deaikeitaiken_novel

【出会い系出会える】ビッチな爆乳グラビアアイドルとセックス

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
自分は日々出逢い系コミュニティできれいな女の子と出会いまくって、即ハメセックスをやっています(o^∇^o)
 
さて、今回は匿名で出会える評判の良い出会系マッチングサイトのハッピーメール(happymail)で出会った久松郁実似のビッチな爆乳グラビアアイドルと奈良県生駒市で会ってセフレにして今からすぐオフパコsexをしてきたのですが、はめ撮り写メがたくさん撮れましたのでレポートします。
 
※この記事にはエロいエッチのハメ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出合い系マッチングサイトのハッピーメールで出会った女の子はグラドルで、名前はナナオちゃんといい、顔は久松郁実似のすげえ美人でした((^┰^))
 
出会い系サイトハッピーメールでのセックスフレンドのグラビアアイドルのプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトハッピーメールでの清純なグラドルの掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
清純なグラビアアイドルとは、出会い系サイトのハッピーメール(happymail)で知り合ってLINEでやり取りした後、生駒駅周辺の洒落た串カツ居酒屋に飲みに行っていい雰囲気なったのでいつも通りラブホテルに行ってハメどりセックスをしました。
 
俺とセックスフレンドのグラドルが奈良県生駒市の生駒駅周辺のラブホの部屋に入った。(ああ……入っちゃったよ……) どうにも落ち着かない。まさか俺がsexフレンドのグラドルとラブホテルに行くとは、思ってもいないだろう。「ゆうきさん……」 スタイルのいいグラビアアイドルが抱きついてきた。グラドルはもっと身長があると思っていたが、ハイヒールを脱ぐと意外なほど小さかった。一六〇センチに何センチか足りないくらいだろう。「……後悔してます?」 上目遣いのヤリモクのグラビアアイドルが、不安そうな顔で言った。グラビアアイドルのいつもの傲慢さは微塵も感じられない。(これが本当の顔なんだな) いつもの気の強いグラビアアイドルは、化粧と一緒に涙で流されてしまったのかもしれない。「後悔はしてないよ。ただ……」「……ただ?」 グラビアアイドルを見て、心がときめいたのは間違いない。 普段あれだけ自信に溢れ、頑なに自分を通してきたsexフレンドのグラビアアイドルが、初めて本心を見せてくれたのだ。気持ちが揺れないわけがない。 しかし、それを恋愛と言っていいのだろうか。どうにも自信が持てない。「ななおちゃんに対する気持ちが――」 そこまで言いかけた瞬間、久松郁実似のグラドルがキスしてきた。 口を塞がれてしまう。言葉が継げない。 グラドルの唇の柔らかさがたまらなかった。「キスしていいですか?」「もう、したじゃない」「もっとです」 今度はグラビアアイドルに大胆に艶めかしく唇を吸われた。すぐにセフレのグラビアアイドルの舌が入ってくる。 久松郁実似のグラドルのぬめぬめとした生温かい舌が、口の中で動きまわる。グラドルの舌先が、前歯の一本一本を舐っていく。「ふふふっ……当たってますよ」 唇を離したグラビアアイドルが、悪戯っぽく笑っている。抱き合ったまま、グラビアアイドルは下腹部をぐいぐいと押しつけてきた。 僕の下着の中では、淫欲にぱんぱんになったお○んちんが、びくびくと痙攣していた。「ううっ……ごめん……」「いいんです。わたしで興奮してくれて、嬉しいです。ゆうきさんったら、わたしの体になんて興味ないのかと思ってました。ミニスカートを穿くと怒るし……」 清楚なグラドルが拗ねたように言った。「そんなことないさ。菜々緒さんはとっても魅力的だと思ってるよ。それに……」「……それに?」「すごくセクシーだと思う」「じゃあ、これはどうですか?」 グラビアアイドルがさらに体を密着させてきた。巨乳のグラビアアイドルの豊満な巨乳のオッパイが、二人の体に挟まれて、むにゅうっと押し潰された。 さすがにグラビアアイドル本人がGカップと豪語するだけはある。まるでバレーボールを二つ挟んだみたいな圧迫感だった。「すごいね……」「大きなおっぱいは嫌いですか?」 嫌いなわけがない。「……好きにしていいんですよ」 清純なグラビアアイドルの瞳が俺を捉えて離さない。(好きにしていいということは、好きにしていいってことだよな?) 頭の中で次から次へと妄想が膨らむ。
 
