deaikeitaiken_novel

【出会い系出会える】三十路の新婚美人妻と不倫アナルセックス

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
管理人はあいわらず出会系コミュニティで激カワの女と出会いまくって、ただまんセックスに励んでいます(^_^)
 
さて、今回は出会いやすい違法でない出逢い系コミュニティのハッピーメール(happymail)で出会った高島彩似の三十路の新婚美人妻と岐阜県関市で会ってセックスフレンドにして今すぐ不倫アナルセックスをしてきたのですが、ハメどり写メがたくさん撮影できましたのでレポします。
 
※この記事にはエロいエッチのハメ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会系コミュのハッピーメールで出会った女は美人妻で、名前はあつこちゃんといい、顔は高島彩似のどえらい美人でした(*^^*)
 
出会い系サイトハッピーメールでのスレンダーな若妻のプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトハッピーメール(happymail)での高島彩似の人妻の掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
若妻とは、出会系SNSのハピメで知り合ってラインでやり取りした後、関駅周辺のお洒落なイタリアンレストランに食事に行っていい雰囲気なったのでいつも通りラブホテルに行って即ハメセックスをしました。
 
俺とセックスレスの主婦が岐阜県関市の関駅近くのラブホの部屋に入った。するとセフレの主婦は「思い切り乱暴に……私をレイプするように犯して欲しいの」「もしかして、そういう願望があったんですか?」 夢見るような顔をして陵辱の舞台をせがんできた専業主婦に何気なく尋ねる。 夫が見事に回春を果たし、男の逞しさを取り戻したことで女体が触発されたのか、人妻にも若かりし頃の淫欲が蘇ったのかもしれない。「フフフ、昔はよく妄想していたわ。レイプされたり、輪姦されたり、そんなこともね」「へえ、あつこさんが。意外だなあ」「あら、女には多かれ少なかれレイプされてみたいって願望があるものなのよ。まあ、実際されたことがないから言えるのかもしれないけど、男に力ずくで犯されるって、凄く興奮するわ」「そんなものですか」「そんなものよ。男にだってあるんじゃない? 女をレイプしたいって願望が」「さあ、どうですかね」 気のなさそうな返事をし、俺は大袈裟に肩をすくめた。 そのような嗜好を持っている男も世の中には多くいるのだろうが、とりあえず自分には暴力を働いて女を犯すような趣味はないし、強姦したいという願望もない。 とはいえ、出会い系サイトのハピメで出会ったセフレの女がそれを望むなら、それが悦びに繋がるというならば、いくらでも応じられるとは思っている。出会い系サイトのハピメで出会ったセフレの女を屈服させ、女奴隷に貶めたいとする欲望は少なからず抱いているのだから。「さあて、まずはフェラを……臭ぁいチンポを、私に無理矢理しゃぶらせて」「でも、アツコさんは臭いのが好きじゃないですか」「うぅん、もう、白けるわねっ、いちいち余計なこと言わないでちょうだい……ほらほらっ、早くしてっ」 茶化した僕にむっと口を尖らせると、専業主婦は「こっちにこい」とばかりに顎の先をクイッと持ち上げて、ラブホテルの部屋の中央に敷かれたラグに足を向けた。「フフフ、何だかんだ言って、もうこんなに大きくしているじゃない」「そりゃあ、俺も男ですからね」 そそくさと足元にしゃがみ込み、下腹部の肉テントを撫でつけてきたセフレの若妻にしれっと言い返すと、俺はチノパンのファスナーを降ろして自慢のお○んちんを中から探り出した。「では、行きますよ……ほら、しゃぶって」「ダメよ、そんな言い方じゃっ。もっと雰囲気を出してちょうだい。私を脅すように、しゃぶれって言うのっ! イラマチオで私の口を犯すのよ」「そ、そんな、怒らないでくださいよ。参ったなぁ……これじゃあ何だか、僕のほうが責められてる気分だ」 眉間に深く皺を寄せ、苛立たしげに命じてきた奥さんに身じろぎすると、僕はあらためてレイプの舞台に挑んだ。左手でグワシと主婦の髪を鷲掴みにして、右手でちん○んを握り締め、ブロンズ色の唇に亀頭を擦りつけながら、ドスを利かせた声で「しゃぶれ」と命ずる。「んっ、んんぅ……んぁ……あうむぅ……」「もっと激しくっ、こうやって……奥まで入れるんだよっ!」 嫌がるような演技をし、躊躇いがちに亀頭を口に含んだセックスフレンドの若妻に怒声をぶつけると、俺は仮初めの強姦魔になりきって巨根を強引にうがち込んでいった。 こんなことをして何が楽しいのかと、内心人妻をせせら笑いながら、両手で側頭部を押さえつけ、鎌首が食道に達するほど深々とちんぽを押し込んでゆく。強引に頭を揺らし、自らも荒々しく腰を振って、セックスレスの人妻の望み通りにイラマチオで口を犯す。「むぐぐぅ! んーっ、んんーっ! ん、んっ、んえぇ……んぉ、ふっ、ふっ!」 奥さまは鳩が豆鉄砲を食ったような顔をして、口隅から唾液をダラダラと滴らせ、両手でガリガリと太腿を引っ掻いてくる。
 
