deaikeitaiken_novel

【PCMAXセフレ】バツイチの巨乳シンママと中出しセックス

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
僕は日々出会系コミュできれいな女と即会いして、はめどりセックスをやっています(*^^*)
 
さて、今回は即出会いできる優良なであいけいアプリのPCマックスで出会った神田愛花似のバツイチの巨乳シンママと宮城県仙台市で会ってsexフレンドにしていますぐオフパコセックスをしてきたのですが、ハメどり写メがいっぱい撮れましたので報告します。
 
※この記事には過激なsexのハメ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会系コミュニティのPCマックスで出会った女の子はシングルマザーで、名前はナツコさんといい、顔は神田愛花似のとても美人でした((^┰^))
 
出会い系サイトピーシーマックスでのバツイチのシングルマザーのプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトPCマックスでのパイパンのシンママの掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
スリムなシングルマザーとは、出会い系サイトのピーシーマックスで知り合ってLINEでやり取りした後、仙台駅近くのおしゃれな海鮮居酒屋に飲みに行った後いつものようにラブホに行ってオフパコエッチをしました。
 
俺とシンママが宮城県仙台市の仙台駅近くのラブホテルの部屋に入った。「ゆうきくん、お待たせ」 姿を見せた神田愛花激似のシンママは、シースルーのボディスーツを身にまとっていた。「す、すげえ……」 僕は思わず言葉を失う。シンママは着痩せするタイプらしく、ムッチリしたボディが大人の色香をただよわせ、なんとも淫靡に感じられた。「うふふ。それじゃゆっくり愉しみましょうね」 子持ちのシンママは言いながら、僕の肩に腕をまわす。「ああ、夏子ちゃん……」 可愛いシンママからはえも言われぬ良い匂いがした。セフレのシングルマザーの肌はしっとりとして白く、柔らかそうな二の腕は触り心地が良さそうだ。「大人の世界へようこそ──」 子持ちのシングルマザーの腕に重みがかかり、俺はゆっくりとベッドに押し倒されていく。(ナツコさんになら、もう何をされてもかまわない) マットに沈み込みながら、俺がそう思ったときだった。「よいしょ、っと」 そのままプレイに持ちこまれると思いきや、不意に清純なシングルマザーは僕の上からどいてしまったのだ。「え……?」 僕がとまどっているうちに、アラサーのシンママはひとりでベッドの真ん中に仰向けに横たわったかと思うと、こう言った。「箱の中に縄があるでしょう。それであたしを縛ってちょうだい」 見れば、たしかに箱には赤いロープが何本かあるようだ。「これで、なつこちゃんを縛るんですか」「そうよ。やりかたは教えてあげるから、早く」 もちろん否応もない。しかたなく僕はベッドをおりて縄を手に取った。「両方の手首と足首をベッドの脚に縛りつけるの」「はい、わかりました」 指示されて俺はシンママの手首にロープをかけるが、何度もやり直さねばならなかった。手元が震えてしかたがないのだ。 道具を見せられたときから、シンママがSMプレイをしようとしていることはなんとなくわかっていた。だが、最初は自分が責められるほうだと思ったのだ。それで不安になっていたのだが、自分が責めるほうだとわかると、今度は別の不安が首をもたげてくる。(僕にできるだろうか) しかし、ここまできたらやるしかないのだ。俺はシングルマザーを、そして『桃コレ』を信じていた。
 
