deaikeitaiken_novel

【出会い系エッチ】田中みな実似の美人女子アナと中出しsex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
僕はあいわらず出会系アプリで色っぽい女を釣って、オフパコsexに励んでいます(o^∇^o)
 
さて、今回は即出会いできるトラブルのない出会系SNSのピーシーマックスで出会った田中みな実似の処女の美人女子アナと岡山県津山市で会ってセフレにしていますぐただまんエッチをしてきたのですが、ハメ撮り写メが沢山撮影できましたので報告します。
 
※この記事には過激なエッチのハメ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出逢い系コミュのPCMAXで出会った女の子は女子アナで、名前は彩芽ちゃんといい、顔は田中みな実似の超美人でした(^_^)
 
出会い系サイトPCMAXでのsexフレンドの女子アナのプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトPCMAXでのバージンの女子アナの掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
女子アナとは、出合い系コミュのピーシーマックスで知り合ってラインでやり取りした後、津山駅周辺の高級イタリアンレストランに食事に行った後ホテルOKとのことだったのでそのままラブホに行ってオフパコセックスをしました。
 
俺と女子アナが岡山県津山市の津山駅周辺のラブホの部屋に入った。「私だってただエッチな話がしたいわけじゃないもの……。つまり、なんて言うか……わたしだって、男の子とそういうの……してみたいんです!」 言い切った清楚な女子アナの顔は恥ずかしさにまっ赤だった。「アヤメちゃん……」 俺は胸が熱くなるのを感じた。それは、まさしく微乳の女子アナの心の叫びだった。言葉が熱く胸を貫いて、清純な女子アナのハートを一気に燃えたたせたのだ。「もう何も言うな。言わなくていい」 俺は言うと、おもむろにセフレの女子アナの身体を抱き寄せた。「あっ……」 声をあげる女子アナの唇を僕はキスで塞ぐ。清純な女子アナの唇は震えていた。「ん……」 俺は思いを込めてキスをした。女子アナの唇はぷるんとして柔らかく、あまりの愛らしさに食べてしまいたいほどだった。「んふぉ……」 舌を伸ばして処女の女子アナの歯をこじ開ける。抵抗されることはなかった。女子アナはうっとりと目を閉じて、僕のリードに身を任せていた。「ふぁぅ……」 門が開き、僕はセフレの女子アナの甘い匂いのする口内へと滑りこんだ。すると、20代の女子アナのツルツルの小さめの舌が怯えがちにうずくまっている。僕はそれを自分の舌で巻きとり、安心していいのだと貧乳の女子アナに語りかけるように撫でまわした。「んふぉ。んちゅ、びちゅ……」「んっ……ふぁぅ、んふぅ」 やがて勇気を出してバージンの女子アナも舌を差し伸べてくる。最初はおずおずと、ためらいがちではあるが、セフレの女子アナは愛撫に応え、熱い思いを伝えようとしているのはわかった。 不意に僕は激しく啜りあげる。「びちゅるこっこっこっ、ちううううっ」(ああ、あやめちゃんの唾液!) 夢にまで見た場面がいま実際に起きているのだ。一度はあきらめかけたセフレの女子アナへの思い。だが、いまsexフレンドの女子アナは僕の舌を受け入れ、そればかりか自ら懸命に舌を伸ばしてきているのだ。この瞬間をじっくりかみしめなくてはもったいない。「んふぁ。あ……」 しかし、やがて俺はいったんキスを解く。夢見るような女子アナは口を開けたまま、薄目を開けて名残惜しそうに見つめている。「ハアッ、ハアッ」 しだいに興奮の度を高めながら、僕は舌を可愛い女子アナの首筋に這わせていった。「レロ──」「ひゃう。くすぐったい」 女子アナは思わず首をすくめるようにした。だが、僕はかまわず舌を貧乳の女子アナのうなじへと這わせていく。sexフレンドの女子アナの耳の後ろに回ったところで、耳たぶを甘がみする。「れろれろれろ。びちゅるるっ」「やっ……ん……」 微乳の女子アナは何かを堪えているようだ。処女の女子アナの二の腕をつかんだ両手に力がこもる。 意を決して、俺は耳もとでささやいた。「好きだ、彩芽ちゃん」
 
