deaikeitaiken_novel

【出会い系体験談】セックスレスの巨乳奥様と不倫中出しsex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
私はせっせとであいけいマッチングサイトでかわゆい女性をセックスフレンドにして、オフパコsexにいそしんでいます(^○^)
 
さて、今回はセフレを量産できる評価の高い出会い系マッチングサイトのPCマックスで出会った新垣結衣似のセックスレスの巨乳奥様と埼玉県桶川市で会ってセフレにしてすぐ不倫タダマンエッチをしてきたのですが、ハメどり写メが沢山取れましたのでリポートします。
 
※この記事にはエロいセックスのはめ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出合い系アプリのPCマックスで出会った女の子は専業主婦で、名前は保奈美ちゃんといい、顔は新垣結衣似のどえらい美人でした\(*T▽T*)/
 
出会い系サイトPCMAXでのセフレの美人妻のプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトPCMAXでの新垣結衣似の奥さんの掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
sexフレンドの主婦とは、出合い系アプリのピーシーマックスで知り合ってラインでやり取りした後、桶川駅近辺のおしゃれなフレンチレストランに食事に行った後sexしてもOKとのことだったのでいつものようにラブホテルに行ってただまんsexをしました。
  
桶川駅を出れば、そこは繁華街の中心。周囲には無数の飲食店がある。そのうちの一軒の居酒屋に俺は連れていかれた。 店員に案内されて廊下を進むと、小さな個室がずらっと並んでいる場所に出た。奥から二つめの部屋をあてがわれる。注文はセルフオーダー端末を使ってするらしく、店員はぺこりと頭を下げ、忙しげに部屋を出ていった。「うん、思ったとおりの広さね」と、清純な奥様は満足そうに言う。「防音が気になっていたけど、となりの客の声はほとんど聞こえてこないわ」 奥様はどうやら先ほど、ちょうどいい個室のある店をスマホで探していたようだ。座布団に腰を下ろし、奥さまは早速端末に注文を入力し始める。「私はウーロン茶にするけど、ゆうきくんは? ビールでも構わないわよ」「あ、いえ、じゃあサワーで。」 俺も座った。テーブルの下が掘ってあるので、正座をしなくていいのが助かる。 しばらく待つと、先ほどの店員がやってきた。テーブルに飲み物と、清楚な主婦が適当に頼んだものを並べていく。「焼き餃子、焼き鳥の盛り合わせ、それに鶏の唐揚げ。ご注文は以上ですね。ごゆっくりどうぞぉ」 店員がいなくなり、再びこぢんまりとした個室に二人っきりになった。 ずいぶんと注文したものだが、セフレの主婦は箸をつけようとはしない。飲み物にも手を出さない。すっくと立ち上がって俺を見下ろし、こう告げる。「脱ぎなさい」「……え?」 呆気に取られる俺の前で、新婚の主婦は躊躇うことなくスーツを脱ぎ始めた。 ジャケットを、そしてスラックスを壁のハンガーに掛ける。奥さまの後ろ姿に、白のパンティに包まれた女尻が露わとなる。(う、嘘だろ) セフレの若妻は、男の目など気にならないみたいに脱ぎ続けた。あれよあれよという間にブラジャーも、パンティも。ついに一糸まとわぬ姿となる。 セックスフレンドの若妻のスーツ姿にこれほどの女体が隠されていたのかと、僕は目を見張った。主婦の巨乳のバストの膨らみはメロン大のサイズで、実に美しく盛り上がっている。その頂点には、鮮やかなピンクの突起が息づいていた。(この間、雑誌の表紙で見たグラビアアイドルよりも大きい。Eカップ、いや、もっと……Fカップかっ?)
 
