deaikeitaiken_novel

【出会い系セフレ】清楚な巨乳女子アナとハメ撮りsexで中出し

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
自分は相も変わらず出会系コミュで色っぽい女性をセックスフレンドにして、ただまんセックスに励んでいます(*^^*)
 
さて、今回は即出会いできる詐欺でない出会系コミュのハピメで出会った仲間由紀恵似の清楚な巨乳女子アナと静岡県袋井市で会ってセフレにして今すぐオフパコ中出しsexをしてきたのですが、ハメ撮り写メが沢山撮れましたので報告します。
 
※この記事には過激なセックスのハメ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会い系マッチングサイトのハッピーメールで出会った女は女子アナで、名前は野乃花さんといい、顔は仲間由紀恵似の超美人でした((^┰^))
 
出会い系サイトハッピーメール(happymail)でのスタイルのいい女子アナのプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトハッピーメールでのセックスフレンドの女子アナの掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
セフレの女子アナとは、出会系コミュニティのハッピーメールで知り合ってLINEでやり取りした後、袋井駅近くの高級串カツ居酒屋に飲みに行った後ホテルOKとのことだったのでいつも通りラブホに行って即ハメセックスをしました。
 
俺とセフレの女子アナが静岡県袋井市の袋井駅周辺のラブホテルの部屋に入った。至近距離に近づいた巨乳の女子アナの美貌に、俺は疲れなどすぐに忘れてしまった。 能天気にそんなことを考えながらスレンダーな女子アナの瞳の奥を覗きこむ。「大丈夫です、大丈夫……。ああ、それにしても野々花ちゃんの瞳って、すごく綺麗です」「まあ、ゆうきさんったら……」 近づきすぎたことを恥じるように、女子アナがポッとほおを赤らめる。けれど、何を思ったのかセフレの女子アナはさらに距離を近づけ、俺の胸元に、その豊かな巨乳のオッパイを擦れさせた。「うふふ。ゆうきさん。そんなに熱い視線で見られたら、ののか、たまらなくなってしまいます」 そっと僕の太ももにスタイルのいい女子アナの掌が載せられる。熱い体温がスラックス越しに感じられると、一気に体中の血液が股間へと集中しはじめる。「ああん。相変わらず、すごい! すぐに、ここ膨らむのですね」
 
