deaikeitaiken_novel

【PCMAX大人の関係】ヤリモクの巨乳婦人警官と中出しsex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
私は相も変わらず出会い系SNSで美人の女性をsexフレンドにして、はめどりセックスにいそしんでいます(^0^)
 
さて、今回は知り合えるサクラ無しであいけいマッチングサイトのPCマックスで出会った横山由依似のヤリモクの巨乳婦人警官と千葉県香取市で会ってセックスフレンドにして今すぐ即ハメ中出しsexをしてきたのですが、ハメ撮り写メが沢山取れましたのでご紹介します。
 
※この記事にはアダルトなsexのハメどり写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出逢い系コミュニティのピーシーマックスで出会った女は婦警で、名前は明日香さんといい、顔は横山由依似の非常に美人でした\(*T▽T*)/
 
出会い系サイトピーシーマックスでの清楚な婦警のプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトピーシーマックスでの清楚な婦人警官の掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
横山由依似の婦人警官とは、出会い系アプリのPCMAXで知り合ってLINEでやり取りした後、佐原駅近辺の高級海鮮居酒屋に飲みに行った後ホテルOKとのことだったのでそのままラブホに行ってオフパコエッチをしました。
 
俺とsexフレンドの婦警が千葉県香取市の佐原駅周辺のラブホの部屋に入った。横山由依似の婦人警官はリクエスト通り、私も食べてとばかりに色っぽい下着に身を包んでいる。 sexフレンドの婦警のむちむちの太ももが、むにゅっと俺のもも肉を悩ましく擦るのだ。 首筋に回された二の腕に引き寄せられ、セフレの婦人警官の朱唇に導かれる。 ローズレッドの口紅を刷いたそこは、グミのようにやわらかい。「はむん……ほおおっ……アスカさんの唇、美味しい……だけど……むふううっ……こんなに熱い口づけ……ほむむむっ……話ができません……」「そうね……むふん……でも、ゆうきくん……オ○ンチン硬くなってきた……ゆうきくんはそうでなくちゃ……はふん……私のおっぱい触ってるし……」 僕はネイビーブルーのキャミソールの下、ふるふると揺れているヤリマンの婦人警官の巨乳の胸に掌をかぶせ、やわらかく揉み潰している。むにゅんと優しく絞るたび、20代の婦警の朱唇から生暖かい吐息が、俺の口腔に吹き込まれる。「だって、飛鳥ちゃんのおっぱい……むほううっ……好きすぎて俺っ」「ああん、いいの……もっと触って……ゆうきくんがそれで元気になれるなら、ビッチな婦警のおっぱい好きにしていいのよ」 シルク地のキャミソールは、そのままビッチな婦人警官の素肌を連想させてくれる。その滑らかさで巨乳のおっぱいを磨くように擦りつけると、頂点で蕾がしこりはじめた。やがて、それと判るほどコリコリになった婦警の乳首を、やさしく指先でつまみ取り、またしてもシルク生地でやさしく磨くのだ。「はうん、あ、あはあぁ……あ、ああん……」 婦人警官の唇を割りチロリと覗くピンクの舌を、俺は逃さない。窄めた唇で捕まえ、まるでフ○ラチオでも施すように、20代の婦警の朱舌を刺激した。「あふうん……ふはあ……あん、あぁん……」 大きく膨らんだズボンの前部を、跨る股間の中心部に押し付ける。 婦警のオメコ筋めがけ、硬くなった部分を擦りつけるのだ。 婦警のおまんこの弾力とやわらかさは、なんとなくわかる気がしたが、ズボンの上からではやはり物足りない。けれど、その焦れるような感覚が、興奮を煽ることも確かだった。「ああん、そんないけない悪戯……。飛鳥も擦りつけたくなるぅ……」 ちゅちゅっと、啄むように唇を重ねながら、婦警の艶腰がくねくねと前後してチン○ンになぞりつけてくる。セフレの婦人警官はなおも聞いてきた。「ねえ、どうして元気がなかったのか教えて……。チ○コだけが元気になるのもどうかと思うし……」
 