「あっ……また、大きくなったみたい」 正直な下半身だ。「一緒にシャワーを浴びましょうよ。洗ってあげます」「う、うん……」 二人で競い合うように服を脱いだ。 爆乳のグラビアアイドルがブラウスとスカートを脱ぐ。暴力的にセクシーな下着姿に、息をするのも忘れて見惚れてしまった。 黒いレースのブラジャーとパンティーだ。sexフレンドのグラドルのブラジャーはハーフカップで、レースの部分から乳首がはっきりと透けていた。ビッチなグラビアアイドルのパンティーはTバックになっていて、両サイドを細い紐で結ぶタイプだ。 グラビアアイドルの腰は心配になるくらい細いのに、胸と尻はアンバランスなほど張り出している。清純なグラビアアイドルが息をするたびに、爆乳のオッパイが大きく揺れた。 グラドルが背中に手をまわすと、ぷつんっとブラジャーのホックが外れた。そのまま足元に落ちる。ぶるるんっと、グラドルの巨乳のオッパイが姿を現した。「パンティーも脱いじゃいますね」 爆乳のグラビアアイドルは両サイドの紐を指で摘まむと、同時に引っ張った。するすると結び目が解ける。パンティーは一枚の布になって、はらりと足元に落ちた。 妖艶な笑顔を残して、グラドルがバスルームに消える。「早く来てください」 久松郁実激似のグラドルの声が響く。「わ、わかった。今、行く」 俺は慌てて残りを脱いで裸になると、グラビアアイドルが待つバスルームに向かった。 曇りガラスの扉を開けると、湯けむりが流れ出した。シャワーの湯が降り注ぐ中に、全裸の巨乳のグラドルが立っていた。(ああっ……なんて綺麗なんだ……) セフレのグラビアアイドルの雪のように白い肌が湯に火照り、ピンク色に染まっている。扇形に広がる陰毛がグラドルの体の卑猥さをさらに増していた。 爆乳のグラドルが少しだけはにかんだ様子を見せる。sexフレンドのグラビアアイドルの妖艶さとのギャップが、俺の心をくすぐった。「洗ってあげますね」「いや、それくらい自分で……」「だめです。わたしがそうしたいんです。ゆうきさんのために、いっぱいいろんなことをしてあげたいんです。だめですか?」 グラビアアイドルが顔をわずかに左に傾ける。(ううっ……かわいすぎる……) 僕は一瞬で魔法にかかってしまう。「じゃあ……お願いしちゃおうかな……」「嬉しい。じゃあ、あれもこれも、いっぱいさせてくださいね」 ボディソープを手に取ったグラビアアイドルが、女神のように見える。(あれもこれもって……いったいどんなことなんだよ) 期待と不安が……いや、大いなる期待が止め処もなく広がっていく。 グラビアアイドルの手でボディソープを体に塗りたくられる。 両方の乳首を、セフレのグラビアアイドルの中指で円を描くように、くりくりと刺激された。「乳首が勃ってきましたよ」「うううっ……そんな……」 セフレのグラビアアイドルのボディソープでぬるぬるになった手で、お○んちんを握られた。「あれ? こっちのほうもさらに硬くなったみたい。連動してるんですか?」 くくくっと喉を鳴らすように、久松郁実似のグラビアアイドルが笑う。「くふぅううううっ……」 清楚なグラドルのしなやかな指が亀頭のえらに絡みつく。きゅっきゅっと、扱かれた。 グラドルに乳首とちんこを同時に刺激される。乳首はくりくりで、ちんぽはきゅっきゅっだ。涙が出そうになるくらい気持ちいい。 グラドルの手のひらで、全身を洗ってもらう。
 
