deaikeitaiken_novel

【出会い系出会える】処女のロリ貧乳女子高生とアナル中出しsex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
僕は何時ものごとく出逢い系コミュニティで可愛い女性と即会いして、はめ撮りセックスに励んでいます(^0^)
 
さて、今回は知り合える有名な出合い系アプリで出会った永野芽郁似の処女のロリ貧乳女子高生と京都府京田辺市で会ってセフレにしてすぐアナル中出しsexをしてきたのですが、はめ撮り写メが多く撮れましたので報告します。
 
※この記事にはアダルトなエッチのはめ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会系SNSで出会った女の子はロリ女子高生で、名前はかんなちゃんといい、顔は永野芽郁似のものすごく美人でした(*^^*)
 
出会い系サイトでのメンヘラのロリ女子高生のプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトでのセフレのJKの掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
バージンの女子高生とは、であいけいコミュニティで知り合ってLINEでやり取りした後、永野芽郁似の女子高生の家に行って即ハメsexをしました。
 
ロリJKの住んでいるマンションが近いというのでそこへ向かうことにした。「わたしがゆうきくんのこと大好きだっていうことを世界中の人に知ってもらいたいもん」「こいつぅ」「いまここで叫んじゃおうかな、わたしはゆうきくんがだーい──」「おい、やめろって。みっともないだろ」「えへ。ごめーん」 街中でも清純な女子高生のはしゃぎようは人目を惹いた。微乳のJKはただでさえ街ゆく男の視線を集める可愛いロリ女子高生なのだ。それが一見して出会い系サイトで出会った冴えない男にデレっぱなしなのだから、羨望と嫉妬のまなざしを浴びて当然だった。(くうぅぅぅ。きもちいーい) 僕はまるでイケメンになった気分だ。僕は女子高生を連れて歩く快感を堪能した。 彼らに注目したのは男たちばかりではない。すれちがう女たちは、まずロリJKを見て、それから俺に目をやった。すると、女たちの目の奥には欲望の光が見えた。 おそらくキュートなロリJKほどの美女を惚れさせる男ということで、僕への評価が数段高くなったものと思われる。 そうこうするうちセフレのロリJKのマンションに着いた。見た目の可愛らしい、三階建てのマンションと言うよりコーポといったほうが似つかわしい建物だった。最上階の角部屋にセフレのロリ女子高生は住んでいるという。 女子高生は玄関ドアの前にくると、ふいにあわてだした。「あ。いけない、ゆうきくんごめん。少しお部屋を片付けたいの。その、今日ゆうきくんが来るってわからなかったから……」 必死に弁解する仕草が可愛らしかった。もちろん女子高生にわかるはずもないのだ。俺は余裕のあるところを見せた。「ああ、ぼくはかまわないから。ゆっくり片付けておいで」「うん、ありがとう。すぐだから」 バージンのロリJKが部屋に飛びこむと、俺はひとり通路に残された。「うう、さみっ」 手を擦り合わせて息を吹きつける。もう十二月も半ばだった。これから起こることに期待を膨らませつつ、こうして玄関先で待たされる気分も悪くないな、などと考えていると、通路の向こうに人影が現れた。同じ階の住人らしい。「あ、ども……」 向こうがドアの鍵を開けながら頭を下げたので、俺もつられて会釈した。僕がまんじりともしないでいると、目の前のドアが開いてセックスフレンドのロリ女子高生が顔を出した。「ごめんね、待たせてしまって。どうぞ上がって」(栞菜さん、やっぱりかわいい!) JKの笑顔を目にした瞬間、僕の迷いは吹き飛んでいた。「じゃあ、おじゃまします」 永野芽郁激似のロリJKの部屋はシンプルなワンルームだった。玄関からとっつきに扉があり、中に入ると小さなキッチンのついたリビングになっていた。「狭くて悪いんだけど──」「いや。さすが女子高生の部屋って感じで、きれいにしてるね」
 
 女子高生の部屋に入るのは初めてのことだ。玄関に上がったところで、女子高生の甘い良い匂いがすることには気がついていた。窓際にはベッドがおかれている。平静を装っていたが、心臓はバクバクだった。 ブーツを脱いだ貧乳の女子高生はニットのワンピ一枚だった。膝上二十センチを見せた太腿は素肌を晒している。JKの裸足のつま先には小さな貝殻のような爪がならんでいた。僕はごくりと唾を飲む。「ゆうきくんは、そこに座って」「え。そこって、ここ?」 僕が聞き返すと、メンヘラのJKはこくんとうなずく。ロリJKが示したのはベッドの上だった。白いフレームのベッドには、ピンクのカバーがかかっていた。 俺は汚してはいけないというように、そうっと端のほうに腰かけた。「ゆうきくん、わたし……このときをずっと待っていたのよ」 かわいい女子高生は言うと、身を投げかけるように俺の足元の床に座りこんだ。そして僕の膝に手をかけて、上目遣いでじっと見つめる。「ね。わたしのこと考えながら自分でしたことある?」「えっ……!」 突然問いかけられたことに俺は言葉を失った。意味は明確だった。セフレのJKをオカズに一人エッチしたことがあるかと訊ねているのだ。 俺が返事に詰まっていると、JKはさらに続けた。「だってわたしはぁ、ゆうきくんのことを考えてぇ、自分の指でぇ、エッチなところを触ったりぃ、くちゅくちゅしてきもちくなったりしてたんだよぉ」 ロリJKの息づかいは荒くなっていた。膝の上に置かれた手はじりじりと太腿へとよじ登り、やがて股間の膨らみをまさぐってきた。「ふわああ。ハアッ、カンナさん……」 奇麗なロリ女子高生の細い指がスラックスの上をうねうねと這い回る。ギチギチに突っ張ったオ○ンチンから先走りがあふれ、パンツにしみ広がっていくのがわかった。「ねぇぇん、かんな、ゆうきくんのこれのこと想像してぇ、カンナのエッチな穴に挿れてほしいなぁって考えながらぁ、くちゅくちゅくちゅくちゅしたのぉ」「くはあっ、ハアッ。ぼくもかんなさんのこと考えてチンポを……ふわああっ。扱き……扱きまくった!」 ついに俺も自慰体験を白状した。そもそも言いなりになっている相手に照れる必要はないのだが、やはり本人を前に口に出すのは恥ずかしかったのだ。だが、恥ずかしかった分、言ってしまうと興奮がいや増すようでもあった。「ああっ、ゆうきくんがカンナでオナってくれたんだ。うれしい。はぁん、でももう妄想だけじゃガマンできないしぃ──」 股間から離れた清純なロリJKの手がベルトにかかる。下着ごとスラックスを脱がされるとき、僕は脱がせやすいように腰を浮かせて協力した。「あはっ、すっごぉぉぉい。ビンビンになってるぅ」 まろびでたチンポにパイパンのロリ女子高生が黄色い声をあげた。はち切れんばかりに勃起したチ○チンは青筋を立てて反り返っていた。「ハアッ、ハアッ」 俺は息を荒らげていた。JKに見られていると思うだけで興奮する。かつては遠くから憧れるしかなかった存在が、いまや僕のち○ちんに熱っぽい視線を送っているのだ。 女子高生は亀頭から透明汁をあふれさせるちん○んに釘付けだった。「ダメ……見てるだけでわたし疼いちゃって。食べちゃうから──」 僕が見ている間に、童顔のロリ女子高生はぽっかり口を開けたかと思うと、おもむろに股間へと迫ってきた。「あ、あ、あ……おっほおおう!」 ロリ女子高生は亀頭をぱくりと咥えてしまった。亀頭が温もりに包まれた悦びに僕はのけ反った。(あのカンナちゃんが、シャワーを浴びてもいないぼくのチンポを咥えた!) まさに俺にとってはテレビに出ているアイドルにフェラされるのと同様、いやおそらくそれ以上に衝撃的な出来事であった。「ふむむむ、ゆうきくんの、おっきい──」 メンヘラのロリ女子高生は蕩け顔で咥えながら言った。鼻息が柔らかく竿肌をくすぐる。「はうううっ。カンナちゃん!」 俺はあまりの興奮に恋人設定を忘れていた。これまで何度こうなることを夢見たことか。あらゆる場面を妄想してはマスターベーションしたものだった。(それがいま、カンナさんのベロが……ああ……) まさに感無量、僕は失われた青春を取り返したようだった。この日のために自分は生まれてきたのだ、という気さえした。股間に埋もれたセフレのロリ女子高生の頭を目にしては感動のため息を漏らし、チ○コに舌が這うのを感じては愉悦に天を仰いだ。
 
