deaikeitaiken_novel

【PCMAXハメ撮り】和泉市でヤリマンアパレル店員と中出しセックス

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
管理人はせっせと出会い系サイトでキュートな女性と出会いまくって、オフパコエッチに励んでいます(^○^)
 
さて、今回は即出会いできる悪徳でない出逢い系コミュのピーシーマックスで出会ったヤリモクのアパレル店員と大阪府和泉市で会ってセフレにして即オフパコsexをしてきたのですが、ハメどり写メがたくさん撮影できましたのでレポします。
 
※この記事にはアダルトなsexのはめどり写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会い系アプリのPCマックスで出会った女の子はアパレルショップ店員で、名前は悠亜ちゃんといい、顔は吉岡里帆似のとても美人でした(^○^)
 
出会い系サイトピーシーマックスでのぺちゃぱいのアパレルショップ店員のプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトピーシーマックスでの美形のアパレル店員の掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
セフレのアパレルショップ店員とは、出逢い系マッチングサイトのPCMAXで知り合ってLINEでやり取りした後、和泉中央駅近くのお洒落な個室居酒屋に飲みに行った後そのままラブホに行ってはめ撮りsexをしました。
 
大阪府和泉市市の和泉中央駅近くの店を出ると、アパレル店員が「どうなさったんですか?」「いえ、大したことありません。酔ってしまって……わたし、ほんとうは下戸なんです」「それはいけませんね。タクシーを止めましょうか? タクシーで家に帰られたら……」「自信がありません。車のなかで、戻してしまうかも……あっ、すみません」「いえ、いいんですよ。では、どこかで休んでいかれますか?」「でも、目眩がして……」「じゃあ、俺が連れていってあげますよ」「悪いです……」「いえ、いいんです。おぶっていきますよ。背中に……」 俺が前にしゃがんで、「さあ」とせかすと、キュートなアパレルショップ店員は「すみません」と呟いて、ビッチなアパレル店員が背中に乗ってきた。 春色のコートをはおっているが、前を開けていて、白いニットを着ている。 そのためか、背中にセフレのアパレル店員のぺちゃぱいのバストの弾力を感じて、僕の下腹部が反応し、それをダメだ、ダメだと自分に言い聞かせる。「持ちあげますよ」「ヨイショ」と思わず声が出た。 セフレのショップ店員は女性の平均身長くらいでスレンダーなタイプだから、それほど体重はないはずだ。それでも、ずしっとした重みを感じて、太腿がこわばるのは、僕の体力が若い頃に較べて、低下しているからだ。 しかし、ここは頑強な男を装いたい。 セフレのアパレル店員を背負って、しっかりした足取りで歩道を歩く。 吉岡里帆似のアパレルショップ店員は落ちないようにしがみついている。 背中にぶわわんとした貧乳の乳房を感じる。後頭部に吉岡里帆激似のショップ店員の息を感じる。長いストレートヘアが垂れかかって、その毛先が耳をくすぐってくる。 しかし、セフレのショップ店員を背負ったものの、いったいどこに連れていったらいいのか──。
 