 硬いテントに白魚のような手指を添え、やわらかく揉みながら婦人警官は艶冶に笑った。「あうっ……そう言う割には、アスカさんのおてては、エッチです……」 俺のおでこに、巨乳の婦人警官の唇がやさしく押し付けられた。「いいなあ。あたし、子宮がきゅんと疼いちゃう……」 首筋に戻ってきた婦警の二の腕に、むぎゅっと抱き寄せられる。婦警の甘い体臭に刺激され、ペ〇スの硬度がさらに増した。 僕は綺麗な婦人警官の肉感的な女体をぎゅっと抱き締めた。僕の顔を、ちゅっと巨乳の婦警の唇が啄んでいく。チンコへの手コキも、甲斐甲斐しく続いている。 ズボン越しとはいえ、これだけ長い間勃起を弄ばれていて平気でいられるのも、頭だけが別のことにめまぐるしく働いているからだろう。 僕は、色っぽい婦人警官の胸元を弄んでいた掌を背筋へと運んだ。 つーっとキャミソールを刷くと、敏感になった巨乳の婦警の女体が震えた。「あふん……すけべなゆうきさん……。」 僕は、背筋を彷徨わせていた掌を、ゆっくりと下方へと移動させ、横山由依似の婦警の丸い尻肉をつかみ取った。 弾力たっぷりの尻たぶをむにゅむにゅと揉み潰しながら、清楚な婦人警官の太ももを強く引きつけ、魅惑の股間をペ〇スでぐいっと抉りたてる。「ああん、オ○ンコに擦れてるぅ……そんなにいやらしい悪戯したら、大事なこと考えられなくなっちゃうわぁ……」
 
 婦警のローズレッドに艶めく口唇が官能的に開かれた。きれいに並ぶ白い上下の歯の間に、ツーッと銀の糸を引いた。「もう十分にヒントは頂きました。今度は、アスカさんが欲しい! たっぷりと弄ばれて、ちん○んギンギン!」 ぐりぐりと尻たぶを揉みしだきながら求愛する僕に、ほおを染めたビッチな婦警が乙女のように愛らしく頷いた。「それにしても、アスカさんのエロ下着姿、すごいなあ……」 横山由依激似の婦警のきわどいキャミソールに、今更気が付いたように、俺は感嘆の声を上げた。 黒地に赤い刺繍の施されたハイレグパンティも、悩ましいことこの上ない。 そんなあられもない格好でも寒くないように、部屋の温度は高めに設定されている。その分、洋服を着たままの僕は汗だくで、顔は茹で蛸のよう。もちろん、のぼせ気味なのは、巨乳の婦人警官の絶え間ない淫戯に拠るところが大きい。「だって、ゆうきくんがいやらしい下着をつけてって……」 ラブホのソファに移動した二人。今度は、僕の右の太ももに婦人警官は跨っている。 全体重を預けるように女体をしなだれさせても、まるで重さを感じない。こんなにも肉感的であるだけに不思議な気もするが、婦警はやはり女性らしく骨格が華奢なのだろう。「飛鳥さん、脱がせてください。もう暑くてたまりません」 甘える俺に、ヤリモクの婦警はセーターの裾をつかまえて脱がせてくれる。バンザイをした手首から腕が抜き取られると、次はシャツのボタンを上から順に外してくれるのだ。 