deaikeitaiken_novel

【PCMAX出会える】河内長野市で巨乳エステティシャンとセックス

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
管理人は日々出合い系マッチングサイトで美形の女と即会いして、ハメ撮りセックスにいそしんでいます(^^)
 
さて、今回は即会いできる安心安全なであいけいマッチングサイトのPCマックスで出会ったヤリモクのエステティシャンと大阪府河内長野市で会ってセフレにしてすぐタダマンエッチをしてきたのですが、はめどり写メがたくさん撮影できましたのでご紹介します。
 
※この記事にはアダルトなsexのハメどり写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出合い系SNSのPCMAXで出会った女の子はエステティシャンで、名前は優香ちゃんといい、顔は広末涼子似のものすごく美人でした(^0^)
 
出会い系サイトピーシーマックスでのセフレのエステティシャンのプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトPCMAXでのヤリモクのエステティシャンの掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
エステティシャンとは、出会系サイトのピーシーマックスで知り合ってラインでやり取りした後、河内長野駅周辺の高級イタリアンレストランに食事に行った後いつものようにラブホに行ってハメ撮りエッチをしました。
 
僕とヤリマンのエステティシャンが大阪府河内長野市の河内長野駅近くのラブホの部屋に入った。ラブホテルの部屋でビールを飲みながら僕はエステティシャンに「優香ちゃんとエッチしたい」といった。ビッチなエステティシャンは残りのビールを飲み干した。俺のほうはすでに飲み干していた。「そのかわり、わたしのいうとおりにしてもらうわよ。いい?」「はい。あ、でも、どういうことなんですか」 思わず返事をしたものの、わけがわからないというようすで僕が訊く。「それはこれからいうわ。まず服を脱いで、下着だけになって」 さすがに僕は訝しげな表情を見せた。が、すぐに黙ってスーツを脱ぎはじめた。表情にはまだ戸惑いがあるが、興奮もしている感じだ。 ビッチなエステティシャンもスーツの上着を脱いだ。白いシャツにタイトスカートという格好でベッドの枕元にいくと、ラブホテルの浴衣の紐を手にしてもどってきた。僕はすでに臙脂色のトランクスだけになっていた。「少し変わった遊びをしましょう。両手を後ろにまわして」 ヤリマンのエステティシャンはいった。「え?! 縛られちゃうんですか?」 さすがに俺は驚いている。
 
「そう。ゆうきくん、女からイジメられた経験は?」「ないです」「じゃあ一度こういうプレイを経験してみるのもいいかもしれないわよ」 エステティシャンは思わせぶりにいって俺の背後にいき、再度両手を後ろにまわすよう命じた。「エ~、佑華さん、女王様の経験あるんですか」 紐で両手首を縛られながら、俺が驚いた口調で訊く。「意外だった?」「はい。でもユウカちゃんなら女王様も似合ってる感じもしますけど……」 相手が20代のエステティシャンということもあって少しは落ち着いてきたのか、僕がお世辞のようなことをいう。「似合ってる? そうかもね」 手首を縛り終えたエステティシャンは、苦笑して僕を向き直らせた。 俺は細身だが筋肉質の?をしている。トランクスの前は、なんと早くも盛り上がっていた。 それを眼にしたとたんズキンとおまんこがうずき、ほおがふるえて清楚なエステティシャンは喘ぎそうになった。「ゆうきくん、なにこれ?」 パンプスを脱いだ足で、トランクスの膨らみをつついた。「アッ、そんな……」 俺がうろたえたようすで腰をもじつかせる。 セフレのエステティシャンは椅子に腰かけ、俺はその前の床に正座している。「もうお○んちん硬くなってるじゃないの。どうして?」 エステティシャンはストッキングを穿いている足で、トランクスの中の強張りをグリグリこねる。「ああッ、優香ちゃんの下着が見えて、それで興奮しちゃって……」 僕がうわずった声でいう。言葉どおり興奮した表情でセフレのエステティシャンの股間を見入っている。
 