 これほどの巨乳のバストの大きさで、しかし、重力の影響をほとんど感じさせない丸みを保ち、それでいて豊胸手術をしたような不自然さは微塵もない。そして人妻の腰は女性ならではの豊かなカーブを描き、さらに胸元にも負けぬボリュームの尻へと?がっていく。こちらの双丘もキュッと上を向いている。 美人妻はなんて洗練された身体だろうと、俺はまばたきも忘れて眺め続けた。女の裸を直に見るのは久しぶり。あまりにも衝撃的すぎた。 セフレの美人妻の長く伸びた両脚、ムッチリと張り詰めた太腿からは想像もできないほど細く締まった足首。 完璧という言葉がふさわしいプロポーションだった。なんの努力もなしにこの体型は維持できまい。「いろいろな女性の願望を叶えるためには、ここで裸になるくらいのことはできてもらわないとね。世の中には、こういう場所で裸になることを好む人もいるのよ」 清楚な奥さまの裸体は、その肌は、まるで陽の下にいるかの如く瑞々しく輝いていた。 小首を傾げ、ちょっとだけ意地悪そうに人妻は言った。「無理かしら? やめる?」 床に座っている俺には、奥様の顔よりも股間の方が視界に迫ってくる。こんもりと膨らんだヴィーナスの丘、それを彩る楚々とした草叢。 そして、そこから奥へと続くま○こ。その途端、牡の本能にスイッチが入った。俺は荒々しく服を脱ぎ始める。なにをさせられるのかはわからないが、ここでやめるなんてあり得ない! ズボンとパンツを勢い良く脱ぎ捨て、早くも鎌首をもたげたち○こを晒す。「あら……本当に立派なオ○ンチンね。こうして明るい場所で見ると、さっきより凄く感じるわ」 奥さまはテーブルの向かい側から、腰をかがめて覗き込んでくる。巨乳のおっぱいがぶら下がり、タプタプと重たげに揺れる。「ふふっ、それともさっきより興奮してるのかしら。もしかして君、こういうところで裸になるのが実は好きなタイプ?」「そ、そういう趣味はないです。興奮はしてますけど……保奈美さんの裸のせいで」「あら、そうなの?」美人妻は満足そうにほおを緩める。「でも私、アラサーなのよ。三十路の一歩手前で、もうおばさんじゃない? それともゆうきくんはおばさん趣味なのかしら?」 少々白々しい口調だった。セフレの若妻自身、自分の若さにはそれなりの自信があるのだろう。僕は大きく首を横に振った。「ほなみさんの裸はとっても素敵だから、誰だって興奮すると思います。僕、こんなに綺麗な女性の裸、その、ネットやAVでも見たことないです」「まあ……フフフ」三十路の人妻のの瞳が狐のように細くなる。「女を褒めるのも意外と上手なのね。いいわよ」 テーブルを回り込み、新垣結衣激似の人妻は僕のすぐ目の前に立った。ちょっとだけアラサーの若妻の方が背が高い。女体から漂う甘い香りが、僕の鼻腔をくすぐった。 不意に人妻の手が伸び、ちんぽに触れる。 ツーッ、ツツーッと、ちんぽの反り返りに指先をなぞらせつつ、セフレの人妻は質問を続けてきた。「そう言ってくれるのは嬉しいけれど──でも、私にいろんなお願いをしてくる依頼人は、ほとんどが私より年上の奥様方なのよ。ゆうき君がおばさんの裸で興奮できないと、それはそれで困るのよねぇ。ゆうきくんは何歳くらいまで大丈夫そう?」「な、何歳までとか、わからないです」 色っぽい若妻のなめらかな指の腹でちんぽの裏側を撫でられる感触。思わず声が震えた。「そう……経験はあるの? sexの経験は?」 人妻の掌がついにオ○ンチンを包み込む。今朝オナニーで射精した分はすでに回復し、鉄の如く勃起したおちんちんを、セフレの奥様は緩やかに摩擦し始めた。「アッ……ううっ……な、ないです、すみません……ッ」 セックスレスの専業主婦は手擦りに少しずつ熱が籠もっていく。右腕の動きでセックスフレンドの主婦の巨乳のオッパイが微かに揺れる。「でもまあ、最低限の知識は覚えておいてもらわないとね。クンニって聞いたことはある?」 ペニスの奥が熱くなっていくのを感じつつ、僕は頷いた。「は……はい」 すると美人妻は座布団に腰を下ろし、それほど広くない個室の中で精一杯両脚を広げる。M字開脚だ。先ほどは陰になっていたまんこが、ついにあからさまとなった。「さあ、ゆうきくんもしゃがんで」「あ……は、はいッ」 ひざまずいてsexフレンドの専業主婦のまんこを覗き込む。もっと近くにと何度も促され、とうとう十センチほどの距離まで顔を近づけた。初めての生のマ○コに心臓が暴れだす。 ネットで無修正画像を見るのとは迫力が違った。左右の大陰唇の柔らかそうな質感や、まんこの割れ目の中で小陰唇がゆっくりと蠢いている様は、想像を遙かに超えるイヤらしさだった。もちろんア○ルの窄まりも丸見えである。(穂菜美ちゃんも……若妻なんだよな?) 奥さまのおまんこの肉片は、色は綺麗だが、サイズは大きめでおまんこの割れ目から少々はみ出している。使い込まれている証拠だろう。きっとセックスレスの若妻の旦那は、この美しくも淫らな身体に毎夜毎夜襲いかかり、猿のように嵌め狂っているに違いない。 
 
