deaikeitaiken_novel

【出会い系ヤリモク】セックスレスの爆乳人妻と不倫sex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
私は飽きもせず出逢い系アプリできれいな女と出会いまくって、ただまんエッチに励んでいます(o^∇^o)
 
さて、今回は即日即ハメできる最大手のであいけいアプリのミントC!Jメールで出会った秋元優里似のセックスレスの爆乳人妻と岩手県宮古市で会ってセフレにして今からすぐタダマンセックスをしてきたのですが、ハメ撮り写メがいっぱい取れましたのでレポします。
 
※この記事にはエロいエッチのハメ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出逢い系アプリのJメール(jmail)で出会った女は若妻で、名前は静夏ちゃんといい、顔は秋元優里似のすげえ美人でした(^0^)
 
出会い系サイトJメールでの欲求不満な奥さまのプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトミントC!Jメールでのセックスフレンドの人妻の掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
人妻とは、出会い系サイトのJメールで知り合ってLINEでやり取りした後、宮古駅周辺のおしゃれなフレンチレストランに食事に行った後ホテルOKとのことだったのでそのままラブホに行ってタダマンセックスをしました。
 
僕はセックスレスの人妻のダイナマイトボディをメロメロにすることにしか興味がないようだ。お馴染みの一軒であるラブホが現れると、話を打ち切るように若妻を入口へ引きずりこんでしまった。「あんっ、気が早いんだからぁ」「静夏ちゃんを見ているだけで、男の本能が燃えてくるよ。ぶち込みたくてたまらなくなっちゃうんだ」 細い通路を進みながら僕はストレートな言い方をして、清純な若妻の手をズボンの股間に引っ張った。「あら、こんなに……はあぁっ!」 硬く張りつめたチ○コの感触に、スレンダーな美人妻の瞳が思わず潤む。巨乳の主婦はすぐにエッチな気分になってしまい、濃厚ボディがなだれ込みそうになる。「な。だから、面倒くさい話は後にしろって」「はぁんっ、もうっ……」
 
(はぁぁぁっ、あんなに勃っているんじゃあ、しょうがないわ……まずは、思いきり貪りあってからということにしなくっちゃ) ズボンの上から握らされた勃起チンチンの力強さに、オマンコがウルッと蕩けだすのを感じながら、清純な若妻はキーを手にした俺とともに部屋へ向かった。 精力家の僕に、毎週のようにラブホへ連れてこられている。ベッドとソファの洋室だけでは代わり映えがしないということなのか、四回に一度くらいの割合で僕は和室を選んだ。 今夜の部屋も、ドアを開けると渡り廊下ふうの飛び石の土間があった。それを進むと、座卓の置かれた畳の部屋が現れるという造りになっている。   「おい、見てごらん」 手早く服を脱いだ男がトランクスの前を下ろして、そそり立ったおち○ちんをむきだした。「あんっ、すごーい!」 人妻は頭を押されて僕の前に屈みこむと、大好きなちんぽが鼻先に突きつけられた。 ねっとりしたチーズのような性臭を嗅がされる。 それだけで奥さんは条件反射的に、口のなかに唾液が溜まってくる。(あうぅぅっ、なんておいしそうなの! あぁんっ、なめたいぃ……早くしたくなっちゃうわぁっ) 艶やかなストレートヘアを背中で揺らしながら、欲求不満な主婦は大ぶりの亀頭を唇の内側に呑みこんだ。セフレの若妻は抗いようもなくセクシーな表情になって、淫らに舌を遣いだす。「くうぅっ、むうぅっ……んんんんー」 爆乳の人妻は仁王立ちになった俺の前に跪き、サンドベージュ色のパンツに浮きだしたヒップを、これ見よがしに後方に突きだした。 アラサーの主婦は目の前に突きつけられた勃起お○んちんの誘惑には、勝てなかった。 目的が入れ代わったようになって、若妻はじきに濃厚なフェラチオに没頭していく。「うむぅ、んんーっ、むぐぐぐぅ……」 亀頭の周りで舌を動かしながら、清純な主婦はリズミカルに頭を振りだした。見事に張りつめたペニスを、爆乳の若妻は唇の縁で擦りたてる。(あぁっ、プリプリしてるぅ……こうやって、もっと大きくしちゃおうっと)「ふふっ、いつもながら最高だよ。こんなに男のものが好きなんて、いやらしいなぁ」 自らのものをしゃぶりたてるアラサーの主婦の表情を見下ろして、僕が満足げにコメントした。専業主婦の黒髪をゆっくり撫でおろし、薄地のブラウスが張りついた背中まで辿っていく。 ブラジャーのラインに指が触れると、弄ぶように引っ張って、アラサーの若妻の期待をかきたてた。「むぅっ、むぐぐっ、んぐぐぐっ」 セフレの奥様はネイルアートを施した指先をチンチンに卑猥に絡めて、しゅるしゅると上下に動かしていた。 sexフレンドの若妻はチン○ンを呑みこんでは唇から出す動作を、夢中になって繰りかえす。背後に突きだしたスタイルのいい主婦の尻が薄地のパンツに張りつき、一定のリズムで淫らに揺れていた。「さっそく、エロい格好にしてやりたくなったよ、くくく」 フェラを続ける奥さんの胸元に手を伸ばして、俺がブラウスの前ボタンを外しだす。 二、三個外したところで、清純な専業主婦のさらけ出したFカップの爆乳の胸に手を入れて、ぐいっと揉みしだく。「あうぅっ、んんぐーっ……」 乳腺に響くような揉み方をされたとたん、人妻の下半身にまで刺激が伝わった。 欲求不満な主婦のま○こから、さらっとした淫水が溢れだしていく。服の内側でま○こに食いこんでくるTバックパンティから、今にも漏れそうになる。 奥さまのこってりした唇から勃起を引き抜いた男に、すばやくその場に立たされた。 パンツの横ボタンを外され、清楚な奥さまはたちまち下半身をむきだしにされる。「しかし、静夏さんみたいにTバックが似合う女性も、そうはいないね」
 
