deaikeitaiken_novel

【ハッピーメールセフレ】バツイチ子持ちシンママと中出しセックス

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
自分は何時ものごとくであいけいコミュニティでかわいらしい女の子をセックスフレンドにして、はめ撮りsexに励んでいます(^_^)
 
さて、今回は即会いできる評判の良い出会系アプリのハッピーメール(happymail)で出会った国仲涼子似のバツイチ子持ちの貧乳シンママと千葉県旭市で会ってセフレにして今すぐタダマンセックスをしてきたのですが、はめ撮り写メが多く撮影できましたのでレポートします。
 
※この記事にはアダルトなセックスのハメ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出逢い系アプリのハッピーメールで出会った女の子はシンママで、名前はちづるさんといい、顔は国仲涼子似のすごく美人でした\(*T▽T*)/
 
出会い系サイトハピメでのセフレのシングルマザーのプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトハッピーメール(happymail)での子持ちのシンママの掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
シングルマザーとは、出会い系コミュニティのハピメで知り合ってラインでやり取りした後、旭駅周辺の高級串カツ居酒屋に飲みに行った後セックスしてもOKとのことだったのでいつものようにラブホに行ってハメ撮りエッチをしました。
 
俺とスタイルのいいシングルマザーが千葉県旭市の旭駅近辺のラブホテルの部屋に入った。バッグからタオルを取り出して汗をぬぐいながら、シンママが俺の隣に座った。 トロピカルなフレグランスは、官能的な香り。甘酸っぱいスレンダーなシングルマザーの汗の匂いと入り混じり、俺にダイレクトに迫ってくる。案の定、シングルマザーの匂いに誘われるように、一気に股間に血液が集まった。 穿いているのがジャージだけに、あからさまに股間のテントは目立った。「まあ、ゆうきくんったら元気なのね、こんなに汗をかいたのに……。それとも疲れマラっていうやつ?」 セフレのシンママに気付かれるのは仕方ないにしても、まさか、そこまであからさまに指摘されるとは思わなかった。知的美人の国仲涼子似のシンママだけに、もっとクールに澄ましている印象を抱いていたのだ。「いや、これは、その……」 照れくささもあり、股間を両手で隠した。 けれど、そこに張り付いた国仲涼子似のシンママの瞳が、離れることはなかった。「ねえ、ゆうきくん……」 やわらかな声質が、微かに湿度を帯び艶めかしく聞こえた。「ゆうきくんは、出会い系サイトのハッピーメール(happymail)で出会った他のセフレさんともそういう関係だったのよね……」 激カワのシングルマザーの白魚のような手指が、僕の太ももの上に置かれた。「えっ、あの、それは、その……」 シングルマザーの鬼灯のように赤い唇から吐き出される疑問は、僕をしどろもどろにさせるものばかりだ。しかも、じんわりと伝わる国仲涼子似のシンママの掌の温もりがさらにそれに拍車をかけている。「ふふふ、いいのよ隠さなくても……。私だってゆうきくんに興味あるもの……。ゆうきくんがお目当てでここに来たって、さっき教えてあげたでしょう?」 太ももに置かれたセフレのシングルマザーの手指が、ゆっくりと動かされ、やさしくくすぐられる。ぴんと伸ばされたパイパンのシンママの細い指先が、何気なく膨らみのあたりを突いている。「あの、チヅルちゃん? 俺、そんなことされたら……」「あら、意外と初心なのね……。ほっぺたそんなに赤くしてかわいいっ!」 そう言う30代のシングルマザーのほおも紅潮している。透明度の高い肌だけに、ピンクに色づいて艶めかしい。
 
