deaikeitaiken_novel

【ハッピーメール大人の関係】小田原市で爆乳リケジョと中出しsex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
僕は日々出会系アプリで可愛い女性を釣って、即ハメsexをやっています(^0^)
 
さて、今回は出会いまくれる迷惑メールのこないであいけいSNSのハッピーメール(happymail)で出会った深川麻衣激似のリケジョと神奈川県小田原市で会ってセフレにしていますぐ即ハメエッチをしてきたのですが、ハメどり写メがたくさん撮れましたので報告します。
 
※この記事にはエロいsexのはめどり写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会い系サイトのハッピーメール(happymail)で出会った女はリケジョで、名前は陽菜ちゃんといい、顔は深川麻衣似のすげえ美人でした(^▽^)
 
出会い系サイトハピメでのビッチな女子大生のプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトハピメでの可愛いリケジョの掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
セフレのリケジョとは、出合い系コミュニティのハッピーメール(happymail)で知り合ってラインでやり取りした後、小田原駅近辺のお洒落なフレンチレストランに食事に行った後エッチしてもOKとのことだったのでそのままラブホに行ってハメ撮りエッチをしました。
 
僕とヤリマンの女子大生が神奈川県小田原市の小田原駅近辺のラブホテルの部屋に入った。「何してるの? その制服は脱いでよ、早く」「分かったわよ! 制服を脱げばいいんでしょ?」 理系女子は、ゆっくり言葉を訂正するように言い直した。「分かりました。制服を脱ぎますので、少々お待ちください……だよ。ったく、メンドクサイなあ、」 女子大生は恥ずかしがりながら制服を脱ぎ始めた。僕はベッドの上に後手をついて、のんびりセフレの女子大生の脱衣する様子を眺めている。 プチッ、プチッとシャツのボタンが外れる音を響かせるのは、爆乳の胸でピッチリと布地を張らせているからに他ならない。ふぁさっと布ずれの音と共にセフレの女子大生の白いシャツがはだけると、レース柄のブラジャーが妖艶に揺れた。包み込まれている激カワのリケジョの爆乳の胸に汗の珠を結ばせている。「何だあ、やっぱりブラジャーしてたんだ? そんな大きくて綺麗なバストじゃ制服なんか着ると余計に色っぽく見えちゃうよ? 彼氏からのリクエスト?」 俺の瞳は嘗め回すような視線を爆乳のリケジョの肢体に注いでいた。「……はい。その通りです」 爆乳のリケジョは消え入りそうな、小さな声で答えるしかなかった。「これでズボン下がトランクスなはずはないよねー」 ジーッとジッパーをおろす音が部屋を支配した後、ストンとズボンが落ちると黒いショーツがあらわれた。紐パンに近い布地の少ないショーツはかろうじて、セフレの女子大生のおまんこを隠していた。「ヒュー!! 色っぽい姿になったね! じゃあ陽菜さん、股を開いた状態でベッドに仰向けになって! 嫌なら止めてもいいよ。ただ、どうなるか、分かると思うけどね。命令には絶対服従すること」 sexフレンドの女子大生はしばらく俺の顔をじっと睨んだ後、顔を背けて言った。「分かったわよ! ただし、変なことをしたら大声出すからね!!!」 ヤリマンのリケジョは寒さのせいか、震えが酷くなっていた。そんな様子に、僕は心なし瞳を細めたように見えた。「じゃあ、始めよう。陽菜ちゃんは躰の力を抜いてリラックスしてればいいんだよ。後はコッチで好きなようにセックスヤラせてもらうから。まあ、気持ちよかったら声は出してもいいけど、変な抵抗はしないようにね。」 僕はそう言った。深川麻衣似の理系女子は覚悟を決めたように瞳を閉じて歯を食いしばった。「フフフフッ、どこまでそんな表情で我慢していられるかな?」(出会い系アプリのハピメで出会った男になんか何をされても、何も感じるはずないじゃない!)
 
巨乳のリケジョは早く終わらせろと言わんばかりに大の字になった。 俺は、ショーツ越しにセフレの理系女子のオ○ンコをなぞり始めた。シュッ、シュッという布とマンコからはみ出た肉ビラのこすれる音が響き始める。「いきなり、どこ触ってんのよ!」 爆乳のリケジョの叫びなどに構わず、ショーツがこすれる音は止むことなく響き続ける。柔らかい俺の指の腹でマンコのスジをゆっくりなぞられ、布地は皺くちゃにされていく。皺は寄せられ、伸ばされ、微妙に伝わってくる刺激が変化していく。マン汁など出る気配も見せないのに、かわゆい理系女子はじっくりとオ○ンコの外側、境界線へ位置をわずかにずらされて愛撫される。その動きは、時には何かを暖めるように柔らかく、時にはマッチをするような激しさで女子大生のおま○こへ言い知れぬ性に目覚めるよう、永遠に動き続けるような錯覚さえ覚えさせられる。「くっ! そんなことで……はうっ!」 初めは恥辱に顔を赤らめていたヤリモクのリケジョは、何かを我慢するように黙ってしまう。 俺はビッチなリケジョの反応に構わず、やるべき作業を段取り通りにこなすよう、おめこを責めていった。(あっ、くうっ、はあっ!) 初めはウンともスンとも反応しなかったsexフレンドのリケジョのオマ○コは、次第に熱を帯び始める。それは、ショーツの布地と柔らかい粘膜の摩擦熱でないことは確かだった。ゆっくり、強引でない責めに、少しずつ理系女子のオンナが応え始めている証拠である。スローテンポで布越しにおめこをなぞる動作を俺は止める気配をまったく見せない。「ふうっ、くううぅ、あっ、あっ!」 気を緩めていると、爆乳の女子大生は一気に官能の奥を刺激されるような感じに襲われてしまう。性欲に翻弄されるはずの僕からは、ひっきりなしにオマ○コを集中的に責められる。やがて、ヤリモクの女子大生のおめこからネットリとしたぬめり汁が出てきて、クロッチにシミを作った。ただの汗とは違う、粘度を持った液体は淫液であると、自ら名乗っている。爆乳の女子大生の反応したくない躰がピクッ、ピクッと無意識に指の動きへ震えてしまう。
 