 フリルが妖しくひらめくストリングを尻のほうへグイッと引っ張りあげて、俺は中年男の笑いを漏らした。 奥様のマンコにはまりこんだ細い股布が、性感帯を圧迫してくる。「あぁんっ、静夏、感じちゃうぅ……もうっ、上も脱いじゃうわぁ」 たちまち悩ましい表情になったセフレの人妻は、透け感のあるシフォンブラウスを自ら脱ぎ捨てた。 綺麗な主婦は濃厚なまでに肌に張りついたシルバーのブラジャーとTバックパンティのみになると、アダルトな肢体をくねらせて男盛りの情人を誘う。「たまらないよ、このエロさときたら」 僕がいきなり手をパンティの前に突っこんで、スタイルのいい奥様の濡れたおまんこをかき混ぜた。「あぁんっ!」 基本的に男好きな若妻は、オマンコを弄られるや否や恍惚の表情をして、ブルブル震えだした。 感じる部位を知りつくしている指に、ぬめる肉襞をかきみだされる。陰核をテンポよく押しこまれると、三十路の専業主婦はその場に立っていられなくなって俺に凭れかかった。(あぁっ、はぁぁっ!……あはんっ、いやらしくなるぅ) 細身の若妻はセックスをしないと調子が出ないタイプだけあって、少しばかり体を弄られただけで、すぐさま行為にのめり込んでいく。 「あぁっ、あはぁっ……」「それでは、あっちへ行くとするか」 淫らに喘ぐ人妻を、俺が続きの間へと促した。畳に直接置かれたベッド用マットレスに、秋元優里似の人妻の優美な肢体を押し倒す。「ああんっ!」 爆乳の奥さんは脚を大きく開かれ、露わな声を張りあげた。Tバックパンティの股布がはまりこんだ細身の若妻のオマ○コを、男の目に覗きこまれる。「はあぁぁっ……ふうぅぅっ!」 弄られることを乞うように、主婦は自ら大胆に太腿を開ききった。 細長い逆三角形の股布を、脇にずらされる。早くも女のぬめり汁にまみれているお○んこに、いきなりむしゃぶりつかれる。「ああんっ、ひいぃっ、感じるぅっ!」 清楚な奥さまは卑猥な声をあげて、嵩高い蒲団の上で淫らにのけ反った。 毎週のように僕のものをはめられているが、セックスレスの奥さまは豪胆な男と交われば交わるほど、その部分が感じやすくなってきた。和風の灯りに照らされた奥さんの濃厚な肢体が、ブルブル震えだす。「ふふんっ、エッチだなぁ。クリちゃんがこんなに膨れちゃってるよ」 パンティのよれた股布からはみ出したセックスフレンドの主婦のクリトリスに口を被せて、俺がゆるゆると吸いあげにかかった。「ひいぃぃーっ、はうぅぅーっ……た、たまらないぃっ!」 若妻は我慢できなくなって、腰を卑猥に揺すりたてた。大きく開いた脚の付け根にむきだしたクリを、情人に委ねきる。 人妻は露出症じみたところがあるのだろうか? これ以上ないほど濡れて、ヒクヒク引きつる清純な人妻のおめこを、男に見られることによって興奮する。赤みを帯びてのたうち収縮するお○んこを、舌や唇で刺激されると、セックスレスの若妻はたちどころに行為に没入して蒲団の上でよがりつづける。 僕がオマンコに吸いついたまま体の向きを変えて、太いち○ちんを喘ぐ美人妻の口元に差し向けてきた。 男のものに手を伸ばした若妻は、本能的に勃起したチンポを唇の間に呑みこんだ。(はあぁぁっ、くうぅぅっ、たまらないぃ……エッチになっちゃうわぁっ) こんなふうにシックスナインに持ちこんでもらえるのも、四十男のいい点だと思っていた。淡白な男では満足できない自分を、専業主婦は知りつくしていた。 若妻は女子高生のとき上級生に弄ばれてバージンを捨てて以来、様々な男とエッチしてきた。その結果、主婦はヒィヒィよがらせてもらえる相手でないと長続きしないということがわかったのだ。 セフレの奥様は自分が際立って性的な女であることを見出していた。 だからアラフォーではあるが、性欲が強くてしょっちゅう誘ってくれる俺とは、かなり体の相性がいいのだと感じている。 安定してそそり立つち○ちんを、ほどなくおまんこに収めることを想定しながら、奥様は口中に納めた勃起チ○コの先端をヌメヌメと吸引した。 美しい人妻はねっとりしたタッチで、張りだしたエラの下側に舌を絡めつける。「むぅぅっ、ぐむむむっ、んぐぅっ……」
 