「ねえ、ゆうきくん、私とではイヤっ?」 太ももを摩っていた子持ちのシングルマザーの手指が、さらに大胆さを増し、内ももから股間のあたりをまさぐられた。「おうっ! っぐふ……。イ、イヤだなんてそんな……」 やわらかなジャージ素材なだけに、シングルマザーの戯れはダイレクトに伝わる。「ああ大きいっ……。みんながこれに夢中なのね……。腰使いもいい仕事をしそうだし……」 ついにバツ1のシンママの手指が勃起おちん○んに絡み付き、甘い圧迫をはじめる。シングルマザーの手練手管に、僕は他愛もなく陥落した。「いいです。ああ、千尋さん……気持ちいいっ!」「まあ、そんなに簡単になびいてしまっていいの? 」 僕はドキリとした。節操のない自分をセックスフレンドのシンママは、懲らしめるつもりなのだと判り、しゅんと萎れてしまった。 気持ちが萎えると同時に、下半身も力を失っていく。「あん。そんなにしょげないで……。ごめんなさい。嫉妬の度が過ぎたみたい。ねえ、ゆうきくん、責めるつもりなんてないの……。第一、私だってシンママの身で、君を誘惑しようとしているのだから……」「え、それじゃあ、ちづるさんほんとに僕を?」 こくりと頷くセフレのシンママの美貌は、すでに蕩けたような表情を見せている。「ゆうきくんとそうなりたいの……。ちゃんと話すわね。私ね、今、主人と離婚したの……。だからおんなとしての自信も失っていて……」 自信に満ち溢れ内面から光り輝いているようなスレンダーなシンママが、内心にそんな悩みを抱えているとは意外だった。「ゆうきくんなら、そんな私に自信を取り戻させてくれるかなぁって……」 俯き加減に話す国仲涼子似のシンママからは、いつものクールビューティの印象が消えている。それこそが生身のシングルマザーで、儚くいじらしいまでに、おんななのだと気づかされた。「どうして、僕なんです? 僕がその……」「そうね。確かにゆうき君がおんなにだらしがないのは、否めないけれど。でも、それだけゆうきくんは正直なのかなぁって。自分にも他人にも……」 シンママの手指が、力を失っていたお○んちんに再び火を灯そうと、やわらかく揉み上げている。ぴりりと走る甘い電流に、反応がはじまった。「それにゆうきくん、私のことも意識してくれていたでしょう? 正確に言えば、私のカ・ラ・ダ・に」 セックスフレンドのシンママに甘勃ちしはじめたちんぽをぐにゅっと締め付けられる。数秒圧迫されては、やさしく解放されが繰り返す。「あおうっ! そ、それは、ちづるちゃんが悩ましい身体付きをしてるから。でも、身体だけじゃありません。眩しいくらいの美しさに……ふぐうっ!」 シングルマザーのやわらかな掌が、肉皮を引っ張るように上下運動をはじめる。 ジャージの上からでなければ、打ち漏らしていたかもしれないほどの快感だった。「私に魅力を感じてくれるゆうきくんだから……。もっと魅力を見つけてもらえるように誘惑してみようかなって……。うふふ。一度でいいから獣のように、セフレの男を味わってみたいの」 大きな瞳に妖しい光を宿し、セフレのシンママが俺のズボンをずり下げにかかる。「えっ? ああ、千尋さん」 ぶるんと飛び出した勃起ち○ぽに、すぐさまシングルマザーの手指が巻き付いた。 おちん○んに沁み込むような、なめらかな感触。微乳のシンママの器用な右手がやわらかくおちん○んを圧迫し、左手指は皺袋をやさしく包み込む。貧乳のシングルマザーに睾丸をあやすようにくすぐられ、僕は目を白黒させた。「私の全てを味わわせてあげる。ああ、だから私に、自分がおんなだって思い出させて……」 シンママのしなやかな身体が俺にすり寄り、そのやわらかさを知らしめる。 ボン、キュ、ボンのメリハリボディが熟れていることを、セーター素材の上からでも充分に知れた。これだけ締まったシングルマザーの女体だからもう少し筋肉質なのかと思っていたが、そうではない。