 太ももをやわらかく撫でていたビッチな女子アナの手が、ゆっくりとズボンのテントに向かってくる。「そ、それは、あんまりノノカちゃんが、魅力的なせいで……」「はい。気が付いていました。ゆうきさんの目が野乃花のおっぱいやお尻ばかり見ていること……。だからののかもたまらなくなって……」 硬く強張るチンチンに、ねっとりと掌がまとわりつき、やさしく擦りあげてくれる。「ぐふううっ。な、野々花ちゃん……」 勃起させてはいても、ズボンが邪魔でその快楽はもどかしいものにしかならない。「うふふ。ののかにおしゃぶりしてほしいのですか? それとも今日は、ののかをご所望になります?」 女子アナの淫靡な表現に、思わず瞑っていた瞼をハッと開けると、漆黒の大きな黒曜石が煙るように妖しく濡れていた。「僕に野乃花ちゃんのアワビを御馳走してくれるのですか? それは、どんなふうに御馳走になっても構わないのですよね?」 別段、僕にどう料理しようとの算段がある訳ではない。正直、俺に、テクニックも何もないのだ。 清純な女子アナの言い回しをふざけ半分に、少しばかり変えたに過ぎない。けれど、その効果は絶大で、巨乳の女子アナの人一倍の美貌が、まるで茹でられでもしたかのように赤く上気して、色っぽいことこの上ない表情を晒してくれた。 はじめは、からかい半分冗談半分かとも思われたが、巨乳の女子アナの様子では本気で相手をしてくれるつもりかもしれない。「いやらしい言い方……。野々花のアワビだなんて……。それをどうご馳走して欲しいのですか?」 セフレの女子アナはクスクス笑いながら、なおも指を膨らんだズボン前にあてがったまま、そこをやわらかく押してくる。「どうって……。アワビだから口に含んで……それから……舌で洗って……。生のコリコリした具を味わいたいです」 sex経験がなくとも、AVくらいは見たことがある。人一倍、女性に興味があったがために、研究したこともある。どうすれば女性を悦ばせられるか、必死で知識を呼び起こし、そのまま言葉に表現した。「ノノカのま○こを舐めてしまうの? ゆうきさんって本当にスケベ……。でも、ごめんなさい。今は、それはちょっと……。シャワーも浴びていないので……。その代り、ノノカがゆうきさんに初体験をさせてあげます」 至近距離にあったきれいな女子アナの女体が、さらにしなだれかかり、僕にその軽い体重を預けてくる。スタイルのいい女子アナの紅く色づいた唇が甘い吐息を吐きながらゆっくりと近づき、俺の唇をちゅちゅっと掠めていった。「ノノカさん!」 腕の中にある仲間由紀恵似の女子アナの女体の体温とやわらかな存在が、それが夢ではないと告げている。「本当にノノカでいいのですよね? 」 普段の巨乳の女子アナの凛とした落ち着きから、恐らくは、セックスフレンドの女子アナが自分より年下であろうと想像はしていた。けれど、セックスフレンドの女子アナの若々しい肢体は、決してアラサーには見えない。「俺、うれしいです。野乃花さんのような美人が、僕の相手をしてくれるなんて……。野乃花ちゃんこそいいのですか? 俺なんて、いいところなしですよ。半人前の上に、背が低くて、小太りで……。」 まとわりつく女子アナの豊麗な女体の心地よさが、抱えてきたコンプレックスを吐き出させてくれる。女子アナの背中におずおずと回した手指を肌の上に滑らせると、恐ろしく滑らかな絹肌がびくびくんと妖しい反応を示した。「あぁんっ……。笑わないでくださいね。野々花、とっても敏感な方なので……。ゆうきさんがコンプレックスでいっぱいなのと同じように、野々花は感じやすいことがコンプレックスなのです」 背筋の性感帯をいとも容易く探り当てられ、女子アナは艶めいたリアクションを奔放に見せてくれる。巨乳の女子アナは引き締まった女体を悩ましくくねらせながら、僕のベルトを外しにかかる。「ゆうきさんはイケメンじゃないけれど、決して醜いわけではありません。ぽっちゃりとしているところも、なんだか可愛らしいし……。うふふ。好意も抱いていない男に、ノノカはこんなふうに肌を触らせるようなおんなではありませんよ」 巨乳の女子アナのノーブルな美貌がとろんと蕩け出すと、凄まじく色っぽい。見るものをうっとりさせずにはおかない麗しさと官能味を備えている。 女子アナの言葉には、誠実さと愛情の階らしきものが覗ける。上手く育てれば、深い愛へと育つことが予感される新芽が息吹いていることを。 俺のどこをどう気に入ってもらえたのかはともかく、出会い系サイトのハピメで出会って間もないうちに、フェ○チオ奉仕をしたのは、巨乳の女子アナに自分への好意が少なからずあったからに相違ない。(ののかさんと愛を育みたい。願わくは、上手く育つことを……) 美形の女子アナにズボンを脱がされている間中、俺は心底願っていた。
 