 セフレの奥さまは先ほどの続きのようにペ〇スに口唇愛を振る舞いながらも、男の舌にピンク色の突起を繰りかえし舐めつくされて高まっていく。 相互に性器をしゃぶりあうこの体勢が、好きだった。やめろと言われるまではいくらでもしてしまいそうなほど、人妻は入れこんでいる。(あぁっ、おっきくて立派だわ……このち○こったら、おいしすぎるぅ) 嗚咽するような喘ぎをセクシーな唇から漏らして、秋元優里似の奥様はTバックパンティの食いこんだ腰を小刻みに揺すりたてた。 オ○ンチンの裏筋に濡れた口をくねくねと擦りつけながら、秋元優里似の人妻は何本もの指でたぷたぷした肉袋を揉みしだいていく。 こんなにもセックスに熱心になれるのだから、セフレの専業主婦は今の仕事よりも、もっと適した稼業がありそうなものだと思う。主婦はディープなシックスナインに耽りながら、漠然とそんなイメージを持った。(はあぁっ、しずかちゃんといういい女がいることを、知らしめてやるわ……あっ、あぁんっ!) 欲求不満な若妻は意欲に満ちて肉袋まで唇を進め、二つの睾丸を代わる代わる呑みこんでは吐きだしていく。 僕も興奮したように、Tバックパンティのストリングに隠されたスリムな奥さんのア○ルのほうまで、ベロベロと舐めまわしてきた。「うぅんっ、やんっ、そんなふうにされたら……変になっちゃうぅっ!」 睾丸を吐きだした唇から思わず声をあげて、新婚の主婦はヒップを強ばらせた。 清純な若妻の白い尻を抱えこまれるようにしてストリングをずらされ、密かに窄まりあがるア○ルを攻められる。 清純な奥さんは際どくわななきながら、性豪の俺に押しきられた。巨乳の美人妻は屈折した刺激にまみれて呻き声を漏らしつつ、自身も男の蟻の門渡りまで吸いついていく。「んんー、むぐぅ、ぅぐぐぅっ……」「うむっ……」 ふたりして淫靡に切迫していきながら、普段は衣服に覆われている奥さまのマンコを、相手の口に委ねきった。   「今日は、下着を着けたままではめてみよう」 清楚な若妻の同意を得るともなく言って、僕がシルバーの股布の脇から勃起おちん○んをねじ込んできた。 いつもながら大ぶりの亀頭部にマ○コを開かれ、向きあった体勢でズブッとめり込まされる。Tバックパンティの前身ごろがずれて、スタイルのいい主婦の濃い陰毛が半分ほどさらけ出た。 主婦の体は歓喜にわななき、堪えようもなく声があがった。「あっ、あぁんっ、感じるぅっ!」 シックスナインでさんざん刺激された清純な人妻のま○この粘膜が、ジンジン痺れわたりながらち○こに貫かれることを待っている。「ふふっ、欲しいか?」 感度を試すように清純な若妻の膣の浅みでちん○んを小刻みに動かしながら、俺が尋ねた。 ブラジャーのカップから、はみ出しそうに盛りあがっているセックスフレンドの美人妻の爆乳のバストを取りだして、濃厚な色味をした乳首に吸いつく。「あうぅーっ、ほ、欲しいぃ……」 セックスフレンドの奥さんは唇をワナワナと震わせて、腰を卑猥に揺すりあげた。 中途半端なところで抜き差しされているせいで、奥さんはもっと奥まで突き入れられたくてたまらなくなっている。焦らされると必要以上に羽目を外して、爆乳の人妻は俺のチ○コを求めてしまいそうだった。「あぁっ、奥まで入れてぇ!……もう我慢できなくなってしまいそうよぉっ、あぁんっ」「よーし」 余裕を見せつけるように、俺が太い勃起をめり込ませてきた。 奥さんの濡れ蕩けたま○こにヌチャーッと滑りこみ、子宮口を突きあげる。「ああぁぁぁーっ、いいっ!」30代の人妻のTバックパンティをずらすようにしてちんぽの根元までねじ込まれ、陰毛の生えた下腹部をぐいぐいと擦りつけられた。淡い影が艶かしくわなないて、揺れはじめる。「あっ、あうぅっ、たまらないぃっ!」
 