「フッ、やっぱり責められたら感じるよね。いい感度だな。ホラ、これが女子大生の愛液だよ」 ショーツから侵入された指で救い取られたマン汁など、セフレの理系女子は見たくもなかったが、ずっと瞳を閉じていると、マン汁ごと指を口に入れられるので、やられるままに、口に持ってこられた俺の指を舐めた。「これが何だっていうのよ! もう、くっ、はっ、いやあっ!」 可愛い理系女子のあえぎ声が一段澄んだものになる。それは、俺の責めが一段ギアチェンジしたことを示していた。「結構、濡れているんだな……」 俺の人差し指と中指は桃尻の谷間に食い込むショーツをかきわけて、中へ侵入した。スリムな理系女子はおまんこをしつこく責められた経験がなく、未知の肌触りを我慢するしかなかった。しばらく、ウネウネと俺の指の腹でお○んこをなぞられる。ぬめり汁により、乾いた音はしない。乾拭きから液拭きに代わり、ピチャッと水音が小さく弾きだされる。とどまらない粘り汁の頃合いを計ったように、スローテンポでなぞる指は線運動しながら、徐々にリケジョのおまんこへ侵入した。「見たくないんだろうけど、指の形はオマ○コに触れる感覚でしっかり分かるでしょ? まだ柔らかいから傷はつけないよ」 僕の指爪が切り揃えられているせいで、美形の女子大生はマ○コの花弁を撫でられてもまったく痛みはない。甘痒い感触を癒すように動く指へ膣ヒダを絡ませてしまい、なめらかな指の曲線、形状、温度まで敏感にヒダ肉はスキャンし、かわいらしいリケジョの脳内領域へデータ送信してしまう。責められているのに、歓迎しているような真似はしたくないと、膣が絡まないよう弛緩させると、僕にアッサリとおま○こまで食指を侵入されてしまった。始末の悪いことに、膣壁が清楚な女子大生の制御から逸脱し、暴走し始め食指を締め付けていた。
 
「ゆうきくん……こんなことも経験済みなの?」 悪い? とばかりに俺はマ○コからお○んこに侵入した指の腹でピタッ、ピタッとさするようなリズムで女子大生の膣壁をなぞり始める。じっとりと甘露の汗をかいていた女子大生のオ○ンコは敏感に反応し、俺の指に絡みついた。「フフッ、嫌がってる割には、こっちの口は素直な反応だ。気に入ったよ」 僕に抵抗しつつも、おま○こを押し広げられる指の形が分かる程、俺のものへヒダ肉を絡めていた。締め付けた指に動かれると、疼痒い感触が鎮められる。そして、皮肉にも同じ指の動きによって、新たな、大きな痒みをもたらされてしまう。「馬鹿なこと言わないで! 第一ゆうきくんに褒めてもらういわれは、あうっ、くは!」 キュッと僕の指に絡みついた膣ヒダを叩かれると、理系女子はジンジンと甘い疼きが膣奥へ共鳴するように発生した。思わず、可愛いリケジョは抵抗の台詞を中断してしまう。「グチュグチュいって、ボクの指を離したくないようだね。ま、処女じゃないことが確認できれば、いっかな」 処女膜の確認のために、指を侵入されていたと知り、sexフレンドの女子大生は呆然としてしまう。確かに、清楚なリケジョは男子学生とのセックスの経験はあった。言葉巧みに言い寄ってくる男は、結局リケジョの体が目的と分かると、どいつもこいつも同じように見えてきた。突っ込むだけ突っ込んで、己の性欲に振り回され、勝手に果てた。もちろん、外で。爆乳のリケジョも時たまオルガスムスに浸ることはあったが、エッチがそれ程気持ちのいいものとは感じられなかった。「さて、陽菜さん。両足を立てて。そう」 女子大生が姿勢を変える前に、僕はリケジョの黒のショーツを両手でクビレから引っ張ると、アッサリ脱がしてしまう。
 
「はうっ! 誰がショーツ脱がしていいって、かはぁ!」 ピッチリ、張り付いていたクロッチと、膨張しコリコリになった陰核を引き離されるとき、リケジョはピリリッと肢体に電気が走った。手コキだけされると思っていたセフレのリケジョにとっては、大誤算だった。クロッチに流れていた淫液は、お○んこからタラタラ垂れて、ベッドシーツにシミの池を作り始める。汗と膣液、リケジョの匂いは、甘辛く、少し酸っぱい成熟さにまみれて、僕とヤリマンのリケジョの鼻をついた。細身のリケジョは肢体に熱を帯びて汗を結び、震えた内ももをピタッと閉じる。俺はそんな内ももをむんずと小さな両手でつかむと、アッサリ開帳させた。かわゆいリケジョの躰には力が入らなかった。テラテラとぬめり汁に濡れるお○んこがあどけなく幼い俺から視姦され、恥辱で女子大生の肢体は燃え上がりそうになる。熱に浮かされたような理性を振り絞って理系女子は言った。「いやあっ! そんなっ、だめよぉ!」 何を言っているんだという表情で、俺はセフレのリケジョの股間へ顔をうずめた。ピタッと小さな俺の朱唇は一番敏感な豆に吸い付いた。巧みに、さり気なくペロンと包皮をめくり、ドロリと唾液をしたたらせながら、舌先をはわせ、トンッ、トンッと丁寧にノックした。「いやあ!! やめてえっ、やめなさい!!」 俺は理系女子の言葉に耳を貸すはずはなかった。爆乳の女子大生は遠ざかる理性にすがり叫ぶように言った。年端のいかぬ僕に陰核をパックリ咥えこまれるなどあってはならない。それなのに、ピンク色の突起に吸い付かれて歓喜に打ちひしがれるチ○コの本能が余計なことをしゃべるなと言わんばかりに、リケジョの脳髄へ快楽の電気をスパークさせた。
 
理系女子の上の口は形式的な拒絶感を弱弱しく放ち、下の唇はめくるめく快楽にノックアウト寸前だった。「ジュルッ、ジュルジュルッ、フーッ、え、何か言ったかな?」 わざと音をたてて、あふれるスレンダーなリケジョの愛液は俺に吸いとられる。その間にネットリとした指とは違う異物にオ○ンコの壁を分け入られ、お○んこの花弁に押しこまれて、膣壁に侵入された。合間に熱い牡の吐息を敏感な粘膜に吹きかけられた可愛い女子大生は反駁の言葉を未知なる感覚により、飛ばされてしまった。「くうっ! ダメっ、なのっ、よっ、こんなこと! はうっ、くはっ、ね?」 言葉に詰まり、置き忘れてしまったヤリマンの女子大生は、俺の命令を無視して両手で僕の頭を股間から離そうとする。しかし、その力は弱々しく、クネクネと未知なる疼きに躰をよじらせてしまう。これでは誘っているのか、抵抗しているのか分からないとスタイルのいいリケジョ自身も感じていた。「ハハハ、そんなに気持ちいいんだ。ホラ、じゃあ、次は一番敏感なところを責めるよ」 膣から抜かれた俺の舌先で、細身のリケジョは包皮がむけた肉芽をノックされた。それは、撫でるような、なぞるような、微妙なキスであり、リケジョの肢体は弓なりにのけ反り、頭へ押し付けていた手の力が更に弱まってしまう。「あの、やめてっ! そうしないとおかしくなっちゃうっ、いやあんっ!」 リケジョは未知なる快楽に対する悦楽を感じ過ぎる、恐怖に震える心の声を吐露した。それは俺の責めに牝として反応しているこという告白に他ならない。「やめて欲しければ、ほら、この手をどかせよ。ったく、勝手に動くなって言っただろ? しょうがない。じゃあ、今度はボクを感じさせてよ、春奈ちゃん」 そう言いながら、俺はアッサリと理系女子の両手を後ろ手にして、カチャリと手錠をかけた。深川麻衣似の理系女子は両手を拘束され、抵抗する気持ちを削がれていく。
 
