deaikeitaiken_novel

【ハッピーメール体験談】川崎市でアラフォーの巨乳熟女と中出しsex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
管理人は日々出合い系サイトでかわゆい女の子と即会いして、タダマンセックスに励んでいます((^┰^))
 
さて、今回は知り合える違法でない出合い系SNSのハッピーメール(happymail)で出会った清純な熟女と神奈川県川崎市で会ってsexフレンドにして今すぐオフパコエッチをしてきたのですが、はめどり写メがたくさん取れましたので報告します。
 
※この記事には過激なエッチのハメ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会系マッチングサイトのハピメで出会った女は美魔女で、名前は真弓さんといい、顔は松嶋菜々子似の超絶美人でした(^^)
 
出会い系サイトハッピーメール(happymail)でのsexフレンドの美熟女のプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトハピメでの松嶋菜々子似の美熟女の掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
かわいらしい美熟女とは、出会系SNSのハピメで知り合ってラインでやり取りした後、川崎駅近辺のお洒落なイタリアンレストランに食事に行った後エッチしてもOKとのことだったのでいつも通りラブホテルに行って即ハメセックスをしました。
 
僕とスタイル抜群の熟女が神奈川県川崎市の川崎駅周辺のラブホの部屋に入った。どちらからともなく、今夜はずっと一緒にいたい気分になったのだった。交代でシャワーを浴びたあと、俺とかわゆい熟女は全裸でベッドに寝転がっていた。 間接照明だけの薄暗闇の中で、俺は、美魔女の手をチンチンに導く。「腕枕しているだけで、もうこんな状態になってるんだ」 すでにオチ○チンは一〇〇%に勃起していた。本当に青春時代のような、回復力と硬度を保っているのだ。「はぁああ、素敵。わたしもね、もう濡れてるし、sexがしたくなってるの。四十路をすぎたオバさんなのに、なんだか人生で初めて性欲ってものをわかったみたい」 清純な美魔女は俺のお○んちんをやんわり握りながら、尿道口から溢れるヌルヌルの我慢汁を、指の腹を使って亀頭に塗りつけた。「うううっ。マユミさんは、魅力的でオバさんじゃないから」 俺が四十路の美魔女のおめこのワレメに指を這わせると、お○んこから溢れた蜜汁でヌルヌルになっているのがわかった。「ああっ、嬉しい。わたしたち、エッチを覚えたてのバカップルみたいね」「いいじゃないか、年齢なんて関係ないさ。つまり40歳になってやっと、心と身体の相性が抜群の相手と巡り合えたってこと。きっとそうだよ」
「うん。わたしはゆうきさんと気軽に、なんでも言い合えるセックスがしたいな」「どういうこと?」「身体の相性を、とことん突き詰めたいというか……。最近ね、女からエッチフレンド関係を求める、ロマンティックコメディにハマッていてね。そういうのを、やってみたくなってたんだ。」「身体の相性を突き詰めるsexは、おれとしても望むところだ」 「ゆうきさんがしたいことを言ってね」「そうだなあ……」 急に言われて、考えがまとまらなかった。「まず最初は、やっぱりキスからだ」 僕はキュートな美熟女に顔を近づけて口づけをする。チュッと音をたてて唇を合わせた。チュッ、チュッと何度か繰り返すうちに、美魔女もバードキスをしてくる。しだいに唇が半開きになったので、ハムハムと甘がみした。だんだん俺とセックスフレンドの美魔女の唇を食べ合う感じになり、舌までもねっとり絡み合う。「はぅんっ、はぁうっ、んふぅ」 熱い吐息を漏らしながら、美形の美魔女は大胆に応えた。平たく伸ばした舌を舐め合ったり、お互いの舌を唇で捕らえてしゃぶったりもした。 さらに僕は、濃厚で美味しいキスに熱中しつつ、熟女の身体をまさぐる。推定Eカップの巨乳のオッパイと尻の双丘は柔らかめで、太ももや二の腕も思っていたよりムチムチしていた。 そんな、食べごたえのある欲求不満な熟女のボディを両手でしっかり味わう。どうせなら思う存分、松嶋菜々子似の美魔女の身体を可愛がりたいし、クンニもしたい。 僕のセックスプランもまとまり、ディープキスが一段落すると、松嶋菜々子似の美熟女は喘ぎ混じりにつぶやいた。「ああん。撫でられるの、気持ちいいな。もっといっぱいさわってほしくなる」
 
