deaikeitaiken_novel

【出会い系大人の関係】セックスレスの巨乳美魔女とタダマンsex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
自分は飽きもせず出逢い系SNSでかわゆい女の子と即会いして、はめ撮りエッチをやってヤりまくっています\(^o^)/
 
さて、今回は出会いやすい有名な出合い系コミュニティのJメール(jmail)で出会った西田ひかる似のセックスレスの巨乳美魔女と奈良県天理市で会ってセフレにしてすぐ即ハメエッチをしてきたのですが、ハメ撮り写メがいっぱい撮れましたのでレポします。
 
※この記事にはアダルトなセックスのはめ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出逢い系サイトのJメールで出会った女は美熟女で、名前は一恵ちゃんといい、顔は西田ひかる似のすんげえ美人でした(*^^*)
 
出会い系サイトミントC!Jメールでの四十路の美熟女のプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトJメール(jmail)での清楚な美熟女の掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
美魔女とは、であいけいサイトのJメール(jmail)で知り合ってラインでやり取りした後、天理駅周辺の高級串カツ居酒屋に飲みに行った後ホテルOKとのことだったのでいつものようにラブホテルに行ってはめどりセックスをしました。
 
「なんだか急に気分がよくなっちゃった。もう一軒行っちゃおうか?」「やった、嬉しいです」「じゃあ、思いきり大人っぽいバーにでも連れていってあげる」「ありがとうございます。お願いします」 だが……。 カツカツとハイヒールを鳴らして歩く美熟女の後に続き、雑踏を進んでいったところで、急に体の異変が訪れた。 いや、体というか頭だ。たった二杯だけ飲んだ冷酒が、急にまわりはじめたのである。 おまけに、奈良県天理市の天理駅周辺の奥に進んでいくと、キャバクラやフーゾク店が目立ちはじめ、歩いている人たちの格好がにわかに派手になっていった。異界にまぎれこんでしまったみたいだった。息が苦しくなっていく中、遠くにラブホテルの看板が見えた。 そこに行けば人心地がつけると思った。 いや、セフレの美魔女とラブホに行かなければならないという強迫観念じみた感情が、体の底からものすごい勢いでこみあげてきた。「待ってください」
 
 俺が立ちどまると、「えっ? どうかした?」 セフレの美魔女も柔和な笑顔を浮かべて立ちどまった。「ちょっといいですか……」 俺は人混みを避け、細い路地に少し入った。「なによ? どうしたの?」「大人っぽいバーもいいですが……」 僕は息を呑んで言った。「そういうところに連れていってもらいたい気も、すごくするんですか……」「なによ。他に行きたいところがあるの?」 熟女が苦笑する。「ラブホ……」「えっ?」「ラブホテルに行きたい、一恵ちゃんと……」 二杯の冷や酒が言わせた台詞だった。 沈黙が訪れた。 僕の頭の中はぐるぐるまわっていた。  セックスフレンドの美魔女の表情がにわかに険しくなっていく。 失敗したかもしれない、と思った。 美魔女のような美人の顔は怒ると怖い。夜叉のようになる。せっかくいい雰囲気だったのに、なにもかもすべてぶち壊してしまったのだろうか。「どうして?」 セフレの熟女は静かに訊ねてきた。「どうしてそういうこと言うの? わたし、そんなに軽い女に見えるのかしら?」「そうじゃありません……」 僕はあわてて首を横に振った。「俺……僕、なんていうか、その……エ、エッチがうまくなりたいんです……経験が少ないから、大人の女の人に教えてほしいんです……男と女の愛しあい方を……和江さんなら、教えてくれそうかなって……思って……」 再び重苦しい沈黙が訪れた。 熟女は、ふうっ、とひとつ溜息をつくと、「ついてきなさい」 西田ひかる似の熟女はカツカツとハイヒールを鳴らして歩きだした。向かっていく先は、ラブホテルの看板があるほうではなかった。クルマが入れる道まで出て、40代の熟女は手をあげてタクシーをとめた。「乗りなさい」 うながされ、俺は後部座席に乗りこんだ。一瞬、ひとりだけ先に帰されるのかと思ったが、美魔女も乗りこんできた。 向かった先は、熟女の自宅だった。 ひとり暮らしのマンションの部屋で、フローリングの1LDK。僕が住んでいるボロアパートとは比べものにならないが、意外に質素だった。「どうぞ」 うながされてコタツに入った。熟女の美貌とコタツというのも、なんだかちょっとミスマッチだ。「エッチがうまくなりたいのね?」 セックスレスの熟女は立ったまま腕組みし、険しい表情で言った。部屋まで連れてきてくれたのに、ぺちゃぱいの美魔女はどういうわけか怒っていた。すんなりとセックス・インストラクターを務めてもらえるわけではなさそうだ。
 