もちろん、その間中、僕はじっとしていない。テロテロのキャミソールを撫でまくり、スレンダーな婦人警官の豊饒な女体の立体感を味わい尽くす。 けれど、僕はその薄布をはぎ取ろうとはしない。お腹についたお肉を見られるのが嫌だからと、横山由依似の婦人警官が全裸になることを嫌うからだ。それは清楚な婦人警官のコンプレックスであり、決して肥え太っているわけではない。僕には、その肉付きこそおんなのエロチシズムを匂い立たせているようで興奮をそそられるのだが、そこは無理に我を通したりしない。 ことさら婦人警官が後背位の交わりを望むのも、そのお腹のあたりを見られることを気にする女心かもしれない。それでも、婦人警官のすばらしいお尻をめいっぱい弄ぶことができる僕としては、さしたる不満もないのだが。「あ、ああん……ほんと、ゆうきくんの手つきいやらしい……私の感じる場所、いっぱい知られてしまっているからよけいに……あ、あはああ……」 セックスフレンドの婦警のノースリーブの背中に手指を突っ込み、なめらかな肌を撫で回す。かわゆい婦人警官の愛らしい耳を口腔に含み、小さな孔を舌先でほじる。 びくん、びくびくんと、艶めかしい反応を示す婦警に気をよくして、巨乳の婦人警官の性感帯を責めまくるのだ。「ああ、上手ぅ……。やさしい撫で方、感じちゃうわぁ……」 女性を触る時には、壊れ物を扱うような手つきでと、教えてくれたのも婦人警官だ。やりたいことをさせてくれる一方で、どうすればいいか手ほどきもしてくれるのが、婦人警官の魅力だろう。「感じちゃってください。あすかさんのエロい姿が見たいですぅ」 シャツを脱がされると、横山由依似の婦警の朱唇が僕の乳暈に吸いついてくる。しなやかな手指がベルトを外していく。「ぐふっ、く、くすぐったいいっ!」「くすぐったいって割に、乳首がツンってしこっているわ……」 巨乳の婦人警官はくすくす笑いながらも、舌先で乳首を舐めくすぐる。ズボンをくつろげられた下腹部では、パンツのゴムをすべすべの手指が潜り抜ける。「うおっ! っく……ぶはあ……飛鳥ちゃん!!」 亀頭部が掌底にやさしく包まれ、チンコには巨乳の婦人警官の繊細な指が絡みつく。押し付けるような、擦り付けるような動きと、揉みしだかれる手つきに、僕は目を白黒させた。 込み上げる快感に、衝動的に白い首筋に吸いついた。尻たぶを揉む掌に熱を込め、同時に自らの太ももをぐいっと持ち上げる。「はうううっ……あ、ああん、いやらしい振動……」 トントンと太ももを揺すり、骨盤底に密着した部分に振動を送り込むのだ。「あうんっ、あ、はぁっ、ああ、だめぇっ……」 巨乳の婦警の熱い吐息が顔に吹きかけられる。甘い匂いと共に、sexフレンドの婦人警官の発情熱が伝わった。「ああんっ、ゆうきくんのいけずぅっ……し、子宮が揺れちゃうぅっ」
 