「どこに行きましょう。やはり、横になれるところがいいですよね?」「……ああ、はい……できれば……横になって酔いをさましたいです」「……難しいなぁ」 歩道を歩いていると、ホテルAの看板が見えた。(ここは、確かラブホテルのはずだが……) 行ったことはないが、和泉中央駅の路地を入ったところにある瀟洒な造りのラブホの入口には、ご休憩幾らと記してあるのを見たことがある。 路地に入るところで立ち止まって、迷った。 ラブホは横になって休憩するにはもってこいの場所だが、さすがにアパレルショップ店員はいやだろう。 アパレル店員がぽそりと言った。「いいですよ」「えっ……?」「sexを考えているんでしょ? いいですよ。わたしは……とにかく横になって、休みたいので」「だけど……ゆあちゃんのような清純派が出会い系アプリのピーシーマックスで出会った男とラブホテルに入るのを見られたら……」「誰も見ていませんよ。それより、ここでじっとしているほうが人目につきます」「それもそうだな……じゃあ」 僕は、深酔いしているわりにはやけに冷静だ、と思いつつも、ヤリモクのショップ店員を背負って、路地に入る。(ほんとうにいいのか? 男と女がラブホに入るってことは、sexを致すってことだぞ。いや、ユアちゃんは清純派だから、そういう疚しいことが頭にはないのかもしれない。純粋に休みたいと思っているだけかも……しかし、清純派って言うけど、ユアさんはもう20代半ばだ。いくら何でも、そんな……) わからない。しかし、ここは流れに身を任せよう。 ラブホのロビーで、ビッチなアパレルショップ店員を背負ったまま適当に部屋を選び、カードで料金を払って、エレベーターに乗る。 その間も、スタイルのいいショップ店員を背負っている。 エレベーターが停まり、部屋番号を確認して、なかに入る。 とてもシンプルな部屋で、入ってすぐのところにバスルームがあり、奥には大きなキングサイズのベッドと応接セットが置いてあった。 僕は貧乳のアパレルショップ店員を背中からおろして、長椅子型ソファに座らせる。
 
「ちょっと待ってて。横になっていいから」 言い聞かせ、冷蔵庫から冷水のペットボトルを取り出し、それをコップに注いで、スリムなアパレル店員に飲ませる。 こくっ、こくっと小気味いい喉音を立てて水を飲み、それから、ヤリマンのアパレル店員はソファに横になった。 清楚なアパレルショップ店員はコートを脱いでいるので、タイトフィットな白いノースリーブのニットが、上半身の曲線を浮かびあがらせている。急激に盛りあがったアパレルショップ店員の微乳のオッパイをひどく悩ましく感じてしまう。 裾の長いフレアスカートが横臥したショップ店員の下半身にまとわりついて、足先には踝までのソックスが──。 かわいすぎた。 セックスフレンドのアパレルショップ店員の長いストレートヘアが、肘掛けを枕替わりにしたととのった顔を半ば隠し、鼻先のツンとした横顔がのぞいている。 俺はどうしていいのかわからない。前の床にひざまずいて、「気分はどうですか?」 アパレルショップ店員に声をかける。「はい……ありがとうございました。お蔭さまで……どうにか」「よかった。しばらく、横になっていればいい。ここに、水を置いておくから、飲みたかったら飲んで」 そう言って、俺は大きなベッドにごろんと横になる。 この状態をどう理解すればいいのだろう。ラッキーなのか、いや、自分はセックスフレンドのアパレル店員に手を出すことはないだろうから、これはある種の人助けだ。アパレルショップ店員の酔いがさめたら、タクシーに乗せればいい。(しかし、つらいな。こんないい女を前に、指を咥えて見ているのは……) 目を閉じる。
 
すると、さっきのんだ焼酎が効いてきたのか、ついうとうとしてしまった。 人の気配でハッと目を開ける。 何と、隣に可愛らしいアパレルショップ店員が身体をすべり込ませようとしているところだった。いつのまに服を脱いだのだろう、清楚なアパレルショップ店員はベージュのスリップ姿だ。(ええっ……?) びっくりして横を見る。「すみません、驚かせて……あの、ソファではつらいので、ベッドで……すみません」 アパレルショップ店員が申し訳なさそうに言う。「あ、いや……そうだね。俺がソファに行くから」 体を起こそうとしたとき、「このままでいいです」 引き止められた。「いいの?」「はい……人のぬくもりがあったほうが……」 ちらっと上目づかいに見て、スタイルのいいアパレルショップ店員がぴったりと身体を寄せてきた。「……酔いがさめるまでこうしていたらいいよ」 俺はとっさに言って、おずおずと左腕を伸ばした。すると、スレンダーなアパレルショップ店員が二の腕に頭を乗せ、俺のほうを向いて横臥した。(どういうことだ。これはちょっと上手くいきすぎてるんじゃないか、何かおかしいんじゃないか?) 一瞬、危険信号が頭のなかで点滅した。 しかし、ショップ店員の温かい吐息が首すじにかかり、ベージュのスリップのすべすべした感触が肌にまといついてくると、そんな気持ちは消えていく。(俺は優愛さんを介抱しているんだから……悠亜ちゃんも総務の花として人には言えないつらいことがあるんだろう。ここは、ぬくもりを求めている悠亜ちゃんの期待に応えてやろう) 俺は右手を伸ばして、スリップ越しにぺちゃぱいのショップ店員の脇腹から腰にかけて撫でさする。シルクタッチの柔らかくてすべすべした生地を手がすべっていき、その下の柔らかな肉の感触が伝わってくる。さらに、撫でさすると、「んっ……あっ……」 セフレのショップ店員が小さく喘いで、「ゴメンなさい。わたし……」
 