 欲求不満な若妻の半分は演技、半分は本当に苦しいのだろう。喉まで使ったディープスロートは人妻の得意技だが、自らするのと男からされるのとでは訳が違うはずだ。ときおり吐き気に見舞われ、まるで水に溺れた人間のようにもがいているが、僕は一切慈悲を与えなかった。 悲痛な巨乳の主婦の姿を前にして、心の奥底に秘められたどす黒い本性を微かに目覚めさる。「おら、おらおらっ!」 僕は巨乳の奥さんの口を淫具に代えて、チン○ンをストロークさせた。 立ちマンでバックから犯すように、ズボッ、ズボッと高島彩激似の若妻の喉を抉る。 恥骨で朱唇を潰し、セックスレスの主婦の鼻面を叩きのめし、チンコを根本まで突き入れてゆく。「んおっ、んえっ、んぐ、むぐぅ、んっ! んぼ、むぼ……んぼぼぼっ」 セックスフレンドの人妻はたびたび情けを求めるように顔を見上げてくるも、一方的にやられているばかりではなかった。一刻も早く射精させんとバキュームフェラで応戦に出る。奥さまは雁首を締め付けるように喉を絞り、頬をペッコリ凹ませて、口中を膣のように蠢かせる。「うっ……んんっ……」 刹那の射精感に襲われ、俺は慌てて腰の動きを止めた。 このままピストンをつづけては、自らを追い込む結果になってしまいそうだ。 念願のセフレの人妻とのアナルファックが控えている今夜は、イラマチオで一発抜くわけにはいかない。「よ、よおし……そろそろ、おまんこに嵌めてやるか」 僕は根本まで埋まり込んでいたち○ちんをズルリと口から引き抜くと、セックスレスの人妻の両肩を突き飛ばし、女体をラグに組み伏せた。「キャッ! イヤッ、イヤーッ! ダメよっ、やめて」 恐怖で顔面を引き攣らせ、セミロングの髪を大きく振り乱し、巨乳の奥さんはラグに背中をずるようにして自分から逃れようとする。 少々芝居がかってはいるものの、なかなかの名演技だ。とはいえ、セフレの主婦の瞳は陵辱を期待するように黒々と輝いてはいるが……。「おらっ、暴れるんじゃネーよ。痛い目を見てえのか、あっ!?」 これが本当のレイプだったなら、激カワの主婦の頬に平手でも喰らわすところだろうが、さすがに手をあげるわけにはいかない。俺は我ながら「様にならない」と思いつつも、とりあえず野蛮な台詞で三十路の人妻を脅し、荒々しくカットソーを捲りあげていった。つづけざまロングスカートを引きずりおろし、人妻の下着を露わにする。 できるならじっくり30代の奥さんの下着姿を鑑賞し、フェティッシュなプレイに臨みたいところだが、今の雰囲気に水を差すわけにも行かない。 僕は獣のごとく息を荒げて、ブラジャーを力任せに毟り取り、露わになった奇麗な人妻の巨乳のオッパイを乱暴にこねまわしていった。じっとセフレの主婦を睨みつけたまま、五本の指を巨乳のバストにめり込ませ、グワシッ、グワシッと揉みしだいてゆく。「ううぅ……いやっ、痛いぃ……そんなに乱暴にしないで」「ギャーギャー騒ぐな、気持ちいいんだろっ!? 乳首が立ってるじゃないかよ、奥さん」 美人妻の言葉を一笑に付し、しこった乳首をギリギリとつねりあげる。母乳を噴出させるように指の腹で主婦の乳暈をしごき、ジュバジュバと下品な音を立てて乳頭にしゃぶりつく。 同時に手のひらを主婦の下腹部に滑らせ、スベスベとしたショーツの手触りを楽しむ。 巨乳の奥さまの恥丘の膨らみを握り込み、中指一本をおまんこに這わせてゆく。 と、その瞬間、ネットリとした湿り気が指先に伝わってきた。 細身の人妻はそれほど疑似レイプに興奮しているのか、クレヴァスをさすっただけでクロッチの表面にまで淫水が滲み出してくるではないか。「おいおい、なんだよ、奥さん……ここはもう、グッショリじゃないか」「あはぁ、んんぅ……そ、そんなことないわっ、やめて、やめてーっ!」「そうかい? だったら見せてみろ」 僕は膝立ちでセフレの奥さんの太腿に跨り、ピッタリと下腹部にフィットしたショーツを肌から剥くように降ろしていった。「ほーら、自分で見てみろよ……ここを」 足先から抜き取ったショーツを専業主婦の眼前に差し出し、クロッチ部分を捲り返す。 裏地には丸一日の分泌が黄ばみとなって「マン拓」のように残されており、その上に透明のマン汁がベットリと、水飴でコーティングするように塗りたくられていた。
 