 告白のあと、少しの間を置いて田中みな実似の女子アナは言った。「わたしも、ずっと前からあなたのことが好きでした」「あやめさん──!」 俺は驚きのあまり、思わずうなじから顔を離し、正面から奇麗な女子アナを見つめた。セフレの女子アナの瞳は潤んでいた。しかし、潤みながらもキラキラと輝いていた。「好きだ、って言ってくれたの本当? その、たっ……ただ──」「ああ、もちろん本当さ。っていうか、むしろ僕のほうがビックリしてるよ。まさか綾女さん、でいいかな?」「うん。いいよ、た……ただし、クン……。やだ、なんか照れくさいね。でも、うれしい」「俺もだよ。こんなまさか──わけのわかんないところに誘拐されて、どんなことをされるかと思ったら……は、おいといて、綾女ちゃんとこんなふうに気持ちを伝え合うことができるなんて信じられない」「わたしも。夢みたい」「あやめちゃん」「ゆうきくん」 再び唇同士が重なる。今度はぎこちなさもなく、互いに理解し合って。 だが内心、俺は口を滑らしかけて、危ういところで踏みとどまりホッとしていた。まさかここまでに、出会い系サイトのPCマックスで出会ったほかのセフレ三人と肉体を交えたとは言えない。俺がそんなことを考えていると、突然、セフレの女子アナがうれしそうな声をあげた。「わあー、見て! バラのベッド」 見ると、たしかにたくさんのバラで飾られたベッドが生け垣のそばにあった。(いつの間にこんなものが?) このタイミング、この状況を考えれば、どうすべきかは明らかだった。「僕の首にぶら下がるようにして」 俺は言うと、女子アナの背中と膝の裏に腕をまわし、そのまま持ち上げた。「ひゃっ……わあ、お姫様抱っこ」「こちらへどうぞ。お姫様」 仰向けに寝かせたバージンの女子アナは恥じらいにほおを染め、眩しそうに俺を見上げた。スタイルのいい女子アナの白いサマードレスがベッドの上にドレープを広げている。(きれいだ……) 僕は息を呑んだ。バージンの女子アナの期待と不安に満ちた顔は美しかった。だが、一つだけどうしても気になることがある。「前にデートに誘って断られたからさ、てっきりフラれたんだと思ってた」「ちがう……。あのときは、からかわれてるんじゃないかと不安だったの。今まであんまりそういうことなかったから」「そうだったんだ……。けど、逃げるようにいなくなったからさ──」「だって、恥ずかしかったんだもん」 女子アナは珍しく語気を強めて言った。しかし、同時に女子アナの声には甘えるようなニュアンスが混じっていた。「彩芽さん──!」「んっ……」 興奮した俺が唇を重ねると、女子アナは目を閉じた。「……ぷはっ。ちゅぱ……」 さらに僕はセフレの女子アナのうなじへと舌を這わせていく。「俺、街で見かけちゃったんだけど」「え?……んっ」「綾女さんが──その、男の車に乗るとこ。あれ、誰なの?」 このタイミングで訊ねるようなことではないかもしれない。だが、訊かずにはいられなかった。結局、僕は自分に自信がなかったのだ。 数瞬、女子アナの返事はなかった。やはり今訊くべきではなかったのだ。僕が後悔しかけたころ、ようやくスタイルのいい女子アナは言った。
 