 やがてぎこちない手つきながら、なんとか神田愛花似のシンママの四肢を拘束することができた。「次はそれ。ギャグボールで口を塞ぐの」 指示は明確だった。だが、いったん口を塞いでしまえば、以降はシングルマザーの指導を得られなくなってしまう。 その点はシンママも先刻承知のようで、猿ぐつわをかけられる前に、僕が何をすべきか説明してくれた。「じゃあ、着けますよ」 説明を受けたあと、僕はシングルマザーにギャグボールを?ませ、バンドを顔の後ろへとまわす。「ンフーウ、ウウ」 その時点から子持ちのシンママの返事は不明瞭になる。 これで準備はできた。俺はホッと息をつき、いったんベッドからおりて、箱の中から棒の先に鳥の羽がついた道具を取り出した。フェザーティックラーと呼ばれるものらしい。「ふうーっ」 深呼吸し、改めてベッドに縛められた神田愛花似のシンママを見下ろす。(なんていやらしい眺めなんだ) パイパンのシングルマザーは両手両足を広げ、大の字になって横たわっていた。 ボディスーツはバストのカップとヘソから逆V型にレース網の部分がある。そのため乳頭や恥毛が透けて見えるのだ。 また、縄は跡が付くほどきつく縛っていないつもりだが、長さには余裕がないため、ほとんど身動きはとれない。口はきけず、何をされようと逆らう術はない。 それでも、シンママの目は生きていた。ベッド脇にたたずむ僕の目をまっすぐとらえ、期待と興奮を声高に語りかけてくる。 「いきますよ」 宣言すると、僕はまずシングルマザーの首すじに羽根を触れさせる。(そうっと軽く。ほんの触れるか触れないかくらいでいいの) 熱をおびたシングルマザーの瞳がそう訴えかけてくるようだ。 羽根の先端で、顎の下から耳の後ろへと刷く。「ううう、うう……」 アラサーのシングルマザーの身体がビクンと震え、顎が持ち上がる。くすぐったさから逃れるように顔を反対側へと振りさえした。 だが、これで怯んではならない。僕はおのれを励ますように、羽根の先を鎖骨のほうへと下ろしていった。「ンンーッ、フーン、フーッ」 今度は胸を反らすように暴れる。興奮からか、それとも苦痛からか、アラサーのシングルマザーのうなじの辺りが桜色に染まっていく。「ハアッ、ハアッ」 知らぬ間に俺も昂ぶりを感じていた。女性をくすぐるというだけの行為が、どうしてこんなに興奮するのだろう。 興が乗ってくると、不思議と羽根の動きにも生命が宿ってくる。鎖骨を左右に刷いていた僕は、今度は縦に胸の谷間を降ろしていく。「ふぁうぅ、ふぁふ」「いいですよ。夏子ちゃん、感じているんですね」「ンフーウ、ウウ」 言葉のない世界。責め手と受け手は、薄い羽根の先だけでつながっている。直情的に交わるばかりがセックスではないのだ。僕は新しい視野が広がっていくのを感じていた。 セフレのシングルマザーの巨乳の胸の谷間に羽根を滑りこませる。「ンンッ……」 セフレのシングルマザーの手足が縮こまろうとするが、縄でつながれているためできない。 しだいに僕の額にも汗が滲んでくる。ゾワゾワする感触がこちらにも伝わってくるようだった。「胸、出しますね」 俺は言って、ボディスーツのブラカップに手をかけた。 事前の打ち合わせにはなかった段取りだ。30代のシングルマザーは目玉をキョロキョロさせながら抗議の意思を表す。
 
「ンフー、ムムゥ……」「ダメですよ。見たいんです、奈津子ちゃんのオッパイが」 もはや遠慮よりも欲求が勝っていた。俺は巨乳のシングルマザーのブラカップの縁に指をかけ、めくるようにして一気に引き下ろした。「ンンッ……!」「ああ、やっぱり。思った通り、きれいなオッパイだ」「ンーン?」「ええ。大きくて、柔らかそうで、それに乳首だって可愛らしいです」 ぷるんと弾けるように飛び出したパイパンのシンママの巨乳の乳房は、ふっくらとして白く、つややかなフルーツのようだった。 すぐにでもしゃぶりつきたい。そんな思いをグッと堪え、俺は羽根を自らの肉体の延長とし、谷間から円を描いて山を登り始めた。「ンッフ、ンッフ。ンンッ」「いいんですか。ここが感じるんですか」 清純なシングルマザーの眉間にシワが寄り、谷間もしっとりと湿りを帯びる。「おっぱいがプルプル揺れてますよ。感じてるんですね」 僕は語りかけながら、羽根でセフレのシンママの乳輪をさっと刷き、そのまま乳首をかすめていったん肌を離れ、宙に浮かせる。「乳首がビンビンになってますよ」 そして羽根の先端を使い、繊細な手つきで神田愛花似のシングルマザーの乳腺をつつくようにした。「…………っ!」 すると、セフレのシングルマザーは驚愕するように目をむき、身体を思いきりのけ反らせた。 その激しい反応を目にした俺は思う。(ああ、なんて敏感な肉体なんだ。これが大人の女性というものなのか) 下半身は重苦しいほど充血していた。このことで学んだのは、愛撫で肉体的な刺激を与えるばかりでなく、自らが欲情するさまを見せることによっても、相手に愉悦をもたらすことができるということだった。「ハアッ、ハアッ」 こうなると欲も出てくる。俺はsexフレンドのシングルマザーの下腹部へと目をやった。「ンフーウ、ンン」 意図は色っぽいシングルマザーにも伝わったらしく、盛んに身をもがく。かなり激しい動きをしているのにガタつかないのは、さすが高級ベッドだけあって、作りがしっかりしているからだろう。 羽根は上下する腹を通り過ぎ、シンママのヘソでいったん円を描いたあと、レースに透ける恥毛を捕らえた。「ンッ、ンッ、ンンッ」 シングルマザーの両脚が内股になろうとし、モゾモゾした動きになる。「いいですよ、ナツコちゃん。すごくエッチだ」 俺は口走りつつ、羽根をレースの編み目に差し込むように動かす。 さらに今度はsexフレンドのシンママの生肌をさらした内腿へ。上下にさっさっと刷くようにして、三十路のシンママの付け根の凹みにも刺激を与える。「ンフーウ」「これがいいみたいですね。いいでしょう、もっと感じさせてあげます」 いつしか僕は責める歓びを感じていた。ことさら焦らしたりといった駆け引きは必要なかった。フェザーティックラーでする愛撫自体が焦らしと刺激を兼ね備えていたからだ。「じゃあ、ここも──」 ついに羽根はセフレのシングルマザーの股間に向かった。しかし、そこはレース編みではなく、通常の下着のようにクロッチになっていた。そこで僕はこれまでのフェザータッチではなく、羽根を強く押しあてるようにした。「ングゥ、ンムムム……」 清楚なシングルマザーは盛んに暴れようとする。白い布にじんわりと染みが広がっていく。「濡れてますよ、夏子さん。ここが欲しかったんですね」
 