エステティシャンのタイトスカートは太腿のほとんど付け根までずれ上がり、肌色のストッキングを吊った黒いガーターベルトも、同じく黒いレースのショーツも、確かに僕の眼に見えているはずだ。 それもセフレのエステティシャンがわざと見せて挑発しているのだが、スレンダーなエステティシャンのほうは俺の視線を感じてゾクゾクしているのだった。「見えてじゃないでしょ。あなた、いやらしいから盗み見て、それで興奮しちゃってるんでしょ。どうなの?」 セックスフレンドのエステティシャンはなおも足で強張りをなぶりながら、詰問する。「そうです。すみません」 すんなりとプレイに乗ってきた僕に、巨乳のエステティシャンは内心驚いた。「へえ~、なかなか素直じゃないの。ゆうきくん、あなた素質がありそうよ」 今夜だけ――といったけれど、もし僕にマゾの素質があったら、これからセックス奴隷にして愉しむことができるかもしれない。 僕の反応に気をよくしてそんな期待も抱きながら、エステティシャンは僕を立たせると、彼のネクタイで目隠しをした。眼が見えないほうがお互いにプレイに没頭できるからだった。「ゆうきくん、カノジョがいないっていってたけど、どれくらいいないの?」 横に立って俺の乳首を指先で撫でまわしながら訊いた。「アッ! 三カ月くらいです」 俺がくすぐったそうに身をよじってうわずった声で答える。「ということは、最近別れたってこと?」「はい。……そういう感じの関係だったんです」「そう。でもこのいやらしいチ○ポがこんなに元気だと、早く相手をつくらないと困っちゃうんじゃないの」 指で乳首を弄りながら、細身のエステティシャンは一方の手で露骨に突き出ているトランクスの前を思わせぶりに撫でまわす。「優香さん、お願いがあるんですけど、今夜だけじゃなくて、これからぼくの女王様になっていただけませんか」
 
腰をくねらせながら、俺のほうから思いがけないことをいった。「そうね、それはあなた次第だわね」 内心の驚きと悦びを隠して素っ気なくいうと、巨乳のエステティシャンは勃起している乳首をツネり、トランクスの前のオチ○チンを、指先で弾いた。 ウッ、と俺が呻いて?をすくめた。「あなたがちゃんとプレイができれば、考えてあげてもいいわ」 いって広末涼子似のエステティシャンはトランクスの中に手を差し入れた。熱いお○んちんが手に触れた。まるで鋼鉄のような感触に、エステティシャンのほおがふるえた。 久しく忘れていた逞しいオチン○ンの感触に胸をときめかせながら、エステティシャンはトランクスを下げた。 ブルンと大きく弾んでチン○ンが跳び出し、それを眼にした瞬間またエステティシャンのほおがふるえ、かろうじて声を殺した。 トランクスを脱がして俺を床に仰向けに寝かせた。エステティシャンはいやでもち○ちんに眼がいってしまう。そればかりか、オチンチンを見ているだけでほおがうずき、さっきから湧き出しているぬめり汁がセフレのエステティシャンのオマンコの蠢きに合わせて流れ出てきているのがわかる。 ヤリモクのエステティシャンはもう我慢できなかった。会社社長とのプレイでは、こういうところで弄んだりイジメたりするのだが、そんなことをしている余裕はなかった。 エステティシャンはタイトスカートを腰の上まで引き上げた。俺の下半身のほうを向いて顔にまたがると、前屈みになってオチ○チンを手にした。「いやらしいわね。こんなにビンビンにしてしまって……ほら、罰として奉仕しなさい」 エステティシャンは手でオチン○ンをしごきながら命じて、たまらなくうずいている股間を俺の口に押しつけた。「ウウッ……」 俺が呻いた。ショーツ越しに舌でオマ○コをまさぐりたてながら、熱い息を吹きかけてくる。 身ぶるいする快感をかきたてられて、エステティシャンは必死に声を殺した。腰をもじつかせながら、おまんこを僕の口にグイグイ押しつける。「ウグッ……ングッ……ンパッ……」 俺が息苦しそうな声を洩らしながら、エステティシャンの責めに対抗するように舌を暴れさせる。
 
