deaikeitaiken_novel

【PCMAXハメ撮り】セフレの巨乳婦人警官と中出しsex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
自分は飽きもせず出逢い系SNSでかわいい女漁りをして、オフパコsexにいそしんでいます(^_^)
 
さて、今回はセフレを量産できる悪徳でない出合い系SNSのPCマックスで出会った深川麻衣似のセフレの巨乳婦人警官と埼玉県飯能市で会ってセックスフレンドにして今すぐ即ハメエッチをしてきたのですが、ハメ撮り写メが沢山撮影できましたのでレポートします。
 
※この記事には過激なセックスのハメどり写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会系マッチングサイトのピーシーマックスで出会った女は婦人警官で、名前は充希さんといい、顔は深川麻衣似のどえらい美人でした(^0^)
 
出会い系サイトPCマックスでの20代の婦警のプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトPCマックスでの20代の婦人警官の掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
飯能駅から俺のマンションまでの十五分ほど、婦警はずっとしゃべっていたが、僕の部屋に入った途端無口になった。緊張しているのがわかる。 終電を逃して、ヤリモクの婦警は泊まるところを確保しなくちゃ、とあせってたが宿を確保出来てホッとしたのだろうが、いざ僕のマンションに来て、セフレの婦人警官は我に返っているのかもしれない。 出会い系サイトのピーシーマックスで出会った男の部屋に泊まることを、後悔しはじめているのかもしれない。 かといって、俺は気の利いた話を出来ずにいた。ここで女性を楽しませるような話がすうっと出来るようなら、そもそも三十年もモテないということはない。  変な沈黙の時間が続く。 やっぱり泊まるのやめる、と巨乳の婦人警官が言い出しそうで怖い。 なにか話さないと。場を和ませないと。でも、いったいなにを話せばいいんだ。「あの……」 とヤリマンの婦警が俺を見つめてきた。「は、はい……」「シャワー、使っていいかな」「えっ、シャワー……ああ、もちろんっ」 俺は立ち上がると、六畳間を出る。六畳間と台所の間に、トイレと浴室、そして小さな洗面台があった。「ここだけど、いいかな」「ありがとう……あっ」 巨乳の婦警が礼を言いかけて、小さく声をあげた。「どうしたの?」「いや、あの……下着……。日帰りの予定だったから、替えを持ってきてなくて……飯能駅で買っておけばよかったね。頭がまわらなくて……」「そ、そうか……」「いや、大丈夫。明日のぶんは、これから洗って乾かせばいいから」「そ、そう……でも、それじゃシャワーから出た後は……」「下着無しだね……」 と言って、sexフレンドの婦警が僕から視線をそらす。優美な?が赤く染まっていく。 下着無し……ノーパン、ノーブラ……ミツキさんが、ノーパン、ノーブラっ。「じゃあ、お先に……使わせてもらうね」 と言って、巨乳の婦警が浴室に続く脱衣所へと入っていった。
 