「は、はい……」 僕は身をすくめてうなずいたった。「図々しいお願いなのは承知しておりますが……でも、その……」「言い訳はいいの」 40代のおばさんは俺の言葉を制した。「でも、自分の願いを叶えてもらえるわけだから、わたしのお願いも叶えてもらえるわけよね?」「えっ……」 僕の顔はこわばった。嫌な予感がした。背中に冷たい悪寒がゾクゾクと這いあがっていく。「ど、どんなお願いでしょうか……」「叶えてくれるのかくれないのか、先に返事してちょうだい」「か、叶えるのは、やぶさかじゃないっていうか……」「はっきりしなさい!」「な、なんでもします……」 言うしかなかった。なにをさせられるのかわからなかったが、もはや後戻りはできそうにない。「なんでもしますから……そのう……」「ちょっと待って」 セフレの美熟女は寝室に行き、服を片手に戻ってきた。「わたしはこれを着てエッチがしたいの」 服は紫色のワンピースだった。キラキラした素材でミニ丈のようだ。少し派手だが、どういうわけかセックスレスの熟女はひどく恥ずかしそうに頬を赤くしている。「ボディコンよ」「ああ……」 俺はうなずいた。「昔流行ったやつですよね、ディスコとか流行った時代に。そういうのが趣味なんですか?」「違うわ。」 俺は訳がわからなくなった。清楚な熟女はプンプン怒っている。なのに、それを着てエッチがしたいとはどういうことなのだろう。「でも……でもね、ひとりでちょっと着てみたら、たしかに似合うし……露出が多いからなんだかおかしな気持ちになっちゃって……でも、いまどきボディコンなんて外で着れないでしょ? これを着ると、思った以上にエッチな女になれそうなのよ……もうひとりの自分に変身できるっていうか……」「着てください」 俺は大きくうなずいた。「俺もかずえさんがそれを着たところ、見てみたいです。きっとすごくセクシーだろうから……」 視線と視線がぶつかった。 空気がおかしくなっていく。 きれいな美熟女は気まずげに目をそらすと、「じゃあ……ちょっと待ってて」 大きく息を呑み、寝室に入っていった。  「いいわよ。こっちに来て」 寝室から美魔女の声がしたので、俺は立ちあがった。 二十分近く待たされたが、いまだ頭の整理はできていない。セックスレスの美魔女がなにを考えているのか、いまひとつピンとこないまま、寝室のドアを開けた。
 