「おれも真由美さんの全身を、じっくり愛撫したくなってきた」 そう言いながら俺は、セフレの美魔女の肩と首のつけ根を軽く揉んでみた。「うふっ、マッサージされてるみたいで気持ちいい」「今ので閃いた。おれ、性感マッサージっぽいことがしたいな」「それって、エッチなマッサージのこと?」「正解」「いいよ。じっくりゆっくりされてみたいわ」「それではお客様、最初はうつ伏せになってください」 起き上がった俺は、どこから攻めようかとうつ伏せになった美熟女の肢体を観察した。(うーむ。じっくりゆっくりならば、やはり足からだな) そう思ってセフレの熟女の足と指の間に指を入れて広げ、さらに足裏を丁寧に指圧していった。そして左右の足裏を均等にマッサージしてから、足首と脹脛にとりかかる。揉んだり撫でたりしていると、清楚な熟女の心地よさそうな声が聞こえた。「本格的なのね。やっぱり、素肌を撫でられるのって気持ちいい」 性感的な要素はまったくないのだが、俺の手で丁寧に愛撫されている心地よさを味わっているようだった。「序の口だよ。これからマユミさんを、もっと気持ちよくしたいと思ってるんだ」 俺はセフレの美魔女の脹脛を跨いで、膝立ちになった。「じっくり、ゆっくり?」 セフレの美熟女の問いに俺は答えた。「もちろん」 俺は汗ばんでいるひかがみをくすぐり、巨乳の熟女のムッチリとした太ももの裏側に指を這わせた。尻とひかがみの間をゆっくりと何度も往復させつつ、内ももを羽毛タッチで撫でまわした。 汗が潤滑油になって、指にsexフレンドの熟女の肌が吸いついてくるのが素晴らしい。
 
もっと手を伸ばし尻肉を丹念に揉むと、熟女は悩ましい吐息を漏らした。「うふぅんっ、身体中が熱くなってきた」 細身の美熟女のこんもりした臀部にむしゃぶりつきたい衝動に駆られたが、性感マッサージの基本は焦らしなので我慢する。 それにしても薄暗闇の中、汗で濡れ光る熟女の生肌の感触はたまらない。揉み心地のいい清純な熟女の尻は柔らかいだけでなく、とてもしなやかな筋肉で構成されているのだとわかった。 尻の下部にあるオマンコは、陰毛が処理されているゆえにアケビという果物に似ていた。肉の花びらが合わさったオマ○コのワレメは、まるで水飴を塗ったようにテカッている。欲求不満な美魔女のマンコに顔を近づけると、百合のように濃厚な匂いが漂ってきた。 あとでたっぷり舐めるから待っててね、と心の中でお別れを告げ、腰から背中全体を指の腹や爪を使って撫でまわす。松嶋菜々子似の美熟女の肩や首筋はマッサージしてから、羽毛タッチで愛撫した。「なんだか、熱くなった身体中の力が抜けちゃう感じ」「きっと、おれの手とマユミちゃんの肌が馴染んできたからだ」 時間をかけてさわっていたら、どういう加減で撫でるとセフレの熟女が感じるのかがわかるようになってきた。「そろそろ、仰向けになっておくれ」 俺が声をかけると、清楚な美熟女はクルリと反転した。素晴らしく、愛欲をそそる肢体が目に飛び込んできた。 際立つのはキュートな美魔女のお○んこに生えている薄めの黒い繊毛と、くびれたウエストと推定Eカップの巨乳の胸で、ついつい見つめ続けてしまう。そんな僕のあからさまな視線に気づいたのか、熟女は笑顔で口を開いた。「わたしね、あんまり丁寧に愛撫してもらったことがないの」「離婚した旦那さんのこと?」「聞きたくない?」「いいや、過去のことだから大丈夫だよ。」
 
「よかった。前戯っていうとオッパイをチャチャッと揉んで、クリトリスをグリグリ擦るだけで、こっちが痛がってもおかまいなし。ちょっとでも濡れてるのがわかると、すぐ入れちゃうタイプだった」「もったいないな」「うふふ。今はゆうきさんが、どうやって愛撫してくれるのかなって楽しみっ」 美魔女はきっと、sexの上書きを望んでいるのだろう。俺は過去の男に勝ち、熟女にとって唯一の男になるために頑張りたかった。 巨乳の美魔女とだって、今夜が最初で最後になる可能性もゼロではない。ならば、後悔しないように挑みたかった。 美魔女の艶かしい姿態を心に刻みつけることはもちろん、未来永劫美熟女の記憶に残るような男になりたいと心を引き締めた。「でも、おれも最初は揉んでみたいかな」 僕は美魔女の巨乳の胸を愛撫するために、膝立ちのまま少々前にずれて、くびれの辺りを跨いだ。 重力で少々左右に流れている柔らかそうな巨乳のオッパイを、中央にまとめるようにもんだ。あずき色の乳暈に半分埋まっている、欲求不満な美魔女の大きめの乳首がやけに卑猥に見えた。「いやぁあんっ、いきなり?」「いろいろな方法で、感度チェックをしながらホットスポットを探すんだ」 ゆっくりとゴム巨乳のバスト全体を揉みほぐしながら、中指の腹でクニクニと乳首をこねまわした。みるみるうちに硬くなった乳首を、軽くつまんで引っ張って離す。何度か繰り返したあと、乳頭を爪でカリカリとむいた。「あっ、あっ、あっ、それ気持ちいいっ」 かわいい美魔女は胸を反らせて催促する。
 
