deaikeitaiken_novel

【ハッピーメールハメ撮り】ロリメイド喫茶店員と中出しsex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
自分は相も変わらず出合い系アプリで激カワの女性と出会いまくって、タダマンsexをやってヤりまくっています(*^^*)
 
さて、今回は即出会いできる悪徳でない出合い系コミュのハッピーメール(happymail)で出会った永野芽郁似のバージンのロリメイド喫茶店員と京都府宇治市で会ってセフレにして今からすぐオフパコsexをしてきたのですが、はめ撮り写メがいっぱい撮れましたのでレポします。
 
※この記事には過激なsexのはめどり写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出合い系SNSのハピメで出会った女性はロリメイド喫茶店員で、名前は咲良さんといい、顔は永野芽郁似のどえらい美人でした\(^o^)/
 
出会い系サイトハピメでの永野芽郁似のロリメイド喫茶店員のプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトハッピーメール(happymail)でのセフレのメイドカフェ店員の掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
ロリメイド喫茶店員とは、出合い系コミュのハッピーメール(happymail)で知り合ってLINEでやり取りした後、宇治駅近くのおしゃれな個室居酒屋に飲みに行った後エッチしてもOKとのことだったのでいつものようにラブホテルに行ってハメ撮りエッチをしました。
 
俺と清純なロリメイド喫茶店員が京都府宇治市の宇治駅周辺のラブホの部屋に入った。バージンのメイド喫茶店員はメイドカフェでバイトをしてるというので、その衣装に着替えてもらった。「うふふ、このメイド服は、カワイイでしょう。似合うかしら? ばれてしまったゆうきさんに、もう一度見て欲しかったから……目の保養にもなるでしょう?」 スタイルのいいメイド喫茶店員はさばさばとした口調ながら、何かしら熱を帯びた眼差しが降り注がれている。それにこそばゆさを感じるものの、決して居心地の悪いものではない。「確かに眼福です。すっごく似合っていますよ」 お世辞ではない。実際、ひどく似合っている。 メイド喫茶では、その姿を見られることが清純なロリメイドカフェ店員たちの仕事だから、メイド服も目を惹くように工夫されている。 それにしてもと、あらためて僕はロリメイドカフェ店員の姿を舐めるように見回した。(いったい、あのスカートの裾はどうなっているのだろう? なんで、あんなに跳ね上がっているんだ?) 漏斗を逆さにしたようなミニ丈のスカートは、裾が外側にぴんと跳ねている。貧乳のロリメイドカフェ店員のスカートの中が丸見えになるのを、純白のペチコートが、レースのカーテンさながらに際どく隠していた。(スカートの丈は、ニーソックスとの絶対領域を意識しているよなあ……) セフレのロリメイドカフェ店員の膝小僧までを覆う白いニーソックスと超ミニ丈のスカートの境目。そこに覗くロリメイド喫茶店員の生の太ももが、悩ましくもソフトに僕を挑発してくる。 清楚なメイド喫茶店員の美貌とそのメイド服は、アンバランスにも思えるが、かえってそれが艶めかしい雰囲気を醸し出している。しかも、バージンのロリメイドカフェ店員のモデル顔負けの体型に、ぴったりとフィットしているのだ。清純なメイドカフェ店員が裸身にバスタオルを巻いただけで恥ずかしそうにしていた姿も魅力的だったが、その姿は、あらたな10代のロリメイド喫茶店員の魅力を導き出しているように思えた。 しかも、セックスフレンドのロリメイドカフェ店員がしっかりと僕に目の保養をさせようと、目の前でくるりと回ってくれたりもするものだから、その誰よりも魅力的なお尻が強烈なインパクトを持って俺の眼に飛び込んでくるのだ。(ああ、あのお尻ヤバすぎる! おっぱいが尻たぶになったみたいだぁ……) セックスフレンドのメイド喫茶店員が履いているパンツは、いわゆる見せ下着なのだろうが、その布地の面積はいたって狭く、こんもりと盛り上がった尻たぶの半分も隠せていない。「さくらさんのお尻、男には眼の毒じゃない? 男の視線が、そこに集中しているでしょう?」 僕が真顔で羨んだきれいなロリメイド喫茶店員の美尻は、まるで西洋人のそれのよう。 引き締まったふくらはぎから、むっちりとした太ももに連なり、その境目から突然の如くぶりんと尻肉となって盛り上がるのだ。 決して俺はお尻フェチではないが、未成年のメイド喫茶店員のお尻は別格で、むしゃぶりつきたくなる自分を抑えるのに必死だった。「えーと。そ、それで、どうして?」 込み上げる欲求を抑えるために、俺はバージンのメイドカフェ店員を促した。 セックスフレンドのメイドカフェ店員は、もう一度くるりとターンしてから、僕の側に腰を降ろす。 ふわりとスカートの裾がめくれ、ピンクの見せ下着が艶めかしも覗けた。 10代のメイド喫茶店員は慌ててスカートの裾に手をやり、正座する。美形のメイドカフェ店員は目元まで薄っすら赤くしているのは、いまのハプニングへの恥じらいか、はたまた僕の前で挑発的なコスプレをしての興奮からだろうか。「わ、私ね、メイド喫茶でバイトしているの。もちろん、秘密のバイトよ」 幾分、恥ずかしそうにしているものの、悪びれた様子もなく細身のロリメイド喫茶店員が話しはじめる。「バイトって……お金が目的じゃないですよね……」
 