俺はあっという間に裸体となると、巨大なちんぽを腹に叩かせた。バシンという音と共に露わになった、オチ○チンに爆乳の女子大生はショックを受ける。しかし、何故か抵抗心や屈辱感が増幅することはなかった。「こ、こ、今度はどうする気、なのっ?」 清楚なリケジョはショーツを剥ぎ取られた、ブラジャーだけの姿で、内股をピッタリとつけて後ずさりした。それが、無駄な抵抗であることは百も承知だった。「濃厚なフェ○チオだよ。まさか、未経験?」 馬鹿にしたように、俺は言った。まるで、萎えかけたセフレの女子大生の意地を取り戻させるような口調に、爆乳の女子大生はむきになった。「そんなはずないじゃない」「じゃあ、気持ちよくしてよ。そうしないと、またクンニしちゃうよ」 膝立ちのまま、俺は爆乳の女子大生の朱唇にち○ちんをあてがった。プルンッとみずみずしい清楚なリケジョの唇に赤黒い牡の亀頭をねじこまれると、その熱さにビッチなリケジョはビクッとしてしまう。(凄い熱い、それに、チンコこんな太くて、硬いなんて……) 唇へ伸びたリケジョの舌はチロチロとチンコを舐め始める。鈴口まわりに這わせられたとはいえ、舌先でレロレロやられるだけで、僕が満足するはずはなかった。「何、チンタラやってるの! ほら、裏筋なめて、唇窄めてカリエラを締め付けるんだよ! もっと咥え込んで! やる気ないなら、こっちでやっちゃうよ!」 俺は短気そうに言い放つと、ベッドの端を両手で掴み、強引に腰を前に出した。 色っぽい女子大生は口内にお○んちんをねじこまれ、喉粘膜へチンポの先端を擦り付けられて、窒息感と吐き気に襲われてしまう。「ごほっ! ごっ、うぐっ、かあっ、はっ、無茶しないで、ごほっ!」 えずくのが終わるまで僕は哀れむような表情で美形の女子大生を見下ろしていた。「嘘をつくからだよ。やったことないなら、正直に言わないと。だって、全然気持ちよくならないから。じゃあ、喉粘膜に押し付けない範囲でやれよ!」 気が立っているのか、僕の言葉は段々乱暴になっていった。皮肉にも強く命令されると、清楚なリケジョは従順にしたがうようになってしまう。
 
「はい、分かりました」 リケジョはテラテラと自分の唾液で光るグロテスクなオ○ンチンをパックリ咥え込んだ。頭を前後させ、カリエラと裏筋を責めつつ、舌先を尿道へねじ込むくらい強く押し当てた。「まあまあだな。もっと、強弱もつけろ! ほら、舌先で鈴口をノックしたら、その周りは強く押し当てるように這わせるんだ! カリエラへの刺激もマンネリ過ぎる。唇を窄めたり、緩めたりしろ!」「はい、すいません……」 俺の言われるがまま、清純なリケジョは切れ長の瞳で上目遣いに俺のあどけない表情を見つめながら、唇と舌を総動員した。息継ぎもままならない程のフ○ラにあごが疲れてきた。「もう、そろそろあごが限界だろう。仕方ない」 ベッドの端を掴んでいた僕の両手が、深川麻衣似の女子大生の頭を抱えるようにつかんだ。そして、そのまま、剛直を一度引き抜いて、あごの疲労が少しでも取れた頃合いを見計らい、角度を変えて小さな可愛らしい口内へねじこんだ。口内粘膜に亀頭を押し付けるためだった。「んぐうっ、やっ、めっ、てええっ!!」 首を振って抵抗しようにも、リケジョの頭は俺におさえこまれていた。実際におさえこまれると、ピタリとも動かない。固定された状態の口内に剛直をねじこめれ、腰を律動させられる。もはやリケジョの唇や舌に用はないようだった。口内粘膜に押し付けられ、ジュポッ、ジュポッと上下左右にチンコは動かされ、その時だけ、激カワの女子大生の頭は動くのを許可された。「んっ、くっ、はあっ、あんっ! いやんっ!」 俺に玩具とされて、美人のリケジョは恥辱感に燃え上がりそうな一方で、そそり立つチン○ンがピクッ、ピクッと満足げな反応を示し始めたことに充足感を覚えてしまう。(どうして、こんな満足感のような感情が……)「ああ、気持ちいい、いいよ、春奈さん!!」
 
目の前の、幼くあどけない僕に顔を綻ばせて、甘えるような声で呻かれると、陵辱されているにも関わらず、スタイルのいいリケジョは愛情感覚に襲われてしまう。(まあ、僕はまだ性に関する善悪の区別がついていないのかもしれないし、仕方ないのかもしれないわね……) 俺に陵辱され、玩具としてイラマチオ状態にされているスリムな女子大生の心に、官能の疼きに塗り替えられた、愛情とも隷属とも言えない感覚が芽生え始めていた。「凄い、いいよ、陽菜ちゃん。ねえはるなちゃん、イキそうだよ……精液を全部、飲んでもらっていい?」 先程までの高圧的な言い方とはまるで別人の、赤子が甘えるような声で懇願されると、理系女子は切なさに胸を締め付けられるような錯覚を覚え、上目遣いに了解の濡れた瞳を向けてしまう。「ああ、ううっ、イグウうっ!!!」 一瞬、膨張したちんぽの先端から、放流させたようにとめどなく白濁液がドピュドピュッと勢いよく焼けつくような熱と、粘り気を帯びてビッチな女子大生の喉奥に流れ込んでくる。(ああっ、熱い、これが男のザ○メンなのね。これが、この子の……) ゴクッ、ゴクッと白い喉がうごめき、汗が流れる様子を俺は満足気に眺めていた。sexフレンドの女子大生の頭は拘束しておらず、セフレの女子大生は眉毛をハの字にして小鼻をひくつかせ、上気した表情で瞳を閉じ僕の性欲を飲み干そうと必死になっていた。 牡にとって、これ程征服欲を満足させる光景はなかった。「さて、次は乳首を責めるとするか?」 僕はゆっくりと両手を女子大生のブラジャーのフロントホックに手を伸ばす。「アンタ、まだ犯すつもり?」「止めてもいいよ……感じているようだけど、耐えられないなら仕方ないからね。意外と、sexフレンドの理系女子は体力なさそうだし。何か、詩織や仁美と比較しても精神的に忍耐力も弱い、ガラスハートみたいだから」「そ、そ、そ、そんなことないわよ!!!」 いちいちムキになることが罠であるのだと、理系女子は気付いていなかった。「あ、そ。じゃあ、続けるよ」 今回はゆっくり時間をかけて責めたので、ゴム爆乳の乳房はかなり熟れていると俺は予想していた。 スレンダーな筋肉質の弾力性を揉みしだき、牡の責めにより熟れるような媚肉こそ、僕が現段階で最高級の牝肉であると考えていた。「ほう、いい形の爆乳の乳房だなあ」
 