少年時代にはたびたび女の使用済みパンティを自慰のオカズにしていたが、まじまじと眺めるのは久しぶりのこと。なかなか見事な汚れ具合に性的興奮がグンッと高まる。「澄ました顔をしてても、ここはずいぶん汚れてるな……匂いも、んんぅ……蒸れてて、いやらしい匂いがするぜ」 ショーツから発散されている女の淫臭にクーンと鼻を鳴らすと、俺は30代の主婦の顔面にクロッチの裏地をなすりつけた。「ううぅ! やっ、いやっ!」「さあて、行くぜ、奥さん……お望みのモノを、くれてやるからな」 ブロンズ色のリップに淫水のグロスを上塗りすると、俺はレイプのシナリオを進めた。 膝頭で若妻の太腿をこじ開けて、ぬかるんだおまんこにおちんちんを定める。嫌がる仕草を演じた人妻を「動くなっ!」と一喝し、鎌首を嵌め込むなり一気にマンコを貫通して、子宮口に一撃を喰らわせる。「おほうっ! うは、ふあぁ……んーっ、んんぅ」「おら、ズッポリだ……いいんだろ、奥さん……おら、おらおらっ!」 嵌められてなおも抵抗する素振りを演じるキュートな専業主婦に怒声をぶつけ、俺はガムシャラにちんぽを抽送させた。引っ掛かりのいい雁首で若妻のマンコを掻き毟り、ポルチオの急所をガンガン叩きのめす。「うあっ、んいぃ……お、おぅ……くぅ、くくぅ」「どうだっ、んっ!? どうなんだ、奥さん!」 セフレの奥さんの上下に暴れる巨乳の胸を握り潰し、まんこを掘りまくる。 出会い系アプリのハピメで出会ったセフレとは毎度のように激しく下品なセックスに興じているため、こうして性器を繋がらせた後の行為は似たようなものだが、しかし、今回の奥様の反応はまるで異なっていた。 いつもならセフレの若妻はアヘ顔を晒して下品によがり啼くくせに、今日はグッと歯を食いしばり、懸命に肉の快楽に抗っている様子が見受けられる。 どうやら若妻はレイプされている女に成り切って「感じてなるものか」と、最後のプライドを演じているようだが……。(まあ、せいぜい頑張ってくださいよ、敦子ちゃん) 新婚の専業主婦はもとから感じやすい肉体だ。堕ちるのは時間の問題だろう。 実際、30代の専業主婦の女体は正直に反応していた。子宮口を抉られるたびビクッ、ビクビクッと腰が痙攣し、三十路の人妻のマンコがググッと締まってくるのだから。「どうした、んっ!? 感じるだろ、奥さんっ……おら、おらおら、声を出してみろよ」「んんーっ、んんーっ! ふ、ふっ……くぅ……おっ、おうぅ……んぅ、んんっ」 ブルブルと頭を揺すり、専業主婦はキッと目を睨みつけてくる。 主婦はときどき唇を震わせながら「良くない」「感じない」、そう譫言のように呟いている。「でもなあ、奥さんっ……マ○コが、んんぅ、グイグイ、締め付けてくるぞ……おら、もっと感じさせてやるからな」 俺は左右に投げ出された脚を肩に担ぐと、奇麗な専業主婦の女体を腰から二つ折りにして真上から極太のおちんちんを喰らわせた。 もはや我慢も限界に達しているのだろう。たびたび目の玉を引っ繰り返している欲求不満な主婦をアクメに追い込むべく、高島彩激似の若妻殺しのマングリ返しで怒涛のごとく膣を掘ってゆく。「んひっ……ひっ……くううぅ……ああっ、これはダメッ、ダメーッ!」「何がダメなんだっ、あ、あっ!?」「くくくっ! ううーっ、うううぅ! ヤメッ……ヤメッ……てっ」「いいのかっ、あっ!? 犯されてイクのかっ! レイプされてイクのかよっ!?」 物の怪に取り憑かれたような形相で情けを求めてくる欲求不満な人妻に嘲笑を浴びせ、罵声をぶつけ、グサグサとオマンコを滅多刺しにする。 可愛い人妻が強がれば強がるほど、俺もレイプ魔の役柄に没入していった。 いつしか本当にセックスフレンドの人妻を陵辱しているような気分になり、強情な女を快楽地獄に責め落として、完膚無きまでに屈服させることこそが悦びに思えてくる。 俺は巾着のごとく食いついてくる30代の人妻のオマンコにカウパー液をちびりながらも、U字に曲げられたキュートな主婦の女体がバネのように弾むほど荒々しくファックをつづけた。 一分、二分、三分……そして、五分が過ぎようとした頃……。「んふふふぅ、ふうぅ……おっ、おほうぅ、ほぅ……あぐぐぅ! うっ、うっ!」 清純な専業主婦は腹の底から唸り声を上げ、女体を激震させる。 欲求不満な奥さんは最後の最後まで「イク」という言葉こそ発さなかったが、その反応は明らかにオルガスムスを現していた。美人妻はプシュッ、プシュッと盛大に潮を噴き、ラビアはおろか大陰唇まで震えるほどまんこを痙攣させる。「はははっ、潮を噴いてるぞ、潮をっ……おら、もっとだっ! イクって言え、言えっ!」
 