 西田ひかる似の美魔女が立っていた。 妖しい光沢がある紫色のボディコン・ワンピースを着ていた。ほとんど露出された美熟女の両脚がキラキラ輝いているのは、ストッキングのせいだろう。美熟女の腰の位置が高いのは、ハイヒールまで履いているからだ。 部屋の照明は、スタンドだけだった。薄暗い中でモデル立ちしている熟女は、バブル時代からやってきたように、好景気時代の濃厚な色香を纏っていた。(こりゃあ、たしかに……) セックスフレンドの美熟女はそのままの格好で、外に出ていくことはできないだろうと思った。スカートの丈はかろうじて太腿の付け根を隠し、美魔女の貧乳の乳房は寄せてあげられて谷間をこれでもかと強調され、まるで「わたしは発情しています」と宣言しているようなものである。「どう? 似合う?」 セフレの熟女がささやき、「ええ……」 俺はうなずいた。「怖いくらいに似合ってます」 美魔女の顔立ちの美しさやスタイルのよさに加え、大人の女の生真面目さが、美熟女の表情にはあった。清楚なおばさんの表情と発情丸出しのボディコンとのギャップが、強烈なエロスを発していた。「来なさい……」 清楚な熟女に手招きされ、おずおずと近づいていく。香水の匂いがする。間近で見るとボディコンは、美魔女の体の悩ましい曲線美を徹底的に露わにしていた。「キスしてよ……」 美魔女は瞼を半分落として言い、俺はごくりと生唾を呑みこんだ。覚悟を決め、顔を近づけていく。美熟女の唇が異様に赤いのは、口紅を引き直したかららしい。それが半開きになって、舌入れキスを誘ってくる。「……んんっ!」 唇を重ねた。美魔女がすぐに、ヌルリと舌を差しだしてきたので、俺も口を開ける。ネチャネチャと下品な音をたてて、舌をからめあう。(やばい……やばいぞ……) ほんの少しおばさんと舌をからめあっただけで、僕はうっとりしてしまった。おばさんの装いのせいだろう。出会い系サイトのミントC!Jメールで出会ったこんな美人で、セクシーな格好をした女とキスをするなんて、オ○ニーのときですら妄想したことがない。現実感がわいてこない。まるで夢の中でキスをしているみたいだ。「……ねえ、見て」 唇を離し、清楚な熟女がささやいた。視線の先にあったのは姿見だ。(うわあっ……) 僕は顔を赤くした。「服、脱いじゃえば?」 おばさんにうながされ、「は、はい……」 俺はあわててブルゾンから脱ぎはじめた。貧相な格好を咎められた気がしたからだが、熟女の目的はどうやらそうではなさそうだった。「それもよ、パンツも脱いで全裸になりなさい」「マ、マジすか……」 弱った顔で言いつつも、スタイルのいい美魔女には逆らえなかった。なにしろ、かわゆい美熟女にはこれからセックスについていろいろ教えてもらわなければならない。言ってみれば、先生のようなものなのである。「いい感じよ……」 細身の美魔女が姿見を見てクスクスと笑う。 僕も恐るおそる姿見に目を向けた。全裸でチンポをそそり勃てた若い男が、ボディコン姿の大人の美女の前で背中を丸めている。清純なおばさんはハイヒールを履いているから、背中を丸めた僕より背が高い。
 
