deaikeitaiken_novel

【ハッピーメールヤリモク】清楚な巨乳コスプレイヤーとsex

更新日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
自分は相も変わらずであいけいコミュで美しい女漁りをして、オフパコsexをやってヤりまくっています((^┰^))
 
さて、今回は即出会いできる登録は無料の出会系サイトのハッピーメール(happymail)で出会った高山一実似の清楚な巨乳コスプレイヤーと群馬県渋川市で会ってセフレにして即オフパコエッチをしてきたのですが、はめどり写メが沢山撮れましたのでレポします。
 
※この記事にはアダルトなエッチのはめどり写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回であいけいコミュニティのハッピーメールで出会った女はコスプレモデルで、名前はリョウコさんといい、顔は高山一実似のすんげえ美人でした(*^^*)
 
出会い系サイトハッピーメール(happymail)での高山一実似のコスプレイヤーのプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトハッピーメール(happymail)でのビッチなコスプレイヤーの掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
細身のコスプレモデルとは、であいけいコミュニティのハピメで知り合ってラインでやり取りした後、渋川駅近くのお洒落な海鮮居酒屋に飲みに行っていい雰囲気なったのでいつものようにラブホテルに行ってハメどりセックスをしました。
 
俺はついに思いあまって、ヤリマンのコスプレイヤーの手を握って引き留めた。「ちょっと、離してよ。あ……」 コスプレイヤーは振り返って手を振り払おうとするが、動きが止まってしまう。二人の目の前には、群馬県渋川市の渋川駅駅前に唯一あるラブホの入口があった。 コスプレモデルは何も言わず顔を赤くしてラブホの看板を見上げていた。「こっちへ、誰かに見られる前に」 ちょうど学生たちも帰宅する時間だ。こんなところで揉めているところを見られたら、どんな噂を立てられるかわからない。 僕は、もうやけくそで巨乳のコスプレイヤーの手を引っ張ってラブホの入口をくぐった。「ちょ、ちょっと」 驚くヤリモクのコスプレイヤーを半ば引きずるようにして、僕は部屋に向かった。 意外と洒落た木目調の内装の部屋に、二人は入った。「今日だけだからね、つき合うとか、そんなんじゃないからね」 コスプレイヤーは僕に念を押すように言うと、先にシャワーを浴びに行ってしまった。 僕の頭には、そんな高山一実似のコスプレイヤーの言葉など入っていない。 高山一実似のコスプレイヤーが見せた、顔を真っ赤にして恥じらう姿に、心を打ち抜かれていた。 あの少女のような目のビッチなコスプレイヤーを、もう一度、見てみたいという欲望が、俺を突き動かしていた。「よし」 俺は決心して膝を叩くと、服を全て脱ぎ捨てて、浴室に入っていった。