deaikeitaiken_novel

【PCMAX出会える】三十路の爆乳シングルマザーと中出しsex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
管理人は何時ものごとく出逢い系コミュニティで美人の女性をセフレにして、即ハメエッチにいそしんでいます(^^)
 
さて、今回は即会いできる詐欺でないであいけいアプリのPCMAXで出会った夏目三久似のバツイチ子持ちの三十路の爆乳シングルマザーと兵庫県宝塚市で会ってセフレにして今すぐ即ハメsexをしてきたのですが、ハメ撮り写メがいっぱい撮影できましたのでレポします。
 
※この記事にはエロいエッチのハメどり写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会い系アプリのPCMAXで出会った女性はシングルマザーで、名前はマユミちゃんといい、顔は夏目三久似のどえらい美人でした\(^o^)/
 
出会い系サイトPCMAXでの清楚なシンママのプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトピーシーマックスでの30代のシンママの掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
30代のシンママとは、出逢い系アプリのピーシーマックスで知り合ってラインでやり取りした後、宝塚駅近辺のお洒落な海鮮居酒屋に飲みに行った後エッチしてもOKとのことだったのでいつも通りラブホテルに行ってハメどりセックスをしました。
 
僕とシンママが兵庫県宝塚市の宝塚駅近辺のラブホの部屋に入った。すると早速30代のシングルマザーがシャツのボタンを全部外して、僕のシャツにも手を掛けてくる。「えっ、もうですか?」 もちろん、こんな素敵なシンママだ。sexしたい。しかし、まだラブホテルに入ったばかりだ。今からシングルマザーを抱くなんて考えてもみなかった。 俺の気のなさそうな言葉が、セックスレスのシンママには嫌がっているように聞こえたようで、セックスレスのシングルマザーはたちまち怒りだした。「ゆうきくんは、要するに、あたしとセックスしたくないという訳ね。」「ち、違いますよ。俺だって、真由美さんみたいな美人と、いつだってセックスしたいと思います。でも、のべつ幕なしにエッチして、まゆみさんの仕事が上手くいかなくなったら、申し訳ないから……」「そんなこと、ゆうきくんが申し訳なく思う必要はないわよ。もし、ゆうきくんとセックスのし過ぎで、仕事がだめにになったとしても、あたしは大好きなゆうきくんと楽しめたんだから、それはそれでいいの」「本当ですか?」「何が?」
 