「では、なぜ?」と促すまでもなく、自称処女のロリメイド喫茶店員は言葉を紡いでいく。「女子高の学園祭で……メイド喫茶をしたのがきっかけなの……。羽目を外すのが愉しかったのと、なんていうか……男の子たちのエッチな視線が……うれしくて……」 実はそれ以前からロリメイドカフェ店員には、メイド服に限らず、コスプレ趣味があったらしい。バージンのメイドカフェ店員は趣味として一人で愉しんでいたらしいのだが、それ以来見られる悦びにはまったらしいのだ。  赤裸々な打ち明け話をする永野芽郁激似のロリメイドカフェ店員に耳を傾けながらも、ついつい視線はスレンダーなロリメイド喫茶店員の露出した太ももや強調された胸元に引き込まれてしまう。「いつか、こんなふうに誰かに知られてしまうのではって怖かった。でも、その人がゆうきさんで、よかった……」 見る見るうちに微乳のロリメイド喫茶店員の瞳が潤みだすのを見て、僕は心臓をドキリとさせた。 今まで見たこともないほどの色香を清楚なメイド喫茶店員が漂わせているからだ。(ああ、桜さんの瞳って、白目がとても大きくて、その分白く輝いて……すごくきれいだ……!) キュートなロリメイド喫茶店員の白く澄んだ瞳は、どこまでもキラキラと輝き、不純なものなど全て見透かされそうで怖かった。「あのね、ゆうきさん。私決めていたの……。誰かに見つかったらどうするか……」 永野芽郁激似のメイドカフェ店員の美しさ、匂い立つような色香に、魅入られて陶然としている僕のそばに、メイド服がにじり寄った。 まるで童貞少年に戻ったように、体が強張り動けない。その俺の鼻先を、ふわりと甘い匂いがくすぐった。「えっ? わ、わ、わっ、ちょ、ちょっと桜さん?」 四つん這いになった処女のメイドカフェ店員が、俺との距離を詰めたかと思うと、ジャージの股間部に顔を埋めるようにした。しかも、その手指は、俺の腰のゴム部に伸び、ずり下げようとしてくる。「これは、口止め料の代わりに……」 メイド服のメイドカフェ店員が、突然の奉仕をしてくれようとしている。その淫靡なシチュエーションに、条件反射の如く俺のちんぽにどっと血液が流れ込む。 その一方で頭の中では、永野芽郁似のメイド喫茶店員とまで不適切な関係を結ぼうとしているこの状況に戸惑っている。「桜さん。これは、まずいです。こんなことをしなくても、僕は誰にも言いふらしたりしませんから……」 しかし、僕のお断りは言葉ばかりで、下腹部はあっという間にその気になっているのだから、まるで説得力を持たない。それどころかメイドカフェ店員がジャージをずり下げる手伝いをして、お尻を持ち上げてさえいるのだ。「うふふ。言葉の割に積極的じゃない。本当は、咲良にして欲しいのでしょう? 素直になりなさい。今ならゆうきさんがして欲しいこと、何でもしてあげるわよ……」 色っぽい眼差しで僕のジャージを脱がし終えると、セフレのメイドカフェ店員は自らの背筋に手を回し、じじじとファスナーを降ろしにかかる。「あっ! 待った。桜ちゃん、そのまま。そのメイド服を着たままの桜ちゃんに……し、して欲しいです!」「うふふ。かしこまりました。ご主人様。メイドカフェ店員はこの姿で、ご奉仕させていただきます」 バイトとはいえ、18歳のロリメイド喫茶店員はメイドとして勤めているのだから板についている。床に三つ指ついて丁寧な礼をしてから清楚なロリメイドカフェ店員は、俺のち○ちんに手を伸ばしてきた。「あ、さくらちゃん。本当に、何でもしてもらえるのですか?」「はい。ご主人様。今後、サクラは、ゆうきさんの専属メイドにしていただきますから、なんなりと……」 いまやバージンのメイドカフェ店員が紅潮させているのは、目元ばかりではない。耳まで真っ赤にさせて、俺に傅いている。微かに汗ばんでいる様子から、ロリメイドカフェ店員の興奮が感じ取れた。「じゃあ、僕の顔に跨ってください。桜さんのそのお尻を俺の顔の上に載せて……。そうしながら俺のおちん○んを……」 俺の淫らな求めに、ロリメイド喫茶店員はその大きな瞳を丸くさせた。数瞬の躊躇の後、消え入るような声で、返事がつぶやかれる。「咲良のお尻に埋もれたいのですね……。か、かしこまりました」 思い切ったらしい口ぶりの永野芽郁激似のメイドカフェ店員だったが、さすがにすぐには実行に及ばない。 その18歳のロリメイド喫茶店員を僕は、カーペットに身を横たえて大人しく待った。「で、では、失礼いたします……」 ようやく動き出したメイドカフェ店員は再び四つん這いになり、身体の向きを変えてから、そのすんなりと伸びた美脚で僕の頭を跨いだ。「ああん。ご主人様の言いつけとはいえ、恥ずかしいです……」 すっかりメイドになりきったままのメイド喫茶店員が、ぶるぶるっとお尻を左右に振った。 込み上げる羞恥に、ロリメイドカフェ店員は震えが起きたのだろうか。 天使が両脇から見えない手で持ち上げて支えているような、微乳のメイドカフェ店員の扇情的な尻たぶが、ゆっくりと僕の顔めがけて降りてくる。「ご主人様ぁ。本当によろしいのですか? さくらのはしたないお尻などお顔に載せても?」
 