「ああ、やっぱり、ゆうきさんのチンチン、大きい……。こんなに大きなものを野乃花はまんこに迎え入れるのですね……」 ラブホの空気をぶるんと震わせるほど、勢いよく飛び出したち○ぽは、早くもギンギンにオチ○チンしている。 チ○ポに絡みつく太い血管が禍々しいまでに浮き上がり、我ながら高圧的で醜いと感じる。「僕のオ○ンチンに怯えないでくださいね。怖くありませんから……」 不安を口にすると、それが杞憂だとばかりに、セフレの女子アナのやさしい微笑みがかえってきた。「大丈夫ですよ。ゆうきさんは、安心してノノカに任せてください」 巨乳の女子アナは言いながら膝立ちして自らのパレオの中に手指を挿し入れる。 巨乳の女子アナの腰に食い込んだ黄色いスキン紐に指先をくぐらせると、少しはにかむような表情を露わにしながらも、するりとビキニのパンツを脱いでいく。 肝心な部分は、カラフルなパレオに隠されているものの女子アナが下腹部を露わにさせたのだ。 太ももを通過させたビキニパンツを立ち膝のまま順にくぐらせる女子アナを俺は瞬きすら忘れて視姦した。「ノノカさん……」 ごくりと生唾を呑みこむ俺に、準備のできた20代の女子アナがまたもにじり寄る。 白昼夢でも見るかの如く呆然と見つめる俺の胸元を、女子アナがやさしく押した。 その場に仰向けになれというのだろう。 逆らうことなく、綺麗な女子アナに促されるままに、ゆっくりと上体を板の間に倒した。 ヤリモクの女子アナの手により露わにされたおちん○んが誇らしげに天を突く。その太ももの上に、巨乳の女子アナが跨ってくるのだ。「ののかちゃん……」「はじめてだから、ノノカが上でいいですよね? 教えてあげたいのです。おんながどれほどいいものか……」 見惚れるばかりの俺は、口をあんぐりと開いたまま、ぶんぶんと首を振る。「うれしいです……野乃花ちゃんのような女性が俺の初めての人になってくれるなんて……野々花さん……僕、ぼくぅ」 しかし、それ以上は、言葉にならなかった。40歳にもなってと我ながら情けなく思えても、緊張と興奮にどうにもならない。「野乃花もうれしいです。ゆうきさんとこうなれること……」 女子アナは大きな瞳をキラキラと潤ませて、熱っぽく言葉を口にする。女子アナはそっと腰を浮かせ、自らのま○こが俺のち○ぽと交わる位置に寄せてくる。 けれど、僕の角度からは、相変わらずパレオが邪魔をして肝心なところが視姦できない。「あの、ののかさん。パレオが邪魔で見えません……。僕と野乃花さんがつながるところを見たいです」 欲望をそのまま口にすると、巨乳の女子アナが美貌を真っ赤にさせた。「見たいのですか? どうしても野乃花のオマンコを見たいのですね……。仕方のないゆうきさん……。本当にスケベなのだから……」 困ったような口調ながら、女子アナは瞳を妖しく潤ませ、下唇をセクシーに舐める。 明らかに発情を露わにさせるクールビューティは、やはりひどく美しい。「承知しました。見せてあげます……」 小さく頷いた女子アナが、僕の望みを叶えるべく腰布の結び目に手指を運ぶ。巨乳の女子アナの白魚のような指先は、少し震えている。女子アナは大人のおんなを演じていても、やはり緊張は隠せない。それでもスリムな女子アナの指先は容易く結び目を解き、思い切ったようにそのままパラオをどけてくれた。「ほら、ここよ。ここにゆうきさんの大きなチンコが挿入るの……」 明かされた巨乳の女子アナのオ○ンコに引き込まれるように、僕は頭を起こして覗きこむ。 縦にざっくりと刻まれたま○こ。その両端を飾る可憐な肉花も、その内部の目にも鮮やかなサーモンピンクも何もかもが目に入る。「ああ、見られてしまいましたね……野乃花の秘密を……濡れているでしょう……僕ゆうきさんを迎え入れると想像するだけで、こんなになってしまいました……」 恥ずかしげに告白しながらセックスフレンドの女子アナの右手と左手の中指が膣口の両側にあてがわれる。巨乳の女子アナはぐいっと肉割れをくつろげ、新鮮な赤みを帯びた粘膜を奥まで露わにし、おんなの発情臭をむんむんと立ち昇らせるのだ。「俺ゆうきさんだから見せてあげるのですよ……こんな恥ずかしいこと、一度もしたことありません……本当にゆうきさんだからです……」 茹でられたかと思うほど美貌を赤くして、巨乳の女子アナが嫣然と微笑んだ。「な、ののかさん……きれいだぁ……!」 その言葉は、心からの本音だった。僕は女性のおまんこを覗くのははじめてではない。 正直、どんなに美しい女性であっても、ともするとオマンコはちょっぴり醜いと感じることが少なくない。けれど、女子アナのおま○こは、お世辞抜きで美しく可憐に思えた。 セフレの女子アナは年上ぶっている割に、鮮烈なおまんこは使い込まれていない印象だ。 清楚なまんこを飾る花菖蒲が、肉のはみ出しも少なくきれいに左右対称であるからそう感じるのかもしれない。
 