 胸も腹も太腿も、足の指の間まで丁寧にボディソープを塗りたくられた。セフレのグラドルが背後にまわる。「壁に手をついて、脚を開いてください」 言われるまま脚を開くと、巨乳のグラビアアイドルが背中に巨乳のオッパイを押しつけてきた。 グラビアアイドルのぶるんぶるんの爆乳のおっぱいで、背中を洗われる。グラビアアイドルの手は尻を撫でまわしていた。「あああっ……そこは……」 清純なグラドルの指が、尻の谷間を往復していた。ぐぐぐっと前までくると、グラビアアイドルにペ〇スや陰のうをやわやわとマッサージされる。そのまま20代のグラドルに裏のsexを丁寧に洗われた。その間も、背中にはセフレのグラビアアイドルのたぷんたぷんの爆乳のオッパイが押しつけられている。「わたし……いつもはこんなこと、しないんですよ」「う、うん」「ゆうきさんは特別です。それだけはわかってほしくて……」 背後からセックスフレンドのグラビアアイドルの甘い声で囁かれた。シャワーヘッドの向きが変えられる。お湯が肌の上の白い泡を押し流していった。「もちろん、ななおさんのことを、そんなふうには思ってないよ」「じゃあ、菜々緒って呼んでください」「それは……」 さすがにヤリマンのグラドルとの関係を思うと、照れ臭かった。「言ってくれないと、こうしちゃいます」「うおおおおっ……」 お尻の孔にグラビアアイドルの指が押し当てられた。ぬぷっと侵入してくる。「洗いながらマッサージしたから、解れてるみたい。ほら、もう第一関節まで入っちゃってますよ」「よ、よせ……あううううっ……そこは……」「第二関節まで入っちゃいました。いいんですか? 早く名前で呼んでくれないと、全部入れちゃいますけど」 そう言っている間にも、sexフレンドのグラビアアイドルの指は少しずつ粘膜を刺激しながら、奥へ奥へと進んでいた。「菜々緒ちゃん……あああっ……菜々緒さん……いいっ……」「もう、遅いです。中指が全部入っちゃいました。中でぐりぐりしてあげますね。ほら……どうですか?」 どうもこうもない。 人生で初めての刺激に、全身に脂汗が吹き出し鳥肌が広がった。恥ずかしさと快感が入り混じり、脳味噌がびりびりと痺れるほど気持ちがいい。「くふぅうううううっ……」 爆乳のグラドルの左手が前にまわってきた。グラビアアイドルの指先がくるくると勃起ち○ぽの先端を撫でる。「先っぽから、ぬるぬるしたのがいっぱい出てます」 グラビアアイドルの中指で透明な汁を掬われる。亀頭に擦りつけられた。 尻穴と亀頭を同時に指で弄られている。すさまじい興奮に襲われた。 天国なのか地獄なのかわからなくなる。おそらく、両方だ。 先走りの汁をローション替わりにして、ペ〇スを扱き上げられる。お尻の孔の奥に侵入した久松郁実激似のグラドルの指は、ぐりぐりと粘膜を刺激し続けていた。背中には爆乳のグラビアアイドルの爆乳のバストが押し当てられている。「うおおおおおっ……だめだっ……出ちゃう……」 歯を食い縛って耐えるが、高まった射精感は限界を超えている。「あんっ……出してください……ゆうきさんの熱い精液、いっぱい出してください」 セフレのグラビアアイドルの指の動きが大胆さを増す。グラビアアイドルの手のひらで、亀頭を包み込まれた。「ああああああっ……出るっ……うぉおおおおおおぉ」 息が止まる。体の中で大噴火が起こった。火砕流が尿道を駆け抜ける。「はぁあんっ……びくびくしてる……熱いのが、いっぱい出てます……」 激カワのグラビアアイドルの手の中で、俺はいつまでも射精を続けた。
 
