deaikeitaiken_novel

【PCMAXヤリモク】茨木市で四十路の巨乳美魔女と中出しセックス

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
自分は飽きもせず出逢い系マッチングサイトでかわゆい女漁りをして、ハメ撮りsexに励んでいます(^○^)
 
さて、今回は即出会いできる迷惑メールのこない出会系コミュのピーシーマックスで出会った巨乳の美魔女と大阪府茨木市で会ってsexフレンドにしていますぐオフパコセックスをしてきたのですが、ハメ撮り写メがたくさん撮影できましたのでご紹介します。
 
※この記事にはエロいセックスのはめ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回であいけいマッチングサイトのピーシーマックスで出会った女性は美魔女で、名前は栄子ちゃんといい、顔は松たか子似の非常に美人でした(^0^)
 
出会い系サイトPCマックスでの巨乳の熟女のプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトPCMAXでの激カワの熟女の掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
スリムな熟女とは、出合い系アプリのPCマックスで知り合ってLINEでやり取りした後、茨木市駅近くの洒落たイタリアンレストランに食事に行っていい雰囲気なったのでいつものようにラブホテルに行って即ハメエッチをしました。
 
僕と熟女が大阪府茨木市の茨木市駅近辺のラブホテルの部屋に入った。隣に座る激カワの熟女から、濃厚な香水の匂いがプンと漂った。 むせるようなおばさんの柔肌の匂いも感じる。 清楚な美魔女は「電気をつけたまま」という言葉に抵抗していたが、やがて諦めたように、大きなため息をついて言った。「……いいですわ、明るいままで……」 かわいらしいおばさんは後ろで結われていた髪をほどくと、さらさらの黒髪が枝垂れ落ちて、肩ぐらいの長さまで広がる。セフレの美熟女にいっそう艶っぽさが加わって、僕は昂ぶった。 子持ちのおばさんは淡々とベッドに入ろうとする。 僕は声をかけた。「その前に、僕の前に立って服を脱いでください、色っぽく」「えっ……?」 清楚な美魔女は思いがけないことを言われたように、驚いた目を向けてきた。「じ、自分で……?」「ええ、じっくりと眺めさせてもらおうかなって」 おばさんの目が、さらに厳しいものになった。 僕は欲望のままに、セックスレスの熟女を抱きたかった。上品でセレブな熟女が、セックスで恥ずかしがるところも見てみたかったのだ。 松たか子激似の美魔女はしばらく口惜しそうに唇をかんで睨んでいたが、やがて俺が本気だとわかると、立ちあがって諦めたように白いブラウスのボタンに手をかけた。
 
 セックスフレンドの熟女は恥ずかしそうにしながら、ちらりとこちらを見た。黒目がちな大きな瞳が不安に揺れている。「こんなおばさんの恥ずかしがる姿なんか見て、なにが楽しいの? 見たいなら、よろしいですけど……」 美魔女はなんでもないふうを装っていたが、タイトスカートのホックを外そうとする手が震えていた。 スタイルのいい美熟女の恥ずかしがる姿は、なんといっても可愛いし、色気がある。(そうだ)「スカートはそのままでいいですよ。先にストッキングを脱いでください」「ええっ?」 美形のおばさんが眉を曇らせる。グレーのタイトスカートと白いブラウスは、着せたままがいいなと思った。巨乳のおばさんをその格好のままsexしてみたい。「くっ……」 口惜しそうに言いながらも、美魔女は両手をおずおずと自らのタイトスカートの中に潜り込ませ、そのままくるりと背中を向けた。「う、うう……」 パンティストッキングを脱ぐためには、腰を屈めてスカートをまくらなければならない。松たか子激似の熟女は恥辱の呻きを漏らしながら、僕に向けてお尻を突き出すような格好になる。(アラフォーか……それにしてはキレイな脚だ。それにこの尻……) 激カワのおばさんの腰は細いのに、そこから広がる双臀のボリュームは、まさに熟れた美魔女らしい豊満さだ。 sexフレンドのおばさんが後ろ向きにスカートの中に手を入れて、薄いパンティストッキングを脱いでいく。パンストがくるくると丸められ、白い太ももや形のよいふくらはぎから、
 