 やがて処女の女子高生は唇でチンチンを挟んだまま、舌先で鈴割れを弄びはじめた。「えへええ……おつゆが、いっぱいあふれてきた」「ぬはっ、おおう……ダメだよ、カンナさん汚いから──」 そのとき僕が見たのは、先走りをすくっては味わう18歳のJKの姿だった。「汚くないもん。ゆうきくんの気持ちいいおつゆでしょ、おいし」「うはあああっ!」「ああん、ペニスがビクンってしたあ」 処女の女子高生はうれしそうに言うと、舌を大きくべろんと出した。「おっきい、ゆうきくんのおひんひん──」「ハアッ……えっ、環奈さん!」 俺が驚きに目を見張るなか、スレンダーなJKのピンクの舌が竿の裏側を舐めた。「……っはうああああっ!」 体内に電気が走り、俺はのけ反る。敏感な反応にロリ女子高生はほくそ笑んだ。「えへえへへえ、カチカチのオ○ンチン、しゅごぉぉぉい」 舌はすくいとるようにオチンチンの根元から先っぽへと動き、カリ首の張り出した裏側をぐるりと舐める。「どぅふぁっ、そ……そこはマズイよ……」「どーしてぇ? 気持ちいーでしょー?」 処女のJKはからかうように亀頭をくすぐり、尖らせた舌先で尿道をうにうにとつついてみせた。「あっ。はあああっ!」 まるで射精したかと思うほど、大量の先走りが迸る。もう焦らされるのはゴメンだ。僕は叫んだ。「ばっ……バックリしゃぶってくれええええっ!」 すると、ロリJKはいったんおちんちんから離れた。あるいはこのままフェラをやめてしまうかとも思われたが、そうではなかった。ロリJKの見上げる瞳が妖しく光る。「いいよ。ゆうきくんのお○んちん、いーっぱい舐めてあげる」 僕はホッとした。もちろんセフレのロリJKの言いなりになるに決まっているのだ。だが、工場のロボットのようにスイッチを入れれば決まった動きをする、というのではなくて、JKはちゃんと人間らしい冗長性を保っているというのがすばらしい。「あ~~~~ん」 10代の女子高生はあんぐり口を開けて、お○んちんに迫ってくる。10代のロリJKの上気した顔は淫乱そのものだった。それとも女というのは一皮?けばみんなこんなものなのか。 しかし、俺の思考はそこで止まった。「ぬほおおおおっ!」 セフレのJKが亀頭をばくりと咥えこんだのだ。「んむむ……んん……」 女子高生はタコのように唇を尖らせて、チ○チンをずるずると呑みこんでいく。「おお。すげ……ぐはあっ」「んぐち……ぐちゅっ」 ち○ぽを喉奥まで咥えこんだロリ女子高生のほおは膨らみ、整ったアイドル顔が醜く歪んでいる。(すげえよ。あの栞菜ちゃんが、ぼくのち○こをこんなに美味そうにしゃぶって) 俺は感動と官能に打ちのめされていた。数年越しの妄想がいまや現実になったのだ。 やがてロリJKは顔を前後に動かしはじめた。「んふっ……じゅるっ、じゅるるるるっ」 ちんこに走るぺちゃぱいのロリJKの唇の裏側は柔らかく、慈しむように這いずった。可愛いロリ女子高生の唇は前後するたび粘った音をたて、塗れた唾液が照明を反射させた。「っくはああっ。環奈さんの唾液……」
 
 僕は細身のJKのペンでオナッたことを思い出していた。あのときはほとんど妄想でしかなかった。普段パイパンのロリJKがペンを唇に当てる癖があったものの、実際は唾液など付いていなかっただろう。それでもsexフレンドのJKが触れたというだけで、ひと晩に三回もオナってしまったのだ。しかも三回とも大量に出た。「んっ。じゅじゅじゅっ、じゅるるるるっ」 JKは一心にオチン○ンをしゃぶっていた。こんなにかわいく、みんなの憧れであるJKが、どうしてこれほど淫乱になれるのだろう。「じゅじゅぽっ。んふぅ、おひんひんしゅき……」 まさに貪る、という表現がぴったりだった。ちんこがアイスキャンディーみたいに、しまいには舐められて溶けてしまうかと思われた。僕は、亀頭の先がセフレのロリ女子高生の喉に当たるのがわかるようだった。 そして、爆発は突然やってきた。「……んっはあああああーっ!」「んごごっ──」 精液が喉を直撃したのか、18歳の女子高生は思わずむせかえる。「はううっ!」 僕は頭がまっ白になり、さらに溜まった精液を吐き出していた。一瞬、おののいた清純なJKだが、すぐにち○ちんをしゃぶり直していた。「んぐんぐ……ごきゅっ」 喉を鳴らし、ロリ女子高生は口の中に出されたものをごっくんしてしまう。それを見て僕はさらに愉悦を感じ、ちんこに残った最後の一滴を絞り出す。「うはっ」「んぐ」 そうしてようやく口内発射は終わった。 ロリ女子高生は顔を上げると、テーブルから箱ティッシュを取った。「ゆうきくんの精子、すごい勢いだったよ。突き刺さるかと思った……」 ロリ女子高生はそんなことを言いながら口の端を拭う。メンヘラのロリJKの口調は咎めるような感じではなく、純粋に驚きと感心を表していた。 かたや俺は肩で息をしていた。「あ、ああ。とっても気持ちよかったし」 なんとか返事したものの、まだ興奮冷めやらない。俺自身の思い入れがあったとはいえ、微乳のロリJKの口技が巧みだったことはたしかだ。(そうか……。そりゃ、そうだよな)セフレのロリJKほどの美女なら、エッチ経験もそれなりにあって当然だろう。俺にもそれくらいは理解できた。(だけど──) 胸の中にムラムラと嫉妬が湧きあがるのは否めない。僕は、自分がsexフレンドの女子高生に対して抱く欲望と同じものが、他の男にもあるということを認められなかった。 俺がずっと黙りこんだままなのを見て、JKは声をかけた。「ゆうきくん?」「え? ああ、うん」 われに返った俺は答えた。ロリJKはベッドに女の子座りしてこちらを見つめていた。ニットの裾がめくれて清純なJKの太腿の上のほうまで見えている。影を落としたクロッチがわずかにのぞいていた。 ──ごくり。 俺は生唾を呑みこんだ。新たな興奮が沸々と湧いてきたが、別のある意味では冷静でもあった。壮絶な口内発射をしたあとで賢者モードになっていたおかげであろう。今度はこちらのターンだ。「環奈ちゃん」 ふいに呼び捨てられて、セフレのロリJKは身を固くしたようだった。いくら言いなりになっているとはいえ、本能的な反射運動は抑えられない。 俺の目は据わっていた。「かんなさんっ!」「キャアアッ!」
 