 濡れた体を拭くのさえ煩わしいと思うほどに、俺と清純なグラドルは絡み合いながら、ベッドに転がり込んだ。 20代のグラドルの巨乳のおっぱいを両手で鷲つかみにする。(一度触ってみたかったんだ) もちろん、グラドルとはsexフレンドの関係だ。いくら普段からグラビアアイドルがセクシーな格好でいるからといって、いやらしい目で見ていいわけがない。 それでもグラビアアイドルのこれほどの見事な爆乳のおっぱいが、ゆっさゆっさと揺れているのを目の当たりにすれば、ときには男として良からぬ妄想を抱いたとしてもしかたがないだろう。 妄想が現実のものとなろうとしている。念願のセックスフレンドのグラビアアイドルの爆乳のおっぱいを爆揉みできるのだ。(思いっきり揉んでいいんだよな) グラビアアイドルの爆乳のオッパイをつかんだ手のひらに、少しずつ力を入れていく。「はぁあああっ……ゆうきさん……気持ちいいです……」 細身のグラビアアイドルが目を細めて、身悶える。(なんてセクシーなんだよ) 頭の中が真っ白になった。 両手に力を込め、巨乳のグラドルの揺れる巨乳のオッパイをがんがん揉みしだく。「あうあうあうっ……そんな激しくしちゃ……だめっ……」 とんでもない揉み心地だ。これがビッチなグラドルの体の一部であることが信じられない。 グラドルの爆乳のおっぱいは揉めば揉むほどに熱を発し、さらに膨れ上がって大きさを増していくような錯覚に陥る。「ああああっ……いいっ……すごいっ……」 こりこりに硬くなった乳首が、グラビアアイドルの柔らかな巨乳の胸の頂で震えていた。 両手で下乳を持ち上げるようにしながら、爆乳のグラドルの乳首をほお張り、舌先で転がす。ちゅーっと吸い上げると、久松郁実激似のグラドルの乳首はあっという間に充血して勃起した。「はぁああああっ……だめっ……はんっ……くぅううううっ……」 疼き立つピンク色の小さな実に歯を当てると、20代のグラドルは悲鳴のような甲高い声を上げて啜り泣いた。 乳首から唇を離す。 グラビアアイドルの乳輪ごと唾液で濡れて光っている。たまらなく淫靡に見えた。 再びグラビアアイドルの爆乳のオッパイをぐいぐいと揉む。素晴らしい感触だった。このまま朝まで揉み続けていたいくらいだ。 手のひらをいっぱいに開くのだが、グラビアアイドルの爆乳の乳房があまりにも大きすぎて、つかみきれない。指の間から、ヤリマンのグラドルの巨乳の胸が零れ出てしまう。 いったい中身はどうなっているのだろうか。 グラドルの巨乳のおっぱいは手で触れれば蕩けそうなほど柔らかいのに、力を込めて揉んでみれば弾けるように押し返してくる。それでいて、スレンダーなグラドルのしっとりとした柔肌は、指をつかみ込むように纏わりついてくるのだ。 まったくもって、おそろしいほどえっちな爆乳のおっぱいだった。「あああっ……ゆうきさんったら、おっぱいばっかり……」「ごめん。痛かった?」 グラビアアイドルが優しげに微笑みながら、首を横に振った。「わたしにもさせてください」 ベッドの上で、素早く体を入れ替える。グラドルが俺の下半身のほうに体をずらし、下腹部に顔を伏せた。「あんっ、硬い……」 痛いほど漲ったおちん○んを、ビッチなグラビアアイドルが握り締める。清楚なグラビアアイドルは顔を横に向け、裏筋に沿ってつつつつっと舌を滑らせていった。「くふぅうううううっ……」「気持ちいいですか?」
 