 たまらずセフレの婦警は、僕の肩にしがみつき、脂汗がふきだした美貌をこすり付けて切なく呻いた。「ああん、ゆうきくん許してっ……アスカ、おかしくなってしまいそう……」 そんな懇願も、出会い系サイトのピーシーマックスで出会ったセフレの男をさらに興奮させる効果しかないことをセフレの婦警は知り尽くしている。承知した上で、婦人警官は鼻にかかった甘い声を漏らしてくれているのだ。「飛鳥さん、超色っぽいですぅ……ああ、そんな顔されたら、俺、たまりません」 断続的に送り込む振動に、腰を蕩けさせている。婦警の瞳は焦点を失い、美貌をトロトロにさせている。セフレの婦警は霧に佇むが如く全身をじっとりと濡らし、ツンと尖った頤で玉を結んだ雫が、華やかに赤く染まった首筋や胸元の白肌に滴り、女フェロモンを発散させている。「俺、飛鳥ちゃんの発情顔大好きです。こんなにエロいのに、どこか上品で……」 耳朶を舐りながら熱く囁くと、清楚な婦警はうれしいと感じてくれたのか、ぶるぶるっと女体が派手に震えた。20代の婦人警官は蕩けた心が昇天すると同時に、肉体までが初期絶頂を迎えたらしい。「あはああっ……ゆうきくん……セフレの婦人警官、熔けちゃうっ…ああ、全身、感じちゃう……感じちゃうのぉ」 まるで巨乳のオッパイのようにまろやかな太ももを抱え込み、婦警のむっちりとした純白の丸みを腰骨の上まで撫で上げる 穏やかな丸みを帯びた婦人警官のウエストは、86センチの巨乳のバストトップから二十五センチほどくびれている。そこから急激に張り出した艶腰は、女性らしく広い骨盤に、やわらかむちむちのヒップを悩ましくのせ、堂々たるボリュームを誇っている。 横から見るとスカートのフォルムが、あまりの頂点の高さに蜂腰のように突きだしていることが判る。それほどまでに、熟れに熟れた巨尻だった。「相変わらず、すごいです。アスカちゃんのお尻……こんなにむちむちパンパンなのに……指がすっと吸い込まれていくようで……。ああ、触っているだけで僕、イケそうです」 雲を抱き締めるような気分で、俺はさらに腕に力を込める。 こうしてスリムな婦警を抱き締めるたび、綺麗な婦警がいい女であることを、頭のどこかで意識させられる。狂おしいまでの嫉妬と独占欲。抱えきれずにいる未消化な想い。それら複雑な思いがないまぜになり、激しいまでの性欲にすり替わっていく。それはセフレの婦警という存在を求める渇きそのものなのだろう。「ああ、ゆうきくんだけよ……飛鳥をこんなに乱れさせるのは……。本当は、こんなに淫らなおんなじゃないのよ……」 横山由依似の婦警もまた貞操といったものを、僕の前ではかなぐり捨てている。 あらぬ情念が燻りだして、横山由依似の婦警は理性が溶かされてしまうらしい。出会い系アプリのPCMAXで出会ったセフレとの危うい情事に、ヒップの奥をじーんと甘美に痺れさせているのだ。「いいわっ、ねえ、ゆうきくんちょうだいっ……明日香をもっと淫らにさせてぇっ!」 セフレの婦人警官は深く息を吸い、僕の男フェロモンに、脳の芯を痺れさせている。その証拠に婦警は、自ら腰を振り、発情オ○ンコを擦りつけるのだ。 そんなセフレの婦人警官を見ているうちに、俺は溢れだす思いを抑えきれなくなった。ぶつけるべきではないと判っていても、どうしても若さがそうさせるのだ。「僕が欲しいなら、お願いです。言ってください。僕のことを好きだと。僕、明日香さんを愛しています!」 耳元で呪文を囁くと、婦警の女体が考えるよりも早く答えを出してしまったようだ。ふしだらにも、ぞくぞくぞくっと震えだしている。「好きですっ……アスカさん……大好きです!」 囁きながら清楚な婦警を追い詰める俺。その切羽詰まったような、それでいてどこまでも真剣な表情が、経験豊富な横山由依似の婦人警官を蕩けさせる。「ああ、ゆうきくん、うれしいっ……。こんなに熱く想いを伝えてくれて……。あたしもよ、ゆうきくん……あなたのことが大好きっ!」 僕が心から望んだ言葉。凄まじい興奮と感動に、腕の力をさらに強めた。清楚な婦警を窒息させてしまいそうなほど抱きすくめ、頭の中に歓喜の花火を打ち上げた。満ち足りた思いとは裏腹の激しい欲求に突き動かされ、俺はなおも婦警の尻肉を揉みしだく。それはもう、責めの手順などと頭で考えてのことではなく、ひたすら本能が俺にそうさせている。「あううっ、お、お尻っ……ん、んんっ……あ、ああっ、お尻、激しいっ」 婦人警官の言葉にも、いっそうの媚が感じられる。それが婦警の天然なのか、意図的になのかは、僕には判別がつかない。横山由依似の婦警はただひたすらに色っぽく、たまらない気持ちにさせられるだけだった。「アスカちゃん……挿入れさせて……」 婦警の軽い女体をお姫様抱っこすると、「きゃっ」と小さな悲鳴が上がった。持ち上げた女体を、横たえさせた。 ずり下げられたままにしていたズボンとパンツを脱ぎ捨て、婦人警官の下腹部からパンティを?ぎ取った。 じっとりと潤ませたヤリマンの婦警の瞳が、切なげにこちらを見つめている。
 