むしろ女性らしくたおやかで、どこもかしこもがふっくらもちもちしている。肌が保つ水分の豊かさが、シングルマザーがモデル体型を維持しながらも、これほどまでにやわらかい秘訣なのだろう。 仕事柄、子持ちのシングルマザーは肌の手入れと健康管理には余念がないらしく、化粧品で、玉に磨いた賜物なのだ。「千尋ちゃん。ああ、なんて気色いいんだ。手淫もお肌も最高ですっ!」 わななく唇に、バツ1のシンママの朱唇が覆いかぶさった。 シングルマザーのふっくらした唇は、マシュマロのようにやわらかく、グミのごとき弾力がある。これまでに触れたどの唇よりも扇情的で、キッスでこれほど興奮したことがない。
 
 俺は情熱的に朱舌を求め、激しく吸いつけた。差し出されたシングルマザーの舌に、自らの同じ器官を擦り付け、シンママの欲情を誘う。 口腔に溜まったバツイチのシンママの唾液は、不思議なほど甘い液体だった。「千尋ちゃん、すごい! こんなに興奮したのはじめてかも!」「ほんとうに? じゃあ、もっと興奮させてあげる」 言いながらsexフレンドのシングルマザーは、俺の太ももに跨ったまま、身に着けたセーターを脱ぎ捨てた。 想像以上のバツイチのシングルマザーのゴージャスボディが、全容を露わにした。 黒のブラジャーからお肉がはみ出しかけた微乳のおっぱい。その大きさは、やや小ぶりなものの、その深いくびれのお蔭で、凄まじくメリハリが利いている。 無駄な脂肪がついておらず、流れるような完全無欠の曲線美を誇っている。だからと言ってかわゆいシングルマザーは痩せぎすでもなく、たまらない肉付きに熟れているのだ。「わわわっ、千鶴ちゃん眩しすぎです。こんなにいいカラダしているなんて!」 僕が誉めそやすたび、スレンダーなシングルマザーの美貌は冴えていく。パイパンのシンママは誇らしげな表情を浮かべ、細腕が背後に回された。「ちづるちゃん……」 あんぐりと口を開けたまま国仲涼子激似のシンママのブラジャーが外される瞬間を見守り続ける僕。その名前を呼んだきり、言葉が出てこない。 ブラジャーの支えを失っても、パイパンのシングルマザーのハリのある微乳のおっぱいは重力に負けることがなかった。むしろ引力の法則に抗うがごとく、ツンと上向きなのだ。 黄色味がかった薄茶の乳暈は、汗にヌメ光り黄金色にも見える。セフレのシングルマザーのやや大きめの乳首は早くもせり出し、表面のポツポツまでが浮き上がっていた。「きれいなおっぱい! しかも、ちづるちゃんのおっぱい、ゴージャスぅ!」 喉奥が張りつくほど、ボルテージが上がっている。 無意識のうちにぎゅっとお尻の孔を絞り、勃起おちん○んを跳ね上げていた。 手指を広げ、シンママの乳肌に覆い被せようとすると、女体が後ろに退いた。「ちょっと待って……慌てなくても、今、触らせてあげる……。でも、先に、これも脱いでしまうわね……。ねえ、ゆうき君も上を脱いだら?」 惜しげもなく上半身を晒したまま、子持ちのシングルマザーはジーンズの前ボタンを外した。促されるまま、俺も身に着けていたものを脱ぎ捨てる。 その間にもシンママはファスナーを開き、腰部からジーンズを?く。俺に跨ったまま器用に、片足ずつ抜き取り、その肢体も晒してくれた。 黒いパンティも手早く脱ぎ捨てた貧乳のシングルマザーが、ぐいと僕の胸元を押し、床に体を横たえさせる。その上に、シンママが覆いかぶさってくるのだ。「うわああっ、チヅルちゃんのお肌、気色よすぎです」 俺のあらゆる部分に、しっとりとした肌が纏わり付いてくる。胸板にはバツ1のシングルマザーのぺちゃぱいのおっぱいがとろーりと纏わり付き、まるで生クリームにコーティングされたよう。お腹のあたりには、色っぽいシンママの引き締まったお腹が、首筋にはしなやかな腕が絡み付いてきている。「うおっ! チヅルさんの太ももが、僕のチン○ンに!」 シングルマザーの太ももにオ○ンチンが挟まれ、むぎゅっと圧迫される。