deaikeitaiken_novel

【出会い系ヤリモク】処女のロリ巨乳パイパンJKと中出しセックス

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
僕はあいわらず出会い系コミュニティで美形の女の子をsexフレンドにして、タダマンエッチをやってヤりまくっています((^┰^))
 
さて、今回はバンバン会える詐欺でない出会系コミュで出会った清原果耶似の処女のロリ巨乳パイパンJKと栃木県鹿沼市で会ってセフレにしてすぐ即ハメセックスをしてきたのですが、ハメどり写メが沢山撮れましたのでリポートします。
 
※この記事にはアダルトなsexのハメ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会系サイトで出会った女性はロリ女子高生で、名前はジュリナちゃんといい、顔は清原果耶似の超美人でした(o^∇^o)
 
出会い系サイトでのバージンの女子高生のプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトでの巨乳のJKの掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
セフレのJKとは、出会系アプリで知り合ってLINEでやり取りした後、鹿沼駅近くの洒落た串カツ居酒屋に飲みに行った後いつも通りラブホに行ってハメどりセックスをしました。
 
俺と女子高生が栃木県鹿沼市の鹿沼駅近辺のラブホテルの部屋に入った。あらためて見ると清純なロリJKはやはり美しい、自称処女のJKの唇を見ていると、僕はどうしても衝動を抑えきれなくなる。「ゆうきさん……」 その気持ちを察したのか18歳のロリ女子高生はそっと瞳を閉じた。 俺は躊躇しながらもそっと唇を重ねていく。巨乳のロリ女子高生の柔らかい唇が触れた。「ゆうきさん……お願いがあるの……」 切れ長の美しい瞳を向けて女子高生は見つめてくる。「私の初めての人になって……」 美しい女子高生は俺の両腕をしっかりと握り思い切ったように、しっかりとした口調で言う。「だめなのはわかってる……でも私、初めては大好きな人がいいの、だから今夜だけでいいから、私を女として抱いて……」 セフレのロリ女子高生は声を振り絞るように言い、もう一度僕の胸に顔を埋めてきた。「うん……わかった……」 俺はセフレのJKの身体を横抱きに抱え上げると、隣の寝室に続くドアを開けた。 (綺麗だ……) 高級そうなブラウスとスカート姿で布団の上に横たわったセフレのロリ女子高生は、やはり美しい。「ごめんよ、ジュリナさん」 清純なロリJKの頬を伝う涙を俺はそっと指でぬぐい取る。 僕の前しか笑顔を見せなかったのは、10代のロリ女子高生の不器用な愛情表現だったのだ。 男として覚悟を決めようと、俺は腹をくくった。「なんで、謝るの……悪いのはじゅりななのに……」 可愛いJKはまだ涙を流し続けている。「違うよ……僕だって、ジュリナさんを、女として見てたんだ、でも……それがいけないことだと思って……」 事に及ぶ前にこのことだけは伝えておきたかった。 ロリJKに罪の意識を押しつけてしまうようなことは、したくなかった。「ゆうきさんっ」 急に身体を起こすと、巨乳のロリJKは下からしがみついてきた。「好き、好き、ゆうきさん、大好き」 僕もJKのことを意識していたのがよほど嬉しかったのか、何度もキスしながら涙声で叫んでいる。「僕もだよ……珠理奈さん」 清楚なロリJKの細く華奢な上体をしっかりと抱きしめ、僕も唇を押しつけていく。 そして、そのまま清純なロリJKに舌を差し入れ、絡みつけていく。「んん、んく……」 まるで何年かぶりに再会する恋人のように、二人は激しく口を吸いあい、舌を貪っていく。「あ……ゆうきさん、あ……」 そのまま首筋に唇を滑らせていくと、JKが女の声を上げる。 初めて聞く激カワの女子高生の艶めかしい声に、俺は妙に興奮を覚えた。「じゅりなちゃん……脱がすよ」 布団の上のロリJKがこくりと頷く。 ブラウスのボタンを一つずつ丁寧に外し、前を開く。「あ……」ロリ女子高生の少し恥ずかしげな声と共に、純白のブラジャーに包まれた巨乳のオッパイが現れる。 おしゃれなレースがあしらわれたカップの上からsexフレンドの女子高生の真っ白な巨乳のオッパイがはみ出しているのを見て、思わず唾を呑んだ僕は、手を震わせながらブラジャーのホックを外した。「すごい……すごく大きいんだね……珠理奈ちゃん」
 