「ひぃ、ひいぃ……や、ヤッ! やややっ、ヤメ、へぇ……おっ、おおぉ、く、くふっ!」 白目を剥き、泡を噛み、専業主婦はふたたびアクメに達する。 それでも、僕の腰は止まらなかった。 一段とギアを高め、本気汁を掻き出すようにオチンチンを上下させる。「イッ……イッ……くくっ! は、はっ、はあぁ、もう、もうダメッ!」「イクのか、イクんだろっ!? イケ、イケッ!」 専業主婦の顔面から汗を飛び散らせ、肉の拳で子宮をサンドバッグのように叩きのめす。 奥さまのおまんこがひしゃげ、肉土手が赤々と染まるほどに激しく何十発と巨根をうがちこむ。 程なくして、奥様は辛抱堪らず、遂に……。「いひ、くっ、イッ……イヤッあああっ、いいぃ……クッ! イクッ、イグーッ!」「おおぉ、イッたか、イッたのかっ!?」 悔しげに絶叫したセフレの奥さんに、僕は勝ち誇ったような顔をして、マンコを掻き回すようにチ○チンをうねらせた。「くっ……ううぅ、も、もうっ……ヤメッ……イッた……イッたわよぉ」「聞こえねーぞっ! おら、おらおらっ! イッたのか!? イケよ、イケッ、イケッ!」 くってかかるような態度で、憎々しげに言葉を吐き捨てたセックスフレンドの専業主婦を怒鳴り飛ばすと、俺は今一度無慈悲なまでにオマンコを串刺しにした。 引きつけを起こしている若妻の女体にしがみつき、膣の奥底で鎌首を暴れさせる。美人妻の子宮内部まで亀頭を抉り込むようにポルチオを小突き、女の肉体でもっとも神聖な部分を徹底的に暴行する。「おおぉうぅ、ダメ、ダメッ! んいーっ、イッた……イッたのおおぉ、イィグッ、また、またクルッ……イッ、イクッ、うぐぐうぅ」 まるで子宮に直接電動マッサージ器を当てられているような激悦に襲われ、セフレの人妻は随喜の涙を流し、放送禁止のアヘ顔を晒して派手に昇天した。「イグッ、イグイグゥ……はっ、はっ、はひぃ、イイイィグゥッ! イーッ、イーッ!」「よおぉし、おっ、僕も……出すぞ、中に……たっぷり注いでやるからなっ!」 奥さまが屈服した今こそフィニッシュのときだ。 俺は射精に達するべく、自らの快楽のみを求めてペ〇スを抽送させるのだが……。「やぁ、やだぁ……な、中は、ダメ……中は、はああぁ、許して、許してぇ」「あーっ!? 何だとっ、ダメなのかっ、ダメなのかよっ!?」 どうやら完全に堕ちていなかったのか、最後の最後でまたもや反抗的な言葉を吐いた人妻にプチッとキレて、僕は肉責めを再開させた。 すでにペニスも我慢の限界を超えており、先ほどから断続的に鎌首がしゃくっている。そのたび微量の精子が鈴口から漏れ出しているものの、今一度オ○ンチンに気合いを入れ直し、30代の美人妻のマ○コが焼け爛れるほどのピストンで子宮を突いて突いて突きまくる。「んああぁ……イッ……ククッ、うふうぅ! も、もう、もう死ぬ、死ぬっ!」「ああっ、死ね、死ねっ! このまま嵌め殺してやるぜっ!」「おおぉ、もっ、もっ、ダメぇ……お、お願ぃ……な、中にぃ、出して……出してぇ」 これ以上イカされつづけては本当に気が狂ってしまう、そんな危機感に襲われて、陵辱の世界に浸りきっていた奥様は、強姦魔に中出しされるという女として最大の屈辱を受け入れた。「何だっ、あーっ!? どこに欲しいんだっ?」「な、中っ……し、し、きゅうに……おおぉ、お願い、中に注いでくっ、く、下さひぃ」「よおぉし、くれてやるっ……あっ! おっ、おおっ……うっ、んんんっ!」 美人の人妻の台詞を聞き届けるとともに、僕が「お、おおおおッ」と言いながら美人の美人妻のまんこの中にザーメンを勢いよく中出しした。小便のように大量に、煮えたぎったスペルマを清楚な専業主婦のおまんこに注ぐ。脳髄まで蕩けるほどの激悦に身を戦慄かせ、いまだかつて味わったことがない充足感を得る。 が、しかし、陵辱の舞台はまだ終わってはいない。主婦の肉体に残された最後の穴を思うがまま、我が侭に、スペルマ便所として使うことこそが今宵のフィナーレだ。俺は自分でも怖ろしくなるほど危険な劣情を滾らせて、アナル陵辱の舞台、その幕を開けた。「……まだだぜ。本番はこれからだからな」 最後の一滴まで清純な若妻のまんこにザーメンを搾り出すと、俺はズルリとオチンチンを引き抜き、浜に打ち上げられた魚のごとくピチピチと全身を痙攣させている人妻に言い放った。
 
