deaikeitaiken_novel

【PCMAXハメ撮り】可愛い爆乳アイドルとオフパコセックス

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
私は飽きもせずであいけいサイトで可愛い女性と出会いまくって、タダマンsexをやっています(^0^)
 
さて、今回は出会いやすいおすすめのであいけいコミュニティのピーシーマックスで出会った指原莉乃似の可愛い爆乳アイドルと京都府京都市で会ってセフレにして今からすぐオフパコsexをしてきたのですが、ハメどり写メがたくさん取れましたのでレポートします。
 
※この記事にはエロいセックスのハメどり写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会系アプリのピーシーマックスで出会った女はアイドルで、名前はみつきさんといい、顔は指原莉乃似のものすごく美人でした(*^^*)
 
出会い系サイトピーシーマックスでのビッチなアイドルのプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトPCMAXでのセックスフレンドの地下アイドルの掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
爆乳のアイドルとは、であいけいアプリのピーシーマックスで知り合ってラインでやり取りした後、京都駅周辺のおしゃれな海鮮居酒屋に飲みに行っていい雰囲気なったのでいつも通りラブホテルに行ってオフパコエッチをしました。
 
俺とセフレのアイドルが京都府京都市の京都駅近くのラブホの部屋に入った。セフレのアイドルがシャワーを浴びて浴室から出てくると、バスタオルを巻き付けただけの悩ましい姿で笑っている。(ああ、この笑顔を見るためなら、俺は何でもできる!) そう思う一方で、ふとアイドルのこんな笑い顔をはじめてみるような気がした。 確かに、(極上の笑顔。充希さん、こんなに楽しそうに笑うんだぁ……) アイドルの美貌に差していた翳りが、いま俺の前でだけは消えている。そんな風に思うのは、自分の思い上がりだろうか。 僕が真顔になっていることに、セフレのアイドルもふと気づいたのだろう。「うん?」と小首を掲げ、セフレのアイドルはこちらの瞳の奥を覗きこんでくる。 なんと声をかけようかと迷っているところに、急に鼻のあたりがムズ痒くなり、「はくしょん!」と特大のくしゃみを一発やらかした。「まあ、大変。わたしのせいで風邪をひかせてしまった?」 と何を思ったのか、セフレの地下アイドルは自らの身体に巻きつけていたバスタオルの結び目を解いた。「えっ? 充希さん?」 戒めの解かれた地下アイドルのGカップの巨乳の乳房が、たゆんとやわらかく揺れてから丸く美しいフォルムの全容を僕に見せつけた。 ただでさえ大きな爆乳の胸は、きゅっと指原莉乃似のアイドルの腰がくびれているため、さらに大きく見える。ド迫力の爆乳のおっぱいだ。 さらにアイドルの爆乳のオッパイをゴージャスに彩る黄色味を帯びたキャラメル色に近い乳暈。正確には、薄茶色と表現すべきなのだが、光の加減によっては黄金色にも見える。「ゆうきさんが見てる。見られてる……恥ずかしい……けど、前に一度見られているし……濡れ鼠のままでいるとゆうきさんが風邪をひいてしまうから……」 セフレのアイドルがタオルの結び目を解いたのは、そのタオルで僕を拭いてくれようとしているのだ。 恥ずかしげにタオルを持ったまま顔を真っ赤にしている指原莉乃似のアイドルを、心から美しいと思った。(ああ、みつきさんのこんな恥ずかしそうな顔は、見たことがない……) アイドルは視線を合わせたくないのか、美貌は壁の方を向いたまま、俺との距離を近づけ、バスタオルを頭からかぶせてくれた。「あ、あの、そんなに見ないで……やっぱり恥ずかしいから……」 清楚なアイドルが恥ずかしがるのもムリはない。 俺のあまりにも熱すぎる視線が、何度も自分の身体の上を往復するのが感じられるはずだ。 清純なアイドルの身体は、寒い浴室内であるにもかかわらず、いつの間にか紅潮し、うっすら汗まで浮かばせている。 呼吸が少し深く、迫力たっぷりの爆乳の胸を上下させるのは、もしかするとセフレの地下アイドルも興奮しているのかもしれない。 アイドルの91㎝の巨乳のおっぱいは、あまりに重く少し垂れていたが、むしろそこが僕をそそる。 視線を落とすと、爆乳のアイドルのくびれた腰には容のよい臍が愛らしく、さらにその下には白い下腹部と淡い翳りが続いている。 指原莉乃激似の地下アイドルはややぽちゃ系の女性らしい肉体がウリのアイドルだが、思いのほかその線は細い。一般の女性と比較しても、むしろスレンダーに思える。にも関わらず痩せぎすではなく、むしろ男好きのする身体つきに映るのは、やはりその爆乳の胸と腰部の豊かさに拠る印象か。 地下アイドルの場合、ほお肉がふっくらして丸顔であることもその印象を強めている。 地下アイドルの太ももはぴったりと閉じられ、一番見たいところは俺の角度からは見えないが、恥丘をやわらかく覆う繊毛に透明な滴をのせていることに、僕は気が付いてしまった。
 