セフレのロリ女子高生は仰向けに寝ているのに、まったく大きさを失わず、もぎたての果実のようにフルフルと揺れる巨乳の乳房に俺は思わず声を漏らしてしまう。 大きさでは僕のカノジョには及ばないものの、ロリ女子高生の身体の線の細さもあってか、巨乳の胸はかなり巨大に見え、胸の上にメロンを二つのせているのかと思うほどの大きさだ。 メンヘラのJKの白い肌にはうっすらと静脈が浮かび、下乳のあたりがパンパンに張り切っていて、指で押せば弾かれそうだ。 巨乳の胸の大きさに反比例して、10代のロリJKの乳輪部分は意外に小さく、ピンク色をした小粒の乳首が、巨乳のオッパイの動きに合わせてゆらゆらと揺れている。「見ないで……恥ずかしいから」 頬を赤くしてJKは視線を外す。「今さら何言ってんの、おっぱいが見えそうな格好で僕の周りをうろうろしてたくせに」 ロリJKのブラウスとブラジャーを抜き取りながら僕は言う。「だって、あれはゆうきさんに見て欲しかったから」 巨乳のロリ女子高生は訳のわからないことを言って口を尖らせる。「じゃあ、見てもいいんだろ」「あの時と今は違うの、やん」 いたずら半分に乳首を軽く引っ掻くと、JKが甲高い声を上げる。「だめ、ああん」 続いて18歳のロリ女子高生の張りのある巨乳のバストを二つ同時に揉んでみる。 見た目の通り、ほどよい抵抗感があり、指を弾かれてしまいそうだ。「ああ、やあん、ゆうきさん……ああん」 だが巨乳のオッパイの感度の方はかなりいいようで、童顔のロリJKはもう息が荒くなっている。「乳首が立ってきたよ珠理奈さん」 ロリ女子高生の巨乳のおっぱいを絞り上げるように揉むと、先端にある乳頭部が勃起してくる。「あ、あああん、はん、そんな風にしたら」 尖り始めた先端を舐めてみると、JKの喘ぎ声がさらに艶めかしくなる。「ああん、いやらしい、ああ、ゆうきさん、だめえ、ああ」 JKは爪を噛みながら悶絶している。 ロリ女子高生が首筋を真っ赤に染めて腰をよじらせる姿はたまらなく艶めかしい。「いやらしいのは仕方ないよ。そういうことしてるんだから」 今度は唇でロリ女子高生の乳首をはさんで吸い上げる。「ああ、だめ、ひあん」 背中を何度ものけぞらせて女子高生は悶え続ける。「下も脱がすよ」 18歳のロリJKの少し短めのスカートのホックを外し始める。「外では絶対、短いスカートなんか穿かなかったのにね」「だって事務所から、穿くように言われたんだもん……ゆうきさんが穿くなって言うんならやめる」「モデルのくせに、何を言ってんの」 セックスフレンドのJKに俺は苦笑しながら、スカートを足先から抜き取る。「あん……恥ずかしい……」 ブラジャーと揃いの白いパンティだけの下半身が露わになる。 JKの細くしなやかな脚はとにかく長く、肌もすべすべとしていて染みなど一つもない。 JKのウエストは驚くほど細いのに、ヒップの周りはみっしりとしていて、女の色香をまき散らしている。 パンティだけになったロリJKの身体を少し俯瞰してみると、なにかこの世のものでないような、彫刻か、人形かと思うような美しさがあった。「綺麗だよ……珠理奈さん……」 月並みな言葉だが、セフレの女子高生に見とれるあまり気の利いたセリフなど言えなかった。「ありがと……この身体はゆうきさんのものよ、つま先まで全部……」 優しげに笑って女子高生は下から見つめてくる。 今も昔も、俺に向けられ続けた笑顔だ。
 