思わず僕はつぶやいた。それは、嘘ではない素直な男の感想だった。 きちんと時間をかけて肢体を責めた分、まだいじられていないにも関わらず、巨乳の理系女子の巨乳のおっぱいは、ふぁさっと黒いシールドをほどかれると、熟れた白桃のように、桜色の上気する柔肉になっていた。ちょうど、食べ頃に感じられた。「いやあっ、ジロジロ見ないでぇ……はうんっ!」 僕に視姦されているせいか、セフレのリケジョの乳首がムクムクと隆起を増して、ピンッと天を向いてしまう。さあ、むしゃぶりつきなさいと言わんばかりの反応に、sexフレンドのリケジョは右手の甲を朱唇に押し当てながら、顔を背けて、汗に濡れた睫毛の瞳を閉じた。プルプルと弛緩する眉尻は揺れる。もう、俺の暴走を止める台詞はリケジョの口から出てくる気配は一切なかった。「ふーん、一番敏感なところ同様、乳首もヴァージンかあ。安心した」 ビッチな女子大生は、僕の言葉に内心、呆然とするしかなかった。そもそも、陵辱する時点で男は狂人なのだ。それでも、甘えるような声で懇願されると、女子大生は母性本能が働くのか胸を締め付けられる。この俺のどこからどこまでが正常で異常なのか、爆乳の女子大生は判断できなくなっていた。「……んじゅっ、じゅじゅう! チュッ、パッ、チュパッ!」 やさしい愛撫から俺は始めずに、いきなりコリコリに膨張した乳首へ吸い付かれた理系女子は、ビクンッと躰をしならせてしまう。(はあうっ! いきなり、強すぎっ、んうっ、るうっ!) サクランボをバキュームされて、舌先で押し付けるように転がされると、ビリビリリケジョの肢体へ甘美な電気が走り抜けた。もう一方のサクランボは手の指腹でボールを回すようにこねくり回される。時折、ピタッ、ピタッとノックされて、グンッと指を立てられ、乳輪ごと内部へ爪で押し込まれた。
 
「そんなあっ、刺激強すぎるよおっ、いやっ、あんっ、アクメきちゃうう、いやあ!! イグウッ!」 急激な責めで、あえなくヤリマンの理系女子の頭は真っ白にされ、細かい痙攣を起こし、反射的に躰を弓なりに反らせた。一気に噴き出した汗のように、ヤリマンのリケジョは強すぎる刺激で湧き出すよがり声をとどめることは出来なかった。「フフッ、春奈さんに元気を取り戻されると、困るんだよ。これで下手に抵抗する体力、気力はなくなったと思うから」 僕の至極、冷静な声に清純なリケジョの女体は小さく震えていた。その震えが、恐怖心や屈辱感からでないことは、俺も深川麻衣激似の理系女子も分かっている。弓なりに突っ張った肢体が多少なりとも落ち着きを取り戻してからでさえ、僕は乳首への責めを止めることはない。 一転してソフトタッチになると、清純な女子大生はもう甘い吐息を出すだけだった。そんなセフレのリケジョの様子を眺めながら、僕は爆乳の胸へ触手をのばす。ピンポイントの責めから、柔肉にそっと掌を添えるよう置いて、さわさわと優しく双球を揺らした。セックスフレンドの女子大生は左右に顔を背けながら、汗に濡れた睫毛を震わせて、僕の顔をチラッと見る。上気し、桜色に染まる可愛らしいリケジョの爆乳のおっぱいへ添えられた小さな手は、アッサリと埋まっていく。白餅へめりこんでいくような感触に、僕はクスッと歓喜とも悦楽ともつかない笑い声を小さな口から出した。 リケジョのスレンダーな太腿に腰を下ろした俺のチ○コは、ピタッと閉じられた内腿に挟み込まれている。萎えることなく、赤黒い雁首は柔肉をひしゃげさせてドクドクと脈打っていた。
 
まるで、牡の性欲を咆哮しているような熱く硬く、脈打つち○こから僕の意思が牝へ伝達しているのか、理系女子は分泌液をしたたらせながら放そうとしない。まるで、その剛直で肢体を貫かれる宿命を悟ったかのようなヤリマンの女子大生の姿は、肉便器へ堕ちた清楚なリケジョを体現していた。「あっ、あっ、はあぁんっ……もう、ユウは欲張りね、くうっ!」 性感帯を執拗に責められたスレンダーな女子大生は、僕の軍門に屈したような口調で言った。 爆乳の理系女子はハードタッチからソフトタッチに切り替えられて、何か物足りなく感じていた。汗と共に、溢れだす粘り汁の膣奥には燃え上がるような熱と甘い疼痒さが我慢できないほどまとわりついている。その疼きは、乳首責めで一気呵成にアクメへ昇天させられて鎮まるようなものではなかった。そのオチン○ンの灼熱を鎮静させられる秘棒は、俺が持つ鋼の楔に他ならない。 しかし、僕にチンコをおねだりするには、まだ抵抗があった。出会い系アプリのハッピーメール(happymail)で出会った男の前で裸体をさらし、四肢を上気させ、牝のあえぎ声でよがり、美人のリケジョの羞恥心は吹っ飛ばされてしまった。問題は、これ以上、俺を野放しにするような行為への罪悪感だった。ヤリモクの理系女子はゆっくり円を描くように爆乳のバストをこねくり回されると、強弱をつけて揉みしだかれた。脂肪の質とバランスを確かめ、肌の張りや艶色まで見極めるような、大胆でありながら慎重さも兼ね備えた触手の動きに清楚な理系女子のあえぎ声は熱を帯び始める。「あはうっ、やん、あんっ! ユウは上と下のどっちが好きなの?」「上と下? 何のこと? はっきり言ってよ! 下ってここ?」 余計なリケジョの問いは、僕の責めにバリエーションを増やすだけだった。僕の左手で巨乳のバストを揉みしだき、右手はまんこへ移動する。ここかい? と言わんばかりにおまんこを中指の腹でトントンと叩くと、ピタッと閉じた内腿の柔肉へアッサリと指は滑り込んでいく。マ○コにヌルッと淫液をまとわりつかせて侵入した僕の中指は、クリちゃんと花弁を交互に叩き始める。「フフッ、春奈さんの下ってここのこと?」 女子大生は嗚咽をこらえるように、唇を噛みしめながらイヤイヤと首を振った。ジンジンと乳首をいじられた上、クリちゃんをノックされ、ビリンッと新たな電気が背筋に走っ
 