「いいんだよ。くすぐったかった?」「はい……」「ゴメンな」 謝りつつも、俺は向かい合っているアパレル店員のボディを、やさしく撫でた。その手が、ほどよくくびれたショップ店員の細腰から急峻な角度でひろがった尻に達すると、「んんっ、それ以上はダメっ……」 ショップ店員がその手を押さえつけた。「ゴメン。もうしないよ」 僕は手を腰から離して、アパレルショップ店員のロングヘアを撫でる。 さらさらで柔らかくて、触っているだけで頭の形までわかる。 気持ち良さそうに頭をもたせかけていた微乳のアパレルショップ店員が、耳元で笑いながら囁いた。「硬いものが当たっているんですけど……」 僕のち○ちんが力を漲らせていて、ズボン越しにセックスフレンドのアパレルショップ店員の太腿を突いているのだ。「ああ、ゴメン……」 とっさに腰を引いた。 次の瞬間、きれいなアパレルショップ店員が僕の手をつかんで、胸に導いた。「えっ、いいの?」 アパレル店員は無言で目を伏せた。(これは、いいんだろうな……) 右手でsexフレンドのショップ店員の貧乳のオッパイをつかんで、やわやわと揉んだ。スリップ越しに、柔らかな微乳のバストの弾力が伝わってくる。 20代のショップ店員はどうやらノーブラのようだ。 さっき、僕がうとうとしている間に、ブラジャーを外してしまったらしい。(もしかして、その気があってベッドに移ってきたのか? きっとそうに違いない……。しかし、俺ってこんなにモテたか? しかも、相手は出会い系アプリのピーシーマックスで出会った美人なんだぞ……) 何かおかしいと疑問符が頭に浮かんだ。しかし、チン○ンはいきりたっていて、下腹部の欲望が警戒心を解かせる。
 
やわやわとアパレル店員の貧乳のおっぱいを揉んでいると、ベージュの布地の二カ所がツンとせりだしてきた。(……こんな清楚な子でも、ぺちゃぱいの胸を揉まれれば乳首をおっ勃てるんだな) ふつふつと欲望がふくれあがってきて、気づいたときは、吉岡里帆似のアパレルショップ店員の尖った乳首を攻めていた。 スリップをせりあげている突起を、指でノックするように側面から撥ねると、「んっ……んっ……んんん……ぁあああ、ダメぇ……ダメ、ダメ、ダメ!」 アパレル店員が首を左右に振りながら、手を押さえつけてくる。「ゴメン。だけど、ゆあちゃんの乳首が勃ってきたから……」 弁解がましく言って、俺は顔を寄せていく。 スリップに包まれた清楚なショップ店員のぺちゃぱいの乳房はほどよい大きさで、中央より少し上に突起がせりだしている。 そこをほお張って、かるく吸った。「あんっ……くっ……!」 スタイルのいいアパレルショップ店員がのけぞって、口を手で覆った。(何てかわいいんだ……!) 色っぽいアパレル店員を仰向けにして、左右の貧乳の胸をスリップ越しに揉みながら、片方の突起をちゅうちゅう吸う。「あっ……ダメっ……ダメです……んっ、んっ……あうぅぅ」 顔をのけぞらせながら、セフレのアパレル店員は洩れそうになる声を押し殺す。 アパレル店員のスリップの肩紐が片方外れかけて、V字に切れ込んだ襟元から微乳のおっぱいのふくらみが少しのぞいている。 細身のアパレルショップ店員のストレートロングの黒髪が枕に扇状にひろがって、長い髪の一部が胸にもかかっている。 初々しくもセクシーな貧乳のアパレル店員の姿に見とれながら、突起をほお張り、舌で転がす。 唾液を吸った布地が張りついて、ビッチなアパレルショップ店員の乳首の色や形が透けでてきた。
 
