deaikeitaiken_novel

【出会い系セフレ】巨乳エステティシャンと生ハメセックス

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
管理人はあいわらず出会い系コミュニティでかわいらしい女の子と出会いまくって、即ハメsexをやっています(^_^)
 
さて、今回は即会いできるトラブルのない出逢い系SNSのPCMAXで出会った渡辺美優紀似の巨乳のエステティシャンと栃木県栃木市で会ってセフレにしていますぐ即ハメsexをしてきたのですが、はめ撮り写メが沢山取れましたのでレポします。
 
※この記事には過激なsexのはめ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会系コミュニティのピーシーマックスで出会った女はエステティシャンで、名前は理恵さんといい、顔は渡辺美優紀似のものすごく美人でした(^^)
 
出会い系サイトPCマックスでの20代のエステティシャンのプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトPCマックスでの清純なエステティシャンの掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
渡辺美優紀似のエステティシャンとは、であいけいアプリのピーシーマックスで知り合ってLINEでやり取りした後、栃木駅周辺のお洒落なフレンチレストランに食事に行った後エッチしてもOKとのことだったのでいつものようにラブホテルに行ってオフパコセックスをしました。
 
僕とエステティシャンが栃木県栃木市の栃木駅近くのラブホの部屋に入った。
「あ……」 しばらく休憩して元の作業に戻ろうとした時、俺は自分の股間が固く勃起して、ズボンにテントを張っていることに気がついた。「な、なんで?」 スケベなことなど一切考えていないのに、おち○ちんの勃起は収まる気配を見せない。 まるでオチンチンだけが別の生き物になってしまったかのようだ。「理恵さん……ちょっと外へ……」 この状態で女性と二人っきりはまずいと、俺はイスから立ち上がる。「りえちゃん、どうしたんですか」 横にいる20代のエステティシャンは苦しげに呻き声を上げながら、机に突っ伏している。「はあはあ、どうやらさっきの飲み物の中に媚薬成分が入ってたみたい」 赤くなった顔を向け、巨乳のエステティシャンは苦しそうに言った。「媚薬?」「そうよ、あなたのそこが何よりの証拠……」 エステティシャンは垂れ目の瞳を妖しく潤ませながら、僕の股間を指さしてくる。 エステティシャンも欲情しているのだろうか、半開きになった唇から甘い吐息が漏れ続けている。「まさかリエちゃんも……」「そうよ……う、さっきからあそこが疼きっぱなし」 セフレのエステティシャンはふらふらと立ち上がると、俺の前に跪き、ズボンのファスナーを下ろしてきた。「ちょ、何するんですか」 エステティシャンにちんこを求められ、俺は激しく狼狽する。「もう我慢出来ないの……これは事故なのよ」 ファスナーをこじ開けた渡辺美優紀似のエステティシャンは無理矢理にチン○ンを引っ張り出す。「あ……意外と大きいのね……」「やめて下さい……だめですって」 俺は慌てて腰を引こうとするが、渡辺美優紀似のエステティシャンはおちん○んをしごき上げながら、亀頭部をぱくりと飲み込んだ。「うっ……それは……」 エステティシャンの暖かい口内の粘膜が亀頭を包み込んでいく。 媚薬の効果なのか、エステティシャンの体温を感じただけで、膝に力が入らなくなった。「ん、んく……んふ」 頬をすぼめるようにして、エラに粘膜を擦りつけ、エステティシャンは頭を動かす。
 