亀頭表面には、シングルマザーのオ○ンコが、しとっと纏わり付いている。肉厚の土手のふっくら感も心地いい。「チヅルさんの素股ぁああっ!」 熟妻の手練どころか、シングルマザーの淫婦のごとき手管に、僕は翻弄されている。けれど、その幸福なことといったらこの上ないほどだ。 シングルマザーのぷにぷにトゥルントゥルンの内ももに、やさしく圧迫される心地よさ。 おめこから滲み出た淫蜜を擦り付けられ、さらには自らのカウパー氏腺液を多量に吹き零して、すべり具合が高まってくる。 しっとりした吸い付きとぷりぷりの弾力。相反していながらも奇跡的に同居しているパイパンのシンママの女肌の感触。パンと張りつめていながらも、ふわとろにやわらかい貧乳のオッパイ。シンママはどこもかしこもが男を悦ばせる性具なのだ。「ぐふううっ、千鶴ちゃんとセックスしてるみたいぃ」 子持ちのシングルマザーの男好きのする肉づきを抱きしめる充実感に、僕は脳みそまで蕩けさせている。「みたいじゃなくて、セックスしてるの。マ○コの中にだって入れさせてあげるわ」 美貌をピンクに染め、知的な雰囲気をかなぐり捨てて、シングルマザーは誘惑を繰り返す。 セフレのシンママの官能的な唇が、俺の小さな乳首に吸い付いた。覗かせた舌先で、舐めくすぐられる。「うぐうっ、ちづるちゃん、ダ、ダメです。俺、乳首弱い……ぐわあああっ」 ツンと勃起しはじめた小さな蕾をあやされるたび、亀頭先にまで快感が響く。しかも、チンコの切っ先は、セフレのシングルマザーの内ももとおまんこに絶えず擦れている。「ふふふっ、ほんとうに敏感なのね。ゆうきくん、可愛いっ」 小悪魔のような笑みを浮かべながらセフレのシングルマザーが太ももをモジつかせた。「ぐあああっ!」 やるせない快感に、オ○ンチンをビクンと跳ね上げ、強烈な熱さと硬さを30代のシンママに知らしめた。「ああん、そんなにお○んこに擦り付けたら、おかしくなっちゃうぅっ」
 
 シングルマザーが太ももを捩じらせたのは、俺を追いつめようとするばかりではないらしい。熱く逞しいペニスに、マンコを擦れさせるうち、セフレのシングルマザーは自らも発情しているのだ。「チヅルさんも気持ちよくなってきたんですね?」 やるせなさに、俺は腰を蠢かしはじめる。シンママもその動きに呼応して、艶腰を動かしているため、その動きはおのずと激しいものとなった。互いが腰を大きくせり上げ、オチン○ンとおまんこ同士を擦れさせるのだ。「そうよ。感じてる。だって気持ちいいんだもの……」シンママの マンコがオチン○ンにぶちゅりとディープキスをくれる。いよいよ粘度を増した愛液が、たっぷりとまぶされた。「んっくぅ、うふぅ、んんっ、あんんっ……」 微乳のシングルマザーは小鼻を膨らまし、細眉を悩ましく寄せている。きれいなシンママの官能的な朱唇は、俺の首筋や鎖骨、胸板とあちこちに吸い付くため、くぐもった喘ぎばかりが漏れている。「ああ、千尋ちゃん……子持ちのシングルマザーさ~ん……」 切羽詰まった声を上げ、ぎゅっとシンママを抱き締めた。背筋を反らせ、突き上げだけは止めようとしない。 じょり、ぢゅり、ぬぷ、ぢゅぷ、ぢゅちゅるるる―。 意識的に勃起ちん○んの上ゾリを、おまんこに擦れさせる。 膨れあがったカリ首で、シングルマザーのオマンコの合わせ目にあるピンク色の突起を擦るつもりだ。その狙い通り、シンママは吸い付けていた唇を離し、はしたない喘ぎを上げた。「ほうううっ……ああ、そこは……ふおっ、ほおおおおおっ!」 スタイルのいいシンママのまんこの二枚の薄い粘膜を、ぐいぐいチ○コでしごきながら、一番敏感なところをも擦りつける。べっとりと潤ったまんこを荒々しく蹂躙した。「僕くぅんっ!」 シンママは必死で太ももを閉じ合わせ、肉ビラの帳が開いてしまうのを抑えながら、暴れ回る男にしがみついてくる。 互いの陰毛同士をもつれさせるほど、みっしりと抱き合った。「もうだめ、チヅル、もう我慢できない……。