「なんて奴隷なの、罰を受けてるのにますますコレを硬くしちゃって」 sexフレンドのエステティシャンは手にしているチ○チンを揺すって罵ると、腰を浮かせた。「どうしてこんなになってるの? 理由をいってごらんなさい」「そ、それは、奉仕してたら興奮しちゃって、それと佑華ちゃんに、手でそれを刺戟されたからです」 俺が息を弾ませながらうわずった声でいう。ネクタイの目隠しが功を奏したか、すっかりプレイの世界に入っているようだ。「それだけ?」 20代のエステティシャンは訊いた。「え?……」「なにかいやらしいこと考えてたんじゃないの? 正直におっしゃい!」「あ、はい。もう我慢できなくなっちゃって、それを佑華さんのオマンコに入れてもらいたいって……」「ったく、なんていやらしい奴隷なの。ふつうならお仕置きしてやらなきゃいけないとこだけど、まァいいわ、初めての経験だし、若くてカノジョもいなくて欲求不満が溜まってるでしょうから、今回だけは許してあげるわ」 そういって広末涼子激似のエステティシャンは俺の顔の上から下りた。「で、もう我慢できないの?」「はい。佑華ちゃん、お願いです、もう入れてください」 俺が懇願する。故意にそうしているのか、それともひとりでにそうなっているのか、ち○こがビクン、ビクンと跳ねている。 それを見てエステティシャンは、俺の舌で直接奉仕させたくなった。ガーターベルトとストッキングは残してショーツだけ脱ぎながらいった。「いいこと、奴隷が女王様にそんなお願いをするときは、『犯してください』っていうのよ」「あ、はい。女王様、犯してください」「いいわ。お願いを聞いてあげる……」 ゾクゾクしていいながらエステティシャンは俺の腰に、というよりち○ちんにまたがった。 目隠しをしているので、僕の眼を気にする必要はない。エステティシャンは相撲取りが四股を踏む格好でちんぽを手にすると股間を覗き込み、開いている肉びらの間に亀頭をあてがってこすった。 セフレのエステティシャンの濡れたマ○コからクチュクチュと卑猥な音がたって、淫らな気分と一緒に欲情をかきたてられる。
 
「ああッ……」 俺がたまらなさそうな声を洩らした。 広末涼子激似のエステティシャンは亀頭を膣口にあてた。ゆっくりと腰を落としていく。鋼鉄のようなおちん○んが滑り込んできて、エステティシャンは息が詰まった。そのまま腰を落としきると、めくるめく快感に襲われた。のけぞった背筋を快感が駆け抜けて、ふるえると同時にかわゆいエステティシャンは達した。 その瞬間、スタイルのいいエステティシャンは胸のなかで『イクッ!』と叫んだが、女王様の矜持で、口から発したのはかすかな呻き声だった。 清純なエステティシャンは緩やかに腰を使った。亀頭と子宮口がグリグリこすれ合って、しびれるような快美感がわきあがる。「ああすごいッ、こすれてるッ」 僕が唸るような声でいう。 女王様であるセックスフレンドのエステティシャンは声を殺すのに必死だった。このまま律動していると、声だけでなく快感をこらえきれなくなって乱れてしまう惧れがあった。そこで腰を浮かせて上下させた。 股間を覗き込むと、清楚なエステティシャンのオ○ンコの肉びらがチ○ポを咥えて上下している淫猥な眺めが眼に入って、ますます興奮と快感をかきたてられた。「優香ちゃん、あ、いや、女王様、ぼくもう我慢できません」 僕が切迫した声でいった。「だめよ。奴隷なんだから、わたしがいいっていうまで我慢しなさい」 そういうヤリモクのエステティシャンも、もういつでもイケる状態まできていた。 ふたたび腰を落とすと、エステティシャンは絶頂に向かって律動しはじめた。 前後に振るだけでなく、腰を旋回させた。チンポで膣をこすられ、かきまわされる。快感をぐんぐんかきたてられて、もはや声を我慢することはできない。
 
感泣しながらエステティシャンは、俺に射精の許可を出すタイミングを計った。「イッていいわよ」 律動しながらエステティシャンが息せききった声でいった。「イキます!」 いうなり俺は腰を突き上げた。 巨乳のエステティシャンがのけぞって、動きが止まった。太腿が僕の腰を強く挟み、キュッと膣がち○ちんを締めつけてきた。ピクピク痙攣する。 俺が「うっ、出るっ出る、出るっ!」と言いながらエステティシャンのおまんこの中にザー○ンをいっぱい中出しした。つづけざまに勢いよく中出しした。「アアッ、イクッ!」 エステティシャンがふるえ声を放って、また腰を律動させる。 すぐに腰の動きが止まった。オルガスムスに襲われているらしく、エステティシャンのおまんこが繰り返し痙攣している。 時が止まったような空気感のなか、ヤリモクのエステティシャンの荒い息遣いだけが聞こえる……。 ツルリとおちん○んが膣から抜け出て、エステティシャンが俺から離れた。 巨乳のエステティシャンは黙っている。なにをしているのか、目隠しをされている僕には、まったくわからない。 ほどなく、シャワーの音が聞こえてきた。 どうするつもりなんだろう? 首をかしげながら、僕は起き上がった。
 