sexフレンドの美人妻の完璧な女体の中に唯一の卑猥さを発見し、興奮のボルテージが上がる。(ああ、それにこの匂い……) 主婦のオ○ンコから立ち上る香気を胸一杯に吸い込む。柑橘類のような甘酸っぱさに微かな刺激臭が混じった、なんとも不思議な魅力の香りだ。嗅ぐほどに牡の官能が刺激される。 ビクッビクッとおちんちんが跳ね、そのたびに鈴口からカウパー液が溢れる。「それじゃあ練習のつもりで舐めてみて。やり方は教えてあげるから」 主婦の両手が、細く長い指がオマンコの割れ目に差し込まれ、ぱっくりと肉ビラごと開帳させる。鮮やかな緋色の粘膜──その一番奥に、指がやっと一本入りそうなくらいの穴があった。(こんな小さな穴に、勃起したチン○ンが入るんだよな) 恐る恐る舌を伸ばし、初のクンニに挑む。セフレの奥様のオマンコの割れ目の内側をひと舐めするや、甘酸っぱい味が舌に広がった。「シャワーも浴びてないからオシッコの味がするかもしれないわね。でも、それくらい我慢できなくちゃ、任せられないわよ。さあ、続けてっ」「ふぁ、ふぁいっ」 自分が生のオマンコに舌を這わせている。その興奮の前では小水のことなどなんでもなかった。それに欲求不満な主婦だってち○ちんをしゃぶり、精子まで飲み干してくれたではないか。 セフレの専業主婦の指示を受け、まずは小陰唇と舌を絡ませる。表も裏も丁寧に舐め尽くし、それからそっと歯を当ててコリコリした感触を確かめた。 皺の一つ一つを伸ばすように清楚な人妻のオマンコを舐め、ときには唇で挟んで引っ張る。 唇から外れた媚粘膜がプルンと震えると、専業主婦の女体も小さく痙攣した。「ン、うん……なかなか上手よ。じゃあ、次はこっちね」 若妻の人差し指が、オマ○コの上方にある包皮に触れる。軽く添えた指の腹でクルクルと撫で回す。「クリって、聞いたことくらいあるでしょう? んんっ……ここは、こんな感じで、ね? とにかく、優しく触ること……オチ○チンより、ずっと敏感なんだから……はぁん」 巨乳の専業主婦が己のま○こをいじっている。その姿は実に扇情的だった。 やがて人妻の指が包皮をつまみ、上の方に引っ張った。小指の先ほどの大きさの肉豆が、皮の中からツルンと飛び出す。「……どう? これが勃起したクリよ」 さあ、舐めてちょうだいと、奥さまに促される。言われるまま、光沢を放つほどに張り詰めたクリトリスへ舌を当て、軽く撫で上げた。硬い、飴玉みたいな感触だ。 途端に、清純な主婦の腰と太腿がヒクヒクッと戦慄く。俺は巨乳の若妻の教えを受けながら、実践で肉芽責めを学んでいった。根元からほじくり返すように下から上へ弾き、舌の表面のザラザラを擦りつける。唇で挟んでチュッチュッと吸い上げた。「あっ……す、凄く上手うっ……君……飲み込みがとってもいいわぁ」 隣に聞こえないよう声を抑えつつ、専業主婦の指導は続く。「ねえ……マンコの、マ○コの穴もお願いっ……くううっ、ゆ、指を、突っ込んでぇ」 いつの間にか、美人妻のおめこの穴からはトロトロと多量の粘り汁が溢れていた。 舌ですくい取ってみる。仄かな酸味に甘さの風味が加わり、なんとも不思議な味わいだった。旨いともまずいともいいがたく、あえて表現するならイヤらしい味だ。 奥さまのマ○コに唇を当て、ほおがへこむほど吸引し、流れ込んでくる膣液を喉を鳴らして飲む。一番敏感な豆を指でいじれば、それがスイッチとなってますます奥から浸み出してくる。飲めば飲むほど官能が高まる。「や、やぁん……飲まないでいいからぁ」「ぷはっ……女の人は、飲まれるのは嫌ですか?」「そ、それは」三十路の奥様はしばし考え込んだ。「……人によるかしら。私は嫌じゃないけれど……私の言うとおりにしなさいっ」 巨乳の人妻にジロリと睨みつけられる。僕はすぐさま人差し指を新垣結衣激似の人妻のマンコの窪みに当てた。「す、すみません、今──」 ズブリと押し込む。淫水に蕩けきった膣肉の感触。 それと信じられないほどの温かさに迎え入れられる。(指を入れただけなのに……気持ちいいっ) ぬめりを帯びた粘膜と指が擦れただけで、ゾクゾクするような快美感が走った。これがオマンコ、男を悦ばせるためのマ○コかと、驚きを禁じ得ない。「ふうぅ、そう、そうよ……じゃあゆうきくん、Gスポットを探してみて」
 