「濡れている……」「いやん。だ、ダメぇ。そんなこと言っちゃ」 いつの間にか僕の熱い視線が、その下腹部に集中していることにセフレのアイドルも気づいていたらしい。その意識が、爆乳のアイドルを濡れさせてしまったのだろう。「本当にあんまり見ないで……。ジロジロ見られると……」 清楚な地下アイドルは不躾な視線をなるべく無視して、なおも僕をタオルで拭いてくれる。セフレのアイドルは口では見ないでと言っておきながら、まるでその女体を隠そうとしない。 もしかすると、見られたいのかもしれないと思った。セフレのアイドルは人の視線を浴びることに慣れている。注目される気持ちよさも人一倍知っているはず。そんな地下アイドルだから、いやらしい視線すらも受け入れてしまうのかもしれない。「綺麗だ……ものすごく綺麗です。でも、エッチで、色っぽい……すごすぎて、見ずにいられません……」 心から漏れ出た言葉に、びくんとアイドルの女体が震えた。 たわわな爆乳の胸もいやらしく揺れ、中央でぶつかってはずみ、僕の視線をまたぞろ引き寄せる。「僕、ミツキさんのファンなんです。だからまさか、充希ちゃんのこんなに眩しくてエロいヌードを……ナマで見られるなんて……」「うふふ。ファンは大切にしなくちゃね……」「ファンサービスに、これは過剰すぎますけどね……」 「じゃあ、僕はお役御免ですね。早く、シャワーで温まってください」 セックスフレンドの地下アイドルの美しい女体に後ろ髪を引かれはしたが、紳士然と振る舞うしか俺にはできない。 その二の腕をアイドルが咄嗟に捕まえた。「ゆうきさんも体が冷えたでしょう。一緒に入らない?」 俯いたままの爆乳のアイドルの顔は、ひどく赤く熱でもあるかのよう。かけられた声もひどく小さく、奇麗なアイドルはまるで自信なさげで、今にも消え入りそうな印象だ。 誘惑したはいいが断られはしまいかと、sexフレンドの地下アイドルは緊張しているようにさえ映る。 初々しい乙女に誘惑されているような気分で、俺もやや緊張気味に返事をした。「は、はい……。じゃあ、一緒に温まらせてください」 大急ぎで俺は、身に着けていたものを全て脱ぎ捨て、脱衣室に放り投げた。 実は、先ほどよりずっと俺はお○んちんを勃起させている。 奇麗な地下アイドルの裸身を拝んでいるのだから、それも当然だ。 それでも恥ずかしげもなく全裸になれたのは、20代のアイドルの眩しい裸身に気を取られているからだろう。 僕が裸になっている間、清純な地下アイドルの細い手指がカランを回し、シャワーヘッドをあらぬ方向に向けて水がお湯に変わるのを待っている。 流れ落ちる水しぶきに湯気が立ちはじめるのを確かめてから、セフレの地下アイドルは自らの裸身にシャワーヘッドを向けた。 爆乳のアイドルの素肌は、余程お手入れがいいのか、温水を未だに弾く。女体を零れる水滴に、僕もなりたいと心から思った。「ああ、気持ちいい……っ」 指原莉乃似の地下アイドルの恥じらいと興奮に赤く染まっていた女体が温水を浴びると、美しいピンクがさらにその面積を広げる。まるで神秘的なベールを纏うようで、ひどく扇情的だ。 瞬きすることも忘れ、うっとりと眺め続ける視線に、それと気づいたちょいポチャのアイドルが、シャワーヘッドをこちらの方に向けてきた。「うわっぷ……ぷふぷぷっ! か、顔はやめてください……」「だって、ゆうきさんの目、いやらしすぎだから……」 むちっとしたアイドルはまるで子供のように、きゃきゃっとはしゃぎ、なおもシャワーを向けてくる。俺は手を伸ばし、シャワーを取り上げるとお返しとばかりに、それをビッチなアイドルに向けた。「きゃああ……ごめん。ごめん……降参するから……うぷぷぷぷっ……」 指原莉乃激似のアイドルの美しい肌が、水をはじきながらも濡れていく。薄らぼんやりした照明が、かえって清楚な地下アイドルの女体を悩ましく照らしている。 アイドルとしてではなく、生身の女性として、素顔の指原莉乃似のアイドルがここにいる。
 
(ああ、だけど、いまのみつきさん。とっても素敵だ……。これが等身大のミツキさんなんだな……) アイドルの素顔をようやく見つけた僕は、その魅力に愕然としている。 アイドルとしての美月ちゃんよりも、よほど生き生きとした表情をし、血が通っていて、しかもちゃんとおんなをしているではないか。「ああ、みつきさん……」 急速に募る愛おしさに、たまらず俺はシャワーヘッドを投げ捨て、そっと地下アイドルの女体を抱き寄せた。 クリームでも全身に塗っているのかと思えるほど、地下アイドルのすべすべの肌が心地よい。成熟した女体のやわらかさ。アイドルは絶妙の肉づきにもかかわらず、儚いまでの抱き心地に眩暈がしそうだ。「みつきさん」 もう一度巨乳のアイドルの名を呼び、少しばかり腕に力を込める。清純なアイドルの寂しさや憂いまでも、全て抱き締めてしまいたかった。「あん……」 素肌を抱きしめられたセフレのアイドルも、俺の腕の中に安らぎを感じてくれたのか、大人しくされるままでいてくれる。 胸板で悩ましく潰れる大きな爆乳の乳房。その膚下で心臓が、ドキドキと鼓動を速めるのを確かに聞いた。 爆乳の地下アイドルの小刻みなときめきに俺の心臓もシンクロしていく。互いの体温で温めあっているからか、時間さえもが止まってしまったからであろうか、寒さはまるで感じられない。「あ、あの、ゆうきさん……。こんなふうに、裸で抱き合っていて今更なのだけど……。ミツキをあなたのおんなにしてもらえる? 地下アイドルを卒業して、ひとりのおんなに生まれ変わりたいの……」 巨乳のアイドルの恥ずかしげな小さな声が、けれど、しっかりとした決意を告げている。 僕は視線を落し、セックスフレンドのアイドルの瞳の奥を覗きこんだ。「それって、芸能界を引退するってことですか?」「ううん。そこまでは決めていないのだけど、いずれにしても、もう地下アイドルではいられないから……。どうするにしても、わたしはおんなとして、もっともっと輝きたい。自信を持ちたいの……。だから、あなたに……みつきのファンであるゆうきさんに抱かれることで、けじめをつけたいの……」 妖しくも神秘的な眼差し。それでいて決意を秘めた凛とした輝きを滲ませるちょいぽちゃのアイドルに、抗うことなど到底できない魅力を感じている。「ごめんね。ゆうきさん……。充希の勝手で……。けじめをつけたいなんて、迷惑よね」
 