「ああん、ゆうきさんったら、お世辞なんていりません。もう挿入れちゃいますね」 まじまじと視姦されることが辛くなったのだろう。女子アナは内ももをプルプルと震わせながら掠れ声も震わせている。 俺がうんと頷くのを見て、細身の女子アナは細腰を引くと、痛々しいまでに膨らんだおちん○んにほっそりとした指を巻きつけてくる。「ああ、こんなに大きなものが挿入ってくるのですね……」 清純な女子アナの声が掠れているのは、興奮もあるらしい。大きな瞳を妖しく潤ませているのが何よりの証だ。 20代の女子アナの細く長い人差し指が、灼熱の膨張をなぞるようにくすぐってくる。甘い愉悦に思わずビクッと跳ねさせたチンポをなおも優しく包み込む清純な女子アナの掌が、二度三度とやわらかく握り締めてくる。 途端に、動悸が激しくなり、オチ○チンにもドクッドクッと脈打たせてしまう。油断すると、今にも精子をほとばしらせてしまいそうだ。「あうっ、な、ノノカさん!」 左手を僕の太ももに置き、軽い体重を支えながら巨乳の女子アナの膣口に亀頭の先端が当たるように照準を定めている。 女子アナの細腰がゆっくりと沈みはじめ、チ○ポの切っ先とまんことの距離が刻々と縮んでいく。スローモーションのような長い瞬間が過ぎると、ついに先端が入り口に触れた。「ああ、すごいわっ……ゆうきさんの……熱いチンポ……男の人って、こんなに熱かったかしら……女子アナ、溶かされちゃう……!」「ノノカさんのオマンコも熱い! ヌルヌル、ヌメヌメなのに、すごく熱いです!」 にちゅっと触れた瞬間から亀頭部とまんこは互いの体温を交換し、粘膜と粘膜を融合させていく。「おおおおおっ! 僕のちんぽがののかさんのおま○こにあたっています。このまま挿入るのですね。僕、ノノカちゃんの膣中に挿入るのですね……!」 ちんちんとかオ○ンコと表現する余裕もなく、興奮にまかせ淫語ばかりが口を突く。待ちわびた瞬間を震えた声で実況するとsexフレンドの女子アナも興奮を淫語で伝えてくれる。「そうです。ノノカのマ○コにゆうきさんのおち○ちんが挿入るのです……。ああっ、ノノカ、俺ゆうきさんのおんなにしてもらえるのですね……」 ぎらついた目で見つめる俺に、女子アナのおまんこが反応したのかムギュッと収縮をする。溢れ出た淫液がタラーッと降り注ぎ亀頭にまぶされる。その時を待っていたかのように、巨乳の女子アナがゆっくりと美尻を落とした。「あふぅんっ!」 くちゅりと淫靡な水音が立ち、硬いオチン○ンの端を女子アナのオ○ンコが呑み込んでいく。けれど、大きくエラの張った亀頭部を容易には呑みこめないらしく、女子アナはあえかに開いた朱唇を切なげにわななかせている。