「ああ。すごいよ」 セックスフレンドのグラビアアイドルがちらりと顔を向けて、嬉しそうに笑みを零した。「良かった。喜んでくれて……」 ちゅっちゅっちゅっちゅっと、清純なグラビアアイドルはチンチンにキスの雨を降らせる。20代のグラビアアイドルは唾液で濡れたチ○コを絡めた指で扱きながら、唇は陰のうへと下りていった。 グラビアアイドルにぱくっと右の玉袋を飲み込まれる。くちゅくちゅと、唾液まみれにされながら、セフレのグラビアアイドルの口の中で肉玉を転がされた。可愛いグラドルの舌先で玉袋の皺を伸ばされていく。 ぬぽんっと陰のうを吐き出されたあと、続けて奇麗なグラビアアイドルに左もぱっくりと飲み込まれた。玉をぐちゃぐちゃにされる。 セフレのグラドルの両手が、僕の膝の裏側に宛がわれた。そのままぐいっと持ち上げられる。左の玉袋も吐き出された。「いいことしてあげますから、脚を抱えててください」「な、何するんだ?」「いいこと……ですよ」 どきどきしながら、ヤリマンのグラビアアイドルに言われた通りにする。当たり前の話だが、出会い系サイトのハッピーメール(happymail)で出会ったセフレの女性の前でこんな屈辱的な格好をしたことはない。勃起したちんちんはおろか、お尻の孔まで丸見えだ。「恥ずかしいな……」「そうですか? さっきはここを弄られて、喜んでたじゃないですか?」 ふーっと、久松郁実似のグラビアアイドルにア○ルに息を吹きかけられた。「ひっ!」「ほら、やっぱり」 抗議しようと思った瞬間、尻穴に熱いぬめりを感じた。「ううっ……な、何を……」 全身が緊張して強張る。金縛りにあったように、身動きできなくなった。 ぞわぞわとした感覚に襲われる。さっきバスルームで指を入れられたときの悪魔のような快感が蘇った。 爆乳のグラドルがア○ルを舐めているのだ。 ぴちゃぴちゃと、猫がミルクを舐めるような音が響く。その旋律に合わせて、脳味噌を蕩けさせるような甘美な電流が体の中心を走り抜ける。 ぐぐっと、グラビアアイドルの尖った舌先が侵入してきた。ぐりぐりと粘膜を刺激される。「あああああああっ……」 一ミリも体を動かすことができない。出会い系サイトのハッピーメールで出会ったセフレにアナルを舐められるなんて、もちろん生まれて初めての経験だった。どうしていいのかわからない。 かわゆいグラビアアイドルにちんこを握られた。亀頭のカリの下に指を引っかけるようにしながら、上下に擦られる。セックスフレンドのグラドルの舌は、ぬめぬめと不規則な動きをしながら、さらに奥へと入り込んでくる。 びくんっびくんっと、体が痙攣を始めた。射精感が押し寄せる。「も、もう……許してくれ……」 泣きそうな声で訴える。「もっとしてあげたいのに」 グラドルは不満そうだ。それでもこれ以上されたら、発射してしまう。「菜々緒ちゃんのも、舐めたいな」「ふふふっ……ちょっと恥ずかしいけど、ゆうきさんにしてもらえるなんて嬉しいです。じゃあ、一緒にしませんか?」「えっ?」 グラビアアイドルが俺の体の上に、反対向きで乗った。 僕の目の前に、きれいなグラドルの濡れたおめこの割れ目がぱっくりと惜しげもなく口を開けている。シックスナインの体勢だ。 清純なグラビアアイドルの充血して腫れ上がった大陰唇が、サーモンピンクに光っていた。(うううっ……すごい光景だな……) 久松郁実激似のグラビアアイドルにちんぽをつかまれた。すぐに亀頭が、温かな粘膜に包まれる。そのまま飲み込まれた。グラドルの尻が邪魔で見えなかったが、根元まですべて含まれているのだろう。「うおおおおおっ……」 グラビアアイドルが頭を振り始めたようだ。ちゅぽっちゅぽっと、いやらしい音と共に、至福の快感が下腹部に広がっていく。
 