 またしても素顔の地下アイドルが貌を覗かせる。虚像のアイドルと現実のおんなを行ったり来たりする不安定さが、危うくも儚い。「でも、ゆうきさん、お願い……。ミツキを生まれ変わらせて……」 ついには、すがるような眼差しを見せるちょいポチャの地下アイドルに、やさしく「うん」と頷いた。「僕などでよければ……。むしろ僕を選んでくれてありがとうと言いたいくらいです。住む世界すら違う美月ちゃんは、高嶺の花でしかなかったのですから……」 俺の返事に、セフレのアイドルが背伸びして唇を重ねてきた。「うむん……ほふう……あ、地下アイドルさ~ん!」 綿あめのようなふっくらとした唇に、天にも昇る心地がする。「ゆうきさん……。ふつつかものですが、よろしくお願いします……」 恥じらうような、照れたような、セックスフレンドのアイドルのか細く自信なさげな声。ヤリマンの地下アイドルは小高くなったほおをぽっと赤く染めている。 純情な乙女のような仕草に、心臓がまたぞろ早鐘を打つ。「こ、こちらこそ。頼りない男ですが、よろしくお願いします。と、ところで、美月ちゃん。こんなことを聞くのはよくないのかも知れないけど……。男の人とこういった……その、エッチな関係を結ぶのって、初めてではないですよね?」 男とおんなの関係になるにせよ、僕には、どこまでアイドルのプライバシーに立ち入っていいのか判らない。それでも聞かずにいられないのは、あまりにも清純なアイドルが初々しい仕草を見せるからだ。 地下アイドルが、まさかバージンということはないだろうが、アイドルとして純粋培養されたヤリモクの地下アイドルだから、もしかすると経験も少ないのではと思ったのだ。「あ、あの……。ごめんなさい。初めてではないの。十代の時に、真剣におつきあいした人がいて……でも、その人とだけで……事務所のガードも硬かったし……」 躊躇いがちに、それでも素直に答えてくれる清純なアイドルに、清純な地下アイドルと自分が男とおんなになることを強烈に意識した。そう言う関係が結ばれる相手だからこそ、地下アイドルは自分の過去も話してくれるのだろう。「じゃあ、こういうことも久しぶりなのですね。もしかして、怖いですか?」
 
「ちょとだけ……。いい歳をしておかしいでしょう……?」 自嘲気味に言うビッチなアイドルに、僕は首を振った。「そんなことはありません。それだけ初心だってことで、何だか嬉しいです」 言いながら俺は、床に投げ出したシャワーヘッドを拾い上げ、ヘッドフックにそれを戻した。「こうしておけば、身体が冷えないでしょう……」 爆乳のアイドルの背中にお湯がかかるように調整し、僕自身は足元に跪いた。「えっ? あっ……そ、そこは……」 漆黒の繊毛で覆われたヤリモクのアイドルのふっくらとした恥丘に、鼻先が触れるくらいの至近距離に近づく。慌てるように、20代のアイドルのお尻がくいっと引かれた。「逃げないでくだい。僕のおんなになるのでしょう? 俺は充希ちゃんを、気持ちよくしてあげたいのです」 喜色満面の俺に、弱々しく小顔を左右に振りながらも、セフレのアイドルは大人しく従順でいてくれる。 清純なアイドルは婀娜っぽく左右に張り出した尻肉を振わせ、カモシカのような美脚をまっすぐにのばしたまま、すっと逆Vの字に開くのだ。「ああっ……。こんな真似、やっぱり恥ずかしい……」 僕が、掌をやわらかな太ももにあてがっただけで、アイドルはビクンと女体を震わせて、悩ましい吐息を洩らした。 一番恥ずかしいオマ○コを下から覗かれるのだから無理もない。それでも爆乳のアイドルの白い太ももは、閉じようとしない。代わりにぎゅっと閉じられたのは、その大きな瞳だった。「これが充希ちゃんのアンダーヘアー……」 ごくりと生唾を呑みこんだ。 激カワの地下アイドルの繊細な陰毛は、その美しい生え際から念入りに手入れされていると判る。「こんなところまで、お手入れが行き届いていて。地下アイドルって大変なのですね」 水着撮影の多い仕事だけに、セックスフレンドのアイドルは恥毛の手入れは欠かせないのだろうと察した。「そ、そこのお手入れは、おんなの嗜みよ……」 淡い茂みを指先で弄ぶと、ハッとしたかのようにむっちりのアイドルのお尻が引かれる。 繊毛が指先に絡め取られ、しゃりしゃりと擦れあう。毛に守られた皮膚を通して、わずかにそよぐ感覚が、むず痒さとなって届くはずだ。「あ、んんっ。ついにゆうきさんに触られてしまったわ……」「触ったといっても、まだ太ももと陰毛だけです。これからたっぷりと他のところも触らせてもらうのですから……」 宣言通り俺は、左手でたっぷりとヤリモクのアイドルの太ももを撫で上げながら、その右手を繊毛からさらに下方へと移動させた。「あん、いやなゆうきさん、すけべな目をしてるぅ……」 アイドルはふるふると頭を左右に振り、恥じらう。それでいて、爆乳の地下アイドルは俺の両肩に手をつき、太ももをさらに逆Vの字にくつろげてくれる。
 