「ああっ、ゆうきさんの大きい……っ!」 艶めかしく呻いてから女子アナは、それでも意を決したように蜂腰を落としてくる。 ズポッと亀頭部が嵌まると、後は勢いでズブズブズブッと垂直にチ○チンを咥え込んでいく。巨乳の女子アナの狭いまんこでオチンチンをたまらなく締め付けながら奥へ奥へと受け入れてくれる。 まるで葛湯でも塗りつけたビロードにおち○ちんを磨かれているような、適度なざらつきもあって凄まじい快感が押し寄せる。それでいて、スリムな女子アナのオ○ンコにやわらかく包まれながら舐めまわされているような甘く狂おしい愉悦。未知の快楽に、チン○ンが蕩け堕ちてしまいそうだ。「ぐふううううぅ……。ぅああっ。やばい、野乃花ちゃん、気持ちよすぎです!」 喜悦を叫ぶ僕に、ヤリモクの女子アナは嫣然と微笑む。けれど、女子アナの方も、余裕などなさそうなのは明白だ。おちん○んの胴回りと長さに艶臀が震えている。おちん○んのあまりの質量に膣襞が驚いたのか、ヤリマンの女子アナのマ○コがきゅっと淫らな収縮がはじまっている。「あうううっ、す、すごいのっ。野乃花のオマ○コ、拡がっちゃうぅ……」 仲間由紀恵激似の女子アナはもはや敬語を使う余裕もなく、豊麗な女体を小刻みに震わせている。 多量に吹き零した粘り汁が潤滑油となっているらしく、女子アナに痛みはなさそうだ。けれど、それがかえって押し寄せる官能を息がつまるほど味わう結果となるらしい。 極太チン○ンにみっしりと満たされる充溢感、奥の奥を押し開かれているような重い愉悦。快感を甘受しやすい女子アナの性神経は、その能力を余すところなく全開にして、女子アナを快美な蜜戯に溺れさせていく。 俺にも、清楚な女子アナが本気で感じているのだと気づいたほどだ。「あううっ……やっぱり、すごい……ゆうきさん、なんてすごいの……挿入するだけで、イキそうになるなんて……感じやすいノノカでもこんなのはじめて……」 細身の女子アナは朱唇から呻吟を漏らし、眉根を寄せて苦悶の脂汗を滲ませている。 亀頭のふくらみ、エラの張り具合、そして血管でごつごつとしたペニスの感触。その一部始終をおまんこで覚え込もうとするように、女子アナは妖しく身を揺らしながらなおも腰を落としていく。 一ミリ沈ませるごとに、清楚な女子アナの鼻にかかった喘ぎが甲高く尾を引いている。「うふぅんっ……はううっ……あ、ああああぁぁぁっ」 俺もまた未知の衝撃に狼狽しつつも、その驚愕はすぐに甘美なものへと化学変化を起こし、凄まじいまでの悦楽を味わわされている。出会い系サイトのハッピーメール(happymail)で出会ったおんなというものが、エッチこれほどまでにいいものだとは、想像を遥かに超えていた。 
 