 俺も爆乳のグラドルの尻肉を鷲つかみにすると、淫液の滴るおめこにむしゃぶりついた。「うぐぅふっ……」 久松郁実激似のグラドルが腰を震わせながら、チ○コをひときわ強く吸い上げる。「うむぅふぅうう……」 チンポに淫猥な刺激が纏わりつく。下腹部を襲う射精感を紛らわせようと、俺も舌を伸ばして、必死で巨乳のグラビアアイドルのお○んこの奥の淫襞を舐めまくった。「うぐぅうううっ……」 感極まったグラドルに、喉奥で亀頭を締め上げられる。「うむぅうううううう……」 たまらない。夢中で溢れる蜜汁を啜り上げた。 堂々巡りが続く。淫靡なスパイラルに飲み込まれる。(このままじゃ……やばいよ……) 相手はセクシーなグラビアアイドルだ。四年間もグラドルをしていたとなれば、男性経験もそれなりのものはあるだろう。 出会い系アプリのハッピーメールを始めてからというもの、どういうツキがまわってきたのか、立て続けに三人のセフレの女性とエッチしてしまった僕ではあったが、三十歳まで童貞だったことを考えれば、とても勝算があるとは思えなかった。 すでにバスルームで、手淫でイカされていた。そうでなければ、とっくに射精していただろう。(あああっ……なんとかしなくちゃ……) そう考えているそばから、どんどん射精感に追いつめられていく。 俺の数少ない経験から思いつくような起死回生の手段は、たったひとつしかない。指でグラドルのマンコの上部を開くと、むき出された肉豆に、思いっきり吸いついた。クリへの一点集中だ。「んぐぅううううっ……」 びくんっと、清純なグラビアアイドルの体が大きく跳ねた。ほんの一瞬だが、フェラの動きが止まった。 もちろんそれは一秒か二秒ほどのことで、すぐに今までにも増して激しい勢いで再開された。 こうなると、意地のぶつけ合いのようなものだ。 ちゅぱっちゅぱっちゅぱっちゅぱっ。 くちゅくちゅくちゅくちゅ。 お互いの股間から淫らな音を響かせながら、一心不乱に相手を責める。(あああっ……だ、だめだ……そんな……気持ち良すぎる……ううっ……) 快楽の大波が目の前まで押し寄せてきた。 もうだめだと、覚悟を決めた。薄れゆく意識の中で、夢中でビッチなグラドルのクリちゃんを甘がみする。その瞬間だった。「あああんっ……うぐぅううっ……いいっ……だめっ……イっちゃう……イクっ……イクっ……イクぅうううう……」 ち○ぽが吐き出された。唾液でべとべとに濡れたオチン○ンにほおずりしながら、グラドルが絶頂を迎える。 僕の上で、グラドルの体がびくびくと痙攣した。 ぷしゅっぷしゅっと、断続的にグラドルのまんこから潮が吹き出す。 かすかにアンモニア臭のする液体が、顔に振りかかった。舌を出して口のまわりを舐めると、ほのかにしょっぱい。 ヤリモクのグラドルの体から力が抜ける。僕の目の前で、セックスフレンドのグラビアアイドルのどろどろに溶けたオマンコが、ひくひくと震えていた。  惚けた顔でグラビアアイドルが振り返った。 淫欲に蕩けた瞳が、ぞくっとするほど艶めかしい。 グラドルは弛緩した肉体に鞭打つように、のろのろと向きを変え、俺に寄り添うように体を並べてきた。腕枕をしてやる。 清楚なグラドルは僕の胸の上に手を置くと、脚を絡めてきた。濡れた陰毛が太腿をくすぐる。爆乳のグラドルの乱れた髪を、そっと撫でてやった。
 