だが両手を縛られたままなのでどうにもならない。 それにしても――と僕は改めて驚いた。ゆうかちゃんに女王様趣味があったなんて……。 ただ、ビッチなエステティシャンにもいったように、エステティシャンには女王様趣味が似合わないこともない。エステティシャンは仕事ができて、しかもシャープなデザインの縁無し眼鏡がよく似合う知的な美貌といい、タイトなスーツが格好よく決まるプロポーションといい、まさに女王様というに相応しい。 だが俺は一つウソをついていた。それは広末涼子似のエステティシャンから女にイジメられたことはないのかと訊かれて、ないと答えたことだ。 本当は一度あった。学生時代にこれも経験だと思って短期間だがバイトでホストをしたことがあり、そのときのことだった。 相手はホストクラブの客で、偶然にもいろいろな点で巨乳のエステティシャンと似通ったところのある女だった。 年齢も三十代。セフレのエステティシャンほどの美人ではなかったがプロポーションがよく、やり手の女社長だった。 その女社長にラブホの一室で女王様プレイを求められたのだ。 僕自身それまでそういうプレイの経験はなく、それにサドッ気はあってもマゾッ気はないと思っていたので困惑した。が、好奇心からプレイに応じたのだ。 ところが女王様プレイのあと、思いがけない展開が待っていた。女社長が女王様から一転、「今度は反対にわたしをイジメて」とマゾ女に変身したのだ。
 
もちろん僕はその要求に応えた。驚いたことに女社長の乱れ方は大変なものだった。 女社長がいうには、女王様からマゾ女へと立場が逆転することがたまらなくいいらしい。相手をした俺も、女社長が見せた正反対の反応には、ひどく興奮させられたものだった。 セフレのエステティシャンに女王様プレイを求められたとき、その女社長のことが僕の脳裏によぎったのはいうまでもない。 そして僕はいま、女社長とプレイしたときと同じような展開を期待して胸をときめかせていた。 ただ、巨乳のエステティシャンが女社長のようなことをいいだすとは思えない。あり得ないといったほうがいい。だとすれば、無理にでもそういう展開に持っていくしかない。そうでもしなければ俺の期待どおりにはならない。 問題はそのときの広末涼子似のエステティシャンの反応だ。怒りだして拒絶する可能性は充分ある。そうなったら、これからの女王様プレイまでフイになる。反応といえば、期待が叶うかもしれないことがひとつあると僕は思っていた。それは騎乗位でエッチしていたとき、ヤリモクのエステティシャンが見せた反応だ。あのときのエステティシャンの反応はそれまでにないものだった。広末涼子似のエステティシャンは女王様であることなど、すっかり忘れたように夢中になって快感を貪っていた。あの乱れ方は、相当欲求不満が溜まっていたとしか思えない。 それを考えると、無理にでも感じさせてしまえば、期待どおりの展開になるのではないか。
 
俺がそう思っているとき、ドアが開く音がした。ヤリモクのエステティシャンが浴室から出たらしい。近づいてくる気配があった。「よかったわよ」 僕の耳元でそう囁くと、セフレのエステティシャンは手を縛っている紐を解きはじめた。 自由になった手で、僕は目隠しのネクタイを外した。しばらく視界を遮られていたため、一瞬、部屋の明るさがまぶしくて眼が開けられなかった。 やっと眼を開けると、白いバスローブをまとった綺麗なエステティシャンがそばに立って、艶かしい笑みを浮かべて俺を見下ろしていた。「ぼく、合格ですか?」 僕は笑いかけて訊いた。「ま、一応合格ってことにしてあげるわ」 エステティシャンが腕を組んでもったいをつけていう。眼は俺の下腹部を見ている。このあとのことを考えているうちに俺のオチ○チンは強張ってきていた。「じゃあこれからも優香ちゃんと女王様プレイができるんですね」「そうね。ただし、周囲の眼にはくれぐれも気をつけること、いいわね」「わかりました」 俺は立ち上がった。「ユウカさん、提案があるんですけど、いいですか」 いいながらセフレのエステティシャンの後ろにまわり、両手を肩にかけた。瞬間、エステティシャンが?を硬くするのがわかった。「提案? なに?」 緊張した感じの声で訊き返す。
 