 シンママの反応に気をよくして、僕は羽根が折れ曲がるほどきつく押しあて、上下左右にかき回すように動かした。 すると、やがてセックスフレンドのシングルマザーに変化が表れた。「ンムーウ、ウウーンム」 ギャグボールで塞がれながらも、シングルマザーは喉から精一杯の叫びをあげている。それも喘ぎ声なのか、泣き声なのかわからないほどだ。 シンママの四肢はのたうち、身体はビクンビクンとしゃくり上げるように跳ねる。「ンンーン、ンファーフ」 とうとう口の端からよだれまで垂れてしまう。「うわあ、すごい。ナツコちゃん、感じすぎじゃないですか」 俺は言いながら、手首をこね回して羽根を動かし続けた。 そして次の瞬間、30代のシンママは不意に暴れるのをやめた。「ンン…………」「あ……ああっ……」 最初のうち、俺には何が起きたのかわからなかった。 セックスフレンドのシングルマザーの股間から染みが広がっていく。それも尋常ではない速さで。染みはやがてボディスーツに収まらず、スレンダーなシングルマザーの太腿を伝ってシーツまで広がっていった。 セフレのシンママはぐったりとして、顔を背けていた。失禁したのだ。「ウソだろ。すげえ……」 俺は表現しがたい感動に襲われていた。快感のあまり、大人の女性がおもらししてしまったのだ。もちろんこんなものを見るのは初めてだった。だが、僕のち○こはストレートな反応を示し、ギンギンに勃っていた。 しかし、ここが終着点ではない。シンママとの打ち合わせでは、二つ目の道具が用意されていた。「これですよね」 俺は箱からディルドを取り出した。それを見てシングルマザーは力なくうなずく。 本当は今すぐにでもつながりたい。俺の下半身はいきり立っていたが、事前の取り決めを尊重し、玩具を持ってベッドに上がる。「じゃあ、まずこいつを外しちゃいますから」 しかし、愉しみもあった。俺は言うと、ボディスーツのクロッチに手をかけた。ディルドを使うにはシンママのマンコを露出させなければどうしようもない。いよいよ30代のシンママのマ○コを拝めるのだ。 ボディスーツは下からも外せるよう、クロッチがボタンで留めてあった。パチンパチンとふたつ外すと、布ははらりと上下に分かれた。「うわあ、エロい」 僕はあらわになったシングルマザーのオ○ンコを覗きこむようにした。 sexフレンドのシンママのオマンコはかるく口を開いていた。縄で股裂きされているためだ。おかげで触れずとも、ピンクに絖光るマンコがはっきり見えた。 俺は指先で花弁にそっと触れる。「もうこんなにヌルヌルだ。けど、これおしっこでもあるんですよね」「ンムゥ」 するとバツイチのシングルマザーはイヤイヤするように身を捩る。 清楚なシンママの愛らしさに興奮の度はさらに増した。「わかりました、もう言いません。早くこれが欲しいんでしょ」 俺は言うと、ディルドを水平に構える。ちんぽを模した玩具は、色こそ不自然な黒だったが、形はとてもリアルだ。(それにしても、でかくないかこれ?) 手にした人工物はかなり大きく見えた。自分のちんぽと比べてどうだろう。これが本当に入るのだろうか? さまざまな疑問が頭をよぎるが、なにはさておきディルドの先っぽをシンママのオマンコに押しあてた。「いきますよ」 思いきってぐっと押し込んでみる。すると、意外やすんなりシングルマザーのオマ○コへと吸い込まれていったのだ。「ンフゥー」
 
