deaikeitaiken_novel

【ハッピーメールヤリモク】欲求不満の爆乳奥さんと不倫セックス

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
私は日々出会い系コミュニティできれいな女性漁りをして、ハメ撮りエッチにいそしんでいます\(^o^)/
 
さて、今回は知り合えるサクラ無し出会系マッチングサイトのハピメで出会った秋元優里似の欲求不満の爆乳奥さんと広島県廿日市市で会ってセフレにして即タダマン不倫セックスをしてきたのですが、ハメどり写メが多く撮れましたのでレポートします。
 
※この記事にはエロいセックスのハメどり写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会い系SNSのハッピーメール(happymail)で出会った女性は奥さまで、名前は彩香ちゃんといい、顔は秋元優里似の物凄く美人でした(^▽^)
 
出会い系サイトハッピーメールでの清楚な奥様のプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトハッピーメールでのsexフレンドの奥様の掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
セックスレスの奥さんとは、出合い系サイトのハッピーメールで知り合ってラインでやり取りした後、廿日市駅周辺の高級フレンチレストランに食事に行った後ホテルOKとのことだったのでいつも通りラブホに行ってハメどりセックスをしました。
 
俺と専業主婦が広島県廿日市市の廿日市駅周辺のラブホテルの部屋に入った。新婚の美人妻のタイトなグレーのワンピースは、際どいミニ丈で太ももの半ばあたりまでしかない。セフレの主婦は、思い切りよくその裾からまくり上げ、腕を交叉させるようにして、すっぽりと全てを脱ぎ捨てる。さらには、新婚の若妻は黒いパンティストッキングも脱ぎ捨て、深紅の下着だけの姿となった。 呆気にとられる内に晒された、三十路の奥さまの破壊力抜群の悩殺ボディ。 ムダな脂肪などすっきりと落しているにもかかわらず、ムンと女が匂い立つほどに熟れきって、現役グラビアアイドルですら本気で羨むようなド派手なメリハリによって、俺を懊悩させる。 瀟洒な刺繍の施されたブラジャーに包まれた美形の主婦の推定Hカップの爆乳のおっぱいは、攻撃的なまでにずっしりと重く実り、マッシブな質感は軽く身じろぎするだけでもユッサ、ユッサと悩殺的に揺れている。 なのに、セックスフレンドの人妻の流れるようなボディラインは、ふくらみを越えた途端にキュッと細くくびれ、熟れによる丸みだけを残しながら砂時計の如く絞り込まれている。 さらに、そこから続く奥様の腰つきがまたたまらない。 婀娜っぽくも急激に左右に貼り出し、安産型の骨盤の広さに、中臀筋も魅惑的に発達し、85センチを越えようかというほどのボリュームなのだ。 さらに俺の視線の先にある若妻の太ももは、悩ましくムチムチと豊かに肉感を伝え、急激に細くなって美脚として流れている。 セフレの奥さんのの腰部には、申し訳程度に薄布が一枚張り付いているばかりで、ムチムチした太ももや若鮎のようなふくらはぎが惜しげもなく晒されていた。 小股の切れ上がったいいおんなと昔の人は言ったが、まさしく秋元優里似の人妻は、そんな足先までもが美しいおんなだった。「あ、あの……」 奥さんの凄まじい女体を前にして、ただ呆気にとられている俺。何か声にしなければならないと思うのだが、言葉が一つも浮かばない。「罪滅ぼしに、ゆうきくんにおんなを教えてあげるわ……」 さらに俺の頭を真っ白にさせる囁きが振りかけられる。「私が初めての相手で文句ないわよね……。私のおっぱいに顔を埋めたいって思ってくれていたのでしょう?」 いかにも新婚の主婦らしい口調で俺を誘惑してくるが、その実クールな美貌は真っ赤に火照らせている。 もしかすると、爆乳の若妻は見かけほどはクールでもないのかもと、ようやく僕は思い当たった。「で、でもサヤカさん。ご主人は……」 決して奥様が奥さんであることが不満であるわけではない。むしろスリムな奥さんが人妻であることに、僕は付加価値的な魅力を感じている。それでも聞かずにいられないのは、奥さんの立場を慮ってのことだ。「夫のことは心配しないで……。あんな浮気ばかりしてる奴……。いくら遠く離れているからって、私のことを放りっぱなし。私にはもう何の関心もないみたいよ……」 爆乳の若妻の切れ長の美しい目に、わずかばかり翳りが差した。 いくら強がりばかり言っていても、やはりアラサーの奥さまは寂しいのだと、ふいに理解できた。 途端に、アラサーの人妻が可愛らしく思え、同時に愛しさが湧き上がる。「あの……。僕でよければ、紗香ちゃんの寂しさを埋めさせてください。サヤカさんほど美しい人に寂しい想いをさせたくないのです」 込み上げる真摯な想いを口にすると、清楚な若妻の整った美貌が甘く蕩けた。「もう。ゆうきくんったら……。誘惑しているのは彩香なんだぞ。生意気な奴!」 言いながら両腕を拡げた人妻が立膝になって、僕の頭をむぎゅりと抱きしめてくれた。 俺のスケベな願望が突如として叶ったのだ。「彩香さん……」 やわらかく、ふかふかふわふわの物体が、まともに僕の顔を覆い尽くす。 若妻の噎せかえるほどの甘酸っぱい芳香は、谷間に篭る汗の匂いか。相当に大きな人妻の爆乳のおっぱいは、断熱素材のように熱を孕み、得も言われぬ香りの熱風を篭らせているのだ。 僕を誘惑するふしだらな自分に、主婦は半ば恥じらい、半ば背筋をゾクゾクさせて、その肌を火照らせているに違いない。「おおおお、おっぱい! 紗香さんのおっぱい、で、でかくて、やらかいぃっ!」 アラサーの奥さんの乳膚を未だハーフカップの深紅のブラジャーが覆っているにもかかわらず、僕は興奮をかき立てられずにいられない。 sexフレンドの若妻が腕にむぎゅっと力を入れるたび、豊乳がたっぷたっぷとダイナミックに揺れる。内側に満たした脂肪の量をアピールするかの如く、丸みの中で寄せては返す肉の漣を走らせ、そのたまらない蠢動で俺を籠絡してくれる。
 