「今度はさっきとは反対に、ぼくがゆうかちゃんを縛ってイジメちゃうっていうのはどうです? そういうプレイも、ていうか立場が逆転するっていうのも刺戟的だと思うんだけど、してみませんか」 俺はヤリマンのエステティシャンを抱き寄せた。「ゆうきくんなにいってるの、やめなさい」 身悶えてうろたえたようすでいう。バスローブ越しに感じるむちっとしたヒップがオチンチンをこすって刺戟する。「優香ちゃん、逆に縛られてイジメられたことはないんですか?」「そんなこと、あるわけないでしょ。離しなさい」 ビッチなエステティシャンの声はうわずっている。勃起しているちんこを、僕がぐいぐいヒップに押しつけているせいらしい。「だったら、さっきのぼくと同じように、初めて経験してみるのもいいんじゃないですか」 いうなり俺は両手をバスローブの前にまわして胸元をつかみ、グイとはだけた。「やめてッ。なにをするのッ。やめなさいッ」 セフレのエステティシャンの声を無視して、というよりその声を聞いてもうあとには引けない気持ちになって、僕は両手でむき出しの巨乳のバストをわしづかむと揉みたてた。「だめッ、ゆうきくん、やめなさいッ。いやッ、だめよッ」 拒絶の声がしだいに力を失っていく。 量感、弾力ともほどよい巨乳のおっぱいから片方の手を移動して、僕はバスローブの紐を解き、その手で下腹部をまさぐった。
 
「いやッ」 20代のエステティシャンがあわてて俺の手を払おうとする。バスローブの下はショーツをつけていなかった。しっとりとしたヘアの感触が、僕の欲情をかきたてた。「ノーパンってことは、佑華さんももっと愉しもうと思ってたんでしょ。もっともこういうやり方じゃなくて、女王様プレイのつづきでもって、ぼくのコレをたっぷり味わっちゃおうって」 そういっていきり勃っているち○ぽを巨乳のエステティシャンのヒップに突きたてた。「アアッ――!」 エステティシャンが昂った感じの喘ぎ声を放ってのけぞった。 俺はバスローブをむしり取った。いやがる清純なエステティシャンをベッドに押し倒し、うつ伏せにして馬乗りになると、バスローブの紐で手早く巨乳のエステティシャンの両手を後ろ手に縛りあげた。 それからまた広末涼子激似のエステティシャンをベッドから下ろして床に立たせた。エステティシャンの裸身を、初めてまともに観賞するために――。「お~、ゆうかさんの裸、メッチャ色っぽいですね。うーん、この悩ましさ、たまらないなァ」「いやッ、やめてッ、見ないでッ」 裸身を舐めるように見まわす俺に、スレンダーなエステティシャンが狼狽しきって身をくねらせる。僕が後ろ手に縛った紐をつかんでいるため、片方の太腿で下腹部を隠そうとして、なよなよ悶える以外、どうすることもできない。 25歳という年齢は、女体がもっともきれいに熟れる頃なのかもしれない。俺はそう思った。
 
セフレのエステティシャンの艶も張りもある肌といい、ゾクゾクするほど官能的な線といい、見ているだけで興奮と欲情をかきたてられてち○ぽがひくつき、先走り液が滲み出てきていた。 立ち姿を観賞すると、僕はふたたびヤリマンのエステティシャンをベッドに上げた。仰向けに寝かせると、いきなり広末涼子似のエステティシャンの両脚を押し開いた。「いやァ」 セフレのエステティシャンが悲鳴に似た声をあげて腰を振りたてる。無理やりに股を開かれてマンコをあからさまにされたのだから当然だが、いままでにない狼狽ぶりが僕のサディスティックな欲情を煽った。「いやッ、見ないでッ……だめッ、見ちゃいやッ……」 エステティシャンがいたたまれないような表情を浮かべてふるえ声でいいながら、腰をうねらせたりもじつかせたりしている。 エステティシャンの表情も、その声も、ふだんの自信に満ちたエステティシャンからは想像もつかないものだ。 そんな美形のエステティシャンの顔とあらわになっているおま○こを、僕は交互に見ながらゾクゾクする興奮を味わっていた。 おまんこは、エステティシャンにしては猥りがわしい眺めを呈している。陰毛は黒々として濃密に繁り、肉びらはくすんだ灰褐色で、その形状がどこか貪欲な感じの唇を連想させる。 sexフレンドのエステティシャンがそんな猥褻なものを股間に秘めていたと思うと、それも俺を興奮させた。 俺がセフレのエステティシャンのま○こに眼を奪われているうちに、いつのまにかスリムなエステティシャンの声がしなくなっていた。 かわって荒い息遣いが聞こえた。
 