だが僕は応えず、巨乳のおっぱいから離れて鎖骨に指を置いた。ジワジワと巨乳のバストを目指し、麓から乳暈までゆっくりと渦巻き状に指を這わせる。 たどり着いた乳暈の輪郭をなぞる。爪の部分を使って数周してから、乳首には触れずに麓に戻るという、一種の寸止め愛撫を何度か繰り返した。「うふぅううんっ、丁寧に焦らされてる感じがたまらないわ」「感度がアップするよな」 そう言って俺は乳頭に指を置き、コリコリになった乳首をこねまわした。「あうっ、あううっ。そうなの、なんかキュンッて、せつなくなっちゃう」 少しいじっただけで、巨乳の熟女は身体全体をクネクネさせて悶える。やけに可愛らしく見えた。性感を受容して、じつに嬉しそうな表情になっていた。「乳首、敏感だね。でもまゆみさんは、もっといろいろなところを、さわってもらいたくなってるでしょう」「そうなの、いっぱいさわって」 俺は乳首から指を離して、膝立ちのまま移動する。熟女の、少し開いた両足の間に入った。そして指だけではなく手の平も使って、わき腹や下腹、太ももから膝までを撫でまわした。「くぅーん、いろんなところがゾクゾクするぅ」「マユミちゃん、身体中が敏感になってきたみたいだね」 僕の指は、美熟女の内ももから足のつけ根を通って胸部まで戻った。
 
そして、手の平を乳首に擦りつけるようにしながら、小さな円を描くように巨乳の乳房全体をヤワヤワと揉んだ。すると、美魔女は甘い声を漏らした。「あぅーん、気持ちいいよぅ」 セフレの美熟女は目を閉じて、湧き上がる快感に没頭していた。もっと感じてもらいたいと俺は、セフレの美熟女の胸部から鎖骨、首筋、耳たぶ、耳の穴にも手指を這わせる。 セフレの美熟女のほおを撫で、唇をなぞり、顎から喉を通って、肩、腕を撫でた。同じ道筋を戻って松嶋菜々子似の美魔女の巨乳のオッパイに帰る。また麓から乳暈まで渦巻き状に指を這わせた。さんざん焦らしてから乳首をカリカリとかいた。「いやっ、いやっ、いやぁあああああんっ」 可愛らしい美魔女は顔を横に振り、胸を反らせながら悶えた。次は乳首を口唇愛撫するか、それとももっと敏感な場所にしようか。考えながら奇麗な熟女の股間に目を移すと、黒い繊毛が逆立っていた。 さらにネチネチ乳首をいじり続けると、アラフォーの美熟女の足がだんだん開いて、大股開きの状態になった。間違いなく、おま○こを愛撫してもらいたいという本能的な催促だ。「そろそろ、クンニをするね」 僕は宣言して、アケビみたいなかわいらしい美熟女のマンコに顔を埋めた。「ほぉおおおおおっ」 唇を近づけ、おまんこのワレメ全体に熱い息を吹きかける。次に左の大陰唇をペロリペロリと舐め上げると、セフレの美熟女は腰をクイッと右にひねった。 右側を同じように愛撫すると、今度は左にひねって、もっと肝心なところを舐めてほしいとおねだりしている。焦らしすぎても興ざめだろうと、クリの皮に包まれている部分を舌先でくすぐった。
 
「んんんっ、気持ちいいっ」「よかった。じゃあ、こういうのは?」 松嶋菜々子似の美魔女のクリちゃんの包皮ごとクリトリス全体を口に入れて、むけている部分には触らないように舌を動かした。「あっ、あっ、うああんっ、いいっ、それもいいっ」 清楚な美魔女の喘ぎ声を聞きながら、俺は両手を伸ばして巨乳のオッパイをにんだ。ワシワシと揉みつつ、中指で乳首をこねまわす。三点愛撫を続けていたら、徐々に美しい熟女の肉芽の膨らみが増していった。 たっぷりの唾液にまみれさせているから大丈夫だろうと、僕は美熟女の一番敏感なところのむけている部分にも舌を這わせる。ぺロッと舐めた瞬間、清純な美魔女は腰をギクンッと震わせた。僕はあわてて、クリトリスから口を外した。「まゆみちゃんっ、もしかして痛かった?」「逆なの。すごく気持ちよかったから、もっとしてっ」 事前に訊くのを忘れていたことを悔いたが、むけている部分がNGというわけではなかった。「いいよ、気持ちよくなってもらうのは大好きだから」 そう答えて俺は、あきれるほどクンニ好きになっている自分に気づいて苦笑した。そして、美熟女の両乳首とクリちゃんの三点愛撫を再開する。一点ずつ順番に刺激したり、同じリズムで同時に可愛がったり、美魔女が飽きないように変化をつけた。「ダメッ、あっ、あっ、ダメになっちゃうっ」
 