 可愛らしいシングルマザーが喘ぐ。すでに玩具はほとんど根元まで埋まっていた。こうまでスムーズに挿入できたのは、あらかじめよく濡れていたからだろうか、それともバツ1のシングルマザーの道具そのものが大ぶりにできているのだろうか。 しかし、いちいち驚いている場合ではない。俺がディルドを挿したままでいる間にも、美形のシングルマザーは快楽を求めて腰をもぞもぞ蠢かしていたのだ。「なつこさんって本当にエッチなんですね。待ってください、俺がちゃんと気持ちよくさせてあげますから」 僕は言うと、右手で改めてディルドをしっかり握り、グッと手前に引いた。「ンフーッ」「ああ、すごい。ナツコさんの中、ヒダヒダになっているのまでわかる」 それからは美人のシングルマザーの様子をうかがいながら、玩具をゆっくり動かしていく。「ンンッ、ンムムムゥ」 やがて巨乳のシングルマザーの体は大きく波を打ち始める。苦しそうな喘ぎとともに、顎をのけ反らせ、恥骨をせり出すように持ち上げた。「奈津子ちゃん、ヌルンヌルンじゃないですか。ズポズポ入っちゃう」「ふぁふ。ンムウ」「ああ、すごいな。こうしてなんでも咥え込んじゃうんですね。僕、もうおちん○んビンビンですよ」 僕は言葉で煽りながら、ディルドを盛んに動かした。徐々にコツをつかんできたので、手首を返すだけで楽に抽送できるようになっていた。「濡れてる濡れてる。あー、おめこ汁があふれてますよ。美味しそうだ」「ンーふぁ、ンンーふぉ」「だんだん自分のオチ○チンを挿れてるみたいな感覚になってきましたよ。ナツコさんはどうですか?」 もはや手首の返しは、これ以上は無理という速度に達していた。「ンふぁーぐっ、ふぉおおぉ……」 セックスフレンドのシンママの四肢が突っ張り、電気ショックでも浴びせられたように固まる。「そら…………!」 僕は玩具で抉り、突いた。「ンごおぉぉぉぉぉっ!」 すると、シングルマザーは喉の奥で妙なうなり声を出し、背中を弓なりに反らせた。一瞬だが勢いがすごすぎて体が宙に浮いたようだった。「…………ンかっ」 そして30代のシンママは白目をむくと、それきりがくんと脱力してしまった。「ハアッ、ハアッ、ハアッ」 俺も息を切らせていた。どうやら30代のシンママはイッたようだ。貪るような二度の絶頂に僕は目をみはった。シンママの性欲はあまりに奥が深い。 興奮冷めやらぬまま、ようやくシンママの縛めが解かれた。「ンフン……どうだった? 拘束された女をいたぶる気分は」 sexフレンドのシンママは手首や足首に付いた縄の跡をさすりながら、蕩けた目で訊ねる。 僕の股間を見れば答えるまでもない。だが、僕は言った。「ええ、驚きました。直接触れなくても、これだけ興奮するなんて」 すると、三十路のシングルマザーは笑みを含んで起き上がる。「でも、あたしばっかり二回もイッちゃって悪いわ」「いえ、そんなことは──」 座った俺のズボンはテントを張っている。そこへ清楚なシングルマザーの手が乗せられた。「今度はあたしがする番。ゆうきくん、あなたもう一人前の男よ」 シングルマザーは言うと、手早く僕の下半身を丸裸にした。「まあ、立派なオチン○ン。こっちはとっくに一人前だったのね」「ナツコさん……ああ、そんなに撫で回されたら……」 シンママが触れるちんぽの先から透明汁がこぽりとあふれ出る。
 