 乱暴に押したおされて自称処女のロリJKは叫んだ。俺はその上に馬乗りになってセックスフレンドの女子高生の肩を押さえた。「カンナさんは……セックスフレンドのロリJKはぼくのものだ! ぼくだけのものなんだ」 俺はうわごとのように言い募った。さきほど感じた嫉妬が俺を盲目にしているようだった。 女子高生は即座に言い返す。「わたしはゆうきくんのものよ! ゆうきくんだけのものだわ!」 見開いた目からJKが驚きを感じているのはわかるが、怯えているというわけでもないらしい。それがわかると、僕は余計に苛立った。「くそっ……えれなああああっ!」 俺はどうしていいかわからず、とにかくパイパンのロリJKの唇を貪った。「んぐ……ちゅるるっ」「んっ。んふぅ……れろろっ」 ギュッと押しつけられた唇から舌が伸ばされ、JKのそれと巻きついた。俺は鼻息も荒く、sexフレンドのロリJKの甘い息の匂いを嗅ぎながら、顎の裏側を撫で、ベロの下にある唾液腺を舐りまわした。「むふぅ、ふぅ、ふうぅ」 同時に右手がニットの上からぺちゃぱいの女子高生のぺちゃぱいの乳房をもぎとる。毛羽だった厚い繊維の下に、ふっくらとたわわな実が弾けるように揺れた。「……んふぅっ」 舌を絡めながらJKが喘ぐ。男の荒々しい愛撫に感じているようだ。僕は片手で貧乳のロリ女子高生の貧乳の胸を揉みしだきながら、もう一方の手でワンピースの裾をまさぐった。「ぬふぉおぉ、むちゅ……」 なおも口腔は唾液を交換している。するうち、僕の手が太腿に触れた。バージンのロリ女子高生のすべすべとした肌は絹のようで、決して太くはないが、十分に女らしい張りと柔らかさは感じられた。 僕の手が太腿を上がっていくと、微乳のロリJKは喉を鳴らした。「んああっ。ひゅん……んふぁあぁぁ」「ハアッ、ハアッ、ハアッ」 息苦しくなった僕はいったん口を離した。右手はメンヘラのロリJKの左の貧乳のバストを潰すように握り締めている。太腿におかれた手はワンピースの裾をまくり上げ、永野芽郁似の女子高生の腰骨までを露わにさせた。「くそっ」 これではらちがあかない。覚った僕はがばと身を起こし、両手を使って本格的にワンピースを脱がせはじめた。「はん、あ……あん」 永野芽郁激似のロリJKはうつけたように声を漏らしつつ、俺が服を脱がせるのを腰を持ち上げて手伝った。 やがてぺちゃぱいの女子高生のヘソが露わになり、すぐにブラが顔を出した。下着は上下で淡いピンクに揃えられていた。可愛らしいレース飾りのランジェリーだった。「これも、取っちゃうからね」 だが、いまの俺はそんなものにかまってはいられない。自称処女のロリ女子高生の背中に手をまわし、不器用ながらもなんとかブラジャーを外してしまう。「いやんっ」 ぷるんと飛び出た微乳のロリ女子高生の微乳のおっぱいはハンドボールくらいあるかと思われた。乳首の色も下着と合わせたのかと思われるようなピンク色だった。「ハアッ、ハアッ」 続いて俺はパンティーに手をかけた。脇のところに指を引っかけて、一気に引きずり下ろす。「きゃっ」 ロリ女子高生はまた叫ぶが、男心を誘う媚態に過ぎない。なぜなら可憐な恥毛が現れても隠そうともしなかったからだ。セフレのJKは生まれたままの姿になった。「…………きれいだ」 思わず俺は微乳のJKに見惚れてしまう。双丘を腕に抱えて横たわるロリ女子高生は美しかった。 すべてが曲線でできている。なだらかな両肩から貧乳のバストの膨らみ、平べったくなった腹から豊かに張り出したヒップへの流れ、そしてまんこを挟んですらりと伸びた脚まで、なにもかもが女らしさを形に写していた。 僕は欲情が高まるとともに、芸術を見るような感動も湧きあがってくるのを感じていた。「ゆうきくんも、早くきて」
 