むき出しの肉芽を念入りに愛撫すると、美熟女の悶え方があきらかに激しくなっていった。sexフレンドの美熟女は最初は喘ぎ声の強弱で快感の度合いを伝えようとしていたが、いつの間にか予測不能な僕の舌の動きそのものを楽しんでいた。「はぁああっ、うっ、ふぅううっ、んんんんんっ」 セフレの熟女は息を荒らげながら、自らの内部で渦巻く官能世界に没頭していた。 俺はスレンダーな熟女の快感をコントロールしている心地よさに浸りながら、愛らしいピンク色の突起を、ツンッ、ツンッと尖らせた舌先でノックした。続けて、欲求不満な熟女の包皮の奥に隠れている一番敏感なところの側部や裏側まで探った。「いやぁああんっ、おうっ、おうううううっ、おかしくなっちゃうっ」 熟女は両手で恥丘を引っ張って、肉豆を最大限に露出させた。憧れの女性の貪欲で淫らなしぐさを目撃して、俺の興奮度は激しく増した。もっと感じさせて絶頂に導きたいと、張り切って快楽の中心部を舐めまくった。「はぁああああんっ、ゆうきさんっ、お願いっ、中も、中もいじってほしいっ」 美しい熟女に乞われるままに閉じている小陰唇をくつろげ、粘り汁が溢れてヌルヌルになっているオ○ンコに右手中指をあてがう。ゆっくりと第一関節まで埋めて、ユルユルと上下左右に動かし性感ポイントを探った。 数センチ先にあるざらついた腹側部分を押すと、くつろいでいたマンコ内部がキュウッと締まった。そして細身の美魔女は、糸を引くようなよがり声を発した。
 
「うあぁああああんっ。そこっ、そこがいいのぉおおおおっ」 俺は肉豆をしゃぶりながら、美魔女のリアクションが一番大きかったポイントの押し揉みを続ける。「ねえっ、ねえっ、イキそうになってきたのっ。止めないでね、お願いっ」 美魔女は切羽詰った口調で言いながら、クンニに夢中な俺の頭をやんわり撫でた。僕が答える代わりに舌と指に神経を集中させると、可愛らしい熟女はもどかしそうに腰を揺すり、太ももを閉じたり開いたりした。「ひっ、イクッ、うううううっ」 叫んだアラフォーの美熟女は、腰を跳ね上げブリッジのような格好になった。激しい動きだったので、俺の舌も指も外れてしまった。目の前にある美熟女のおま○こはキュッと締まったままで、太ももが、ブルルッ、ブルルッと痙攣していた。 俺は美魔女をイカせたことで肌が粟立つほどの感動を覚えると同時に、おち○ちんが、ドクンッ、ドクンッと脈打ち、破裂しそうなほど勃起していた。 数十秒間、セフレの美魔女は胎児のような格好になって、オーガズムの余韻を味わっていた。横に座った僕は、汗で濡れ光る40代の美魔女の背中から尻にかけてをスーッと撫でつつ提案した。「おれは、またsexしたくなってきたよ。少し休んでからでもいいけど」 清純な美魔女はすぐに振り向いて、笑みを浮かべ男のシンボルをギュッと握った。「ううん、今すぐ入れてほしいっ」
 
俺は正常位の格好で、温かい粘り汁にまみれたかわいい熟女の膣口に亀頭をあてがった。そっと腰を突き出しただけで、オ○ンチンはズブズブと根元まで埋まっていく。 美熟女の柔らかい膣肉は、しっとりとチ○コを包み込んだ。ランダムに折り重なる繊細なヒダはとても滑らかで、まるで上質なシルクのようだった。 じっとしているだけで、とろけるような快感がゆっくりと込み上げてきた。しだいに、美熟女の膣とちんちんが馴染んで溶け合っていく。オチンチンがおめこに抱きしめられている感じがした。「ああっ、嬉しい……。はああっ、ゆうきさんとまたつながってる。ねえっ、まだ動かないで。入ってるだけで、すごく気持ちいいのっ」 四十路の熟女の要望に僕は応えた。「うん。おれも、動きたくないよ。さっきの真由美ちゃんに習って、セックスもじっくりゆっくり楽しみたい」 俺は、自分がいるべき場所が見つかったような気がした。 もちろん性感は高まっているが、少しでも動いたらすぐにイッてしまう感じではない。「ねえ、マユミさんは、どんなふうに気持ちいいんだい?」「うふぅんっ。わたしはね、お腹の奥がモヤモヤして快感が燻ってる」 性感を実況中継してくれるセックスレスの美魔女が、たまらなく好ましい。
 
