deaikeitaiken_novel

【PCMAXハメ撮り】セックスレスの巨乳専業主婦と不倫セックス

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
僕は相も変わらず出逢い系アプリでかわいらしい女と出会いまくって、ただまんエッチにいそしんでいます(^_^)
 
さて、今回は出会いまくれる登録は無料の出会い系コミュのPCMAXで出会った蒼井優似のセックスレスの巨乳専業主婦と静岡県三島市で会ってセフレにしてすぐ不倫オフパコsexをしてきたのですが、ハメ撮り写メが沢山取れましたのでレポートします。
 
※この記事にはアダルトなセックスのはめどり写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出合い系サイトのピーシーマックスで出会った女の子は奥さまで、名前はまさみさんといい、顔は蒼井優似のどえらい美人でした(^○^)
 
出会い系サイトPCMAXでのスリムな美人妻のプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトPCマックスでのセフレの主婦の掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
きれいな若妻とは、出会い系マッチングサイトのPCMAXで知り合ってラインでやり取りした後、三島駅近くのお洒落な個室居酒屋に飲みに行った後セックスしてもOKとのことだったのでそのままラブホに行ってはめ撮りセックスをしました。
 
俺とセフレの奥さんが静岡県三島市の三島駅周辺のラブホの部屋に入った。するとスレンダーな奥さんが、臆す自分を鼓舞するように朱唇をかんだのが分かった。 今にも震いつきたくなる、ぽってりと肉厚な唇だ。 セフレの主婦はすっとその場に立ち上がる。 見られることを恥じらうように、色っぽく僕に背を向けた。 清純な人妻は帯締めを解き、シュルシュルと淫靡な音を立てて帯をほどいた。 若妻の脚の先は、艶めかしい内股になっていた。そんな清純な奥さんの足元に、解かれた帯と帯締めが、力なく落ちていく。 やがてとうとう、着物から帯が完全に離れた。あでやかな着物の合わせ目がはらりと開かれる。「──っ」 僕は息を飲んだ。 欲求不満な主婦はこちらに背中を向けたままである。 奥さまのなよやかなその肩から、するりと着物を肌襦袢ごと、背中の中ほどまで下降させていく。「うおおお、まさみちゃん……」 露わになったのは、抜けるように白くきめ細やかなきれいな奥様の美肌であった。 官能的に盛り上がる肩甲骨と、そこにできる小さな影も艶めかしい。「うう……」 俺の熱い視線を感じるのだろう。セフレの主婦は大胆な行動に身を委ねながらも、やはり激しく恥じらっているのが分かった。 それを証拠に、ちらりと見える欲求不満な若妻の横顔は一気に紅潮して火照っている。アラサーの人妻の切れ長の楚々とした瞳が、せつなげな潤みをたたえてキラキラと光った。 新婚の美人妻は再び、座布団の上に正座をした。 セフレの若妻の足の裏には、これっぽっちの汚れもない。 むきだしになった色っぽい若妻の肩と、背中の一部が眩しかった。人妻のれた女体は、思わず涎を垂らしたくなる上質な背脂感に富んでいる。 その上、sexフレンドの奥さんは白いうなじまで僕に晒した。 後れ毛と首の細さの儚さに、俺はゾクリと鳥肌を立てる。(おおお……)「来て……ゆうきさん……」 かわいらしい専業主婦の呼びかける声は、哀れなまでに震えていた。 そんな30代の主婦の緊張感が、改めて僕にも伝染する。 畳から立ち上がろうとした。両脚が不様に震えている。左の胸の奥にある心臓が、とくとくと激しい鼓動を繰り返す。 足を踏み出すと、畳がミシッと音を立てた。 新婚の美人妻は、壁に背を向ける格好で座っている。 僕は、熱い期待に身を焦がしながら、ゆっくりと、ゆっくりと、sexフレンドの美人妻の後ろから前へと回る。(うおっ、うおおおっ…) 奥様はいたたまれなさそうにあらぬ方に顔を向け、両手で巨乳のバストを覆っていた。 しかしどんなに隠そうとしても、隠しおおせる大きさではない。 クロスさせた清純な若妻の腕の上と下に、ひしゃげた白い巨乳のオッパイが、いびつになって飛び出していた。 羞恥にほおを染め、おっぱいを隠そうとする欲求不満な若妻の挙措にも、俺は身悶えたくなるほどの昂ぶりを覚える。「よ、横に……なってもいいんですか」 巨乳の奥さまの巨乳のオッパイを吸わせてもらえるということは、赤ん坊のように抱きかかえられて乳首にむしゃぶりつけるということなのかも知れなかった。 いや、そうであってくれと祈りつつ、逸る気持ちで奥さんに問えば、「え、ええ……」 sexフレンドの奥さまは今にも泣きそうな声で、俺にそれを許す。(感激だ) 甘酸っぱい期待に、心地よく全身が痺れた。 僕はいそいそとかわゆい若妻のかたわらに膝を折り、愛しいその人に包み込まれるようにして、奥さんの両手に抱きすくめられる。「うわあ、あ、まさみさん……」
 