「来てっ……ゆうきくんっ」 ヤリマンの婦人警官は待ちきれないといった風情で両手を広げる。キュートな婦人警官のすんなりと伸びた美脚もひろげて、そのまま迎え入れる態勢を整えてくれている。「正常位でするの、久しぶりですね……」 そんなことを言いながら僕も、色っぽい婦警の官能的な太ももの間に腰を割り込ませる。「もう、いやなゆうきくん……。いいから、来てっ……」 首筋に婦人警官の腕がまとわりついてきて、俺を引き寄せる。 必然的に腰位置も下がり、きれいな婦警のふっくらプリプリの肉厚オ○ンコを猛り狂ったち○ちんの切っ先で啄んだ。 散々僕が太ももで揉み散らかしてきたから、激カワの婦警のおまんこは、とろーりと粘り汁にまみれている。そこを猛禽のひなのような亀頭部で啄むので、横山由依激似の婦人警官の淫液が俺にもまぶされていく。 欲情しきった青年は、両手でキャミソールの裾をつかまえると、グイッと上に持ち上げた。スレンダーな婦人警官の巨乳の乳房が、勢いよく零れ落ちる。そのたっぷりとした重さに下乳から外側にわずかに流れ、乳肌がたゆたう。「ああっ……」 セフレの婦人警官の官能味あふれる唇から、熱い吐息が吹きこぼれた。僕の熱視線に灼かれ、セフレの婦警の乳肌がぼうっとピンクに煙っていく。優美なほおまでが熱いのだろう。ビッチな婦警はまるで少女がむずかるように、そのほおを革のソファに擦りつけている。「ねえ、そんなに見ないで……。恥ずかしすぎるわっ」 肉食系の婦人警官も、正常位に組み敷かれてしまえば手弱女でしかない。 身体のラインを見られることを好まないセフレの婦警だけに、いかにも、ふっくらとした豊満な肉付きが、たまらなく羞恥を誘うらしい。 確かに、二十代前半の頃のような張りは失われていても、婦人警官のたわわな肉体は、女盛りにさしかかり、円熟の美を咲き誇らせている。しかも、セックスフレンドの婦警が気にするほど、身体の線が崩れているわけではない。付くべきところに豊かに肉が付き、十代の娘にはない官能美を漂わせているのだ。「こんなに綺麗なのだから、気にすることないですよ……」 そう伝えようかとも思ったが、どんなに言葉を尽くしても、婦人警官には慰めに聞こえてしまうかも。そう悟った僕は、言葉ではなく行動で示すことにした。 細身の婦人警官の巨乳の胸の外周に、大きく開いた掌をあてがうと、激情の全てをぶつけるように手指を絞った。それでいて、愛情を込めて扱ってやる。「デリケートな部分だからゆっくりと、性感を引き起こすように……」と婦人警官に教わったことを忠実に実行する。 巨乳のオッパイの中に指先を埋め込むと、移動した巨乳のバストがむにゅにゅっと、乳暈下に集まって膨らむ。牛の角のように尖りを見せはじめた清純な婦警の乳首を、今度は口で捉えて、ぢゅっとやさしく吸い付けた。「はううっ……あ、はああああっ」 情感が昂ぶりいつも以上に敏感になっているのだろう。ヤリマンの婦人警官は悩ましく啼きながら、艶腰が持ち上がった。 ぐぢゅぶじゅぢゅっ―。 清純な婦人警官の腰が動いたお蔭で、ヤリマンの婦人警官のおまんこにあてがっていたチン○ンの切っ先がオマンコをくぐる。「あうっ、ああ」 二人の喘ぎがシンクロした。 ぬちゅん、ぶぢゅるるる、ずずっずずずずっ―。 淫靡な水音が続いたのは、あまりの快感に俺がさらに腰を突き出したからだ。 亀頭部が呑み込まれ、ちんこがずるずるずるっと胎内に忍び込む。一気に根元まで沈み込ませると、ざわざわと押し寄せる官能に、たまらずぐいっと腰を捏ねていった。「ひあうっ、うううっ……」 甲高く啼いた横山由依激似の婦人警官は、荒く巨乳の乳房を上下させている。「ごめんなさい。乱暴にする気はなかったんだけど……」「い、いいのよ。だって、あすか、感じている……」 セフレの婦警は柔肌をふつふつと粟立てながら、荒げた呼吸を整えている。けれど、20代の婦警は官能が堰を切ってしまったらしく、容易くは戻らない。それどころか絶頂の兆しに、ほおを強張らせてさえいるのだ。 ハプニングのようなセックスではあったが、互いの性感がみっしりと直結していた。「どうしよう、気持ちよすぎぃ……。ゆうきくんの太くて硬いチ○コ、大好きよ」 僕は鳥肌立ったヤリモクの婦人警官の乳肌に掌を覆い被せ、揉み上げる。掌底に擦れて膨らむ乳首を、指先に捉えて甘くひねった。
 