た。それは、紛れもなく、甘美な快楽に他ならない。膣は敏感に反応し、歓迎するようにぬめり汁の量を、粘度を増していく。僕の指をふやけさせるドロドロの蜜汁は、言いようのない熱も絡んでいた。「何だ、そうならそうと、早く言ってくれればいいのに……」 俺はピンッと乳首とクリトリスを巧みに指腹で弾き、爆乳のリケジョを軽いアクメに浸らせると両手の拘束を解いて、後背位になるよう指示した。よろよろと力の入らないヤリマンの女子大生は、膝立ちでうつ伏せになると、ベッドの端へ両手をついた。「ど、ど、どうする気なの、ユウちゃん?」 女子大生は、僕の納得した内容をまったく理解できず、これから何をされるのかさえサッパリ分からなかった。おまけに、この体位では相手の顔を見ることが出来ない。それは陵辱される恐怖心を爆乳のリケジョに蘇らせる。しかし、もはや恐怖心という悦楽の感情に過ぎなかった。何もかも、快楽へ変わりつつある躰の変化をかわいい女子大生は感じていた。それは、男だと思っていたリケジョの心が完全に牝として、肉便器として堕ちたことを意味している。 僕はきれいなリケジョの問いに沈黙でこたえた。 セフレのリケジョの見事な美尻は、綺麗に熟れた状態になっている。汗を浮かばせ、肌荒れもないすべすべした白い柔肉は朱色に染まりつつあり、リケジョのオ○ンコはドロリとしたマン汁をしたたらせている。牝のスイッチに切り替わった証を確かめようと、俺の両手が桃尻の尻頬に触れた。「いやっ、あんっ! 触られただけで、くはっ!」 女子大生の性感は最高潮に達していた。反射的に濡れた瞳で振り返ると、俺はあどけない大きな黒い瞳でにこりと笑う。
 
その不敵な微笑みがこれから、どういう風に責められるのか、牝の期待する心を増幅させた。僕の強い視線は尻肉をなめまわすようで、一点に定まっていないようだ。まもなく、レーザー光線で照射された場所は、リケジョにとってまったく未知であり禁断のマンコだった。(まさか……ユウが見てる場所って……) 女子大生の美臀が乾いた音と共に揺れる。つい、深川麻衣激似の理系女子はくんっと顎をあげて犬が遠吠えをするように、甘いすすり泣きをあげた。「陽菜さん、もっと尻をあげるんだ! そう。いいね」 俺は桃尻を軽くスパンキングしたが、セフレの理系女子は抵抗を見せない。しばらくは、尻肌をさするように、なでまわす。女子大生のピチピチとした桃尻の柔肉へムニュムニュと小さな指はめりこんでいく。指から伝わってくるのは、成熟途上にあるスレンダーな筋肉質な弾力性と、ふっくらとした脂肪がベストミックスした霜降り肉であった。ただの赤みでも大トロでもない中トロの感触を楽しむように、リケジョの太腿からクビレまで強弱、リズムをつけて満足するまでなでまわす。そして、リケジョの桃尻の谷間へ両手の親指をひっかけて左右に引っ張ると、皺に縁どられた小さな穴が俺の視界にハッキリ入った。「ちょっと! ユウちゃん、まさか……」「何言ってるの? 陽菜ちゃんがリクエストしたんだよ?」
 
僕の言葉に、セフレの女子大生は混乱する頭でまともな判断ができず、黙ってしまう。本能的にそうなるよう、望んでいたことなのかもしれないと、常軌を逸した悦楽のささやきに、理系女子の肢体はただ犬のようにおとなしくなってしまった。微かな不安、恐怖、そして大いなる期待に汗をしたたらせ、女子大生は震えながら俺の責めを待っていた。「いやっ……こんなことっ、だめっ、なのにいっ」 セックスフレンドのリケジョの拒絶の声は、上擦り、高く澄んでしまい、小さくか細いため、俺には逆に懇願と受け止められてしまう。「大丈夫だよ、陽菜ちゃん。ゆっくりほぐしていくから」 ゆっくり、僕の綺麗なピンク色の舌先はアヌスの周囲をなぞり始めた。ヒクヒクと開閉するリケジョのお尻の穴ルは、別の生き物のように、パクパクうごめいている。舌先がビッチな理系女子の桃尻の谷間へ触れた刹那、ピクッと小さく揺れた美臀は強張ったように感じたものの、じっとりと汗の珠を結ぶ柔肉へ這わせていくと、弛緩したように落ち着いた。(ううっ、こんな、感じてしまうなんて……うぐっ、あんっ!) 未知なる姦淫な責めに疼痒さを増すのが、チ○チンの奥だけでないように感じ、女子大生は両手をベッド端から離して、白いシーツへ顔をうずめた。ネットリとする感覚にお○んこの花弁が感じているのか、ア○ルの腸壁が感じているのか、めくるめく快美の広がりで分からなくなってしまう程、肢体は蕩けているのだと爆乳のリケジョは痛感してしまう。
 
無意識に広げられた尻朶の先にある足裏で、僕のオチン○ンを包み込むようにつかんでいた。それでも、ちんぽの疼痒さを鎮めてもらいたいと官能に揺れる女子大生の本能は必死にささやくが、おねだりするには、抵抗があった。 その抵抗も、お尻の穴にチュッと僕の小さな朱唇にキスされると、がらがら崩れていく。舌とは違う柔らかい感触をアナルに受けて、熱い唾液を流し込まれるようにアヌスホールの奥へ舌先を挿入されると、スレンダーな女子大生は膣壁が刺激される。躊躇のない責めで、腸壁のザラメを確かめるように舌先を押し付けられると圧迫感とともに、甘美な快楽を発する熱源が生まれた。リケジョはチロチロと舌肉でいじられるだけでは、満足できず、無意識に足裏でおち○ちんをしごいてしまう。「フフッ、そんなにち○ちん欲しくなった? でも、まだ早すぎるよ、どうしてもっていうなら、どうして欲しいのかお願い、いやおねだりしてくれないと」 僕の言葉に清純な女子大生は戸惑いと悦楽に蕩ける顔を向けた。震える睫毛に濡れる瞳はトロントロンになっており、シャワーに浴びたような汗を浮かべ、上気した白い肌は朱に染まっている。リケジョの噛みしめる唇は、息継ぎをするように、時々半開きとなり甘い吐息をあえぎ声と一緒に出している。普段の清楚で凛とした表情の時とは違い、女子大生の朱唇はぽってりしているように見えた。まるで、すべての肉欲を解放させたように、みずみずしく、妖艶な雰囲気を感じさせる。その表情には、恥じらいが残りつつも陵辱されることへの恥辱、屈辱、抵抗、怒りは微塵も感じさせない。
 