「まゆみちゃんが、僕のことを大好きだっていうこと……」 僕が念を押すように言うと、ニコッと笑ったシンママが言った。「もちろん、本当よ。だって、オチンチンは大きいし、テクニックはあるし、優しいし、彼氏としては勿体ないぐらい素敵なんだもの……」 そこまで言って貰えるなら、男冥利に尽きる。「ああっ、まゆみさん……」 俺は、巨乳のシングルマザーのシャツをはぎ取った。 美形のシンママを立ち上がらせてキスをする。 30代のシングルマザーはすぐさま、半分勃っているチ○コを握りしめてきた。「まゆみさんって、ほんとうにち○ぽが好きなんですね……」 俺が夏目三久似のシンママの耳元で囁いた。「ううん、違うの。あたしが好きなのは、ゆうきくんのち○ちん」「でも、僕のスペルマに、そんな力があるんだったら、多分、真由美さんひとりのおち○ちんにはならないですよ」「あたしのち○こにもなってほしい」「少なくても、今は真由美さんだけのものです」「そうね。夕方までは、ずっとあたしのペ〇スよ」 全裸になった二人はもつれあうようにして、寝室に向かった。俺はシンママと抱き合ったままベッドに倒れ込む。 レース越しの光は、部屋中を白く明るく光らせている。そこにシンママのヌードが浮かび上がる。 シングルマザーのHカップの爆乳のバストは、横になっても型崩れがほとんどない。さっきから見続けているのに、思わず見つめてしまう。「どうしたの……」「やっぱり凄く綺麗なおっぱいだと思って……」「好きにしていいのよ」「うん、好きにする。だから今は、じっくり見ているんです」 清純なシングルマザーのたわわな爆乳の乳房の頂には、広い乳暈とそこから更に盛り上がった二段式の乳首がある。日焼けした巨乳のオッパイの頂点にあるセピア色が、欲求不満なシンママの欲望をより示しているような気がする。 掌に神経を集中させて、じっくりとシングルマザーの爆乳のおっぱい全体に乗せてみる。張りがあって、それでいて搗きたての餅のように、力を入れた指を柔らかく受け止めてくれる。 指の先で乳首を摘まみ、左右に擦ってみる。「あああっ、ゆうきくん、エッチぃ」 そう言いながら、夏目三久似のシングルマザーはさっきからずっと握りしめている俺のチン○ンを扱き始める。「ああっ、真由美ちゃんもセックスだよっ」「なんか、ゆうきくんと一緒にいると、自分がエッチな女でよかったって、凄く思えるの」 出会い系アプリのPCMAXで出会ったセフレと純粋にsexを楽しめる方が、僕にしても当然楽しい。「もっとセックスに揉んでもいいですか?」「エッチな女なんだから、もちろんOKよ」 そう言いながら、俺はセフレのシンママの乳首への攻めをいったん中断し、裾野の筋肉の影響が残っている部分にやや力を込めてマッサージし、量感のある小山を登るにつれて、少しずつ力を弱めていく。「僕の愛撫をたっぷり楽しんでください」 シングルマザーはそこまで対抗するように俺の巨根を扱いていたが、俺が耳元でそう囁いたので、そこから手を外して、より愛撫を満喫しようと仰向けになる。 僕は再度色っぽいシンママの乳首を指を触るか触らないかの感覚で触れ始め、だんだん力を込めていく。「ああっ、おっぱいが熱くなっていく感じがするの……」「気に入ってくれているのかな……」「もちろんよ。もっとおっぱいを気持ちよくして……」 俺は三十路のシンママの勃起した右乳首を摘まむようにして、指の腹で少しずつ力を込めながら擦っていく。 同時に三十路のシングルマザーの左の巨乳のおっぱいには、息を吹きかけ、舌先を伸ばしていく。
 