俺を抱きかかえたため、いよいよ巨乳の胸が露わになった。 セフレの主婦の特別な巨乳が、なにひとつ遮る物のない状態で、たぷたぷと重たげに肉のさざ波を立てている。(また会えた) あまりに嬉しくて、鼻の奧がつんとした。 巨乳の若妻の豊満な巨乳の乳房が、ボリューム感たっぷりに盛り上がっている。 先端に艶めかしい姿を晒しているのは、あの日も目にした薄桃色の乳輪だ。 儚げな色合いをした乳輪は、若妻の白い肌からこんもりと盛り上がっている。 その中心では、果肉の甘みを期待させるピンクの乳首が半勃ち気味になっていた。「い、いいんですね、まさみちゃん」 若妻の肉体の温かさに癒されつつ、その身体がわずかに震えていることにも気づいて、震える声で僕は聞く。 すると若妻は返事の代わりに、さらにムギュッと青年を抱きしめ、巨乳のオッパイに近づけた。「おおお、麻沙美ちゃん」 本当に、赤ちゃんに帰った気分だった。 腹を空かせた乳飲み子顔負けの性急さで、主婦の巨乳の胸にむしゃぶりつく。「はうう……か、ゆうきさん……」「幸せだ……ああ、幸せだ。んっんっ……」 ……ちゅうちゅう。ちゅぱ、ぢゅる。「ひうう……」 巨乳の人妻の巨乳のオッパイに吸いつき、乳首を口で締めつけた。俺は本能に導かれるがまま口を蠢かせ、母乳を吸い上げようとする。「あああぁン……」(おお、出てきた。出てきた、出てきた) すると30代の人妻の乳首からは、憧れのミルクが次々と、堰を切ったように分泌され始めた。 口の中いっぱいに甘い味覚がたちまち広がる。 飛び込んできた若妻の母乳が舌を酔わせ、唇やほおの裏側の粘膜を喜ばせる。「嬉しい……感激です、まさみさん……んっんっ……」 こくこくと喉を鳴らして人妻の母乳を嚥下した。 甘くて温かで、栄養成分も満点の女神の雫が、僕の食道をトロトロと下降して胃袋に収まっていく。「ゆうきさん……あああ……」「おいしいです。おいしいです。麻沙美ちゃん、俺、幸せです」 訴える声は、どうしたって甘える調子になった。 そんな僕のアピールに、美人妻はますます艶めかしく声を上ずらせ、さらにひっしと僕を抱く。「ゆうきさん。ゆうきさん。はああぁぁ……」「ねえ、もっと吸ってもいい?」 勇気を出して、口調をため口にしてみた。「吸って。いいのよ、好きにして」 どうやらいやではなかったらしい。 蒼井優似の奥様もまた、少しだけそれまでより親しげな口調になり、それどころか──。(ああ、頭を撫でてくれてる) 若妻は両手で包んだ僕の頭を、優しく何度も撫で上げて、そっと髪を梳いてくれる。 愛しげに、と断定してしまってもよいのであろうか。ついそううぬぼれたくもなる、人妻の特別な感情のこもった愛撫にも思えた。(い、いやいや。そんなわけないだろう) 勝手な思い込みは危険だった。そうだと思い込んでしまうと、ますます心に歯止めが利かなくなってくる。(でも。ああ、でも)「はぁぁん、ゆうきさん……」 二個目の乳首にむしゃぶりつけば、セフレの若妻はビクンと痙攣し、それをごまかすように、一段と強く俺を抱きすくめる。
 