その開かれた空間に顔を突っ込むと、びくんとセフレのアイドルの細腰が怯えた。「これが、美月さんの……」 カラカラになった喉に、ごくりと生唾を押し流した。 薄らぼんやりとしたバスルームの照明が、sexフレンドの地下アイドルのま○こを妖しく照らす。 幾度この場面を妄想し、オナニーに耽ったか知れない。どんなに願っても叶うはずがないと思っていた光景が、いま目の前に広がっている。「ああっ……」 熱すぎる視姦に、またしても吐息が漏れる。20代のアイドルの美しい鮮紅色のおめこが、呻吟したかのようだ。ヤリモクのアイドルのマ○コを飾る小さくはみだした肉花びらが、ヒクヒクと蠢いた。 儚くもあり、神々しいとまで思えるま○こに、俺は息も忘れて見入るばかりだ。「ぬ、濡れているのは、お湯ばかりじゃないですよね……。ぬめり汁が染みだしているのですね?」「そ、そうよ。充希、もう濡れてしまっているの……。浴びているシャワーにすら感じてしまうほど、肌が敏感になっている……。こんなこと初めてだわ」 3年以上もの間、エッチから遠ざかっていたアイドル。けれど、その間に肉体は十二分以上に熟成され、おんな盛りに咲き誇っている。 おんなの機能が、期待と興奮で目覚めるのも不思議ではない。まして、俺の熱過ぎる視線に灼かれ、アイドルは嫌が応にも肌を火照らせてしまうのだ。 自然、ビッチなアイドル自身が認める通り、透明な膣液がぐっしょりとアイドルのオマンコ全体を濡らす。しかもそこからは、どんな男も誑かす強烈なフェロモンが放たれている。成熟したおんなだけが漂わす魔性の臭気に、俺は目を瞬かせながら恐る恐るその源泉へと手を伸ばした。「あっ! うふぅ、っくぅ……」 清純なアイドルのお尻の谷間がきゅっと窄まり、あえかに開かれたおま○こがむぎゅっと閉じる。それに従い爆乳のアイドルのマ○コの内奥から、さらに分泌液が絞り出されて滴った。「ああ、ゆうきさんの意地悪っ……」 sexフレンドのアイドルの大きな瞳が詰るように睨みつけてくる。それでいて、ヤリモクの地下アイドルの肉体は抗うどころか身じろぎ一つせずにいる。「だって、あまりに可憐なまんこで、つい手が出てしまって……それに、ほら、美月ちゃんを気持ちよくさせたいから……」 言い訳をしながらも、決してビッチなアイドルのおまんこから手指を遠ざけようとしない。 すると紅潮したほおは、見て見ぬふりをするように天井へと向けられた。それをいいことに、あてがった手指をおずおずとおまんこに擦りつけた。
 
「あはん、うふう……くぅ、ううん……」 アイドルのやわらかな声質が、艶めかしくもトーンを上げる。首の座らぬ赤子のように、小さな頭が、がくんがくんと前後した。「みつきさん。感じますか? 次から次に蜜が滴りますね……」 健康的な肉体美と清楚さで売った地下アイドルは、思いのほか多汁体質であるらしく、驚くほど粘り汁を滴らせている。「ああん、恥ずかしい……。でも、ゆうきさんの……て、手が……あうううぅっ!」 指を反らせた掌底を、清純なアイドルのオマンコに押し付けて擦る。繊細な手つきで、肉びらをティッシュに見立て、くしゅくしゅと丸めるように爆乳の地下アイドルの官能を追った。「あ、あうぅぅ、だ、だめぇ……あっ、ああん、感じてしまうぅっ……」 ちょいぽちゃの地下アイドルは美しい膝小僧をガクガクさせ、俺の肩を必死で捕まえている。湧き起こる快感に、セフレのアイドルは力が入らなくなったのだろう。 見かねた僕は、御影石の浴槽のヘリに清純なアイドルを腰掛けさせた。 ついでとばかりにカランを捻り、シャワーのお湯を止めておく。互いの熱気と流したお湯が十分に風呂場を温めてくれたから、サウナのような蒸し暑さだ。「じゃあ、今度は、みつきさんのま○こをしゃぶらせてくださいね……」 そう宣言した僕は、再びアイドルの白い太もものあわいに体を運び、まんこに顔を近づけた。「ああん、ダメぇ、こんなところを舐められてしまうの? あっ! ……あうぅ、くふうう~~ぅっ!」 純ピンクの肉襞が幾重にも重なる新鮮なお○んこを、べーっと伸ばした舌で、ずずずずっと下から上に舐めあげた。「あっ……あううううぅ、だめって……言ったのに……ゆうきさんの、意地悪ぅ……あはぁ……」 ヤリマンのアイドルは細身を捩り、腰をくね踊らせ、絶え間なく嗚咽を漏らす。清楚なアイドルはむっちりとした太ももで俺のほおを心地よく挟みつけてくる。「だめ、こんなのダメなのに……あぁ、いやあっつ、オマ○コの匂いも嗅がれちゃってるぅ……恥ずかしいのに……ああぁん、どうして? 美月、気持ちよくなっているぅ」 セフレの地下アイドルならずとも、ま○こをクンニされる恥ずかしさは身を焼かれるような想いであるはずだ。けれど、その羞恥がセフレの地下アイドルの女体を火照らせ、やがては官能に体が燃え上がるのだと、出会い系サイトのPCマックスで出会ったセフレから教わった。「あぁ、ゆうきさん……そんなに舐めちゃ……そこは……」 ビッチな地下アイドルに頭を挟みこまれている分、周りの様子がよく判らず、発展途上にある俺だけに、その舌づかいはやや乱暴で狙いも定まっていない。 けれどそれが逆に、セフレのアイドルの火照りはじめた女体を強引に高みへと押し上げる結果をもたらした。「あああああああっ……うそっ! こんなに早く……ああ、イッちゃいそう……あううっ、イッちゃうぅっ……そんな、ゆうきさん……もう、んんっ!」 思ってもみなかったタイミングで絶頂へと押し上げられた指原莉乃似のアイドルは、頤を天井に向け裸身をビクビクンと派手に震わせている。「くふう、お、美味しい! 美月ちゃんのおめこ……ぢゅるるるぢゅ……塩からくて少し酸っぱいけど……ぢゅぶちゅるるる……ほんのりと甘みもあります……」 イキ乱れた爆乳の地下アイドルが本気汁を吹き零すのを、僕は嬉々として口腔を蠢かし、なおもれろれろと舌先を彷徨わせる。 舌先にそよぐ爆乳のアイドルのお○んこをたっぷりと舐めしゃぶり、しとどに流れ出る分泌物を喉奥に流し込む。飲み下した蜜汁が、胃の中で燃え上がり興奮がいや増した。「ふひっ、ふうんっ、はあっ……ダメぇ……美月、イッているのにぃ……あはぁ……ゆうきさん、もう許してぇっ、イッたままで舐められるの切ない~~っ!」 
 