「じゃあ、ここも?」 俺はJKのパンティの股間をつんと突いてみる。「あ、やん、あああん」 薄布越しにマ○コを刺激しただけで、パイパンのロリ女子高生はまた嬌声を上げた。「ああん、声がいっぱい出ちゃうから、いたずらしないで、ああ」 また身体を震わせ、JKは悶え続ける。 清純な女子高生の腰がよじれるたびに巨大な巨乳のおっぱいがブルブルと波を打つ。「俺のものだったら、見てもいいよね」 JKのパンティに手をかけると、ゆっくりと引き下げていく。「いや、ああ、ゆうきさん……恥ずかしい」 しかし、ロリJKはあまり抵抗はせず、白いレースの下から、薄めの陰毛に包まれた股間が現れた。「もっと近くで見せて」「や、だめ、ああっ」 むずがるJKの長い両脚をかき分けるようにして、僕は股間に顔を埋めていく。「もう濡れてるね、じゅりなちゃん」 乳首と同じような薄桃色をしたスレンダーなJKのマンコを開くと、クリちゃんと共に、ねっとりと濡れた膣口が姿を現した。「そんなこと言っちゃだめ……ゆうきさんがエッチな事たくさんするからじゃない」 ヌメヌメと輝きながら、小刻みに収縮を繰り返すマ○コは、ここが本当にあの清楚な自称処女の女子高生の一部なのかと思うほどいやらしい。「じゃあ、もっとエッチなことしたら、どうなるのかな?」 俺は控えめに顔を出すロリ女子高生の一番敏感なところを、舌で転がしていく。「あ、ああん、いや、くん、また声が、ああん」 女の一番敏感な場所を優しく刺激すると、未成年のJKはもう全てをなくしたかのようによがり泣く。 セフレのロリJKの白い内腿がヒクヒクと痙攣し、さらに粘り汁が溢れ出してくる。「ああん、だめ、いやあん、ああっ」「気持ち良くなって……もっと」 刺激を受け、少し尖ってきたロリJKの肉豆を今度は吸い上げてみた。「だめ、そんな風にしたら、ああん、ゆうきさん、あああ」 スリムなロリ女子高生の叫び声と共に、閉じ合わさっていた膣口がぱっくりと口を開き、中から大量の愛液が溢れてくる。 女の淫らな香りのする、ねっとりとした蜜汁は糸を引いて、その下にあるアヌスの方まで流れ落ちていった。「そろそろいい? じゅりなさん」 僕は身体を起こして服を脱いでいく。「ちょっと待って、ジュリナさんもして上げるから」 大きな巨乳の乳房を揺らしてロリJKも起き上がると、服を脱いだ僕を座らせ、最後の一枚であるトランクスに白い指をかけた。「いいよ、したことないんだろ」「いいの。私もゆうきさんに、してあげたいんだから」 さっきとは反対に俺の股間に18歳のJKが潜り込み、トランクスを脱がせた。「きゃっ」 現れたチ○チンにセフレの女子高生は声を上げる。「こんなに、大きいんだ……」 俺の巨根に驚いた自称処女のJKは目を白黒させて見つめるばかりだ。「だから、無理しなくていいって言ってんのに」「いいの、大丈夫……だから」 可愛らしいJKは少し厚めの唇から舌を出すと、亀頭の先端をチロチロと舐め始めた。「ゆうきさんが気持ち良くなってくれたら、珠理奈ちゃんも嬉しい」 尿道口から裏筋に巨乳のJKのねっとりとした舌が這い回る。
 