 あまりにも情けないツーショットだったが、猛烈にいやらしかった。どういうわけか、いけないことをしている気分になった。背徳感を揺さぶられ、勃起しきったチ○コが、釣りあげられたばかりの魚のようにビクビクと跳ねた。「エッチについて教えてほしいのよね?」 西田ひかる似の美熟女が訊ねてきたので、「は、はい……」 僕は蚊の鳴くような声で答えた。「わたしの考えは、こう。フ○ラチオを制するものがエッチを制する」「はっ?」「オーラルセックス……口や舌でする愛撫のことよ。つまり、フェラとクンニのこと」「な、なるほど……」「男を離したくなかったら、フェラなのよ。料理でもオシャレでも愛嬌でもなくて、フェラ。別れ話を思いとどまらせるのは、フェラ。男も同じよ。お金がなくても不細工でも、クンニさえうまければ大丈夫。まあ、あんまり若い子が相手だとダメだけど、大人の女なら、クンニでたいていのことは解決するから……」「そ、そういうものですか……」 僕はうなずきつつも、半信半疑だった。 それに、僕自身、フェラチオをされたことがない。ついこの前まで素人童貞だったからしかたがないが、フェラとはそれほどまでに魅力的な愛撫なのか。sexを差し置いてまで、強調されるべき技なのか。「なによ?」 セックスレスの美魔女がキッと睨んでくる。「全然信用してない顔してるじゃないの」「いや、その……すみません……」 僕は背中をますます丸めて謝った。「実は俺、フェラもクンニも経験ないから……」「まさか童貞?」「いえ、それは……一回だけ、経験はあるんですが……」「ふうん」 セフレの美魔女が目を細めた。黒い瞳がねっとりと潤み、にわかにいやらしい顔つきになった。「じゃあまず、フェラから経験さえてあげようかしら……」 40代の熟女は低くささやき、俺の足元にしゃがみこんだ。姿見に、清楚な美魔女の片膝を立てたボディコン姿が映っていた。それを見ただけで俺は、身震いするほど興奮してしまった。「ふふっ、立派じゃないの……」 熟女はまじまじと見つめ、ふうっと生温かい吐息を吹きかけてくる。続いて細指が根元にからむ。ち○ちんの硬さと太さを確かめるように、すりっ、すりっ、と西田ひかる激似のおばさんの手筒がストロークを刻む。「うううっ……」 僕は、早くも両膝を震わせた。40代の美熟女の根元に添えるようなつかみ方も、手指の動かし方も、カノジョとはまったく違っていやらしすぎる。 セフレのおばさんはさらに、両手をひらひらと蝶のように躍らせて、そそり勃ったオチンチンに近づけてきた。 触るか触らないの絶妙なタッチで、セックスレスの美熟女にくすぐるように刺激された。ほんのちょっとした刺激なのに、触られるとビクンッと腰が動いてしまう。先端から、じわりとカウパー液を噴きこぼしてしまう。「フェラがうまい女はね……」 美魔女は眉根を寄せた顔で舌なめずりをした。「唾液をたくさん出せる女なの……わたしはすごいのよ……その気になると、口の中がびしょびしょになっちゃうの……おま○こみたいにびしょびしょに……」 熟女はピンク色の舌を差しだし、ペ〇スの裏側から亀頭の裏側にかけて、ねっとりと舐めあげられる。「むううっ!」 俺はのけぞった。一発で、情けなく丸めていた背中がピーンと伸びた。
 
 スタイルのいいおばさんの舌の生温かい感触が、衝撃的だった。 それは先ほど、キスをしてからめあった舌のはずだった。 なのに違う。 オチ○チンを舐められると全然違う。 しかし、その感触をじっくり味わっている暇は与えられなかった。「ぅんんっ……ぅんああっ……」 清純な美熟女は鼻息をはずませて、舌を躍らせてきた。セックスフレンドの美魔女の生温かくねっとりした舌が、亀頭の上をペロペロと這いまわり、みるみる唾液にまみれさせていく。自分のチ○コが自分のものとは思えないくらい、妖しい光沢を纏っていくのを眺めながら、俺はほとんど呆然としていた。 さらに、アラフォーの美魔女の口の中に咥えこまれる。 まずは亀頭の半分くらいを出したり入れたりされた。奇麗な美魔女の吸ってくる唇の動きと、チロチロと小刻みに左右する舌先の動きが、目もくらむほどいやらしい。「ぅんんっ……ぅんぐぐっ……」 熟女は美貌がいやらしく歪むのもかまわず、じわり、じわり、と深く咥えこんでいく。四十路のおばさんのつるつるした唇の裏側が、敏感なカリのくびれをこする。欲求不満な美魔女はさらに呑みこみ、ねちっこく唇をスライドさせてくる。「むううっ……むうううっ……」 僕は首に何本も筋を浮かべて唸った。鏡を見なくても、自分の顔が真っ赤になっていることがわかった。それくらい熱くなっていた。 おばさんはたしかにうまかった。 モテたければフェラだ、フェラテクを磨き抜くんだ……。 しかし……。 美魔女のフェラは、まだまだ奥行きがあるようだった。「ぅんんっ……ぅんぐぐっ……」 熟女はねちっこく唇をスライドさせながら、右手でチンポの根元をしごいてくる。貧乳のおばさんのしごき方が、自分でやるよりずっと気持ちいい。ぺちゃぱいの美熟女の左手では、玉袋をあやしてくる。痛くないぎりぎりのところで、ぎゅっ、ぎゅっ、とつかまれると、舐めまわされているちんちんがぐんぐん硬くなっていく。 まだだ。 さらに清純な美魔女のフェラには必殺技があった。 いままで密着していたおちんちんと口内粘膜の間に少し隙間をつくり、清楚な美魔女の口内で大量に分泌させた唾液ごと、じゅるっ、じゅるるっ、と吸いたててきたのである。「むむっ……むむむむっ……」 俺は恥ずかしいほど身をよじり、両膝をガクガクと震わせた。立っているのが激しくつらかったが、どうにもできない。ただ翻弄される。快楽に揉みくちゃにされる。 美魔女にじゅるっ、じゅるるっ、とチンポを吸いたてられるたびに、気が遠くなりそうな愉悦が押し寄せてきた。全身が燃えるように熱くなり、チン○ンの芯がうずうずと疼きだす。 掻痒感にも似たその疼きは、射精の前兆に他ならなかった。 出てしまいそうだった。 尻をつねって必死にこらえた。 しかし、それにも限界がある。 無理だ。 セフレの熟女のこんな気持ちのいいフ○ラで暴発を耐えきるなんて、男には無理だ。「……はい、おしまい」 唐突に、夢の時間は打ちきられた。「これ以上すると、出しちゃいそうでしょ?」 清楚な美魔女が上目遣いでニンマリと笑う。 なるほど、すべてはお見通しというわけらしい。(べつに……べつに出しても大丈夫なのに……) 僕は泣き笑いのような顔で、ハアハアと息をはずませた。
 