 婦人警官の姿が視界から消えると、俺はふうっと深呼吸をする。どうやら、婦人警官と会った瞬間から、かなり緊張していたようだ。 ドアが開き、20代の婦警が顔をのぞかせた。すでにワンピースを脱いでいて、下着姿になっていた。 ドアの隙間から、ちらりとブラとパンティだけの婦警の肢体がのぞいている。 豊満な巨乳の胸がブラカップからはみ出ている。さっきから見たくて仕方がなかった、婦人警官の巨乳の乳房だ。「あ、あの……」「はいっ、ど、どうしたの?」 声が裏返っている。見てはいけない、と思っても、つい、可愛らしい婦人警官の巨乳の乳房の隆起を見てしまう。「バスタオルをおねがいします……」 そう言うと、清純な婦警がドアを閉めた。 またも、ふうっと緊張がほぐれた深呼吸をする。シャワーの音が薄いドア越しに聞こえはじめた。 ああ、裸になったんだ。巨乳の婦警が素っ裸で、すぐそばにいるんだ。 これで婦人警官が泊まることが決定的になった。もう脱いだのだ。やっぱり他を探します、と気が変わることはない。「あっ、バスタオルを出さないと」 ぼんやりと感激に震えていた僕は、急いで押し入れを開けた。バスタオルは替えを入れて二枚しかない。一応匂いを嗅いでみたが、まあまあ大丈夫か。 バスタオルはどこに置こう。やっぱり脱衣所だろうか。 俺はバスタオルを手に、そっと浴室に続く脱衣所へと入る。シャワーの音がより大きく聞こえてくる。 脱衣所には洗面台があり、反対側の磨りガラスの引き戸の向こうが風呂場だ。ガラス越しに、ぼんやりと婦人警官の裸体が見えていた。「あっ……」 はっきりとは見えないが、豊満な巨乳のおっぱいの形が何となくわかる。白い裸体の曲線もぼやけつつ見て取れる。 なんてことだっ。あの美形の婦警のヌードだ。オールヌードだっ。しかも、ライブだ。 シャワーの音がやんだ。巨乳の婦警がボディソープを手のひらに出しているのがわかる。 そして泡立てた手を首筋に持っていくのが、わかった。 が、いかんせん、磨りガラスに湯気が加わり、ぼやけている。はっきりと見たい。巨乳の婦警の裸体をクリアに見たい。 婦警が鎖骨から巨乳のオッパイへと泡立てた手を下げていく。巨乳の乳房を撫でている。泡まみれになっていく。 婦人警官がこちらを見た。まずいっ、と思った時には、磨りガラスのドアが開いていた。「バスタオル、ありがとう。そこに置いていて」 上半身だけ出して、婦警がそう言った。 俺は金縛りのようになっていた。まったく口がきけない。 清楚な婦警の巨乳のおっぱいは泡まみれで、乳首も見えなかった。泡ブラというやつだ。 髪をアップにまとめ、泡だけで巨乳の胸を隠している婦人警官は、さながら妖艶な天使だった。 さっきに目にしていたら、即、暴発していただろう。今だって、大量の前触れの露を出しているのだ。「ゆうきくん、大丈夫?」 20代の婦警が泡ブラのまま、小首を傾げて、固まっている僕を見ている。「えっ、う、うん……ここに、置いておくね」 どうにか返事をすると、おねがい、と言って清純な婦人警官が磨りガラスのドアを閉めた。 俺はバスタオルを置くと、台所に戻った。 スーツ姿のままなのに気づき、上着を脱いでネクタイを外す。ワイシャツやズボンも脱いで部屋着になろうとした時、もっこりとした股間にシミが出てきていることに気付いた。 えっ、とスラックスを脱ぎ落とすと、先走りの汁でブリーフが濡れていた。それがスラックスにまで伝わったようだ。 いつの間にかこんなに先走り汁を漏らしていたとは。もしかして、婦警に気付かれたのでは。童貞だとばれたかもしれない。35歳にもなって、泡ブラを見て、スラックスにカウパー氏腺液の染みを作るなんて、童貞くらいなものだろう。 あたらしいブリーフに穿き替え、ジャージを着ようとしたが、勃起しているのがバレてはまずいと思い、ジーンズを穿いた。そしてTシャツを着ていると、風呂場に続くドアが開き、セフレの婦人警官が出てきた。
 