たまらなくなって、スリムなアパレルショップ店員の肩紐を肩から外し、スリップを押しさげた。 転げでてきた色っぽいアパレル店員の微乳のバストはBカップほどの大きさで、なおかつきれいなお椀形だ。視線を感じたのか、ヤリモクのショップ店員が微乳のバストを手で隠した。「隠すことはない。きれいな胸じゃないか」 俺はその手を外して、美しいショップ店員の微乳のバストにしゃぶりついた。「んっ……!」 と、スタイルのいいアパレル店員が顎をせりあげる。(たまらない……いい香りがする!) ちょうどいい大きさのショップ店員の貧乳のおっぱいが柔らかく指にまとわりついてきて、その頂を舌で転がす。 すると、アパレル店員の乳首がいっそう硬くなり、せりだしてきて、「んっ……んっ……ぁああんん……」 セフレのショップ店員が抑えきれないといった声を洩らした。 俺は吉岡里帆似のアパレルショップ店員の左右の乳首を交互に舐め、愛撫をする。 それから、手をおろしていき、スリップの張りつくショップ店員の腰から太腿にかけて撫でおろしていく。(もしかして……) ミニ丈のスリップの裾をめくりあげる。 やはり、ノーパンだった。 セフレのアパレルショップ店員はぎゅうと太腿をよじりあわせているが、細長くととのえられた陰毛が太腿の奥に消えている。(どうして、ノーパンなんだ?) 僕はまた考える。 わからない。いや、深く考えている余裕などない。性欲が亢進してしまっている。(かわゆいアパレル店員のおまんこに触れてみたい……舐めてみたい) 強烈な欲望に駆られて、訊いた。
 
「ゴメン……悠亜さんのあそこを舐めたいんだ。いいか?」「……恥ずかしいです」「でも……どうしても舐めたいんだ。ダメか?」「……少しなら。少しだけですよ」 アパレル店員が認めてくれた。(よし、やったぞ!) 僕は急いで服を脱ぎ、素っ裸になった。それから、ショップ店員の上体をまたいだ。逆シックスナインの形で、セフレのアパレル店員に尻を向け、自分は上からM字に開いた太腿の奥に顔を突っ込んだ。「やっ……!」 ショップ店員が内股になって、必死に股間を隠そうとする。 膝をつかんで押し広げ、細長い翳りの底にしゃぶりついた。いつもと反対だからやりにくい。わずかに甘酸っぱい香りがして、ま○こに舌を這わせていくと、「んんんっ……!」 激カワのアパレル店員が太腿で顔面を締めつけてくる。 強い圧迫を感じる。だが、その豊かな肉の締めつけが気持ちいい。 仄かな性臭を感じながら、ショップ店員のオマ○コに舌を這わせていくと、太腿の締めつけがゆるみ、やがて、力なく左右に開いた。 そして、僕が狭間を舐めるたびに、「あっ……あっ……」 スタイルのいいショップ店員はこらえきれないといった声を洩らす。(思った以上にエッチな身体だ) 狭間を舐めつづけると、おまんこが唾液とは違う粘り汁で濡れてきて、舌がぬるっ、ぬるっとすべる。そして、ショップ店員の下腹部がわずかに揺れはじめた。「くっ……くっ……」 必死に喘ぎをかみ殺している。だが、アパレルショップ店員のオ○ンコに舌を走らせていると、それに応えるように下腹部がせりあがってきた。
 