「う、気持ちいいよ、じゅりなさん」 風呂にも入っていないおちん○んの、亀頭のエラまでセフレのロリJKは丁寧に舐めていく。 出会い系アプリで出会ったセフレの女子高生が自分のペ〇スを慈しむ姿を見つめていると、僕は異様な興奮を覚えた。「大きいから、入るかな」 女子高生は精一杯に唇を開いて、野太い亀頭を飲み込んでいく。「うっ」 敏感な亀頭部をJKの温かい粘膜が包み込み、俺は心地良さに声を漏らしてしまう。「ん、んんん」 たどたどしい動きながら、きれいなJKは献身的に頭を振り続ける。 清原果耶似のロリ女子高生の口腔や舌が絡みついて絶え間なくち○ちんを擦り、快感が脳天まで突き抜けていく。「ああ、じゅりなちゃん、気持ちいいよ」 女として見てはいけないはずの女子高生と、互いに同じ気持ちであったことを知り、しかも、こんなに情熱的なフ○ラチオを受けている。 そう思うと、俺は天にも上る気持ちだった。「じゅりなさん……もうだめだ、出ちゃうよ」 ロリ女子高生の長い黒髪にそっと手を当てて、顔を上げさせる。「いい? ジュリナさん」「うん、来て、ゆうきさん」 互いの意志を確認し合うと、ロリ女子高生は布団に仰向けになり、僕は上から覆い被さるように、開かれた両脚の間に身体を入れる。「珠理奈さん、ほんとに初めてだよね?」 疑ってるわけではないが、女子高生に一応聞いてみる。 「ひどいわ……私は今まで、ゆうきさん以外の人を好きになったことなんてないのに」 また瞳に涙をにじませて、童顔の女子高生は言う。「ごめんよ、僕みたいなやつのために……」「何言ってるの……ゆうきさんの良さは私が一番知ってるわ」 涙でいっぱいの目でセフレのロリJKは笑顔を見せる。 18歳のJKは緊張していた身体から、少し力も抜けたようだ。「入れるよ……」「うん……」 女子高生の華奢な上半身をしっかりと抱き寄せ、身体を密着させながら挿入体勢に入る。 顔のすぐ横にセフレの女子高生のぽってりとした唇があり、荒い息づかいが伝わってきた。「んん、あ……」 エラの張った亀頭が進み始めるとロリ女子高生は苦痛に喘いだ。処女のオマンコに初めてのチ○ポを受け入れるには、かなりの苦痛が伴うようだ。「あ、痛っ、ああ」 セフレのロリ女子高生は歯を食いしばり、俺の背中を抱きしめて苦悶している。「大丈夫、やめようか?」 俺は腰の動きを止めて言う。「いいの、いくら痛くても、ゆうきさんと一つになれるんだったら平気」 苦痛に何度ものけぞりながら、童顔のJKは必死に耐えている。 スレンダーなロリ女子高生の白い肌には大量の汗が流れ落ち、俺の背中に回された細い腕は小刻みに震えていた。「く、んん、ああっ」 進めたペ〇スが柔らかい壁に弾かれた。 初体験の証である処女膜だ。「もう少しだけ我慢してね……」
 