(うおおお……) セフレの奥さんの大きな巨乳のおっぱいが、グイグイと顔いっぱいに押しつけられた。 清潔感溢れるソープの芳香が、セックスレスの若妻の巨乳のおっぱいそのものの放つ甘い香りとともに、鼻腔粘膜に染み渡る。 美人妻の巨乳の乳房の柔らかさと弾力、そして温みにも癒され、僕はオチンチンを妖しく疼かせる。(ああ、やばい) 頭がぼうっと痺れ出すのを感じた。 赤ん坊だ。 自分はこのまま、ずっと赤ん坊でいなければならないはずだった。 それなのに、どんどん大人に還ってしまう。獰猛な男の本能に衝きあげられ、欲求不満な若妻の巨乳のおっぱいを求める理由が、淫らに変質していく。「んむぅ、あ、麻沙美ちゃん。んっんっ……」「はうう、ゆうきさん。あ、あ……んああ……」 ちゅうちゅうと、貪るように二個目の乳首を吸い続けた。 ひとつ目と同様、スリムな人妻の乳の頂は、僕の涎でもうベチョベチョだ。その上、乳首はもうすでに狂おしいまでにしこり勃っている。 快楽ホルモンであるドーパミンが、麻薬のように脳髄を蝕んだ。 セフレの奥さんの乳首を吸い、母乳を嚥下するだけでは飽き足らなくなってくる。 オ○ンチンはあっという間に臨戦態勢へと張りつめた。開けてはならない禁忌の扉を、俺はもうどうしようもなく、両手でバンと開け放つ。「ひっ、か、ゆうきさん?」「おおお、まさみさん……」 ……カジカジカジ。「ひいいいい」 上下の歯の間に、そっと三十路の若妻の乳首を挟み込んだ。 痛みに変わらない程度の絶妙の力加減で、巨乳の若妻の乳首を甘がみする。「あああ、ちょ……僕さ──」 ……カジカジカジカジ。「んあああ、いやん、そんな。待って……待っ──」 ……カジカジカジカジ。カジカジカジカジ。「ああああああ」「おおおお……?」 甘がみを繰り返し、巨乳の美人妻の乳首を側面からそっと締めつける。 そのたび搾り出されるかのように、さらなるミルクがピューピューと、音さえ立てそうな勢いで噴出した。 母乳を噴き出す人妻の乳勃起を甘がみするなんて、もちろん生涯初体験。 その得も言われぬ心地と、敏感にミルクを噴いて反応する乳首のいやらしさにますます恍惚となり、俺は卑猥な甘がみを繰り返し、そればかりか──。「はああぁん、か、ゆうきさん……」 とうとう大人しく、奥さまを抱きしめられてばかりもいられなくなった。 轟々と燃え上がる苛烈な激情に衝きあげられるまま、清純な若妻の腕から身を起こし、人妻を畳へと強引に押し倒す。「きゃああ。か、ゆうきさん、何をするの……」 蒼井優激似の主婦が引きつった声を上げ、表情を一変させたのも当然だ。 畳に仰向けにさせられたセックスレスの人妻は、はだけた着物を慌てて元に戻そうとする。「ああ、まさみちゃん。許して。でももう俺……我慢できないよう」 そんな欲求不満な若妻に、俺は荒々しく覆い被さった。 奥さんの暴れる女体は、いつしか驚くほど熱くなっていた。「放して。いや、ゆうきさん。いやあ……」
 