 今の奥様は度重なるアクメに晒され、なかば失神状態に陥っているが、レイプの舞台は男が満足するまで女の側に休息など訪れない。 僕は仰向けのsexフレンドの奥様の女体を横に転がし、俯せの状態した。いつ見ても惚れ惚れする巨乳の人妻の豊臀の眺めに肉欲を新たにして、ザーメンを逆流させているオマンコの光景にチンコをググッとしならせる。「どれ、おま○こもよく見せてもらうか」 僕は軽く息を整え、汗まみれになった服をすべて脱ぎ去ると、全裸の姿であらためて清純な主婦の女体に挑んだ。まずは美形のコンパスを大きく広げ、これから精子便所に使う細身の専業主婦のアヌスホールをじっくりと鑑賞する。 比べるべきものでもないが、新婚の若妻のお尻の孔は靖子のそれよりずっと艶やかな印象だった。 皮膚の黒ずみも少なく、チョコレートのような色合いで皺もなめらかに感じられ、Lサイズのヒップに似つかわしくないほど小さく愛らしい。人妻のお尻の孔はとても汚物をひり出すような穴とは思えぬ美しさである。 奥さまのお尻の穴は愛液とスペルマにまみれて、テラテラと淫靡なテカリを帯びている。小刻みな収縮を繰り返している膣口に合わせて、尻穴の小皺がウネウネと蠢いている有様が何とも言えず卑猥で、ますますアナルセックスへの欲望が高まってくる。 新婚の美人妻がアナルセックス用の潤滑剤を用意しているのかどうかは知れないが、男と女の天然ローションで滑りは充分、わざわざゼリーを塗る必要もないだろう。 僕は奥様の肉穴の柔らかさを確かめるべく、双臀を鷲掴みにして、尻の谷間を満開にした。 左右の親指を人妻のアヌスホールの淵にあてがい、皺を伸ばすようにして肉穴を広げてみる。「……おお……これなら、いけそうだ」 失神アクメの末に、奥様の全身からは力が抜けきり、尻の筋肉も弛緩しているのだろうか。少しばかり指先に力を込めただけでsexフレンドの奥様のお尻の孔はやんわり口を割り、二本の親指がヌルリと第一関節まで埋まってしまう。 僕はせっかちにオ○ンチンを脈打たせながら、ラブドールと化した三十路の主婦の脚を折り曲げさせた。奥さまのマンコから逆流している精液と本気汁のミックスローションをアヌスホールに塗りたくり、皺の一本一本を丹念にマッサージする。ちんぽにもたっぷりと男女の肉汁をまぶし、満を持して新婚の専業主婦とのアナルファックに臨む。「さあ、いくぜ、アツコちゃん……んっ……んん……」 鈴口を30代の若妻のお尻の穴の中心部にあてがい、おち○ちんを握り締めたまま腰を前に押し進める。 亀頭の圧迫で欲求不満な奥様のアヌスが凹み、今にも裂けそうなほどに皺が伸びきり、赤剥けた亀頭がズルッ、ズルルッと括約筋の門をゆっくりと潜り抜けてゆく。 と、そのときだった。 股を引き裂かれるような痛みに襲われ、欲求不満な若妻がはっと意識を取り戻す。「ううぅ……い、いっ、痛いぃ……うっ、んんぅ」 高島彩激似の奥さんは必死にお尻の孔を閉めるも、ち○ぽはすでに雁首まで嵌まっており、もはや侵入を防ぐことは叶わなかった。清楚な奥様は便をひり出すようにアヌスを蠢かせても、それ以上の力を以てち○ぽがうがち込まれ、ちんぽという内容物で直腸が一杯に膨らまされてしまう。「んっ……んんっ!」 俺は逃げようとするアラサーの若妻の尻を両手で抱き寄せると、中腹まで嵌まったチンポを一気に突き刺した。分厚いゴムの輪っかを潜り抜けていくように、無数の青筋を浮かばせたお○んちんがズブズブとセックスレスの人妻の美臀の中心部に埋まってゆく。(おおぉ、入ったっ! ズッポリだ) 根本までガッチリとペニスを埋めると、僕は巨乳の主婦の肉体を完全制覇した悦びを噛みしめるように、お尻の孔で繋がり合っている光景をじっくりと瞳に焼き付けた。 もちろん貫通したばかりでアナルファックが終わるわけもない。 俺は苦しげに呻いている奥様に構わず、腹の中を掘り返すようにおちん○んを抽送させた。(ああ、やっぱり違うな……温子さんはここも、いい感じだ) 食いつきが強く、キュートな奥様のお尻の穴は吸いつき感にも勝っていた。亀頭にへばりつくような直腸粘膜も、オマンコとはひと味もふた味も異なった愉悦を味わわせてくれる。専業主婦の豊かで弾力性に富んだLサイズの双臀に恥骨が柔らかく包まれる感触も最高に具合がいい。「どうだ、尻まで犯されて、どんな気分だっ!?」 ふたたび陵辱魔の役を演じ、パンッ、パンッ、パンッとリズミカルに下腹を30代の若妻の美臀に打ちつける。ブルンッ、ブルルンッと波のように震えるセフレの若妻の豊臀の眺めを楽しみ、強烈なお尻の孔の締まりを満喫しながら直腸を犯してゆく。「うっ、うっ! い、いっ、やっ、イヤッ……あっ、あぁ、はぁ……ううぅ、ふぅ」「良くなってきたか? おら、おらっ」 主婦の淫声に耳を傾けながら、徐々にアナルファックを加熱させる。
 