キュッと締まった足首まで露わになっていく。 セックスレスの熟女が爪先からパンストを抜くときに、太ももの付け根が見え、奥にチラリとピンクの布がのぞいた。(ああ……パ、パンティ……ピンクだ) 奇麗なおばさんのパンチラに、背徳的ないやらしさを感じた。 しとやかなおばさんの下着……めったに拝めないものが見られて、興奮もひとしおだ。 もっと清楚な美魔女のストリップを見たかったが、もうガマンできなかった。 背後から近寄り、肩に手をやって、美熟女の身体をくるりとこちらに向ける。「あっ……お、お待ちになって……」 まだ覚悟ができていないのか、ほおを引きつらせたスリムな美熟女を抱き寄せる。 強引に唇を奪った。「ん、ンふッ……」 腕の中で抵抗する清純な美魔女を抱きしめ、その腰のあたりに熱くなった下腹部を押しつけながら、背中から腰へと手をまわしていく。「ン……んぅう……」 セックスレスのおばさんが悩ましげに悶え声を放ち、身をよじる。 しかし抵抗は弱々しい。 俺はキスをしながら、熟女のくびれのある腰から豊かなヒップに向かって、ねっとりとさすっていく。尻はよく熟れていて、肉づきがいい。 ブラウス越しのセフレのおばさんの巨乳の胸も量感たっぷりで、もっちりとして柔らかい。脂の乗りきった巨乳の熟女の肉体は、抱き心地もたまらない。 ギュッと抱きしめつつ、ベッドに押し倒した。 
 
いったんは離れてしまった唇だが、再びキスをして、40代のおばさんの引き結んだ口唇をねろねろと舌で舐める。「ぅんんんっ……」 セックスフレンドの熟女の長い睫毛がピクピクと瞬き、呼吸が荒くなっていく。 僕は子持ちの美魔女の尻からナマの太ももに右手を這わせた。「んっ……」 巨乳の美熟女がそれに反応し、唇がうっすら開いた。 それを逃すまいと、僕はすかさず歯列のあわいに舌を差し込む。 ぬるりとした舌先で、巨乳の熟女の歯茎やほおの粘膜をねちっこく舐めあげると、次第に熟女の身体の力が抜けて、おとなしくなってくる。 やはりこのあたりはsexの経験豊富な美熟女だ。 出会い系アプリのピーシーマックスで出会ったセフレに身体をまさぐられるなど、やりきれなくて拒否したいと思っているはずだが、清純な美熟女は身体が愛撫に反応してしまうのだ。「ん……ムウッ」 僕が口を吸い舌をからめていくと、スリムなおばさんは切なげに鼻を鳴らす。目を開けてみれば、美貌には悩ましい縦ジワが刻まれている。「ん……んぅ……」 くちゅ、くちゅ、と音を立てながらじっくりと口内を舐めまわし、舌をからみつかせると、「いやっ……」とばかりに細身の美熟女は尻を揺すり立てるのだが、やがて巨乳の美魔女のほうから舌をねちゃねちゃとからみつかせてくる。(欲求不満なんじゃないか……?) 俺は調子に乗って、ほおをすぼませて溜めた唾液を舌にのせて流し込んでやる。「んんっ……」 子持ちの美魔女は眉をひそめ、身体を強張らせるのだが、流れてきた僕の唾をいやがることなく、四十路の美魔女はこくんと音を立てて嚥下する。 同時に、太ももをじっくりと撫でていた右手を、タイトスカートの奥にすべり込ませていく。「ンッ……!」 セックスレスの美魔女が太ももをギュッとよじり合わせる。 だがその前に僕の右手は、太ももの間に侵入を果たしていた。 欲求不満なおばさんの柔らかな肉のしなりを味わいながら内ももを撫でさすり、左手でブラウスの上から巨乳の胸を揉みしだいた。「ああ……だめっ……」 もうキスもできなくなったのか、唇をほどき、アラフォーの熟女はしどけない声を漏らしつつ、いやいやと身をよじる。
 