 セックスフレンドのロリJKは胸に顎を埋めるようにして言った。「ああ、いくよ」 俺はベッドの上に立ち上がる。自分の服を手早く脱ぐためだ。すると、見上げる美形のJKが感嘆の声をあげた。「ああん、ステキ。ゆうきくんのまたおっきくなってる」 まさしく股間のチン○ンは隆々とそそり立っていた。セフレのJKの玉の肌を目にして、萎えたチ○チンは復活ののろしを上げていた。パンパンに漲った亀頭は鈴割れから煙を吐くように先走りの汁を噴いていた。「えれなあああっ」 僕はがばと身を伏せてJKを抱きすくめる。「あんっ」 のしかかられた重みでJKの華奢な身体がたわんだ。「ハアッ、ハアッ」 俺は荒く息をつきながら、ロリJKのうなじの匂いを嗅いだ。シャンプーと乳液と汗の混じった甘酸っぱいパフューム。まさに甘くせつない青春の匂いだった。(カンナちゃんっ!) 僕は心の中でもバージンのロリJKの名前を連呼していた。その名は、かつて決して声に出して言われることのなかった特別な言葉、ある特別な時期にしか感じることのできない苦悩や憧れをすべて含んだ言葉だった。 僕は微乳のロリ女子高生の髪に鼻を埋め、耳の裏を舐めた。「はうんっ!」 とたんにロリ女子高生はビクンと震える。舌は陶器のような滑らかな肌を感じていた。さらに俺は清楚なJKの耳たぶをつかんだ。「はむっ」「ひゃいぃぃぃっ! やっ……」 ロリJKは思わず声をあげて、逃げるように頭を反らした。くすぐったいのと感じるのとでどうしていいかわからないというようだ。 しかし、セフレのロリJKの反応に僕の興奮はさらに高まった。「カンナさん……」 うわごとのように口走りつつ、俺は顔を下げていった。舌を肌に這わせたまま、sexフレンドのロリ女子高生の首筋を肩へと降りていき、鎖骨から胸の谷間へと向かっていく。「はんっ、あっ。ダメ、はうう……」 メンヘラのJKは身を捩りながらも、俺の髪の根に指を差し入れ、官能の高まりを肉体で表していた。 僕の舌は谷間から双丘の裾野をめぐり、一気に登頂したかと思うと、JKのピンクの乳首を口に含んで吸いたてた。「ふむむう、ちゅっ。ぢゅぢゅぢゅぢゅっ」「イヤアアアアン! ダアアアメエエエッ!」 叫んだJKの背中がぐっと反りあがる。 乳首は硬くしこっていた。俺はそれを舌の上で転がし、ねぶり、ちゅうちゅうと吸った。「ヤンッ、あっ! あっはあああーっ」 喘ぎは高くなっていく。同時に打ち寄せる波のように微乳の女子高生は身体を大きくたわませた。男としては決して重い方ではない俺だが、その僕を上に乗せたまま持ち上げるバネはやはりすごい。快楽がなせる業としか言いようがない。「ハアッ、れろっ。ちゅるるっ」 しかし俺はまだまだ舐め足りなかった。間接キスに欲情したあの頃の自分に見せつけるように、俺はJKの肉体を貪った。 乳首から離れた舌はさらに下がっていく。平らになった腹には縦長の凹みがあった。どうやらロリJKはヘソの形まで完璧らしい。「ひゃん! ダメッ、そんなとこ。くすぐったいよぉ」 僕が凹みを抉ると、さすがにロリ女子高生もくすぐったいのか、ジタバタともがいてみせる。 sexフレンドの女子高生の嫌がるさまを見て、僕は嗜虐の快美にそそられたが、それ以上に誘いかけてくるものが下のほうに控えていた。「ハアッ、ハアッ、ハアッ」 JKの恥丘に生えた毛は細く、それほど密集してもいなかった。綺麗なJKの陰毛は生え方にも不自然に整えたあとは見受けられないが、きれいに丸く収まっているところを見ると、あるいは脱毛処理を施しているのかもしれない。
 
 ロリJKの疎林に舌を潜らせると、ボディソープの匂いに混じって、オスの本能を目覚めさせるような濃密な香りがした。「んはっ、ハアアン。あふうっ」 きれいなロリ女子高生はせわしなく息をつき、反射的に脚を閉じようとする。「かんなさんの……栞菜さんの、ハアッ」 しかし俺はそれを許さず、両手で太腿を押し開く。sexフレンドのロリJKも嫌がっているわけではない。実際、門は開かれるのを待っていたように、さほど力を入れなくても、素直に両側へと分かれていった。 俺は目にしたものに感動した。「うわあ。これが、カンナさんのおまんこ……」 魅惑の光景に目を奪われる。セフレのロリ女子高生の薄い恥毛を戴いたまんこは濡れ光り、淡いピンク色の具がはみ出していた。マ○コの二枚の花弁は捩れ、形は歪だったが、色素の沈着もなく、美しいセフレのJKのルックスにピッタリという感じがした。「ああん、そんなにジロジロ見ちゃイヤ」 ロリJKは顔を手で覆っていた。まるで自分の目を隠せば相手にも見えなくなるとでもいうようだった。だが、上半身のすることとは裏腹に、セックスフレンドのロリ女子高生の下半身は大きく股を開きっぱなしだったから、羞恥のポーズにも説得力はない。「ハアッ、ハアッ。カンナさんの、マンコの匂いがする」 俺は可愛いJKの香りを胸一杯に吸いこんだ。体臭のなかでも最も秘めやかで、最も個人的な匂い。スレンダーなJKの香りだ。それは汗と、もう少し生々しい体液の匂いがした。発情したメスの放つ肉の言葉。「うおおおおっ!」 たまらなくなった俺は自称処女のロリJKのおまんこにかぶりついた。「ひゃいいいっ!」 突然襲いかかった刺激にメンヘラのロリJKは顎を反らす。「はむぅ、ちゅれろれろ……ちゅるるるっ」 スリムなロリJKのヌルヌルの襞に舌を這わせ、濃厚なジュースを喉に流しこむ。また、顔を斜めにして女子高生のマ○コにあてがい、おめことキスするように唇を合わせる。「あっ、アアーッ! すごいっ、感じちゃうううっ」「びちゅっ、ちゅううう。ベロベロベロ、にちゅっ」 舌を忙しく扇がせつつ、ロリ女子高生のおまんこの周囲を掃きとるように形をなぞっていく。さらに指でおめこの割れ目を舟形に広げ、先端に尖った肉芽を見つけて吸いついた。「じゅるじゅるじゅるるるるっ」「いっ……ひゃああああああーっ!」 メンヘラのロリJKが叫ぶ。反応はめざましく、ぐっと腰を反らして尻を持ち上げた。JKのおま○こから新たな蜜汁がドクドクとこぼれ出る。「ハアッ、ハアッ」 俺はsexフレンドのロリJKの一番敏感な豆を責めるのに専念した。それは充血し勃起していた。セフレのJKの陰核を硬く舌を尖らせてつつき、舌で弾くように転がし、唇の裏で吸いついて引っ張った。「イヤッ、イヤッ。ダメッ、んねえぇぇだめぇぇぇっ!」 すると、セフレの女子高生は鼻声を鳴らし、甘えるような懇願するようなことを口走った。セフレのロリ女子高生の太腿と腹筋が緊張し、両脚がピンと張って、つま先が伸びた。「ンハアッ、れろれろれろっ。びじゅるるるうっ」 頭がカッとなった僕は止まらない。微乳のJKのマンコをひたすらに舐め、啜り、味わった。芳醇な花の香りはせつなくも悩ましく、送り出される愛液は甘露な極上の味で舌を楽しませてくれた。 だが、やがてセフレの女子高生に変化が現れた。「はひっ。ひいいっ……メッ。らめええええええーっ!」 絶叫は長く尾を引いた。ロリJKは突然発作を起こしたように身を硬直させ、顎がガクガクと震えだした。「イッちゃうの……ねっ。だって……クリちゃんペロペロ、んんっ! ゆうきくんってばペロペロ……はひいぃぃっ! イクイクッ、ダメッ。イクイクイクゥーッ!」 なおも舐め続ける僕に対して、自称処女の女子高生は訴えかけていた。しかし、それが愛撫をやめさせようというのか、それとも単に自分が感じていることを教えようとしているのか、表面からは定かではない。「あっ……ホントもう……はひっ、イイイーッンッ!」 だが、今度はJKはあきらめたように頭をもたげ、かと思えば、歯を食いしばって息み、ついに何かが体内を撃ち抜いたようにビクッとすると、やがてがくりとうな垂れた。
 