びくん、びくんと震える爆乳の地下アイドルの太ももが、心地よく俺のほおを擦る。鋭い絶頂悦楽に襲われているらしい。 あられもなくイキ様を晒す爆乳のアイドルを、なおも俺は貪った。気がつくとアイドルの熟れたオ○ンコは、涎と淫液を含み、ぽってりと紅く充血して淫靡な風情を晒している。「ひううっ、あ、ああ、感じ過ぎて恥ずかしいのに……。お、男の人にあそこを舐められてイッているの……あ、はああ、ダメぇ、ゆうきさん、充希壊れちゃうぅっ……」 ぴんと突っ張らせた両脚を、僕の肩に担がれた指原莉乃激似のアイドルは、男の頭にすがり不安定な女体をようよう支えている。「そんなに気持ちいいのなら、まだまだイってしまえそうですね?」 押し寄せる絶頂アクメは、一度目より二度目三度目がより深く、気持ちがいいとやはりみなみに教わっている。 ここまで敏感に女体を咲き誇らせる爆乳のアイドルであれば、その二度目三度目を極めるのも可能かと、僕は目の前でひっそりと咲き誇る一番敏感な豆に狙いを定めた。「ふっ、あ、ああっ、そこは……。あはあ、そ、そこ敏感すぎるのにぃ……。ひあぁっ、おほぉ、おうう、おんんんんんんんんんんんっ」 美貌を一層強張らせたアイドルが、激しく女啼きして、細腰をガクガクと痙攣させた。同時に、アイドルのおま○こから生臭い本気汁がどっと溢れ、俺の顔をベトベトにさせた。「うおおぉぉっ、ミツキさんの濃いお汁! またイキそうなのですね? かまいませんからこのまま……びちゅちゅっ、俺の舌で、イって……ぢゅちゅちゅるっ!」 巨乳のアイドルの繊細な手が俺の髪をかき毟る。セフレのアイドルは羞恥に抗っているのか、不安定な裸身を支えるつもりかは判らない。僕としては委細構わず、ひたすら美しいアイドルのまんこを舐め転がすばかりだ。すると、ピンクのそれはさらに充血を増し、舌先に弾かれ右に左に跳ねまわった。「もうだめぇ! 美月、またイちゃうっ! あはぁ、イクぅ~~~っ!」 滾々と溢れ出す淫液を残らず呑み干そうと、俺は再び指原莉乃激似のアイドルのオマンコに唇を押し当てた。ツンと刺激臭のする汁は、まさしく海のよう。「ああッ、イクっ ダメっ、ああ、奥から何かが出ちゃうううぅぅ!」 凄絶なイキ顔を晒すアイドルの蜜汁を、真空にさせた肺で強引に吸った。 ぢゅぢゅぢゅぢゅ、ぶちゅちゅ~っと、淫らな水音と共に喉奥に届く潮の飛沫。俺は、けほけほと噎せながらもその場を離れようとしない。 連続絶頂にイキ止まらないセフレのアイドルが、豊かな爆乳のおっぱいを上下させ、白い頤を天に晒し、昇天した。 危うく後ろに倒れてしまいそうな女体。アイドルの艶やかな太ももを抱えながら、神々しいまでに美しいイキ様に見惚れる。ヤリマンの地下アイドルを絶頂に導いた達成感に酔い痴れつつも、ギンギンになっている勃起ち○こを埋めたい衝動に、居ても立ってもいられなくなっていた。
 