「あ、あん。ゆうきくんのペ〇ス、サヤカのお腹に当たって……なにこの大きさ、ここまで欲情してしまったの?」 若妻の指摘通り、生まれて初めて貌を埋めた巨乳のおっぱいの素晴らしい風合いに、すぐにでも射精してしまいそうなほど俺のオ○ンチンは勃起していた。「こんなに堅くして、ひどく辛そう……。いいわ、彩香が楽にしてあげる」 いわば三十路の若妻のせいでこれほど勃起しているというのに、善意の第三者のようなセフレの奥さんの口調が癪に障る。とは言え、主婦が与えてくれる悦びを、もはや拒否などできるはずがない。 俺は大人しく首を縦に振り、巨乳の専業主婦の次なる淫らな振舞いを待ちわびた。「堅くならなくいてもいいのよ。リラックスして。気持ちよくなっていればそれでいいから」 ほおを赤く染めたsexフレンドの美人妻は、僕をやさしく畳の上に仰向けにさせると、自らは俺の太ももの間に、美貌を埋めるように陣どった。「うふふ、すごく元気。期待しちゃっているのね……」 うれしそうな表情で清純な主婦が、僕の股間に手を伸ばしてくる。器用な手つきでジーンズのファスナーを降ろすのだ。「ああ、さやかさん……」 慣れた手つきでボタンも外され、秋元優里激似の主婦の細い指がジーンズと僕の腰の間に指しこまれた。「ほら、腰を浮かせて……」 三十路の主婦にやさしく促された通りにすると、パンツごと一気にズボンを脱がされた。 ぶるんと飛び出たお○んちんは、恐るべき熱気を孕んでいた。主婦の爆乳のオッパイに溺れていただけに、切っ先からエラにかけてまで先走り汁でベトベトになっている。「ああ、すごいのね……。ガマン汁でべとべと……。うふふ、男の子の匂いがいっぱいねっ」 我慢汁と呼ぶあたり、やはりセフレの若妻は人妻である。けれど口調とは裏腹に、セックスレスの人妻のアルトの声は、愛しい人に媚びるかのように甘く響いている。「臭くありませんか? は、恥ずかしいです……」 不潔にしていたつもりはないが、ぷんと饐えた匂いが俺の鼻にも届いた。「うううん。気にしなくていいわ。男の子の匂いは元気な証拠よ。新陳代謝が活発だから……」「すみません。まだシャワーを浴びる前だったもので……」 未だ一日の汚れを纏っているだけに、清楚な専業主婦に嫌われないかと気が気ではない。「本当に大丈夫よ。むしろ興奮しちゃう! 男性のチン○ンを眼にするのは久しぶりだもの……。結婚してから夫以外の人とこんなHなことをするの初めてだし……」 改めてセフレの奥さんたち夫婦が、セックスレスの状態にあることを暗示された。さらには、sexフレンドの専業主婦が夫を裏切るのも初めてであると聞いて、少し意外に思った。 奥さまほどの美人なら、様々な男から言い寄られることも少なくないはず。にもかかわらず浮気性の夫を裏切ることなく、貞節を守ってきたことが驚きだった。 もちろん、セックスレスの奥さまをビッチのように見ていた訳ではない。けれど、普段の言動が言動なだけに、浮いた話の一つや二つは当然あるものと思っていたのだ。(だったら、どうして僕なんかの相手を……) ふいに疑問がよぎったが、何となくそれは訊かずにおいた。 セックスフレンドの人妻の気まぐれか、気の迷いなのか、はたまたその言葉通り、罪滅ぼしのつもりなのか。 けれど、その真意はどうあれ、いまこの瞬間、セフレの若妻が僕の初めての相手となるその事実が大切なのであり、それ以上詮索する必要などないと思えるのだ。 ただし、セックスレスにある人妻が、自らの魅力を見失っているのだとすれば、それを取り戻させてあげるのは、僕がいまやらなければならない義務である。「サヤカさんは魅力的です。最高にセクシーで、こんなに素敵な奥さんを持つご主人が羨ましいくらいなのに……。僕にはご主人の気がしれません!」 心からの本音をそのまま伝えると、はにかむように可愛らしい奥様が微笑んだ。ふっと強い目力が緩められ、長い睫毛が伏せられた。「ゆうきくん、うれしいわ……。私が君を男にしてあげると同時に、私は君におんなを思い出させてもらえるのね……。お礼に、いっぱい気持ちよくしてあげる」 おもむろに、アラサーの主婦がポケットから薄い包みを取り出した。用意周到、ゴムを持ってきたらしい。そういった衛生意識からも、やはり新婚の奥様が奥様であり、大人のおんなだと知れる。 歯先にそれを咥えると、つっと手指で引っ張りビニールの包装を破った。「これを被せれば、匂いも恥ずかしくなくなるわ……」 新婚の奥さんは丸められたコンドームの入り口をち○ちんに被せ、器用な手つきでチンポ全体に覆わせていく。「こんなに大きなお○んちん……ゆうきくんは罪作りね……」 準備の整ったお○んちんを繊細な手指がゆっくりと、ひと擦りふた擦りした。ちん○んにほおずりせんばかりの手コキに、ぞくぞくと性の波が湧き起こる。「ぐわぁっ……さやかさん、そ、そんなことをされたら……」
 