「あううっ、あん、乳首すり潰さないでぇ……。感度が上がってる、乳首、切ないのぉ」 sexフレンドの婦警は女体をくねらせ、息も絶え絶えといった感じでよがり啼く。俺も愉悦に押される形で、小刻みに腰を繰りだす。ねっとりとぬかるんだ婦人警官のおまんこに、思う存分男のシンボルを擦りつける。 くちゅ、みちゅ、くちゃ……と猥褻な音を盛んに奏でると、それに合わせるように婦警が、「あうっ」「ひうっ」「あん」と悩ましく呻いた。「すごいです。飛鳥さんのおま○こ、ドロドロネトネトになっています。ちんこが溺れそう……。それに、ああ、その蕩けたエロ顔がたまりません」 婦人警官は美しくも淫らな表情をうっとりと眺めながら、忙しく腰を打ち振る悦楽。上下に揺れる巨乳のおっぱいにしゃぶりつくと、婦警もまるで授乳をするように、俺の口元に自ら巨乳の胸を押し付けてくれる。 横山由依似の婦警は、もうすでに数回イッているようだ。俺の草むらを濡らす多量の膣液がその証だった。 ちゅっぱ、ちゅっぱ、ちゅびちゅちゅっ―。 わざと卑猥に音を立てて巨乳の婦人警官の乳首を舐め啜る。すると、たまらなくなったセックスフレンドの婦警が、小刻みな抽送にあわせて艶腰をひくつかせるのだ。「あ、あああ、最高っ、いいの、気持ちいいっ! ほおおお、おお、おおん……」 スリムな婦警はたらたらと脂汗を全身に吹き出させ、奥歯をカチカチと鳴らしている。巨乳の婦人警官は紅潮させたほおを、むずかるように左右に振った。 悩ましい婦警の腰付きは、確実に僕を追いつめようとしている。キリリと歯を食いしばって耐えなければ、打ち漏らしてしまいそうだ。「いいのよ。いつでも射精して。ゆうきくんの精液ならいつでも受け止めてあげる」 やさしく促してくれるセフレの婦警に、俺が反応しないわけがない。亀頭がひと回り傘を膨らまし、さらに硬度を増した。「っあぁっ、やっぱり、凄いっ……まだ大きくなれるのねっ。逞しいっ!」 ヤリモクの婦警は興奮を露わにする。その唇を求め、歓喜の表情で僕は唇を近付けた。 離れては付く、やわらかな唇。セフレの婦人警官の艶めかしい舌先が、積極的に俺の唇を舐め取っていく。その間も、巨乳の婦人警官のやわらかな女体が腕の中で揺れている。切ない射精衝動が鎌首をもたげた。「ねえ、アスカさんのお尻に擦り付けて、射精したい!」 僕は、最後は後背位で果てることを望んだ。 セフレの婦警の素晴らしい尻肉に、下腹部を擦り付ける快感は何物にも替えがたい。「後ろからしたいのね。いいわよ。明日香のお尻、好きにしてぇ……」 了承を得た僕は、ずるずるずるっと、チ○ポを抜き取った。「ああん……」 退いていく切なさに、セックスフレンドの婦警は肉襞をすがりつかせる。細眉を歪め、荒く息をつきながらも、清純な婦人警官は男に求められるがまま芳醇な肉体を裏返しにしていく。 巨乳の婦人警官はソファの肘掛けに、両腕ですがりつき、豊満な逆ハート形のお尻を持ち上げている。 つい先ほどまでつりあっていたマンコは、硬いペ〇スに蹂躙されていたせいか、少しマンコを捩れさせている。sexフレンドの婦警の純ピンクのオマンコからは、練り込まれて泡立った蜜汁が、白い糸を引いて滴り落ちている。「やばいくらいにエッチな眺めです。ああでも、どうしてこんな姿が上品に見えるのだろう」 僕は、婦警のお尻を直接手中に収めた。否、大きな掌でも収まらないほどの尻たぶを、婦警は左右交互にぶるんぶるんと震えさせているのだ。「くうぅぅ……あふっ、あ、あ、ああ……許して、お尻までが敏感になってる……」「許してあげられません……好きにしていいって言ったじゃないですか……。ああ、本当にすごいお尻っ……僕の掌が溶けてしまいそうです」 迸る欲情を乱暴にぶつけても全て受け止めてくれそうな婦人警官の巨尻は、どれほど揉み続けても、いくら弄び続けても、俺を飽きさせない魅力にあふれていた。「つきたてのお餅みたいです。このボリューム……この感触……」 やわらかくも張り詰めた感触を夢中で揉みしだく。するとセックスフレンドの婦人警官の柔尻が、まるで手の中で息吹くように、キュッキュッと震えて応えるのだ。劣情の昂りは否応なしに高められ、ついに僕は、婦人警官の純白の狭間にお○んちんをあてがった。「ああ、来るのね……。はやくちょうだいっ!」 巨乳の婦人警官は細首を捻じ曲げて振り向く。泣いているのかと見間違えるほどにまで潤ませた瞳には、ありったけの媚が含まれている。「挿入れますよ、あすかちゃん!」 セフレの婦警のやわらかなまんこがぴとっと亀頭にまとわりつくのを巻き添えに、ずぶずぶずぶっと埋め込んだ。「んっく……あん、ううううううっ!」 甘く切ない婦警の喘ぎ。押し寄せる快感に、肘掛けに朱唇を押し当てたため、くぐもったものとなっている。 ズッポリと根元まで突き立てると、ペ〇スの切っ先にこつんと触れる手応え。太くて長いちんこが、婦人警官の子宮口にぶち当たった感触だ。
 