「あっ……」 思わず、俺は声をあげていた。 ビッチな婦警は裸体にバスタオルだけを巻いて、俺の前にあらわれたのだ。だが考えるまでもなく、それは当然の格好といえた。 だって、脱衣所にはバスタオルしか置いてなかったのだから。着替えだ。着替えを忘れていた。「お先にシャワー、使わせて頂きました」 丁寧に言いつつ、sexフレンドの婦人警官が六畳間にやってくる。 バスタオルは大判ではなかったので、ヤリマンの婦警の胸元から太腿の付け根まで、ぎりぎり隠れている程度だ。清楚な婦人警官の胸元からはたわわに実った巨乳のおっぱいの隆起がはみ出し、裾からは、あぶらの乗った太腿が露出している。 なんといってもヤリマンの婦警は肌が綺麗だった。絖白いというやつだ。鎖骨や太腿で拭いきれなかった水滴がきらきら光っている。「そんなにじっと見ないで……」 婦警がほおを赤らめ、太腿と太腿をすり合わせる仕草を見せた。たまらないっ、たまらないぞっ。「ああ……なんか、恥ずかしい……」 なんかどころか、かなり恥ずかしいだろう。この場合、僕も脱いだ方がいいのか。いや、それよりも着替えをどうするかだ。「あ、あの、ごめん……女ものは置いてなくて」「なにか裾が長いTシャツとか、あるかな」「ああ、そうだね」 俺は背後の押し入れを開き、ボックスを見る。裾が長めのTシャツがあった。それを取ろうとした時、隣にタンクトップがあるのに気づく。これも裾が長い。 タンクトップ……ノーブラにタンク……あのスタイルのいい婦人警官がノーブラにタンク。いや、ノーブラどころではなくて、ノーパンじゃないかっ。 見たい! 是非とも、スリムな婦人警官のノーブラノーパンタンクトップを見たいっ!「Tシャツあるけど、裾が短いなあ」 と言って、あえて一番裾が短めのTシャツを取って、セフレの婦人警官に見せる。 巨乳の婦人警官は女性としては背が高い方で、小柄な俺よりわずかに低いくらいだった。「それ……たぶん、隠れないよ……」 と恥ずかしそうに、巨乳の婦警が言う。隠れない、というのはノーパンの股間のことだよな、セフレの婦人警官っ。 イヒヒ、と爺のような心境になる。「タンクトップでよければ、裾が長いのがあるんだけど」 と言って、長いタンクトップを清楚な婦人警官に見せる。「ああ、それでいいわ。それなら隠れるし」 そう言って、バスタオル一枚のセフレの婦警が寄ってくる。 心臓が早鐘状態になる。目と鼻の先にあるバスタオルをはぎ取れば、婦警はいきなり素っ裸なのだ。いきなり、sexやれるのだ……やれる、婦警と……もしかして、セフレの婦警が僕の初体験の相手となるのかっ。「なんか、ゆうきくん、目がエッチだよ」 タンクトップを受け取りつつ、sexフレンドの婦警がそう言う。「ああっ、ごめん……」 俺はあわてて、セフレの婦人警官から視線をそらす。「ちょっとだけ、後ろを向いていてくれるかな」「えっ……」「これ、着るから」 と深川麻衣激似の婦人警官がタンクトップを掲げて見せる。すると腋の下がちらりとのぞき、どきりとなる。「あー、またエッチな目になったっ」「えっ、ごめんっ……」 俺は謝りつつ、あわてて背中を向けた。六畳間が妙な沈黙に包まれる。 後ろでは、今、婦警がバスタオルを取っているのだ。バスタオルの下は当然、全裸だ。全裸っ。オールヌードっ。素っ裸っ。 振り向けば、巨乳の婦人警官の裸が見れる。スタイルのいい婦警の裸っ。高校時代、数え切れないくらい想像して、数え切れないくらいしごいていた、あの裸がっ。「いいよ」
 
 という婦人警官の声を聞いて僕が振り向くと、そこにヴィーナスが立っていた。 バスタオル一枚も最高だったが、タンクトップ一枚もさらにそそった。しかも男ものゆえ、かなり襟ぐりが空いていて、すでに婦人警官の巨乳の乳房が半分近く露わになっているではないか。 それだけではない。乳首のまわりの乳暈が、はっきりとわかった。 長めの裾は太腿の三分の一近くを隠していて、とりあえず股間はガードされている。が、あの下はノーパンだと思うと、ドキドキが止まらない。「あの、ゆうきくんって、もしかして……」 婦警が口を開いで、気まずそうに黙る。「えっ、なんだい?」「いや、別に……」「なんだい、気になるな」 セフレの婦人警官の視線が、俺の顔ではなく、股間に向いていた。つられて股間を見ると、ジーンズ前に染みがついていたのだ。なんてことだ。ジャージならまだしも、ジーンズにまで染みを作るくらい、カウパー液を大量に出しているなんて……。「ゆうきくんて、ど、童貞だよね」 恥ずかしすぎる染みを見つつ、婦人警官が言った。「えっ、いや、あはは、まさかっ……。だって僕、もう35歳だぜ」「知っているよ。私も27歳だもの」「だから、童貞はないよ……」「そうかな。今時、珍しくはないかも」 確かに、そうかもしれない。「私の身体、そんなに興奮するの?」 と婦警が大胆なことを聞いてくる。そこはやはり、ヤリマンの婦人警官は大人の女だ。「えっ、いや、そ、そうだね……」「さっき、私のこと想像してお○にーしたりしてたでしょ?」「えっ、いや……」 いきなり過激なことを聞かれ、僕は狼狽える。「私の胸や、裸を想像して、マスターベーションしてた?」 そう言いつつ、婦人警官が近寄ってくる。石けんの匂いがむきだしの肌から薫ってくる。むきだしの部分が多い。「どうなの、ゆうきくん」 そう聞きつつ、sexフレンドの婦警がぐっと美貌を寄せてきた。「し、してたよ……みつきちゃんの裸、想像して……お○にーしてたよ」 巨乳の婦人警官の勢いに気圧されて、僕は思わず告白を、本人の前でしてしまう。「ヘンタイっ」「ああ、ごめんなさいっ」 頭を下げて、そして婦警の顔を見て、はっとなる。 僕を見つめる婦人警官の瞳が、妖しい光を宿していたのだ。「ヘンタイだから、私にこんなエッチな服を着させたのね」 そう言って、巨乳の婦人警官が横を向く。「ああっ、横チチっ」 と思わず声をあげてしまう。男ものゆえ、タンクトップの脇がルーズで、そこから、深川麻衣似の婦警のたわわな巨乳のおっぱいの一部がのぞいていた。 もう乳首がぎりぎり見えていないだけで、巨乳の胸の上も横も、露わになっている。「ワイシャツも、貸してくれるかな」「えっ」「だから、ワイシャツを着るから。童貞くんには刺激が強すぎるでしょう」 妖しい光を宿したまま、セフレの婦警がそう言う。
 