「ゆうきさん、美月としてください……。淫らなミツキと……」 ビッチな地下アイドルは未だ絶頂の余韻に女体を震わせながらも、潤んだ瞳で僕を求めてくれた。 そのちんこを硬くさせていることに、気づいていたのだろう。「本当に、いいのですね。それもこんなところで……」 確かめる俺の首筋に、ヤリモクのアイドルのしなやかな美脚が絡みついてくる。「ここでなら、憚らなくても大丈夫だから……」 ラブホの浴室は声が反響するにしても、他の人の耳にまで声が届くことはないだろう。 納得した僕は、鼻先にある20代の地下アイドルの陰毛をぱくりと口にした。「いやん。そんなもの食べないで……」 慌ててビッチなアイドルの美脚が解かれたのを機に、俺は立ち上がり細腰に手を絡めて、やさしく抱き締めた。「ねえ、キスして……。熱い舌入れキッスを……。ゆうきさんの情熱を感じさせて……」 ヤリモクのアイドルが求めるのは、火傷しそうなまでに熱い熱い接吻。地下アイドルは湯が沸かせそうなほどの愛情を求めているのだ。 首をかしげ、僕は顔を近づけた。 自分の唇が指原莉乃似のアイドルの愛液まみれであることも忘れ、そのまま花びらのような朱唇に重ねた。ふんわりした弾力に跳ね返され、一度距離を置き、またすぐに重ねあう。 存在感の大きな巨乳のアイドルの爆乳のおっぱいが、胸板に心地よく潰れた。「んふぅ……んむん」 熱っぽく押し付けてから再び離れ、今度は薄く開いた唇に、ヤリマンの地下アイドルの上唇を挟み込む。上下の口唇粘膜でやさしく刺激してから、同様に、下唇を刺激する。(ああ、嘘みたいだ……。あの美月ちゃんの唇を僕が……) 憧れの地下アイドルとのフレンチキッスに、興奮が堰を切る。 半開きにした口腔を真正面から重ね、少し強めに吸いつけた。 舌を求められたことに気づいた美人のアイドルは、生温かいその器官をおずおずと差し出してくれた。夢中で俺は唇を筒状にして、清純なアイドルのピンクの舌を愛撫した。「ぬふん……あふうう……むほうううっ……ぶちゅちゅっ……はふううっ……ほううん」 セックスフレンドの地下アイドルの蜂腰に回していた手指を下方に這わせ、丸いヒップを撫で回す。 アイドルの女体が小刻みに震えるのをいいことに、すべすべの尻肌を嵩にかかって触りまくる。「ミツキさん。俺、もうたまりません!」 清楚なアイドルのすべやかな蜜肌に、脳みそが蕩けだしそうなほど興奮した僕は、白い太ももに手を回し、そのまま抱え上げた。 軽い女体を持ち上げ、自らの腰位置にアイドルの腰部を運ぶ。 抱きかかえたままくるりと体を反転させると、セックスフレンドのアイドルがお尻を付けていた湯船のヘリに腰を落し、慎重にちんこで肉孔の位置を探った。「あ、あぁ……」 眼を閉じたままで意識があるのかも判らない巨乳のアイドルの顎が、軽く縦に揺れたように見えた。 それは僕の挿入を赦してくれた合図。清楚な地下アイドルは女体の全てを発情色に紅潮させ、おんなの匂い立つばかりの色香を発散させている。 俺が覚えているどのアイドルよりも、いま目の前のかわゆい地下アイドルは美しく光り輝き、なおかつ妖艶さを増している。「挿入れますよ……」 抱え込んだ太ももの位置を微妙にずらし、自らも腰を揺すって、オチ○チンの切っ先をマンコにあてがった。 疼きまくるち○この上に、ゆっくりと20代のアイドルの軽い体重を落としていく。「んっ! あううぅっ……は、挿入ってくる……ゆうきさんが、みつきのマンコにぃ~っ」 久しぶりに男の侵入を許す緊張感が、肉孔からも伝わる。にもかかわらず野太い傘頭は、清純な地下アイドルのおまんこのなかにヌルンと埋もれた。 首筋に巻きつけられた白い腕が、必死にむしゃぶりついてくる。「ああぁあああああああああんっ!」 浴室に、地下アイドルの甲高い呻きがこだました。 腕の力がさらに強まり、セフレのアイドルの大きな巨乳のおっぱいが、ぶにゅんと潰れる。
 
 数年ぶりに巨魁がめり込む衝撃に、ちょいぽちゃのアイドルは白い歯列をがちがちとかみならし、開帳した太ももをぷるぷると震わせている。アイドルの前髪をべったりと額に張りつけ、眉根を寄せる苦悶の表情が、さらに俺の情動を煽った。「おっ、おっきい……ふ、太くて、硬くて……ああ、充希、あそこをこじ開けられちゃぅぅ~~っ!」 くんとエラ首をかろうじて呑み込んだあたりで、セフレのアイドルが切なげに吐息をついた。 長らく閉鎖されていたヤリモクのアイドルのお○んこは、相当に狭隘になっていて、人並み以上のサイズを誇るち○ちんに眼を白黒させている。「痛いですか? ひどく苦しそう……。無理せずに、これで止めておきますか?」 僕のやさしい気遣いに、けれどセフレのアイドルの細い首が左右に振られる。「大丈夫だから、続けて……。みつきの奥にまでゆうきさんのチンコを……」 健気に促してくれる地下アイドルに、僕はうんと頷きかえす。「判りましたよ。じゃあ、お腹から息を吐き出してください。力を緩めた方が、苦しくないはずですから……」 以前出会い系サイトのPCマックスで出会ったセフレが、そうしていたことを思い出し、アドバイスした。「ああん、ミツキの方がお姉さんなのに、ごめんね。気を遣わせて……。こうかなあ……お腹から息を吐き出すのね……」 言いながら指原莉乃激似の地下アイドルが、赤い花びらのような唇から、すーっと息を吐き出していく。薄らと熟脂肪を載せたお腹が緩むと同時に、きつきつのおまんこがその柔軟さを取り戻す。 ここぞとばかりに俺は、返しの効いたチ○コをおま○こにしっかりとからませ、まんこの奥を目指した。爆乳のアイドルの細腰を支える腕から少しずつ力を抜くと、自然とオマ○コがズブズブズブッと咥え込んでくれる。「んふぅ、挿入ってくる……ゆうきさんの大きなおちん×んちんちんが、充希の膣中にぃ~~」 使われていなかった錆を落とすように、極太の亀頭部で磨き上げながら緩やかに深部を目指す。 ヤリマンのアイドルの新鮮なオマンコが、奥へと誘うように蠢くのは、未だ絶頂の名残があるせいか。 十分な潤みも手伝い、清純なアイドルの狭隘なオマ○コを切り拓くのは意外にスムーズだった。「っく、うふぅぅ、はふうう、あ、ああ……っ」 アイドルの苦悶の表情も徐々に緩み、その喘ぎも、徐々に鼻にかかった物へと変化して、甘いニュアンスを載せている。 重苦しいまでの充溢感と共に、猛り狂うおちん○んにしこたま引っかき回される感覚に、指原莉乃激似のアイドルは豊麗な女体を芯から蕩けさせているのだ。 大き過ぎるサイズが苦しいには違いないのだろうが、眠らされていた女がざわめいて、ペニスをさらに奥まで吸い込もうと絡みつく。
 