「ハアッ、ハアッ。かんなちゃん?」 僕はようやく顔を上げたが、なにが起きたかわからず、自称処女のロリJKの様子を窺う。「ハアッ、フウウッ、ハアッ、フウウッ」 微乳のロリ女子高生はぐったりとして返事もできないようだった。だが、ときどき思い出したように腹筋のあたりがビクッ、ビクッと痙攣していた。 セフレのロリJKは俺の口舌奉仕で絶頂したのだ。 俺はしどけなく横たわるロリ女子高生を眺めていた。(す、すげえっ。ぼくのペッティングでカンナさんがイッたんだ) また新たな感動がじんわりと胸に広がっていく。自分は射精しないでロリ女子高生だけをイカせたことが、俺に男としての自信を与えた。そうだ、ぼくは自分の舌で、出会い系アプリで出会ったセフレの女子高生を絶頂させたんだ。 そうして僕が感動に浸っているあいだ、セフレの女子高生はまだ絶頂の余韻にたゆたっているようだった。過呼吸になったような息づかいは収まっているが、ぺちゃぱいのロリJKは目を閉じたまま、小さく喘いでいるのだった。 だが、まもなくロリJKはまぶたを上げた。「ゆうきくん……」 10代のJKの表情はぼんやりしていたが、思いのほか声はしっかりしているようだ。「ん? 気持ちよかった?」「うん、すっごく。わたし、イッちゃった」「だね。すごいエッチな顔していたよ」「や。恥ずかしい……」 セフレのJKは照れたように微笑んだ。火照りの残るうなじが色っぽい。(ううっ。か、かわいいっ!) そう、やっぱり永野芽郁激似のJKはかわいいのだ。ぱっちりした二重の目、まつげは長く、鼻筋は通っているが高すぎることはなく、すぼめた唇はぽってりとして愛らしい。メンヘラの女子高生の顔の輪郭はキレイな卵形をしているうえ小さく、すべての造作がこれ以上はないというバランスでできていた。 下手に個性を重視されるタレントより、完璧さでは童顔の女子高生のほうが数段上回っていると言っても過言ではない。「ゆうきくん──」 その女子高生がうっとりした目で僕を見つめている。JKは脱いでもすごかった。いまは品良く閉じられている脚だが、その間にある裂け目が淫液と俺の唾液で濡れそぼっているのは見ないでもわかっていた。 僕が喉の渇きを覚えた頃、またセフレのロリ女子高生が呼びかけてきた。「ゆうきくん、好きよ。きて」 セックスフレンドのJKは潤んだ瞳で諸手を差し伸べ、生まれたままの姿で招いている。「ぼくも、ずっと好きだったよ。カンナさんっ!」 僕は告白をしつつ、スリムな女子高生に覆い被さった。「ああん、ゆうきくん好き好き好き好きいいいっ」「カンナさんっ」 名前を叫びながら、夢中で唇を合わせる。女子高生の舌が差し入れられ、僕も相手の口中に舌を伸ばした。「はむっ。れろっ、みちゅちゅちゅっ」「ちゅっ、ちゅうう。はんっ、ゆうきくん」「栞菜さんのお口ん中、おいしいよ」「んはっ。あんっ、ゆうきくんのキス、とってもエッチ」 舌と舌が絡みあい、のたうつ。俺は女子高生の顎の裏だけでなく、ほおの内側の柔らかい肉や、粒ぞろいの歯のエナメル質まで存分に味わっていく。「んちゅうううっ、れろっ。ちゅろちゅろりろ」「んちゅ、れろ……んあっ。れろちゅううう」 清楚なJKの唾液を啜り、また送りながら、だんだんふたりの身体は倒れていった。
 
「れろっちゅううぅ……栞菜さん……」 俺は夢中で舌を絡めつつ、清純なロリ女子高生の脚を開かせ、その間に入る。ちんちんはズキズキするほど勃起して脈打っていた。「んはあっ、ゆうきくん……欲しい」 舌をベロンと出したままロリJKが言った。スレンダーなロリ女子高生の愛らしい唇も、いまは下品に歪められ、端のところに唾液が光っている。 いやが上にも俺の欲情は煽られた。「ぬおおおっ」 勢いに任せておち○ちんを女子高生のマンコめがけて突きたてる。ずぶり──手応えあり。「あっはあああーっ!」 18歳の女子高生が天を仰ぐとともに喘いだ。待ちかねていたものをようやく迎え、歓びと官能で女子高生の表情がキラキラと輝く。 ち○ぽは花弁を押し開き、ずぶずぶとおまんこを貫いていく。「おうっ、ふおおお……」 sexフレンドのロリJKのオマ○コのぬめりが絡みつくようにチ○チンを包んだ。俺は呻く。 ついにやったのだ。 これまで憧れでしかなかった偶像、数え切れないほどオカズにした妄想を、現実に肉体で制したのだ。それは、僕にとってひとつの到達点だった。「ハアッ、ハアッ、ハアッ」 微乳のロリ女子高生のおめこの奥まで達した俺はいったん動きを止めた。首を曲げて結合部分を眺めやる。すると、当然ながら自分のち○ちんがセフレの女子高生の股間に食い入っているさまが見えた。(ああ、すげえ。栞菜さんの体の中に入ってるよ) 肉体がすでに知っていることを改めて言葉にせずにはいられなかった。この満たされた気持ちは、何度確かめても新鮮な感動をもたらした。 だが、僕の物思いを未成年のロリ女子高生が破る。「奥に当たってるよぉ。ねえ、ゆうきくん」 鼻にかかった声で言うと、ロリ女子高生は腰をもぞもぞと動かしだしたのだ。「ぬはああっ!」 突然襲いかかってきた快楽に俺は呻いた。自分が主導権を握っていると思いこんでいたため、永野芽郁激似のロリJKの下からの攻撃は予想していなかったのだ。「ああん、はあん」 貧乳のロリJKは喘ぎながら骨盤を縦横に揺らした。まるで自分の意思ではなく、何者かに取り憑かれたような激しさだった。「おおうっ、うおお……栞菜ちゃん、って……」 チ○ポを襲う摩擦は悩ましく、僕は額に脂汗を浮かせていた。まずい、このままでは早漏れしてしまう。キュートな女子高生のおま○こに擦られる愉悦に身悶えながらも、俺はなんとか形勢を逆転しようと考えていた。(……そうだ!) 思いついた俺はすぐに行動に移った。「栞菜ちゃんっ」 俺は叫ぶと同時に10代のロリ女子高生の背中に腕をまわした。「あんっ……えっ?」 ふいに身体が宙に浮いたJKは驚く。俺が持ち上げたのだ。「ふんっ──」 俺は気合いを入れて清純なロリ女子高生の背中を起き上がらせ、自分は器用に脚を伸ばして座ると、その上に永野芽郁似の女子高生を乗せる恰好になった。「ハアッ、ハアッ」 もとより体力のない俺は息を切らせていた。だが、何とか目論見は成功したようだ。俺はメンヘラのJKと向かい合わせでつながっていた。 セックスフレンドのJKもいまや状況を理解していた。「ああん、ゆうきくんすごい……これ、いいね!」 少し見下ろす恰好でロリJKは微笑んだ。額にうっすら汗を浮かせた顔が、美しくも挑発的だ。僕の顔の下には、ぺちゃぱいのオッパイがぷるるんと実っていた。「だろ。前からずっとこうしてみたくて──」
 