 セックスレスのシンママの左乳首を咥えた。こりこりにしこったところを、舌と上顎で挟んで扱く。「ああっ、それいいっ、もっと強く吸って……。乳首をかんでもいいわっ」 眉間に皺を寄せて、俺の愛撫を味わっているセフレのシンママが叫んだ。 その言葉に、俺は乳首に軽く歯を立てて、段々力を込めながら擦っていく。「あっ、痛い」「あっ、ごめんなさい」 シンママの艶っぽい声の抗議に、僕は思わず謝る。「違うの。凄くいいの。今ぐらい、痛いぐらいかんで、思いっきり吸って欲しいの。ああっ、お願いっ……」「分かったよ」 爆乳のシングルマザーのマゾっぽいの願いに俺は戸惑った気持ちを感じながらも、強いバキュームと歯での甘がみを繰り返す。「あああああっ」 悩ましげな声が、僕の更なる攻めを引き出す。俺の歯の力が少し増す。「ああっ、おっぱいがジンジンするのぉ……。ああっ、おっぱいだけでイキそうなのぅ……。もっと強くぅ……、もっと吸ってぇ……、もっとコリコリしてぇ……」 夏目三久激似のシングルマザーは喘ぎながら、股間をもじもじさせ始めている。 僕はスリムなシンママの爆乳のオッパイに気持ちを集中させながらも、広げられた股間に指を伸ばした。 セフレのシンママのま○こはすっかり濡れそぼり、軽くこすっただけで、僕の指先はすっかりラブジュースまみれになる。僕はセックスレスのシンママのマンコを気にしながらも、乳首攻めに余念がない。「ああっ、おっぱいが蕩けそうなの……、いいのぉ、ゆうきくん、おっぱい弄るの、うますぎるぅ……。おっぱいだけでこんなに気持ちよくなったの初めてなのぉ……、ああっ、ダメっ」 シングルマザーは遂に身体を反らせて、大きく震えた。本イキだった。 僕は、爆乳のシングルマザーのクリを弄ったり、挿入したりしてでは何度もイッたのを見ていたが、爆乳のおっぱいだけでこんなになるのは初めて見た。 僕はセフレのシングルマザーが落ち着くのを待ち、呼吸が整ったところでまた乳首への攻めを再開する。今後はセフレのシンママの右乳首を歯で攻め、左乳首を指で擦る。「ああっ、ダメッ、またイクーっ」 今度は幾ばくの時間も経っていなかった。まだ頂点から下りきっていないところでの爆乳のおっぱい攻撃。その連続技に、セックスフレンドのシンママはアクメの高地を漂い続ける。(下も攻めれば、もっと凄いことになりそう……) 再度シングルマザーの股間に手をやると、指に絡みつく熱いマン汁を感じる。俺は指先がべたべたになるのが、自分への勲章のように思え、更に巨乳のオッパイへの愛撫に熱が入る。「ああっ、ああっ、あああん……」 夏目三久似のシンママは気持ちが良すぎるのか、よがり声だけで言葉にならない。とうの昔に僕への愛撫は放棄して、自分の快感だけを受け止めている。(よし、下も攻めて、もっと狂わせてやろう……) 僕も興奮して、チン○ンはさっきから充血しっぱなしである。それにもかかわらず、頭の中は冷静だった。思った以上に、シングルマザーのこと全部が見えている。 今、僕が思うのは、どうすればセックスレスのシングルマザーを、更なる高みに押し上げられるかである。 自分の全能力を使って、これまで見せてきた痴態を上回るsexフレンドのシンママの絶頂を見たい。 そのためには、すっかり熱気を帯びたシンママの身体をどう演奏すればいいか。 巨乳のオッパイの愛撫は舌先だけにして、指はシングルマザーのまんこを攻めるために使用する。 指先の動きを慎重に見定め、神経を集中させる。舌は機械的に乳首を舐っているが、僕の気持ちはもうそこにはない。 すでに出会い系アプリのPCマックスで出会ったセフレのおまんこは何度も愛撫しているから、その勝手は分かっている。シンママだけあって、肉芽も中も敏感だ。 まずはシングルマザーのお○んこの周辺に指を置き、ピアノタッチでそこを優しくノックする。その位置を少しずつ中心に向かって動かしていくと、すぐに行きつくのが肉芽だ。 その豆はすっかり充血して、既に小豆大にまで大きくなっている。そこも軽くノックする。「ああっ、ああん」 爆乳のオッパイ愛撫だけでは、もうほとんど声が出なくなっていたsexフレンドのシンママは、新たな声を上げ、身体を震わせる。(もうイッた……?) 巨乳のバストだけで何度もイカされているのだから、もっと感度の高い小陰唇を攻められればイチコロなのは当然なのだが、女性経験が豊富とは言えない僕にとっては、新鮮な感動が胸に広がる。「ああっ、そこを、もっと……、ああっ」 アクメを更に延長させたいのか、三十路のシンママから要求も出る。「おっぱいはもういいですか……」
 