このままじっと待っているなど僕にできるはずがなかった。「きゃっ、いや」 浴室のドアを勢いよく開けると、コスプレモデルはちょうどシャワーで身体を流し始めたところだった。 長い髪をアップにした巨乳のコスプレイヤーの、真っ白なうなじや背中、そして、むっちりと肉の乗ったヒップがやけにまぶしかった。 巨乳のコスプレイヤーの巨乳のおっぱいもちらりと見える。 コスプレモデルの大きな巨乳のバストは、柔らかそうにフルフルと揺れている。「やだ、入ってこないで」 シャワーを持ったまま、コスプレモデルはタイルの上で 身体をかがめてしまう。「だって、もう我慢ができないんです」 僕はそう叫ぶと、身体を丸めるコスプレイヤーの背中に貼りついて、後ろから巨乳のオッパイに手を伸ばす。「あっ、こら、だめっ」 コスプレイヤーが身体をよじらせるのも構わず、俺はセフレのコスプレイヤーのたわわな巨乳のオッパイを揉み始める。「柔らかい、おっぱいだ。それにいい香り。なにもつけずにこんなにいい香りがするなんて、涼子さんは最高の女性です」 俺はヤリモクのコスプレモデルのうなじの香りを楽しみながら、巨乳のおっぱいをほぐすように揉み始める。 見かけだけでなく、コスプレイヤーの巨乳のおっぱいは素晴らしい柔らかさで、指がどこまでも食い込んでいくのではないかと思うほどだった。「あ、ああっ、どうせ私とエッチしたらもう怒鳴られなくなると思ってるんでしょうけど、そんなこと、あっ、ああん、無いんだからね」 コスプレモデルは巨乳の乳房を揉まれる快感に喘ぎながらも、声をふり絞って言った。「そんなこと思ってません、ただ遼子さんが好きなだけです」 俺は巨乳の乳房を揉むのをやめ、コスプレイヤーの濡れた身体を後ろから抱きしめた。 濡れたコスプレイヤーの肌は艶やかで瑞々しく、肌と肌が密着する感触がやけに心地いい。「うそばっかり言わないで」 セフレのコスプレモデルは俺の手を振り払うと、さらに身体をかがめて背を向けてしまう。「ほんとです。じゃあ、今から証拠を見せます」 俺は少し強引に20代のコスプレイヤーの身体をタイルの床に押し倒す。 そして、巨乳のコスプレイヤーのよく引き締まった細い足首を握ると、左右に向かって両脚を割り開いた。「きゃっ、いやっ」 これでもかと大開きになった真っ白な太ももの付け根にある、ピンク色のお○んこが完全に露わになり、コスプレモデルが悲鳴を上げた。 初めて見る巨乳のコスプレイヤーのおめこは、肉厚の肉唇がしっかりと閉じ合わさり、ヒクヒクと男を誘惑するようにうごめいている。 俺は、やや濃いめの黒毛が覆ったコスプレイヤーの下腹部に顔を埋めると、薄紅色をしたオマ○コに舌を這わせていった。「ああっ、いやっ、だめっ、そこはまだ洗ってないの。汚いからやめてっ」 清めていなかったオマンコをフェラチオされたスリムなコスプレイヤーは、もう必死になって腰を揺すって訴える。「りょうこさんの身体で汚いところなんかないですよ。ここもいい香りだ」 僕は20代のコスプレイヤーのおまんこから香る、女のフェロモンを凝縮したような匂いに鼻を鳴らしながら、マンコを開いて、クリちゃんを剥き出しにする。
 