「ああん、ゆうきさん、まだダメ。腰を動かしたりしちゃぁダメぇ……」 真っ赤な顔でされるがままでいた俺が、あまりの快感に引き締まった腰を思わず揺らしたのを20代の女子アナに咎められた。「待って……もう少し……あとちょっとで全部挿入るから……」 美貌をふるふると左右に振りながらヤリモクの女子アナが両膝を蟹足に折った。美尻がその高さをさらに落とし、僕のチンポをずぶんっと根元まで呑み込んだ。巨乳の女子アナは俺の前に迫り出したお腹に両手を置き、全体重を預けるように腰をおろしたのだ。「はうううぅぅっ!」 ヤリマンの女子アナがはしたない喘ぎをあげたのは、切っ先がコツンと底を突いた手応えを感じた瞬間だった。女子アナのマンコの最奥に、野太いチンチンの切っ先が到達したらしい。「と、届いちゃってるの……野々花の子宮に、ゆうきさんのちんぽ届いてるぅ……」 sexフレンドの女子アナは細腰をキュッと捩り喜悦をやり過ごそうとする。「ああ、熱いわ……マンコに火棒を突っ込まれたよう……。でもそれがたまらないの。じんわりとお腹の底を温められているみたいで……。ああ、本当に熱い」 まるで僕の勃起お○んちんの熱をお腹から吐き出そうとでもするかのように、可愛い女子アナは甘い吐息を小出しに吐き出していく。すると、巨乳の女子アナはようやく身体の内側から緩みはじめたらしく、食い締めるようなおま○この力が和らいだ。並外れた僕のオ○ンチンに、女子アナのおめこが馴染んだのだろう。「ああ、野々花ちゃんの膣中に、全部挿入ったのですね。僕のペニスが全部!」 知識として、おまんこの柔軟さは承知している。ここを赤ちゃんが通過してくるのだから、それなりの弾力があってしかるべきだ。その一方で、女子アナの楚々としたマンコを眼にした時、とても俺の巨根など受け入れてもらえそうにないと思っていた。それだけに、驚きと感動が胸に込み上げる。同時に、sexさせてくれたセフレの女子アナに、溢れんばかりの愛情が湧きだしていた。 愛は、突然にして生まれることがある。 その切っ掛けは人それぞれだ。しかも、どのような切っ掛けで生まれたにせよ、その相手を慈しむ想いは、どれも等しく尊いものに違いない。「俺、ついに素人童貞を卒業したのですね。それも野乃花ちゃんほどの美人が僕の初めての人だなんて……」「そうよ。俺ゆうきさんとののかはひとつになれました。うふふ。素人童貞卒業おめでとうございます」 女子アナの上体が倒れてきて、うっとりした表情が感激冷めやらぬ僕の顔に近づく。あらためて向き合うと、紅潮したほおをつやつやさせた女子アナの美しさに、さらに愛しさが込み上げた。「あん、ゆうきさん、なんて可愛い表情をしているの……ゆうきさんっ」 言っている女子アナの方がよほどカワイイ。その美しい貌が僕の唇に、数回チュチュッとキスをして、ぷるんとした感触と甘さを味わわせてくれる。 しかも、その間じゅう、猛り荒ぶる勃起ちんちんの熱を鎮めようと、女子アナは精一杯やさしく濡れおめこで包み込んでくれるのだ。「ねえ、我慢できなくなったら中出ししてね。ムリしないでいいから……」 ゆったりと上体を持ち上げた女子アナが、やさしく許してくれた。「本当にいいのですか? 中出ししたりしても……」 中出しのリスクは承知している。だからこそ、男の責任として女子アナを慮った。「ええ。いまは安全な時期だから……。せっかくの初体験なのだし、ゆうきさんには中出しさせてあげたいの……」 仲間由紀恵激似の女子アナの思いやりのある言葉に、すっかり骨抜きにされた僕は大きく頷いた。「ののかさん。ありがとう……。ああ、ねえ、もう一つだけ、僕の望みを叶えさせてもらえませんか?」 俺のお願いに、女子アナがやさしく美貌を傾げる。「野乃花さんのおっぱいを生で……。ビキニを外してもらえませんか?」 思い切って望みを告げると、またしても女子アナはほおを真っ赤にさせた。「もう。ゆうきさんのすけべ……。承知しました。野乃花のおっぱいを御所望なのね」女子アナは照れ隠しにおどけた表情で、承知してくれる。ヤリマンの女子アナののしなやかな両腕が、すっと自らの背中に回されると、背筋のビキニの結び目を手際よく解いてしまった。 巨乳の女子アナの豊かな巨乳のおっぱいが、惜しげもなくその全容を晒してくれる。 押さえつけるものが失われ、そうでなくても大きかった巨乳の乳房がさらにひとまわり膨張した印象だ。 支えをなくし、その重さに女子アナの巨乳のおっぱいが左右に流れていく。それもつかの間、小ぶりのメロンほどもありそうな美しい巨乳の乳房が、やわらかそうにふるるるんと揺れた。
 