「ぐふうううううっ」 清純な地下アイドル同様に、僕もたまらなかった。 温めた濃厚なゼリーの細管に、むきだしのちんぽを漬け込むようで、俺の敏感な部分が否応なく擦れまくるのだ。 ごつごつザラザラと派手に起伏したあげく、蕩ける滑らかさは名器そのもの。 しかも、キュートなアイドルのまんこに密集した襞がしっとりと吸い付き、きゅんと締め付け、舐めまわすように蠢いている。 その絶妙な感触に僕は、羽化登仙、法悦の境地を彷徨った。 そこには、ずっと憧れていたアイドルに挿入できた精神的満足も加えられ、僕をめくるめく快楽へと引き込んでいくのだ。「うおあああ……っ」 深くやわらかさを兼ね備えたオマ○コは、もっちりトロトロになって勃起おちんちんを付け根まで呑みこんだあげく、さらに奥まで引きずり込もうとする勢いだ。「挿入りますっ……まだ挿入れられる……。ううっ、僕のち○ちんが全部呑みこまれる!」 まさしく俺が挿入しているのではなく、むっちりのアイドルに呑み込まれている感覚だ。「あ、あぁ! これ凄いっ! あっ、ゆうきさん、凄いっ……こんなに深く、おおぉ、おくぅうううッ!!」 セフレのアイドルがぶるぶるとわなないて仰け反った。奥を打ち付けられたアイドルが「ふひん!」とはしたなく女啼きして、初期絶頂に身をのたうたせた。「ううっ……ゆうきさんのチンチン凄すぎよぉ……。こんな奥を突き上げられたの初めて……イッ、イッちゃった……充希はしたないわね。またイッちゃったわ……」 ヤリマンのアイドルは啜り啼きながら全身を鴇色に染めて硬直させている。軽いとはいえ、セフレのアイドルの絶頂した女体は、むっちり太ももが鳥肌を立てぶるぶると震えている。 いま責めれば、セフレのアイドルも一気に堕ちる風情だ。 俺の願望が、すべてここに成就したと言っていい。 憧れのアイドルと結ばれた上に、自らのチンチンで、あられもなく絶頂を極めさせ、おんなの悦びに浸らせることができたのだ。 俺自身、この上ない悦楽を極上のまんこに与えられ、数回動かしもすれば歓喜の放精が約束されている。 凄まじいまでの感動に満ちた合一感に貫かれ、脳天が開いてしまいそうなほどの甘美な多幸感に酔い痴れていた。「あふぅ……俺もです。みつきさんのお○んこ、すっごくいいっ! 生暖かくって微妙に蠢いていて、挿入れただけででちゃいそうです」 何とか昂ぶる気持ちを鎮めようと、深呼吸をする。けれど、首筋の腕に、再び力が込められ、ゼロ距離で密着している肉体が、さらにべったりと一つになると、またぞろ穏やかでいられなくなる。「あはぁ……凄い、こうしているだけで、びくんびくんしちゃうの……。もの凄くしあわせなのに、熱くって、気持ちよくて、恥ずかしい程、美月イッてしまうの……」
 
 子宮口と鈴口が熱いベロちゅうを交わしているから、余計にヤリモクのアイドルは切なくなり連続絶頂にわななくのだ。 僕にも伝わる手応えは、受精を求めて子宮が下りてきているのに他ならない。合一感が多幸感を生み、悦びがぐんぐん昇華され、小さな絶頂の波が幾たびも訪れて、かわいい地下アイドルの豊麗な肉体のあちこちをびくんびくんと震わせている。「あふうっ……くうんっ、んんっ……ンッ……ああ、どうしよう……イクの止まらない……恥ずかしいのに、何度もイッちゃう……」 穏やかに肌を交わらせているだけなのに、互いの存在を感じあう。時折、切なくなった勃起を埋めたまま嘶かせると、アイドルもやるせなさそうに細腰をくねらせる。「ふぅん、ああ、いい……っくふぅ……充希、気持よすぎて、壊れちゃったみたい……こ、こんな姿、恥ずかしすぎるわっ」 アイドルの肉感的な女体が、断続的に痙攣を繰り返す。さらに、エンストのようなぎくしゃくした動きと、派手な引き連れが続く。「あはん、あっ、あぁっ、イッ……くぅ~~っ……」 清楚なアイドルはぶるぶるぶるっと背筋を震わせると、その余波のように柔襞が蠢いた。セフレの地下アイドルはじっとりと瞳を潤ませ、女体の隅々に広がる喜悦の波を味わいつくす。 扇情的に唇をわななかせ、細眉をくの字に曲げた悩ましいイキ顔。セフレの地下アイドルの上品な美貌がよがり崩れると、ひどく卑猥に映る。そのエロ貌にも触発された僕は、やるせなさに懊悩した。少しでも地下アイドルに負担をかけぬよう自重していたものの、そろそろ限界が来たらしい。「くっ、ぐうぉぉおおおおっ! あ、ミツキちゃん、いいっ! 気持ちよすぎて、もうっ! 最高のエロおま○こに、チンチンが熔けそうです!! と、溶ける前に動かしますよ! ミツキちゃんっ!」 我慢の限界を超え脂汗さえ浮かべ俺が叫ぶと、貫かれたアイドルの女体は了承するようにヒップを震わせた。「ぐふううううっ、おああ、充希さん……あや……かぁ~~っ!」 愛しいその名を呼びながら、テクニックなど忘れ、ロングストロークでぐいぐいと腰を使いはじめる。 入り口から最奥までの擦れ具合のよさを堪能し、奥をずんずん突き上げる。「ああぁぁぁ! あぁぁ……っ。だめぇっ……あはぁ、凄すぎて、イクの止まらないっ……はぁぁ……ああああぁぁぁん!」 ヤリマンの地下アイドルのマンコの一番奥を突き上げられるたびに熟れた女体から大きな声が漏れ、亀頭が引き抜かれる際には、魂が抜け落ちるかのような吐息に変わる。「壊れちゃう……ねえ、充希、壊れちゃう……ダメぇっ……そんなに激しく突かれたら、し、子宮が、子宮が痺れちゃうぅううっ! あっ、またイクっ、美月、イクっ、イッ、クぅ~~ぅぅっ!」 強大な亀頭部で地下アイドルのまんこをかき分けて貫き、奥を突き上げては腰で捏ね、カリ首で肉壁がめくり返るほどむきだし、ゴツゴツのちんこで擦り回し、いやというほどアイドルをイカせまくる。「はうううっ……あはぁ、あん、あん、ああん……うふぅっ……凄いっ、ねえ、凄いのぉ~~っ」 20代のアイドルはあられもなくイキ乱れる。だが地下アイドルもただされているばかりではなく、艶尻を妖しいまでの練り腰でくねらせ、俺を搾り取るように、オマンコをぬちょぬちょと蠢かせている。「ぐうぉおおおっ、ヴふぅ……みつきちゃんも凄いっ。イキオ○ンコが、僕の精子を吸い取ろうとしていますよぅ~~っ」 なんとか俺の肩に捕まりバランスを取っているが、もう清純な地下アイドル自身は何もできない状態に等しい。抜き挿しされるチンチンに全身を翻弄され、意識も朦朧とさせている。そのくせ、清純な地下アイドルの熟れたおまんこだけが本能のままにペ〇スを崩壊させるべく挑んでくるのだ。「美月さんの熱くてヌルヌルのイキおま○こ、超気持ちいいっ! ごめんなさい……気持ちよすぎて、僕、もう……っ」 
 