 お○んこの上側に、他とは感触の違う部分があるという。人差し指をゆっくりと前後させてみると、少し膨らんでいる箇所が見つかった。指の腹で探ってみると、そこの膣襞だけは妙にザラザラしている。俺はぐっと押してみた。「ここですか?」「そっ……そう、そこオオッ」 セフレの専業主婦は声を抑えられなくなり、座布団から浮くほどに腰を跳ね上げた。「穂菜美ちゃん、声っ」 主婦はギョッとして耳を澄ます。壁を伝わって隣の客たちの微かな声が聞こえるが、特に異変はなく、右も左も、楽しげに談笑しているだけの様子だった。「くうっ……だ……大丈夫よ、あれくらい」 若妻はGスポットの説明を始める。膣内に存在する女の急所で、肉芽と同等、あるいはそれ以上の愉悦をもたらすそうだ。そして細身の若妻は、クリとGスポットの同時責めを命じてきた。(さっきのはセーフだったとしても、あれ以上の声を出されたら、さすがに隣まで聞かれちゃうんじゃ……?) 躊躇っていると、清楚な人妻の美貌がみるみる険しくなる。「なぁに? 私がゆうきくんのテクニックに我慢できないとでも? 余計な心配はいらないから、早くしなさいっ」 手加減なんかしちゃ駄目よ、私をイカせるつもりでやらないとだめですからねと、強い口調で釘を刺された。新婚の奥様の瞳の中では、情欲の炎が妖しく輝いていた。 馬鹿にするようなセックスフレンドの若妻の物言いに、僕も少しばかりムッとする。それならばもう遠慮はいらない。先ほど以上にねちっこく細身の専業主婦のクリちゃんを舐め回し、吸引し、同時にGスポットを責め始めた。 人差し指をクイックイッと曲げ、ざらついたおま○この膨らみを、を一定のリズムで圧迫する。 手探りならぬ指探りで、ベストな力加減とリズムの速さを調べた。大きく出た手前、スリムな若妻は無言を貫いているが、汗を滲ませた太腿はビクッビクビクッと痙攣し、膣路は悦び悶えるように活き活きと収縮した。 やがて最も女体を歓喜させる指使いにたどり着く。その頃にはセフレの若妻のオ○ンコの穴の中は大洪水となっていた。溢れたぬめり汁は尻の谷間を流れ落ち、座布団に恥ずかしい染みを作る。 左隣の個室は宴もたけなわの様子で、酔っ払いたちの大音声がしきりに響いてきた。 少々耳障りではあるが、この部屋の淫らな気配をかき消してくれるのはありがたかった。セフレの美人妻の鼻息は乱れる一方だ。ときおり喉の奥から、いきむような、悩ましく艶めかしい呻き声を絞り出す。 それでも僕は、愛撫の手も舌も緩めない。清純な若妻のGスポットを猛プッシュしながら、唇で一番敏感な豆を揉みしだき、さらには軽く歯を当てて甘がみを施す。 隣の部屋でどっと笑い声が湧く。と同時に、スレンダーな若妻はヒイイッと悲鳴を上げた。 汗と淫液の匂いが混ざり、より濃厚になった牝臭が俺の顔を撫でる。嗅覚を刺激され、脳髄を揺さぶられ、いつしか女を狂わせることしか考えられなくなっていた。 人差し指で奥さんのオマンコの泣きどころをかきむしる。粘っこい音が、膣口の隙間から止めどなく漏れる。 コリコリに充血したクリちゃんへ甘がみの二撃目を喰らわそうとした、そのとき── 「も……もういい、やめてッ!」 セフレの若妻の手が、僕の顔を股間から引き?がす。差し込んでいた指も引っこ抜かれた。呆気に取られる僕を、欲求不満な奥様は肩で息をしながら恨めしげに睨みつけてくる。「き、君……ほんとに童貞?」 セフレの若妻はイク寸前まで追い詰められてしまったそうだ。初めての愛撫とは思えないほど上手だったようで、嘘ついてるんじゃないの? とセフレの専業主婦に問い詰められる。「う、嘘じゃありません。だいたい童貞のふりなんかしたって、なにもいいことないじゃないですか」「……そんなことないわよ。童貞好きの大人の女は結構いるんだから」 女と違って、男は未経験であることを証明する術がない。疑惑は晴らせず、気まずい空気が漂う。 やがてスレンダーな奥さんは、溜め息をついて言った。「ま、いいわ、どっちでも。前戯が上手なのはいいことだもの。君、セフレとして採用よ。」「え……ほ、ほんとですか?」 ええ──と頷くセフレの奥さま。だがセフレの奥様は、淫蕩な微笑みを浮かべてこう付け加えた。「ただし、ここで私とsexすること。女をその気にさせたんだもの。責任を取らなくちゃ駄目よ」 あられもなく開かれたままの股ぐら。 セフレの専業主婦のマンコは開いたり閉じたりを繰り返しながら、膣液をダラリダラリと吹きこぼしている。 早く本物をちょうだいと、浅ましく急かすように──。
 