巨乳のエステティシャンの顔を見やった僕は驚いた。そむけて眼をつむっているその顔には、一目でそうとわかる昂りの色が浮きたっている。そして、清純なエステティシャンは息を弾ませているのだ。 カッと俺は熱くなった。 優香ちゃんは見られて興奮している! それも異常なほど……。 俺は両手で肉びらを分けた。ぱっくりと開くと同時にビッチなエステティシャンが喘ぎ声を洩らして、ヒクッと腰を跳ねさせた。 エステティシャンのおめこは肉びらの外側の灰褐色とは対照的な、きれいなピンク色の粘膜があからさまになって、膣口が喘ぐように収縮を繰り返している。 そこはもう蜜を塗りたくったような状態で、しかも膣口が収縮するたびにジワッとマン汁を吐き出している。「優香ちゃん、もうグショ濡れになって、よだれを垂らしてますよ」「ああ、いや、やめて、いわないで」 ヤリモクのエステティシャンが狂おしそうにかぶりを振って、うわごとのようにいう。そのようすは異様な興奮に酔っている感じだ。「驚いたな。佑華さんてけっこうマゾッ気あるじゃないですか。いや、まんこ見られてこれだけ濡らしちゃうんだから、けっこうなんてもんじゃない、大ありですよ。ほら、こうやって見られるの、感じちゃってたまらないんでしょ?」「うう~ん、いや……」 ドキッとするほど艶かしい声でいうと、エステティシャンはたまらなさそうに?をくねらせる。さらに腰をうねらせながら、「ああそう、そうよ、感じるの、たまらないの」
 
僕の問いかけにそう答える。 なにかが吹っ切れて、それでいままでにない興奮が表出したような表情と口調でいったセフレのエステティシャンに、俺は一瞬見とれた。が、すぐに歓喜がわきあがって、『やった!』と胸のなかで快哉を叫んだ。 見ているだけじゃなく、早くどうにかしてと催促するように、エステティシャンは腰を波打たせている。 僕はお○んこに指を這わせた。巨乳のエステティシャンはこれだけ濡れてたまらなくなっているのだから当然、性感の高まりがクリにも現れているはずだと思いながら見てみると、包皮からクリちゃんが完全に露出していた。 ビッチなエステティシャンのクリちゃんを指先にとらえると、ビクンッと腰が跳ねて「アッ」という声が洩れた。 勃起してコリッとした感触のクリちゃんを、俺は指先でまるくこねた。とたんにエステティシャンが過敏な反応を見せた。?がヒクついたり腰をもじつかせたりしながら、感じ入った喘ぎ声を洩らす。「どう? いい?」 嬲りながら俺が訊くと、エステティシャンは苦悶の表情を浮かべた顔がうなずき返す。「どこがいいの?」 美人のエステティシャンは戸惑ったようすを見せた。俺から初めてそんな口のきき方をされたからか、それともそんなことを訊かれたからか、それよりいままで男からそんなことを訊かれたことがなかったからかもしれない。 だがそれも一瞬のことで、ビッチなエステティシャンはすぐまた悩ましい表情を浮かべると、「ああそこ、そこ、いいッ」 と答えた。「そこってどこ? ちゃんといわなきゃだめだよ」「ああッ、クリちゃん、いいッ」
 