 それも、清純な女子アナの巨乳の乳房はただ大きいばかりでなく、シミひとつない美肌で形成されている上に、小麦色に焼けた肌がそこだけ白く、悩ましいことこの上ない。 清楚な女子アナの乳首と乳暈は純ピンクで、小ぢんまりした印象だ。「うおおおおおおっ!」 それを見た瞬間、俺は感動のあまり雄叫びを上げてしまった。心臓が激しく鼓動を打ち息苦しくなる。 女子アナのまんこに包まれたままのおち○ちんが引き攣り、嘶くのを抑えられない。 それほどまでに見事で、美しい巨乳のおっぱいなのだ。「ノノカさん。触ってもいいですか? 触りたいです!」 男の興奮をとことん誘う巨乳の女子アナの巨乳のオッパイのフォルムに、ただ見ているだけではいられなくなる。たまらず僕は、仲間由紀恵激似の女子アナの返事も聴かぬうちに、その魅惑的な巨乳のオッパイを下から掬った。「あんっ!」 指先が触れただけでも、セックスフレンドの女子アナはびくんと女体を震わせる。いきなりの狼藉に、奇麗な女子アナは女体を強張らせていても、巨乳のおっぱいのやわらかさだけは変わらない。俺の指の容にふにょんと凹みながらも、ヤリマンの女子アナの巨乳のバストの心地よい手触りの反発が返ってきた。 これまでにも巨乳のオッパイがんのしこりを探り、何度か巨乳のおっぱいには触れている。けれど、ここまであからさまに掌に収めたことはなく、その感触を味わわせてもらった経験もない。「おっぱいってこんなにやわらかかったのですね……。ああ、そして、こんなに弾力があったのですね!」 素晴らしいのは、セフレの女子アナの巨乳のおっぱいのやわらかさや反発ばかりではない。乳肌の滑らかさ、吸い付くようなしっとりとした肌触り。仲間由紀恵激似の女子アナの温もりも伝わってきて、俺の手指ばかりか心までも吸い寄せて離さない。「肌の滑らかさも凄いです。触っている俺の掌が蕩けちゃいそうです」「ああん。ゆうきさんの手つき、いやらしい……。そんなふうに触られたら、おっぱいも敏感になっちゃう……」 色っぽい女子アナは細腰を捩じらせて身悶える。その頂点に位置する乳首が、にわかにしこりを帯びはじめる。 巨乳の女子アナの絹肌のあちこちにぽつぽつと汗粒が浮き出しはじめ、褐色のヴィーナスが輝いていく。すでにラブホテルの部屋は、サウナ風呂にも等しい熱気となっている。そればかりではなく、やはり女子アナは恥じらいと官能にその素肌を火照らせているのだ。 俺の掌に包み込んだままの巨乳の乳房から、トクン、トクンと微かに鼓動が伝わってきて、それが徐々に早まっていくのが判った。「はああぁぁ……っ」 瞼を閉じて顔を横に向けたまま女子アナが熱く息を吐いた。掌の中、やわらかく踊る巨乳のオッパイを慎重に揉み潰したからだ。 指先が清楚な女子アナの巨乳のオッパイに埋まるたび、薄く朱に染まった巨乳のおっぱいが、指と指の間から行き場を失ってひり出される。「あふううぅっ……んんっ、あ、ああっ。どうしよう、おっぱいが熱いっ……。ああ、ねえ、感じるのぉ……あはぁ~」 女子アナの半開きになったままの朱唇が、奔放に艶めいた喘ぎ声を漏らしている。恐らくは、初めての俺に、聴かせてくれるつもりなのだろう。「あんっ、うふんっ……ああん、もうだめっ。野々花、我慢できない……」 清純な女子アナは胸元から沸き起こる甘い愉悦に負けたらしく、くんと蜂腰が蠢いた。 身悶えた腰つきが、そのままムチで打たれたかのように前後運動に変化する。 ぐちゅんと勃起チ○ポがひり出されては、ぬぷぬぷぷっと呑み込まれる動き。 一気に俺の性感も高まっていく。セフレの女子アナ同様に僕の肌も火照っている。それも肌という肌がドロドロに溶けそうなほど体温が上昇し、脳みそが沸騰している感じだ。粉々に理性が砕け、中出しの欲求ばかりが頭を占めている。「ぐはあああっ、な、野乃花さんダメです。そ、そんなあぁ……」 突如はじまった律動に、俺はぐっと奥歯を食いしばった。そうでもしなければ、打ち漏らしてしまいそうだ。「ごめんなさい。もう我慢できないの……。くふうっ、も、もう野乃花、イッてしまいそう……あぅ、あぁ、こんなに、ふしだらな野乃花を軽蔑しないでね……」 仲間由紀恵似の女子アナは切なげに啼きながら、お腹をうねらせ蜂腰を前後させる。甲高く喘ぐセフレの女子アナの腰つきに、なす術もなく僕は翻弄されていく。 もっと、この瞬間を味わっていたい気持ちはやまやまだが、込み上げる射精感に、我知らず僕も腰を突き上げていた。 本能に任せた初めての律動は、どこかギクシャクとしてスムーズなものではない。けれど、ありったけの情熱と愛情が込められている。「ノノカさん……おおっ、野々花さん~~っ!」 熱く美人の女子アナの名を呼び、ズンズンと腰を突き上げる。単純な抽送だが、仲間由紀恵似の女子アナの熟れた肉体は快美だった。「ああ、いいっ!。ねえ、いいのぉ……もっと……ねえ、もっとしてぇッ!」 魅惑的な求めに応じ、僕は突き上げを早める。官能的に謳いあげるセフレの女子アナの艶声がスタッカートに跳ねるほど激しく律動させるのだ。 くねるようなsexフレンドの女子アナの腰つきも、さらに速度を増している。
 