「ワイシャツだね……」 確かに、横チチも露わな姿は刺激が強すぎて、セフレの婦警を襲いかねない。なんせジーンズに染みを作るくらい我慢汁を出しているのだから。 僕は押し入れを開き、クリーニングに出したばかりのワイシャツを、袋ごと婦警に渡す。 ありがとう、と受け取った巨乳の婦警は袋を破ったが、その時腕に力が入り、ノーブラの巨乳のおっぱいがぷるんと弾んでいた。 ワイシャツを袋から出すと、婦警が俺を見つめてきた。 なにも言わず、じっと見つめたまま、タンクトップの細いストラップを下げはじめる。「えっ……うそっ」 このままだと、婦人警官の巨乳のおっぱいが見えちゃうぞっ。自主的に後ろを見なくちゃいけない、とは思う。でも動けなかった。 金縛りにあったように、じっと立ったまま、露わになっていく婦警の胸元を見つめていると、セックスフレンドの婦人警官はなにも言わず、ぐっと引き下げた。と同時に、ぷるるんっとたわわに実った巨乳のオッパイがあらわれた。「あっ、婦警のおっぱいっ」 ずっと想像していた巨乳の婦人警官のおっぱいは、想像以上にそそった。形は円錐形というのだろうか。上に突き出たようなおっぱいである。 豊満な肉の丘の上で、芽吹きはじめた乳首がツンと上を向いている。 婦人警官はさらにタンクトップを下げていく。 婦警は見るな、とは言わない。かといって、挑発的というわけでもない。ほおは羞恥で真っ赤になっていて、すらりと伸びた足ももぞもぞさせている。 それでもヤリモクの婦警は恥ずかしさに耐えつつ、僕の前でヌードを披露している感じなのだ。 もしかして、オナペットにしていたお礼か……いや、そもそもオナペットになっていてうれしいか? むしろ非難することだろう。ヘンタイと言っていたじゃないか。 婦人警官のお腹があらわれ、そして下腹の陰りまで、僕の前で露わになった。「あっ、ヘアーっ、美月さんのヘアーっ」 青春時代に戻っているため、つい、婦人警官と言ってしまう。 深川麻衣激似の婦警のアンダーヘアーは手入れでもされているかのように、品よく恥丘を飾っていた。マンコの割れ目のサイドには産毛程度の陰りがあり、マ○コの割れ目自体は透けて見えている。「ど、どうかしら……想像していたのと違うかな」 男もののタンクトップを足下に落とし、生まれたままの裸体を晒しつつ、巨乳の婦警が聞いてきた。僕を見つめる瞳が、なにか潤いを帯びてきている。 恥ずかしいのだろうが、出会い系サイトのPCマックスで出会ったセフレの男に裸体を晒して、巨乳の婦警も興奮しているように見えた。「違うよ、想像と違うっ」「ああ、ごめんね……がっかりした?」「いや、違うよっ。その逆で、想像していたのより、ぜんぜん上だよっ。ああ、婦警の裸、ああ、最高だよっ」 青春時代に戻ったまま、僕は声を上ずらせて、ひたすら褒めていた。「本当かな」「本当だよっ」「じゃあ、しごける?」「えっ」「私を見て、しごけるかしら」 鎖骨まで羞恥色に染めつつも、20代の婦人警官は挑発するようにそう聞いてくる。「そ、それは」「やっぱり、がっかりなのね。だからしごけないのね」「そんなことはないよっ。最高だよっ。しごけるよっ。いや、しごきたいよっ、セフレの婦人警官っ」 そう叫び、僕はジーンズのボタンを外すと、ジッパーを下げていった。 ブリーフは、はち切れんばかりのテントを張っていて、先端が当たっている部分は、大量の前触れの露で変色していた。 ブリーフも下げようとして、ふと婦人警官の目が気になる。童貞なこともあって、ひどく恥ずかしい。「どうしたの? ゆうきくん。私は裸なのよ」 そうだ。スレンダーな婦人警官はすでに全裸なのだ。俺が恥ずかしがってどうする。 思い切ってブリーフを下げると、弾けるようにおちん○んがあらわれた。先端は真っ白になっている。「あっ、すごい、ゆうきくん……ゆうきくんも男なんだね」「そうだよ。童貞だけど、男だよ」
 