「やめて匂いなんて嗅がないで、ああっ、そこを開いちゃ嫌っ」 セックスフレンドのコスプレモデルはだだをこねる子供のように甲高い声を上げ、手足をばたつかせる。だが、清純なコスプレイヤーは僕を蹴飛ばそうと思えばできるはずなのに、そこまではしてこない。 俺は、包皮がめくれて丸出しになったコスプレイヤーのクリちゃんをそっと唇に含んでいく。「あっ、ああっ、だめっ、いやああ」 敏感な蕾を唇で挟んだ瞬間、美人のコスプレイヤーの背中が跳ね上がった。 股間に顔を埋めたまま、黒毛の生い茂る土手の向こうに見える細身のコスプレイヤーの顔を見ると、眉間にしわを寄せて切なく喘いでいる。「気持ちよくなって下さい、遼子ちゃん」 巨乳のコスプレイヤーが充分に官能を燃え上がらせていることを確認した俺は、今度は舌先を使って、小さなピンク色の突起を刺激する。「あっ、あひっ、そんな風にしたら、ああん、声が止まらない。あっ、あああん」 舌を小刻みに動かして舐め上げると、コスプレイヤーの喘ぎがさらに強くなった。「いいですよ、いくらでも、声を出して下さい」 僕は、巨乳のコスプレイヤーの様子を見ながら、今度は、チュウチュウと音を立てて、肉豆を吸い込んでいく。「あっ、あひっ、ひあああ、ああん、だめっ、おかしくなっちゃう」 僕の強烈な吸い上げに清楚なコスプレイヤーは腰をガクガクと痙攣させて、悶え狂う。 すっかり勃起したかわいいコスプレイヤーの陰核の下を見ると、さっきまで固く閉じ合わさっていたおま○こが少し開いて、中からねっとりとした分泌液が流れ落ちていた。「遼子ちゃん……感じてくれてるんですね」「ああ……言わないで、恥ずかしい」 俺が顔を上げて言うと、20代のコスプレモデルはもう全身を真っ赤にして身体をよじらせる。普段とはあまりに違うセフレのコスプレイヤーの恥じらう姿に、僕は強く欲望を加速させていく。「リョウコさん、もう大丈夫ですか?」 俺がそう言うと、コスプレイヤーは固く目を閉じて顔を横に伏せたまま、こくりと頷いた。「行きますよ」 俺はコスプレイヤーの甘い香りと少女のような表情に欲情して、はち切れそうなほど勃起しているオチンチンを、開きかけのま○この入口にあてがった。「あっ、あああっ、んくっ、ああん」 亀頭がゆっくりと沈み始めると、かわいいコスプレイヤーは肩を震わせ、艶めかしい声を漏らし始める。 巨乳のコスプレイヤーの膣内はもう充分に濡れていて、俺のペニスをすんなりと飲み込んでいく。高山一実激似のコスプレイヤーの肉厚の膣肉が、僕の亀頭部に絡みつき、ねっとりと包み込んで締め上げてきた。「すごい、遼子ちゃんのま○こが僕を締め上げてます」 柔らかいスポンジで、ペニスを締めつけられているような感覚に、僕は思わず声を上げてしまう。「あっ、ああっ、そんな、ああん、いやらしい、あっ、あああ」 コスプレイヤーの方は、もう恥じらう余裕もないようで、チンポが進むたびに、仰向けの身体をよじらせながら、開かれた両脚をブルブルと震わせている。 上を向いていても充分に盛り上がるコスプレモデルの白い巨乳のおっぱいが、切なげに揺れていた。「あっ、ああん、奥まで、あっ」 固く猛りきった亀頭部が最奥に達すると、コスプレイヤーの身もだえがまた強くなる。俺はコスプレイヤーの子宮口に抉るように、ちんちんをぐいっと、突きだした。「あっ、ああっ、ひあ、ああん」 セフレのコスプレモデルはもう何もかも忘れたように、悲鳴のような嬌声を上げ、背中をのけぞらせる。「どうですか、気持ちいいですか?」 俺はゆっくりとピストンを開始しながら、セックスフレンドのコスプレモデルに囁く。「あっ、ああん、いやっ、言わない、ああん、絶対言わない、ひん」 コスプレイヤーは巨乳のオッパイを鞠のように弾ませて喘ぎながら、何度も首を横に振る。「気持ちよくないんですか? じゃあこういうのはどうですか」 俺はそう言うと、腰を回転させ、コスプレイヤーのオ○ンコをペニスでかき混ぜた。「あっ、あっ、ああん、ひどい、ひどいわゆうきくん、あっ、はあああん、私をこんなに感じさせるなんて、ひどい、あああん」 セフレのコスプレモデルはもう快感を抑えきれなくなったのだろう、切れ長の瞳を妖しく潤ませ、性感の昂ぶりを口にした。「いいんですよ、遼子ちゃん。もっと感じて下さい」 僕は満足げに微笑むと、さらに激しく腰を動かし、コスプレモデルの最奥にチンコを叩きつけ始めた。「あっ、あっ、ああっ、強いっ、ああん、壊れちゃう、あくん」
 