「おごってもらったお礼がしたかったのに……」 グラビアアイドルが拗ねたように、ほおを膨らませた。20代のグラドルは俺にイカされてしまったことを怒っているのだ。 グラビアアイドルの気持ちは嬉しかったが、年上の男としての立場もある。出会い系サイトのハッピーメール(happymail)で出会った若い娘に翻弄されてばかりでは、格好がつかない。 これで一勝一敗だ。僕にしては上出来だろう。 清楚なグラドルが見つめてくる。 泣いたり、シャワーの湯気にあたったりで、すっかりヤリモクのグラビアアイドルのメイクははげてしまっていた。それなのに俺には、むしろいつもよりずっと素敵に見える。「かわいいよ」 思ったままに、言葉にしてしまった。ちょっとキザだったかもしれないと、口に出したことを後悔する。「ありがとうございます」 しかし、セックスフレンドのグラドルは嬉しそうだ。微笑みながら、恥ずかしそうにほおを赤らめる。(こんな顔もするんだな……) 驚かされてばかりだ。 ビッチなグラドルの手が、僕の胸から腹へ、腹から下腹部へと下りていった。巨乳のグラドルに勃起したままのちんちんをゆっくりと扱き上げられる。 sexフレンドのグラビアアイドルの唾液でべとべとになったままなので、それがローションがわりになって気持ち良さは倍増だった。ぎゅぎゅっと、握られた。「……ずっと熱いままですね。」 「ホテルに入ったとき、後悔してないかって訊いたよね?」「ええ……」「後悔なんてしてないよ」「わたしもゆうきさんとこうなれて、嬉しいです」 久松郁実似のグラビアアイドルが顔を突き出して、キスをせがんできた。ちゅっと唇を合わせた。「ねえ……してほしい……いっぱいしてください……」 俺はグラドルに体を重ねていく。見上げているグラビアアイドルの視線が、淫欲に濡れていた。 勃起したおちんちんの先端で、ぐちゃぐちゃに濡れている久松郁実激似のグラビアアイドルのマンコの割れ目を弄る。グラビアアイドルがわずかに体の向きを変えて手助けしてくれた。 そのまま腰を落とすと、じゅわっと潤みが溢れ、グラドルのおめこにち○ぽが沈んでいった。「ああああっ……入ってくる……」 かわゆいグラビアアイドルの顎が上がる。切なげに顔を歪めながら、ヤリマンのグラドルが両手を伸ばしてきた。きつく抱き締められた。二人の体がぴったりと密着する。「うううっ……入ったよ……」「はぁああっ……嬉しい……」 爆乳のグラドルのライトブラウンの長い巻き髪に顔を埋めると、強いリンスの香りに包まれた。深く息を吸う。鼻の奥がつんっと痺れた。「動くよ」グラビアアイドルの耳元で囁くと、ゆっくりと腰を使い始める。動くたびに、触れ合った胸の間で、ビッチなグラビアアイドルの爆乳のオッパイがむにゅむにゅと押し潰された。(おおおっ、たまんないよ……) 徐々に腰を振る速度を上げていく。 亀頭がグラビアアイドルの膣奥で肉の壁にぶち当たる。それを押し上げるように、激しく淫棒を打ち込むと、爆乳のグラドルは喉の奥から息を漏らすような声で悶え泣いた。 久松郁実激似のグラビアアイドルの柔らかなおま○こが、チンコに何重にも絡みつき、絞り上げてくる。「えっ? な、何……ちょ、ちょっと待ってください……」
 