このままゆうきくんが欲しいっ!」 sexフレンドのシングルマザーの透明度の高い肌が紅潮しているのは、欲情の焔が燃え広がった結果か、それとも出会い系サイトのハッピーメールで出会ったセフレの男をねだる羞恥からか。いずれにしても、シンママは最高に色っぽい。「僕も、もう我慢できません。千鶴ちゃんのおま○こに挿入れたい!」 シンママに負けず劣らず、顔を真っ赤にさせて俺は叫び声を上げた。 心の底からバツ1のシングルマザーを求めてやまない。 驚いたことにシングルマザーは、さらにその美をもう一段上に昇華させている。滑らかな肌、甘い体臭、悩ましい貧乳のオッパイ、くびれた蜂腰、しなやかな肢体、悦びに輝く美貌。その全てが気品に満ちていながら、濃厚に性色を帯びることで、シングルマザーは妖しい色香を漂わせて止まない。 本気で発情したシングルマザーは、僕が圧倒されるほどエロいのだ。「チヅルの好きにさせてもらっていい? セフレのシングルマザーが上のままで、たっぷりとゆうきくんを味わいたいの」「お願いします! その代わり、下から千鶴さんのおまんこ突きまくりますからね」 ゴージャスボディに淫語を浴びせると、シンママの透き通る素肌全体がさらにピンクに染まり、ゾクリとするほどの官能美を滲ませる。「ええ、いいわ。いっぱいマンコを突いてっ!」 微かに恥じらいを滲ませながら、シングルマザーも淫語を吐いてくれる。その言葉とクールビューティとのギャップが、余計淫靡さを感じさせた。 女体を持ち上げ、sexフレンドのシングルマザーはカエルのような格好で俺に跨っている。シングルマザーのそんな姿までもが、まるで背後から後光が差しているように麗しい。(すげえっ、千鶴さんがさらに美しくなっていく。それにゾクゾクするほどエロい!) シンママは理知的な美しさに加え、円熟したおんなの芳しさを同居させている。シングルマザーはまるで女神のような美を咲き誇らせているのだ。「ちづるちゃん、きれいです。本当にきれいだぁ……。超魅力的で、まぶしいです!」 本心から誉めそやす俺に、バツイチのシンママの蕩けんばかりの笑みが向けられる。 シンママは色あせたと思い悩んでいたおんなの魅力を、俺によって再確認できたお蔭でさらにその美を冴えさせているのだ。「うれしいっ。チヅルはゆうきくんに癒されてる。お礼にシンママを味わって……」 細身のシングルマザーの浮き上がった細腰が、亀頭部に微調整される。 淫らなオマンコに引き込まれるように、僕は頭を持ち上げた。 縦に刻まれたクレヴァスが、新鮮な粘膜を覗かせている。 スタイルのいいシングルマザーのマンコは、その容貌と同様に、美しく整った印象だ。
 
「新鮮なピンクなんですね。ぐしょ濡れで光り輝いている……」 僕が感想を述べると、セフレのシングルマザーのおまんこがヒクヒクッと恥ずかしそうに揺れた。「あん、いやなゆうきくん……。ちづるが濡れているのは、ゆうきくんが欲しいからよ」 パイパンのシングルマザーのしなやかな左手が僕のお腹にあてがわれ、自らの体重を支えながら膣口に亀頭部を向けた。「ああ、千鶴ちゃん……っ!」 バツイチのシンママの細腰がゆっくりとその位置を沈み込ませ、ち○ぽの切っ先がマンコ粘膜に呑み込まれていく。「あぅふぅっ!」 淫靡な水音が立ち、大きくエラの張った亀頭が迎え入れられた。 ぶちゅるるる、くちゅん―。 思い切ったように、さらに貧乳のシンママが腰を沈ませると、半ばまでが咥え込まれた。「んんっ! あううぅっ……ほおおおおっ!」 国仲涼子激似のシングルマザーの熱い咆哮と共に、瓜実顔がぐんと天を仰いだ。「ほふうううううううぅっ!」 アラサーのシングルマザーは白い歯列をがちがちとかみならし、開いた太ももを震わせている。ほつれた髪をほおに張りつけ、ぺちゃぱいのシンママが眉根を寄せる表情は、おそろしく扇情的だ。 セフレのシングルマザーのハァハァと熱い呼吸に、容の良いぺちゃぱいのおっぱいが上下に揺れる。