(やはり、春奈ちゃんは女の中のオンナだな。だから変な勘違いを起すのだろう)「あのっ、もうそろそろ挿入してもいいわ」「はっ? どこに、なにを? 具体的に言ってもらわないと……」 僕はsexフレンドの女子大生の桃尻から顔を離すと、屈強な肉串の先端をアナルにそっとあてがった。アヌスホールにオチ○チンをキスされたセフレの女子大生は、肢体をビクッと震わせて、左右に尻を振った。ピタピタと雁首の肉と尻頬が触れ合う音が室内に響く。「そこじゃないわ……そこじゃないです。オマ○コに、僕の硬くて、熱い、太くて長いオチ○チン、挿入して欲しいの。中の疼痒いの、鎮めてください!!」 そう言い放った細身の女子大生は、すぐに瞼をとじて、両手で顔を覆いながらベッドシーツに顔をうずめた。顔を左右に振るたびに、肢体は揺れて、桃尻は雁首のカリエラへ、その尻頬を擦り付けた。「あっ、そう……うん、分かった」 僕はヤリマンのリケジョの要望を聞き入れた。しかし、「要望だけ」叶えるはずはなかった。理系女子のアヌスホールから尻肉をひしゃげさせながら、肉唇へ移動させると、したたるマン汁ですぐにちんちんは絡めとられた。ゆっくりと、斜め上方から俺は可愛い理系女子のクビレを掴んでしずしずとちんちんを埋めていく。「うぐっ、くうっ、あああ……硬いの入ってくる、うんっ! 太すぎるうっ、やあっ、入らないわっ、ぐうっ、んあっ!」 今まで挿入させたモノとは比較にならない、僕のチン○ンは使い捨てカイロのような熱さをたぎらせ、チ○コの太さで膣壁を押し広げるように埋められていく。
 
一定のスローテンポで締め付けるヒダ肉をこじ開けられるたびに、ジワリジワリとこすれる快楽が電気となってヤリマンのリケジョの背筋に走り抜けた。女体の反応を確認するように、グッ、グッ、とスローテンポながら数ミリのストロークだけちんぽを押し込まれ、その間はゆるりとスローダウンして膣ヒダへこすりつけ侵入される。後背位で犯される陵辱感と、牝の本能が求めるち○この感触に、理系女子はただただすすり泣きを咆哮するしかなかった。「なんだあっ、膣は意外と長いじゃん! はるなちゃん、結構ディルドーでオナってたでしょ? 処女じゃないっていうのは分かってたけど……」「あんた、そんなことまで分かるの?」「燕返しに変更! 右足をあげて、春奈ちゃん! もう、こうなったら子宮が壊れるくらい捻じりこまないと気が済まない」 理系女子は命令された通り、おずおずと右足をあげると、僕は太腿に両手を巻きつかせて、極太雁首を一気に突き入れた。「はうっ! あっ、あはうっ! そんな、急にっ、ずるいわっ、くうっ、んも、もうっ、あぁん、あまり乱暴にしないでえっ」 チンコをポルチオまでアッサリ押しこまれ、圧迫感、窒息感とこの上ない悦楽に浸りながらかわいらしい女子大生は言った。痛いほどの圧迫感にも関わらず、膣奥まで埋め尽くされることへ充足感にも似た快美に浸る。しかし、俺の股間は尻頬に当たっていない。「ハハッ、まあ、オナってる割には膣の品質は凄いな。全体的にザラメだし、締め付けもうねり方もキツイな。これじゃあ、並のブツじゃすぐにイッちゃうだろう。乱暴にはしないよ。ハルナさんの性感帯を把握しておくのが目的だから」 そう言い放つと、バシンと乾いた音が響く。僕の股間が巨乳の女子大生の桃尻にぶつかる肉の音だった。それは、ギンギンに硬くなったち○こが子宮口奥へ捻じりこまれた証でもある。
 
子宮をひしゃげさせるほど、剛直で串刺しにされた女子大生は、弓なりに躰をしならせ、アクメの高波に脳髄が真っ白になった。そのタイミングで、ちんぽをゆっくり引かれる。雁首のクビレとなるカリエラで、ゴリンゴリンッと膣ヒダを削られる快感に、女子大生は二度目のアクメで肢体を硬直させてしまう。ドロリとした膣液が潤滑油になり、グチュグチュと卑猥な水音が部屋に響き始める。「うーん、ポルチオ周辺なのかなあ……オマ○コとクリちゃん以外にどこか……」 僕は独り言のようにつぶやきながら、短いストロークでゴツゴツとチ○チン先端の鈴口をポルチオへキスさせると、押しこんだ。その度に、リケジョの躰はしなり、火であぶられた竹のように何度も妖艶なボディーラインを描き、汗を飛ばした。細身の理系女子は眉間に縦皺が寄り、眉尻はさがる。かわゆいリケジョの瞳はギュッと閉じられて快楽に睫毛は震えている様子が僕の視界に入った。息を弾ませて、口は大きく開き、爆乳のリケジョの唇からは唾液がタラタラとこぼれ落ちているようだ。シーツをつかむ20代の女子大生の両手周辺には布地が寄って、放射線状に深いシワが出来ていた。うなじは汗がつたい、躰全体に朱色が染まり始めている。(この子、先走り液も出してないみたい……はうっ、イグウっ、何度イカせるつもりなのよおっ、いやあ!! でも、もう気持ちいいの、止まらないっ!) ポルチオから押しこまれるのがこんなに気持ちいいとは、女子大生自身も分かっていなかった。第一、膣奥へ押しこまれる前にイキかけて、男は慌ててチ○コを引っこ抜くパターンしか経験してこなかったのだ。抽送を繰り返す中で、そそり立つチ○チンはピクピクと強烈な膣ヒダの締め付けに反応はしているが、カウパー氏腺液さえ出ていないのは脅威に値する。セフレのリケジョはそうは思った。 俺は深川麻衣激似の女子大生の太腿から手を離して、後背位に戻した。リケジョの尻朶へ両手を添えるように置き、おちん○んをゆっくりグラインドさせた。膣奥が性感帯であるというのは、肉便器共通だ。この牝は少々ボーイッシュ過ぎる点があったから、オンナの悦楽を呼び覚ましただけである。オマンコまでオチン○ンを引いて、膣ヒダを削り取ると、僕はグリッとち○この先端を動かして、照射角度を変えた。「え!? どっ、どうしたの?」 当惑するような澄んだ声を出しながら、セフレのリケジョは振り返った。「フツーに気持ちよくなられるのも、気分が悪いんだよ。溢れる快楽に溺れ、ついていけないような状態になってもらわないと」
 