 まるでグラマラスなヒップが口を利いているようで、俺は勃起ち○ちんを嘶かせた。「遠慮せずに、お願いします。咲良ちゃんのお尻を……」 清純なロリメイド喫茶店員はニーソックスを履いているため、ピンクの見せ下着だけしかそのお尻を覆っていない。 みっしりと中身の詰まった可愛らしいメイドカフェ店員の左右の尻たぶが、その薄布を引き裂かんばかりに左右に大きく張り出している。 真ん丸な輪郭を描きながら、バージンのメイド喫茶店員の蜂腰に向かって急激に絞られていく尻肉曲線は、地球上のいかなる芸術作品も敵わない。 ロリメイドカフェ店員は目いっぱいに腰を後ろに引き、セクシー極まりない体勢でお尻を突きだすようにして、ついに尻肉のやわらかな一部が、俺のほおに触れた。 途端に、びくんとメイド喫茶店員の尻たぶが揺れる。 俺はごくんと生唾を呑み、降りてきたメイド喫茶店員の太ももに両腕を絡める。 さして高くない鼻先が、清楚なメイドカフェ店員の尻の谷間に挟まると、ゆっくりと降りてきたお肉に顔全体を覆われた。「ああん。サクラ、ついに、ご主人様のお顔の上に、お尻を載せてしまいましたあ……」 羞恥に女体を震わせながらも、セックスフレンドのメイド喫茶店員はマンコを濡らしている。 匂いの源泉が鼻のすぐそばにあるのだから、それが判らぬはずがない。「ぶふぉ……こ、これがサクラちゃんのお尻の感触……。ふっかふかでやわらかい……。あんなに大きなお尻なのに、なんて軽いんだ!」 文字通りメイドカフェ店員の尻に敷かれているので、くぐもった声にしかならない。 薄布一枚にしか隔てられていない18歳のメイド喫茶店員の尻肉の素晴らしい感触に、興奮のあまり早くも射精してしまいそうになる。 思い切りしごきたかったが、永野芽郁激似のメイドカフェ店員の手前そうもいかない。 やむなく俺は、そのやるせない想いをぶつけようと、ぺちゃぱいのロリメイド喫茶店員の尻肉を両サイドから鷲つかみにした。 肉の充実を確かめるように、グリグリ捏ねまわしたり、ロリメイド喫茶店員の尻たぶの輪郭に沿って撫で回したり、自らの顔に押し付けるようにぐいぐい内側に押したりもする。「あはん。あっ、ああぁん、そんな……ご主人様、激しい……っ」 息継ぎも兼ねて、ロリメイドカフェ店員の両の尻丘を左右に割り開き、拡げては元に戻し、かと思えば、またも力いっぱい中央に押し付けて、顔にまとわりつくかわゆいロリメイドカフェ店員の尻肌のしっとりすべすべの感触を堪能する。(もっと、もっとさくらさんのお尻を味わいたい!) セックスフレンドのロリメイド喫茶店員の美尻の魅力にすっかり虜となった僕は、それだけでは飽き足らず、舌を伸ばし口腔をもぐもぐさせて、尻肌を舐めつくす。「あっ、あぁっ……。そんなこと……ご主人様ぁ……」 グリグリと鼻先で谷間を擦り、メイド喫茶店員の下着の上からお構いなしに、何度となくキスの雨を降らせた。 激しすぎる尻愛撫に、たちまちのうちにロリメイド喫茶店員の美貌が愉悦の汗に濡れる。あえかに開いた口元から、快楽の溜息が零れている。「ああ、桜さん、サクラさん!」 顔面騎乗する美尻の下で、あまりに僕が蠢くため、申し訳程度に尻を覆っていた薄布が徐々におま○この割れ目の間へと押し込まれ、完全なTバック状態になっていく。「あっ! あぅっ! ひやん! ご、ご主人様、いけません。あひぃ! あぁんダメですぅっ!」 下着が細いひも状になったお蔭で、メイドカフェ店員のオマ○コの位置が確実となり、そこを懸命に鼻先でほじった。 猪が土を掘るように、処女のロリメイド喫茶店員の縦割れを掘り起こすのだ。 股布が濡れそぼり、むうっとしたおんなの匂いが立ち昇る。その黒い濡れシミを俺は舐め啜り、セフレのロリメイド喫茶店員のエキスを吸った。「あ……あぁん……。ご主人様のちんぽ、切なそうですぅ……申し訳ありません。あんまり気持ちがよくて、ご奉仕を申し付けられていたのを忘れていました……」 いきり勃つおち○ちんにようやく気づいたロリメイドカフェ店員が、白魚のような手指を巻き付けてくる。「あぁ、大きいのですね。ご立派です……。後で、サクラの中に頂けますでしょうか? あぁぁん……またそんなにほじらないでくださいぃっ!」 ちんぽに絡みついた貧乳のロリメイド喫茶店員の細い手指が、猛烈な勢いでしごきはじめる。カウパー氏腺液が繊細な指先を穢し、そのお蔭で幹を滑る動きが滑らかさを増していく。「ぶうぉおおおっ! さくらちゃん、すっごい気持ちいいです! 咲良ちゃんのオマンコのいい匂いを嗅ぎながら、おちん○ん擦ってもらえるなんて!」 快感に俺の尻愛撫も見境がなくなる。尖らせた唇で、セフレのメイドカフェ店員の敏感なクリちゃんを擦り上げながら、薄布からはみ出した外陰唇を甘がみした。「ひやぁぁん! あっ、あっ、ああっ、肉芽、擦れています! あはぁっ、咲良、気持ちよくなり過ぎてるぅ~~っ!」 堪えきれない快感に、自称処女のメイドカフェ店員の細腰が頼りなく揺れはじめた。 顔騎がわずかに緩んだところを、首を上げて永野芽郁激似のメイドカフェ店員の美尻を追い、グリグリと鼻で抉り返しながら陰唇へのフェラチオ刺激を繰り返す。 尻肉ばかりでなくマ○コまで貪られたセフレのメイド喫茶店員は、僕の顔の上に落ちては浮かせを繰り返している。「ひうん、はふぅ……。ご、ご主人様ぁ、咲良、もうダメです。あっ、ああぁっ」 やがて腰を浮かせることも叶わなくなったsexフレンドのロリメイドカフェ店員の尻は、ついに僕の顔に全体重を乗せた。 それまでは恥ずかしさや遠慮もあって、清楚なロリメイドカフェ店員なりに全てを任せてはいなかったようだ。(ぐはああああ……こ、これが咲良さんのお尻の重み……。い、息苦しいけど、最高にしあわせだぁ……) 口と鼻がメイド喫茶店員の割れ目に食い込んでしまったせいで、呼吸がひどく苦しい。それでも俺は、ここぞとばかりに深呼吸を繰り返し、メイドカフェ店員の股間に深く潜り込む。「あっ、あっ、ああぁん、セフレのロリメイドカフェ店員、ご主人様にご奉仕したいのに……。もう身体に力が入りません……あっ、ダメです。吸っちゃダメぇ……」
 