 回復力には自信アリの十八歳だったが、美熟女に口内発射までお願いするのは、さすがに図々しくてできなかった。  「それじゃあ、今度はゆうきくんがわたしを舐めてくれる番よ……」 セフレの熟女が立ちあがる。 唾液で濡れた唇がぞくぞくするほどセクシーだ。(しっかりしろ……しっかりするんだ、俺……) 俺は必死に自分を鼓舞し、気持ちを奮い立たせた。 自分がいまここにいるのは、セックスのテクニックを磨くためなのだ。ありがたくも講師を引き受けてくれた四十路の熟女に、ヌイてもらうためではない。清楚な熟女のフェラチオはきっと偏差値七十を超えているだろうが、セックスレスの美魔女はヌイてなんぼのフーゾク嬢ではない。「一恵さんっ!」 俺は紫色のボディコンに飾られたsexフレンドの美熟女の体を抱きしめた。「いまのフェラ最高でした……今度は俺にクンニを教えてください……一生懸命頑張ります……」 言いながら、かわいらしい美熟女の豊かな微乳の乳房を揉みしだいた。「うん……」 微乳の美魔女の顔に困惑が浮かぶ。「ごめん。この服、胸をはだけることができないのね。ボディラインを綺麗に見せるために、服の中に体を押しこんでる感じだから……」「脱いじゃダメなんですか?」「できればこのままのほうが、わたしもエッチな気分でいられるし……胸は見せられなくても、下は大丈夫だから……」「はあ……」 僕は曖昧にうなずいた。つまりこういうことだろうか。西田ひかる激似のおばさんの服を脱がさず、ボディコンの裾をめくってクンニをしてほしいと……。 むらむらとこみあげてくるものがあった。 それはそれで、たまらなく燃えそうなやり方ではないか。「ベッドに行きましょう」 セックスフレンドのおばさんにうながされ、白いシーツの上に横たわった。光沢のある紫色のボディコンを着たおばさんが、ベッドに横たわっていると、それだけで鼻血が出そうなほどエロチックだった。激カワの美魔女はハイヒールを脱いだので、爪先がストッキングのナイロンに包まれていた。なにかが匂ってきそうで、生々しい女の色香を感じた。 僕はベッドの上に正座し、「失礼します……」 ボディコン・ワンピースの裾をめくっていった。熟女のむっちりした太腿がひどくそそった。頬ずりしたかったが、ひとまず我慢した。さらにめくりあげ、いよいよ細身の美魔女のパンティを拝めるぞと息を呑んだ瞬間だった。(う、うおおおおおおーっ) 俺は胸底で雄叫びをあげてしまった。 穿いていなかったからだ。 四十路の熟女はなんと、パンティを穿かず、パンティストッキングを直穿きにしていたのである。 ナチュラルカラーのナイロンに、欲求不満な美魔女の小判形の黒い陰毛が透けていた。押しつぶされた状態が、たとえようもなく卑猥だった。「ど、どうして……」 顔中をピクピクと痙攣させながら訊ねると、「だって……」 おばさんは気まずげに目を泳がせた。「この服、裾が異常に短いから……ショーツが見えたりしたら格好悪いじゃないの、パンチラなんて……」 嘘つけーっ、と僕は胸底で突っこんだ。 セックスのために着替えた衣装で、パンチラもへったくれもあるものか。
 