そう言って、俺はゴリッとヤリモクのリケジョのGスポットへ一直線にち○ちんを押しあてた。刹那、今までで一番大きな反応を深川麻衣似の女子大生は見せる。力が抜けたかリケジョの細い腕はベッドに落ちてシーツを握りしめ、痙攣の収まらない躰から視線を外すよう、引き寄せた枕へ顔をうずめた。襟足の綺麗なうなじが震え、くぐもった声を響かせていた。「あー、ハルナさんの隠れ性感帯はGかぁ。数の子天井の膣壁は擦れると気持ちいいから、お互い、最高だね」 勝手なことを言いやがると内心、毒づきながら、大きすぎ、硬すぎる雁首をゴリゴリ、ゴリゴリヒダ肉へ押し付けられると、理系女子は快美に打ち震わされ、何も言えなくなってしまう。そして、目の前をチカチカさせられたスタイルのいい理系女子の女体はアクメの頂点に達する。「いやっ、まだ、イグウッ、気持ちよくなっちゃうのお、あっ、あはうっ! んも、もうっ、あぁん、嫌なのにいっ、気持ちよくなっちゃったのおっ!」 いつの間にか燕返しにされたセフレのリケジョはググッとのけ反り、びっしりと額に汗を浮かべて、眉尻を下げ、大きくいなないた。かわいいリケジョの朱唇はだらしなく開き、唾液がつたい、顎から頬肉へ垂れて、ベッドシーツへ落ちていた。ピクッ、ピクッとする肢体に俺は言った。「陽菜さんの犯されている時の表情がよく見えないなぁ」 そう言うと、俺はピンク色の枕を可愛い理系女子の桃尻の下へ敷かせ、正常位にならせた。「はああっ……もう、これ以上、どうする気なのおっ?」 ヘロヘロ気味の綺麗なリケジョは、力ない声でM字形に脚を開いた。テラテラとマン汁に光る肉唇は花弁を見せて、ヒクヒクとうごめいている。とめどなく溢れる蜜汁は、アナルの穴へ流れこんでいた。「フフッ、これから分かるよ……」 僕は不敵な微笑みを浮かべる。赤黒いちんこの鈴口は、俺の意図を示すようパクパク物欲しげに動いていた。
 
やがて、ひと息整えると、俺はまんこへチ○コの先端をキスさせて、愛液のしたたりに導かれるよう、柔肉をひしゃげさせながら、もう一つの穴へ移動させた。「ちょっ、まさか……アンタ」 熱に浮かされていた細身の理系女子の瞳に、強い光が戻りつつあった。その様子を確認してから、僕は太腿の裏から両手をなぞらせて、膝裏にあてると、マングリ返しに近い体位、くの字形へ脚を折らせた。「肉便器が文句言わない! それに御主人様が一回もイッてないんだぞ」 俺の言葉にリケジョは何も言い返せない。本当にその通りだったからだ。それでも、未知なる恐怖感は拭いきれず、桜色に染まった桃尻の頬肉は細かく震えてしまう。「大丈夫だよ、さっきあれだけ舌責めで感じたんだから」 膝立ちの姿勢で、僕は反り返るチンチンをアヌスへピタッとキスさせた。(ダメよ、あんなの挿入されたら、こわれちゃう……) 官能とは違う、防衛本能から理系女子はキュッツとお尻の孔を閉めた。その一方で、ちんこの疼きは止まっておらず、その甘痒さは尻穴の中から湧きあがっている。矛盾する本能のささやきに、sexフレンドの女子大生は戸惑いと恥じらいの表情を見せた。(そういう顔が見たかったんだよ、春奈さん……) セフレのリケジョは上気したまま、汗に濡れる睫毛を震わせ、軽く握った右手を口元にあて、恍惚感と焦燥感の混じった表情に見える。官能に揺さぶられつつ、拒絶や抵抗の理性とは異なる、女子大生の感情のうねりのようなものが仕草に表れているようだ。その証拠に、リケジョのすらりとした生足は開かれ、じっとりと汗を浮かべた内股の奥に、桃尻の尻朶と二つの秘穴が惜しげなく俺の視姦にさらされている。ガチガチに硬くなっているちんちんが尻頬に触れると、セックスフレンドのリケジョはピクッと敏感に反応した。アナルへキスさせて、したたる蜜汁を絡めながら、つーっと窄める皴肌へ鈴口をすりつける。
 
「あうっ! だめえっ、いやあんっ、とめられないい……どうしてえ」 リケジョががっちりア○ルを閉じるため、括約筋へ力をこめると、じくじくと疼痒い膣奥の感覚が尻穴へ伝染してしまう。同時に、オ○ンコの花弁周辺の性感が上昇し、膣口まで呼応するようにうねりはじめる。オ○ンチンの疼きを鎮めようと、出会い系アプリのハピメで出会ったセフが全身の力を抜けば、お尻の孔の門がパクパクと物欲しげにうごめいてしまう。肉欲に翻弄される女体を制御できない感覚へ、深川麻衣激似のリケジョはどうしたらいいのか躰をもじもじさせて、肢体をくねらせた。「体の反応に素直になればいいだけだよ。そうすれば、ボクの言うとおりにするだけで、気持ちよくなれるんだから」 俺の言葉にも、女子大生は躰を硬直させたままだった。ここで、チン○ンを巨乳のリケジョのアヌスホールへねじりこむのは容易だが、下手に陵辱される苦痛をすりこませ、一級品のおま○こを破壊しては意味がない。快楽に対する悦楽の塊となる肉便器へ仕立て上げなくては意味がないのだ。(仕方ない、少しリラックスさせよう……) アクメに浸らせまくった反動で、未知なる交差への緊張感が肢体をかたくしていると判断した俺は、せきれい本手から揚羽本手へ体位を変えるように、口調を改めた。「ねえっ、はるなちゃん! そんなに俺のこと嫌いになったの? フフッ、ボクははるなさんと一つになりたいだけなんだけどなあっ……」「はるなちゃん???」 いきなりマザコン口調になった僕に抱きつかれて、爆乳のおっぱいの谷間へ顔をうずめられた爆乳の理系女子は、困惑の声をだした。僕からチン○ンを二穴へ蓋をするように張り付けられ、腰回りを力強く抱きしめられる。ふっくらとしたあどけなく柔らかい僕のぽちゃぽちゃした骨肉の温かい感触に、少しずつ女子大生の胸は締め付けられるような気分にされていく。
 