 口刺激を止めようとしない俺に、ロリメイド喫茶店員はすます身体を痺れさせる。甘い呻きと共に、未成年のメイド喫茶店員は力の入らない蜂腰をくねくねさせて、おまんこの奥から熱い淫液を滴らせている。 蜜汁のたっぷり沁みた薄布を僕が、ちゅうちゅう音を立てて吸うと、ひどく羞恥を煽られた未成年のメイドカフェ店員が、おんならしいくびれをいたたまれないといった風情できゅっと捩る。「お願いです。ご主人様。そんなに吸わないでください。恥ずかしすぎです。きゃうっ! ああ、ダメぇ、そこも吸ってはいけませんんんんん~~っ!」 羞恥する10代のロリメイドカフェ店員の股座で、ふるふると震えるオ○ンコを僕は再び貪った。 粘膜質の鶏冠状肉を口先で甘がみし、こりこりした感触を堪能する。咥えたまま、さらに薄布から引っ張り出して、舌先で存分に洗ってやる。 力尽きたロリメイドカフェ店員が、ついにガクンと前のめりに頽れた。 そのメイド喫茶店員のお○んこに、硬く尖らせた舌先を穿つ。「ふひぃっ! ああああああああああっ!」 紅く充血した粘膜質の肉襞を舐められる感触に、力尽きたはずの美尻が再び浮き上がる。 はしたなく零れ落ちる官能の喘ぎは、微乳のロリメイドカフェ店員が限界に近づいている証だ。「あはぁ……ダメです。咲良、はしたなくイッてしまいます……ああん、さくらも、ご主人様をぉぉぉ~~っ」 びくんびくんと内ももやオマンコをヒクつかせ、メイドカフェ店員がイキ極めるのは間近と見えた。 けれど、その未成年のロリメイド喫茶店員から突如の如く、逆襲をくらった。「えっ? ぐわわわわわぁっ! あ、さくらさん!」 前のめりに突っ伏したかわゆいメイド喫茶店員の視線の先に、僕のチン○ンがそそり立っていたのだろう。忙しない嘶きを繰り返し、すっかりカウパー氏腺液まみれとなっていたオチン○ンを苦し紛れにセフレのロリメイドカフェ店員がその唇で咥え込んでしまったのだ。 突然、起きた凄まじい快感に、僕は眼を白黒させて呻いた。 すでに白魚のような手指で擦られて下地ができあがっていた上に、セフレのロリメイドカフェ店員の魅惑の顔騎に昂ぶりも上限に達している。そこをフ○ラチオされたのだからたまらない。 あっという間に余命いくばくもない状況にまで追い込まれてしまった。「ぐふううっ。サクラちゃん。気持ちいいっ。もの凄く気持ちよすぎて、イッちゃいそうです! 危ないから口を離して!」 ロリメイド喫茶店員の唇は、あまりに上品で穢すには忍びないと、射精衝動を懸命に堪えた。「ああん。そんなこと仰らないでください。構いませんから咲良のお口に……欲しいのはさくらなのです。ご主人様の濃いザーメンを、セフレのメイドカフェ店員のお口にぃ……」 口腔粘膜の生暖かさに、上下運動まで加えて、ぺちゃぱいのロリメイドカフェ店員は俺の崩壊を促そうとする。処女のメイド喫茶店員は玉袋までやさしくマッサージされて、いっそう勃起ちんぽを硬くさせる。「あぁ、咲良ちゃんっ! 俺、俺ぅ……」 メイド喫茶店員の口腔の中で、ちん○んをぐぐぐっと膨張させる。腰を突き上げさせ、ロリメイド喫茶店員の口唇を犯した。 それでも自分だけが果てるのはご免だと、首を浮かせ鼻先を再びオマンコに埋め込ませ手ほじり回す。 手指をメイド喫茶店員の一番敏感な豆に運び、指先で摘まんでは優しくすり潰した。「むふううううう……んひぃ……イクっ、清楚なロリメイドカフェ店員、イクぅっ……!」 俺を咥えたままようやく18歳のメイド喫茶店員がイキ極めたのを見届けた男は、慌ただしく腰を蠢かせてからその動きを凍りつかせた。「イクっ! 桜さん、俺もいくぅ~っ!」 バージンのロリメイドカフェ店員とほぼ同時に、俺はチンポの先端から多量の精子を迸らせた。 欲望が打ち上げ花火のように噴出して、ロリメイドカフェ店員の喉奥をびゅびゅっと打った。「ひうん! すごいっ! ああ、ご主人様の凄い量っ!」 喉奥に溢れるザーメンに、げほげほとsexフレンドのロリメイド喫茶店員は噎せ、たまらずオチ○チンを吐き出した。 それでも続く射精衝動に、ロリメイドカフェ店員が右手を巻き付けて、全て放精できるようにしごいてくれる。 俺の凄まじい射精にあてられたのか、呆けたように射精快感を味わう俺の顔面に、ロリメイドカフェ店員がオマンコを押し付けて刺激を味わっている。 冷めやらぬ興奮に、俺はさらに二度三度と腰を痙攣させ、なかなか止まらない強烈な快感に酔い痴れた。「ああん。すごい量ですね! なのにまだ出そう……。射精したばかりなのに、まだ辛そうにこんなに勃たせているなんて……」 メイド喫茶店員はうっとりとした口調でなおも亀頭裏筋に手指を絡ませ、射精刺激を加え続ける。セックスフレンドのメイド喫茶店員は勃起おちんちんにほおずりまでして、指先で追いかけてしごきまくる。 美尻がびくんびくんと断続的にヒクついていることから、セフレのロリメイドカフェ店員も未だ絶頂余韻に酔い痴れているのだろう。「ぐふうううっ。咲良ちゃん、俺、この頃ひどく性欲が増していて、一度や二度の射精では収まりがつかないのです」 僕は息を荒くしながらも、うっとりとsexフレンドのロリメイドカフェ店員のグラマラスヒップを撫で回し続けている。「で、ではご主人様を今度は、セフレのロリメイドカフェ店員のオマンコにお迎えしとうございますが、いかがでしょうか?」 イキ乱れながらも未だロリメイド喫茶店員は、メイドプレイを忘れていない。ある意味、プロ意識が高いのだろうか。それとも俺を悦ばせようと必死なのか。そのどちらもが正解なのかもと思う。
 