 セックスフレンドの美魔女は見せたかったのだ。 いやらしすぎるパンスト直穿きで年下の男を驚愕させ、挑発し、濃厚なセックスをしようという魂胆なのは目に見えている。 澄ました顔をしていても、熟女はドスケベなのだ。 もちろん、ありがたい話である。 おばさんに挑発されたなら、それに乗るまでだった。「あああっ!」 両脚をM字に割りひろげると、美人のおばさんは声をあげた。 俺は、声さえあげられなかった。 それほど衝撃的な光景が目の前にあった。 黒い陰毛の下で、ナイロンに西田ひかる似のおばさんのアーモンドピンクのオ○ンコが透けていた。ただでさえ卑猥な色艶なのに、ナイロンの光沢によって、この世のものとは思えないほど淫らな姿になっている。「むううっ……」 躊躇うことなく激カワの美魔女のまんこに鼻面を突っこんだ。くんくんと鼻を鳴らして匂いを嗅いだ。こってりと濃厚な獣じみた発酵臭が、鼻腔に流れこんできた。「ああっ、やめてっ……嗅がないでっ……匂いなんか嗅がないでっ……」 美熟女は恥ずかしそうな声をあげ、いやいやと身をよじった。 しかし、これもまた「いやよいやよも好きのち」のひとつだろう。セフレの美熟女は「恥ずかしいけど感じちゃう」というやつだろう。「ダ、ダメよ、そんな……匂いばかり嗅がれたら恥ずかしいじゃないの……」 清楚なおばさんの言葉とは裏腹に、興奮が隠しきれていなかった。清楚なおばさんはハアハアと息をはずませ、目の下をねっとりと紅潮させている。くんくんと鼻を鳴らして匂いを嗅ぐほどに、獣じみた発酵臭が濃厚になっていく。 僕は舌を伸ばして微乳の美熟女のオマンコを舐めはじめた。 ナイロンに押しつぶされている西田ひかる似のおばさんのまんこを、ねろり、ねろり、と舐めまわした。「ああっ、いいわよっ……そういうの、いいっ……下着の上から舐められると、もどかしくてとてもいいのっ……」 微乳の美熟女はハアハアと息をはずませながらも、きちんとレクチャーしてくれる。ドスケベなのに律儀な性格である。(ありがたい話だよ、まったく……) ねろり、ねろり、とセフレのおばさんのおまんこに舌を這わせながら、俺は興奮の身震いがとまらなかった。ざらついたナイロンの感触が、美魔女のくにゃくにゃした花びらの舐め心地を、何倍にも卑猥にしているようだった。パンスト直穿きでベッドインしてくれるセフレの女なんて、そう簡単には見つからないはずだから、これは貴重な体験だった。全身全霊で味わわずにはいられなかった。「あああっ……はぁあああっ……」 僕の情熱的な舌使いに、セックスフレンドのおばさんの呼吸が高ぶっていく。のけぞりながらガクガクと腰を揺らし、熟女は股間を僕の顔にこすりつけてくる。「……いいわよ」 清純な美魔女はハアハアと呼吸をはずませながら言った。「ストッキング……破ってもいい……」 マジすか、と僕は身を乗りだした。 もしやという期待はあったものの、そこまでさせてくれるとは、ありがたすぎて涙が出てきそうだ。「い、いきますよ……」 ナイロン被膜をつまみあげ、指先に力をこめた。ビリビリッ、とサディスティックな音を鳴らし、おばさんの股間に穴を開けてしまう。その音や行為にも淫らな興奮を覚えたが、(おおおっ……) ナイロン被膜の下から現れたものの衝撃度は、それ以上だった。 美熟女のオマンコが、くにゃくにゃと縮れながら身を寄せあい、蜜にまみれた姿に息を呑んでしまう。「ああっ、よく見て……」 美魔女の指がその部分に這ってくる。「おちんちんと違って、女のものは繊細で複雑で敏感だからね、できるだけ丁寧に扱うこと……」 美しい美魔女は言いながらまんこの割れ目に二本指をあてがい、ぐいっとひろげる。逆Vサインの間から、薄桃色の粘膜がこぼれでる。
 