「マサミさん……」 セックスフレンドの主婦はもがくように両手を振り、盛んに脚をばたつかせて俺の下から抜け出そうとした。 しかししょせんは、か弱い女の力である。 そして僕は、自分が自分でなくなったような激しい欲望に支配されていた。「きゃあああ」 蒼井優激似の奥さんの着物の合わせ目を、再びガバッと左右に開いた。 圧力に負け、たゆんたゆんとダイナミックに弾みながら、二つの巨乳のオッパイが俺の眼前に飛び出してくる。「おおお、まさみさん。マサミさん」「んあああ。やめて……」 そんな艶めかしいGカップ巨乳の胸を、赤ん坊ではなくひとりの男として、両手で鷲つかみにした。「あああああ」「おお、やっぱり柔らかい。もうだめ。だめなんだ、マサミちゃん。俺、これ以上自分を抑えられない……」 訴える言葉はどこまでも身勝手で、セフレの美人妻のことなど考えてもいなかった。 俺はせりあげるようにネチネチと巨乳のオッパイをまさぐり、心の赴くままにその形を変えていく。「あぁん、だめ。いけないわ、ゆうきさん……あっあっ、いやあ……揉まないで……いやン、揉んじゃだめ……だめだめ……んはああぁ……」 いやがって身をよじる美しい若妻の胸元で、そんな持ち主の意志とは関係なく、たわわな巨乳のおっぱいがグチャグチャに揉みしだかれた。 人妻の白い乳肌に、浅黒い指が深々と食い込む。 我が物顔で揉みこねられる無力な巨乳のおっぱいが無限に変形し、あちらへこちらへ、またあちらへと、ピンクの乳首の向きを変えた。「あっあっ、ああぁ……やめて、ゆうきさん。約束が……私には主人が」「あ、麻沙美さん……」──私には主人が。 巨乳の人妻のその言葉に、やはり僕はショックを覚えた。 先ほどまでの自分に対する蒼井優似の奥様の反応に、ただならぬ親愛の情を感じたのは、案の定、思い込みだったようだ。 今もこの人の心には、変わることなく旦那がいる。 ずっと分かっていたことではあった。容姿も人格も何もかもが、おそらく自分は主婦の夫に劣っている。 何よりも、自分とその夫とでは、新婚の人妻の想いが全然違う。 「うう、マサミちゃん」 僕はうろたえた。 嫉妬。 ケダモノになった自分を支配するどす黒い欲望には、あろうことか強烈なジェラシーのおまけまでついてしまったのである。 猛ったチンポがジンジンと疼いた。早く楽にさせろとばかりに吠えているのだと俺は思う。「あぁん、いや。いやいやいや。揉まないで……ゆうきさん。はああぁ……」「うおおお……」 30代の奥さまがいやがって暴れられれば暴れられるほど、さらに理不尽な情欲が募った。 こんなひどいこと、欲求不満な若妻に決してしてはならない。 そんなことは分かっていた。 だがもうどうにも、ブレーキが利かない。「ああ、マサミちゃん」「きゃあああ」 着物をはだけた若妻の下半身に、素早く移動した。 セフレの人妻が穿いていたのは、清純な専業主婦にふさわしい純白のパンティだ。 奥さんは巨乳のおっぱいと同様、ヒップも量感たっぷりだった。
 