しばらくすると、細身の美魔女のマ○コの入り口から奥に向かって、膣肉がジワジワと蠢いていくのを感じた。ヒダが伸縮しながらうねっているので、ち○ちんに刺激的な快感が絡みつく。「うううううっ。おれは全然動かしてないのに、真由美ちゃんの中が活発になってきた。もしかして、動かしてるのかい?」「ふぅううううっ。自分が気持ちよくなるように、締めたり緩めたりしているだけ。だって、すごいのよ。さっきまでモヤモヤしてただけなのに、火がついたみたい。子宮なのかな? ああんっ、おまんこの奥のほうが燃えてるっ。ねえ、キスしてっ」 巨乳の熟女に乞われて唇を重ねた。 きつく抱きしめ深くつながったまま舌を絡め合うと、腰部の震えや吐息を漏らすタイミングが同調した。さらに頭の芯が痺れるような恍惚と陶酔が、何度も二人の身体を循環する。そんな長いキスを終え、美魔女は俺に囁いた。「ゆうきさん、わたしバックスタイルでしてみたい。たぶん、思い切り乱れることができそうだから」「いいけど、そういうもんなの?」「だって、万が一のときに枕に顔を埋めれば、へんな顔を見られないし、へんな声も聞かせなくてすむでしょう」「ちょっと見たくなるね、万が一のへんな顔」 そう言って俺は美魔女から離れた。顔が見られる体位でつながりたかったが、清純な熟女は逆を望んでいる。少々残念ではあるが、一番見たいのは思い切り乱れる姿なので仕方がない。「きっと、百年の恋も冷めちゃうわ」 巨乳の熟女は起き上がって、手と膝をつく格好になった。
 
そして俺に尻を向けて、クネクネと揺らしている。「では、美しいお尻に夢中になりますか。いっぱい動かしても大丈夫かな?」「むしろ、そうしてほしい」 こんなふうに、欲求不満な美魔女とフランクなコミュニケーションをしながらのエッチはじつにエロ楽しい。「そうだ、火がついた子宮はどうなった?」「ずっと燃えてるわ」「真由美さんの身体の奥で燃えてる子宮に、こいつが届けばいいなっ」 僕は言って、突き出されたセックスレスの美魔女の尻をもんだ。そして、分泌液まみれの膣口にオ○ンチンをズブリッと挿入した。「ううあっ、ひあっ、うああああんっ」 セフレの美魔女は背を反らしながら、もっと深くほしいとさらに尻を突き出した。正常位のときよりも弾力のあるヒダが、オチ○チンに、ピタッ、ピタッとまとわりく。 じっとしていると、亀頭部分が熱くとろみのあるスープに浸っているような感じもした。「むうう、この体位だと全然違うね。真由美さんの中が、さっきよりもすごく狭くなってる」「すっごい。うっ、動いてっ、もっと。あああっ、あふぅううううっ」 スタイル抜群の美熟女は、もどかしそうに悶える。同時に欲求不満な熟女の膣肉が、キュンッ、キュンッと動いて、奥のほうから少しずつ締まってきた。怒張が追い出されそうになったので、俺は負けじとグイグイ押し込む。「激しいのが好きっ、それっ、いいのぉ。ぉおんっ、んんんっ」 ズンッ、ズンッと荒々しく突くほどに、美熟女は乱れた。ピストン運動に合わせて、ムニュリッ、ムニュリッとお○んこ内部のうねりが激しくなった。けれどち○こを追い出すような動きではなく、全体が締まったり緩んだりしている。
 