 清純な奥さんは華やかな嬌声をあげて、淫らにぬめったオマンコを緩やかにこね回した。 細い股布の脇から挿しこまれたため、奇妙な圧迫感が生じている。シルバーの股布を押しのけてセフレの若妻のおまんこに入りこんだ勃起オチ○チンが、いつにも増して太くしこっているのを感じながら、おち○ちんを軸にお○んこを回転させる。(くうぅぅっ、すごくよくなっちゃいそうっ……気持ちよすぎるわぁ) コリコリしこったチンチンを入れられているだけで、爆乳の主婦の膣内の筋が反応して男をきつく食いしめた。秋元優里似の人妻のま○こがはしたなく引きつれ、もう自分のなかから出したくないというふうに、ギュゥゥッと締めつけてしまう。「よくなったかな、くくく」 俺が自信たっぷりに言って、くねっている人妻の腰を、自身の大腿部に抱えあげた。 性器のつなぎめを覗きこみながら、メタボ気味の腹部を小刻みに揺すりたてる。「あぁっ、はあぁっ……感じちゃうぅっ!」 結合したお○んこを、食いいるように見られている! 破廉恥なところが隠しようもなくさらけ出してしまったのを感じ、セフレの若妻は感極まった。 人妻が、裏では人知れず痴態を演じている。そんなギャップにどうにも興奮してしまう。「あぁんっ、いやらしいわぁ……そんなふうに見つめられたら、たまらなくなりそうっ」 淫らにのたうち引きつれる奥さまのおまんこを擦りたてながら、硬直したオ○ンチンが繰りかえし抜き差しされつづける。セフレの人妻のグチャグチャに濡れたオ○ンコに、繰りかえし震動を与えられる。 ブラジャーからさらけ出した爆乳のおっぱいをはしたなく揺すって、若妻は日本人離れしたボディをのたうたせた。 出会い系サイトのJメール(jmail)で出会ったセフレの男によって、これほどまでに卑猥にされている。セクシーになった姿態を眺められるのは、30代の美人妻にとってはハッピーな気分で心地よかった。(あぁんっ、最高、最高よぉ!……はうぅぅっ、これさえあればもう、他には何もいらないわぁ) 立てつづけに攻めこんでくるオ○ンチンの動きに合わせて、爆乳の美人妻は下腹部を破廉恥なまでに揺すりたてる。「あぅぅっ、もういっちゃいそうっ……」 ひとしきり負荷をかけられて、人妻の成熟したオ○ンコは持ちこたえられそうもなく高まっていた。 若妻のオマンコがキュウゥーッと引きつれ、凹凸のある内部粘膜が淫らにざわめく。 艶かしく眉根が寄った貌を覗きこみながら、僕はセックスレスの美人妻の完熟した女体に限界を突破させようとして、さらに奥へ奥へと突き入れてくる。「ああぁぁーっ、いくぅっ!……志津香、いっちゃうからぁっ」 膣の天井がザワザワッとち○ちんの先を捕らえ、吸引した。 おいしい獲物を捕獲した満足感にセックスレスの主婦のボリュームのある爆乳の乳房を波打たせ、セフレの奥さまは四肢を突っ張った。 はしたない痙攣が、肉奥から波及してくる。秋元優里似の若妻は唇をかみしばり、男のオチンチンを嬉々として食いしめながら、淫らにのけ反った。(ひいぃーっ、くうぅーっ……いいっ、たまらないぃっ!)セックスレスの人妻はいったんセックスでメロメロにされてしまえば、そんな功利的な気持ちは失せて、今は男を貪らずにはいられない。 セックスはセフレの専業主婦にとって、三度の食事にも増して欠かせない栄養源だった。安定的にハードなsexが得られていないと、sexフレンドの人妻は生きていけない気がする。 セックスレスの奥さまのまんこがワナワナと男の肉に絡みつき、きつく締めあげる。際どくなっているのを感じながら、セフレの若妻はブラジャーからはみ出した巨乳の乳房を悩ましくくねらせた。「OK、今度は上になってみて」「あうぅ、そんなことさせるなんてぇ……はあぁぁっ!」 セフレの専業主婦は絶頂の余韻をかみしめる間もなく、俺に指示されて上に乗せられた。 セックスレスの奥様はすっかり縒れてしまったTバックパンティとブラジャーをはぎとられ、股間にそそり立つおちんちんめがけて盲目的に跨っていく。「あぁっ、たまらないぃっ」 若妻は色っぽい表情で豊かな髪をひと振りし、今なお引きつれるまんこに勃起の先端部をめり込ませていった。「はうぅぅっ、おいしすぎるぅっ」 充分すぎるほど淫液にぬめった奥さまのマンコが、硬直したチ○ポをヌルッと呑みこんでいく。 可愛い専業主婦はコクッと生唾を呑んで、垂直にはまりこんだオチ○チンの結合感を味わった。
 