 人妻のやわらかい掌に包まれ、やさしく握り締められ、ゆっくりとスライドされて、俺はこれまで味わったことのない快楽に目を白黒させた。「はぁぁ……。本当にすごいのね。仕事柄、何本もチ○コを見てきたけれど、ゆうきくんほどのものは見たことがないわ……。ゴツゴツして、熱くて、すごい膨張率で……もうこれは凶器よ……」 実際、ちんぽが破けそうなほどの勃起力に、亀頭部が艶光している。「こんなに大きなのを受け入れたら、どうなってしまうのかしら……。いやだわ。興奮しちゃう!」 なまじ頭の回転がよく、想像力にも富んでいるため、秋元優里似の奥さまには僕のオチ○チンが挿入された自分を想像できてしまうのだろう。 理知的な眼差しが艶やかに潤み、途方もない色香をたたている。「あううっ。おおっ、ぐふうううっ」 耐え切れず俺が喘ぎを漏らすと、それがうれしいとばかりに若妻が杏のような口唇をあんぐりと開かせてチ○コに近づいてくる。三十路の主婦の純白の歯列に透明な糸が引いていた。(ああ、彩香さんが、僕のオチ○チンを咥えてくれる……) 人妻のやわらかな唇粘膜が、ゴムつきの亀頭部分を挟み込む。人妻の窄められた朱唇が、ぴちゅんと鈴口にディープキッスされた。「ふぐうううううっ!」 男の咆哮をあげる俺を、巨乳の若妻は艶めいた上目づかいが見つめてくる。「うふふ、ゆうきくん、敏感……。たっぷりと溜まっているせいね……。体によくないよ……」 かわいらしい若妻の艶冶な眼差しが、長い睫毛にふっと隠れる。再び朱唇が舞い戻り、今度はエラ部分まで口腔に導いてくれた。 人妻のほっそりした手指が付け根に絡みつき、やさしくしごかれる。セフレの専業主婦の空いたもう一方の手指は、皺袋をやわらかく揉みながら、伸ばした手指で蟻の門渡りまで丁寧に刺激してくれる。「ぐうぉっ! さやかさん、ああ、それっ! さ、最高に、気持ちいいっ!」 たまらず僕は、スタイルのいい若妻のミディアムロングの髪の中に手指を挿し入れた。「お○にーよりも、ずっと気持ちいいでしょ?」 僕の反応を確かめながら、ぷちゅん、くちゅんと亀頭部を舐めてくるため、30代の若妻に性感帯を知られ、殊更にそこを刺激されてしまう。「ああん、それにしてもゆうきくんのチン○ンすごいわぁ……ぶちゅるるる……顎が外れてしまいそう……ずちゅ、ずるる……けど、大きくしてくれるのうれしい……」 主婦の生暖かい口腔の感触が、吸いつけたり、くすぐったり、レロレロと舐め転がしたりと甲斐甲斐しくも丁寧に奉仕してくれる。「うぐうううっ。ふぐううぅっ。お、おおおっ! さやかちゃん!!」 僕は、絶え間なく押し寄せる悦楽を、目を瞑り必死で耐えた。美味しそうにチ○ポを咥える爆乳の主婦を見てしまうとビジュアル的にも昂ぶってしまい、容易く果ててしまいそうになるからだ。(彩香さんのいやらしいご奉仕、もっとしてもらいたい! そのためにはできるだけ長く堪えなくては……!) 幸いなことに、薄いコンドームが俺を長らえさせてくれる。もしゴムが装着されていなければ、興奮と快楽でとうに発射していただろう。「ああん、ゆうきくんの匂いと気持ちよさそうな反応に、彩香も本気になってしまいそう……」 秋元優里激似の人妻の肉体は、おんな盛りの貪婪さを具現したかのよう。ナイスバディから、男を虜にしてやまないエロフェロモンが濃密に放たれている。「あん。濡れてきたわ……。大人のおんなをここまで本気にさせるなんて、本当に罪作りな人ね……」 艶っぽい吐息をふりまきフェラしてくれているのが、本当にあの専業主婦なのであろうか。淫らな幻夢を見ているようで、僕は薄目を開けて確かめた。 肩先に垂れかかるライトブラウンの髪をゆらめかせ、セクシーな真紅の唇を動かしながら、股間で奥様が情熱的に奉仕している。俺の太ももにしなだれかかり、冴えた美貌を上げ下げして、丁寧にフェラしてくれているのは、まぎれもなくあの30代の奥さんだ。「ああ、もうだめ……。身体が熱く火照るの……」 ちんこに絡まっていた手指がふいに遠ざかると、人妻は自らの白い背筋に腕を運んだ。 深紅のブラジャーを外そうというのだ。 寒かったはずの部屋は、ふたりが放つ性熱のせいで室温が上がっている。いつの間にか、僕も汗ばんでいるほどだ。 なるほど肌が火照るとはこういうことを言うのだろう。「うほおおおっ! サヤカさんのおっぱい! きれいだぁ……」 ぶるんと部屋の空気を切り裂かんばかりにこぼれ落ちた迫力たっぷりの爆乳のオッパイを、俺は感嘆の声と共に本音で誉めそやす。「いやあねえ。そんなに見ないで、本当は恥ずかしいの……。こんなにも大きな爆乳のオッパイ、みっともないでしょう……? 肩も凝るし、本当にいいことないのよ……」 恐らくその言葉は、爆乳の奥さんの本音なのだろう。幾分のコンプレックスも含まれているのかもしれない。 おんなの誇りであるはずの爆乳のバストも、これほど巨大では、デメリットも大きいはずだ。 男たちの疎ましい視線を散々浴びるであろうし、その重さを支えるだけでも苦労が忍ばれる。 専業主婦にとっては、厄介なふくらみでしかないのかもしれない。 けれど、俺にとっては、美しくも欲望の対象であり、憧れの象徴とも言える。自分は、それほどのおっぱい星人と思っていなかったが、秋元優里似の奥さんの巨乳のおっぱいを目の前にして言葉もないほど感動していて、やはりおんなの巨乳のおっぱいには敵わないと素直にシャッポを脱いでしまう。
 