「おっぱいも、もっと虐めて。おっぱいもマンコも両方虐めて……」 セフレのシングルマザーは欲深いおねだりをしてきた。「両方されるのが好きなんだ。元カレが、そんな風にしてくれたの?」「あああっ、こんな風にしてくれる人なんか、ああっ、居なかった……」「そうか、分かった。自慰でしょ。おなにーの時は自分でおっぱいとおま○こと両方弄っていたんだよね……」「ああっ、そ、そんなことない……」 シンママは図星だったようだ。「じゃあ、リクエストに応えるよ」 再度セフレのシングルマザーの乳首を口に含み、歯を立てて甘がみする。並行してまんこに触れた指を小刻みに動かしてやる。「あああっ、それっ、あああっ」 セフレのシンママは自分の要求が満たされたことを感じて、悦びのよがり声を上げる。 俺の指先のねちょねちょはどんどん多くなり、既にシーツに垂れ始めている。(これは、またクンニしなけりゃな……) 僕は乳首愛撫を止めて、セックスレスのシンママの足を大きく開かせる。セックスレスのシンママのオマンコは、どこもかしこも濡れ濡れで、光を反射してキラキラ輝いている。「大洪水だよ」 指でオマンコをぱっくり開いて、中まで確認する。「ああっ、分かっているけど……、ああっ、こんな気持ち良かったら……」 シングルマザーの恥ずかしがる姿が可愛い。(こんな恥じらい方もすることがあるんだ……) 抱けば抱くほど、マユミさんの新たな側面が見えてくるような気がする。「スケベなまんこでございますって、書いてあるよ……」「ああっ、そんなこと書いてないもん……」 舌足らずの響きが心地よい。「マユミのスケベなおまんこのおつゆ飲んでください、って頼んでみてよ」「そんなこと言えないもん」「言ってくれなきゃ、もうsexもしないよ」「ああっ、そういう風にして年上を虐めるぅ……」「だって、まゆみさん、凄い可愛いから」「本当? だったら言う……。ああっ、真由美のす、スケベなおめこのおつゆ、の、飲んでください……。ああっ、言っちゃったあ」 夏目三久似のシングルマザーは言い終わるなり、顔を両手で隠していやいやとかぶりを振る。足も閉じようとするが、そこは僕が許さない。「ありがとう、じゃあ、いただきまーす」 俺は、湧き出ている泉に舌を這わす。舌を丸めて受け止めるようにすると、そこに垂れたものが溜まっていく。「ああっ、何しているの……」 積極的に吸おうとしない僕に、不安になったセフレのシンママが問いただす。 受け止めた液をゴクリと飲んだ僕は答えた。「漏れた液を飲んだんだ。これから積極的に吸って飲むからね」「ああああーっ」 期待と恥ずかしさとが混じりあった声を聞きながら、俺はセフレのシンママのおま○こに唇を密着させ、勢いよく吸引する。中に溜まったぬめり汁を根こそぎ啜り上げる勢いだ。「凄いバキュームでっ、あ、あっ、気持ち良すぎるぅぅぅ!」 清楚なシングルマザーの腰が浮き上がる。その押し付けられた腰に合わせるように、舌先をおめこにねじ込み舐りまわす。「ああっ、凄いっ、凄いのぉ……、ああっ、僕くーん……」 舌を動かすたびに、シングルマザーの腰がぶるぶる震える。尋常じゃないよがりように、俺の舌は勇気を貰い、ますます激しく吸引してしまう。「マ○コの中で、舌がぐるぐる回されて、ンああああっ、おかしくなりそう……」「おかしくなってくださあーい。あああっ、真弓ちゃんのsexな姿を見せてっ」「あああっ、そんなっ……」
 