「やんっ、たまらないぃっ……」 一回達するくらいは、欲求不満な美人妻にとってまだまだ序の口にすぎない。軽い準備体操が終わって体勢が整ったところで、清楚な人妻はこれから本格的に快楽を得るつもりだった。「あぁっ、はうぅっ、もう我慢できないぃ……あはぁっ、いやらしくなるぅっ!」 大胆によがりながら、人妻は俺の体の上で、腰を上下に弾ませだした。 硬く漲ったち○ちんにオ○ンコの凹凸が擦れ、淫らモードに突入した人妻のオマンコが、うねうねとのたうつ。「あっ、あぁんっ、ゆうきくん……」 若妻は頭を後方にカクンと落としたきり、無我夢中で腰を弾ませておち○ちんを擦りたてた。 専業主婦の見事な爆乳の胸がダイナミックに揺れて、女の激情を雄弁に物語っている。「さすがにいやらしいなぁ」 僕はニヤニヤして、セフレの奥様の乱れる裸身に視線を絡みつけてきた。「はあぁぁっ、だってぇ……ものすごく大きくて、感じるんですもの」 息を乱しながら、奥さんは濡れ蕩けた色っぽい目を僕に投げかけた。「何が大きいのかな? ちゃんと言ってごらん」 トンッと弾みをつけて美人妻のおま○この奥を突きあげるとともに、僕は卑猥な言葉を口にするよう唆す。「またぁ? それ、ちょっと言いにくいのよね……はうぅぅっ」 やや上擦ったようになって、爆乳の奥さんは口ごもった。何が嬉しいのかわからないのだが、俺はときどきsex中にマ○コの名称を言わせようとするのだ。「ほら、やめちゃってもいいのかな?」 再度、トンッと突きあげられる。 どうにも我慢できなくなって、セックスフレンドの奥様は紅潮した顔をはしたなく歪めた。珍しくためらいながらも、チンコの淫らな呼称を濡れた唇から発する。「あぁんっ、やめるなんて厭よぉ……はあぁぁっ、ち○ぽ、すっごくおっきい……硬くてたまらないぃっ」「もう一度言えってば」「あうんっ、ゆうきくんのペニス、気持ちいい……静夏だけのチンポにしたいぃ」 奥さんは上気しきって連呼すれば、残っていた恥じらいをかきたてられたようになった。 セックスフレンドの奥さんは呆然としていると下から手が伸びてきて、膨れあがった乳首を摘みあげられる。「あぁっ、いいっ、たまらないぃっ!」 羞恥を感じた分、清純な奥さんの体は鋭敏になっていた。コリコリしこった乳首を指先で弄われると、刺激がセフレの主婦の体を駆けめぐってマンコが締まりあがる。「くくっ、エッチな体だ」 嬉しそうに言って、俺が両手で若妻の爆乳のおっぱいを寄せ集めた。豊かな巨乳の乳房みを楽しみながら、繰りかえし揉みあげにかかる。「はあっ、あぁんっ!」「何度でもいっていいぞ。もっともっとエロくなるんだ」 はしたないほどわななき、主婦は男の股間に体重をかけていった。 きつく引きしぼれるマンコを充満するように、硬直しきった勃起ちんこがそそり立っている。大きく張りつめたちんぽに、蕩けたオマ○コが押し開かれる際どさに、秋元優里激似の人妻の唇から淫らな吐息が漏れる。「はあぁぁっ、あうぅぅっ、感じすぎるぅ……」 巨乳の奥さまはじっとしていてさえ膣壁が圧迫されて、Gスポットがウルウルしてしまうようだ。秋元優里似の奥さんの膣内で卑猥に膨れあがり、どうしようもない甘美感にまみれはじめる。(あぁんっ、たまらないぃ……どんどん感じてきちゃうぅっ) 極めつけのセクシーな表情で不倫相手を悩殺しながら、セフレの人妻は小刻みに腰を揺すりたてた。 微細な震動に快感スポットがわななき、若妻は今にも弾けそうになってテンションを押しあげる。「あうぅっ、くうぅぅぅっ……」 美人妻は今度はアトランダムにヒップをこね回し、回転するような動きを加えた。 堪えきれない波が、たちどころにかわいらしい若妻のおまんこに押し寄せてくる。「あんっ、また来ちゃうぅっ! やんっ、もう我慢できなくなるぅっ!」
 