「ああっ、ゆうきくん、大きい……それにとっても硬いっ!」 シングルマザーとは思えないほどキツキツのオマ○コに、熱い濡れ襞がびっしりと覆っている。それが勃起ちん○んにねっとりと纏わり付き、きゅうきゅうと喰い締めて離さない。「ちづるちゃんのマンコ、超気持ちいいです。締まりがよくって、くすぐられる感じで……」 しかし、まだ勃起ちんこ全体が呑み込まれたわけではない。雄々しいお○んちんは、未だ半分程度が残されている。「う、?……。ゆうきくん、なんてすごいの……こんなのはじめて……ああ、ちづるのマンコ、拡がっちゃうぅ……」 三十路のシングルマザーは呻き声を漏らし、眉根を寄せて脂汗を滲ませた。エラの張り出し、血管でごつごつとしたオ○ンチンの感触、長く太い存在感、その細かいディテールの一部始終を膣肉が覚え込んでいく。「はううぅっ……んんっ……あ、あああぁっ」 セフレのシングルマザーは熱い衝撃に狼狽するかのようにほおを強張らせ、それでもその甘美な悦楽を味わいつくしている。「千尋ちゃんっ!」 真っ赤な顔で呑み込まれるままでいた俺は、ついにもどかしくなり、自らもずんと腰を押し出した。両手を伸ばし、激カワのシングルマザーの揺れまくる貧乳の胸を恭しくすくい取る。「あううっ……ああ、ダメぇ、こ、こんなことって……あたし挿入れられただけでイッちゃいそう!」 突き上げられた拍子に力尽きたのか、シングルマザーの両膝が折られた。さらに巨根が、ずぶんっと根元まで嵌まり込む。僕の胸板についた両腕からも力が抜け、シングルマザーの全体重が突っ伏してくる。「ふうううんっ、ああ、変っ……sexフレンドのシンママいつもより敏感になってる……お腹の中にゆうきくんがあるだけで、どうしようもなく感じるの」 子持ちのシングルマザーは久しぶりのエッチに性神経が過敏になっているのかもしれない。シングルマザーは透き通る肌を紅潮させて、荒く息を継ぐ。 勃起オチンチンを呑みこんだおまんこが、妖しくヒクついている。「あうううっ、イクっ! あ、ああっ、はあああああっ!」 はしたない喘ぎを零し、シンママは初期絶頂に呑まれた。深々とペニスを咥え込んだまま、シングルマザーはあられもなくイキ様を晒すのだ。 その美しすぎる絶頂に、魂を抜かれたように僕は魅入られた。「千鶴ちゃん、イッちゃったの? ものすごく色っぽい表情でイクのですね……」「ああ、だって気持ちいいの……。それにまさか、ペ〇スが子宮にまで届いちゃうなんて想像もしていなかったから……」 微乳のシンママはツヤツヤにほおを染めて恥じらう。シンママのクールビューティのはにかむような表情に、俺の男心が激しく刺激された。 アクメが収まりつつあるとはいえ、シングルマザーの充溢した膣は、妖しく蠕動を繰り返している。何か別の生き物が棲みついているようなその感覚に、僕の官能もボルテージを上げている。「でも、まだイキ足りないでしょう? 僕がちづるさんをいっぱいイカせてあげます」 美しいシングルマザーのまろやかな尻たぶを抱きかかえるようにして掌をあてがい、ぐいっと引きつけた。セックスフレンドのシングルマザーのゴージャスボディをぐぐっと揺さぶり、悦楽の漣を引き起こす。「ひうん……あううっ、あ、ああ~っ!」 子宮口にキスしていた鈴口をゆっくりと退かせ、ぞりぞりと互いの陰毛を擦れ合わせる。 セフレのシンママのなめらかな乳肌が、俺の肌を堪らなく擦る。
 