 ビッチなコスプレモデルは白い肌に汗を滴らせて身体を震わせながら、自分の太ももを抱えている僕の腕を強く握りしめる。「あっ、あん、ああん、子宮が痺れてる、あああん」 コスプレイヤーはもう快感の極致にいるのか、瞳を妖しく輝かせ、獣のような悲鳴を上げながら、グラマラスな肉体を蛇のようにくねらせている。「リョウコちゃん、俺の恋人になって下さい」 清純なコスプレイヤーの肉体の昂ぶりにあわせて、どんどん締めつけが強くなるおま○こに屈しそうになりながら、俺は言った。 僕はどうしてもスリムなコスプレイヤーと心を通わせたいのだ。「いやっ、ああん、恋なんて、しないの、あっ、あああん」 快感に身体を翻弄されながらも、巨乳のコスプレモデルは必死で拒絶する。俺には20代のコスプレイヤーが涙を浮かべているように見えた。「ああっ、あああん、すごい、あっ、あっ、変になっちゃう、もうだめっ」 巨乳のコスプレイヤーは全身を小刻みに震わせて訴える。セフレのコスプレモデルの汗まみれの巨乳の乳房が勢いよく弾け、開かれた内腿が波をうって痙攣している。「僕ももう、イキそうです。りょうこさんも一緒にイキましょう」 コスプレイヤーのマ○コの強烈な締めつけに屈した俺は、限界を叫びながら、腰を力一杯、叩きつけた。「あっ、あっ、ああ、私も、もう、だめっ、イッちゃう、あああん」 細身のコスプレイヤーは両脚で強く俺の腰を締め上げると、背中をこれでもかとのけぞらせる。「ああっ、恥ずかしいっ、でも、ああん、イク、イクううううううう」 そして、ついにセフレのコスプレイヤーは断末魔の叫びを上げると、巨乳のおっぱいを弾けさせ、全身を激しく痙攣させた。「僕も、もう」 俺はオチン○ンの根元を締めつける絶頂の予兆を感じ、慌てて高山一実似のコスプレモデルの中から、チンチンを抜き去って、腰を上げる。「うっ」 ラブジュースにまみれたおちんちんが抜けるのと同時に、熱い精子が迸り、巨乳のコスプレモデルの腹部や巨乳の胸に振り注いだ。「は、はあ、はあはあ」 エクスタシーがあまりに強すぎたのか、清楚なコスプレモデルは身体を流れ落ちる白い粘液を拭おうともせずに、ぐったりとタイルの床に身を投げ出していた。「大丈夫ですか」 タイルの上で脱力するセフレのコスプレモデルの裸体を俺は抱き上げ、シャワーで身体を流す。 コスプレモデルは俺に身を任せながら、ゆっくりと目を開けた。「私……初めてイッちゃった……」 巨乳のコスプレイヤーは顔を真っ赤に染めると、恥ずかしそうに横に伏せてしまう。「リョウコさん、これでも俺のこと、嫌いなんですか……」 たっぷりと情愛を交わして身体を蕩けさせたコスプレモデルに僕は言った。僕はどうしてもコスプレイヤーが、本気で嫌がっているようには思えなかったからだ。「そんなこと無いわ……」 セフレのコスプレイヤーは少し声を震わせて言うと、ゆっくりと身体を起こす。 そして、コスプレモデルは一糸まとわぬ身体を僕の前でかがめると、だらりと力を失っているち○ぽに優しくキスをする。「今まで誰にも、フェラなんかしたこと無いんだけど」 ビッチなコスプレモデルはぽってりとした厚い唇を開いて俺の亀頭に舌を這わせていく。 先ほど一戦終えたばかりのおちん○んは、当然、僕の精液とヤリモクのコスプレイヤーのラブジュースにまみれている。それでもコスプレイヤーはためらいなく舌を這わせていった。「りょうこさん、そんなことまで、うっ」 僕はチンチンを舌が這い回るむず痒さに腰を震わせる。あのプライドの高いsexフレンドのコスプレイヤーが、自分のおち○ちんを清めていると思うだけで、腰の辺りが痺れてくるのだ。「汚いところなんか無いって言ったのはあなたでしょ」 セフレのコスプレモデルはそう言いながら、丁寧にち○こについた精液を舐め取り飲み込んでいった。「精子って、もっと臭くて苦いものだと思ってたけど、そうでもないのね」 やがて、おちんちんにまとわりついていた粘液を全て舐め取ってしまったセフレのコスプレイヤーは、にっこりと微笑んだ。 セックスフレンドのコスプレモデルは一糸まとわぬ裸の身体をかがめているため、やや下に垂れている巨乳のおっぱいが、フルフルと揺れてぶつかり合い、俺を誘惑しているように見える。
 