 この機を逃すまいとするように、下方から何度となく突きあげられた。セフレの美人妻の子宮口に衝撃が波及して鈍く痺れわたり、ワナワナと下唇をかみしめる。 セフレの主婦は内腿で男の胴体を締めつけて、感じるままに上体を弾ませだした。 セフレの人妻のヒリつくGスポットがヌチャッ、ヌチャッと擦りあげられるにつれて、目の焦点が空をさまよう。 あっけなく限界を突破して、30代の人妻は淫らにのけ反っていく。「やんっ、またいくぅっ! あぁんっ、すごくなっちゃうぅっ!」 ワラワラと溶けるオマンコに、若妻は脳髄まで侵食されたようになっていた。 sexフレンドの奥さんの女体がブルブル震えるとともに、膣内にそそり立つおちん○ん官を肉壁が複雑に食いしめる。(はあぁぁっ、おいしい……おいしすぎるぅ……) 二十代の男と付き合っていた頃は、相手の欲望に押しきられて、いけないまま終わることも多かった。その点、女をいかせることに達成感を持っている僕からは、安定した快楽を与えられている。 は何度もいけるようになって、以前よりも格段にこってりしてきた自分の肉体に、若妻は満足していた。出会い系アプリのミントC!Jメールで出会った中年男のエロい欲望に、セフレの美人妻は成熟した肢体を差しだしている。持てる技をすべて与えられ、爆乳の主婦の熟れた体を繰りかえし絶頂に導かれたかった。「最高だよ、シズカ。今度はバックからはめてやるっ」 興奮したように口走り、僕が体を起こした。 はちきれんばかりに盛りあがったセフレの若妻のヒップを自分の前に突きださせ、ぬめるマ○コにズブリッと挿入してくる。「ああぁぁぁーっ、死んじゃうぅっ!」 大仰な叫び声をあげて、30代の専業主婦は必死で尻肉を掲げつづけた。 たちまち、マンコの奥まで貫かれてしまう。違う角度で攻められて、若妻はこれまでとは別の部位がビリビリ痺れだした。 主婦の美しい背中のラインを弓なりに反らせ、わななくまんこを男に向けてむきだす。「いくぞっ、いいなっ」「あぅぅーっ、来てぇ、来てぇっ!」 フィニッシュに向けて、男がピッチを上げて勃起お○んちんを抜き差ししはじめた。「ひぃっ、あぁんっ、すごいぃっ、たまらなくなるぅっ……」 出そうとしているのを感じて、セフレの奥さまはせいいっぱい男を受けとめる器に徹した。 呼応するようにヒップを振りたて、一段と硬さを増したちんちんに際どくなったオマ○コを抉られる。 むせび泣くような喘ぎが、スレンダーな若妻の口から漏れていく。「ひっ、ひぃぃーっ、しずかのなかにいっぱい出してぇっ!」 最大限張りつめた勃起オチ○チンが、ワナワナッと引きつれる。そして僕が「ああッ、いく!」と言いながらセックスフレンドの奥さんのまんこの中に精子を勢いよく中出しした。「うむむむっ……」 低い呻き声を漏らして、俺がチ○ポをアラサーの専業主婦のまんこの最奥までねじ込んできた。(はあぁぁっ、すごいぃ……ものすごく感じちゃったわぁ……) 繰りかえし引きつれるチ○ポの先端から、人妻のオマ○コの中心めがけて生温かい精子が振りかけられる。 ジワーッとした快感に覆われ、奥さんは我を忘れたようになって引きつれるオチン○ンを感じていた。
 