 そう言って、ちん○んをつかむ。かわいらしい婦警の裸体を前にして、おち○ちんは鋼のようだ。 これをsexフレンドの婦人警官の中に入れることが出来ればいいのだが、現実は厳しい。自分でしごかなくてはならないのだ。「私で自慰してみて」 火を吐くようにして、セフレの婦人警官がそう言う。 僕はうなずき、しごきはじめる。するとすぐにどろりと、あらたな先走り液が漏れ出てきた。「ああ、すごい……ああ、すごく我慢しているのね」 すぐそばに生身の清楚な婦警が、生まれたままで立っているのだ。 形良く張った巨乳のオッパイ、平らなお腹、悩ましい股間。婦警のすべてがあった。 いや、違う。本当のことを言えば、まだ、セフレの婦人警官のすべては見ていない。「あ、あの……充希さんを思ってオナニーしていた時……裸だけじゃなくて、あの……そのお○んこの割れ目の奥も……想像していたんだ」 ここまで来たら、なにもかも告白した方がいい。「お○んこの割れ目の奥……あっ……そうね……そうよね……」 セフレの婦警は理解を示してくれる。ヘンタイとは言わない。「だから、あの……オ○ニーするなら、見たいんだ」「見たいって……」「だから、おまんこの割れ目の奥を」「えっ、マンコをっ、私のオ○ンコを見たいって言うのっ?」 いきなり、ヤリモクの婦人警官の口から卑猥な四文字がこぼれ出て、僕の方が狼狽えた。「そ、そう。おまんこだよ、ヤリマンの婦警のマンコを見たいんだ。マ○コ見ながら、しごきたいんだっ」 もう怖いものはなにもない。童貞として、お○にーを極めたい。婦人警官というリアルオナペットを前にしてしごくなんて、最高のお○にーではないか。「ああ……やっぱり、ゆうきくんって、ヘンタイね……だから童貞なんだわ」 そんなこと言われても、構わない。見せろ。ま○こを見せてくれっ、ヤリモクの婦人警官っ。「そうだよっ、ヘンタイだよっ。だから、婦警のおまんこ見せてよっ」「ああ……はあっ……」 ビッチな婦人警官は火の息を吐いて、白い裸体をくなくなさせている。「わかったわ……まんこ、見せるから、しごいて」 そう言うと、右手の指をおまんこの割れ目に持っていく。それだけで、あらたなカウパー氏腺液がどろりと出てくる。「ああ、すごい……もう射精しているみたいだね」「射精はもっとすごいから」「ああ、そうなの……」 セフレの婦人警官がすうっと通ったおまんこの割れ目を自らの指でくつろげはじめる。 その途端、ピンクの花びらがあらわれた。「あっ、みつきさんのま○こっ」 と思わず叫んでいた。そして、巨乳の婦警に近寄ると、しゃがみ、露わにされたま○こに顔を寄せていく。すると、「やっぱり、だめっ」 とセックスフレンドの婦警がマンコの割れ目を閉じた。「開いてっ、ああ、開いて、充希さんっ」 ここまできて収まりのつかない俺は、必死に迫る。「あ、ああ……ヘンタイっ、ヘンタイっ」 と言いながらも深川麻衣似の婦人警官は、ほだされたように、再び自分の指でマ○コの割れ目を開いていく。 今度は、僕の目の前で、花びらがあらわれた。それは、しっとりと潤み、なにかを求めるように、収縮を見せていた。
 