 僕は言われたとおりにしただけで、奥さんが勝手にその気になったのだ。だが、僕だってセックスをしたくないわけではない。前戯は男の情欲も高ぶらせていた。(全裸になってクンニまでしたんだ。今さらビビってもしょうがない) 正座のような格好から股を開いてにじり寄り、そそり立つちん○んを、若妻のまんこの狭間にあてがう。たった今、指でいじり倒したばかりなので、まんこの穴の位置を間違うことはなかった。「そう、そこよ……さあ、その立派なチ○コを、早くっ……」「はい……じゃあ、あの……い、いきます」 僕は感慨に浸りつつ、ゆっくりと腰を押し進めた。セックスレスの若妻の膣の直径は指一本と同じくらいで、丸々と肥大した亀頭は当然ながらひっかかる。 だが、指でち○ぽを支え、ぐっと腰に力を込めれば、コンドームの輪っかを潜り抜けるような感触と共に、ズルッと先端が吸い込まれた。途端に痺れるような愉悦が走る。「クッ……う、ううッ」「ああッ……すごい……おまんこが広がっちゃうぅ」 結合部を覗き込んでいた若妻が、切なげな声を漏らした。 新垣結衣激似の主婦の膣はパツパツに拡張し、元の何倍もの大きさになっていた。 が、侵入者に負けじとばかりに力強く収縮し、律動的に雁首を締めつけてくる。まるでち○ちんをもぐもぐと咀嚼されているみたいな──空恐ろしくも劣情を煽られる感覚だった。 時間をかけて少しずつ潜り込ませていく。感動を長く味わいたいというのもあったが、なにより欲求不満な専業主婦のオマ○コの締めつけが驚くほど強烈だったからだ。 じりじりと押し進めていくだけで、完全密着した膣襞がちんこのあらゆるところに擦れ、手淫では到底得られぬ快感に襲われた。 ほとんど息を止めた状態で、ようやく奥までたどり着く。 すると、二人同時に溜め息を漏らした。若妻が、朱に染まったほおを緩め、うっとりと呟く。「お……大きいと思っていたけど、それだけじゃないわ……この硬さがッ……それに形も……す、凄くイイィ」「形、ですか……?」「ええ……バナナみたいに反っているから、マ○コの気持ちいいところにグリッて当たるの……さ、さ、ゆうきくん……動いて、ね、動きなさいっ」「は、はいっ」 緩やかに腰を振り始める。AV男優のような高速ストロークはとても無理だった。複雑に折り重なったま○この襞がちん○んのすべてに絡みつき、裏筋や、雁のくびれの切れ込みまで激しくブラッシングする。 勢い良く腰を振れば、一分と経たずに果ててしまうだろう。透明な汁をちびり、湧き上がる射精感と闘いながら、亀のように動くのが精一杯だった。 セックスレスの奥さまもこのスローセックスに不満を漏らさず、それどころかついには両腕を突っ張っていることもできなくなり、床に背中をつけて悩ましく身をよじった。奥さまの少しだけ平らになった巨乳の胸が右へ左へと翻弄される。(保奈美さん、桶川駅で出会ったときとは別人のようだ) スーツ姿も凜々しい大人の女はどこへ行ったのやら。自分のチンポが欲求不満な主婦を狂わせているのだと思うと、牡としての優越感が沸々とたぎった。「くふぅ……ううっ……そ、そこっ」と、新垣結衣似の主婦が喘ぎ声を絞り出す。「さっき、ね、教えたでしょう? オチンチンの先で、そこを、そこオオォ……!」 Gスポットのことである。反り返るペニスの切っ先で、膣内の例の膨らみを擦ると、主婦はブリッジをするかの如くのけ反り、ビクンビクンと身を震わせた。 俺はその部分に責めを集中させる。半分ほどの挿入で小刻みに嵌め腰を使い、女の急所をグリグリと亀頭で抉った。張り出した肉エラでオマンコをゴリゴリと削った。「ヒッ……んぎィイッ……イッちゃうぅ……! こんな凄いちん○ん、おおっ……し、信じられないわァアアッ」 どうやら僕のチンチンはかなりの名品であるようだ。巨乳の主婦は顔を真っ赤にして鼻息を荒らげ、食い縛った歯の隙間から苦悶の声を漏らした。前戯の手奉仕、クンニで充分に高まっていた清楚な人妻の女体は、本当に今にも絶頂を迎えそうに見える。 ただ、俺の方も、すぐそこまで限界が迫っていた。 奥さんの強烈な膣圧を受けながらの抽送は、スローなストロークでも想像を絶する摩擦快感をもたらした。溢れるほど潤沢な分泌液と、無数の凹凸に覆われた肉襞、それらが生み出すエッチの愉悦。ただ力一杯握り締めてお○にーをしてもこうはいかない。 グチョグチョとオマンコをかき混ぜる音が、かすれた女の嬌声が、左右の部屋から響いてくる笑い声にそっと溶けていく。 きっとどの部屋でも、皆同じように酒を酌み交わしているのだろう。自分たちだけがエッチに耽っている。スリルと背徳感が射精感を押し上げた。「あ、あの……このまま、ううっ、だ、出しちゃっても……?」「か……構わないわ……大丈夫だから、好きなだけっ……んおおぉ、私、も、お、オ、オオッ……!」 細身の奥様から中出しの許しを得た途端、歯止めが利かなくなった。
 