「ああ、イクぅ……野々花、イッちゃうぅ……。ゆうきさんのちんぽで、セフレの女子アナ、恥をかきますうぅ~~っ!」 ふいにスタイルのいい女子アナの艶やかな女体がこちら側に倒れ込み、俺の体をべったりと覆った。 女子アナの大きな巨乳のオッパイが胸板にひしゃげ、左右にひり出される。 肩にしがみついたヤリモクの女子アナの指が爪を立てる。僕が尻を浮かせ、しきりに突き上げるからだ。「あうううっ、は、激しい……。だめぇ、響く……響くのぉ……あはん! 野乃花、子宮を突かれて、イッちゃうぅ!」 スタイルのいい女子アナの女体のあちこちがびくびくんと派手な痙攣をはじめている。 絶頂の波がついに女子アナに押し寄せたのだ。「イクっ! ああ、イクぅっ!」 セフレの女子アナのの息を吹きかけられ、俺の瞼の裏で七色の光がチカチカと乱舞している。 経験したことのない悦びが、全身に沁み渡り、爆発のエネルギーを蓄えていく。 もどかしいような、やるせないような快感が射精衝動へと収斂して、決壊寸前にまで皺袋に蓄積された。「俺もです。野乃花さん。俺もイクっ。ああ、ノノカさんっ!」「きてっ! お願い……ののかにゆうきさんのザーメンを……いっぱい中出ししてぇ~~っ!」 濡れた瞳でセフレの女子アナが中出しを求める。むぎゅりと首筋にすがりつかれ、清楚な女子アナは力いっぱい絡みついてくる。 僕もまた射精に向かい、鋭い抽送を繰り返す。 充血したちんちんで女子アナのおまんこを貫き、勢いよく抜き出しては、また埋め込む。「あっ、あっ、ああっ! イクッ、またイクぅ~~……っ!」「でる、でますッ、ノノカさん~~っ!」 女子アナの女体が何度目かの絶頂の波に浚われたと同時に、ついに僕も引き金を引いた。 俺が「むうっ、出すぞっ出すぞっ!おおおおうううっ!」と言いながらセフレの女子アナのおまんこの中にザーメンを大量に中出しした。「あふッ、き、きてる……熱い精子……ああ、僕ゆうきさんっ……んふぅぅっ、ん、んん!」 女子アナにぎっちりと抱きすくめられたまま、ぬかるんだ女畝の隅々にまでザーメンを中出しする悦び。全身が熔けていくような快感に、意識が真っ白になっていく。 スリムな女子アナの抱き心地のよい女体を俺からもしっかりと抱きしめ、鈴口を深い位置に擦りつけ、なおも精子を注いだ。「気持ちいいですっ、ののかちゃんのまんこが僕のザーメンを吸い出してくれます」「だって、ゆうきさんのスペルマ熱くて、いっぱいで、すごく満たされるの……。ああ、いいわ……もっと、もっとください」 巨乳の女子アナは啜り泣きをこぼしながら熟れた肉体のあちこちが、ビクビクッと痙攣を繰り返している。僕の射精発作も初体験の興奮もあってか、なかなか収まろうとしない。 溜め続けた精液を一気に吐き出したのだから、それもやむを得ないだろう。しかも、どんな男も羨むような出会い系サイトのハピメで出会ったセフレの女子アナに中出しを許されたのだから、体液のすべてを精子に変えてでも打ち尽くさなければ、もったいないと思える。「あぁ、こんなに? こんなにたくさんなの? 本当に、凄すぎるわ……」 お腹がザーメンで、いっぱいに膨れていくような感覚に巨乳の女子アナはあるのだろうか。巨乳の女子アナは自らの手で下腹部を摩っている。「野々花さんっ!……あぁ、まだ、まだでちゃいそうです!」「いいですよ……中出ししてください!いっぱい精子だしてぇっ」 なおも女体を上下に揺すられ、女子アナがエクスタシーに呑みこまれる。ただでさえ敏感な女体は連続絶頂に堕ちたらしく、sexフレンドの女子アナは甘美な高波が引かないようだ。 夥しい中出しに、溺れまくる巨乳の女子アナの巨乳のオッパイを熱っぽく俺は絞り上げ、残る最後の一滴まで中出しした。
 
出会い系サイトハピメでの巨乳の女子アナとのオフパコsexのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓















































 
今回ヤリマンの女子アナと今からすぐタダマンセックス出来た出会い系はハッピーメールです。
 
なおハッピーメール(happymail)を利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないとすぐsexさせてくれる綺麗な女の子と出会ってセックスフレンドにして即ハメセックスできませんので、ハッピーメールに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハッピーメールのようなであいけいSNSで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで具体例を示しながら解説していますので見てください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハピメは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.