 振り返ったロリメイド喫茶店員の表情がその証拠だ。 妖しく濡れた魅惑的な眼差しに、慈愛の篭った笑み。10代のメイド喫茶店員の唇の端には、俺の飛沫を載せ、得も言われぬ濃艶さを纏っている。「は、はいっ! お願いします。桜さんとセックスさせてもらえるのなら喜んで!」 テコキ、フェラしてもらえただけでも望外のことなのに、挿入させてくれるというのだから込み上げる悦びも半端ではない。「け、けど、本当にいいのですか? 俺、弱みに付け込んでいるようで……」 ロリメイドカフェ店員が口止め料代りなどと言っていたのを思いだし、何となく申し訳ない気分になる。  そんな風に少しだけ理性を取り戻せたのは、やはり一度発射したからだろう。けれど、躊躇う俺を尻目に、セフレのロリメイドカフェ店員はいそいそと見せパンツを脱いでしまうのだった。「それは、こんないいおんなにご奉仕されるのですから犯罪ですわ! なーんて……。本当は、咲良決めたのです。もうサクラは、ご主人様の……ゆうきさんの前以外では、メイド姿にはならないって……もちろん、他のコスプレも……」 その発情を美貌に載せたメイドカフェ店員は、けれど相変わらず美しく、紛うことなく大人の女性でいる。なのにどこか子どものように、自分をそのまま露わにしている感じがする。同じ素を見せるのでも、大人の肌と匂いと仕草で寄ってこられているからか、生身がひどく艶めかしい。 飾ることなく、気負いも見せず、清純なメイドカフェ店員はいいおんなそのままで、僕の前に自然と佇んでいる。「今後、ゆうきさんには、ずっと咲良のご主人様でいてもらいます。そのしあわせを思い知らせてさしあげますわっ!」 下半身を露出させたまま未成年のロリメイドカフェ店員がのたまうと、自らの腰位置を変え、早くも俺のペ〇スに跨ってきた。「さくらもこの歳ですから初めてではないことをお許しください。でも、個人的にご主人様になっていただくのは、ゆうきさんが初めてですから……」 いつもより饒舌になっているのは、恥ずかしさをごまかすためだろう。その証拠にセフレのロリメイドカフェ店員は、耳までを真っ赤にさせ、茹でタコのようだ。 セフレのロリメイド喫茶店員の首筋も、ぱあっと朱を散らしたようにピンクに染めている。 上半身を斜め後ろに倒し、俺の太ももに手を置いて、開脚した股間が滑り込んでくる。未だメイド服を身につけたままではあるが、上体が後方に反らされたお蔭で、セフレのロリメイド喫茶店員のオマンコが蛍光灯の光に晒されている。 ピンクの見せ下着を取り払われたバージンのメイド喫茶店員のおまんこは、外陰唇は少しくすんだ赤だった。しかし、あえかに開いた内側は、薄桃色に色づいている。 バージンのメイド喫茶店員のオ○ンコ全体は綺麗な半円形で、無用に垂れ下がったりしていない。その周りを取り囲むように、肉土手が楕円を描く様子は、高級なアワビを連想させる。(アワビなんて口にしたこともないけど、こっちの生アワビの方がよほど贅沢かも!) ロリメイド喫茶店員の陰毛は思いのほか豊かで、マンコを取り囲むように茂っている。 けれど、決して品がないわけではない。清潔に保たれているからだろうか、いい匂いすらしている。 メイドカフェ店員のまんこからお尻の孔に到る部分は色素が濃くなっていて、内ももの雪のような白さも相まって、卑猥なコントラストを作りだしている。 その中央で、ねっとりとした湿り気を帯びた薄桃色の粘膜が、ぱくん、ひくん……と、その口を開け閉めさせた。複雑で繊細な作りのマンコの襞が、息吹くように俺を誘っている。「ああっ、桜ちゃんのおまんこ、綺麗です……」 口いっぱいに溢れる生唾をしきりに呑み干しているのに、不思議と喉がカラカラだ。 僕は近づいてくるメイドカフェ店員のま○こに汗ばむ尻を持ち上げ、ぐいっと勃起おち○ちんを突き出した。 焦れはじめた勃起チ○ポ先端でオ○ンコを軽く掃いてやると、怖気づいたように永野芽郁似のメイドカフェ店員の細腰がびくんと引かれる。「ああん。ご主人さまぁ、意地悪しないでくださいっ。初めてじゃなくても、こんなにご立派なちん○んに少し怖気ているのです……。ああ、でも、これではご主人様が焦れてしまいますね。覚悟します……」 態勢を整え直そうとセフレのロリメイド喫茶店員は、今度は後ろ手に勃起おち○ちんを握ぎりしめる。処女のロリメイド喫茶店員はやさしくおちん○んをしごきながら、目元をほんのり赤く染め僕のことをうっとりと見つめてくる。今まで俺が見た中で、一番色っぽい表情をしたロリメイド喫茶店員がそこにいた。「すみません。俺のちん○んが、やんちゃすぎるから……覚悟までさせてしまって……。ああ、でも早く! オチ○チンが疼いてたまらないのです……ぐうおっ、おおっ、先っちょが咲良ちゃんのおめこに……」 ぴちゅん……と、濡れ音を響かせて触れ合った性器が互いの境界を犯し、あっという間に一つに混ざり合っていく。さらにセフレのメイド喫茶店員が美脚を左右に開くと、ゆっくりと細腰が沈みこんだ。「ああん……お、おまんこ裂けちゃうっ」 重い波動に、セフレのロリメイドカフェ店員が溜息するように呻いた。「ぐふううううっ。咲良ちゃん、ああっ、咲良さん!」 熱く名を呼び、微乳のロリメイドカフェ店員の腰つきにあわせて、僕も腰を押し出していく。ぢゅぶぢゅちゅうっ……と、亀頭がセフレのメイド喫茶店員のオマンコを割り、濡れた膣粘膜の狭間に沈んでいった。 興奮しきったちんちんに、sexフレンドのメイドカフェ店員の熱く濡れたおまんこの感触が切ない。「あぁん……はふぅ……き、きています……ご主人様のチ○ポ……あふぅ、く、苦しいくらいに……ご立派です……うぅ……」 首を持ち上げ、ともすれば結合部を隠そうとするスカートの裾を跳ね上げて、自分の勃起チン○ンが騎乗位の18歳のメイド喫茶店員に突き刺さるところを視姦した。
 