「……っく……奥まで、挿入ってきてる……はうんっ……ああ、ゆうきくんが、奥までぇ……」 おまんこを再び巨根に埋め尽くされた巨乳の婦人警官は、むしろ安堵するかのよう。ヤリモクの婦警のマンコがきゅっと窄まり締め付けてくる。男の精子を搾り取ろうとする婦警の手練手管だ。「うああ、いいよぉ……。さっきとはまた違うま○この感触だ……。ぬめぬめじゅくじゅくで、超気持ちいいっ!」 僕の悦びの声に、セフレの婦人警官が妖艶な笑みを向けてきた。「やっぱりゆうきくんと私、セックスの相性がいいのね……ほんと、最っ高よ!」 出会い系アプリのPCマックスで出会ったセフレの婦警を、またしてもアクメに追い込みたい欲求が湧き上がる。 引き絞っていた両腕を解放し、外側から太ももを抱え込んだ。太い腕を絡み付かせ、清楚な婦警のオマンコの合わせ目にあるピンク色の突起を狙った。 指先を溢れ出す蜜汁に浸すと、充血する一番敏感なところの頭にあてがった。痛みを与えないよう注意しながら、セフレの婦人警官のつんとしこったピンク色の突起を揉み転がす。「ひうんっ! はうっ、あうっ、うっく……そっ、そこ、イクっ……ああっ、肉芽、イッちゃうううううぅっ!!」 ヤリマンの婦警の艶めかしい反応に気を良くした僕は、一番敏感なところへのテコキをさらに加速させた。くりくりっとやさしく嬲っていたものが、バイブレーターにも似た動きに変わる。 ぶるぶるぶる、くにくにくに、ぶるぶるぶる、くりんくりんくりん―。 いやらしい震動に、陰核をなぎ倒された婦人警官は、びくびくびくんと、瘧のような震えを全身に起こしている。僕は空いている左手で、sexフレンドの婦警の揺れる巨乳のバストを揉み潰す。途端に、津波のような絶頂が、一気に婦人警官を呑み込んだ。「あぐううっ……はううううっ……イクっ……ああ、また来ちゃううっ~~~!?」 可愛い婦人警官は官能的な啼き声を吹き零しながら、形のよい唇を扇情的にわななかせた。肉という肉が、あちこちで淫らな痙攣を繰り返す。おめこまでをひくひくさせて、婦警は貫かれたままのおちんちんにすがりついてきた。「うほっ、飛鳥さんの締め付けが強くなった。もうでちゃいそうですっ!」「ああ、来てっ……飛鳥のオマ○コをいっぱい突いて……射精してぇっ!」 求められるまでもなく、俺はストロークを開始した。やるせない射精衝動と少しでも長く20代の婦警を味わっていたい欲求が、俺の中でせめぎ合っている。「はぁあん……あふん、あはん……ふぅ、あああ……」「ぐふう、おああ、き、気持ちいい、うおっ、あすかさんっ!」 婦警の背筋や尻周りを撫で回しながら、抽送を繰り返す。時折、20代の婦人警官の艶尻に腰をべったりと突けて、くんと捏ね回すのも忘れない。 なるべくセフレの婦警に予測がつかないように責めるのが、乱れさせるコツなのだ。「あん、いいっ! ゆうきくん、いいのぉ……。あん、そこ、今擦れたとこぉ……」 セクシーによがり啼くセフレの婦人警官も、艶腰をくねらせる。しかも、挿入に合わせ肉襞を開き、引き戻しにはすがりつくように締め付けてくる。「っく……もうだめだっ、もっと激しく動かしますからね!」 焦れるような官能に、我慢しきれなくなった僕は、逞しい腰を大きく退かせてから、思い切り強く尻たぶに打ち付けた。「あうっ!」 オチン○ンで勢いよくマンコを抉り、子宮をズンと叩いた。「ああっ、これよ、これが欲しかったの……っ!」 婦警もまた物足りなさを感じていたのだろう。引き締まった下腹部で尻たぶを叩くたび、身も世もなく巨乳の婦人警官は悦喜の啜り泣きを披露していた。先ほど垣間見えた知性のきらめきは影をひそめ、婦警はひたすら官能を貪る女獣と化している。「す、すごいっ……いいっ! 気持ちいいのっ……あうううっ……もっと、ねえもっとぉ!」 婦警はたっぷりとした肉尻を持ち上げ、激しく突かれるのを待ちわびている。すべやかな背筋には、汗の粒が宝石の如く輝いていた。「あぁんっ……マンコがずぶずぶに溶けちゃいそうっ!!」 僕もまた、汲めども尽きぬ快美感に、ひたすら射精したい気持ちばかりが頭の中を占めている。 ヤリマンの婦人警官の両腕を手綱を引くように、ぐいっと強く引き付ける。パンパンパンと抜き挿しさせると、下腹部で轟くような重々しい快感がはじけた。「だ、だめだぁ、俺、もう……!」 堰を切ったように俺は、激しい抽送へと移行した。「射精ちゃいそうなのね……あたしも、またイク……ねえ、またイクぅっ」 清楚な婦警の艶腰を力強く引き付け、自らは下腹部をぐいっと突き出して、深挿しに深挿しを重ねる。 ぢゅるん、ずぶん、ぬぷん、かぽん、ぢゅぼぼっ―。 卑猥な水音と尻たぶにぶつかる乾いた音。僕に呼吸を合わせた快美な巨乳の婦人警官の練り腰。官能に溺れる婦警に見惚れながら、いやらしい腰付きに出し入れさせた。「あん……おん、おお、おぁ……ふぬぅ、ふうん……あうっ、あ、あっ、ああぁっ」
 