「あら、もう」 奇麗なコスプレイヤーの色気にあてられて、すぐに勢いを回復した俺のち○ちんに気づいて、コスプレイヤーは目を丸くした。「りょうこさん、今度はベッドでエッチしませんか」「え……もう……仕方ないわね」 俺が手を握って言うと、高山一実激似のコスプレイヤーは少しはにかんで頷いた。 浴室を出て身体を拭いた二人は部屋に戻ってきた。俺はふと、ベッドの隣におかれた奇妙な形をした革張りのイスを見た。 僕が注目したのは、イスの二つの手すりの下から、それぞれパイプが伸び、その先端に雑誌ほどの大きさの四角い革張りの台が取り付けられていたことだ。 変な形のイスだと思ったが、その二つの台が分娩台のように脚を開いて乗せる物だと思えば納得がいく。 女性があれに乗って脚を開けば、男は立ったまま挿入できるようになっているのだ。 僕は、イスをどうしても使ってみたくなって、コスプレイヤーが身体に巻いているバスタオルを掴んだ。「きゃっ、なに」 僕はバスタオルを剥ぎ取ると、横抱きでコスプレイヤーの身体を抱え上げて、半ば無理矢理にイスに乗せ上げる。 さらに、俺は巨乳のコスプレイヤーの脚を抱えて、左右にある開脚用の台にふくらはぎを乗せ、大きく割り開いた。「いや、こんなの嫌っ」 ヤリマンのコスプレイヤーは慌てて両脚を閉じようとするが、俺は間髪入れず、開かれた足の間に身体を入れて動きを封じる。「このまま、セックスしましょう涼子ちゃん」 激しいエクスタシーの余韻に震え、ピンク色のまんこを微妙に収縮させる、セフレのコスプレイヤーのマ○コを覗き込んで俺は言った。「いや、いやよ、こんな恥ずかしい格好でするのなんて、いやよ」 スタイルのいいコスプレモデルは羞恥に身もだえするが、僕の身体が邪魔になって脚を閉じられない。俺は細身のコスプレイヤーの声に耳を貸さず、人差し指と中指を立てて、肉厚のまんこの中に沈めていく。「だめっ、あっ、あああん」 二本の指がオマ○コを割ると、コスプレイヤーはイスの上で背中をのけぞらせて喘ぐ。俺はのけぞった勢いで、コスプレイヤーのたわわな巨乳の乳房が弾けるのを楽しみながら、指で膣壁を擦り始めた。「あっ、やん、そんな風に動かしたら、ああん、また、だめになる」 俺が指を鉤形に曲げて、膣壁をコリコリと掻くように動かすと、清純なコスプレイヤーの声が再び艶めかしいものに変わる。 コスプレモデルはイスの上でこれでもかと脚をひろげた姿勢で、白い身体を震わせ、息づかいまで荒くなっている。 巨乳のコスプレイヤーの肉厚のまんこが小刻みに震え、中からねっとりとした淫液が溢れてきた。「ああん、あっ、あっ、奥までこすっちゃ嫌っ、あああん」 今度は指を伸ばして子宮口の辺りを突き上げると、さらにコスプレイヤーの嬌声が激しくなる。僕は子宮口の周りをかき混ぜるように指を動かして、コスプレモデルの性感を煽っていった。「あっ、ああ、もうだめっ、ああっ、こんなに早く、んん、ああん、お願い」 コスプレイヤーはもう脚を閉じるのも忘れ、切羽詰まったような声を出した。「セックスしたいんですかリョウコちゃん?」 俺は一旦指を引き抜いて巨乳のコスプレモデルに問いかける。高山一実似のコスプレイヤーは切ない目で俺を見た後、ゆっくりと頷いて、目を伏せた。「じゃあ涼子ちゃん、入れて欲しかったら何で俺の恋人になれないのか教えて下さい」 僕は指で、コスプレイヤーのオマ○コの入口だけを焦らすようにかき混ぜながら言った。「あっ、ああん、だって、だって」 中途半端な刺激はかえってスレンダーなコスプレモデルの性感を昂ぶらせるのだろう、清純なコスプレイヤーは自ら腰を揺すって、悶え始める。「私はどうなるの。オバサンになってから捨てられたらみじめだもん」 セフレのコスプレイヤーは全ての気持ちを吐き出すと、シクシクとすすり泣きを始めた。「そんなこと……」 俺は、コスプレイヤーの、少女のように泣きじゃくる顔が愛おしくてたまらなくなり、そっと頬に手を当てて指で涙を拭う。「だったら、別れなければいいんですよ。ずっと一緒にいればいいんです」 僕は優しく語りかけながら、イスの上の清楚なコスプレモデルにそっと唇を重ねた。「ほんとに……」 唇が離れるとビッチなコスプレイヤーは涙に濡れた切れ長の瞳で僕を見上げてくる。
 