「あたってるっ、おめこにあたって、気持ちいいいんっ」 セックスレスの美熟女は、ガクッと崩れて突っ伏した。尻だけが高く掲げられた格好になったのだ。そして欲求不満な美魔女はユルユルと尻を押しつけてくる。「おおう、おれにもあたっているのがわかったよ」 オ○ンコの奥で、亀頭と子宮口がヌルヌルと擦れていた。俺がゆっくりした抜き差しをすると、つながっている部分からズッチュ、ズッチュという淫音が聞こえた。なんだか、松嶋菜々子似の美熟女のおめこ内部の粘り気も増している。「あ~んっ、ふぅあああ~んっ」 美魔女はイヤイヤをするように尻を左右に振った。激しいピストン運動を誘っているようにしか見えなかった。けれど、もしも本当にしてほしくないときのこともかんがみて僕は訊いた。「真弓さん、また激しくしてもいいかい?」「うん、いいよ。どんな感じがするのか体験してみたいっ」 承諾を得た俺は、オ○ンチンをゆっくり膣口まで戻し、ズーンッと奥まで突いた。最初のうちは素早く突いて、しばらく奥に入れたまま、かわいらしい美熟女のマンコをかきまわすように腰を揺すった。 そうやって子宮口と裏スジの擦れ合いを楽しんでから、ゆっくり戻していくというのを繰り返した。強く突くと尻が、ブルルッ、ブルルッと震えた。
 
「ああっ、響くわ。身体中に気持ちよさが沁みるわぁあああ」 40代の美魔女はお尻の穴をヒクヒクさせながら悶える。さらに僕がゆっくり引き抜く動きのとき、尻を激しく左右に振って快楽を求めた。欲求不満な熟女の反応に満足した俺は、同じパターンを繰り返しながら徐々にスピードアップさせていった。 いつの間にか、室内に、俺の腰ときれいな美熟女の尻がぶつかるパンッ、パンッという音が響いた。動かしているのは僕なのだが、まんこがオチン○ンを吸い込むようにうねっている。「ひああああああああああんっ」 一心不乱にピストン運動を続けていたら、突然、巨乳の美魔女が糸を引くような喘ぎ声を出した。 そして身体中の力が抜けてしまったのか、両脚をだらんと伸ばしたうつ伏せになってしまった。俺は美熟女の動きに追従したので、いわゆる寝バックの格好になった。「まゆみさん、大丈夫?」 俺が訊くと、sexフレンドの美魔女は息も絶え絶えに答えた。「んぁああんっ。も、もうダメッ。ちょっと刺激が、強すぎたかもしれない」「休憩するかい?」「このままで平気。抜いたりしちゃ、いやよっ」「わかった」
 
じっとしていたら、40代の美魔女のマンコ内部で膣肉がトクンッ、トクンッと脈打つのがわかった。僕は体重がかからないように身体を密着させ、巨乳の美熟女の肩や首筋を舐めたり甘がみしたりを繰り返した。「あふんっ、気持ちいいわ。ねえ、ゆうきさん。男と女って、こんなに楽な格好でもつながれるのね」「寝バックは、初めてなのかい?」「うふぅううううーん。なんだか、膣の中を開発されている気がするわ」 美魔女はロングトーンの熱い吐息を漏らす。「おれは、まゆみさんの寝バック処女の相手になれたってことかあ、嬉しいねえ」「アハハ。だったら松葉崩しとか、まだいっぱい処女体位があるわよ」「この際時間をかけて、二人で四十八手を制覇しようぜ」 そう言って僕が上半身を起こすと、セフレの熟女の全身がギクンッと揺れた。「どうした?」「す、すっごく、感じるところにあたってる、ううっ、ゆうきさんは動かないで」 欲求不満な熟女は言って、尻を少し浮かせて上下にゆっくり振った。途端に、ヌルヌルの洞窟内で膣肉とヒダが活発に蠢き始めた。「んっ、おおうっ、ダメッ、へんな声が出ちゃいそう。う、うぐぐぐぐぐっ」 枕に顔を埋めながら、熟女は切羽詰まった感じで喘ぎ続けた。そして僕は腰を押しつけているだけなのに、熱い膣肉とヒダでチン○ン全体を揉みくちゃにされていた。そして、穏やかな高まりがスローモーションのように迫ってきた。
 
「あああっ。おれも、もうすぐイッてしまいそうだっ」 ゆっくり込み上げてくる射精感を訴えると、枕から顔を上げ細身の熟女が叫んだ。「素敵っ。ゆうきさんがイクのを、全身で感じたいっ」「真由美ちゃんは、いいのかい?」「わたしは、クンニでイッてからはずっとイキッぱなしみたいな感じだから」「あああああっ、スペルマ出るよっ」 尾てい骨の少し上が痺れ始め、腰全体が甘美な痙攣に襲われた。下腹の奥で渦巻く欲情のマグマが激流となり、一直線に尿道を駆け抜けていった。ドクッ、ドクッという脈動と快感の頂点を味わいながら、俺は美熟女に中出しした。「伝わってくるよ、ゆうきさんの気持ちよさが。あっ、ああああああっ」「うぐぐぐぐぐっ、気持ちいいのがまだ続いてるっ」 ゆるやかな曲線のような快さが僕の体内で延々と続き、射精が止まってもオーガズムが終わったとはまったく思えなかった。そして朝、目が覚めると、セフレの美魔女が仰向けになった僕の足の間に入って、フェラチオをしていた。「ご、真由美ちゃんっ!」 驚いた俺が声を出すと、清楚な熟女は屹立から顔を離して微笑んだ。「おはよう、ゆうきさん。だってすごく腫れていて苦しそうに見えたから、楽にしてあげたいなって思ったのよ」 40歳のチ○チンは一〇〇%の勃起をしており、ドクンッ、ドクンッと脈打っていた。「わたし、ゆうべは一回もオーラルをしなかったし。もしかして嫌なの?」「全然、むしろお願いします」「よかった」 松嶋菜々子激似の熟女は、ふたたびチンポに顔を近づける。そしておち○ちんを垂直に立て、根元から先端に向かってツーッと舌を滑らせた。続けて、チュッ、チュッと裏スジ辺りに何度かキスをした。それから熟女は舌を出して、亀頭全体を舐め始めた。(う、嬉しすぎる)
 