清純なエステティシャンが泣き声でいう。俺は興奮を煽られて指先でまんこをまさぐった。「じゃあここは?」 膣液でヌルヌルしているおめこをこねて訊いた。「ううん、そんな、ああッ、だめ……」 sexフレンドのエステティシャンがもどかしそうな表情と声で訴えて腰をくねらせる。 僕は指を膣口に挿し入れた。ヌルッと、わずかに第一関節までを入れただけだが、清楚なエステティシャンは不意を突かれて驚いたように息を?んだ感じでのけぞった。 そのまま僕は、膣の入口付近を指でこねた。「ああそこッ……そこ、もっと!」 清純なエステティシャンが夢中になって腰をうねらせる。焦れったそうな腰つきだ。 僕はわざとらしく訊いた。「もっとなに?」「いやッ」 広末涼子似のエステティシャンがかぶりを振り、腰を律動させる。「じゃあこのままでいいの?」「いじわるッ、いやッ」 すねた口調と、眼鏡の奥のなじるような、それでいて色っぽい眼つき。いままでの巨乳のエステティシャンからは到底考えられないその反応に、僕は興奮で心がふるえた。「優香さんがいやらしいことをいうの、聞きたいんだ。ほら、どうしてほしいのかいってごらん」「ああ、しらないッ」 エステティシャンは顔をそむけた。その顔にさらに強い興奮の色が浮かんだかと思うと、「ああンもっとッ、もっと奥までしてッ」 腰を振りたてていう。それも、早くそうして、といわんばかりに腰を僕のほうに迫り出して。 僕はマンコ深く指を挿し入れた。 巨乳のエステティシャンのオマ○コが、かなりの名器であることはすでにオチンチンで感じてわかっていた。その感触を味わいながら指を抽送したり、膣のなかをこねまわしたりする。 自分からたまらず指を求めただけあって、20代のエステティシャンはたちまち夢中になった。泣くような声を洩らしながら、俺の指の動きに合わせていやらしく腰を上下左右に振る。 俺はしだいに指の動きを速めた。それにつれてエステティシャンの感泣と息遣いが切迫してきた。 責めたてながら俺は、エステティシャンに卑猥な言葉で快感を訴えさせようと思った。
 
「どこがいいの?」 訊くと、「そこッ。アアン、もうたまらないッ」 さきほどと同じようにエステティシャンが答える。「そこって、ここのこと?」 指を曲げて膣の天井部分をこねて俺は訊いた。「ああそうッ、それだめッ」 いまにもイキそうなようすでエステティシャンがいう。「ここはいやらしい言葉でなんていうか、ユウカさんだって知ってるでしょ。ほら、どこがいいの?」「アアッ、おまんこいいのッ」 興奮が最高潮に達したような表情でセフレのエステティシャンがいった。 それを聞いた僕も興奮のあまり危うく射精しそうになった。 直後――、「だめッ、イクッ、イクイク、イッちゃう!」 清楚なエステティシャンが息せききって泣き声でいって腰を跳ね上げ、絶頂のふるえをわきたてた。 僕の指で嬲られて我慢の限界まできていた快感が、卑猥な言葉を口にして興奮を煽られて一気に迸った、という感じだった。 ぐったりして荒い息をしているエステティシャンを抱き起こすと、口元にチン○ンを突きつけた。「今度は優香ちゃんが奉仕する番だ。さ、いやらしくしゃぶってよ」 エステティシャンは拒まない。まだ絶頂の余韻がさめやらないような表情で、僕の白濁液とエステティシャンの蜜汁がまじってついたままのおち○ちんにも躊躇することなく唇を触れ、眼をつむると舌をからめてきた。 しかも俺が命じたとおり、エステティシャンはねっとりと亀頭を舐めまわす。そして両手は後ろ手に縛られたままなので、顔を右に左に傾けながらち○ちん全体を唇と舌でなぞる。くすぐりたてられるような快感に、ちんぽがヒクッ、ヒクッと跳ねる。 その生々しい動きのたびにセフレのエステティシャンがせつなげな鼻声を洩らす。やがておち○ちんを咥えると、顔を振ってしごきはじめた。
 