「職場の同僚の子。ほかにも何人かいたし……あんっ。そんなにわたしのこと気にしてくれてたんだ」 女子アナは言うと、腕をまわし、ギュッとしがみついてきた。20代の女子アナの可憐な仕草が僕の胸に突き刺さる。「ごめん。もうバカなこと言わない。好きだ、アヤメさん」「わたしも、好き」 俺は顔を上げ、ふたりは互いの目を見つめる。「いい?」 僕が訊ねると、セフレの女子アナはこくんとうなずいた。 僕の手が女子アナのサマードレスの胸元についたリボンを解く。恥ずかしいのか、自称処女の女子アナは目を閉じたままじっとしている。ボタンが一つずつ外され、貧乳の女子アナの突き抜けるように白い肌があらわになっていった。「きれいだ」「やっ……」 女子アナは小さく喘ぐと、はだけた胸元をだき合わせて隠そうとした。「恥ずかしがることなんかないよ。とってもきれいなんだから」「でも……」 俺は説得するが、バージンの女子アナの細腕は頑なにほぐれようとしない。こうなったら多少強引にするのもしかたあるまい。「アヤメさん──」 20代の女子アナの腕を捕まえながら、谷間に顔を埋める。「あっ……!」 女子アナが気を呑まれた隙を狙い、ブラ紐を肩から落としてしまう。すると、清楚な女子アナのこんもりと盛り上がった山頂にピンク色の突起が顔を出した。 俺はすかさず清純な女子アナの乳首に食らいつく。「はむっ……ぴちゅ。れろれろれろ……ちゅっぱあああ」「やっ。あっ……ダメ……はうぅぅ」 女子アナは驚いて僕の頭を押し戻そうとする。しかし、男の舌が自分の身体を這うにつれ、徐々にぺちゃぱいの女子アナの抵抗しようとする力は萎えていった。「やん、あふっ……恥ずかしいよぅ」「恥ずかしがらなくて良いんだ。綾女ちゃんは、とてもきれいなんだから」 理屈にもならない理屈を口走りつつ、僕は舌で女子アナの乳首を転がした。 そうして愛撫をするうち、いつしか田中みな実激似の女子アナの貧乳のオッパイは白日の下にさらされていた。「アヤメちゃん、あやめちゃん」 僕は息を荒らげながら、綺麗な女子アナのもう一方のぺちゃぱいのおっぱいを揉みしだいた。指先で触れると、乳首はピンと尖っている。激カワの女子アナはちゃんと感じているのだ。「あんっ。ダメ……ねえ、あっ」 清純な女子アナは小さく息を吐きながら、言葉ではまだ拒むようなことを言った。だが、髪の根に差し込まれた手はもはや頭を押しのけようとはしていない。自らに押しつけるとまではいかないものの、女子アナは快感に耐えるための支えになっていた。「ハアッ、ハアッ、ハアッ」 やがて僕は細身の女子アナの貧乳のおっぱいにおいた手を下げていく。ドレスの裾をたぐり寄せ、女子アナの膝から太腿へ、そして小さなトライアングルをあらわにしていった。 手のひらでセフレの女子アナの太腿の内側を撫でる。陶器のようになめらかでありながら、表面にしっとりと汗をかいている。「ハアッ、ハアッ。ちゅぱぱぱっ」 執拗に女子アナの乳首を転がしつつ、沿わせた手をクロッチへと伸ばしていく。「んっ、はぅん。ダメ……お願い、待って」 sexフレンドの女子アナはくり返すが、乙女の肌の香りと触感に夢中な俺の耳には届かない。「ぱぴちゅ……んぐんぐ、ちゅぱるろっ」 ジワジワと指先が湿りを帯びているであろう清楚な女子アナのオマ○コに近づいていく。「ね。あっ……ゆうきくん、待って。お願いだから!」「え……?」
 