「可愛らしい」 俺が顔を見ながら煽ると、美熟女はカアッと顔を赤らめて、「そんなこと言わないで……」 と、自ら僕の口を塞ぐようにキスを求めてきた。 余計な羞恥を感じさせられるより、快楽に没頭したほうがいいという、清純な美魔女らしい判断があったようだ。少しずつ、身体が燃えあがってきているのだろう。 僕は手を伸ばし、ブラウスの上からすくうように美魔女の巨乳の胸を揉んだ。「う、うくっ」 セフレのおばさんの肩がビクッと震えた。乱暴に形がひしゃげるほど揉みしだくと、巨乳のおばさんの身体は悩ましくくねって、淫らな反応を見せてくる。(た、たまらないな……) ねちゃねちゃと舌をからめ合いながら、美熟女のブラウスのボタンを外していくと、パンティとお揃いのピンクのブラジャーに包まれた豊かな巨乳のバストが、俺の目にさらされる。(すごい……) 震える手が、可愛らしい美魔女の豊満な巨乳のおっぱいをムギュッとつかんだ。(や、柔らかいな……) ざらついたレースの生地に包まれた熟女の巨乳のオッパイは、たっぷりした量感がありながらも、手のひらの中でとろけそうだった。 すぐにブラ越しの乳揉みでは満足できなくなり、強引にピンクのブラカップをズリあげる。 美熟女の真っ白な巨乳のバストが、ぷるん、とまろび出る。頂には、大きめの小豆色の乳輪が広がっている。「ああっ……いけませんっ……」 巨乳の胸を露出させられて、おばさんはキスをほどき、切なげに眉根を寄せて顔をそむける。 しかしそんな羞恥とは裏腹に、美魔女の巨乳の胸の先端では、小豆色の乳首が物欲しそうな尖りを見せている。「可愛い乳首ですね、えいこちゃん」「いやっ、おっしゃらないで……あああッ、い、いやっ……」
 
 巨乳のバストを手で捏ねると、スタイルのいい美熟女がビクッと腰を震わせる。 さらには、つきたての餅のように形をひしゃげた熟れた巨乳のバストの中心の、シコッた乳首にむしゃぶりついた。「ぁあん……!」 おばさんが上体をのけぞらせる。「感じやすいな」 再び煽るも、もう熟女は答えることもできずに、身体をよじらせて悶えていた。 僕はその反応に気をよくし、欲求不満な熟女の巨乳のバストの突起にむしゃぶりついて舌を使う。「あぁ……いけません、いけませんわ……こんな……こんな、はぅぅ」 子持ちの熟女は気品のある美貌を切羽つまらせて、僕の頭を抱え込んだ。「むぅぅ……」 温かく柔らかい激カワの熟女の巨乳の乳房に顔を埋めて息もできないという、夢のような快楽が待っていた。そのまま顔面を押しつけ、むしゃぶりつけば、「あ、あん、んんっ」 甘美な刺激に乳頭が疼くのか、おばさんは甲高い声を漏らし、大きく顎を持ちあげる。「尖ってきましたよ。ずいぶん気分が出てきましたね……」 僕はいったん乳首から顔を離して、美魔女を見つめた。 わずかに裾野の広がった大きな巨乳のオッパイの突起が、僕の唾液でべとべとになって濡れ光っている。 巨乳のおばさんのタイトスカートがまくれあがって、ピンクのパンティに包まれた充実した下腹部から、ボリュームある太ももまでがさらけ出されている。 松たか子激似の美熟女のパンティは股間にぴっちりと食い込んでいて、いやらしい熱気が生々しく伝わってくる。「ああ、いやっ……」 キュートな美魔女の恥じらいで、スカートを押さえてパンティを隠そうとするも、僕はそれをはねのけて、パンティの上から子持ちの美魔女のおまんこを撫でさする。 パンティの股間部分を甘くこすると、柔らかく、クニュッとしたお○んこの感触を味わえる。レース仕様の高級そうなパンティの生地が、じんわりと湿っている。「んぅ……あっ……あっ……あんっ……」 スリムなおばさんのムチムチの下半身がくねり、腰が前後に動いている。おっぱいも揺れ弾んで物欲しそうに見えたので、同時に胸の突起に舌を這わせてやる。
 
「くぅぅぅ!」 ごく些細な軽いタッチにもかかわらず、熟女は激しく首を振った。 セミロングの艶髪がほつれて顔にかかり、熟女の汗ばんで上気した美貌と相俟って、おばさんの情感たっぷりの表情をさらけ出す。 それを見られたくないとセフレの美熟女は横を向くのだが、しつこく乳首を舐められては、反応しないわけにはいかないらしく、「はあん! ああン……だめ、だめよっ」 清純な美魔女は勃起した乳頭を舌で舐め転がされるたびに、女の声があふれ出てくる。 美熟女は奥歯を食いしばり、これ以上声を立てまいと、シーツをギュッと握りしめている。(感じまくってるじゃないか……) 僕は唇をすぼめて、乳首をチューッときつく吸い立てた。「ン、ンンンンッ!」 たまらずセフレのおばさんは、僕の腕の中で背をのけぞらせる。「い、いやらしいですわッ! い、いやッ!」「そんなことを言って、もう欲しいんでしょう、えいこちゃん」 俺は股間の位置をずらし、セフレの美魔女のパンティのクロッチにズボン越しの股間をこすりつける。「あ、ああ……よ、よして……」 脈を打つ熱いちんこを、薄いパンティ越しにも感じたのだろう。 とたんに巨乳の美魔女の様子が変わってくる。腰がうねってきているのだ。「いやらしいですね、腰が動いてますよ。それに湿り気もすごい。いやがるフリだったのかな。」「ああ……お、おっしゃらないで……違うの、違うんです」 いったん腰を押しつけようとした子持ちの熟女が、また腰を逃がそうとする。その腰をつかみ、すりすりとパンティの上から細身の美魔女のまんこの割れ目を撫でさすった。「あああ……くぅぅぅ……」
 