「大きな花びらも、小さな花びらも、全部性感帯。でも、いちばん感じるところは……」 アラフォーのおばさんのまんこの肉の合わせ目をいじり、包皮を剥いた。「ここ……クリちゃん……」「むううっ……」 僕は目を見開いて凝視した。ペロリと包皮を剥かれて出てきたのは、半透明な珊瑚色に輝く、小さな真珠のような陰核だった。「ここは敏感すぎるほど敏感だからね、最初は包皮を被せたまま舐め転がすの。自分から剥けてきたら、直接舐めて……」「わかりました」 俺は武者震いしながら欲求不満な美熟女の肉豆の顔を近づけていった。これはさっきのお返しだ。大量唾液を使った超絶フェラを経験させてくれたお返しに、スタイルのいいおばさんにもたっぷりと感じてもらいたい。 まずは熟女のマ○コから舐めはじめた。ナイロン被膜がなくなったぶん、舐め心地がぐっと生々しくなった。口に含んでしゃぶりまわすと、けっこう伸びた。セフレのおばさんのマンコは弾力も伸縮力もあり、いやらしすぎる味わいがした。「んんんっ……ああああっ……」 清楚な熟女が声をもらし、奥から新鮮な蜜があふれてくる。「いいわよっ……初めてにしては、とってもいいっ……」「そ、そうですか……」 気をよくした僕は、くなくなと舌を躍らせて、熟女の薄桃色の粘膜を舐めはじめた。ここには穴があるはずだった。(ここか? このへんか?) スリムな熟女のマンコを舌先で探っていくと、それらしき凹みがあった。ヌプヌプと舌を差しこんでいくと、「くぅうううっ……」 美魔女が白い喉を突きだしてのけぞった。 俺は、体の底からエネルギーがこみあげてくるのを感じた。どうやら、女を感じさせることは男のエネルギーになるらしい。ならば、もっと感じさせなければならない。もっとよがった熟女が見たい。 時が来たようだ。 熟女のいちばん敏感なところを責める時が……。 まずは貧乳の熟女の包皮を剥き、その姿を再度確認する。清純な美熟女のクリトリスは見れば見るほどつやつやと輝いて、宝石のようである。 いったん包皮を被せ、熟女のクリトリスをねちり、と舐めると、「あううううーっ!」 いままでとはあきらかに違う嬌声が、部屋中に轟いた。クリトリスにほんのワンタッチしただけで、清純なおばさんはガクガクと腰を震わせている。 なるほど、敏感な部分らしい。 美熟女の官能のスイッチボタンというわけだ。(よーし……) 大きく息を吸いこんで、肺に新鮮な酸素を溜めこんだ。これでしばらく息継ぎしなくていい。すべての神経を舌先に集中させ、ねろねろ、ねろねろ、とおばさんのピンク色の突起を舐め転がしていく。「はっ、はあああああっ……ダ、ダメよっ……いきなりそんなにしたらっ……ダ、ダメえええええええーっ!」 言葉とは裏腹に、熟女は美貌を真っ赤に燃やし、髪を振り乱してあえいでる。きっと、ダメになるほど気持ちがいいということだ。その証拠に、清純な美熟女のマンコの合わせ目からは、あとからあとから淫液があふれてくる。 俺は、清楚な美魔女のマンコからあふれたマン汁を、じゅるっ、じゅるるっ、と啜りあげては、一番敏感な豆をしつこく舐め転がした。啜るのは、美魔女の真似だった。効果は抜群で、微乳のおばさんはいやらしいほど身をよじり、下肢の痙攣がとまらなくなった。貧乳の美魔女はストッキングに包まれている太腿を、ぶるぶるっ、ぶるぶるっ、と波打つように震わせては、背中を弓なりに反らせていく。「も、もうダメッ……我慢できないっ……」 上体を起こした美熟女の顔は、なにかに取り憑かれたように怖かった。俺は生まれて初めて、大人の女が欲情しきった表情を目の当たりにしたのだった。おかげで身がすくんでしまった。その体を、美魔女が押し倒してくる。あお向けに寝かされると、美熟女はその上にまたがってきた。
 