 叫んだかわいい女子アナの声に切迫した本気を感じ、さすがの僕も手を止めた。「どうしたの、イヤなの?」 僕が訊ねると、セフレの女子アナはふるふると首を左右に振った。「ううん、ちがうの。イヤなんかじゃないわ。ただ……ただ、わたし初めてだから怖くなっちゃって……それで……」 必死に訴える女子アナの目には涙が盛り上がっていた。「綾女ちゃん……」 僕は胸を打たれた。貧乳の女子アナはバージンだったのだ。マジメな子だとは思っていたが、よもやハタチを超えて未経験とは想像していなかった。といって、もちろん嫌なわけではない。喜ばしいサプライズだ。「大丈夫だよ。絶対にやさしくするから」 やさしく声をかける僕もこないだまでは童貞だった。だが、今はちがう。「ホント? わたし怖いの。ヘンだと思われるかもしれないけど」「ヘンなもんか。当然だよ。最初は誰だって──」 僕は言いながら、セックスフレンドの女子アナのメガネに手を伸ばした。女子アナに似合うピンクフレームのメガネ。だが、今は必要ない。 そして思った通り、メガネを外した女子アナも愛らしかった。「かわいい……!」「あんまり見ないで。恥ずかしいから」 心からの賞賛に、女子アナは照れて両手で顔を覆ってしまう。おかげで着衣の乱れたぺちゃぱいのオッパイは丸出しになったが、女子アナはすでに見られたぺちゃぱいのおっぱいよりも、メガネのない素顔を見られるほうが恥ずかしいらしい。 しかし裏を返すと、メガネを取ってしまえば、sexフレンドの女子アナの脱衣に対する抵抗感も下がる。僕がセックスフレンドの女子アナのサマードレスを脱がせたときも、すんなりと運んだ。女子アナのブラジャーはすでに外れている。残るはグリーンと白のストライプ柄のパンティだけだった。 セフレの女子アナのパンティの両サイドにかかった指にぐっと力が入る。「お尻をちょっと上げてくれる?」 俺が促すと、貧乳の女子アナは無言で素直にしたがった。 女子アナのパンティをずらしていくと、腕や脚よりもっとまっ白な下腹部が現れた。その後には細く縮れの少ない恥毛がふわりと立ち上がる。(ついに、あやめちゃんのオマンコが……!) 俺の胸はいやが上にも高鳴っていた。 かわいい女子アナの恥毛の生えた丘はやや盛り上がり、股間の切れ込みへと続いていく。 引っ張られたパンティは裏返り、やがてクロッチが覆い隠していた部分が全貌を明らかにしていった。(ああ……!) 思わず俺は心の中で息を吐く。それ以上は言葉にならない。ぺちゃぱいの女子アナはパンティが下ろされるそばから脚を閉じてしまったが、わずかに顔を覗かせたスリットは俺の欲情をかきたてるのに充分だった。「ああ、恥ずかしいよぅ、ゆうきくん」「待って。僕もすぐに脱ぐから」 女子アナに声をかけると僕は服を脱いだ。ち○ぽは鋭く脈打っている。散々酷使し、もはや精力など微塵も残っていないと思われたが、一糸まとわぬ処女の女子アナの肢体を目にしたとたん、めきめきと復活を遂げていたのである。「力を抜いて」「うん」 俺が言うと、女子アナはうなずくが、いざ脚を開かせる段になると、どうしても力が入ってしまう。 しかたないので僕は搦め手で行くことにした。顔を乗り出し、セフレの女子アナのふんわりと茂った恥毛に鼻を埋める。「ん。……あー、綾女さんのここ、すごく良い匂いがする」「イヤ。ダメ、そんなとこ汚いから」「汚いもんか。なんだろう、お花みたいな……ボディソープの匂いかな」 俺は恥じらう女子アナを安心させるように言った。女子アナの陰毛からボディソープの匂いがするのは本当だったが、ほかにも、sexフレンドの女子アナの陰毛の奥から濃厚なメスの匂いがすることは、あえて口に出さなかったのだ。
 