「とっても美味しそう。カリも張ってて」 前屈みになった三十路のシンママの唇が開き、舌が伸ばされ、ち○こを迎えにいく。「あーん」 清楚なシンママはわざと声に出しながら、湯気の立つチンポを咥えこんだ。「おお……」 僕は呻く。吸い込みは最初から激しかった。股間に埋もれたシングルマザーの頭が淫靡に蠢いていた。「ンっふ。硬いチ○ポ」「おおっ。ああ……」「こんなに硬くなるまで我慢してくれてたの。ごめんね」 神田愛花激似のシンママはときおり言葉を挟みつつ、ち○ぽを舐め、啜った。「うあ……それ、いいです。裏筋……」「ンーふ? ンン……」 僕が快感を訴えると、シンママは上目遣いで見つめてきた。「ぬあぁ……エロい、エロいよなつこちゃん」 清純なシングルマザーはかがみ込んで舌を動かすのに夢中だった。バツイチのシンママが膝を折り畳み、背中を反らせて尻を持ち上げた恰好がいやらしい。「ハアッ、ハアッ」 僕の額に脂汗が浮かんでくる。シンママの舌使いは老獪で、男の感じるポイントを的確に責めたてた。(マズイ。このままではイッてしまう) あまりの気持ちよさに焦りのようなものが迫ってくるのだ。 ところが、幸い巨乳のシングルマザーのほうが先に痺れを切らせた。「ああ、もうダメ。お願い、挿れてちょうだい」 セフレのシングルマザーは言うと、身悶えるような動きで向きを変え、尻を突き出した。「お願い。こっちからがいいの」「ああ……」 バックから挿れろ、ということのようだ。高く差し出されたシングルマザーの尻はよく熟れ、まさにいまが食べ頃といった感じだった。「それじゃあ、いきますよ」 僕は声をかけながら、膝立ちになる。sexフレンドのシングルマザーの尻はよく磨き立てられた高級フルーツのようだった。シングルマザーは常に女でいることを忘れていなかったのだろう。 シングルマザーの見事な尻たぼに手をおき、おち○ちんを花弁に押しあてる。「ああっ……」 わずかに触れただけでシンママは喘いでみせた。相当敏感になっている。 僕は狙いを定め、腰を前へぐっと突き出す。「おほうっ……」「あ、きた──」 尻肉のあいだにチンポが埋もれていく。ぬめりが双方に愉悦をもたらす。「ああ、すげ……なつこさんの中、熱い」「うン……あっ。ゆうきくんの、当たってる」 ついにち○ちんは巨乳のシンママのマ○コの奥へと到達した。「ハッ、ハッ、ハッ」 忙しなく呼吸する俺は身動きもとれない。sexフレンドのシングルマザーのおめこがおち○ちんに絡みついてくる。トロトロに蕩けていってしまいそうだ。パイパンのシンママの体は懐が深く、悩ましいほど締めつけてきた。 だが、シンママはそんなことでは収まりがつかないようだった。「あン、イジワルしないで早く突いてちょうだい」
 