「絶対にそんなことありません。紗香ちゃんのおっぱい、超きれいです。確かに大き過ぎて不恰好なおっぱいも、あるにはあるでしょうけど、さやかさんのおっぱいは違います。美しくって、清楚で……なのにすごくいやらしい感じ……」 清純な若妻の爆乳のオッパイはほどよい大きさの桃色乳輪の中央に、やや大ぶりな乳芽が、ぶりんと実った印象で飛び出している。それが男を誘うようで、卑猥に感じられるのだ。「いやだ、恥ずかしいこと言わないで……。いやらしいだなんて……気にしちゃうじゃない!」 ほおを赤らめた主婦が、羞恥を隠すようにまたしても勃起を咥えてきた。それも、大きく張り出した逆ハート形の見事なお尻を左右に揺らせながらだ。「ねえ、ゆうきくん。さやかの身体、触ってもいいわよ……。触りたくて、うずうずしているのでしょう?」 口腔内で昂ぶるちんぽから、sexフレンドの主婦に自分の欲求が伝わったらしい。 やさしく許してくれた30代の人妻に頷きかけながら、僕は恐る恐る白い裸身へと手を伸ばした。 なめらかな背筋に両掌をあてると、秋元優里激似の若妻の女体がビクンと震えた。奔放な振舞をしていても、そこにはやはり奥さんとしての恥じらいや矜持、貞淑が息吹いているのかもしれない。「うわあぁ、なめらかな肌……。すごくすべすべしています……」 昂ぶる思いを懸命に宥め、俺は背筋にゆっくりと手指を這わせる。 本当に触れたいのは、そこではない。あくまで本命は四つん這いになって紡錘形に容を変えた爆乳のおっぱいだ。けれど、さすがにそこにいきなり触れる勇気がなく、若妻の背筋を撫で摩るのだ。「んんっ。そうよ。上手ぅ……。おんなを感じさせたいのなら、まずは女体の中心から遠い所を順に……。焦らないで……。大切なものを扱うつもりで……」 爆乳の美人妻の巨乳のおっぱいに触れなかった初手を図らずも褒められ、内心で苦笑しながらも僕は、欲求不満な奥様の教えを胸に刻んだ。「ありがとうございます。僕、紗香ちゃんがどうすれば気持ちよくなれるのか知りたいから、いっぱい教えてください」 若妻に素直に教えを乞い、全くの初体験なのだから、教えられることをそのまま実行すればいいのだと、自分に言い聞かせる。「大丈夫よ。ゆうきくん、器用だから、そっちの方もすぐに上手になれるわ……。本来なら背筋から身体の側面や首筋とか、デコルテラインをゆっくりと愛撫すべきだけれど、ゆうきくんはいま爆乳の胸に触りたいのでしょう? いいわよ。サヤカも爆乳のバスト触って欲しいから……」 僕を甘やかせてくれるセックスフレンドの若妻のやさしさが身に沁みる。しかも、セフレの若妻のフェラ○オは、俺を促すように熱を帯びてくる。喉奥にチンポのほとんどを導きつつ、根元を手指で締め付けてくるのだ。「ぐはあああっ! ああ、さやかちゃん……っ!」 思いの丈をぶつけるように、片手を秋元優里激似の人妻の胸元に運んだ。温かくてとろけそうな肉丘の感触がたまらない。すぐに両手でスレンダーな人妻の爆乳のおっぱいをつかみ、握りしめた。「さやかさん……ああ、最高です。これが生のおっぱいの感触なのですね!」 セフレの主婦のとろみ感たっぷりの爆乳の胸が、掌にまとわりつくようにブルンブルンと揺れている。 巨乳の乳房特有のその官能的な触り心地に、ただ触っているだけではすぐに物足りなくなり、我を忘れて揉みはじめる。 途端に、やわらかいばかりであった爆乳の奥様の爆乳のおっぱいが、意外なほどの弾力と反発で掌の中に、弾んで踊る。 その凄まじい揉み心地に、なおも揉みしだかずにはいられない。「あふん、んっ、んふぅ……ん、んんっ……」 初めてなだけに、ぎこちなくも荒々しい愛撫だったが、次第に清純な奥様の鼻腔からこぼれる吐息は熱くなった。「いいです。さやかちゃんのフェラ! おっぱいも最高です!」「ああ、ゆうきくんもいいわ。爆乳のバスト気持ちいいっ。好きよゆうきくん。ウフン。可愛い君が好きっ」 欲情にほおを艶めかせセックスレスの人妻が、想いを告げてくれた。 飛び上がるほど素直にうれしい反面、美形の奥さんであるだけにひと時ばかりの情事となりそうで、寂しさも感じる。 それだけにこの瞬間が永遠となることを願わずにいられない。 ロマンチストというか、乙女チックというか、女々しいというか、普段はあまり思わないことを想うのは、やはり初体験に逆上して本性が表れているのかもしれない。「オチン○ンが爆発しそうで辛そう……。ねえ、我慢せずに、射精しちゃいなさい……」 美貌をあげた新婚の人妻が、ねっとり濡れた瞳をこちらに向けてくる。射精を促す美人妻の口元は、溢れる唾で淫らに濡れていた。 耐えがたきを耐えていた俺だが、ついに興奮が臨界を突破した。 なおも清純な美人妻が、自らの口腔に射精をねだるようにラストスパートをかけてくる。 射精衝動にヒクつくチ○ポの根元を手指で扱きながら、美貌を急ピッチで上下させるのだ。「あううっ、でちゃいます! おぐうう、でる!」 僕は腰を引くつかせ、大きく喘いだ。もはや、他の同居人たちを憚ることさえできない。 セフレの人妻の口唇に、ぴっちり吸着されながら欲情の源を吸われる。頭の中が真っ白になるほどの激しい快楽に、とてつもなくちんこが膨れあがるのを自覚した。「ぐはあああああああああぁぁ~~!」
 