 見ているだけで、なにかを突っ込みたくなってくる。 なにかじゃない。ちんちんだろう。オチンチンを突っ込むんだろうっ。 こうして間近で見て、息づかいまで感じると、婦警のお○んこはおちんちんを入れるための穴だとひしひしと感じた。見てしごくためだけの穴じゃないんだ。「ああ、入れていいかな」 僕は考えるより先に、巨乳の婦警にそう聞いていた。「えっ」「僕のオチンチン、ミツキさんのおまんこに入れていいかな」「だめよ……自慰して見せて」 深川麻衣激似の婦警はおめこの割れ目を広げたままだ。「オナニーは変だよ。目の前に入れる穴があるんだよ。入れなきゃっ」「なに言っているの」 深川麻衣激似の婦人警官の肉襞がきゅきゅっと動く。誘っているんだ。入れて欲しい、とマンコは言っているんだっ。「マ○コはチンチンで塞がれるためにあるんだ。チ○コ、入れないとっ」 そう言うと、俺は立ち上がり、セフレの婦警っ、と抱きついていった。 あっ、と抱きつかれるまま、セックスフレンドの婦人警官はすり切れた畳の上に仰向けに押し倒される。僕は女体に覆い被さるようにして、ち○ちんを激カワの婦人警官の股間に押しつけた。「だめっ、入れてはだめっ」「充希ちゃん、今、彼氏はいるの?」 鎌首でオマンコの割れ目を突きつつ、俺は聞く。「いないわ……ああ、いたら、泊まらないわ……」「そうだね、そうだよね。おちん○ん、入れるよ、ああ、充希さんのマンコに、ちんちん入れるよ」 そう言って俺はがむしゃらに突きまくるが、まったく挿入できない。そうこうするうち、興奮しすぎて、スペルマを出しそうになる。 あせって鎌首をまんこの割れ目からいったん離そうとした時、ヤリモクの婦警がチン○ンを?んできた。 ここよ、と深川麻衣激似の婦人警官は優しく導いてくれたのだが、敏感すぎる裏筋をなぞられ、無情にも俺は暴発してしまった。「おうっ!」 絶叫し、どくどく、どくどくと射精する。「あっ、うそっ……」 婦人警官は驚きつつも、鎌首から手を引かなかった。オチ○チンからスペルマを噴き出し続ける鎌首をなぞり続ける。それゆえ、射精が止まらない。自分の手以外の手で刺激を受けて、脈動が収まらなくなっている。 もう、キュートな婦人警官のおまんこの割れ目はどろどろだ。品よく手入れされている恥毛も、精液まみれになっている。 それでも、深川麻衣激似の婦人警官は裏筋を撫で続けた。 ようやく脈動が収まり、途端に俺は、大変なことをしてしまった、と慌てる。「あっ、ミツキちゃんっ、ごめんなさいっ」 中に入れて出すならまだしも(いや、中出しもだめだが)、入れる寸前で出すなんて、まさに童貞男の所業であった。 僕は上体を起こした。清楚な婦警の股間を見る。恥丘が精子だらけになっている。「ああ、なんてこと……汚しちゃったね」 ティッシュを、と六畳間を見渡すが、すぐには見当たらない。どこに置いたっけ、とあせっていると、ち○ちんに快感が走った。 ああっ、と声をあげ股間を見ると、セフレの婦人警官の舌が萎えつつあるち○この先端を這っていたのだ。「あっ、そんなっ、いいよっ、やらなくていいよっ」 20代の婦人警官は膝立ちの俺の股間に美貌を埋め、ぺろぺろとザーメンまみれのチ○コを舐めている。「ああっ、ああっ、ミツキちゃんっ」 婦警が唇を開き、鎌首を咥えてきた。そのまま、根元まで一気にほお張ってくる。「ああっ……」 僕だけが、ずっと声をあげている。「うんっ、うっんっ……うんっ」
 