そのたびに、甘い痺れが脳天にまで突き抜け、俺は完全に抵抗する力を奪われていった。「あ、舌まで……」 さらにビッチなエステティシャンは裏筋に舌を押し当てて擦りつけてくる。 ヤリマンのエステティシャンのざらついた舌で敏感な裏筋を刺激され、立っているのも辛くなる。(だめだ……僕には、カノジョがいるんだ……) カノジョの顔を思い出し、僕は必死で耐えようとする。 しかし、媚薬の効き目は強く、エステティシャンに舐められるたびに、意識が怪しくなってくるのだ。「ゆうきさんっ」 男の本能のみに突き動かされた僕は、自分も床に膝をつき、エステティシャンの白衣の下にある白いブラウスを、ボタンを引きちぎりながら開く。 中からピンク色のブラジャーに包まれた清楚なエステティシャンの巨乳の胸が現れた。「やん……」 小さな声を上げた清純なエステティシャンだが抵抗はしない。 ブラウスの前をはだけ、切なそうに身体をよじらせるだけだ。「おっぱい、見せてもらいますよ」 言うやいなや、俺はビッチなエステティシャンの背中にあるホックを外し、ブラジャーを上にずらす。 圧迫から解放されたエステティシャンの巨乳のバストが、激しく波を打って飛び出してきた。 ブラウスの上からではわからなかったが、セックスフレンドのエステティシャンの巨乳の乳房もなかなかに大きく、張りでは若い娘には及ばないものの、あまり垂れることもなく見事な球形を保っていた。「すごい、ここもビンビンだ」 激カワのエステティシャンのたわわな巨乳のオッパイの頂上は、やや大きめの乳輪がぷっくりと盛り上がり、その先には痛々しい程に尖りきった乳首があった。「あ、強い、あ、ああん」 両手でビッチなエステティシャンの巨乳のおっぱいをほぐすように揉むと、手の指がどこまでも食い込んでいく。 エステティシャンの肌はどこまでも滑らかで、押し返すような反発力を持つ若い女とは違い、どこまでも許容性があった。「あ、ああん、ゆうきさん、くう」 媚薬が効いているせいかエステティシャンの反応も凄まじく、下の名前で呼びながら喘ぎ続けている。「リエちゃん……」 興奮の極致にいる僕もまた、清楚なエステティシャンの名前を囁き、粒の大きな乳首にしゃぶりついていく。「あ、ああん、ああ」 ちゅうちゅうと音を立てて吸いつくと、清純なエステティシャンがのけぞる。 もう全身が性感帯のようになっているのだろう、エステティシャンはわずかな刺激にも過敏に反応していた。「あ、ああ、俺、転がしたら……ああん」 舌先で乳頭部を舐め回すと、エステティシャンはさらに大きく反応する。 普段はあまりセックスの匂いを感じさせない清楚なエステティシャンが上げる可愛らしい声は、それだけで刺激的だった。「りえさん……ここが疼いてるんだろ」 今度はスカートの中に手を入れ、パンティの上からエステティシャンのマ○コを刺激する。「ああ、ひゃん」 布越しに指がピンク色の突起を捉えると、床に膝をつく体勢のエステティシャンの身体が跳ね上がる。 反動で巨乳のエステティシャンの巨乳のおっぱいがユサユサと揺れ、黒いスカートがずり上がって、ブラジャーと揃いのパンティが露わになった。「くうん、ゆうきくん、ああん、直接ぅ」 巨乳のエステティシャンは自ら腰をくねらせさらなる刺激を要求してくる。 垂れ目の瞳を淫らに輝かせておねだりするエステティシャンはたまらなく色っぽい。「こう?」 僕はパンティの中に右手を入れてエステティシャンの陰核をまさぐり出し、軽いタッチで刺激する。「ああん、うまい、あああん、気持ちいい」 快感に酔いきった渡辺美優紀激似のエステティシャンは俺の肩を握りしめ、ひたすらに喘ぎ続ける。
 