 喉を突いてでた咆哮をラブホテルの部屋に響かせ、俺は夥しい精子を吐き出した。ゴムがなければ、セフレの主婦は受け止めきれなかったであろうほど大量な、しかも、長く続く射精だった。「本当にすごい量……。こんな精子をオマンコに注がれたら確実に妊娠するわね」 コンドームに溜まった白濁を、試験管でも見るような手つきで、欲求不満な主婦がためつすがめつしている。(ああ、やっぱり、サヤカさんって人妻なんだなあ……) 「こんなに溜まっているのなら、まだできるわよね? ゆうきくんの童貞、本当に紗香がもらってもいい?」 爆乳の若妻は肌の透明度が高いだけに、紅潮させたほおがつやつやと艶めかしい。「ぜ、ぜひお願いします! 俺、本当に紗香さんが初めての相手になってくれるならなんだってします。死んだって構いません!」 勢い込む俺に、爆乳の人妻が苦笑した。「死んでも構わないなんて言っちゃだめよ……。もし、ゆうきくんが死にかけたら、私は必死で助けちゃうのだから……。でも、うふふ。正直でよろしい」 若妻はクールビューティが蕩けるように笑うと、ひどく艶やかで、またぞろ海綿体に血液が流れ込む。 悩ましく揺れる爆乳のオッパイに、奥さまとの初体験が想起されることもあった。「ああん、もう硬くさせているの? そんなにさやかとセックスしたいのね。いいわ。童貞を卒業させてあげる」 艶冶に笑う30代の奥さんは、途方もなく美しい。僕が心奪われるのは、その抗いがたいまでに陽性な明るさであるのかもしれない。「うふふ、すっごく、元気なのね……」 スリムな美人妻が、先ほど脱ぎ捨てたニットワンピースのポケットから再びスキンを取り出した。「ごめんね。コンドームだけは、しなくちゃね……」 もちろん、清純な美人妻の衛生観念を責めるつもりはない。それどころか、そこまでの用意をしてくれている爆乳の専業主婦に感謝の気持ちで一杯だ。 期待だけで、ほぼ硬度を取り戻したおちんちんに、再び人妻の白い手が及んだ。繊細な指先でゴムを被せてくれる。そのこそばゆい作業で、いよいよオチンチンはMAXの膨張率に到達した。「うふふ。くすぐったいのね? お腹、ヒクヒクさせて……」 ゴムを被せ終わると、きれいな専業主婦のやさしい指使いが勃起を二、三度しごいてくれた。「サヤカさんの手が、気持ちいいのです……」 セックスレスの人妻の柔肌から香水と体臭の溶け合った甘美極まる匂いが、ほのかに漂ってくる。相変わらず夢の中を彷徨う気分でいるのは、爆乳の美人妻の芳しいその匂いに誘発されているのかもしれない。しかも、その雰囲気といい容姿といい、スタイルのいい専業主婦ほどの極上のおんなはざらにいない。そんな清純な奥様が自分の相手をしてくれることに、やはり現実感が覚束ない。「じゃあ、どうしようか? 初めてだから、紗香が上になる? それとも、男らしくゆうきくんが上?」 先ほど来よりずっと僕は、マグロのように身を横たえたままでいる。 主婦が騎乗位で乱れる姿を拝みたい気もするが、男としてこれでいいのかとの思いもある。何より、かわいらしい若妻のあの大きな爆乳のおっぱいにまみれて射精したい欲求もあった。「あ、あの。僕が上になってもいいですか?」 一呼吸おいて応えた僕に、またしてもスレンダーな奥さまのクールな美貌がやわらかく蕩けた。「そっか、やっぱりゆうきくんも男ね。おんなを征服したいのでしょう? いいよ。じゃあ、ゆうきくんが、上になって……」 言いながら、スリムな奥さまは自らの蜂腰に残された最後の下着に手をかけた。 畳の上に膝立ちしたスリムな奥様は、左右に大きく張り出した腰からツルンと下着を引き下げる。 漆黒の草むらが、ふっくらとした恥丘を飾る姿が垣間見えた。「もう! ゆうきくん、ずっと見てるのね。恥ずかしいわよ。いやらしい目をしてぇ……」 羞恥に腰を捩り、詰るセックスレスの主婦であったが、その眼は笑っている。 むっちりとした太ももを薄布が超え、若鮎のようなふくらはぎを通り過ぎるのを視姦しても、人妻はもう咎めなかった。 ただ?を赤らめるばかりで、すっかり受け入れているようだ。 爪先まで露わにさせた清楚な奥さまは、手の中の下着を床に落し、ゆっくりと畳の上に女体を横たえさせた。「いいよ。ゆうきくん、きてッ!」 身を横たえたまま立膝された太ももが、スッとM字に割り開かれる。 初めての俺を思い、欲求不満な若妻は全てを晒してくれるのだ。
 
「紗香さん……」 四つん這いになった僕は、無防備に解放された若妻の股間に引寄せられた。「これが、サヤカちゃんのおまんこ……」 レトロ感溢れる蛍光灯の元、露わとなった光景に、思わず前のめりになって息を呑んだ。 秋元優里激似の人妻のむっちりと艶めいた内ももの肌は青白く抜けるよう。なのに、まんこ周囲は楕円形の純ピンクに彩られている。 唇にも似たま○こは、さらに赤みを増す。けれど、きれいな人妻のおま○こは赤黒いというより濃さを増したピンク色で、決して穢れた色合いではない。清純な若妻であるはずなのに、思いのほか初々しい綺麗な色彩だ。 細かい皺が走るおめこは楚々としていて、二枚の鶏冠も奥ゆかしくも上品に、縦割れを飾っている。 さらに、その下に少し黒ずんだ蟻の門渡りがピンと張り、キュンと赤みの強いアナルまで目に飛びこんだ。「ああ、恥ずかしいわ……」 普段の爆乳の人妻は、見せる方ではないだけに、より恥ずかしさが募るのだろう。 けれど、秋元優里激似の主婦は羞恥を口にしながらも、両の中指を肉ビラに運び、左右にくつろげてくれた。「さやかさん……」 僕がごくりと生唾を呑むのもムリはない。口を開けた主婦のオマンコの縦割れが、鮮やかなピンク色の濡れ肉を覗かせているのだ。 鮮やかなまんこの中心に、歪んだ円形の蜜口が見える。ピンク色の筋に似た複雑な形状の内部が奥の方まで丸見えだった。「こ、これがサヤカちゃんのまんこ……。なんていやらしい眺めなんだ……。でも、とっても綺麗です」 裂け目のピンク色が広がるにつれ、おま○こ上部の涙形の肉の盛りあがりも露出している。 プクリと小さな円形の肉の盛りあがり、クリちゃんがおずおずと姿を見せている。新婚の若妻の小さな一番敏感な豆は硬くしこり、巨乳の人妻の興奮がありありと伝わってきた。「ああ、彩香さん。俺、もうたまりません!」 スリムな美人妻の繊細なマンコの造形に魅入られた僕は、おずおずと手を伸ばし、純ピンクに絖光る粘膜を指先でちょんと突いてみる。「あうん! だ、ダメよ。そんな悪戯をしちゃぁ……」 ふるんと若妻のおめこが震え、妖しくひくつく。長年、ここを夫にしゃぶられていたのだろうかと思うと、激しい嫉妬を禁じ得ない。「さやかさんのマンコ、透明な液をいっぱい含んでピンクに輝いています」 僕のチン○ンを口に咥え、若妻も相当に興奮していたのだろう。太ももの付け根は、しとどに濡れそぼっている。「もう、いやッ。意地悪言っちゃいやよ!」 見たままの光景をつぶやいた僕に、爆乳の主婦は顔を真っ赤にして首を振った。「あはは、彩香ちゃん、急に可愛らしくなりましたね」 人妻は大人に見せていても、受身にならざるを得ない瞬間には、羞恥に身をよじる手弱女ぶりを発揮せざるを得ないらしい。「もう! いいから早くして……。サヤカも欲しいの……。ゆうきくんのち○ちんが欲しい。早く、膣中に挿入れてぇ!」 甘えた声で、欲求不満な奥さんがおねだりをした。もちろん、僕に異存のあろうはずもない。早く挿入したくて、チンチンがギンギンにいきり勃っているのだ。「大丈夫? 判るかしら……さやかのここに挿入ってきて……」 奥さまはほおを紅潮させ、瞳を潤ませて、今まさに男に抱かれようとするおんなそのもので、どこまでも美しく、最高に色っぽい。「やってみます。やらせてください。僕を一人前の男に……」 股間にかじりついていた僕は膝立ちになり、アラサーの奥さんのM字に開かれた脚の間へ身を滑りこませた。 目指すべきおめこを、キュートな人妻が指をV字にあてて、そっと開いてくれている。内部の襞々が、豊潤なマン汁でぬめり輝いていた。「ここですね、ここに挿入れればいいのですね」「ええ、そうよ。ゆっくりとさやかのなかにいらっしゃい……」 初体験への期待に動悸が激しくなっていく。体が熱くなり、喉がカラカラに乾いた。「い、いきますよ。紗香さんっ!」「焦らないことが肝心よ。ゆっくりで、いいのだから……」 逸る気持ちを懸命に宥め、人妻のオマンコめがけ、腰を突き出した。(セックスできる! サヤカさんとセックスできる!) 一刻も早くつながりたかった。妖しく蠢くセフレの主婦のおまんこのなかへ、こわばりきったチ○ポを埋没させたい。 しかし、俺の昂ぶる想いとは裏腹に、スムーズに挿入させることは叶わなかった。 淫液のぬめりに滑ってしまい、あえなくオチンチンが的をはずしたのだ。しかも、切っ先にゴムを被せられているせいか、奥さんのオ○ンコの窪みに嵌入できているかも判らない。「あっ、そこは違う……もう少し……あああん、そこ擦らないでぇ……」 思うに任せず、焦りはじめた僕は、闇雲にちんぽで濡れ粘膜を突っついた。セックスレスの若妻の太もも、花びら、アナルを鳥がくちばしで啄むように小突き回す。
 