 俺の股間で、憧れの婦人警官の美貌が上下している。 萎えつつあったチン○ンが、深川麻衣激似の婦人警官の口の中で、瞬く間に大きくなっていく。「う、うんっ、うっんっ」 婦警の唇を出入りするちんちんの胴体が、太くなっていくのがわかる。精液だらけだったのがうそのように、ヤリモクの婦人警官の唾液でぬらぬらになっている。 婦人警官が唇を引き上げた。「ああ、うれしい。もう、こんなになっているわ」「だって、巨乳の婦人警官にお掃除フェラしてもらえるなんて……ああ、感激だよ」 俺は実際半泣き状態になっていた。「あんっ、どうしたの? どうして泣きそうな顔をしているの」 と聞きつつ、キュートな婦人警官が俺の顔を両手で挟み、上気させた美貌を寄せてくる。 甘い息がかかったと思った瞬間、口を塞がれた。あっ、と思った時には、ぬらりと婦警の舌が入ってきた。 ああっ、キスしているっ。ああ、ただのキスじゃないっ。ベロチューだっ。ああ、僕はあの、婦警とベロチューしているんだっ。 身体ががくがく震えだす。舌をからませていると、震えが止まらなくなる。 美月さんっ、ああ、美月ちゃんっ。 ベロチューしたまま、sexフレンドの婦警が僕を押し倒してきた。今度は僕がすり切れた畳の上で仰向けになる。「ああ、うれしいよゆうきくん。私とキスして、こちこちにさせてくれているのね」 僕のち○ちんは天を衝いていた。大量の精子を出したのがうそのようだが、セフレの婦人警官の股間を見ると、そこはザーメンまみれで、どろりどろりと白濁が垂れ落ちていた。「私ねえ……付き合っていた彼氏がいたの……」 ちんぽをしごきつつ、ヤリマンの婦人警官がそう言う。「そ、そうなんだ……」「でも彼、私じゃペ〇スが勃たないっていうの」「えっ、うそっ!?」「最近、自信喪失していたの」 だから、俺の前で裸になったのか。巨乳の婦人警官は自分の身体を見て、勃起するかどうか知りたかったのだろう。「こんなに勃ってくれて、自信を取り戻せたわ。ありがとう、ゆうきくん」 これはお礼よ、と言うと、セフレの婦警が俺の股間を跨いできた。そして、逆手でチ○ポをつかむと、ザーメンまみれの恥部を落としてくる。「あっ、もしかして、えっ……お、深川麻衣似の婦人警官っ」 先端がセフレの婦警のまんこの割れ目に触れたと思った次の瞬間、熱いものに包まれていた。「あうっ……」 婦人警官があごを反らしつつ、俺のおち○ちんを呑み込んでくる。 僕のペニスがどんどんと熱い粘膜に包まれていく。「ああっ、みつきさんっ」 仰向けになっているため、自分のちん○んが巨乳の婦人警官の中に呑み込まれていく淫絵を、はっきりと見ることが出来ていた。「ああ、硬いっ、すごく硬い」 ヤリモクの婦警が完全に、僕のおちん○んを咥えこんだ。スペルマまみれの恥毛と、僕の剛毛がからみあう。「ああ、いっぱいよ……ゆうきくんのち○ぽで、いっぱいよ」 そう言った後、奇麗な婦人警官が、うふふと笑う。「どうしたんだい」「だって、ゆうきくんのオチンチンだよ。ゆうきくんのち○ちんが、私の中に入っているなんて、?みたいでしょう」「そうだな。うそっていうか、ああっ、夢みたいだ」 だがこれは現実だ。僕のち○ちんは今、リアルに20代の婦警のお○んこの中にあるのだ。まさに夢のような話だが、最終に乗り遅れた出会い系サイトのPCMAXで出会ったセフレを自宅に泊めて、エッチさせてもらっているのだ。 高校時代、こうなる場面を妄想して、いったい何度しごいただろうか。数え切れないくらい、妄想の婦警でオナニーしてティッシュに出していた。 婦人警官が腰をうねらせはじめた。のの字を描くように、動かす。
 