「あふぅ……ああん……。とってもきついのに……膣中から拡げられちゃっているのに……ご主人様がどんどん挿入ってきちゃいますぅ……」 引き攣れるような抵抗を置き去りにして、ちんちんをゆっくりとメイドカフェ店員のまんこに咥えさせていく。真剣に視姦していた俺の目も、凄まじい快楽に晒され、切なげなものに変化させた。「ぐふうううっ。サクラさんのま○こにぶっさりと僕のチンポが刺さっています!」 ロリメイドカフェ店員にはスカートの裾が邪魔で結合部は見えていないようだ。それでもセフレのメイドカフェ店員の潤んだ瞳は、股間部に注がれている。まるで自らの胎内に突き刺ささる勃起おちん○んを透視するかのように。その唇からは、苦痛とも快感ともつかない溜め息がひとつ長く吐かれた。「あ、桜のマンコの具合は、いかがでしょうか? お気に召して頂けましたか? ああ、ご主人様……さくらはご主人様のち○ぽが愛しくてたまりません……ああぁん! とっても素敵です……膣中にあるだけで、こんなに高まってしまうなんて……」「ヴほぅっ! サクラちゃんっ! 俺もです。桜さんのおまんこ、すっごく熱くて……。溶けちゃいそうですっ! それにとても締りがいいっ!」 褒められたのがよほど嬉しいのか、ロリメイドカフェ店員が歓びに嗚咽し、背中を弓なりにさせた。 セフレのメイド喫茶店員が背後に手をつき重心を変えたことで、お○んちんの挿入角度が変わる。やわらかく包まれたまま、異なる位置を肉襞にしゃぶられるのがよく判った。「ああ、本当にいいです。よすぎて僕も高まりますっ!」 僕のおちん○んが付け根まで埋まっているにも関わらず、薄いお腹が平らなままなのが不思議だ。「ご主人様のすごいちんぽが、桜のお腹の中で嘶いています……ああん、身じろぎするだけで、セックスフレンドのメイドカフェ店員の容が変わってしまいそう……っ」 永野芽郁似のロリメイドカフェ店員が告白するように、蕩けた秘孔は徐々にオ○ンチンに馴染み、その容を覚え込んでいくようだ。セフレのメイドカフェ店員のおめこは俺を呑みこめるほどひどく柔軟で、順応性も高く、それでいて瑞々しい新鮮さがたまらない。少し辛そうに眉根をしかめるバージンのメイドカフェ店員の美貌が、さらにそそる。「大丈夫ですか? 無理しなくてもいいですよ。メイド姿の咲良さんと?がれただけでも、僕は感動しました」 慮る俺を尻目に、清純なロリメイド喫茶店員のおまんこはしっぽりとち○ぽを咥え込んで離さない。しかも、まるで壺の底が割れたようにじゅくじゅくとマン汁を滴らせている。 お蔭で、勃起オ○ンチンの付け根や陰毛までもがトロトロの愛液まみれに沈み、まるで俺が濡らしているようになっている。「大丈夫です。ちょっと、異物感が大きいけれど……ご主人様の体温を感じられて、サクラはしあわせです」 その言葉通り、ロリメイドカフェ店員の熱い息が朱唇から洩れるたびに、少しずつオマ○コ全体が緩みはじめ、同時にマンコが蠕動をはじめた。「うおっ、な、なんだ? さくらさんのオマンコがさざめいている」 きゅっと膣口部分が締め付けたかと思うと、短い肉襞がうにゅうにゅと蠢いては膣口が緩み、今度は中ほどが締め付けてくる。 いきりたつチンポを絡め取られ、舐めまわされ、あるいはくすぐられて、僕は目を白黒させて息んだ。「ぐふうううっ! や、やばいっ! こんなにいいだなんて……。サクラちゃんは、おまんこに触手が生えているようですね」 亀のように首を持ち上げ、うっとりと永野芽郁似のロリメイド喫茶店員の肢体を視姦する。この角度から眺める永野芽郁激似のロリメイドカフェ店員は、色っぽいことこの上ない。メイド服の胸元を天に捧げるように、清楚なメイド喫茶店員の背骨が折れんばかりの曲線を描いている。「もうダメです……。なんだかもどかしくなってきました……。お願いですから、腰を動かしてくれませんか? 咲良ちゃんだって、もっと、気持ちよくなれるはずです……」 いつまでも合一に酔い痴れるかのようなロリメイド喫茶店員を、焦れはじめた俺はやさしくオーダーした。このまま穏やかに、じっと交わっていたい気持ちもあるが、ちんこが痺れはじめやるせなく疼いている。「ああ、ご主人様、申し訳ありません……。桜ばかりがたゆとうていて……かしこまりました……できるだけエッチに動かしますね。実は、サクラも欲しかったのです……」 逸らされていたかわいいロリメイド喫茶店員の美貌がこちらに向き直り、やさしく微笑んだ。理知的な顔立ちが、発情の色を強めると、ひどく艶めいて見える。 俺の求めに応じることが、どれだけふしだらなことか自覚しながらも、メイド喫茶店員はどこまでも従順でいてくれる。いじらしくも健気な18歳のロリメイド喫茶店員に、俺はその両手を伸ばし、その胸元を鷲つかみした。「あうんっ! まあご主人さまったら、欲張りなのですね。桜のおっぱいも御所望ですか? メイド服の上からでもよろしいのですか?」 確かに、メイド服の上からより、直に微乳の乳房に触りたい。「お、お願いできますか? サクラちゃんのおっぱいを……」「ああん。そんなにお願いしないでください。さくらはご主人様のモノなのですから、お命じ頂ければ……。かしこまりました。咲良のおっぱいもご所望ですね」 頷いたロリメイド喫茶店員は、軽く蜂腰をしゃくりあげながら、自らの背中に手を回しファスナーを下げていく。 メイド服から白い背中が抜け落ちるさまは、まるで蛹が蝶に羽化するようだ。 けれど、つながったままでは未成年のメイドカフェ店員はワンピース型のメイド服を全て脱ぎ去ることはできない。 自然、抜け殻となったメイド服の上半身部分が、18歳のロリメイド喫茶店員のお腹の前に垂れ下がった。「おおおおおおっ、さくらさん!」 僕が叫ばずにいられなかったのは、純白の双のぺちゃぱいのおっぱいが露わになったからだ。 どうやらメイド喫茶店員は、はじめから俺とこうなるつもりでいたらしい。それ故に、ノーブラでメイド服を着たのだろう。「しーっ! そんなに大きな声をあげてはみなみさんたちに気づかれてしまいます。そんなに焦らなくても、さくらのおっぱいは逃げませんよ」 ほおをますます紅潮させた未成年のロリメイド喫茶店員が、伸ばした人差し指を鼻先にあてている。その何気ない仕草からも、セフレのロリメイド喫茶店員の清らかな色気が発散された。
 