ゆうべはセックスのあと、巨乳の美魔女と俺は一緒にシャワーを浴び全裸で抱き合って眠った。けれども、フェラで起こされるなんて思ってもみなかった。 美熟女は、40代の熟女は大切なものを慈しむようにおちんちんを可愛がる。なによりも清純な熟女の唇や舌が、己のおちんちんを愛撫している光景はたまらなくエロティックだ。 特に慣れている感じではなく、イカせようとする気配もない。とにかく僕のおちん○んに愛情と愛着を感じていることが、ヒシヒシと伝わってくるフェラチオだった。「くううううっ、気持ちいいっ」 僕は、ヌルッとした舌が醸し出す淡い快感に呻く。「本当に? じゃあ、こういうのは?」 そう言って美人の美魔女は、亀頭を口に含んだ。たっぷりの唾液にまみれた生温かい舌が、裏スジやカリ首、尿道口など敏感な部分をねっとり這いまわった。 熟女はときおり深くのみこみ、ち○ちんの先端のみならず竿の部分も唇と舌で念入りに可愛がった。けれど、あまりにスローペースなのでもどかしい。俺はもっと強い刺激が欲しくて、オチンチンに神経を集中させた。 すると熟女はおち○ちんを握り、細かく左右に振りながら舌を裏スジに押しつけたのだ。「うわっ、ヤバいヤバい、ヤバいってば」 急激にダイレクトな快感が込み上げて、僕はギブアップの言葉を口にしたのだが四十路の美熟女は離してくれなかった。僕の声が耳に入らないほど、フェ○チオに熱中していた。手を伸ばし、熟女の耳を愛撫すると手の動きが止まった。「うあっ。ゆうきさん、耳をいじられるとお口に集中できなくなっちゃう」「ごめんごめん。おれの声が聞こえないくらい、夢中になってたからさ」「なんか言ったの?」「おれはもう、真弓ちゃんの中に入りたくなってきたんだよ」「ううん、ダメ。わたし、ゆうきさんをもっと感じさせたいの。ねえ、どうすれば気持ちいいのか教えてくれる?」「そうだな、玉袋を舐めたりしゃぶったりしてもらいたいかな」 上がってしまった睾丸と縮んだ玉袋を伸ばして少しリラックスしたかった。
 
「急所じゃないの?」「やさしい愛撫だと、けっこう感じるんだよ」「へえ、知らなかった」「あのさ。おれもマユミさんを可愛がりたいから、シックスナインをしないか。たぶん、そのほうが玉袋を舐めやすいと思うんだよ」 僕は受け身でいるだけよりも、快感を共有して楽しみたくなったのだ。「いいよ」 セックスレスの美魔女は頷き、恥じらいを含んだ笑みを浮かべていた。そして俺に促され、女性上位のシックスナインの格好になった。すぐさまゴムオ○ンコが、僕の顔の上に乗った。 スタイル抜群の熟女の可憐な尻穴は、キュッとすぼまっている。フェラチオをしただけで欲情したのか、熟したかわゆい熟女のおま○このワレメはすでに蜜にまみれて濡れ光っていた。さらにその下にある、包皮からはみ出すほど膨らんだ肉豆がとてもキュートに見えた。 まずはご挨拶と小陰唇に軽く口づけする。次に熟女のおま○こに舌を入れをくつろげると、濃厚な膣液が流れ込んできた。口に含んで味わうと甘酸っぱく、百合の花に似た香りが鼻を抜けていった。熟女のおま○こを舐め続けると、ピチャッ、ピチャッと淫音が響いた。「あううっ、やだっ、いやらしい。エッチな音がするぅ」 欲求不満な美熟女は柔らかい熟れ尻を、不規則に震わせながら悶える。羞恥心を感じる喘ぎを聞いて、俺の淫心は疼きまくった。ならばここは感じるだろうかと、蟻の門渡り辺りをペロペロ舌でくすぐった。すると、欲求不満な美熟女のお尻の穴がヒクヒク蠢いた。 あまりにも可愛らしいので、チュチュッと熱烈なキスをした。
 