「もう、びしょびしょだよ、りえちゃん」 指を入れる前から大量の粘り汁に濡れていたお○んこは、指を回すたびにさらなる愛液を溢れさせて溶けていた。「ああん、僕がうまいから、はああん」 20代のエステティシャンは断続的に身体を痙攣させて喘ぎ狂う。 もう快感に全てを奪われ、セフレのエステティシャンは本能のなすがままに喘ぎ狂っている。「ここも、気持ちいいの?」 巨乳のエステティシャンのピンク色の突起から指をずらし、蜜汁に濡れるオマ○コの裂け目に指を押し込んでいく。 ぬぷっという音が響き、二本の指が抵抗なくセフレのエステティシャンのオ○ンコの奥へと滑り込んでいった。「いい、中も気持ちいいの、ああん」 熱く燃え上がった渡辺美優紀似のエステティシャンのマンコが、快感を貪ろうと俺の指に絡みついてくる。 ゆっくりと指を前後させると、ヤリマンのエステティシャンの膣壁が歓喜に震え、これでもかと指を締めあげてきた。「ああ、ああん、そこ、ああん、もっと奥うう」 エステティシャンに言われるがままに子宮口を指で押す。「ひぐ、ああん、ああああ」 髪の毛を振り乱し渡辺美優紀似のエステティシャンは叫び続ける。 俺の手が差し込まれているパンティはぬめり汁を吸収し、中が透けるほど濡れていた。「ここなの? 梨絵ちゃんって、こんなにスケベだなんて知らなかった」「ああ、そうよ、ゆうきくんに知られるのは恥ずかしいけど、私、エッチ、大好きなのよう」 全身から女の匂いをまき散らし、ヤリマンのエステティシャンは悶え続ける。 セフレのエステティシャンが腰をよじらせるたびにたわわな巨乳のオッパイが、ワンテンポ遅れて揺れ、柔らかい乳肉が波を打つ。 ヤリマンのエステティシャンの色っぽい口元からは甘い吐息が漏れ続け、白い内腿がビクビクと引きつけを起こしていた。「もうだめ、ゆうきくんのが欲しい。ああん、入れて」 そしてついにエステティシャンは自らおねだりを始めた。「何が欲しいの?」 あまりに乱れるセフレのエステティシャンと媚薬に刺激され、男の持つ征服欲を剥き出しにした俺は、すぐに要求に応えようとはしない。「ああん、ちんちんよ、俺の太いちんちん」 もはや快感の虜になっているエステティシャンは素直に言う。「どこに入れて欲しいの」「ああん、そんなことまで言わせるの、ゆうきくんはいつからそんなに意地悪に、ああん」 さすがに躊躇する清純なエステティシャンだったが、オ○ンコに入れた指をこれでもかと動かすと、切羽詰まった声を上げる。「お○んこよ、ああん、おま○こに、ゆうきくんのち○こ、入れてえ」 泣き顔で清純なエステティシャンは禁断の言葉を叫んだ。「いいよ、じゃあ、服を脱いで裸になって」「うん」 セフレのエステティシャンは素直に頷いて立ち上がるとブラウスを脱ぎ捨て、下着も取っていく。 俺も同じように服を脱ぎ捨てて全裸になった。「理恵ちゃん……こんなにエッチな身体してたんだね」 もういい歳のはずなのに、20代のエステティシャンの肌には充分な張りがあり、色も抜けるように白い。 セフレのエステティシャンの全身にはほどよく脂肪が乗っているのに、ウエストはかなり細く、脚も膝から下が特に長い。 エステティシャンのたわわな巨乳のおっぱいは服を脱いでも迫力は衰えず、胸の前で重たげに揺れていた。「ねえ、もういいでしょ、見てるだけじゃ、嫌よ」 美しい身体にじっと見とれていると、エステティシャンは切なげに腰をよじらせる。 桃のように実ったエステティシャンのおおきなヒップがくねり、びっしりと密生した黒毛がゆらゆらと揺れていた。「じゃあ、そこに手をついてお尻を突き出して」 目の前にある机を僕は指さす。「こう?」 清楚なエステティシャンは素直に従って机に両手を置き、熟れた桃尻を僕に向かって突き出す。 染みなど一つもない、重量感のあるスタイルのいいエステティシャンの尻肉がぱっくりと割れ、ぬめり汁にヌラヌラと輝くおまんこやお尻の穴が露わになった。「入れるよ」 渡辺美優紀激似のエステティシャンの尻たぶを両手で掴み、ムチムチとしたヒップの感触を楽しみながら、僕はちんこを押し込み始める。「ああ、すごい固い、ああん、ゆうきくん、ああん」
 