 僕はぶんぶんと首を縦に振り、口にチャックをする仕草を処女のメイドカフェ店員に返した。 いかにもやわらかそうなぺちゃぱいのおっぱいが、前のめりに紡錘形になったかと思うと、俺の胸板すれすれにまで垂れ下がった。 ぺちゃぱいのメイド喫茶店員の二つの貧乳の胸は、赤らんだ乳頭をツンと上向きに尖らせている。微乳のメイド喫茶店員が少し身じろぎするだけでも、ふるるんとまろやかに揺れるのだ。 セフレのメイド喫茶店員のシミひとつない純白の乳肌は肌理が細かく、しっとりと吸いついてきそうな質感に満ち、ハレーションを起こしながら艶光している。 人並み以上には大きいと思える微乳の乳房。ロリメイド喫茶店員の蜂腰の鋭いくびれが、そう感じさせるのか。「どうぞ、ご主人様。ロリメイドカフェ店員のおっぱい存分に触ってください」 こくんと頷いた僕は、前屈みの貧乳のオッパイが、紡錘形に垂れてくるのを両手で恭しく捧げ待ち、そのやわらかさを確かめるようにねっとりと揉み潰した。「はあああああぁっ。う、うそっ。おっぱい、こんなに敏感になったことありません」 俺が、メイドカフェ店員の微乳のおっぱいをむにゅんと揉み潰すと、ふくらみから湧き上がる悦楽に耐えられないとでもいうように、細腰がずずずずっと前方にズレ動いた。 綺麗なロリメイド喫茶店員のグラマラスな尻たぶが俺の下腹部にしこたま擦れ、ビロードのような肌触りを堪能させてくれる。一緒にミニスカートの裾が擦れるのが、たまらなくこそばゆい。「ひうっ! あぁんっ、やっ、はぁんっ、ん、んん、んぁぁ……」 淫らなメイドカフェ店員の腰つきが一度はじまると、二度と留まることはなかった。「ああ、いいっ。桜ちゃん。自分の気持ちいいところをいっぱい擦って構いませんからね」「いやですわ。ご主人様の意地悪ぅ……。そんなにサクラを辱めたいのですね……。ああん、でも、淫らな腰つき止められません……ぐちゃぐちゃ淫らな音を立てさせているのは、さくらなのですよねぇっ?」 スタイルのいいロリメイド喫茶店員は理知的な瞳をねっとりと濡らし、ロリメイド喫茶店員が蜜腰をくねらせている。 妖しくうねるお腹にあわせ、僕も腰を突き上げては降ろす。「あん、あんっ、あぁんぁっ、うぅっ、んんっ、んっ、んっ、んああぁ~~っ!」 僕のももの上で蜂腰をくねらせるたび、悩ましくメイドカフェ店員がその表情を蕩けさせていく。吹き零される艶声もそのオクターブをあげ、ひどく淫靡で色っぽいものにさせている。「ぐおおっ。いいです。桜さん、もっと動かして。もっと激しくっ!」 僕が促すと、メイド喫茶店員は蟹足で腰を持ち上げるようにして抜き挿しはじめた。 ズリュッ、ヌチュッと淫靡極まりない音を大きくさせながら、上ゾリの効いたおちん○んにおまんこを擦りつけていく。「そう! ああ、いいっ。サクラさん、すごく気持ちいいです。すごいですね。まんこから白い泡が流れていますよ……」 どろどろのおま○こがチンコを吐き、すぐに深く呑みこんでいく。練り上げられた愛液が、勃起チン○ンに撹拌されて白く泡立っている。じょりじょりと絡み合う互いの淫毛も猥褻感を増長させた。「あん、あふん、ううっ……擦れちゃいますぅ……ああん、気持ちいいところにも……あはん!……奥にまで届いて擦れますぅ……」 おまんこの内奥へ誘う時には締め付けを緩め、膣口に吐き出す時には未練たっぷりにすがりついてくる。楚々としていたバージンのロリメイドカフェ店員のま○こは、短時間の間にすっかり俺のおちんちんの味を覚え、まるであつらえたかのように男女が結びついている。(すごいや! これがあのサクラさんだなんて……。ああ、おんなって……) セフレのメイド喫茶店員の変貌ぶりに舌を巻きながらも、淫靡で妖しい痴態に魅入らずにいられない。「もうだめです……軽いアクメが……あぅ、あぁっ……ずっと……カラダを痺れさせて……あはん、大きいのがきちゃいそうですぅ~~っ!」 セックスフレンドのメイド喫茶店員のぴちぴちした太ももが、びくんびくんと痙攣している。セフレのメイド喫茶店員は真っ赤に色づかせた唇をわななかせ、細首には白い筋を浮かばせている。「軽いアクメ? しかも大きいのがきちゃいそう? だったら、ほら、サクラちゃんが俺のおちん○んでイキ乱れる姿、見せてください。ご主人様からのオーダーです!」 ご奉仕されることに慣れてきた俺は、ここぞとばかりに注文を付け、自称処女のロリメイド喫茶店員の軽い女体を腰に載せたままズンズンと重く下から突き上げた。 ぐぢゅん、ぢゅっちゅ、ぢゅちゅちゅん──淫らがましい水音と擦過音を心地よく響かせ、背筋をエビ反らせて、高々とロリメイドカフェ店員を打ち上げては、埋戻しを繰り返す。「あうっ! あん、あん、あぁっ! だめですっ、激しすぎいっ! ああぁん! サクラ、子宮を叩かれていますぅ~~っ!」 僅かに辛そうな表情を見せるものの、それでも微乳のロリメイド喫茶店員の腰つきも止むことがない。セフレのメイドカフェ店員は女体をがっぷりと俺に覆い被せるように倒し、腰部だけは忙しく上下させている。まさしく乗馬の如く、人馬一体となって性の深淵を駆け抜けた。「ぐっふうう! おおおっ! 深くまで挿入った。根元より奥まで呑みこまれる感じだ! ぐはああ、ぺちゃぱいのバスト! この極上のオマンコを、いつまでも突いていたいぞ!」 凄まじい昂ぶりに、我を見失った俺は、自称処女のロリメイド喫茶店員の主人として君臨するように、狂おしいまでに、そのオ○ンコを突きまくる。「ああ、ご主人様。サクラうれしい! やっと呼び捨てにしてくださいましたね。もう桜はご主人様のモノです。サクラのご主人様はゆうきさんだけですぅ~~っ」 雄叫びをあげて勃起の出し入れを速めた僕に、メイドカフェ店員はやや腰を浮かせた位置でチン○ンの抜き挿しに動きを合わせている。 互いを貪り尽くすような交わりに、どちらの性器も発火するのがどうしようもなく判った。「ああ、イキますっ! 桜、恥をかきます~~っ! イクっ、ああイク、イクぅ~~っ!」 甲高く啼きながらメイド喫茶店員が深い絶頂を極めた。俺の上に覆いかぶさった白い肉体が、ぶるぶるぶるっと派手に震えている。 首筋にむしゃぶりついてくる未成年のメイド喫茶店員の甘いエロフェロモンに、射精衝動が触発された。「キスをください! 切なすぎます……。処女のメイドカフェ店員にご主人様の接吻を……イキながらキスしたいのです!」
 