 バスルームから戻ってきた俺に、秋元優里似の奥様は媚びるような視線を絡めつけた。 ハードなセックスに力を振りしぼったせいで、まだ蒲団のなかにいたが、セックスレスの若妻の体はすっかり淫蕩になっている。快楽を与えられたオマンコが、底なし沼のような欲望に取りつかれていた。(はあんっ、もう一度したいぃ……はめてほしくて、体がジンジン火照っちゃうぅ) 僕は座卓の向こうに置かれた冷蔵庫を覗きこんだ。缶ビールを取りだすと、シュパッと栓を開ける。 「うふんっ、ゆうきくん……」 セフレの奥様は悩ましい貌つきになって掛け蒲団を捲り、裸の上半身をくねらせる。 若妻は蒲団の下では、待ちきれずに指がオマンコをかきみだしていた。マ○コに溢れた濃厚な蜜が、内腿までをねっとり濡らしている。「どうしたんだ。まだ、sexし足りないみたいだな」 セックスレスの若妻が誘惑のオーラを発しているのに気づいた僕が、奥の間に踏みこんできた。「正解ぃ……ねぇ、しずかったら、ものすごくエッチな気分なのよ、はあぁぁっ!」 セフレの奥さまのマンコに差しこんだ手が、下半身を覆った掛け蒲団にこんもり盛りあがり、淫らに動いている。男に気づかれるのを望むように、新婚の若妻はいっそう大胆に指を動かした。 掛け蒲団をはがれ、はしたなく震える裸身を露わにされる。 秋元優里似の人妻の汗ばんだ太腿の間に差しこまれた右手が卑猥に動き、破廉恥すぎる姿になっている。「おっ、オナっていたんだな。性欲の強い奴だなぁ」「あんっ、だってあんまり興奮したんで、収まりがつかなくなっちゃったのよぉ……あっ、はぁんっ」 はしたない行為を見つかって、ほおを火照らせながらも、自分でしているところを見られることに、人妻はのぼせあがった。 専業主婦は盛りあがったセックスの翌日などは、どうにも落ちつかなくてマスターベーション行為に耽ることがある。清楚な専業主婦にとって一人Hは、セックスとは別ものの個人的な愉しみなのだ。「あっ、はあぁぁっ……」 スタイルのいい奥様は見られることに少なからず興奮しながら、肉豆に押しあてた右手の中指を、ねちっこくに震わせる。(やんっ、見られてる、見られてるぅっ……はぁぁぁっ、激しくなってしまいそうよぉっ!) 僕が好奇心いっぱいに、若妻の悩ましくくねる悩殺的なボディを眺めている。セックスフレンドの奥さんはそのことに陶酔しながら、ジンジン痺れわたるおま○こに際どい刺激を与えつづける。 掛け蒲団を奪われてしまったせいで、ピチャピチャというおつゆの音が室内に淫猥に響きわたっていた。「あぁっ、あぁんっ……」 秋元優里似の主婦の軽く開いた太腿の間に差しこんだ手の甲が、速いピッチで動いている。 何度となくいかされたマ○コが卑猥にのたうち、新婚の主婦のオマ○コの筋がしこりきる。「志津香さんにあっちゃあ、アダルトビデオも顔負けだなぁ」 思わず身を乗りだしてきた僕が、新婚の若妻の小作りな足の前に陣取った。 内腿の最奥で忙しなく活動する指を覗きこみ、若妻が自らを慰める姿に目を張りつける。「ぃやん、そんなふうに見たらぁ……はあぁぁっ」 うっすら開いた瞳で恨めしそうに男を諫めながらも、主婦はいっそういやらしくまんこをこねくり回した。「な、もっとよく見せてくれよ。たまらなく興奮するよ」 専業主婦は投げだした両脚を、男がさらに開いた。 人妻の艶かしい肉の構造をこなれたタッチで弄りまわすさまを、じっくり観察される。「はうぅぅっ、やぁんっ、見られたらエッチになるぅっ……」 豊潤なラブジュースを飛び散らすようにして、若妻の中指が赤く充血した一番敏感な豆を震わせていた。 ぱっくり割れた肉襞までをかきみだしては、セフレの奥さんは露出したクリに淫らな震動を与える。(あぁん、気持ちいいぃ……いやらしすぎて、やめられなくなっちゃうぅっ……) 男とセックスした後は局部の疼きが強まって、いつも以上に性的になってしまう清純な奥様である。オマ○コもボディも鮮鋭になって、どうにも収まりがつかなくなってしまうのだ。
 