 美魔女はくりっとした大きな目を細め、?を真っ赤に染めてちぎれんばかりに顔を振る。白い素肌はじっとりと汗ばみ、発情した生々しい匂いが清楚なおばさんの股間から立ちのぼってくる。「チンチン欲しいんでしょう?」 さらに欲求不満な熟女のパンティの生地の上からじっくりとお○んこをなぞれば、はっきりと中心部が濡れて、恥ずかしいおまんこの割れ目がパンティに透けて見えてくる。「あっ、いやだな、栄子ちゃん。パンティにいやらしいシミがにじんでますよ」 パンティのクロッチの指で押したところから楕円のシミが広がって、ムンとした匂いが鼻をつく。「栄子さん、感じやすいんですね」「いやああ……ですから、そんなことはおっしゃらないで……」 細身の美魔女の腰が、もどかしそうに持ちあがってきた。巨乳のおばさんのはだけたブラウスと、巨乳の胸の上端に引っかかったブラジャー。 量感あふれるおっぱいに、尖りきった小豆色の乳首。 まくれあがったタイトスカートは美魔女の腰を隠すくらいで、ピンクのパンティが丸見えになっている。 セフレの美熟女のあられもない格好に、俺のチンポはますますいきり勃つ。 いよいよ汗で張りついた巨乳のおばさんのパンティを腰からひき下ろす。(むうう……なんていやらしいオ○ンコだ……) かわゆい美熟女の濃い繁みの奥の土手は、ぷっくりとふくらんで、蘇芳色の小陰唇がくにゃくにゃと縮れている。 うっすら開いたオマンコからは薄桃色の粘膜がのぞいて、すでに粘り汁でぬめぬめと光っていた。「だ、だめッ……ご覧にならないで」 美熟女が、慌てて手で隠そうとする。 その手を引きはがして、しとどに濡れるオ○ンコの割れ目に指を這わせれば、ニチャ、ニチャとヨダレのような膣液が淫靡な音を立てる。「あっ……ぁああ……ああ……!」
 
 細身の美熟女が悶えた。もうガマンできないらしい、淫らな顔だ。 僕がさらにくにゅくにゅと、指で花びらをねちっこくいじりまわせば、いよいよ松たか子似の熟女は、「ああ……ゆ、許して……もう、もう……ああんっ、焦らさないでッ……」 と、悲哀の声を漏らしはじめる。「ようやく素直になりましたね、栄子さん」 俺はズボンとパンツをズリ下ろし、シャツまで脱いで素っ裸になり、ベッドの上で仁王立ちした。 美熟女の鼻先に滾ったチン○ンを近づけると、「うう……」 と口惜しそうに目を伏せてから、チ○ポの根元をつかんでシゴきつつ、大きく口を開いて、俺のチンチンを咥え込んでいく。「ううん……うううんっ……」 まるで解き放たれた獣のように、熟女は情熱的にちんちんを舐めしゃぶった。 アラフォーの美熟女は唾液をたっぷりとしたたらせて、じゅるるると吸い立てたかと思うと、舌で敏感な鈴口をねろねろ舐め、果ては陰のうまでも可愛がってくる。「おおおう……」 これほどまでに気持ちのいい濃厚なフ○ラは初めてだった。 髪を振り乱して、口腔奉仕に身をやつす巨乳のおばさんが、出会い系アプリのピーシーマックスで出会った奥様であると思うと、ますます快感がふくらんでいく。(さっきまで赤の他人だったチンポなのに……) さすがにそれを言うとやめてしまいそうだから黙っていた。だが、このシチュエーションはかなり燃える。 踏ん張らないと、このまま射精してしまいそうだった。こちらも責めなければと僕は身体を横たえ、キュートな美熟女の開ききったお○んこに顔を近づける。 横向きのシックスナインの体勢だ。 俺は、セフレの美熟女の腹側から舌を伸ばした。 色香を放つ下腹部からは、キツい発情の匂いが立ちのぼる。(強烈な匂いだな……ホントに久しぶりなんだろうな……) 
 
