を握ると同時に温かいぬかるみの締めつけを感じたからだった。もう頭が痺れてきて、精子を射精しないと収まらなくなってきた。「ああ、俺、もう……ヤバいです」 言うと、上に乗るむちっとした美魔女もすがるような目つきで見下ろしてきた。「いいわ……は、早く……私、ダメになりそうなの。お願い、イって。おばさんのマンコの中にいっぱい中出ししてっ!」 僕は言われるままに、抜き差しにスパートをかけた。「わ、私も……イ、イキそう……ああんっ、イッちゃいそう……」 巨乳の美魔女が見つめてくる。 俺も見つめ返しながら、息をつめて大きく突きあげた。 次の瞬間、「イッ、イクッ……だめっ、私っ、もうだめっ……はあああッ!」 僕の腰の上で、美熟女がガクンガクンと腰を揺らした。 ギュッとちんぽが膣肉で締めつけられる。(あああ……だ、だめだ) 亀頭の先が熱くなり、放出欲が高まる。かわゆい美魔女の内部でおちんちんが跳ねあがった。「で、出るっ」 深く突き入れた位置で、俺は腰をブルッと震わせた。「あんっ、すごい……きてるッ、いっぱい……」 欲求不満な美魔女はよがり声をあげ、腰を揺らめかせた。 おちんちんからは熱いザ○メンが勢いよく放出され、美熟女のとろけるような膣内に大量に中出しされる。 もうなにも考えられない。ただ、あまりに気持ちよい射精の余韻に、身体をブルブルと震わせるだけだった。 やがて中出しが終わり、俺はハアハアと息を荒らげながら全身を弛緩させた。「ウフフ、すごかったわ……」 色っぽい美魔女はほつれた髪をかきあげながら、俺に寄り添ってくる。「ありがとうね、ゆうきくん。ねえ、これ……ホントにお礼になった? 私の身体なんかで楽しめたのかしら」「自虐的すぎますよ。じゃなかったら……その……あんなにたくさん、ヤスコちゃんの中に出してませんから」 俺が言うと、セフレのおばさんが照れて恥じらい顔を見せた。 その可愛らしい表情を見ていたら、もう一回ぐらいエッチが続けてできそうな気がしてきた。
 
出会い系サイトPCMAXでのセフレの美魔女とのハメどりセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓
















































 
今回豊満な美魔女とすぐオフパコエッチ出来た出会い系はPCMAXです。
 
なおPCMAXを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと今すぐsexさせてくれるかわゆい女の子と出会ってsexフレンドにして即ハメエッチできませんので、PCMAXに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ピーシーマックスのような出会い系アプリで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで詳細に解説していますので参考にしてください。
 
⇒出会い系サイトPCMAXの詳細はこちら
 
※ピーシーマックスは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【PCMAXやれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【PCMAXセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【PCMAXヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【PCMAX体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【PCMAXハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【PCMAXヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【PCMAXやれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【PCMAXセフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.