 朱唇をわななかせイキ極めるロリメイドカフェ店員が、愛情を確かめるように俺の唇を求めてくる。苦しげな表情がゼロ距離まで近づいて、ぶちゅっと熱く重ねてくるのだ。「むふん! むふううっ! ん、んんっ! はうむんっ!」 メイド喫茶店員の咽び泣きが僕の口腔で悩ましくくぐもる。マ○コまで絶頂に蠕動させる処女のメイド喫茶店員に、俺は身も世もなく翻弄された。「ぶはぁっ! もうダメだっ! 咲良ちゃん、僕もイキそう。もう少しだから、桜さんも頑張って腰を振って!!」 アクメに打ち上げられた女体には酷な要求も、それに応えるのが役目とばかりに、メイドカフェ店員の細腰がぎこちなく蠢きはじめる。「っくうぅん、あ、お○んこが切ないですぅ……ああ、でも、ご主人様、だすのですねっ。どうぞだしてください……。さくらのまんこを好きに使ってください」 メイドカフェ店員の最後の力を振り絞るかのような腰つきに、よがり崩れた上品な顔立ちとが相まって、僕の射精衝動は急カーブを描き限界を超えた。 普通の生活をしていれば、到底出会えそうもないような美貌のロリメイド喫茶店員。それも理知的なロリメイド喫茶店員がメイド姿で傅くようにして、種付けまで許してくれるのだ。 そのしあわせをたっぷりと?みしめ、俺はお尻の穴の戒めを解いた。「ぐおおおおっ! イクよ。桜の子宮に……。いくっ! イクぅ~~っ!」 すらりとした痩身をきつく抱き締め、俺は腰を大きく押し出し、子宮口近くにまで深挿しして亀頭部を自爆させた。 びゅぴゅっ、どぴゅっ、どぴゅるるっと鈴口を全開にして、永野芽郁激似のロリメイド喫茶店員のおま○この中に精液をたっぷり中出しした。「あうぅっ! でていますぅっ……。ほむむうん……ご主人様の熱いザーメン……。咲良のマンコにでていますぅ……」 灼熱の精液を浴びたぺちゃぱいのロリメイドカフェ店員のまんこが、俺の子を揺籃したいと望むようにバルーン状に膨らみ、ごくごくと子宮奥に呑みこんでいく。 その間も女本能に触発された清純なロリメイド喫茶店員は、細身の女体を身悶えさせイキ極めている。ついには、ガス欠したエンジンのように、ロリメイド喫茶店員はガクンガクンと肉体を痙攣させて力尽きるのだった。「貧乳のオッパイ……っ」 上気したほおが首筋に擦り付けられている。女体のあちこちをひくつかせるロリメイド喫茶店員を僕はやさしく抱き締め、安心感を与えた。 sexフレンドのロリメイド喫茶店員の汗まみれのぺちゃぱいのおっぱいが胸板にやわらかく潰れる感触に、多幸感がしみじみと湧いた。
 
出会い系サイトハッピーメール(happymail)でのセフレのロリメイド喫茶店員とのオフパコセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓





















































 
今回バージンのロリメイド喫茶店員と今すぐオフパコsex出来た出会い系はハピメです。
 
なおハピメを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないといますぐsexさせてくれる美人の女と出会ってセックスフレンドにしてオフパコエッチできませんので、ハッピーメールに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハッピーメールのような出会系SNSで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで具体例を示しながら説明していますので参考にしてください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハピメは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【PCMAXやれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【PCMAXセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【PCMAXヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【PCMAX体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【PCMAXハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【PCMAXヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【PCMAXやれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【PCMAXセフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.