 挿入時は苦しげだった清純な主婦の声が少しずつ濡れたような響きを帯びてきたことを俺は聞き逃さなかった。巨乳の人妻はすでに夫とのプレイでアナルファックの感覚に目覚めていることもあり、もとから性に貪欲な完熟期の女体はいつしか倒錯の魔悦を欲しはじめる。「はっ、はっ! うぅ……あはぁ、ああぁ……ほおぅ、おっ、おおぅ」 ときおり男のように野太い喘ぎ声を漏らし、人妻は自らも尻を振りはじめた。主婦はちんちんを引き抜かれるたび生理的な愉悦を味わい、腹から飛び出るほど鎌首を押し込まれるたび子宮の裏壁で性的快感を得る。 いまだアクメの名残に女体が支配されている今、巨乳の専業主婦のおま○こは過敏な状態だった。巨乳の美人妻は直腸を掘られれる衝撃でまんこも甘痒く痺れてしまい、新たな淫水がドクドクとオマンコから溢れてくる。「おいおい、腰が動いてるじゃないかっ、奥さんは、ったく、お尻の孔まで助平で……んおぉ、締まるっ! ああぁ、アレが千切れそうだ……尻マンコ、いいかっ、どうだっ!?」 下品な台詞を浴びせ、僕は肉のストロークを加速させた。 すっかりアナルファックの快感に嵌まってしまったのか、乱暴にお尻の孔を抉られるたび欲求不満な若妻は嬉しげによがりまくる。高島彩似の奥さまは両手を突っぱねて、猫が伸びをするような格好でグイグイと尻を押し出し、自ら深々とオチン○ンを咥え込む。「おっ、おほっ! い、いひぃ……ほっ、ほっ! ううぅ、ふううぅ!」「おおっ、よーし、今度は……」 僕は尻におちんちんを突き刺したまま綺麗な専業主婦の体を抱き起こし、バックの騎乗位に体位を変えた。清楚な専業主婦自身の体重によって、恥骨までもがアナルにめり込むほど深々とちんこが直腸に埋没する。「んふうぅ!」「おら、自分で動くんだ、自分で尻マンコを突き刺してみろっ!」「おあぁ……お、おっ……ほっ、ほっ! んんぅ、あはぁ、んいぃ、いひぃ」 俺に命じられるまま、奥様は和式の便器に跨るようなポーズになって尻を上下に踊らせた。ビタンッ、ビタンッと俺の下腹に豊臀を叩きつけ、高島彩激似の主婦の赤く爛れてきた尻穴を何回、何十回と連続で串刺しにする。「うっ、んんっ! はあっ、はあっ……おお、いいぞ、いいっ!」 主婦のアヌスの肉の輪っかでおちん○んがしごかれ、激烈な締まりで雁首が擦り潰されて、俺はたびたび背筋が仰け反るほどの快感に襲われた。さらに激しさを増す熟尻責めに前立腺が悲鳴をあげ、射精感が波のように込み上げてくる。