 煮えたぎる僕の精子が前立腺をこじ開け、尿道を一気に駆け抜ける。(クウウッ!) 火傷しそうな熱さをペニスで感じた直後、間歇泉の如き射精が始まった。 ビュビューッ、ビューッ! ビュルルルッ! 僕が「俺もいくっ!ウオッ!」と言いながら奥さまのおまんこの中にザーメンをいっぱい中出しした。頭の中が真っ白になるような激悦は、間違いなくこれまでの人生で最高の体験だった。きっと一生忘れないだろう。 意識が飛ばないように奥歯をかんで耐えていると、主婦に鋭い声で活を入れられた。「止まっちゃ駄目よ! あと少しで女をイカせられるんだから、最後まで頑張りなさいッ!」 消えかけていた理性が力を取り戻す。自分は出会い系アプリのピーシーマックスで出会った女性を満足させるための仕事に雇われたのだ。自分が満足するだけのエッチをしていたら、すぐにクビになってしまう。 大きく息を吸い込むと、獣のように唸りながら主婦のGスポット責めを再開した。未だザーメンを吐き出し続けているちん○んを、猛然と欲求不満な若妻のマ○コの天井に擦りつける。「そうよ、そう、偉いわ、君ならきっと……んほおぉ、どんな女でもォ、よろ、悦ばせられるようにッ……あ、ああっ、くぅうウウッ」 折りたたんでいた清楚な人妻のガクガクと震えだした。 やがて射精の発作も治まり、絶頂直後の敏感な亀頭を地獄の摩擦感覚が襲う。 愉悦の余韻、それに鈍い痛みが混ざり合い、カオスと化した感覚が脳髄に流れ込んだ。気持ちいいのか苦しいのかまったくわからない。頭がどうにかなりそうだった。 長い長い、十秒、二十秒。もう無理! もう許して! と、吐き出しそうになる言葉を必死にかみ殺す。 そして、ついに──「いぃ、イッ……クウゥ……ッ!!」 若妻の背中が跳ね上がり、そしてガクンと崩れ落ちた。 僕がピストンを止めても、もうセックスフレンドの主婦は咎めなかった。大股開きの卑猥な格好で荒い呼吸を繰り返している。 汗を滲ませた若妻の女体が──アクメの名残だろう──ときおり小さく痙攣した。濡れ光る推定Fカップの巨乳のバストがプルップルッと波打つ。 大きく溜め息をついて、僕も全身の力を抜いた。セックスで出会い系サイトのPCマックスで出会ったセフレの女性を絶頂させたことに誇らしい気持ちが湧き上がってくる。思わず笑みがこぼれる。 充分すぎる前戯で、新婚の専業主婦はアクメ寸前まで女体が発情していたのかもしれないが、その前戯をしたのも自分である。 一回り成長した自分を感じながら、オチンチンを抜くためにゆっくりと腰を引いた。 だが、これで終わりではなかった。大人の女の性欲を俺はまだ知らなかった。 ガバッと起き上がった新垣結衣激似の奥さまが、俺を押し倒す。虚を衝かれた俺はあっさりと組み敷かれてしまった。倒された拍子にチンコが抜けてしまう。 新垣結衣激似の奥さまは膝立ちになると、手を伸ばし、未だ八分勃ちを保つチ○ポを握り起こした。(えっ……ま、まさかっ?) 次の瞬間には挿入が始まっていた。騎乗位での結合。セフレの奥さまの張りのいい美臀が、俺の太腿に勢い良く着座する。膣の奥壁と亀頭が派手にぶつかり合う。「くふぅんっ」と一声鳴き、戦慄きながら新垣結衣似の専業主婦は天井を仰いだ。 やがて美形の奥さんは額の汗を拭い、腰を前後にくねらせ始める。「う……ふふっ……まだよ、まだまだ。君の精力も確かめておかないとねぇ。若いんだからもう一回くらい平気でしょう?」「そんな……か、穂菜美ちゃんだって、イッたばかりでしょう」「女はね、何度だってイケるのよ。それにイケばイクほど快感が増すの。覚えておきなさい。ほぅら──」 そして新垣結衣似の人妻の淫靡な腰振りダンスが開始された。最初は艶めかしく円を描くように、ときには八の字にくねらせ──それから上下の動きへ、本気の嵌め腰へと移行する。 先ほどはち○ぽの半分ほどを使った浅い挿入だったが、今度は付け根までズッポリと飲み込まれていた。亀頭の先からチン○ンの根元まで、すべてがオ○ンコに包み込まれ、激しく擦り立てられる。 二枚のまんこがへばりつき、左右からオ○ンチンを舐め上げて、舐め下ろした。俺の下腹部にぶつかってグニャリとひしゃげる様子はなんともエロティックで、時間を忘れ、ずっと見ていたくなる。 だが、セフレの若妻との馬乗りファックの見所は結合部だけではない。ピストンに合わせ、専業主婦の肉のみっちり詰まった巨乳のバストがタプタプと小気味良く躍っていた。縦の残像を描き続ける桃色の突起。こちらも妖しい中毒性で男の目を奪う。 跳ねる巨乳のおっぱいから汗が飛び散り、セックスフレンドの人妻の甘酸っぱい媚香がさらに濃く室内を満たしていく。 センシティブな状態から抜け出したチ○ポは、すぐさま再びの完全勃起となった。「おほおぉ、奥ぅ! チンポが大きくなって、奥に、ズシンズシンくるウゥ。そこよ、そこが……アアッ、とってもいいのオオッ」 おま○この行き止まり、子宮口のすぐそばに、女の最大の急所となるポイントがあるのだという。ポルチオ性感帯と呼ばれるそこは、きちんと開発すれば、肉豆やGスポットを超える愉悦をもたらすのだそうだ。
 