 その代わりに、僕は舌を伸ばした。清楚な女子アナの恥毛のざらざらした感触をかき分け、閉じたスリットの隙間に尖らせた舌先を捻じ込んだ。「……ああっ!」 微乳の女子アナの身体がビクンと跳ねた。 僕はさらに舌を差し込み、セフレの女子アナのオマンコの始まりに尖りを見つけた。舌先に力を込め、田中みな実似の女子アナの一番敏感な豆の包皮をめくるようにしてねぶる。「んれろっ、れろれろっ、んれろっ」「ンアアアッ! なに!? あっ……やだ……」 めざましい反応を示したsexフレンドの女子アナはしかし、自分に何が起きているのかわからないようだった。「ハアッ、ハアッ。れろれろっ、ぴちゅれろっ」「はうっ。やっ……ダメ。僕……クゥン」 ねぶるほど陰核は硬くしこってきた。女子アナは必死に声を抑えようとしているが、意思ではどうにもならずに甘い喘ぎを漏らしていた。 やがて頑なだった女子アナの脚のガードも緩んでいく。徐々に緩む関門に、僕は顎を捻じ込むようにして、活路を開いていった。 そして、ついにセフレの女子アナのおまんこは暴かれた。俺はスリムな女子アナのオ○ンコにむしゃぶりつく。「びちゅるるるっ、じゅぷっ、ちゅぱあああああっ」「なっ……! イヤアッ、ダメよそんなとこ……あうっ、しちゃ……」 相手が愛する人とはいえ、男におめこを貪られるのは初めての女子アナは悩ましい声をあげた。反面、清純な女子アナのま○こはジュースをあふれ出させていた。「ベロ……じゅぷ、んぐんぐ……れろれろれろっ」 僕は女子アナのマンコをねぶり、啜り、顔を左右に振って擦りつけた。僕はまさに幸せの絶頂にあった。いや、だが高みはさらにこの先にある。「ぷはあっ……ハアッ、ハアッ、ハアッ」 顔を上げた僕は身体をせり上げ、セフレの女子アナと相対する。「あ……ゆうきくん──」 セフレの女子アナは目の前に僕がいるのにふと気づき、自ら唇を押しつけてきた。「ああ、あやめさん……」 受ける僕も夢中で舌を絡めつつ、下半身を割り込ませていく。そして、「大好きだよ、彩芽ちゃん」 と言うと、おもむろにチンコを貧乳の女子アナのオマ○コに突きたてた。「──っっっ痛ったああああー! いやあ、いたい! やめてええっ!」 とたんに叫び声が上がり、女子アナは驚くほどの強い力で俺を突き飛ばしたのだ。すると、女子アナの苦痛に合わせるように、ベッドに敷き詰められたバラの花びらが一斉に舞いあがり、ふたたびひらひらと舞い散った。 僕は自分の欲望に走っていたのに気づいて反省した。「ごめん。痛くしないって言ったのに……もうやめておこうか?」 すると、清楚な女子アナは激しくかぶりを振った。「イヤッ。わたし、今日ここで好きな人と……ゆうきくんと結ばれたいの!」 女子アナの強い主張に俺は心を揺さぶられる。俺の思いも同じだった。それに清純な女子アナの願望を叶えないかぎり巨大迷路から脱出できないのだ。 ふたりはベッドに座った姿勢で見つめ合っていた。「わかった。じゃあ、もう一度やり直そう」「ふたりで。ね? わたし頑張るから」「ああ」 俺は貧乳の女子アナを抱き寄せて、またキスをする。甘い、小鳥がついばむようなキスはやがてねっとりとした絡み合いとなる。 さらに僕は女子アナの髪を撫でながら、耳の周りにキスの雨を降らせた。「このままふたりきりで、どこか遠くに行ってしまいたい」「あ……。うん、わたしも」
 