 俺は清楚なシングルマザーの陰核も並行して攻める。舌を膣穴に入れたまま、鼻先で一番敏感なところをくすぐるのだ。それは、スタイルのいいシンママを更なる爆発に導いた。「あっ、それっ、ダメッ、ダメなのぉ……っ。まゆみ、また、イッちゃうううぅぅぅぅ」 膣での絶頂が収まらないうちの陰核での大波。シングルマザーは、大きく身体をのけ反らせ、腰を突き上げる。すがりついている俺を吹き飛ばす勢いだ。「あああああっっっ……、イクぅぅぅ……」シンママは声をあらん限りに出して、悦楽の深さを叫んでいる。 俺はシングルマザーの欲深い性感を納得しながら見ている。清楚なシングルマザーが落ち着くまでは、もう何もできなかった。 しかし、愛撫を止めれば、いつまでも興奮が続くはずもない。清純なシンママはだんだん落ち着いてきて、現実が見えるようになってきた。 そんなシングルマザーに俺は尋ねる。「入れたい?」「あっ……、はい……」 アクメに晒され続けたためか、ひどく従順になったシングルマザーは、恥ずかしげに微笑んだ。「マユミちゃん、だったら、痴女として、しっかりおねだりしてくれなきゃ……」「あああん、sexに言わなければいけないんですね」 僕が頷くと、覚悟を決めたセックスフレンドのシンママは起き上がって、ベッドの上に正座した。「まゆみのぐちょぐちょのマンコに、ゆうきくんのデカマラを突っ込んで、たっぷりヒーヒー言わせて、天国に送ってください……。こ、これでいいですか?」「マユミさん、凄いよ。でも、その感じだと、中出ししちゃいけないんだね」 俺がダメだしするように言うと、顔を真っ赤にした清楚なシングルマザーは、半分拗ねたように言う。「全く、セフレの女をこんなにメロメロにして……。中出ししてくれなきゃ、嫌に決まっているじゃないですか……」 シングルマザーはそう言いながら、膝立ちになると、僕の上に身体を投げ出してきた。 僕が仰向けに倒されると、シングルマザーは、居ても立っても居られない様子で、すっかり硬化したオチ○チンを握りしめてくる。「僕のちんちん、自分から入れるんだ」 シンママは、その言葉を待っていたかのように、俺の身体に跨り、オチ○チンをつかまえてその位置を確認する。そこに向かってセフレのシングルマザーは腰を下ろしてきた。 チ○コの切っ先が今までたっぷりクンニしていた肉ビラに当たる。それを感じたセックスレスのシンママのそこがプリッと動き、次の瞬間には、何のためらいもなくま○この中に収められていく。「あああっ、やっぱり、ゆうきくんのおちんちんが凄いの……、大きくて、硬くて」 そう言いながら、シンママは腰を下ろす。僕のチンポがメリメリと分け入っていくのが見えるのが、俺をますます興奮させる。「どう、自分から入れた感想は……?」 がっちり中まで収まり、腰を落とした夏目三久似のシングルマザーに尋ねる。「あっ、あっ、最高よ。どんどん馴染んで、どんどん気持ちよくなっていくの。ああっ、まゆみのオマンコの中で、ゆうきくんのがヒクヒクいってる、この感じがたまらない……」 シングルマザーは、腰をゆるゆるとグラインドさせる。「ねえ、マユミさん。僕のペ〇スが上げマラじゃあなくて、下げマラだったとしても、こんなことしてたかな……?」「そ、そんなこと、言える訳ないでしょ、ああっ、で、でもっ、やっぱり凄いのっ」「そんなに気持ちがいいなら、俺が下げチンだったとしても、まゆみちゃんは僕を選んだと思うな」 僕はそう言いながら、強い締め付けに抗いながら、腰を突き上げた。「あっ、そんなことされたら、子宮が潰れちゃう……」 色っぽいシングルマザーは狂ったように叫ぶ。「じゃあ、もう、動くの止めようか……?」「止めないでっ、ゆうきくんも動いて、シンママをもっと気持ちよくさせてぇーっ」 シングルマザーの叫びは切羽詰まったような悲鳴だった。「でも、マユミさんが動いてくれないと、俺だけじゃあ無理だ……よっ」「あああぁん、あたしも動くから、ゆうきくんも動いてっ」 二人は、ともに快感を求めあうように、腰をグラインドさせ始めた。 二人の動きが微妙にずれて、それが快感を増幅する。動くたびに欲求不満なシンママの締め付けの力が微妙に変わり、チンポも蕩けるように気持ちが良い。奇麗なシンママの柔らかなお○んこが真綿のようにオチンチンに絡みつくところがシンママの真骨頂なのだろう。「ああっ、凄い気持ちがいいよっ。ああっ、ずっと僕のおめこにしたい……」
 