獣じみたツーンとする性臭を嗅ぎつつ、巨乳の美熟女のおま○この割れ目に沿って、ねろねろと舌を這わせていく。「ぅんんんっ……」 口いっぱいにちん○んをほお張った美魔女が、鼻奥で悶え泣いた。 ようやく欲しかったところを舐めてもらえたとでもいうように、僕が舌を這わせると、美魔女はその動きに呼応して激しく身をよじる。 その反応が嬉しくて、俺はますます激しく舌を動かし、花びらも舐めしゃぶってやる。「んんうぅぅ……んんん……」 細身の熟女はますます感極まったのか、いっそう熱心に頭を振り、俺のチ○チンを唇と舌でシゴきたててくる。 僕は息をのんで、美魔女のマンコの割れ目だけでなく、その周辺の会陰やアヌスホールまでも唾でべとべとになるほど舐めしゃぶり、クリトリスも舌で可愛がってやる。「ンフッ……んぐぐぐッ……」 一番敏感な豆を愛撫すれば、おばさんのくぐもった声が大きくなる。 やはりクリちゃんは強い性感帯なのだろう。奥から分泌液があふれてきて、僕の口元を濡らしていく。「うぐぐ……んぅぅぅぅ……」 欲情しきった松たか子似のおばさんのフェラはますます情熱的になり、僕のチンコはsexフレンドの美魔女の口内で痛いほどに漲った。 そこで、なんとか歯を食いしばりつつ、クリを重点的にクンニする。 チュッ、チュッとキスをして、唇をつけて強く吸えば、「んぐぐ……ああっ……はぁぁ……ゆ、許してッ……ンンンッ」 ついにはおしゃぶりもしてられないとばかりに、美魔女はちんぽを吐き出して、股間を僕の口に押しつけてくる。さらに舐めると、「んぁああ……お願いっ、もう……もう……欲しいっ、欲しいのよッ」 と、腰をくねらせる。「娘のカレシですよ」 言うと、いったんは言葉につまるものの、「だって、だってもう……」
 
 セフレの熟女が、泣きそうな顔で哀願する。 その顔を見ていると、僕はグーンと昂ぶった。ふたりで起きあがり、セフレの美熟女ははだけたブラウスやタイトスカート、下着も取り去って全裸になる。 四十路とは思えぬスタイルのよさだが、松たか子激似のおばさんの腰まわりはさすがに柔らかそうな脂肪が乗っている。 だがその崩れはじめてきた体形こそが、美魔女を抱いている実感が湧いて、興奮が増していく。「上に乗ってください」 僕が言うと、美魔女はすぐにハッと大きな目をくりっとさせて、口惜しそうに見つめてきたが、チン○ンの魅力には勝てないようで、おずおずと近づいて跨いでくる。「腰を落としてください」 熟女の脚をさすると、「うっ……くぅぅ……」 ほつれたセミロングの黒髪の隙間から、恥じらいに顔をそむけながらつらそうに眉をひそめる松たか子似の熟女の様子が見える。恥じらう美魔女だが、やはり欲情には勝てないようだ。 ぱっちりした目が今はとろんととろけて、逞しいち○こを見つめている。 かわいらしい美魔女はちんこに手を添えて、じりっ、じりっと腰を落とす。 たらたらと透明なヨダレを垂らす綺麗な美熟女の口に、亀頭がぬぷりと埋まり込んだ。「んんんんっ」 細身の美魔女は淫らな開脚をしながら、大きくのけぞった。 俺も歯を食いしばる。 いきり勃ったチンポがどろどろの膣内を穿っていく。セフレのおばさんのおま○こは締めつけもキツく、僕はその甘美な刺激にハアハアと息をこぼして、上に乗る激カワの美魔女を見つめた。「ああ……エイコさん、ひとつになりましたよ。騎乗位でね」 僕の言葉に、欲情にとろけていた四十路の美魔女の顔が、みるみる恥辱の色に染まっていく。
 