 若妻の膣奥に亀頭がぶつかるたび、その衝撃がポルチオを揺さぶる。セフレの人妻は、目を白黒させながら震える声で告げた。私、また、イッちゃいそう──と。 絶頂を迎えた直後の女体は、新たな愉悦に非常に敏感な状態で、つまりイキやすいのだとセックスフレンドの奥様は教えてくれた。そんな身体で、奥様は俺の巨大なおちん○んに自ら進んで串刺しになっている。 ただ、僕の方も、早くも余裕を失っていた。騎乗位によるスクワットのような動きのせいか、清楚な若妻のオマンコは先ほどを超える圧力でチ○コを締め上げてくる。一人エッチでただ強く握るのとはわけが違う、潤沢な分泌液を含んで蕩けた膣襞だからこその摩擦感に、全身の肌が粟立った。 しかも単純に締めつけてくるだけではない。アクメを得たオ○ンコの穴は、暖機運転が終わったとばかりに活き活きと躍動していた。波打つような収縮と弛緩を繰り返す。ギュウギュウとお○んちんが揉み込まれる。 それに抽送の摩擦が加わっているのである。実に複雑な、想像を絶する快美感が、チ○コのすべてを包み込んでいた。亀頭を、雁首を、裏筋を──幹の根元まで揉み擦られ、第二ラウンドだというのに、あと数分で果ててしまいそうな予感がした。 少しでも気を逸らそうと、奥さまの躍動する巨乳のオッパイに手を伸ばし、下から鷲づかみにする。荒々しく揉みしだき、心地良い弾力をたっぷりと堪能し、そして乳首をこね回した。「んふぅ、そ、そうよ、それぇ……今、言おうと思ったの……オッパイも、忘れちゃ駄目って……お、おっ、もっと強くぅ……転がして、ねじって、引っ張ってエェ! ああ、あぁ、上手ぅ、ほんとにもう、イッちゃうウウゥ」 瞬くまに細身の主婦のクリは充血し、コリコリに硬くなる。女の悦びにスタイルのいい主婦の美貌が歪む。 発情機関がフル回転し、ピストン運動が最高潮に加速した。牡と牝の擦れ合う音が、美臀と太腿のぶつかる音が激しくなる。「か、ホナミちゃん……そんな、速く動かれたら……!」「ああん、イッちゃう? 私もだから、もうちょっとだけ、ね、我慢して……ヒッ、ヒッ、いいッ……あっ……乳首、やめちゃ駄目ッ、手を休めないッ!」 一番敏感な豆への刺激に連動し、膣口はより苛烈に収縮を繰り返した。おち○ちんを食いちぎらんばかりの勢いで、ギュギュッ、ギュウウッと、雁首や竿がくびられる。 たとえ俺が先に果ててしまっても、セフレの若妻のピストンは止まらないだろう。過敏状態のチ○チンを、肉ヤスリでゴシゴシと擦り立てられるのだ。僕は、血が滲まんばかりに下唇をかみつつ、一秒でも早くsexフレンドの若妻がアクメに至ることを祈った。 そのとき、「失礼しまーす」と声がするや、突然個室の引き戸が開いた。 見覚えのない、若い女性店員だった。部屋の中でこんな痴態が繰り広げられているとは夢にも思っていなかったのだろう。女性店員は目を真ん丸にし、引き戸に手をかけたまま硬直してしまっている。 僕の顔から血の気が引く。見られてしまった! だが、信じられないことに、清楚な美人妻はそれでも腰を振り続けた。もちろん主婦も見られていることに気づいている。それでも刹那のひるみすらなく、むしろにんまりと口元を緩め、チンチンにまたがった堂々たる嵌め腰を披露した。「穂菜美さんッ……ちょっと、やめッ……アアッ!」 ラストスパートとばかりに繰り広げられる怒濤の抽送。予想外の露出sexに動揺した僕は、ついに精を漏らしてしまう。「ぐ、くっ……ウウウッ……!!」「あぁん凄いわ、二度目なのに、いっぱい出てるっ……中出し、好き、なのォ! んほおお、イク、イクッ……イッグうううぅ!!」 せめてもの救いか、奥様もほぼ同時に達してくれた。 こんな緊急事態でも、小便の如き勢いでザーメンがほとばしる。二発分の大量のザーメンは、マンコの穴に収まりきらず子宮まで満たしていることだろう。 やがて女性店員がハッと我に返った頃には、放精もセックスフレンドの若妻の女体の痙攣もやんでいた。顔を真っ赤にした女性店員は、「こ、困ります、そういうことをされては……!」と、遅ればせながら己の務めを果たそうとする。 俺はどうすることもできなかった。動いたのは美人妻の方だった。 勢い良くチ○ポを引き抜いて立ち上がり、裸のまま目撃者に向かっていった。戸惑うアラサーの奥様の腕をつかみ、強引に個室内に引っ張り込む。引き戸を閉める。「あなた、名前は?」巨乳の美人妻はぐっと詰め寄り、女性店員の胸元の名札を覗き込む。「ふーん、田中さん、なんでこの部屋に来たのかしら?」 悪びれもなく問い詰める美人妻の圧に、女性店員の方が怯えてしまう。「ご、ご注文の品を……」「注文したものはすべて揃ってるわ。あなた、部屋を間違えたわね」 ギラギラと輝く眼光。全裸を晒しているというのに少しの物怖じもなく、まるでヤクザの姐さんのような迫力だった。 向こうも、奥さまが只者ではないと察したのだろう。「す、すみませんっ」と、青ざめた顔で頭を下げた。
 