 女性上位でつながることに慣れている動きに見えた。巨乳の婦人警官も大人になったんだ。つながったまま深川麻衣激似の婦人警官が上体を倒してくる。たわわな巨乳のおっぱいを押しつけつつ、巨乳の婦人警官は火の息を吐く唇を寄せてくる。 重ねる寸前で、半開きにさせて、舌を出しつつ、キスしてくる。「う、うんっ、うっん」 ああ、なんてことだっ。マンコでオチン○ンを締め付けられながら、キスしている。 口も、ちんこも、巨乳の婦人警官とつながっているんだっ。「ああ、突いてっ、ゆうきくんっ、あたしを突いてっ」 唾液の糸を引くように唇を離すと、婦警が甘くかすれた声でそう言ってきた。 僕は婦警の腰をつかむと、ぐぐっと下から突き上げていく。「あうっ、もっとっ」 こうかいっ、と僕は渾身の力を込めて、ヤリモクの婦警のおまんこを突き上げる。「ああっ、もっとっ……ああ、ゆうきくんっ、もっとっ」 婦警が背中を反らし、さらなる突きをねだってくる。 激しく突きまくりたいのはやまやまだったが、そうもいかない。清純な婦人警官のオマ○コが気持ち良すぎて、はやくも出そうなのだ。さっき誤爆していなかったら、入れた瞬間、包まれた瞬間、出していただろう。 婦人警官のマ○コは僕の想像をはるかに凌駕するほど気持ち良かった。 先端から付け根まで熱い粘膜に包まれているだけでも最高なのに、それがざわざわと動いて締めてくるのだ。しかも、ヤリマンの婦人警官のま○こはきつきつだった。きつかったが、ぐしょぐしょに濡れているため、上下に動かせていた。「出していいのよっ、だから、突いてっ」 俺の気持ちを察して、セフレの婦人警官がそう言う。なんて大人の女性なのか。 僕は緩めることなく、ずどんずどんと突き上げていく。「あっ、ああっ、それ、それっ、いい、いいよっ、ゆうきくん、気持ちいいよっ」 僕の責めに婦人警官が応えてくれている。 僕の視界が曇る。また感激で涙をにじませているのだ。「ああ、みつきさんっ、」 俺は泣きつつ、ビッチな婦人警官を突き続けた。すると、射精の予感を覚えた。少し突きが鈍る。「そのまま、いいのっ、出してっ、セフレの婦警の中にゆうきくんの、ちょうだいっ」「い、いいのかい」「欲しいのっ。ずっと私を好きでいてくれた、ゆうきくんのザーメン欲しいのっ」 巨乳のオッパイが上下左右に弾みまくっている。「ああ、出すよっ、婦警に出すよっ、受け取って、ああ、受け取って、セフレの婦人警官っ」 急激に射精の予感を覚え、ここぞとばかりに渾身の力で突き上げた。「あうっ」
 
 婦人警官がいったような表情を見せた瞬間、僕も出していた。 凄まじい勢いで精液が噴き出す。「あっ、いく……いくいく……」 可愛い婦警がいまわの声をあげ、がくがくと汗ばんだ裸体を震わせる。「ミツキちゃんっ、出る、美月さんのオマンコに中出しするよっ」 脈動が収まらない。ついさっき誤爆しているはずなのに、どくどく、どくどくと婦警のまんこの中にザーメンを勢いよく中出しした。「いくいくっ」 清純な婦人警官も中出しアクメをして、いまわの声を上げ続ける。 やっと脈動が止まると、sexフレンドの婦警が再び上体を倒してきた。 火の息を吐く唇を押しつけてくる。ぬらりと舌と舌がからみあう。 俺は汗ばむ清楚な婦警の背中を抱きしめ、男になった感激に浸っていた。「ありがとう。巨乳のオッパイとエッチできてで良かったよ」「ああ、私もうれしいわ」 二人は恋人同士のように見つめ合い、そしてまた、キスしていった。
 
出会い系サイトPCマックスでの清純な婦警とのオフパコエッチのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓












































 
今回キュートな婦人警官と即タダマンsex出来た出会い系はPCMAXです。
 
なおピーシーマックスを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと今からすぐセックスさせてくれるきれいな女と出会ってセフレにしてオフパコsexできませんので、ピーシーマックスに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
PCMAXのような出合い系SNSで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで丁寧に解説していますので見てください。
 
⇒出会い系サイトPCMAXの詳細はこちら
 
※ピーシーマックスは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.