 互いの身体に噴き出した汗までも、ねっとりと交わらせる。その間にもシングルマザーの濡れたオ○ンコは、猛り荒ぶる勃起オチ○チンを鎮めようと、精一杯やさしく包み込んでくれるのだった。「うれしいですっ。千尋ちゃん! ちづるちゃんとこんなふうになれて」 僕の声は、感動にひきつっている。「そうね。ぴっちり隙間なく、ゆうきくんとつながっているわ……。ねえ、千鶴のマ○コはどう?」「最高です。ものすごく気持ちよくて、ペニスが溶けちゃいそうです!」 悦びに震える俺に、おんなの矜持を存分に満たされるのか、シングルマザーの表情には官能と悦びがくっきりと表れている。「チヅルには、ゆうきくんのこの癒しが必要だったの……。ああでも、大きすぎて壊れちゃいそう……」 きつすぎるほどの太さと長さに下腹部が重く痺れるのか、パイパンのシングルマザーは腰付きをくなくなとくねらせている。まるで白蛇がのたうつがごとく、バツイチのシングルマザーは俺にその素肌を擦り付けている。「いいいっ、あああああああぁっ」 極度の興奮に陥った俺もむぎゅりとセフレのシングルマザーの尻たぶをつかみ、前後に女体を揺さぶった。 30代のシングルマザーの陰核を勃起オチンチンの付け根で擦り、はしたない啼き声を次々に絞り取る。 ぞりゅ、ねちゃ、ぐぢゅ、にちゃ、ぢゅり、ぶちゅ、ぐちゅ、ぐちゅちゅっ―。 リズミカルな腰送りに、上半身をしなだれかからせたままシングルマザーも、艶腰をくねくねと躍らせる。 徐々にセフレのシングルマザーのの腰つきが激しくなり、快感を貪るような動きとなった。「はむうっ、ああ、いいっ、ねえ、千尋我慢できないっ、ねえ、いいのぉ」 淫靡な悦楽を追い求め、バツイチのシンママの引き締まったお腹がふしだらにうねくねる。「もっと深く貫いて! 啼かせて! チヅルを狂わせてえ!」 ひた隠しにしていた本性を露わにするかの如く、シンママの身に纏っていたはずの知的オーラもかなぐり捨てて、積極的に責めてくるのだ。「ああ、すごい。あたし狂っちゃうっ! ああ、またイキそう……ねえ、イッちゃううぅっ」 パイパンのシングルマザーはふしだらに腰を揺らめかせる。負けじと俺も下から激しく突き上げる。まさしくロディオのようなセックスに、互いの性感が急角度に上昇する。「ほうううっ、ああ、すごい、すごい、イクっ、ああ、イクぅっ!」 またしてもシングルマザーがビクビクビクンと女体を痙攣させてアクメを迎えた。しかも、その絶頂は第二波、三波と立て続けに押し寄せて、バツイチのシングルマザーを溺れさせている。「うそぉ……あたし、こんなにイクの、はじめてよ……。恥ずかしいくらいイッてる……」 三十路のシングルマザーは整い過ぎた美貌にパーフェクトボディの持ち主だけに、かつての男たちは挿入しても長続きしなかったのだろう。出会い系サイトのハッピーメールで出会ったセフレとsexした禁忌の思いと、見知らぬ男との交わりが、パイパンのシンママを余計に敏感にさせているのかもしれない。「ねえ、ゆうきくん……千鶴イクの止まらないのぉ……」 子持ちのシングルマザーが凄まじくイキまくる痴態に、俺はあっけにとられながらも、そのあまりに耽美的な風情に煽られている。 ドクンと血が滾り、チンポにその血流が押し寄せ、超高硬度に高ぶるのだ。「千尋さん……僕、もうっ!」 僕の様子に、すぐにシングルマザーも察してくれた。「きてっ! まんこに全部中出ししてっ!」 膣内射精を許された俺は、猛然とスパートを開始した。「くううっ……はあぁぁん、あっああん!」 僕に呼応してキュートなシングルマザーの腰つき、柔臀の揺さぶりも大きくなった。「ひ、くるっ…おおきなのが来ちゃう……ああ、もう……ねえ、ゆうきくんも……」 おんなの嗜みを忘れ、自らにとって一番気持ちが良い部分が擦れるように、細身のシンママの蜂腰が本能のままくねるのだ。 僕もまた自らの最大の欲求を満たすべく、突き上げを烈しくさせた。背筋と腹筋に物を言わせブリッジをするようにして、子持ちのシンママのずぶずぶのまんこを突きまくる。「もっと、激しく……メチャクチャにして……ああ、イクっ……一緒に、一緒にぃっ!!」 ずんッ、ぶぢゅるっ、ぐぢゅッ、ぶちゅッ、ずこッ、かぽっ―。 重い衝撃と共に、激しく膣奥まで抉る。中空にセックスフレンドのシングルマザーの腰を置き去りに、お○んちんが抜け落ちる間際で、今度は持ち上げた尻たぶを重力のままに叩き落す。