 騎乗位の体勢だった。 セフレの美熟女はハアハアと息をはずませながら、両脚をM字に開いた。和式トイレでしゃがみこむような格好だった。「と、特別よ……特別サービスで、入れるところ、見せてあげるのよ……」 セックスフレンドの熟女は言いながら勃起しきったお○んちんをつかみ、切っ先をおめこの割れ目にあてがっていく。かわいい熟女は見るもいやらしい姿を披露して、大きく息を呑んだ。(見せたいくせにっ……本当は繋がるところを見てほしいくせにっ……) 俺は胸底で突っこみながら、結合部を凝視した。四十路のおばさんのマンコの花びらが、亀頭にぴったりと吸いついていた。 あまつさえ、清楚な美熟女は煽状的なボディコン姿なのである。パンティストッキングを破った小穴から、微乳の美熟女はお○んこだけを剥きだしにしているのである。「いくわよ……」 おばさんは興奮に上ずった声で言い、腰を落としてきた。はちきれんばかりにみなぎったチンコを、ずぶずぶとおまんこの割れ目に沈めこんでいく。「おおおっ……」 俺は目を見開き、口まで開いた。 だが、熟女は、一気に最後までは腰を落としてこなかった。「んんんっ……んんんんっ……」 清純な美熟女は眉根を寄せたせつなげな顔で、股間を上下させる。まんこの割れ目で亀頭をしゃぶりあげるように、微乳の美魔女は腰を動かす。そうやって肉と肉とを馴染ませてから、美魔女は最後まで腰を落としてきた。「ああああああーっ!」 眉間に刻んだ縦皺を深くして、きつく目をつぶる。美熟女は美形なだけに、喜悦を噛みしめている表情がいやらしすぎる。(食べられた……俺のオチ○チンが食べられた……) 僕は目と口を開いたまま、金縛りに遭ったように動けなくなった。正常位と騎乗位では、結合した感じがまったく違った。西田ひかる激似の美熟女は見た目は若いが、美魔女と言ってもいい年齢なので、おまんこも使いこまれているのだろう。西田ひかる似の美魔女のおまんこの内側の肉ひだが吸いつき、からみついてくる。処女の初々しさはないが、美熟女のいやらしさがある。「あああっ……ああああっ……」 僕に見せつけるように、清楚な熟女は腰をあげてはおろした。僕はもう、清純な美熟女のなすがままだった。おのがち○ぽがヌラヌラした蜜を纏い、美魔女のマンコを巻きこんで再び埋まっていく様子を眺めた。「あああああっ……いいっ!」 美魔女は噛みしめるように言うと、M字に開いていた両脚を前に倒した。もう我慢できない、と顔に書いてあった。可愛い熟女は左右の太腿で俺の体を挟むようにして、本格的に腰を使いはじめた。
 
出会い系サイトJメール(jmail)でのセフレのおばさんとの即ハメセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓






























































 
今回貧乳の熟女と即タダマンsex出来た出会い系はミントC!Jメールです。
 
なおJメール(jmail)を利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと今すぐsexできる美形の女性と出会ってsexフレンドにして即ハメセックスできませんので、ミントC!Jメールに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
Jメール(jmail)のような出会系アプリで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで分かりやすく解説していますのでご覧ください。
 
⇒出会い系サイトJメールの詳細はこちら
 
※Jメール(jmail)は18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.