三十路の若妻の細くくびれた腰から一転し、横にも後ろにも息詰まるほどのダイナミックさで張り出して、女体ならではの艶めかしい丸みを強調している。「た、たまらない」 僕は、強引に開かせた股の間に伏せっていた。両手を30代の若妻のパンティに伸ばし、その縁に指を引っかける。 セックスフレンドの奥さんの清楚な白いパンティは、柔らかそうな股間に吸いつくように貼りついていた。縁がセフレの奥さまの肌に食い込んで、窮屈そのものの佇まいだ。(ああ、とうとうまさみさんのマンコが見られる) そう思うと、罪悪感を感じながらもさらに獰猛な力が漲った。 僕は、蒼井優激似の専業主婦の両手がパンティに伸びたのを察しながら、そうはさせるかと、一気にずるりと股間から脱がせる。「いやああぁ」「うおお、ああ、麻沙美さん」 ついに巨乳の美人妻の秘めやかで、もっとも深遠なおまんこが露わになった。 三十路の奥様のふっくらと柔らかそうなおまんこの眺めに陶然となる。 肉厚の、丸みに満ちた白い土手に淡い縮れ毛の陰毛があった。 儚げな若妻の面影そのままに、もやつく秘毛も猫毛のようで、分布面積もとても少ない。(おおお、見えた) そんな陰毛のすぐ下に、いよいよ卑猥な姿を晒したのは、欲求不満な若妻の熟れたオマ○コだ。  本人の意志とは裏腹ではあるのだろうが、しかし俺に巨乳のおっぱいを吸われ、セックスフレンドの奥さまもまた、妖しく発情し始めていた。 重たげなオマンコが、完全にべろんとめくれている。 いやらしい汁をねっとりと付着させて開花するオマンコの眺めは、夜露をまとった百合の花のようである。 主婦のオマンコのローズピンクの粘膜が、たっぷりの蜜汁による淫らな潤みを見せつけた。 ピンクの粘膜の下方では、「せつないの、せつないの」とでも訴えるかのように、清純な奥様の子宮へとつながる膣穴が、盛んにヒクヒクと喘いでいた。 縦に裂けた唇を思わせる小ぶりな陰唇の上方では、一番敏感なところがフルフルと震えている。「ああ、マサミちゃん。こんなに濡れて……麻沙美ちゃんも、僕とセックスしたかったんですよね」 動かぬ証拠を見つけたとばかりに、さらに昂ぶって俺は聞いた。「ち、違うわ。私はそんな……ああ、いや……だめえぇ……」 脚から完全にパンティを脱がそうとしたものの、清純な美人妻が激しく暴れるために、片脚からしか脱がせられない。 白いパンティはセフレの若妻と俺がもつれあうせいで、再び膝へ、さらには太腿へと、ズルズルと戻って丸まったまままとわりつく。「?言わないで、優美さん。オマンコ、こんなに濡れてるのに……旦那さんとセックスレスになってから、ずっとひとりだったんでしょ」「か、ゆうきさん」「こんなむちむちした身体をして……sexしたい夜とか、けっこうあったんじゃないですか」「何を言うの」 僕の非礼な突っ込みに、セフレの若妻はいささか色をなした。 しかし僕は怯まない。「ひとりで慰めてたの? ひとりでマスターベーションして、寂しい夜を耐えてたんですか。男のち○こが、ほしいとは思わなかったの」「なんてことを……い、いや、放して……」 蒼井優似の人妻は必死に抗った。 僕はいったいなんてことを口にしているのだと思いはするものの、僕は妬心と肉欲のせいで、もはや完全にまともではなかった。 暴れる人妻を力任せに押さえつけた。着ているものを?ぎ取り、見る見る全裸にさせていく。 ──ブルルルンッ。「い、いや。いやああああ」 股間から飛び出し、上下に揺れる巨根に、アラサーの人妻はますます狼狽したらしい。 ちらっとそちらに視線をやったアラサーの若妻は、恐怖に瞳を見開いて、狂ったように足を振り、身をよじる。「うわっ」 そんな新婚の人妻の動きのせいで、俺はバランスを崩した。畳に転がりそうになり、慌てて片手で転倒を止める。
 