 二人が共に、腰を微修正して挿入を促そうとするため、かえってうまく定まらない。「ほら、さやかのマンコは、ここ、よ」 見かねた専業主婦の片手が伸びてきて、奥様のマニキュア煌めく細指がちん○んを優しくつかみ、大人への入り口へと導いてくれた。ハッとなって顔をあげれば、穏やかな笑みがそこにあった。「ほら、ここよ。ここに入れるの。角度が重要だから、覚えておくといいわ」 スタイルのいい専業主婦の純ピンクに濡れ光るお○んこが卑猥に口を広げ、肉の内側へと甘美に誘う。「ああ、ここですね。この角度か……」 先端が窪みに軽く嵌った感覚。肉の帳が左右に割れて、ほつれていくのが知覚できる。「そうよ。そのまま腰を前へ……。あんっ……ゆ、ゆっくりでいいから……」 大きく開かれたセックスフレンドの主婦の膝をつかみ、慎重に腰を押し出した。真っ赤に膨れあがった亀頭が、若妻のマンコに呑みこまれていく。(ああっ、何だこれは……オチ○チンが吸いこまれる……っ!) 清純な人妻のマンコが蠢くように吸いつき、奥へ奥へと誘われる。膣全体がひとつの生き物であるかのように、僕のチン○ンを呑みこんでいくのだ。「はうんっ、あ、ああっ。大きいぃっ……んっ、くぅ……ああん、すごいわっ!」 人妻に教わった通り、ゆっくりと腰を進めていく。専業主婦の狭隘なオマンコがさらに窄まり、きゅうんと締め付けてくる。しかも、ただ窮屈なだけではなく、複雑なうねりが蠕動を繰り返しながら、俺のちんちんを愛しげに抱きしめてくるのだ。「そ、そうよ。うふぅ……い、いいわ……そのまま、奥まで。もっと、もっとよ……あぁ、やっぱり、すごいっ。紗香のま○こ、内側から拡げられてるっ!」 見上げる新婚の人妻の美しい瞳がねっとりと潤みを増し、ほおがバラ色に染まっていく。激しくなった呼吸に、巨乳のおっぱいが大きく波打っている。「ああ、すごいです。オマンコって、こんなに気持ちいいのですね……」 ミリ単位で侵入する僕を、清純な主婦のま○こはこれ以上ない収縮で迎えてくれる。鋭敏な性感をコンドームに覆われているにしても、薄すぎるゴムではその凄まじい悦楽をカバーしきれない。 みるみる感覚をなくしていく己がオチ○チンに戸惑い、慌てるも、それでも僕は、腰の押し出しを止めない。とにかく挿入しきるまでは、射精を堪えるつもりだ。「あはぁ~んッ……」「ぐうぉぉ~~っ!!」 押し寄せる官能に、ふたりの呻きがシンクロした。 セックスレスの若妻のオマ○コにじわじわ沈んでいく勃起ペニスに、互いの叢が少しずつ近づいている。鋭どすぎる快感と、奥さんに苦痛を与えたくない想いに、とにかくゆっくりとしか腰を迫り出せない。 ようやくチンチンのほとんどを沈めた俺は、根元までの嵌入を望み、最後に腰をくいっと押し込むように捏ね、緊結の度合いを高めた。その動きが、主婦のオマンコの最深部を抉り、竿先で子宮をギュンと押し上げたようだ。「はおぅぅぅ~~っ……っく、ふぅぅっ……」 甲高く女啼きの声を上げてからスレンダーな美人妻は、慌てて口を噤む。 ラブホの薄い壁を気にしたのだろう。 しばしの間、苦しげなふたりの吐息だけが部屋に響いた。「は、挿入り、ましたよ……」「あぁ、とうとうなのね。ゆうきくん、童貞卒業おめでとう。うふふ、初体験できたわね。今二人は一つにつながっているのよ……」 完全結合した二人は、互いを見つめあい、満足の溜め息を熱く吐いた。奮闘の末の挿入に、二人とも汗びっしょりで、畳まで濡らしている。「サヤカちゃんのマンコ、すっごく、温かくて、こんなにヌルヌルで……。でもって、き、キツイっ!」 薄いコンドームがあっても、清楚な奥さまのオマ○コの感触は伝わってくる。もしこれで、ゴムなしであったなら、容易く果てていたであろうと思うほど、具合のいいまんこなのだ。「き、きついのは、ゆうきくんが大き過ぎるから……。三十路の若妻だって、こんなに大きなチ○チン知らないもの……逞しすぎてセフレの主婦のここ、ぱつぱつになっている」 絶え間なく微妙に蠢くマ○コが、勃起ちんちん全体をくまなくくすぐっている。 亀頭はすでに、痺れて感覚がない。そのくせ、気持ちよさだけはどんどん押し寄せてくるから、わずかでも動こうものなら、即座に射精してしまいそうだ。「これが、セックスなのですね。こんなに気持ちのいいこと俺は未経験だったなんて!」 初体験の感動が、勃起おち○ちんから体中へとじわじわ広がっていく。「あぁ、私もよ。サヤカも、とっても気持ちいい。こんなに気持ちのいいセックスは初めて……。ゆうきくんを男にした誇らしさが、昂ぶらせるのかしら……」 三十路の奥さんの伸ばした両手が、俺の体を愛しげにまさぐる。腹や胸、そして腰へと蠢く白指に、チンチンが胎内で、びくん、と大きく反応した。「あッ、ぅぅん……」 セフレの人妻の眉間が歪み、甘い吐息が朱唇をつく。その蜂腰が揺れはじめたことに、俺は狼狽した。「あぁ、だめだよ。さやかちゃんっ、う、動かないでくださいぃっ!」
 