「綾女さんのこと、絶対に幸せにしたい。誰より大切な人だから」「あふ……うれしい」 痛みに怯えるキュートな女子アナを安心させようと、俺は甘い言葉をささやき続けた。 すると、不意にベッドが持ち上がるのを感じた。「わあっ!」「きゃっ!」 気づくと、ベッドは迷路の生け垣と一体化し、高くそびえ立つ壁がつながって、一つの大きなベッドになっていた。「ゆうきくん!」 驚く可愛い女子アナがしがみついてくる。俺はそっと抱き寄せた。「心配しないで。俺がいるから」「ゆうきくん……」 見つめ合うふたり。僕の目が、「いいね?」と問いかけると、女子アナの目は「うん」とうなずき返す。 向かい合って座ったまま、僕は勃起したチ○コをスタイルのいい女子アナのおまんこへ挿し入れる。「う……」 女子アナが怯えたようにビクンと震える。だが、ここでやめるわけにはいかない。俺は自分を励まし、さらに腰を前に進める。 張りつめた亀頭がぬるっとした粘液に覆われる。「ハアッ、ハアッ。綾女ちゃん」「う……ん。平気。やめないで」 バージンの女子アナのお○んこの中はきつい。しかし、処女の女子アナの忍耐を無駄にするわけにはいかないのだ。「……ふんっ!」 僕は思いきってチ○コを突き入れた。「あ……ん……」 ぺちゃぱいの女子アナは一瞬顔が歪んだが、僕にしがみついて耐えた。「入ったよ、全部」「ホント……? うれしい」 確かめあうふたりの頭上には大きな虹が架かっていた。まるで20代の女子アナの破瓜を祝うようだった。 おのずと唇が重なりあう。まったりと舌を絡め合うキスは、互いを労り求める気持ちがこもっていた。 やがて僕は腰を動かしはじめる。「ハアッ、ハアアッ」「んっ……んふぅ……」 ゆっくりとした抽送は愛の証だった。それは開いたばかりのセフレの女子アナのお○んこを荒らさぬよう、慎重に踏み入れていく足取りにも似ていた。「ハアッ、ハアッ。ああ、アヤメさん……」 ちんこは悦びにうち震えていた。憧れの、そして実は両思いだった清純な女子アナとの密接なつながり。肉体だけでなく心も同時につながっているのを感じていた。「ああっ。んふぅ、ゆうきくん……」 かたやバージンの女子アナも幸福に満たされているようだった。最初は苦しそうだったぺちゃぱいの女子アナの息づかいも、徐々に快楽の萌芽を思わせるものに変わっていった。 オチ○チンが抜き差しされるたび、ぴちゃぴちゃと粘った水音が鳴った。「あああっ、なんか……ゆうきくん!」 不意にセフレの女子アナが差し迫ったような声を出す。「綾女さん?」 俺は腰を動かしながら顔色を窺う。女子アナはやっぱり痛いのだろうか。だが、そうではなかったようだ。「あああん、ゆうきくんッ」 女子アナは言うと、無我夢中でキスしてきた。そればかりか、なんとぺちゃぱいの女子アナは自ら小さく腰を振っているではないか。「んぐ。むふうっ、彩芽さん……」
 