ほとんど理性など霧散させていたようなセフレの地下アイドルだったが、力強い動きを繰り返す俺の口から出た、何かを訴えるような声に、何とか反応を示した。「あ、ああぁ……。そのまま、きてっ……いいのよ……ヤリモクの地下アイドルの膣中に……あはぁん……中出ししてっ……熱いゆうきさんのザーメンを……んっ……sexフレンドのアイドルの子宮にかけてぇ……」「でも……」 さすがに現役アイドルに中出しはまずいのではと憚られ、躊躇してしまう。そのくせ、込み上げる射精衝動に腰の律動は止められずにいる。「大丈夫だから……きょ、ゆうきさんの精子……あ、あぁ、あ、みつきに……ああぁん」「あ、ありがとうみつきちゃんっ!」 夢ですら果たせなかったsexフレンドのアイドルへの中出しが、現実になろうとしている。その悦びに、まずは僕の頭の中で射精が起きた。「もう、でちゃう……でるよ……みつきさん!」 20代のアイドルのお○んこの最奥まで突き込んだ状態で腰の動きを止める。チンチンがぶわっと広がる瞬間、麗しの朱唇をもぎ取った。「んんっ!」と呻きながらも従順に舌を絡ませたアイドルが、群発アクメの快感痙攣で、おま○こをくねくねと蠢かせ、僕の射精を促してくれる。 ち○ちんの切っ先は、とうに子宮口の窪みを捉えていて、戒めを解くだけで熱いザーメンを流し込むことができる。 そのきっかけを作ったのは、ヤリモクの地下アイドルのむぎゅっと抱きしめるような締め付けだった。「一滴残らず、子宮にかけて!」と、望むアイドルが、俺の誘発を誘った。(むうぉおおおおおっ! でているっ! ついに俺はセフレのアイドルの膣中に中出ししているんだぁ~~!!) そして俺が「イッて、いいの?中に出していいの?」と言いながらセフレのアイドルのまんこの中にザーメンをたくさん中出しした。耳鳴りがキーンと凄まじい音量で響き、僕の多幸感に拍車をかける。「あああああああああぁぁぁ! あはん、あはぁ……はぁあぁぁ……あぁぁ……」 灼熱の精液を子宮に浴びた指原莉乃激似のアイドルの絶叫が浴室に響く。押し寄せる怒涛の快美感に、これまで以上の喜悦が押し寄せ、アイドルは啜り啼きながらアクメを貪っている。「あっ、あん! イクっ! 美月、イキすぎて、もう戻れないかも……あはぁ、もうダメぇ……イク、イク、イクぅっ……イッちゃううううううぅぅ~~っ!」 二度三度と放精した礫が、巨乳のアイドルの子宮に命中するたび、びくんびくん、びくびくんと派手にイキまくる。 はしたない悲鳴を上げ、俺の太ももの上でのたうちまわり、ついに体のバランスを取ることもできなくなったsexフレンドのアイドルの女体を、危ういところで僕がその太い腕でやさしく受け止めた。
 
出会い系サイトピーシーマックスでの20代の地下アイドルとのはめどりセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓






























































 
今回セフレの地下アイドルとすぐただまんsex出来た出会い系はPCMAXです。
 
なおPCマックスを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと即エッチできる奇麗な女の子と出会ってsexフレンドにしてタダマンセックスできませんので、ピーシーマックスに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ピーシーマックスのような出会系コミュニティで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで具体的に説明していますので参考にしてください。
 
⇒出会い系サイトPCMAXの詳細はこちら
 
※ピーシーマックスは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.