すでに充分に潤っていたセフレのエステティシャンのまんこは、僕の巨根も柔軟に飲み込んでいく。 エステティシャンの型崩れしていないピンクのマ○コが驚くほど広がり、ぐいぐいと締めつけながらちんぽを飲み込んでいった。「ああん、いい、こんなに大きいの初めて。ああん、くうん」 まだ全部収まりきっていないうちから、渡辺美優紀激似のエステティシャンは切羽詰まった声を上げる。 肉体の昂ぶりを示すように、セフレのエステティシャンの膣壁が震え、オチン○ンを絞めながら絡みついてくる。「う、くうう、ああん、ひ、ひあ」 そして、チンコの先端が子宮口を抉り、ち○ぽの全てが打ち込まれると、エステティシャンは巨乳のオッパイを震わせて、悲鳴を上げた。「気持ちいいの? 奥が……」「そうよ、ああん、奥に突き刺さる感覚が、たまらないの」 エステティシャンは大きなヒップをくねらせて叫ぶ。「いやらしいね、梨絵ちゃんのマンコは」 ゆっくりとピストン運動を開始しながら、僕は言った。「ああん、そうよ、おまんこいやらしいの、ああ、ゆうきくん、いやらしいオマンコの奥をいっぱい突いてえ」 エステティシャンは下を向いていることで大きさを増したように見える巨乳のオッパイが激しく揺れてぶつかり合う。 こちらを向いている美形のエステティシャンの白い背中には、じっとりと汗が浮かんで性感の昂ぶりを現していた。「突いてあげるよ、たくさん、だからいっぱい悶えなよ、リエさん」 巨乳のエステティシャンの狭い膣内に充分巨根をなじませてから、僕は激しく腰を振り立てる。「ああん、感じるわ。ああん、私、いっぱい気持ち良くなる、ああん、あああ」 ラブホテルに、肉と肉がぶつかり合う小気味いい音と、エステティシャンの嬌声が響き渡る。 外まで聞こえているのかと思うほど大きなよがり声だったが、媚薬の香で本能を剥き出しにされた二人にとって、どうでもいいことだった。「ああん、くう、気持ちいいわ。ああん、おかしくなりそうなくらい、ああん」 オチンチンを叩きつけるたびにエステティシャンは泣き声で喘ぎ続ける。「くうん、ゆうきくんは気持ちいい? 私のマンコ、気持ちいい?」 快感に溶け落ちた瞳を向けてエステティシャンは切なそうに言う。「気持ちいいよ、貪欲な理恵ちゃんのおまんこ、絞めつけてきて、気持ちいいよ」 巨乳のエステティシャンの膣肉は少しでも快感を貪ろうと、オチンチンに絡みついてくる。 スレンダーなエステティシャンの粘り汁に濡れたま○この粘膜が、亀頭のエラや裏筋にこれでもかと絡みついてきてたまらなかった。「嬉しい、ゆうきくんも気持ち良くなって、ああん、私もいっぱい気持ち良くなるからあ」 机の縁を握りしめ、肉付きのいい太腿を震わせてエステティシャンは叫ぶ。「こんな恥ずかしい格好で喘いでる理恵さんが、メス犬に見えてくるよ」 俺は蔑みの言葉を吐きながら、ペ〇スをこれでもかと叩きつける。「ひああん、そうよ梨絵はメス犬なの、スケベなメス犬のオマンコをいっぱい突いて」 ひどい言葉にも、エステティシャンは性感を昂ぶらせて喘ぐ。「だめ、ああん、私、もうだめ。ああん、ああん」 細身のエステティシャンの喘ぎ声が悲鳴にかわり、全身が小刻みに震え出す。「イキそうなんだね、リエちゃん」「ああ、そうよ、ああん、私、もうだめなの」 桃尻を波打たせながらエステティシャンは叫んでいる。「いいよ、イキなよ、死ぬほどイカせてあげる」 俺は全力で腰を振り立てて最後の追い上げにかかる。「もうだめ、ああん、イク、イクイクうううう」 何度も絶頂の言葉を叫び、エステティシャンは極みに登っていく。 スレンダーなエステティシャンの巨大な巨乳の胸が波打ち、膣肉はチンチンを締めつけながら、震えていた。「俺も出るよ」 僕も限界を迎え、汗まみれのエステティシャンの背中に向かって射精する。
 
ねっとりとしたスペルマが吹き上がり、清純なエステティシャンの染み一つない背中に降り注いでいった。「あ……ああ……」 尻を後ろに突きだして全身を痙攣させた後、セフレのエステティシャンは床に崩れ落ちた。「大丈夫ですか、ゆうきさん」 射精を終えて冷静さを取り戻した僕は慌てて駆け寄って、裸のセフレのエステティシャンを抱きとめた。「リエさん……俺ひどいことを」 男の本能なのか射精してしまうと、媚薬の酔いが一気に醒めてきて、僕は自分のしたことに驚愕した。「気にしないで、おかしくなったのは、私も同じよ」 エステティシャンは力なく言って俺にもたれかかってくる。「媚薬のせいで、今まで隠れていた性格が顔を出したんだきっと……ごめん、ちょっと休むわ」 僕に寄りかかったままセックスフレンドのエステティシャンは寝息を立て始めた。「隠れた性格ってどういうことですか、ゆうきさん、ちょっと」 揺すってもエステティシャンは目を覚まそうとしない。(隠れてたって……じゃあ俺の本性はセックスの時に、あんなひどいことを言う男だって事なのかよ) 20代のエステティシャンを支えたまま、俺は呆然となって天井を見上げた。
 
出会い系サイトPCMAXでの清楚なエステティシャンとのハメどりsexのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓
















































 
今回20代のエステティシャンと今からすぐオフパコエッチ出来た出会い系はPCMAXです。
 
なおPCMAXを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないとすぐエッチできる可愛い女の子と出会ってセックスフレンドにしてタダマンエッチできませんので、ピーシーマックスに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ピーシーマックスのようなであいけいコミュで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで詳細に説明していますのでご覧ください。
 
⇒出会い系サイトPCMAXの詳細はこちら
 
※ピーシーマックスは18歳未満は登録できません。


 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【PCMAXやれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【PCMAXセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【PCMAXヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【PCMAX体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【PCMAXハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【PCMAXヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【PCMAXやれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【PCMAXセフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.