 わずか数ミリの摩擦にも、鋭い愉悦が背筋を駆け抜けていく。体中に鳥肌が立ち、下腹部全体がびくびく痙攣した。「あん、ごめんなさい。もう、でちゃいそうなのね。じゃあ、ゆうきくんが収まるまで、少しこのままでいようか……」「す、すみません」 ゴムを被された上に、既に一度放出しているにもかかわらずこの体たらく。sexフレンドの奥様がどう思っているか、気が気ではない。 とにかく、せっかくの初体験で、あえなく早撃ちしてしまうのは避けたい。できうるなら、30代の奥様にも快感を与え、乱れさせてみたいのだ。 迎え入れてもらえたのだから、それで満足できるというものではない。つくづく人間の欲望に際限のないことを、僕は身を以って知った。「うふぅ……。ああ、だけど、困ったわ。ゆうきくんのち○ぽ……っくぅ……存在感がありすぎて……はぁぁぁっ……おまんこに収まっているだけで……うっ、くふぅ……サヤカを悩ませるの……。ああん、こんなのってぇ……」 獰猛なまでにいきり立つちんこは、暫し眠らせていた主婦の肉体をすっかり目覚めさせたらしい。まして、俺を大人にした淫らな歓びが、奥さまの興奮をさらに高め、発情熱が奥さまの肉体を蕩かせている。「くふぅ、ああ、うそっ……だ、ダメなの……高まっちゃう……どうして……ああん、イッてしまいそう……」 発熱でもしたかのような温みと、涎さながらのぬめりに満ちたその狭いマ○コは、呼吸でも繰り返すように妖しく蠕動し、甘く勃起ち○ちんを揉み潰してくる。 そのはしたないおま○この振舞いは、美人妻の意思とは無縁な、まるで独立した生き物のように俺をむぎゅむぎゅっと絞りこんでは、くすぐり、舐めまわし、その崩壊を促してくる。 お蔭で、僕には動かさずして、凄まじい快感が押し寄せた。 おまけに目の前では、清純な若妻のむきだしの爆乳の乳房が、真っ白な肌や薄紅色の乳首を惜しげもなく見せつけているから、僕の気持ちは収まるどころか、どんどん昂ぶりが増している。「ぐわあああ、だ、ダメです……。さやかちゃん、おまんこ、動かさないでください。こ、このままじゃ、で、でちゃいますよう!」 たまらず弱音を吐く僕に、セックスレスの若妻もまた青色吐息でおねだりをしてくる。「ああん、いいのよ。さやかも動かして欲しい。凄いちんこに、彩香疼いちゃっているの……。動かしてくれないと、さやか焦れて狂ってしまいそう……。だから、ゆうきくん……ああん、早くぅ~~っ!」 奥さんは自らも半ば腰を浮かし、抜き挿しをはじめてしまっている。セックスフレンドの主婦の艶めかしい腰つきに促され、俺も腰を使う決心をした。 すでに射精してしまったとしても、狂ったように腰を振り、ひりつくカリ首を凸凹の潤みに擦りつけ、目の前の人妻を少しでもよがらせてやろうと。「ヴうぉぉぉ。サヤカさん!」 気を抜けば、すぐにでも墳精させてしまいそうな快さだったが、僕は雄叫びをあげてち○ちんを引き抜きにかかる。「あはぁっ! あうっ! んんっ!」 ここまでさんざん性感を煽られていたセフレの美人妻も、ほぼ飽和状態に近いらしく、あられもない嬌声を朱唇から零れさせている。 もはや、他の住人たちを憚ることもできないくらいに、あのセフレの美人妻が乱れるのだ。(ああ、でも、セックスしている紗香さん。最高に色っぽい……) 爆乳の人妻は振り乱したライトブラウンの髪を自ら鷲つかみ、透き通るほおを強張らせ、朱唇をわななかせる悩ましい風情。苦悶とも喜悦ともつかぬ表情をのけ反らせ、熱く喘ぎをつのらせる若妻は、熟れたおんなの濃艶な美しさに満ち満ちている。「ぐううううっ、み、彩香ちゃん。痛くありませんか? 苦しくはないです?」 AVやネットなどで見たことはあっても、現実に、喜悦に咽ぶ奥さんを目の当たりにしたことがないだけに、人妻の濃艶な反応が快感によるものか、大き過ぎるおちん○んが苦痛を与えているのかが判らない。 けれど、案じる言葉とは裏腹に、ぎこちない腰の動きは、次第に大きなものへと変化させずにはいられない。「ああん、うそっ……紗香、悦んでいる……ゆうきくんの童貞チ○ポに、悦ばされているのぉ~~……っ!」 生まれてこの方、これほどの気持ちよさを体感したことがない。麻薬の如き恍惚感に脳髄までがわなないて、感度の増した勃起チ○チンをさらにジンジンと痺れさせる。 セックスレスの奥さまのオ○ンコの隆起とチンポが擦れあうたび、腰が蕩けていきそうな強烈な甘い感覚が火を噴き、けれど、一度貫くとまたすぐにその快感が欲しくなり、抜き出さずにいられなくなる。「知りませんでした。セックスってこんなにいいのですね……! サヤカさん、最高です! ああ、でも、ずっとこうしていたいのに……僕っ、俺ぅっ!」 目前に迫る衝動に向かい俺は、清楚な主婦のまろやかなヒップを両手で抱き、前後に激しく揺さぶっていく。「あうんっ、きょ、ゆうきくんっ……それ、すごい……あはぁ、極太ペ〇スが、奥に届いちゃうぅ~~っ!!」 できるだけ深くセフレの人妻のなかに収めたくて、太ももを両脇に抱え、宙に浮いた尻をグッと引き寄せ、ズンズンとオチン○ンで串刺しにする。本能に導かれた振舞いに、熟れた裸体が激しくうねり、柔らかな爆乳のオッパイがゆさゆさと波打った。「あううっ、あっ、あはぁっ、ゆうきくん、激しいっ……なんて激しいのっ!」 もはや、奥さまを気遣う余裕もなく、あわただしくピストン運動を繰り返す。込み上げる射精衝動に、とにかく放精したくてたまらないのだ。「ほおおおお……あっ、ああん、いいわっ……ねえ、いいのぉ……セフレの人妻、どうにかなってしまいそう……」
 