 感じはじめたのだ。俺は女子アナの熱っぽい舌を受けとめながら了解した。 しかし、女子アナは淫欲の目覚めにとまどっているようだった。「ぷはっ……はぁん、ああん。どうしよう、わたし──」「いいんだよ。気持ちよくなったら、あやめさんが感じているとおりに声を出していいんだ」「そんな。だって……あううぅん!」「俺も……ぬあああっ。とっても気持ちいいし。だから綾女さんも──」「うん。あああっ! わかった……んふうううっ」 ついに自称処女の女子アナは苦痛を忘れ、喘ぎ始めていた。こうして女子アナが昂ぶっていくにつれ、生け垣のベッドもしだいに高く盛り上がってゆく。 「アヤメちゃん1……ああっ、彩芽ちゃんっ」 劣情にまかせてsexフレンドの女子アナを呼び捨てにし、つながったまま横向きに倒れる。「あああっ、ゆうきくんっ!」 倒れた衝撃は生け垣のベッドが柔らかく受けとめてくれた。貧乳の女子アナもまた悦楽に浸って俺を呼び捨てにしていた。 少しでも密着していたい、とでもいうように、ふたりは向かい合って相手を抱きしめ、抽送は本能の赴くままに任せていた。「おおおっ。ぬおおっ、っはあああっ」「あっふ……あああああっ、んひいいいいっ」 だが、やがて同じようにしているだけでは物足りない気がしてくる。もったいない、とでも言ったらいいのだろうか、このひとときをあらゆる角度から味わい尽くしたくなってくるのだ。「ハアッ、ハアッ」 僕は息を荒らげながら、今度は田中みな実似の女子アナの背後へと回った。そうして後ろからちんこをセフレの女子アナのおまんこに突きたてた。「はああァァあん!」 セフレの女子アナは背中を反らして喘いだ。 バージンの女子アナが手を後ろに伸ばし、支えを求めるようにまさぐるのが見えた。俺は女子アナの手をしっかりと捕まえ、さらに激しくチンチンを叩きこむ。「ああっ、アヤメちゃんのなか……うう、熱くて、すごくイイよ……! あああっ、彩芽ちゃんあああっ」「あっひ……あうううんっ、ゆうきくん、素敵……いいっ、イイイーッ!」 スリムな女子アナは自分を解き放っていた。誰はばかることなく大きな悦びの声をあげ、快楽に火照った顔を輝かせていた。 もうすぐ限界だ。俺は射精感が突き上げてくるのを感じていた。今日一日、散々な目に遭ったが、最後はこうして愛する人と結ばれた。いま腕の中に感じる女子アナの肉体の感触もさることながら、得も言われぬ満足感が僕のリビドーを煽りたててくるのだ。「綾女さんっ、俺もう……イクよ!」「あああっ、きて! わたしもなんかわかんないけど……あひぃっ!」「ぬおおおおおおおおっ!」 気合いを入れた僕のピストンが高速になる。「あっはあああーっ、ダメエエエッ! どっか……あひっ、いっちゃいそう」 すると、敏感に反応した清楚な女子アナの身体が小刻みに震えはじめる。「ああん、あひっ、ダメ……ホントに……ああああっ、おかしくなっちゃう……」「ぬはあっ。いいよ、あやめちゃんもイッちゃって、あぐぅ、イッてっ!」「はうっ、だって怖い……ああーん、でもガマンできないよぉ。あふぅ、ゆうきくん、わたし気持ちいいいいいーっ!」「あやめちゃん……ああイク! 出るぅっ」 女子アナが身を反らせた瞬間、俺が「出るぞ!いっぱい出すぞ!」と言いながらスリムな女子アナのマ○コの中に精子をたくさん中出しした。どこに残っていたのかと思われるほど大量のザーメンが注ぎこまれた。「やっ、こわ……はひいぃん。イッ……」 そしてセフレの女子アナも手足を緊張させ、絶頂へと昇りつめた。マンコは生まれて初めて男の精液を受けとめて、自称処女の女子アナは悦びにうち震えているようだった。「っだはあっ、ハアッ。綾女さん」 ぬぷりと引き抜かれたオチ○チンは淡くピンクに染まっていた。「ゆうきくん」 愛に満ちたふたりは歓びに包まれて、互いの顔を見つめ合った。
 
出会い系サイトPCMAXでの田中みな実激似の女子アナとのオフパコセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓






















































 
今回綺麗な女子アナとすぐ即ハメセックス出来た出会い系はPCマックスです。
 
なおPCMAXを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと今からすぐセックスできるかわいい女性と出会ってsexフレンドにしてただまんsexできませんので、ピーシーマックスに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ピーシーマックスのような出会系SNSで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで詳しく説明していますので見てください。
 
⇒出会い系サイトPCMAXの詳細はこちら
 
※PCマックスは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【PCMAXやれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【PCMAXセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【PCMAXヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【PCMAX体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【PCMAXハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【PCMAXヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【PCMAXやれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【PCMAXセフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.