「も、もちろんですぅ。セックスレスのシングルマザーのま○こは、ああっ、ずっとゆうきくんのものよっ」 上下運動が少しずつ激しくなり、Hカップの爆乳の乳房が上下に揺れる。「くちゅ、くちゅ、くちゅっ」 摩擦音がだんだん大きくなる。「ああっ、あっ、あっ、あっ、あああっ、気持ちいいのっ……なんで、こんなに……」 脈動が擦れるたびに、シングルマザーが快感の声を出す。 セックスレスのシングルマザーは自分が上下に動きながら、快感を貪る。というよりも気持ちが良すぎて、もう膝のバネが働かない様子だ。「そんなんでダメになっていたら、真由美さんの名折れだよ。さあ、手を床についてもいいから、頑張って!」 僕は自分が爆乳のシンママのコーチであるかのように、声をかける。「あああん、が、頑張りますぅ……」 後ろ手で支えることで、夏目三久激似のシンママは腰の動きを再開できた。眉間に皺を寄せ、必死で快感に流されないように止まりながら腰をうねらせる。 そこを俺は、セックスフレンドのシンママの動きに抗うように下から必死に突き上げる。(このシンママを、自分の言いなりにさせたい……) そんな黒い欲望が湧き上がってくる。 かわゆいシングルマザーのの身体が宙に浮き、また落ちては僕の股間に当たる。「くちゅ、くちゅ」という摩擦音がいつの間にか、「ぱしっ、ぱしっ」という衝突音に変わっている。僕はその乾いた軽い音にさらに力を得て、更に突き上げに力を込める。「ああっ、ダメぇ、そ、そんなにされたらぁ、清楚なシンママが、壊れてしまいますぅ……」「だ、大丈夫だよっ、音を上げないでっ」「でも、ああっ、無理っ。そんな、ああっ」 清楚なシングルマザーは半泣きの声で、遂には僕の身体の上に突っ伏した。チンチンは、セフレのシンママの一番奥に突き刺さったままピクピク脈動している。爆乳のシンママの身体もそれに操られるようにピクピク動いている。 爆竹が爆発するような快感の連続攻撃に、セフレのシンママはもう耐えられなくなっていた。 そんなかわいいシンママのひたすら可愛さだけが感じられる。「と、とっても気持ちがいいの……」 シンママは幼児がしゃべるような口調で訴えてくる。その可愛さに、俺は下から清純なシングルマザーを抱きしめる。 爆乳のオッパイが自分の胸に密着した。かわいらしいシンママの美貌を両手で押さえ、唇を寄せてやると、吸い付いてきた。 僕はもう腰を動かしていなかった。動かしてスペルマを注ぐことよりも、長い時間つながって、シンママの中を感じていたかった。 しかし、アラサーのシンママはキスをすると積極的に舌を絡め、唾液を混ぜ合わせることに専念する。その動きに呼応するように、清純なシンママはまた自らの腰を振り始める。 その振動で、僕の胸に密着した乳首が更にチ○チンし、男の張った胸をくすぐる。「まゆみは、壊れるって言っていなかった?」「壊れそうですぅ……。で、でも、こうやっていると、ああっ、気持ち良さがずっと続いて……」 シングルマザーの恍惚とした表情は、エロスを超越したような清らかさすら感じられた。 実際は、シングルマザーの一番奥で、もうこれ以上結びつけないというほどの強さでお互いがつながっている。シンママの子宮は、僕のちんこで持ち上げられているのだ。「いっぱい入っている。ああっ、凄いのぉ、こんなのないのぉ……」 細身のシングルマザーの腰はもう止まることがなかった。むしろ、さっきよりも積極的かもしれない。それを刺激するように、俺もまた腰を突いてやる。「ああっ、いいのぉ、子宮が、子宮が震えるのぉ……」「ああっ、僕もっ、ああっ、イキそうだよ……」「ああっ、それなら、あたしを厳しくお仕置きするようにして、イッてください。女性上位でイカせるなんて、それはダメなの……」 シンママはいつの間にか、持ち前のマゾっ気を全開にしていた。「分かった。じゃあ、いけない真弓さんをお仕置きするために、獣のように犯してやる」「ああっ、お、お願いしますぅ」 シンママの声が期待で震えている。 食い込んでいるちんちんを何とか外すと、清楚なシンママは四つん這いになり、尻を突き出した。「本当に悪い女は、こうやってお仕置きすべきかな」
 