 気もそぞろに返事すると、僕は猛然と谷間に顔を埋めた。「むふぉっ! ぷふぁあっ、うぐぐぐ……」「はうんっ、あっ。ダメッ、あはっ!」 俺の児戯じみた行為にセックスフレンドのJKもはしゃいだ声をあげる。だが、俺はそれと同時に腰を下から突き上げてもいた。「むぐっ。ぐおおおっ!」「はんっ、ひっ……あっふうぅぅぅ、イイッ!」 まんこを抉る衝撃に18歳のロリ女子高生は喘ぐ。無意識のうちに僕の頭を胸に押しあてるように抱えこんだ。「ああっ! すっごぉぉぉいっいっいっ」 sexフレンドのJKは身体を揺さぶられて喘ぎ声もスタッカートする。「むふぅ、ふんっ。ハアッ、ハッ」 sexフレンドのロリ女子高生の貧乳のオッパイに包まれた僕は苦しい。セフレのロリ女子高生の甘い体臭を嗅ぎながら、懸命に腰を突き上げるが、呼吸ができないので頭がクラクラしてくる。「アンッ、アアーッ! ゆうきくん!」 しかし、僕の苦境を知らないsexフレンドのJKは悶え狂い、ますます僕の頭を谷間にぎゅうぎゅうと押しつける。「んふっ、ふんっ……うぐぐぐ……」 オチ○チンを走る快感と呼吸困難で、僕は何度も意識が飛びそうになった。苦しい、でも気持ちいい。今すぐ逃れたいが止められない。欲望に任せてピストンする腰はもはや意思の力では制御できなくなっていた。「ンハアッ、ああっ。イイッ、イイよっ! んねえ、ダメェェェ!」 しだいに10代の女子高生も自ら腰を使ってきた。上から突き落とされると、チ○チンが中の襞に擦られた。先走り汁と淫液が混じり合い、ぬめりを増して、さらにふたりの抽送を促してくる。(ああ、もうダメだ……) 僕は気を失いかけていた。かわゆいJKの微乳のオッパイに視界をさえぎられているのとは違う暗闇が覆い被さってくる。だが、快楽の渦に巻かれてブラックアウトするというのも悪くないかもしれない。 ところが、危うく落ちる寸前になって、ふと目の前が明るくなった。「ねえ、ゆうきくん。チューしてぇ」 セフレのロリ女子高生が谷間から俺の顔を離したのだ。キスを求めるためだった。僕はしばらく酸素不足でふらついていたが、視界も徐々に戻り、口を半開きにして迫る自称処女のJKの顔を認められるようになった。「ハアッ、ハアッ。かんなちゃん」 俺は求めに応じて女子高生の唇を吸う。すぐに舌が伸びて絡みついてきた。「むふぁ……んんっ、ゆうきくん」 僕と色っぽいロリ女子高生はねっとりと舌を絡ませつつ、下半身を擦り合わせるのも忘れてはいなかった。「ぬはっ。んちゃっ……れろ。環奈ちゃんのおまんこすげ……」「なふっ、んちゅううう……あんっ、ゆうきくんのおち○ちんが細身のロリJKの中でズコズコズコって……はひぃぃっ! ダメ、わたしもう気持ちよすぎて」「ええ? もしかして、カンナもうイッちゃいそうなの?」「うん。だって……ひゃん! あっ、チ○チン硬いのあんっ、イッ……おま○こがビチャビチャんなってて……あああああーっ、イイイイイーッ!」 舌と舌を剣のように打ち合わせ、また互いの口中を抉りながら、その合間をぬって淫語を投げかけあっていた。10代の女子高生のうなじから鎖骨にかけた辺りに桜が散ったように朱が上る。「ああーはっ、メッ。もう、ホントに……ああああん、イヤアアアーッ! イッ……イッちゃうってばあぁ。ね、ゆうきくんもイッて。わたしだってもう……んはあっ。イッイッイッイッくううううううううううっ!」 高波は突然押し寄せた。ロリ女子高生は顎を反らせたかと思うと、押し流されまいとするように俺の首にしがみついた。「ハアアアン、また……イイイイーッ!」 絶頂は何度も襲ってくるようだった。スタイルのいいロリJKはガクガクと首を揺らし、ひろげた脚もぐっと腰に巻きつけてくる。JKのマンコが細かい蠕動を起こし始める。「ぐはっ……ヤバ。締まるうっ、出るっ!」僕がスリムなJKのおま○この中に精液をいっぱい中出しした。
 
「うううっ、おおっ!」 尿道を奔流が駆け抜ける。ザーメンは天地をひっくり返した滝と化して落ちた。「ハァヒッ! んあああーっ!」 ロリJKの絶頂も尾を引いた。ザーメンの噴射を受けとめたオマ○コがうねり、おち○ちんをさらに食い締める。そのあとでようやく狂奔は収まり、がくりとうな垂れた。「ハアッ、ハアッ、ハアッ、ハアッ」 息を荒らげながら、俺はゆっくりとかわいい女子高生をベッドに横たわらせる。身を任せきりにした女子高生が夢うつつのようにつぶやいた。「すご……かった。イッちゃった……」「ああ。すごかった」 ペ〇スを抜き出したあともセフレのJKのマンコはヒクヒクと蠢き、縁から精液が滴っていた。 それから俺らはしばらくベッドにならんで横たわっていた。すさまじいエッチのあとで休息が必要だった。息を整えながら目を瞑っているうち、僕はいつの間にか眠っていた。 だが、まもなく俺はふと目が覚めた。「ん? なんだ、どうした?」 短くも深い睡眠から覚め、一瞬僕は自分がどこにいるのかわからなかった。(ああ、そうか) 花柄のカーテンやまっ白なドレッサーを目にして、ようやくJKの部屋にいたことを思い出した。ところが、横にいたはずの10代の女子高生の姿がない。それと同時に俺は股間になにか違和感があるのに気がついた。「あ……」 そこには、全裸の18歳のロリ女子高生がうずくまっていた。しかもロリJKの手が弄んでいるのは、やはり休憩中だった俺のオチ○チンだった。 なにをしてるの──僕の問いが言葉になる前に、ロリJKが顔を見上げた。「てへ。ゆうきくんのチ○チンがどうなってるかなあ、っと思って」 セフレのロリ女子高生は照れ笑いを浮かべて言った。まるで悪戯を見つかった子供のような弁解にさすがの俺も少しあきれてしまう。「どうなってる、って……で、どうなってた?」「うーん、いま調べてるとこ。ちょっとお疲れみたいだけど、でも、まだまだ元気みたい」 童顔の女子高生の瞳は欲望に潤んでいた。だが、俺は二発も抜いたあとで自信はない。欲情したセフレのJKの肢体を見るとムラムラとしてはくるものの、体力的についていけそうにない気もする。 しかし、メンヘラのJKに迷いはないらしい。「大丈夫、わたしがゆうきくんを元気にしてあげるから──」 貧乳のJKは言うと、おもむろにオチン○ンを咥えこんだ。「ほおおううっ」 思わず俺は呻いた。萎えてはいても、射精したばかりの状態がまだ持続しており、敏感になっていたのだ。「んぐ、むぐ……ちゅっ、くちゅちゅっ」 JKは口にほお張ったオ○ンチンを引っ張るように啜りあげる。「おおっ、おわっ。環奈さん、エロい顔してる……」 俺は股間を見下ろし口走った。女子高生は、顔に淫靡な影を落とし、萎びたチ○チンを夢中になってしゃぶっていた。
 