「本当です」 僕はそう言うと、20代のコスプレイヤーの唇の前で舌を伸ばす。高山一実似のコスプレイヤーも色っぽい唇を開いて、舌を突きだし、二人は濡れた舌を絡め合いながら、音を立てて吸いあう。 俺は舌を絡みあわせながら、すでに固くなっているオチンチンをゆっくりと、コスプレイヤーの中に侵入させた。 口の中よりも、遥かにびしょ濡れになっているセフレのコスプレイヤーのま○こを、固いち○こが割り開いていき、最奥にある子宮口に達する。「あっ、ああん、はあん」 チ○コが沈むと、セフレのコスプレイヤーは歓喜に声を震わせ、目も虚ろになって喘ぎ始める。 雪白の肌がピンクに上気し、僕の突き上げのリズムに合わせて、清純なコスプレイヤーの柔らかい巨乳のおっぱいが小粒な乳頭と共に波を打って揺れて、ぶつかり合って弾ける。「ほ、ほんとに、ああん、ずっと好きでいてくれるの、ああん」 コスプレモデルは台の上に乗せられた両脚を痙攣させながら、俺に訴える。美形のコスプレモデルが喘ぐたびに、昂ぶりきったま○こがヒクヒクと痙攣し、俺のチンポに絡みついていた。「はい。リョウコさんから別れようって言われないかぎりは僕の方から別れようとは、絶対に言いません」 俺はリズム良く腰を振りながらコスプレイヤーに返事を返した。「あっ、あっ、嬉しい、ああん」 喘ぎ続けるビッチなコスプレイヤーの目から涙がこぼれ落ちる。僕が気づいていなかっただけで、巨乳のコスプレイヤーはこんなにも情熱的な女性だったのだ。 俺は嬉しくなり、ピストンをさらに早くしながら、コスプレイヤーの二つの巨乳のオッパイを優しく揉み、勃起した乳首に吸い付いた。「あっ、ああん、両方なんて、ああっ、ああん」 さらに僕が力一杯乳頭を吸い上げると、巨乳のコスプレイヤーはもう切羽詰まった声を上げて、背もたれの上で身体を弓なりにする。 のけぞった反動でコスプレモデルの巨乳のおっぱいが大きく揺れ、波を打って震えた。「気持ちいいんですか? 遼子さん」「あっ、あはあ、ああん、気持ちいい、子宮が痺れてたまんない、ああん」 清楚なコスプレモデルはもう全身を痙攣させている。巨乳のコスプレイヤーのピンク色に染まった肌に大量の汗が浮かび、二度目のピークももう近そうだ。「あっ、あっ、お願い、遼子さんって呼んで、あっ、ああん」 ヤリモクのコスプレモデルはイスの手すりを力一杯握りしめて押し寄せる快感と戦いながら、必死で声を上げる。「りょうこちゃん愛してる」 僕がその名を叫ぶと、スリムなコスプレイヤーの膣壁がぐっと狭まり、濡れたオマ○コがチンチンに絡みついてきた。 コスプレイヤーのまんこのあまりの締めつけに、俺はまた、射精に達してしまいそうになった。「ああ、僕、私も大好き。俺、ああん、私、もうイッちゃう」 コスプレイヤーもまた限界を訴えて、快感に溶けきった顔を僕に向ける。「涼子さん、僕もイキそうだ。いっしょにフィニッシュしよう」 俺は、身体を前に倒し、背もたれに身を預けて悶え続けるコスプレモデルの巨乳のオッパイに、胸を押しつけるようにして身体を密着させる。 そしてイスごと持ち上げる感覚で、腰を突き上げ、sexフレンドのコスプレイヤーの子宮口におちんちんの先端を叩きつけた。「あっ、ああん、俺、中に、中にちょうだい、大丈夫だから、ああっ、いっぱい中出しして」 セックスフレンドのコスプレイヤーは僕にしがみついて、絶頂へと駆け上がっていく。「ああっ、ああん、イク、イクうううううう」 コスプレモデルが限界を告げて身体を震わせると、ちんこを受け入れているオ○ンコも大きく収縮し、最後の快感を貪ろうとする。「うっ、イク、俺もイクよ、りょうこさん」「ああん、ゆうきくん、あああああ」 セフレのコスプレモデルの雄叫びを聞きながら、俺がコスプレイヤーのマンコの中に精子を大量に中出しした。 イスの上で大股開きの身体を震わせ、コスプレイヤーはしっかりと熱い精子を受け止めていく。「ああ……俺のザーメンが私の中に染み込んでる。ああん……幸せ……」 エクスタシーの挙動が収まった後も、巨乳のコスプレイヤーは僕の上体を強く抱きしめ、うっとりとした目で見つめてくる。「遼子さん、僕の恋人になってくれるよね」 俺が改めて問いかけると、コスプレイヤーは汗が浮かんだ顔を崩して微笑む。普段清楚なコスプレモデルが決して見せることのない満面の笑顔だ。「はい……」 ヤリモクのコスプレイヤーは幸せそうに言うと、俺の頬にそっと唇をキスをしてきた。
 
出会い系サイトハッピーメールでの清純なコスプレモデルとのはめ撮りセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓



















































 
今回清純なコスプレモデルとすぐただまんsex出来た出会い系はハピメです。
 
なおハッピーメール(happymail)を利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないとすぐエッチできる美人の女性と出会ってセフレにしてオフパコsexできませんので、ハッピーメールに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハッピーメールのような出会い系コミュで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで詳しく説明していますので参考にしてください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハッピーメール(happymail)は18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.