「ああ……そ、そんな……ああっ、いやっ、こんなのいやっ……許してッ」 出会い系アプリのPCMAXで出会ったセフレのちんちんで貫かれる。 巨乳の熟女としては相当な羞恥に違いない。「ああんっ、お願い……いやっ、いやっ……」 僕の上で子持ちの美熟女は可愛らしく首を振り、しきりに身をよじるのだが、もうずっぽりと嵌まってしまったものは仕方なく、抵抗しても無駄なことだった。 僕は手を伸ばし、揺れるセフレの美熟女の巨乳のオッパイを揉みしだき、尖った小豆色の乳首を指でキュッとつまみあげる。「ぁあああ……あああっ……だめっ……ああんっ、あああんっ……」 娘と比べられる恥辱にむせびつつも、奥まで貫かれて性感帯も責められて、美熟女はのけぞり、愉悦に喘いでしまう。 俺は美熟女の乳首をつまんだまま、下からグイグイと腰を使う。「んああ……ああ……恥ずかしいっ……恥ずかしいわっ……ああん、ああんっ、ああああ」 ち○ちんで奥を穿つたびに、松たか子似のおばさんの美貌は快楽に歪み、娘のかわりとも言える同じ体位での結合の恥辱も感じられなくなっていくようだった。「くうう……すごい締まりだ。娘と同じくらいかな」 俺は乳首をいじりたて、さらに腰をまわす。「いやあああ……こんなのいやああ……!」 セックスフレンドのおばさんは俺の上で、なすすべもなく身体を揺らしてむせび泣く。 だがそこはセフレの熟女の獣じみた性欲だ。やがて自ら腰を前後にくいくいと動かしはじめて、チ○チンとまんこがこすれる快感をむさぼってくる。「くぅぅ……いやっ……いやっ……うううんっ、うううン」 いやいやと顔を振っているのに、美魔女は鼻にかかったような甘えた声をあげ、腰の動きは淫らになっていくばかりだ。 ずちゅ、ずちゅ、と肉ずれ音が立ち、発情の匂いをムンと濃くさせて、欲望のままに腰を使ってくる。「ああん、もう……イク……私、イッちゃう……ああんっ、イキそう……」 清楚なおばさんがとろけきった目で見つめてくる。「イカせてっ……ああんっ……イカせてよぉ……」
 
 おばさんが恥も外聞もなく、甘えたように哀願する。 腰をくねらせ、欲望にまみれた熟女は、凜としたセレブ美熟女の顔を忘れて、ただ一匹の牝になっている。(エイコちゃんは、こんなに淫らがましいのか……) 四十路の美熟女がもともと淫らな顔を持っていたのか、それとも僕の開き直ったいじめっぷりで箍が外れたのか……。 いずれにせよ、おばさんのをここまで乱れさせたことに、僕は誇らしい気分になった。 俺も夢中になって、寝そべりながら腰を動かした。 パンパン、パンパン、と弾むように突きあげれば、美熟女の身体が浮きあがり、尻肉の感触と花びらにこすれる感触が、俺を恍惚に導こうとする。「ああん、許してっ、遠野さんっ、イクッ……私、イキます」 思いきりのけぞりつつ、清楚な美魔女が切羽つまった様子で訴えてくる。「イッて……イッてください。僕も、僕ももうだめです」「あああ……ザー○ン出して……出していいのよ。私、もう大丈夫ですから、いいのよ」 汗まみれの慈愛に満ちた微笑みを浮かべ、上から清純な美魔女が覗いてくる。 その言葉に、俺も箍が外れた。もうなにも考えずに、一気に奥まで突き込んだときだ。「あんっ……あんっ……イッ、イクわ……イキます……アアアアッ……」 セックスレスの熟女は総身をのけぞらせて、ガクッ、ガクッと腰を震わせる。 キュンッとチ○チンが締められる。同時に僕も、チ○チンの先からザー○ンをアラフォーのおばさんのお○んこ中に大量に中出しした。 おばさんのふらついた身体を、両手で受けとめる。 抱きしめながら、美熟女のオマンコの奥に煮え滾るザーメンを大量に中出していく……。 やがて精液を中出し尽くしたのを確認して、子持ちのおばさんが起きあがった。 結合をといて僕の隣で横になり、ハアハアと荒い息をこぼした。
 
出会い系サイトピーシーマックスでの子持ちのおばさんとのオフパコsexのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓




























































 
今回清楚な熟女と今すぐオフパコセックス出来た出会い系はピーシーマックスです。
 
なおPCマックスを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと今からすぐエッチできる奇麗な女性と出会ってセフレにしてただまんエッチできませんので、ピーシーマックスに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
PCマックスのような出逢い系コミュニティで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで分かりやすく解説していますので見てください。
 
⇒出会い系サイトPCMAXの詳細はこちら
 
※ピーシーマックスは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.