 ビッチな婦人警官の兆した美貌が激しく上下にバンクする。汗で濡れた可愛い婦人警官の女体が妖しくのたうつ。「あうん……あ、ああ、イクぅうう!! あっ……ああ、あぁああ~~~っ!」 セックスフレンドの婦人警官の背筋がエビ反り、媚肉がオ○ンチンをきゅーきゅーと締め付ける。「来て……ゆうきくんも一緒にぃいいいいいっ」 アクメに強張った横山由依似の婦人警官の美貌が、射精を窺うように僕に振り向いた。「ぐわああ、でますっ。可愛らしい婦人警官さああぁ~~~んっ!」 雄叫びと共に、怒濤の快感が押し寄せる。 上半身をべったりと背筋に沿わせ、力いっぱい婦人警官の女体を抱き締めた。前に回した手指で、セフレの婦警の巨乳のおっぱいをぎゅっと揉み絞り、極上の抱き心地を堪能する。 びゅぴゅっ、ぶびゅっ、どびゅるるる―。 切っ先を子宮口に密着させて、セフレの婦警のオ○ンコの中に精子を大量に中出しした。「きゃうううっ、け、ゆうきくんのスペルマ、熱いい~~ぃっ」 灼熱のザーメンを子宮で受け止め、またしてもsexフレンドの婦人警官がアクメを迎える。同じタイミングで極める充実感。肉という肉が蕩け落ちるかと思うほどの快美感。たどり着いた絶頂は、何ものにも替えがたい悦びだった。「うふふ、ゆうきくんの満足げな顔……。元気が出たみたいで、私もうれしいっ」 ソファの上、気だるそうに裸身を投げ出したまま、うっとりとセフレの婦人警官が微笑んだ。 充血したマンコからコポコポッと精子と蜜汁の入り混じったスペルマが零れ出ている。「満足げなのは、あすかさんだって同じじゃないですか」 誇らしげにさえ映るセフレの婦人警官の上に覆いかぶさり、僕は色っぽく紅潮したそのほおにそっとベロちゅうをした。
 
出会い系サイトPCマックスでの細身の婦警とのはめ撮りsexのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓











































 
今回セックスフレンドの婦人警官とすぐオフパコエッチ出来た出会い系はピーシーマックスです。
 
なおピーシーマックスを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと今からすぐsexできるかわゆい女と出会ってsexフレンドにしてオフパコセックスできませんので、PCMAXに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
PCMAXのような出会系コミュニティで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで分かりやすく説明していますので見てください。
 
⇒出会い系サイトPCMAXの詳細はこちら
 
※PCMAXは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【PCMAXやれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【PCMAXセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【PCMAXヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【PCMAX体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【PCMAXハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【PCMAXヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【PCMAXやれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【PCMAXセフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.