 この状況で待てと言われても、はいそうですか、というわけにはいかない。男には絶対に止められないときがある。もちろん、今がそうだ。 慌てふためくグラビアアイドルの様子を見て、心の中でほくそ笑む。出会い系サイトのハッピーメールで出会ったセフレの女性と体を交えるのはまだ四人目だが、少しばかりとはいえ余裕のようなものを感じる。 理由はなんとなくだが、思い当たる。どうやら僕のおちんちんは、不思議に具合がいいらしいのだ。 もちろん男である俺には、それがどういう感覚なのかは想像もつかない。 でも、いいのだ。とにかく、セックスのテクニックなどほとんど持っていないにもかかわらず、出会い系アプリのハッピーメール(happymail)で出会ったセフレの女性は喜んでくれる。 今、グラドルに漲るチ○ポを打ち込み、彼女の反応を見て確信に変わった。 別にAV男優のような巨根なわけでも、特別に変わった形をしているわけでもないのだが、出会い系サイトのハッピーメールで出会ったセフレの女性たちが喜んでくれるのなら、きっと何か良いところがあるのだろう。男として生まれた限りは、悪いことではない。 俺はグラドルのおまんこを抉るように、ちんちんでぐいぐいと穿つ。「ああああああっ……くふっ……だめっ……何これ……すごいっ……」 背中にヤリマンのグラドルの爪が刺さる。グラビアアイドルの両脚が、俺の尻の上で交差した。四肢でしがみつき、がくがくと痙攣している。 グラドルの淫襞が蕩け出し、淫欲に充血した勃起おちんちんに絡みついてきた。そのままグラドルの膣の奥底まで引きずり込まれそうになる。 逆らうように腰を引き、亀頭が見えるくらいまでちん○んを引き抜く。そうしておいて上から叩き込むように、一気に貫いた。 今度はグラビアアイドルの子宮に届くくらいまで奥深く挿入したまま、円を描くようにゆっくりと腰を振る。グラビアアイドルのマ○コの感触を、たっぷりと味わう。「はぁあああっ……いいっ……すごいっ……だめっ……なんなの?」「どんな感じなの?」 腰の動きを緩め、セフレのグラビアアイドルの耳元で囁いた。「あうううううっ……ちょうどいい……ああああっ……いやっ……ちん○んが……ちょうど良くなってくるの……はぁああああっ……」 お○んちんの抽送を再開した。グラドルも腰を動かして、肉と肉の交合を高めようとしてくる。 俺の胸で押し潰されたグラビアアイドルのGカップ爆乳のおっぱいが、汗ばんでぬるぬるした。僕が腰を叩きつけるたびに、ビッチなグラビアアイドルの巨乳のバストはたぷんたぷんといやらしい音をさせている。 咽るほど濃密な淫臭が、あたり一面に振りまかれていた。 下腹部が快楽にむずむずとしてくる。歯を食い縛って耐えようとしたが、もう限界だった。「うおおっ……もう、出そうだ……あああああっ……」「はぁううっ……おっぱいにください……はぁあああっ……ナナオのおっぱいに、いっぱいかけて……」 僕は腰を振りながら、顔を上げた。腕をついて上半身を起こす。 快楽に膨れ上がったグラドルの爆乳のオッパイが、ぶるんぶるんと揺れていた。(うおおおっ……汚してやる。いやらしいおっぱいを汚してやる……) ラストスパートでむちゃくちゃにチンコを突きまくった。 セックスフレンドのグラビアアイドルのマンコが、ぎゅーっと締めつけてきた。「くっ……だめっ……イクっ……イクぅうううっ……」 食いついてくる爆乳のグラビアアイドルのまんこから、限界まで漲ったち○こを引き抜いた。「いくぞっ……」 膝をついて、体を起こす。勃起ちんこをグラビアアイドルの爆乳のおっぱいの前に持っていった。「出るっ……うぉおおおっ……出るぅうううっ……」 快楽の火山が大爆発した。白いスペルマがセフレのグラドルの爆乳のおっぱいに向かって、勢い良く飛び散る。 どぴゅっどぴゅっ、どぴゅどぴゅっ。 清楚なグラビアアイドルの揺れる爆乳のおっぱいが精子で汚されていく。人生初のぶっかけだ。感動だった。「あああっ……熱いっ……すごく熱いです……」 スリムなグラビアアイドルがオチン○ンに手を伸ばしてくる。ビッチなグラドルにびくびくと痙攣している勃起ち○ちん肉をつかまれ、扱き上げられた。 どぴゅっどぴゅっ、どぴゅどぴゅっ。 まだ、射精が止まらない。20代のグラドルに扱かれながら、灼熱の精子を波打つ爆乳の乳房に向かって出し続けた。 sexフレンドのグラビアアイドルにオ○ンチンをしゃぶられた。 グラドルの濡れた唇が亀頭を包む。尿道に残されたザーメンを、最後の一滴まで搾り尽くすように、グラビアアイドルにちゅうちゅうと音を立てて吸われた。「はぁあああああっ……」 白目をむいて痙攣する俺のち○ちんを、グラドルが真っ赤な舌を這わせながら、味わうように清めていった。
 
出会い系サイトハッピーメールでの久松郁実似のグラビアアイドルとの即ハメセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓





















































 
今回久松郁実似のグラドルと即オフパコエッチ出来た出会い系はハッピーメール(happymail)です。
 
なおハッピーメールを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと今すぐセックスできる可愛い女の子と出会ってsexフレンドにしてオフパコセックスできませんので、ハッピーメールに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハッピーメールのようなであいけいアプリで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで丁寧に解説していますのでご覧ください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハッピーメールは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.