 すると巨乳の主婦は、途端に表情を一変させ、にっこりと微笑む。「いいのよ、誰にだって間違いはあるわ」 女性店員の肩を抱き寄せ、猫撫で声で語りかけた。「私たちもね、知らなかったの。ここでそういうことをしちゃいけないって。ね、田中さん、わかってくれる?」「は……はい」「ありがとう、あなた、とってもいい人ね」 部屋の隅に置いていたバッグから、清楚な人妻は素早く財布を取り出す。一万円札を2枚、女性店員の手に握らせた。「これはチップよ。受け取ってちょうだい」「え……だ、駄目です、こんな大金っ」 断られるが、しかし奥さまも引かない。まあまあ、いいじゃないと、セフレの主婦のエプロンのポケットに強引に札をねじ込む。すっかり抑圧されてしまった女性店員は、結局2万円を受け取って部屋から出ていった。 若妻は、フウッと溜め息をつく。「やれやれ……ゆうきくん、いざというときは今みたいな対処もできないと駄目よ」 主婦の眼差しは、見ていることしかできなかった俺を責めているようだった。 セフレ採用の取り消しもあるかもしれないと気落ちし、俺はすみませんと謝る。が、「うん、まあ、いずれはそういうこともできるようになってほしいってことよ。大丈夫、最初からそんな危険な依頼を任せたりはしないから」「え……じゃあ」「ええ、これからよろしくね──アッ」 若妻のまんこからドロリとザーメンが溢れ出していた。 新垣結衣似の若妻は慌てて股間を押さえるが、泡立つ白い塊はすでに太腿まで流れ落ちている。「あ、あの……つ、使ってくださいっ」 運良く携帯していたポケットティッシュを差し出した。人妻はありがとうと微笑み、逆流する精液をティッシュで受け止める。あっという間に使用済みティッシュの山となった。「……これは後でトイレで始末しましょう」 でもその前に──と、若妻は卓に着き、まだ一口も食べていない料理を見回す。「せっかく注文したんだから食べちゃいましょう。冷めちゃったけれど……うん、大丈夫、まだ充分美味しいわ。さあほら、ゆうきくんも」 事後の女の食欲は驚くほどに旺盛だった。セフレの若妻が未だ裸なので、俺もそれに付き合って箸を手に取る。 できればパンツくらいは穿きたかったが、もしかしたらテストはまだ続いているのかもしれなかった。だとすれば、許可なく勝手に服を着ることはできない。素っ裸のまま料理をつまみ、気の抜けたサワーを飲んだ。 目の前には人妻の女体。僕は箸を運びつつもこっそりと眺め、座卓の下でち○ぽをヒクヒクと痙攣させた。
 
出会い系サイトPCMAXでの欲求不満な美人妻とのオフパコsexのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓




















































 
今回セフレの主婦と即オフパコエッチ出来た出会い系はPCマックスです。
 
なおPCMAXを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないといますぐsexさせてくれる美人の女性と出会ってsexフレンドにしてオフパコセックスできませんので、PCMAXに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ピーシーマックスのような出会系マッチングサイトで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで具体的に説明していますので参照してください。
 
⇒出会い系サイトPCMAXの詳細はこちら
 
※PCMAXは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.