(ああ……カンナさん……) われに返ったとき、すでにチン○ンはビンビンにおっ立っていた。「んぐちゅ、んちゅっ。ちゅばっ、ちゅぼぼぼぼっ」 女子高生は唇をめくり、ほおを歪ませて、俺のペニスをむさぼり食っている。「この、ドスケベな淫乱娘が……おおおっ!」 僕は悶えながら、複雑な思いに捕われていた。セックスフレンドの女子高生をベッドに誘導したのは自分だということはわかっている。一方、欲情に猛るJKの姿に淡い思い出を汚されたような気もするのだ。(矛盾している) 頭ではそう考えても、感情が乱れるのをどうしようもない。 だが、その矛盾が胸に突き刺さるほど、不思議なことにますます興奮してくるのだった。 かたやsexフレンドのロリ女子高生も十分昂ぶっているようだった。「ぷはっ……あー、もうガマンできないよぉ。わたし、挿れたいの!」 女子高生は言うと、僕の身体にのしかかってきた。「ああん、オ○ンチンこんなに元気になってるよ」「おあああっ!」 上になった貧乳の女子高生にチンチンをつかまれ、俺は喘いだ。「ゆうきくんのちんぽ、大好きなの。だからぁ──」 女子高生はゆっくりと扱きながら腰を浮かせ、張りつめた亀頭におまんこをあてがう。「カンナのおまんこにぃ、挿れちゃ……はううううんっ!」 ぐっと腰が落とされる。ちん○んがぬめりに沈んだ。「おっほおおおおっ!」「アアアアーッ!」 ふたつの肉体はまたつながった。可愛いロリ女子高生は腰を反らせ、微乳のおっぱいを突き出すような姿勢で、尻を引き上げ、そして下ろした。「あんっ、あんっ、あんっ、イイーッ!」「おっ、おっ、おっ、のああああーっ!」 襲い来る悦楽に俺は懊悩した。JKのおまんこは交わるにつれてより一層こなれていくようだった。うねうねとした膣壁がまといつき、チン○ンも喘ぐように先走りを吐いた。こちらから仕掛けることなど思いもよらず、ひたすら受け身で快楽に身を委ねることしかできない。 セフレの女子高生は顎を上げて抽送に浸っていた。「あんっ、あっ。はうんっ、イイーッ! ねっ、きもちーの!」「ああ。おっ、ぼくも……うはあっ! イイよ、イイッ」 俺も答えたが、めくるめく官能に押し流される「かんなちゃん、ちょっと──」 呼びかけたが、自称処女のJKは耳に入らないようだった。「はあんっ、ああーっ! イイッ、イイよぉぉぉっ」 女子高生はロデオで騎乗しているがごとく、大きく身体を波打たせたままだった。そこで俺はもう一度大きな声で呼びかけた。「環奈ちゃんっ! ストップ!」 声と同時に腰を押さえたので、さすがにかわゆいロリ女子高生も気づいて動きを止める。「ハアッ、ふうぅ……ゆうきくん、どうしたの?」
 
「ちょい待ち。なあ、後ろからしたいんだけど、いったん退いてくれるか」「え? ……うん、いいよ」 抽送を止められた10代のロリJKは少し不服そうだったが、素直にうなずいた。もちろん俺の言うとおりにするしかない。 上から退くと、美人のロリJKはベッドに四つん這いになった。「こんな恰好でするの初めて。なんか動物みたいで恥ずかしいな……でも、ゆうきくんが望むんだったら、わたしなんでもする」「え、そうなの?」 僕はセフレのロリJKの告白を聞いて驚いた。経験豊富そうに見えたのに、ロリJKはバックでしたことがないらしいのだ。カメラに操られている以上、永野芽郁激似の女子高生の告白が嘘だということはない。(じゃあ、少なくともこっちはぼくが初めての男になるわけだ) おかげで嫉妬からくる怒りのようなものは少し収まったが、だからといってやめるつもりもない。なににつけ、メンヘラのロリJKの「初めての男」になれるというのは気持ちいいものだ。 俺はsexフレンドのJKの突き出した尻に顔を近づける。「すごいよ、栞菜さん。よーく見える」「やんっ、そんなにジイッと見ないで」 未成年の女子高生は照れたようにはしゃいでみせるが、僕が見ているのはぱっくり開いたマンコではなかった。その上のほうにある、セフレのロリJKのすぼまったお尻の孔を注視しているのだ。「きれいにしてるんだね、毛も生えてないし──」「え。なに? どこ見てるの……」 僕の言葉にセックスフレンドのJKもやっと勘違いしていたことに気づく。「こんな感じだったんだ、環奈ちゃん1のアナルって」 俺は言うと、自分の指を舐めて、放射状に伸びた皺を撫でた。「ひゃううっ! ゆうきくん、ダメだよっ、そんなとこ汚いから」「んん? 汚いの? かんなちゃんはここ、ウンチしたあとちゃんと拭かないの?」「そ、そんなこと……イヤッ。恥ずかしいよう」 ロリJKは消え入りそうな声で言うと、顔を枕に埋めてしまった。だが、ロリJKの尻は高く持ち上げたままだった。「ハアッ、ハアッ」 俺は暗い欲望を滾らせながら、細身の女子高生のア○ルの周りを唾液で湿らせていった。 本当にキレイだ。セフレのロリ女子高生のアヌスは色素の沈着もなく、ほとんど尻たぼと同じ色のまま、深い穴を穿っている。 アヌスホール美人というものがあるとしたら、貧乳のロリJKのものなどまさにトップモデル級と言えた。 恐る恐る顔を近づけ、そっとロリ女子高生のアナルの匂いを嗅いでみる。「ほおぉぉ……」「え。なに、ヤダ。なにしてるの」 不穏な動きに気づいたJKがうろたえる。僕は安心させるように言った。「大丈夫。ちょっと香ばしくて、良い匂いだ」「うそ……やだもう……」 sexフレンドのロリ女子高生の羞恥は本物だった。僕は満足して、言葉でいたぶるのをやめた。「じゃあ、挿れるよ。身体の力を抜いて」 俺は起き上がって硬直を尻穴にあてがう。女子高生は焦った。「ええっ、うそぉ。そっち……ホントに? どうしよう」「大丈夫だって、痛くはしないから」 僕は言うが、ロリJKのうろたえぶりに少し心配になる。そこで改めて指をしゃぶり、ちんこを挿れる前に穴をひろげておくことにした。 中指を穴に立てて、グリグリと回すようにしながら入れていく。「んひゃっ! はんっ」「ダメだよ、力んじゃ。お腹の力を抜いて」
 