 あわただしさを増す水濁音に、セックスレスの人妻の嗚咽が混じり、部屋を淫靡な空間へ変えていく。「いいっ、とっても気持ちいいのっ! 嘘じゃないわ。ゆうきくんのおちん○んで、彩香、イッてしまいそう……」 大胆に乱れゆくキュートな若妻も、腰の動きを激しくしている。若妻は爪先で腰を浮かし、奥深くまで俺のお○んちんをねだり、突きだしてくるのだ。 爆乳の若妻の薄く艶脂肪を載せた腹部は、まるで極北の空に蠢くオーロラのように、妖しくも色っぽくうねっている。「ああんっ……もう、だめぇっ!!」 ついにセフレの専業主婦が、俺の首筋に腕を伸ばし、むしゃぶりついた。敏感にしこらせた乳首を厚い胸板に擦りつけ、奔放に甘い電流を増幅させている。身も心も蕩かせて、若妻が本気のよがり泣きを晒してくれた。「おおうっ、おおんっ、あっ、あはぁっ……ゆうきくん、ああ、ゆうきくん……イクの……サヤカ、イッちゃううぅぅ~~っ!!」 絶頂痙攣に背筋を撓める三十路の奥さまの臀肉を、僕は懸命に両手で抱え、引き寄せる力を強めて、さらに結合を深くさせた。 ゴリンとちん○んの切っ先が底を打ち据えた手応え。 途端に奥様が「きゃうっ」と甲高く女啼きして、ぶるぶるぶるっと女体を震わせた。 セックス経験不足の僕は、受精を求めて降りてきていた子宮を、我知らずのうちに叩いていたのだ。「はひい。きょ、ゆうきくん、すごすぎる……。さやかの子宮を突いているの……。ああん、キスして!さやかの淫らなお口をふさいでぇっ……」 舌っ足らずに啼き乱れた奥さんの声が、俺に本気で口づけをねだってくれている。「キスします。まんこにチンポを擦りつけたまま、キスします!」 高熱に浮かされたように蕩けきった爆乳の若妻の美貌に顔を近づけ、半開きになった朱唇を吸いとった。 ドロリとした甘い唾液にまぶされた舌が、すぐさま僕の口腔に挿し入れられる。お互いの口を激しく吸い合う、濃厚なディープキスが交わされた。(うほおおおっ……なんて甘いんだ……甘々で、溶けちゃいそう……。さやかさんのこの唇も、ヌレヌレのお○んこも、もう全てが俺のものになったんだ……っ!) 僕は奥さまの口腔に、唾液を二度、三度と大量に流しこんだ。それが、清純な奥さんを己のものとする魔法の薬のように思われたのだ。「あふぅ……こんなに唾液を呑まされて。もうセフレの人妻は、ゆうきくんのものよ……。ああっ……イっちゃうっ……またイクぅ~~っ!」 男に染め上げられ、アラサーの主婦は恍惚の表情を浮かべる。汗ばむセフレの若妻の女体は、美しい純ピンクに染まり激しい肉悦にわなないている。 艶めく新婚の人妻のイキ様に、激しく興奮を煽られた僕は、腰の打ちつけを大きなストライドにシフトさせた。 ビシッビシッと肉を打つように腰を突き入れる。前立腺が痙攣し、精嚢を硬締りさせ、射精態勢を整えていく。「もうだめだっ……いきますよっ! 彩香さんっ!」 込み上げる愛しさに、その名前を呼びながら勃起を大きく嘶かせた。 爆乳の専業主婦も精液が欲しいと言わんばかりに、チ○チンをきゅうっと締めつけてくる。「あっ、いっイクのね……おうん……主婦も……サヤカも、イクぅ~~っ!」 肉の傘をぶわっと開き、セックスレスの主婦のオマンコの奥深くで爆発させた。尿道口から熱いしぶきを上げて、大量のザーメンをぶちまける。「ヴわあぁぁぁっ!!」 咆哮と共に、二度三度と勃起ちん○んを痙攣させ、劣情の全てを爆発させる。そのたびに、セフレの人妻の裸身は、自らが人妻であることも忘れたように、身を反らせて喉元を晒した。 夥しい墳精は、コンドームに遮られ胎内に蒔かれることはないが、暴発の波動はセックスフレンドの人妻にも伝わり、忘我の喜悦に押し上げられるのだ。「ああ、すごいっ……射精ているのね。ああん、ゆうきくん、欲しかったわ……。コンドームなんて着けなければよかった……。今度する時には、紗香の奥に中出ししてね……」 荒い息遣いに爆乳のおっぱいを上下させながらスリムな主婦は次回のセックスを約束してくれた。 その悦びが、さらなる射精を俺にもたらす。 びくん、びくんと清純な専業主婦のま○この中で勃起ち○こを跳ね上げては、精子を夥しく吐き出した。 急速に力を失うペ〇スと共に、全身からも力が抜けていく。秋元優里似の奥様のやわらかな爆乳のバストがクッションのように、ふんわりと僕を受け止めてくれた。
 
出会い系サイトハッピーメールでのスレンダーな専業主婦とのはめ撮りエッチのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓















































 
今回かわゆい若妻とすぐオフパコセックス出来た出会い系はハッピーメールです。
 
なおハピメを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないといますぐセックスできる奇麗な女の子と出会ってセフレにしてオフパコsexできませんので、ハッピーメール(happymail)に登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハッピーメール(happymail)のような出逢い系SNSで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで具体的に解説していますのでご覧ください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハッピーメール(happymail)は18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.