「はおおぉっ! そうよ、ああ、それすごいっ……おおおん……いいっ、ああ、イクぅっ……イクぅっ~~~!!」 シンママは凄絶な色香を振りまきながら官能を味わい尽くす。射精衝動に捉われた俺は、そんなイキまくるsexフレンドのシングルマザーに魅入られるように、ついに限界に到達した。「でる! ちづるちゃん中出しするよ……うがああああっ!!」 突き上げ運動を止めると、奥歯をぐっと食いしばり、パイパンのシングルマザーのおま○この中に精子をたくさん中出しした。精子を子宮で受け止めるスレンダーなシンママも、何度目かのアクメに打ち上げられる。セックスフレンドのシングルマザーは僕の首筋にヒシとしがみつき、兆しきった表情で妖しく啼き続けるのだった。「はああっ、あおぅぅ……あはあ、あ、あああああああああぁぁぁっ!」 甘美なひと時を、30代のシングルマザーがイキ乱れるのを見つめながら味わう。苦しいほど出会い系サイトのハッピーメールで出会ったセフレのシングルマザーに抱き付かれ、たっぷりと精を放つ満足感。「あぁっ、チヅルちゃんっ!!」 男として得られる幸福の全てを手に入れたかのように、心が躍る。至高の悦びを与えてくれたセフレのシングルマザーの女体を、僕もぎゅっと抱き締めた。 うっとりと美貌を蕩かせたシンママが、逞しさを増した俺を称えるように、その頭を撫でてくれる。貧乳のシングルマザーの官能的な口元が、満足げに微笑んでいた。
 
出会い系サイトハピメでのパイパンのシングルマザーとのオフパコsexのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓















































 
今回スタイルのいいシンママと即オフパコセックス出来た出会い系はハッピーメール(happymail)です。
 
なおハピメを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと今からすぐsexさせてくれる色っぽい女性と出会ってセックスフレンドにしてオフパコセックスできませんので、ハピメに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハッピーメールのような出会系コミュニティで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで分かりやすく説明していますので見てください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハピメは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【PCMAXやれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【PCMAXセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【PCMAXヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【PCMAX体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【PCMAXハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【PCMAXヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【PCMAXやれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【PCMAXセフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.