「う、うんわかった……ふうぅ、ふうぅ」「そう、それでいい。じゃ、ゆっくり入れるよ」 セフレの女子高生をなだめながら、改めて指を食いこませていく。今度はうまくいった。入口はきつかったが、指が第一関節まで埋まると、あとは比較的楽だった。「どう? ほら、もう指が全部入っちゃった」「ふうぅ、ふうぅ。ホント? なんか変な感じ」 僕は自分の指が永野芽郁似のロリ女子高生の尻に埋もれているのを見て、異常な興奮を覚えた。本来、ぺちゃぱいのJKの恥じらいが正常なのだ。恋人を持ったことのない僕にはわかりようもないが、きっと僕がロリ女子高生でも肛虐など普通にはしないことなのだろう。(だけど、ぼくはしちゃうんだ。栞菜ちゃんのケツ穴を犯してしまうんだ) 俺は自らを駆りたてるように言い聞かせながら、埋めた指をグルグル回して清純なロリ女子高生のア○ルをほぐしていった。「はあぁ……ふうぅ。んはぁぁ、ふうぅぅ」 気づくと、細身のロリ女子高生の呼吸もただ落ち着こうとしていたものが、事態を受け入れて感覚に集中している様子に変わっていた。「うん、そうそう。良い子だ」 そこで俺はご褒美に亀頭でクリを擦ってやることにした。「あひいぃぃっ! あふうぅぅぅっ」 反応めざましく、未成年の女子高生の悦びの声が上がった。「うっは……おおお……」 しかし、快楽の矢は俺にも向かってくる結果になった。蜜汁でぬるんとした突起がむきだしの粘膜に擦れてたまらない。 こうなったらもはや我慢も限界だ。俺は貧乳の女子高生のお尻の穴に刺した中指を抜きとり、代わりにいきり立つペ〇スをあてがった。「栞菜ちゃんっ!」 俺は叫ぶと、ひと思いに腰を突き入れた。「んはっ……ダメイヤアアアアーッ!」「ぐほおぉぉぉっ」 パイパンのロリ女子高生は絶叫したが、お尻の孔は亀頭を受け入れた。だが、一気に奥までとはいかず、チ○チンの張り出したところまで埋まって行き詰まる。「ハアッ、ハアッ、ハアッ」 僕は脂汗をかき始めた。括約筋がものすごい力で締めつけてくる。ペ〇スが引きちぎられてしまいそうだ。しかしここでやめるわけにはいかない。俺はしばし息を整えると、ゆっくりと、だが力強く、腰を押しつけていった。「はあん、ああっ。ダメッ、壊れちゃう!」 ロリ女子高生の指はシーツをわしづかみにしていた。「だい……じょうぶ。ゆっくり、するし。お願いだから、力を抜いて」「う、うん。わかった。でも、ゆっくり、ゆっくりね」「もち……ろん。ぐっ……ほら、入っていく」 少しずつ、だが確実にチンチンが10代のロリ女子高生のお尻の孔に埋もれていく。「んはあっ、んん……お尻が、ぱんぱんに膨れていくみたい」「だろ? だって、ああ……締まる……」 とうとう全部入ってしまった。ペ〇スがきつく握られているみたいだ。しかし、それはオ○ンコに挿入しているのとはちがう感覚だった。あのぬめりに包まれているような感じではなく、もっと力任せに締めつけられているようだ。「ハアッ、じゃあ動かすよ──」 僕は宣言すると、童顔のJKの尻たぼを抱えて腰を引いた。「あっ……ふうぅぅぅ。やんっ、変な感じ」 ビクンと震えたJKは力ない声を出した。ふたたびぐっと押しこむ。「ひゃううっ! ダメッ、ああっ。やめてぇ!」 顔が枕に押しつけられているせいでパイパンのJKの叫び声はくぐもっていた。「のっは……かんなさんのケツマンコがっ……」
 
 俺も喘いでいた。永野芽郁激似のロリJKが力を入れたために、ち○こが食いちぎられるかと思うほど締めつけられたからだ。ほとんど苦しいと言ってよかった。だが、ただ苦しいだけではない。そのなかには、鈍重な快楽も含まれていた。 最初のうちは、とても抽送などできそうにないと思われたが、何度か押し引きをくり返していると、腸内にも潤滑液に似たぬめりが生じることがわかった。 俺の腰の動きは徐々に大胆かつ速くなっていく。「ぬうはっ、ほっ。ハアッ、どうだ!」「ああっ、ダメ。ダメだけど……なっ。イッ、良いかも……」「かわいい顔して、ケツで感じるなんて、どんだけドスケベなんだ」「やんっ、ゆうきくんのイジワル。でも、やめないで。はうううっ!」 ロリ女子高生は伏せていた顔を上げていた。しなる腰や悩ましげな呼吸が、セフレのJKにも悦びが訪れ始めていることを示していた。 オチ○チンは括約筋に縛められて、早々に音をあげていた。「くはあっ。環奈さんっ、すごく締まるっ!」 俺は喘ぎながら、無意識のうちにパイパンのJKの股間に手を回す。恥毛がぐしょぐしょだった。スタイルのいい女子高生も感じているのだ。興奮も新たに俺の指がJKの一番敏感な豆を捕える。「ヤアアアアーッ! そこおぉぉぉぉぉーっ!」 クリトリスへの刺激に女子高生が震えだす。ガクガクと身体を揺らし、グッと顎が持ち上がる。セックスフレンドのロリ女子高生の全身の筋肉は連動し、アヌスが万力のように締めつける。「どぅはっ。ダメだそれは……だっはああああ!」 叫ぶと同時に僕がロリJKのアヌスの中にザーメンをたくさんアナル中出しした。底の方から絞るような衝撃が走る。「あっひ……イクッ!……」 小さく悲鳴のような声をあげたスリムな女子高生も絶頂に至った。息んだ直後にバッタリと倒れこむ。前と後ろにそれぞれザーメンを受けとめて、sexフレンドのロリJKはもうお腹いっぱいとでもいうような満足げな断末魔だった。「ほおぉぉぉ……ハアッ、ハアッ」 僕はセフレの女子高生のアナルの内にすべて吐き出し、息をついた。ずるりとおちん○んを抜きとったあと、永野芽郁激似の女子高生のア○ルはまだヒクヒクと蠢いていた。「ゆうきくん、カンナとぉーっても気持ちよかったにゃん」 事後も貧乳の女子高生はベッドで甘えてきた。裸のまま添い寝して、猫なで声でベタベタと身体を触ってくる。「お尻まで開発されちゃって、環奈はもうゆうきくんから離れられないカラダになったのぉ」「はは……そりゃよかった」 だが、俺はなぜか今ひとつ喜びきれなかった。あれほど憧れていた細身のロリ女子高生が自分に夢中になっているというのに、なにか手応えが感じられないのだ。「じゃあ、ぼくはそろそろ帰るよ」「えー、いやんいやん。もっとカンナとちゅっちゅしよーよー」 やがて美しい女子高生がグズるのも振りきって、僕はマンションをあとにした。 帰る道々、僕は物思う。長年の念願を果たしたことは満足している。だが、なぜか空しいのだ。(まあ、三発も抜いたしな。一気に冷静になったってことかな) 僕は冬の夜空を見上げると、ぶるっと震えて帰路を急いだ。
 
出会い系サイトでの貧乳のJKとのタダマンエッチのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓













































※この記事はフィクションです。また画像はイメージです。
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.