放射線状の皺も舌先で、一本ずつ丹念に舐める。 そうやって40代の美熟女のア○ル周辺を刺激していたら、お○んこからまた新しい粘り汁が湧いてきた。たまらずに啜り、尻肉を両手で?んで揉んだ。「あむっ、ふぁあ……はあっ……ふぁああっ……」 巨乳の熟女は玉袋を口に含み、睾丸を舌で転がしながら悶えていた。 俺は、いよいよ美熟女のクリトリス愛撫にとりかかる。クリトリスは、もう待ちきれないとばかりに、パンパンに膨らんでいた。最初に一瞬だけ、チュッと吸いついた。すると、セフレの美熟女の粘っこいよがり声が聞こえた。「い、いゃあっはぁあんっ」 美魔女は玉袋から口を離し、硬いち○ぽを握りしめ、亀頭に熱い息を吹きかけた。俺はたっぷりの唾液で湿らせた舌を遣って、ペロリペロリと美魔女の一番敏感なところを舐め続ける。ひと舐めするごとに巨乳の美魔女は身体をよじった。 クンニリングスをしている間は、会話ができないので少し寂しい。逆にフェラされているときは、喋らないほうが快感に集中できる。シックスナインの場合は、与え合う快感でコミュニケーションするしかない。 僕は趣向を変えて、舌を尖らせキツツキのようにセフレの美熟女のクリを突いた。「あむんっ、あむんっ、あむんっ、あむんっ」 sexフレンドの熟女は亀頭を咥え、一番敏感なところを愛撫されるのと同じリズムで舌を遣った。これぞシックスナインの醍醐味と思ったのもつかの間、美熟女はお○んちんから口を外して喘ぎ始めた。「うぅううっ、うーーーーんっ。き、気持ちいいっ」 これでは単に、女性上位の格好でするクンニになってしまう。
 
とはいえ、絶大なる効果があったようなので俺は満足だった。 さらに清楚な熟女は、陰核から生じるわずかな刺激もあますところなく受けとろうと、グイグイおまんこを押しつけてきた。「はぁっ……はぁあんっ……うん。すごく、いいっ! クリトリスだけじゃなくて、足の裏までジンジンするのぉ」 聞こえてきた美魔女の喘ぎ声は、ゆうべのクンニリングスでオーガズムが近くなったときのトーンだった。ならばと俺は指で恥丘を引っ張って、美熟女の陰核を最大限に露出させた。 このまま絶頂に導きたいと、陰核に吸いついてしゃぶりながら、膣液が溢れてヌルヌルのマ○コにも指を入れた。数センチ先にあるざらついた腹側部分を押し揉みすると、ゆうべと同じように可愛らしい美魔女のオ○ンコ内部がうねり始めた。「うあぁああああんっ。わたしも、ゆうきさんをイカせたいよぉ」 セックスレスの熟女は叫んで、ふたたびそそり立つチ○ポを咥えた。そして、美熟女は僕の愛撫と同じリズムで亀頭をしゃぶりチンチンをしごいた。 二人の快感が同調しているのか、すぐさま俺にも射精の兆しが迫ってきた。だが、できることなら一緒にイキたいと括約筋を引き絞った。「んっ、んぐ、んぐうううううっ」 美魔女がおちん○んを口に含んだまま叫ぶと同時に、オマンコ内部がキュウッと締まって指が動かせなくなった。そしてセフレの美魔女の尻と太ももが、ブルルッ、ブルルッと痙攣していた。 同時に、俺も弾けた。ドクッ、ドクドクドクッと、清純な美魔女の口腔内に口内発射した。欲求不満な美熟女が射精後の敏感になっている亀頭を舐め続けるので、俺は悶絶しそうになるほど気持ちよかった。
 
出会い系サイトハッピーメール(happymail)でのスタイル抜群の美魔女とのハメどりエッチのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓






























































 
今回清楚な熟女とすぐ即ハメsex出来た出会い系はハッピーメールです。
 
なおハッピーメール(happymail)を利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと今からすぐエッチさせてくれるかわいい女の子と出会ってセックスフレンドにしてタダマンsexできませんので、ハピメに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハッピーメール(happymail)のような出逢い系サイトで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで詳しく説明していますので参照してください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハッピーメールは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【PCMAXやれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【PCMAXセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【PCMAXヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【PCMAX体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【PCMAXハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【PCMAXヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【PCMAXやれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【PCMAXセフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.