「うん……」 優しく言葉をかけてから一気にペニスに力を込めた。「あ、くうううう」 言葉にならない悲鳴を上げて、メンヘラのロリJKの身体が反り返った。 JKの処女膜を突き破ったちんちんがまんこを掻き分け、最奥に突き立てられる。「あ、ああ……はあん……」 お○んちんが全て収まりきってようやく落ち着いたのか、自称処女のロリJKはほっとしたように息を吐いた。「大丈夫……珠理奈さん?」「うん……えへへへ」 もう全身汗だくになっているのに、清原果耶激似のロリJKは白い歯を見せて笑い出す。「なんだよ……」 巨乳の女子高生はかなり痛いはずなのにと僕は目を丸くしてしまった。「だって、やっとゆうきさんを受け入れてるんだよ……私の中に……」 パイパンのロリ女子高生は心から幸せそうに笑った。「ずっとずっと、夢見てたんだもの……ゆうきさんに女にしてもらうの……」 処女のロリJKは今度は涙をにじませて俺を見る。 JKの胸の上でフルフルと揺れる巨乳のオッパイまで、歓喜に震えているように見えた。「僕も幸せだよ……じゅりなちゃん……」 僕はゆっくりと腰を使いお○んちんを前後させる。「あ、ああ……ああん、くう」 チン○ンが動き出すとJKはまた少し苦しげな顔を見せる。 童顔のロリ女子高生の大きく開かれたしなやかな両脚が空中でゆらゆら揺れながら、震えていた。「痛い?」「平気よ……やめちゃ嫌よ……最後まで……ね」 荒い息を吐きながら奇麗な女子高生は力いっぱいしがみついてきた。「ねえ、ゆうきさん、私……今日は大丈夫な日だから……そのまま中出しして」「でも……」 さすがにそれはと俺は躊躇する。「いいの、ゆうきさんの全部をじゅりなちゃんにちょうだい」 切れ長の瞳でしっかりと見つめてバージンのロリJKは言う。 目の光に、揺るぎない意志が感じられた。「わかった……」 僕ももう覚悟を決めて腰を動かし始める。「あ、ああ、くうん、ああ、ゆうきさん」 セフレのロリJKは苦しげに喘ぎながらも、身体の力を抜いて必死で俺を受け入れている。 突くたびに、巨乳のロリ女子高生の薄い胸板の上で、二つの巨大な巨乳のバストが左右別々の動きで踊り狂い、ピンクの乳頭を目で追うことすら困難になる。 かわいらしいロリJKの引き締まった腰がくねくねと蛇のようによじれ、僕の興奮を加速させていく。「はあはあ、ジュリナちゃん……まだ痛い?」 ピストンのピッチを上げながら女子高生に問いかける。「あ、くん、うん、まだ少し……ああ、痛いけど、大丈夫よ」 清純なロリJKはさっきより少し頬に赤みが差したものの、まだ苦痛は治まってはいない様子だ。「ジュリナちゃん、もっと突くよ」 JKはまだ強い快感を得ているわけではなさそうだ。 ならば少しでも早く自分が終わらせて、ロリ女子高生を痛みから解放して上げたいと、僕は一気にペースを上げた。「ああ、あああ、くうん」
 
清純なロリ女子高生にも気持ちが伝わったのか、さらに大きく脚を開いてチン○ンを受け入れている。「あ、あああ、じゅりなちゃんの中、気持ちいいよ」 初体験でもメンヘラのロリJKのマ○コは充分に潤っていて、濡れたまんこがち○ぽに擦りつけられる。 しかも、女子高生の膣壁から小さなヒダがいくつも伸びていて、それが亀頭と言わず竿と言わず、常に絡みついてくるのだ。(もしかして……名器ってやつか……) 身体の内でも外でも男の本能を刺激するJKに俺は驚くばかりだ。「あ、くうん、あああ、ゆうきくん、あああ」 激しく揺れる巨乳の乳房の先端を尖らせ、ロリ女子高生は少しずつ快感の声を上げている。「くう、珠理奈ちゃん……僕、もう」 ロリ女子高生がもっと悦べるようになるまでピストンを続けたかったが、腰の奥まで痺れきってもう限界だ。「ああん、きて、ゆうきくん」 俺の腕を握りしめて10代のロリ女子高生が叫ぶ。「イクよ、もう出るよ」 限界を叫び、僕は腰を震わせる。 チンポの根元が締めつけられ、JKのオマンコの中で暴発した。「あ、あああ、ゆうきくん」 真っ白な首筋を震わせ、10代の女子高生は全てを受け止めている。 射精は何度も続き、俺が「出る、出るよ、いっぱい出すよ!」と言いながらスタイルのいいロリ女子高生のおまんこの中に精子を勢いよく中出しした。「ああ……ゆうきくんのが、いっぱい入ってくるよう」 ロリ女子高生は涙ながらに歓喜に震え、精子を子宮の中に飲み込んでいった。「ふう……終わったよ……じゅりなさん……」 ようやく中出しを終え、俺はペニスを引き上げようとする。 まだ興奮が収まっていないのか、お○んちんは固く勃起したままだ。「待ってゆうきくん、抜かないで……もう少しゆうきくんを感じていたいの」 女子高生は下から僕にしがみつくと、うっとりとした顔を見せた。
 
出会い系サイトでのパイパンのロリJKとの即ハメセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓


































 
※画像はイメージです。
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.