「信じられない気持ちだな、ゆうかちゃんにこんなに美味しそうにおち○ちんをしゃぶられてるなんて」「うふん」 甘ったるい声を洩らしただけで、エステティシャンはフ○ラチオをつづける。 見下ろしているうちに僕は思っていた。エステティシャンはフェラという行為に興奮するタイプらしいと。見ていると、濃厚なフェ○チオしているうちに徐々に興奮という酒に酔った感じになってきたからで、いまはもう酩酊状態のようにうっとりしている。 その顔とふだんの20代のエステティシャンの顔がダブッて、僕はたまらなくなった。射精を我慢できなくなったわけではない。一度射精しているので、まだ十分余裕はあった。早くエステティシャンの中に押し入り、責めたてて乱れ狂わせてみたくなったのだ。 俺は腰を引いた。巨乳のエステティシャンの口からち○こが滑り出て、生々しく弾んだ。それを見てキュートなエステティシャンが喘いだ。 一瞬、僕は清楚なエステティシャンの顔に眼を奪われた。思わず、きれいだと思った。いままで見たなかでも一番きれいだと。その顔は欲情があらわになって、一段と艶めいている。まさに凄艶という言葉がぴったりだ。「ゆうかちゃんを犯したくなっちゃった。いい?」「いやだといっても犯すんでしょ。なら、いやだといったほうがいいかしら」 エステティシャンが僕を挑発するような眼つきで見ていう。 俺は一瞬気圧され、苦笑いした。「犯されたいって言い方だね。犯されたいの?」「……犯して」 顔をそむけてヤリマンのエステティシャンはいった。無表情の硬い顔つきと抑揚のない声で。むしろそれが気持ちの昂りを感じさせた。 両手を縛ったまま、俺はエステティシャンを仰向けに寝かせた。その前にふと、紐をほどこうかと思ったが思い直した。両手の縛めを解いても犯すような行為はできないことはないが、マゾッ気がある清楚なエステティシャンのことだから、とりあえずは縛ったままのほうがいいだろうと考えて。 僕は広末涼子似のエステティシャンの脚の間に腰を入れた。ち○ぽを手にすると、その先で肉びらの間をまさぐった。「ああッ」 巨乳のエステティシャンがふるえをおびたような声を洩らして腰をうねらせる。
 
僕は亀頭でエステティシャンのまんこをこすりたてた。クチュクチュという卑猥な音がたつ。過敏な陰核と膣口を交互にこねていると、感じてたまらなさそうな喘ぎ声を洩らしながら、エステティシャンが焦れったそうに腰をもじつかせる。「もうコレが欲しくて我慢できないって感じだな」「ああんだめッ……いやッ、だめッ……ああん、。焦らしちゃいやッ」 sexフレンドのエステティシャンはゾクゾクするような声でいいながら、催促するように腰を上下に律動させる。それも腰を迫り出して巨乳のエステティシャンのオマンコをチ○ポに押しつけてくるようにして。「どうしてほしいの?」 亀頭で膣口をこねながら俺は訊いた。「ううんッ、だめッ、きてッ」 清楚なエステティシャンが懇願する。俺が黙ってなおも嬲っていると、「ああもう……入れてッ」 エステティシャンはたまりかねたようにストレートに求めてきた。 カッと燃え上がるような欲情に襲われて僕は押し入った。 オマンコにち○こが滑り込むと、エステティシャンの顔が眉根を寄せてのけぞって、その口が感じ入った声を放った。 俺は腰を使った。セックスフレンドのエステティシャンが悩ましい表情を浮かべて俺の腰の、というよりちんぽの動きに合わせてきれぎれに艶かしい喘ぎ声を洩らす。 エステティシャンの顔が、僕にはますますきれいに見えた。「優香ちゃん、色っぽい、いい顔してますよ。この顔、仕事中に思い出したら困っちゃうだろうな」 俺が腰を使いながら笑っていうと、巨乳のエステティシャンがふと現実に引き戻されたような表情を見せ、「いやッ」 ひどくうろたえていった。そして、エステティシャンみずから腰を律動させる。狼狽を振り払おうとするかのように。「ああッ、いいッ、ああッ、もっとしてッ」 昂った表情と声で清楚なエステティシャンが訴える。これまで自制していたものをすべて捨て去って、なりふりかまわず快感を求める、そんなようすだ。 こうなったら乱れ狂わせるのはわけはない。そう思って僕は自信満々でおちん○んを突きたてていった。
 
出会い系サイトPCマックスでの清純なエステティシャンとのタダマンエッチのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓

















































 
今回清純なエステティシャンとすぐオフパコセックス出来た出会い系はPCMAXです。
 
なおPCMAXを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと今からすぐsexできる綺麗な女の子と出会ってセックスフレンドにしてただまんセックスできませんので、PCMAXに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
PCMAXのようなであいけいマッチングサイトで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで分かりやすく説明していますので見てください。
 
⇒出会い系サイトPCMAXの詳細はこちら
 
※ピーシーマックスは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【PCMAXやれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【PCMAXセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【PCMAXヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【PCMAX体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【PCMAXハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【PCMAXヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【PCMAXやれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【PCMAXセフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.