主婦はそんな間隙を逃さなかった。なおも着物を熟れた身体にまとわりつかせたまま、畳から起き上がり、襖に向かって駆けだそうとする。「ま、待って」 俺は慌てて飛び起き、若妻に躍りかかった。「きゃあああ」 足元をもつれさせた主婦は転びそうになり、反射的に手を伸ばして壁の縁をつかむ。「うう、マサミちゃん。もうだめ。おかしくなりそうなんだ」「ひいいい」 主婦のヒップをつかみ、グイッとこちらに引き寄せた。こうなってしまったら、もはや躊躇などしている暇はない。 僕は奥さんの着物の裾をつかんだ。 下に着ている襦袢ごと、一気に腰までたくし上げる。「きゃあああ」「うおお、こ、興奮する」 中から露わになったのは、巨乳のオッパイと同様、アラサーの専業主婦の大迫力の熟れに熟れた大きなヒップだ。 甘く実った白桃のような得も言われぬ眺めをたたえ、プリンプリンと大きくくねる。 健康的に張りつめたセフレの奥さんの白い太腿がブルンと揺れた。脹ら脛の筋肉が艶めかしく盛り上がり、子供を孕んだししゃものような形が強調される。「ああ、麻沙美ちゃん」 立ちバックの体勢で、セックスフレンドの奥様はヒップを突き出していた。 パンティは30代の人妻の太腿にまとわりついたままだ。 「いや。いやいや、いやあああ」 清純な専業主婦の悲鳴が切迫したものになった。 僕は鼻息を荒くする。 奥さんの背後で体勢を整え、絶え間なく疼く極太を、ズブリとセフレの専業主婦の膣奥深く、問答無用で挿入した。「ああああああ」「うおお……ああ、す、すごく濡れてる……」 オチン○ンを飛び込ませたそこは、奥の奥までたっぷりの粘り汁でぬかるみきっていた。 その上、なんという窮屈さだ。 挿入する穴を間違えたのではないかと思うほどの狭隘さとともに、ぬめるおま○こがウネウネとオチンチンを絞り込んでくる。(な、何だこのオマンコ) ここまで激しく蠕動するマンコは初めてだった。 こんなに盛んに締めつけられたら、とてもではないが長くは持たない。「おおお、気持ちいい。分かる、マサミちゃん? 久しぶりでしょ。久しぶりの男のちんちんなんでしょ」 痩せ我慢をして、僕は聞いた。 奥歯をグッとかみしめれば、歯茎が疼くような甘酸っぱさが募る。「はうう、か、ゆうきさん……抜いて……抜いてください」「いやだ。いやだいやだいやだ」「あああああ」 ……ぐぢゅる。ぬぢゅる。 巨乳の美人妻にしてみれば、夫がいるのに出会い系アプリのPCMAXで出会った男に犯されているのだ。このような状況は、罪悪感と恥辱以外の何ものでもないだろう。 だが、そうだと思えばよけいに燃えた。 「うおお、き、気持ちいい。ああ、最高だ」 俺はスタイルのいい若妻の細い腰をつかみ、前へ後ろへと腰を振った。 カリ首と膣襞が窮屈に擦れ合い、麻薬のような快美感が、繰り返し股間から四肢の隅々へとしぶきを散らす。「ああん、だめ。困る。困るンン。あなた、ごめんなさい。あなた。あなたあああ」
 