「うおぉ……お、おい、ちょっと待て……待てって!」 俺は焦りがちに色っぽい奥様の尻を押さえつけた。このままセックスの主導権を三十路の若妻に渡していては、こちらが先に昇天させられてしまいそうだ。 が、巨乳の人妻を制することはできなかった。「ふっ、ふっ、ふっ……ん、んっ、んっ、あはぁ、ああぁ、おっ、おっ、ほっ、ほうっ!」 人妻は臼を挽くように腰をグラインドさせ、つづけざまバンッバンッバンッと女尻の肉太鼓を打ち鳴らす。きれいな主婦はセミロングの髪を乱舞させ、自らの顔面に巨乳の胸がぶち当たるほど荒々しく、淫獣のごとき腰使いでちん○んをしごき倒す。「ちょっ……ま、まま、待っ……んっ、んあっ!」 容赦なき肉責めでおち○ちんはあっさり音をあげた。まるで初体験のときのように、瞬く間に射精に導かれ、ビュッ、ビュビューッと直腸内でザーメンを暴発させる。 それでもセックスレスの美人妻の女尻のストロークは止まらなかった。括約筋でギチギチにち○ぽが絞りあげられ、雁首の急所がセックスフレンドの美人妻のア○ルで揉まれる。「んひっ、ひっ……んお、おいぃ、ちょっと待て……あっ、うっ!」 射精後の敏感なち○こを責め立てられ、俺は目の玉を白黒させて右に左に体を拗けさせた。しかし、巨乳の人妻に一方的にやられるわけには行かない。今は自分が巨乳の奥様をレイプしているのだと、逆レイプされてなるものかと、男のプライドを奮い立たせて必死に応戦する。「おら、おらっ!」 上体を跳ね起こし、アラサーの若妻の背中にしがみつく。左手で専業主婦の巨乳のおっぱいを握り潰し、右手をオ○ンコに這わせ、しこった肉芽を擦りまくる。「ひいいぃ、ひっ、ひっ! そこダメぇ、んひっ、いひっ……イッ……クッ!」 アナルファックで臨界まで達していた主婦は、クリ責めで呆気なく気をやった。 もちろん俺の逆襲はこれに留まらない。人妻のお尻の孔をズボズボと掘りながら、膣穴に二本指をうがち込み、高速ピストンの指マン。さらには恥丘の裏側を抉り、セフレの若妻のGスポット責めを喰らわせ、二穴責めで快楽地獄に追い落とす。「おほぅ、や、やっ……ああぁ、またイッ……くくぅ! おおぉ、ほおぉ!」「まだまだっ、どうだ、どうだっ!」 噴水のように潮を噴かせ、ガムシャラに巨乳の美人妻のお尻の孔をファックする。セフレの若妻の巨乳のオッパイをこねまわしていた左手を下腹に滑らせ、子宮の辺りを強く圧迫し、直腸からも子宮をいびる。
 