 巨乳の奥さまは肉の疼きを宥めるため、自分の指で思う存分感じる部位を弄りまわす。そのことにセフレの専業主婦は、罪の意識を感じたことなどなかった。 それでも、弄りまわすプロセスをしげしげと見つめられれば、人妻はどうしようもなく上擦らずにはいられない。 視姦するような男の視線を浴びながら、巨乳の主婦はヌルヌルの蜜汁が溢れたおま○こをかきみだして悶えつづける。 際どい快感が、清楚な主婦のオ○ンコに快楽の膜を張り巡らせていく。「あっ、あぁっ、あんっ……」 清楚な若妻は縒れたシーツの上でひとり身悶えながら、大きく開脚していった。 もっと見られたい。 コリコリいいそうなほどしこった肉襞や、膨れあがった肉豆も、男の目にさらされてなおさら際どくなっていく。「はあぁぁっ、見てぇっ!」 甲高い叫びをあげて、主婦は折り曲げた脚を腹部の横に持ちあげた。 人妻の熟しきったまんこが、濃厚な香りとともに開ききる。男に見せつけるように、セフレの主婦は勃起した一番敏感な豆を三本の指で摘みあげにかかる。「ひぃぃぃっ!……」 主婦の堪えきれない喘ぎが、捲れあがった唇から漏れた。わななきながらも周囲から圧を加えて、欲求不満な若妻は自らを追いつめていく。(ふぅぅぅっ、感じちゃうぅ……こんなふうにしたら感じすぎるぅ) 俺が興味津々に、自分の痴態を眺めている。 男の興奮を一身に受けて、若妻はヒクヒクと引きつれる膣穴に、左手指を二本ほど突き入れた。「くうぅぅっ……」 アラサーの奥様はしこっている筋を擦るように抉りだすと、一気に淫らさが加速していく。「あぁっ……はあぁぁっ!」 膣液が溢れだすオマンコの穴を中指と人差し指でかき回しては、セフレの人妻は痺れきっている膣壁を勢い任せに擦りあげた。「あぁん、もうダメェッ!」 奥様の腰が淫らに揺れて、おまんこに伝わる刺激をいっそう込み入ったものにする。 ボリュームのある爆乳のオッパイも、専業主婦の下半身の動きとともにプルプル震える。「あぁっ、くうぅぅぅーっ!」 ガクガクッと体が引きつったと思うと、秋元優里似の若妻は俺の目の前で海老反りに体を撓ませた。 のたうつ膣壁が波打ち、押しこんだセフレの奥様の指を何度となく締めつけていく。「エロすぎるよ、シズカちゃんは」 見物していた俺が回復した勃起チ○チンをむきだして、欲情に染まりあがった清純な若妻の裸身にのしかかった。 濡れとろけたお○んこにチンチンの切っ先を何度か擦りつけてから、奥さんの収縮するおまんこにヌルッと挿しこんでくる。「ああーっ!」 嬉しさのあまり、三十路の奥さんは大声を張りあげた。オマンコに打ちこまれたチン○ンを体じゅうで享受しながら、オチンチンの根元にマンコをぶつける。 男がいきなり腰を振りたてだした。新婚の若妻も待ちきれないようにヒップを揺すって、さらに複雑なものになった結合感を味わう。「あっ、あぁんっ、すっごくいい……もっともっと、したくなっちゃうぅ」「僕の女でいれば、たくさんぶち込んでやるぞ」 独占欲を露わにして、僕が快感に歪んだ人妻の表情を真上から覗きこんできた。 行灯に照らされて、なおさら艶かしく見える奥さんの顔の両脇に、左右の足をじっくり押さえつけていく。「ああぁーっ、あうぅぅぅぅーっ!」 これ以上ないほど深く結合しながら、引きつれるおまんこを抉りたてられる。 清楚な若妻は派手に喘ぎながら、敏感さを増したGスポットを、硬直したチ○チンにうねうねと擦りつけた。 僕が今夜二度目の中出しに向かう。 (あぁっ、際限なくしてしまいそうっ……) 恍惚の表情を浮かべたセックスフレンドの主婦は、不倫相手だけのヒロインとなって、濃密なsexのなかをさまよいつづけた。
 
出会い系サイトミントC!Jメールでのセックスフレンドの若妻とのオフパコセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓





















































 
今回sexフレンドの奥様とすぐ即ハメsex出来た出会い系はJメール(jmail)です。
 
なおJメール(jmail)を利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないといますぐエッチさせてくれる奇麗な女性と出会ってセックスフレンドにしてタダマンエッチできませんので、ミントC!Jメールに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ミントC!Jメールのような出逢い系マッチングサイトで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで具体的に解説していますので参考にしてください。
 
⇒出会い系サイトJメールの詳細はこちら
 
※ミントC!Jメールは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.