発情してしまったま○こを男スリコギでほじくり返され、奥様は哀切な声を上げ、眼前の亡夫を盛んに呼んだ。(ああ、ほんとに興奮する) 主婦の夫から強引に寝取っていると思うと、燃え上がるような劣情はさらに増していく。 挿れても出しても、亀頭と女粘膜がイチャイチャと戯れあい、覚える快感は、ひと抜きごと、ひと差しごとに高まってくる。 そして人妻もまた、おちんちんを咥えたおまんこから、ますます汁を分泌させた。「おお、えげつない。スケベな汁がどんどん出てくる。感じてるんでしょ、優美さん。旦那の前で犯されてるっていうのに、興奮しちゃってるんでしょ」「ち、違います。違う、違う。ああ、やめて、あっあっ、あああああ」 巨乳の奥様は必死にかぶりを振り、目から涙を飛び散らせる。 俺の怒濤の突きを浴び、立ちバックの体勢で、両脚が「く」の字に曲がっていた。 美形の若妻の踵が浮き、もっちりした両脚がガクガクと震えている。(ああ、それにおっぱいもこんなに弾んで) 僕はうっとりと巨乳のおっぱいの眺めにも感激した。 前に屈んでいるせいで、蒼井優似の奥さんの巨乳のオッパイは自らの重みに負け、釣り鐘のように伸びている。 そんな奥さんの巨乳の胸がたゆんたゆんと盛んに跳ねて変形した。 ジグザグのラインを描く乳首から、俺の唾液が糸を引いて、あちらへこちらへと粘り伸びる。「おお、まさみさん。もうだめだ。イク……もう出るよ!」「えっ、ええっ。ああん、ゆうきさん。あっあっ、あはあああぁ」 できることならいつまでも、この夢のような時間を堪能していたかった。何しろ出会い系アプリのPCMAXで出会ったセフレの主婦のオマンコにチンポを包み込まれているのである。 しかし獣の本能が、俺にそれを許さなかった。 どばっとザーメンを吐きたくて、亀頭はいっそうせつなく疼き、股の付け根を痺れさせる。(マジで限界だ) ……パンパンパン。パンパンパンパン。「あああ。ま、待って、ゆうきさん。外に……外に出して……」 股間と肉尻が衝突する生々しい音が高らかに響いた。 主婦が何か叫んでいるものの、気持ちよすぎてぼうっとなり、何を叫んでいるのか判然としない。 俺はさらに雄々しくカクカクと、腰をしゃくってピストンをした。 人妻はますます着物を乱し、「ひいい。ひいいい」 前へ後ろへと揺さぶられ、取り乱した悲鳴を上げる。 跳ね躍る美人妻の巨乳のおっぱいがぺしぺしと、互いにぶつかって湿った音を立てる。 俺は全身がチ○チンになったかのようだった。 ヒダヒダと擦れ合い、子宮を抉る鈴口が、ただひたすら気持ちいい。 グチョグチョと男棹が淫洞をかき回す品のない汁音がした。 セフレの主婦のおめこはさらにウネウネとおもねるように蠢動し、亀頭の先から根元まで妖しく何度も絞り込む。(イ、イク) 直火で肌を炙られたような熱さを感じた。 いよいよ俺は息さえ止め、チ○ポを美人妻のおま○こに擦りつける。「ああん、ゆうきさん。外に……外に……妊娠しちゃう。赤ちゃんできちゃうンン!」「おおお、麻沙美ちゃん。ああ、出る。出る出る出る……」「いやん。いやん、だめええ。ああ、困る困る。あああああ。あああああああっ!」 灼熱のマグマが、股の付け根から火を噴くように駆け上がった。 本能に導かれるまま、ずっぽりと根元まで膣へとチンポを完全に埋める。「うお、おおおお……」
 
三回、四回、五回──絶頂感に打ち震えながら、俺は奥さんのまんこの中に精子をたっぷり中出しした。(最高だ……) 打ち上げられたロケット花火にでもなった気分だった。魂までもが揮発して、目には見えない大きなものと、ひとつになりそうな多幸感さえ覚える。「ひう、ひうう……だめって、言った、のに……あああ……」(……えっ) そんな俺のエクスタシーに冷や水を浴びせたのは、清楚な人妻の悲愴な声だった。 巨乳の人妻は、乱れた着物を熟れた身体からずり落としそうになりながら、なじるように僕に言った。 セフレの主婦の火照った肢体はビクビクと、不本意な恍惚感の余韻に震えている。「あ……えと……まさみちゃん……」「中出しは……だめって……今日は……危険日なのに……妊娠、しちゃう……」「──あっ」「夫の前で……こんな……ひどい……ひどい……うー」(な、なんてこった) 先ほど何か叫んでいたのはこのことだったかと気づいても、もはや後の祭りだった。 今さら抜いたところで、精子はあらかた30代の人妻のおま○この奥まで注ぎ入れてしまっている。「あ……マサミさん……」「ひどい……ゆうきさんの、ばか……ばか……ひうう……」 なおも不随意に痙攣しながら、蒼井優似の若妻はかぶりを振り、涙の雫を飛び散らせた。 それなのに、かわいらしい人妻のおま○こはヒクヒクと、さらにオ○ンチンを愛おしそうに、何度も何度も締めつけた。
 
出会い系サイトPCMAXでのセックスレスの若妻とのオフパコセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓
























































 
今回細身の奥様といますぐただまんセックス出来た出会い系はピーシーマックスです。
 
なおピーシーマックスを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと今からすぐsexさせてくれる美形の女の子と出会ってセックスフレンドにしてオフパコsexできませんので、PCMAXに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ピーシーマックスのような出合い系SNSで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで具体例を示しながら解説していますので参考にしてください。
 
⇒出会い系サイトPCMAXの詳細はこちら
 
※PCマックスは18歳未満は登録できません。


 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.