「は、はい……」 僕は短く答えた。意地悪しているつもりはない。ただ、少しでも動けば漏らしてしまいそうなだけなのだ。「ああン、もう焦れったい」 しかしsexフレンドのシンママは待ちきれず、自ら尻を上下に揺らし始めた。「ぬおおっ……」「あン、イッ……擦って、突いてぇ」 こうなったらジッとしていても始まらない。俺は覚悟を決め、両手でセフレのシングルマザーの腰辺りを支えた。「うらあぁっ」 そして一気に抉り込む。肉を叩きつけたら引いて、また抉り込む。「あっはぁ、そ……そうよ、あーすごいのぉ」「ハッ、ハッ、ハッ、ハアッ」「きて……くる。あっ、もっとぉ」 スレンダーなシングルマザーは悦びを盛んに訴えながら、喘ぎを漏らした。「奈津子ちゃんのまんこ、気持ちよくて……ぬあっ、たまんない」「ゆうきくんのチンポも最高よ。はうっ、奥に当たってる」 チャポチャポと粘った音がリズミカルに鳴る。それより高く響くのは、肉と肉がぶつかり合う音だった。 やがてうつ伏せた激カワのシングルマザーが後ろ手に腕を伸ばしてきた。「あっ、あン。俺……くん」 つかんでくれと言うことだろうか? 僕は抽送を続けながら、伸ばされた手を捕まえた。 ところが、清純なシングルマザーはそれを焦れったそうに払ったのだ。「ちがう、ちがうの。叩いて……あふっ、叩いてほしいの」「え。叩く……」 僕には、なんのことかわからない。喘ぐ息の下からシンママが答えた。「お尻。あたしのお尻をペンペンしながら突いてほしいの」「あ……」 ようやく俺にもわかった。30代のシンママは尻を手で叩きながらしてほしいのだ。スパンキングというやつだ。「よし、わかりました」 僕は言うと、右手で激カワのシンママの尻たぼをペチンとはたいた。「ああっ、そうよ。いいわ。もっと強く!」「こうですか?」 もう一回sexフレンドのシングルマザーの尻たぼを叩き、パァンと乾いた音をたてる。しっとりと手の平に吸い付くような臀肉の感触がたまらない。だが、激カワのシングルマザーは満足しない。「ダメ。両手で強く、何回も叩くの」 なんてことだ。僕は驚き呆れつつ、言われたとおりにした。相手が女性だと思い遠慮していてはダメなのだ。「うらぁっ。これで……どうだ? これでどうだ!」 そこで今度は力を込めて、両手で交互にsexフレンドのシングルマザーの尻たぼを叩きまくった。「あっ、イッ……そう、ステキよ!」 すると、シンママは身を捩るようにしてよがるではないか。気持ちいいのだ。 尻肉に、みるみるうちに僕の手形が付いていく。「ぬおお……うらっ、うらあっ」 スパンキングしながら腰を振るのは難しかった。それでいて俺は異様な興奮を覚えていた。いたぶり、貫くことの快感は、支配することへのオスの欲求を熱く滾らせるものがあった。「あふン、すごいよぉ。イッちゃうよぉ」 それはアラサーのシンママも同じようだった。セックスフレンドのシンママが、いまや出会い系アプリのPCマックスで出会ったセフレの男の打擲を受けて、身も世もなく泣き啜りながら悶えているのだ。
 
「ぬあっ。ハアッ、ハアッ」「あン、イイッ。きて……くる……」 もはや尻に赤くないところはなくなっていた。俺が見下ろすと、シングルマザーの尻穴が開いてヒクヒクと蠢いていた。「ダメ、もう……あたし……イク……」 消え入りそうな声で訴える清楚なシングルマザー。下腹にキュッと力が入る。 すると突然、清純なシンママのまんこが縮まったかのようにチ○チンが締めつけられた。「ぬああっ」 思わず僕はのけ反った。もうすぐ出そうだ。だが、そこへシングルマザーの嘆願する声がとんできた。「やめないで! 叩いて、お願い」「ぐ……っしゃあ、うら、うらあっ」「あ、それ……イイッ、イクうっ」「ぬはあっ。がっ……っつおぉ……」 もはや叩くというより尻肉をもぎとるようにつかんでいた。「あっふ、イク……ダメダメダメイッちゃうううっ!」 不意に叫んだシンママが身を震わせた。その振動がマンコまで伝わる。「ぐっ……ダメだ、のふうっ!」 そして俺がシングルマザーのまんこの中に精子をたくさん中出しした。子宮口に突き当たり、ぬめった温もりがチ○コを包む。「はうう……」 シングルマザーはそのままうずくまるようにして果てた。その中に俺はスペルマの残り汁を出した。「おおお……」 引き抜いたお○んちんは湯気の立つぬめりをまとっていた。僕は自分の手形に染まった巨乳のシングルマザーの尻を見下ろし、亀頭をアナルになすりつけるのだった。
 
出会い系サイトPCMAXでのセフレのシングルマザーとのオフパコセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓



























































 
今回神田愛花激似のシンママと即ただまんセックス出来た出会い系はピーシーマックスです。
 
なおPCマックスを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないといますぐセックスさせてくれる可愛らしい女と出会ってsexフレンドにしてオフパコエッチできませんので、ピーシーマックスに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
PCマックスのような出逢い系SNSで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで具体的に解説していますのでご覧ください。
 
⇒出会い系サイトPCMAXの詳細はこちら
 
※PCマックスは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.