 欲求不満なシンママの丸く盛り上がった尻朶を、俺はパンと張った。「ああっ、嬉しい。いけない清純なシングルマザーをもっとお仕置きしてください」「ふふ、マユミちゃんて、本当に変態なんだな……」 そう言いながら、俺は何度か細身のシンママの尻朶を軽くスパンキングする。そのまま流れるように、叩かれたことを悦び震えるシンママの腰をつかまえると、寸前まで反対向きで入っていたオチンチンを、後ろから陰唇にあてがった。そのまま一気に押し込んでやる。「ああっ、来てるぅ。ああっ、いいのぉ……」 シンママの声を聞きながら、一番奥まで突き入れると、僕は、そこを捏ね回すように自分の腰をグラインドさせる。「あああっ、凄いぃ……っ、ああっ、ゆうきくんが、あたしの中で……、ああああっ」「こういうお仕置きで満足できる?」「あああっ、大満足ですぅ……。いけないマユミは、俺さまに後ろからお仕置きで犯されていますぅ……」 セフレのシンママの喜悦の声が僕の興奮も誘う。「じゃあ、もっと厳しくズコズコするぞ」「ああっ、凄いのぉ、気持ち良すぎて、死んじゃいそう……」「気持ちよくて死ねるなら、本望だね!」 シングルマザーの発達した腰をしっかり押さえ、ガンガンと突き込みを続ける。「イクぅ、イクッ、シングルマザー、またイッちゃうのぉ……」 既に何度も絶頂を迎えているセフレのシンママが、また新たな絶頂を迎えて、おまんこを痙攣させながら、俺のオ○ンチンを締め付けてくる。 こうされると、シンママの興奮が俺にもダイレクトに伝わらずにはいられない。「ああっ、マユミちゃんっ、僕もイキそうだよっ」「ああっ、う、嬉しい。俺さん、あたしと一緒にイキましょう……」 シングルマザーの驚くような、圧倒的な色気だった。 僕は膝を浮かして腰を上げ、両手で振り子のように揺れ動く爆乳のおっぱいをつかまえる。そこをぎゅっと握りしめ、掌にも力を込めながら腰を使う。「あーっ、凄いよっ、まゆみさん、最高だよお」 俺は、セフレのシングルマザーの色気の熱気に染まり、尋常ではなくなっていた。快感を貪りつくすように、膣壁を抉る。「ああっ、あたしーっ、もうダメぇーっ、イクぅ、イク、イクぅ……」 突き込むたびに粘り汁が漏れ出し、飛沫が飛び散ってシーツを濡らす。 信じられないほどの快感が、俺の限界を呼び覚ましていた。「中出ししていいんだね……、俺も限界だよっ」「も、もちろんよっ、中出しして頂戴……」 僕のピストンが、放精するための大胆なものに変わった。チンポが外に大きく晒され、また奥まで一気に叩き込まれる。美形のシンママのおま○こも、その変化に鋭く対応して、うねりを持ってちん○んを締め付けてくる。 俺はもう何も考えていなかった。快感に頭が麻痺して、ただただ、本能のまま腰を動かすだけだ。「イクぅ、イクぅ……、何で、こんなに気持ちいいのぉ……、あっ、あっ、あっ、ああっ、もう駄目ーッ」 シンママの興奮もどんどん上がり、最後は絶叫でまんこを急に締めた。「ああっ、出るぞーっ」 僕も興奮の雄叫びを放ち、それと同時に我慢していた精嚢のコックを緩めた。 尿道を精子が勢いよく走り抜ける。次の瞬間僕が「イッて、いいの?中に出していいの?」と言いながら清純なシングルマザーのオマンコの中にザーメンをたくさん中出しした。「ああっ、イクーっ……、あたしの子宮が、僕さんのザーメンでまた染められるの……」 細身のシンママは譫言のようにつぶやく。 アクメの大波に攫われたシングルマザーの様子をしっかり確認しながら、僕も膝をついて、悶絶していた。
 
出会い系サイトピーシーマックスでのセックスフレンドのシングルマザーとのはめ撮りエッチのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓

















































 
今回スタイルのいいシンママと今すぐオフパコエッチ出来た出会い系はピーシーマックスです。
 
なおピーシーマックスを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと今からすぐsexできる可愛らしい女性と出会ってsexフレンドにしてただまんsexできませんので、PCマックスに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
PCMAXのような出合い系アプリで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで詳細に解説していますので見てください。
 
⇒出会い系サイトPCMAXの詳細はこちら
 
※PCMAXは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【PCMAXやれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【PCMAXセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【PCMAXヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【PCMAX体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【PCMAXハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【PCMAXヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【PCMAXやれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【PCMAXセフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.