「ダメダメダメダメッ、で、出る、出ちゃうぅ」「もう出てるだろうがっ、ほら、もっと吹け、吹けーっ!」「ひいいぃ、出ちゃう……はああぁ、ああああぁ」 オルガスムスの波に全身の肌を粟立たせ、高島彩似の奥さんは大量の淫泉をぶちまけた。 が、噴き出た液体の正体は小水。アナルが広がりきって膀胱までもが緩んでしまったのか、セフレの若妻は情けないことに失禁してしまったではないか。 プシャーッと威勢よく黄金色のおしっこが尿口から噴出する。「……ん? おいおいおいっ、小便か……お漏らしかよっ! うはははーっ! いい歳して情けねーなあ」「くっ……ううぅ、もうっ、許さないわよ!」 失禁を嘲笑われたことがよほど悔しかったのか、セフレの人妻はレイプ被害者の役を降りて、憎々しげに言い放った。「えっ? おっ、おいっ、何だ何だ?」「ほら、ほらっ! こうしてやるからね」 奥さまはアナルに突き刺さっているち○こを支柱にして、グルリと体を反転させると、俺の腹部から胸元にビシャビシャと小便を引っ掛けた。「うわっ!? ちょっ、おい……あ、ああぁ……」「好きでしょ、僕はっ、汚くて臭あぁいのが大好きなんでしょう……ほら、ほらっ、良くも苛めてくれたわね、反省なさいっ」 奇麗な奥さまはすっかり自分を取り戻して、小生意気な俺に罰を与えた。 巨乳の専業主婦は腰をクイッ、クイッと跳ね上げて、首筋や顔面にまで小便を飛ばす。「だってあつこちゃんが……うわわ、顔に、んぶっ! うぅ、こ、このーっ、僕も……僕もこのまま、んんぅ……アツコちゃんの尻の中に、小便してやるうぅ!」「んなっ!? ば、馬鹿馬鹿っ、ダメーッ、やめてーっ!」「……うっ……おっ……で、出る……んー、んーっ」 慌ててちん○んを抜こうとする奥さまを押さえ込み、勃起で苦労しながらも小便を搾り出す。 直腸がパンパンに膨れるほど大量に、細身の美人妻に小便浣腸を施す。「イヤーッ! あぁ……ああぁ……や、やっ……ううぅ」「おおっ、出る出るっ、溜まってたなあ……はあぁ、ふうぅ、気持ちいーっ」 恨みがましげな目で顔を睨んでくるアラサーの主婦に、子供のように「あかんべえ」をしてスッキリ爽やかな笑みを湛える。 sexの後は互いにぶつぶつと文句を言い合い、あまりの馬鹿さ加減にけたけたと笑いながら、スリムな奥さんと二人でびしょ濡れになったラグの後始末をした。 こうして、心ゆくまで美人妻と嵌めまくり、変態sexを満喫し、とりあえず気分だけは晴れた。
 
出会い系サイトハッピーメール(happymail)でのセフレの奥様とのオフパコセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓













































 
今回30代の美人妻とすぐただまんセックス出来た出会い系はハピメです。
 
なおハッピーメールを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと今すぐsexさせてくれるきれいな女性と出会ってsexフレンドにしてタダマンsexできませんので、ハピメに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハッピーメール(happymail)のような出逢い系マッチングサイトで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで分かりやすく解説していますので参照してください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハッピーメール(happymail)は18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【PCMAXやれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【PCMAXセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【PCMAXヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【PCMAX体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【PCMAXハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【PCMAXヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【PCMAXやれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【PCMAXセフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.