「ねえ、ゆうきくん。うーん……フーッ、分かったわ……優しくして、ね?」「うん。分かったよ、ハルナちゃん!!」 本当に分かったのかなあと心配になりつつ、セフレの理系女子は折れる形で、恐る恐るビッチな女子大生のアヌスホールを開いていった。極太の雁首の先端がヒクヒクしている感触が伝わってきて、いつチンチンにこじ開けられるのかビクビクしていたのだ。(ようやく、躰の緊張がほぐれていったみたいだな……) ちんちんを突っ込めば、下肢に無駄な力が入る可能性はあった。俺はゆっくりと抱きついたまま雁首をリケジョのアヌスホールへ沈めていく。つぶらな黒い瞳でビッチな理系女子の表情を観察し、抱きついた状態で腹筋へ力が入らないよう、背中をさすっていた。「くううぅ、あっ、あっ! やっぱり、大きくて、硬い! うぐっ、くはっ!」 ギリギリと反射的に理系女子の肛門が亀頭を締め付けると、僕は珍しくうめき声をあげた。快感に痺れる俺の表情を見て、巨乳の理系女子はホッと安心し、腰を僕へ突き出していた。(やれやれ、演技するのも一苦労だな……) 一度射精している影響か、雁首、それもカリエラをアナルで責められた割にはあまりしっくりこない。もう少し締め付けが欲しいところだが、今回は挿入できただけでもよしと判断する。「気持ちいいよ、ハルナさん!! 締め付けも強いし、あたたかく包まれているようだ」
 
チンポを腸壁にこすりつけられて侵入されると、出会い系アプリのハッピーメール(happymail)で出会ったセフは膣ヒダを刺激され、同時に疼痒い感覚も鎮められる圧迫感へ快感を覚え始めてしまう。その快感が果てしない悦楽になるまで、さして時間はかからなかった。「あっ、あはうっ! アナルこじ開けられて、んも、もうっ、あぁん、気持ちよくなるなんて、はううっ!」 クネクネと悦楽に宙を触角のように舞っていたsexフレンドの女子大生の両脚は、しばらくすると小さな俺の腰へがっちりまわっていた。(へえ、これはアナルもなかなか……) 俺はリケジョの爆乳のオッパイの谷間へ顔をうずめながら、ア○ルの適応力に感心していた。ヴァージンならば、苦痛だけで拒絶反応されるのが普通であるが、セフレのリケジョは膣壁をうねらせて、腸壁で締め付けている。変に下肢の筋肉へ力をこめていない分、締め付けもうねりがあり、膣へ挿入している感覚と見まがうほどだ。深川麻衣似の女子大生の腸壁は全体的にザラメで、カリエラをこすりつけると生唾を飲み込むほどの快感で前立腺が痺れた。体位と膣が下付きの影響で、奥まで挿入させた亀頭は揉み潰されんばかりの感触である。まさしく、深川麻衣激似の女子大生は極上の名器だろう。「すごいよ、はるなちゃん! すべて入ったよ!」「……うぐっ、そう……これから、どうする気?」「そりゃ、こうするしかないでしょ!!」 尻穴を剛直で貫かれつつ、巨乳のリケジョはこれだけで済むはずがないと覚悟していた。その予感は見事に的中し、俺からオ○ンコとアナル、二穴はちん○んで交互に串刺しにされる。グチュグチュ、ズブッと淫らな交差の音とともに、理系女子の口から上ずりの咆哮があられもなく飛び出した。女子大生自身、何を叫んでいるのか分からないほどの嬌声は、紛れもなく、オチ○チンの疼きを鎮められる悦楽に他ならなかった。
 
胸元を見ると、にっこり微笑む俺の黒目がちの瞳と視線があう。俺は下半身だけスナップを利かせたように抽送させ、スレンダーなリケジョの二穴は空虚と埋没の繰り返しを味わわされる。「あうっ、くううぅ、あっ、あっ! そんなっ、乱暴にっ、いやんっ! しない、でえっ、もっとおっ、もっと!」「もっと奥に突いて欲しいの? しょうがないなあ」「違うっ、くはあっ、あっ、あはうっ! 疼いちゃうう! んも、もうっ、いやあ!! そうよおっ、もっと突いて、奥までえっ!」 ジュプッ、グチュッと卑猥な音の間に女子大生の甘い吐息を交えたおねだりの声が俺の鼓膜へ響く。俺は目を細めて、可愛らしい理系女子ののけ反らせる様子を眺めながら、膝裏へ力をいれると、かさあげした清純なリケジョの尻朶が天を仰ぎ、くの字形からコの字形へ肢体がいびつに変わる。僕がベッドの上に立ち上がると、スプリングの軋む音が響き渡る。「ハハッ、これではるなさんのアナルもまんこも丸見えだあっ」「いやあ、そんなこと言わないでえ……」 四つん這い犬ポーズの後背位も屈辱的だが、マングリ返しは視姦も声姦もチンコの抜き差しと同時にされる自分のオマンコが嫌でも見えてしまうので、美しいリケジョは恥ずかしさに躰が燃え上がりそうになる。
 
巨乳の理系女子は二穴責めされていくうちに、肛辱される快感と膣口を串刺しにされる快感の判別がおぼろげになり、ただただ、抜き差しされるおち○ちんの疼痒さをちんこで鎮められる悦楽の大波が重なってやってきた。膣でも腸壁でも肉ヒダを削られる快感で、ビリビリと肢体に電気が走る。「あっ、あはうっ! ダメエッ、もう押さえられない! んも、もうっ、あぁん」 気が付いたら、僕は倒されて、激カワの理系女子は膝を曲げて騎乗位になり腰を艶めかしく動かしていた。後ろ手をついて、のけ反りながら腰を上下させる色っぽいリケジョのあられもない肉便器の姿。ちんぽとオマンコの結合部からグチュグチュと音が発生するたびに、ビッチな理系女子は眉尻を下げて濡れた睫毛を震わせ、息継ぎをするように朱唇を半開きで嬌声をあげていた。二穴責めからアナル責めに変わっていた。「もうっ、ダメエっ! イグウッ、ねえ、ゆうきくん、一緒に、一緒にイッテエエッ!! アナルに思いっきり精液注ぎ込んでええっ、イッグウウウウッ!」 僕は裏筋からせりあがる感触へ素直に従い、チ○チンを膨張させると、思いっきり腰を突き出して、理系女子のお尻の孔の奥に白濁液の含まれたザー○ンを放出した。 そのままザー○ンをお腹に受けた女子大生は後ろに倒れこみ、二人はしばらくの間動くことはなかった……。
 
出会い系サイトハッピーメールでのかわいらしい理系女子との即ハメエッチのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓










































 
今回爆乳のリケジョと今すぐオフパコsex出来た出会い系はハピメです。
 
なおハッピーメール(happymail)を利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないとすぐsexできるかわいい女と出会ってセックスフレンドにしてタダマンエッチできませんので、ハッピーメールに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハピメのような出会系アプリで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで分かりやすく説明していますので見てください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハピメは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.