こうなると、もっと感じさせたくなる。 笹舟形の上方でわずかにせりだしている小さな肉芽をちろちろっと舌で弾く。ほお張って吸い込み、クリをちゅうちゅう吸うと、「ぁあああ……!」 清楚なアパレル店員が華やいだ声とともに、下腹部をせりあげてきた。 吐き出して、また舌で転がす。そのとき、僕は股間のおち○ちんに何かが触れるのを感じた。 sexフレンドのアパレル店員の指だった。それは、美しいショップ店員の突然の変わり身だった。 スタイルのいいアパレルショップ店員は下を向いた僕のち○ぽを指で輪を作って、きゅっ、きゅっとしごいた。それから、真下に顔を移動させて、舐めてきた。(えっ……?) 微乳のアパレルショップ店員が濃厚なフ○ラをしてくれるのはうれしい。しかし、これは──。 僕はクンニをするのも忘れて、ショップ店員の上に這うような形で、もたらされる歓喜に浸った。 スリムなアパレル店員の尖った舌が亀頭部を小刻みに刺激してくる。その舌づかいが巧妙すぎた。 次の瞬間、チ○コがヤリマンのアパレルショップ店員の口腔に吸い込まれていた。 温かい。そして、sexフレンドのアパレルショップ店員の口腔粘膜がチューッと吸いついてきた。「くっ……!」 思わず呻く。 すると、ぺちゃぱいのショップ店員は下からちんぽをほお張ったまま、顔をくねらせた。(おおぅ、すごい……!) 女が下になってのフェ○チオは充分に動けないから、すごく難しいはずだ。なのに、これは……? 清純なショップ店員のしなやかな指が根元にまわされて、ぎゅっ、ぎゅっとしごいてくる。その余った部分をセフレのアパレルショップ店員はほお張り、吸い込みながら揉み込んでくる。 上手すぎた。 いや、アパレル店員だってもう20代半ばなのだから、このくらいの濃厚なフェラチオはできても不思議ではない。たんに、僕がアパレルショップ店員のイメージを清楚と決めつけていただけなのかもしれない。(しかし、これは……!)
 
吉岡里帆激似のショップ店員はチ○ポを握りしごきながら、先端にキスを浴びせ、尿道口を舌でこじ開けるようにして、刺激してくる。チューッと吸い、それから、セックスフレンドのショップ店員は亀頭冠をほお張って顔をS字に打ち振る。たぶん、上下動はきついのだろうが、それを補って余りあるテクニックだった。「くうぅぅ……」 気づいたとき、俺は腰を振っていた。 ちんこも縦に動いて、セフレのショップ店員の口腔をうがつ。イラマチオである。 するつもりはなかったのだが、ショップ店員の巧みな舌づかいに誘われてしまった。 きっと苦しくなって、清純なショップ店員はすぐにちんぽを吐き出すだろう。そう考えていた。しかし、違った。 アパレル店員は眉根を寄せながらも、押し込まれるチンコをほお張ったままだ。俺が動きを止めると、自分から舌をからませてくる。(おいおい……これが悠亜さんの花の底力なのか?) たじたじとなった。 しかも、吉岡里帆激似のショップ店員はオチン○ンをほお張り、うん、うん、うんと顔を上下に振って、ちん○んに唇をすべらせる。顔だけを持ちあげる形だからそうとう苦しいはずだ。なのに、アパレルショップ店員はそれを一心不乱に実行する。 猛烈なパワーが湧きあがってきて、僕は体の方向を変え、すらりとした足をすくいあげた。 下腹部の細長い翳りの底に、アパレル店員の清楚さとは裏腹の、ぽってりとした肉厚のおま○こが花を開かせていた。 清純なショップ店員のオマ○コの色は恐ろしいほどの薄いピンクだ。しかし、ふっくらとした肉びらは褶曲しながらひろがって、その狭間に濃いピンクの粘膜が淫靡にぬめ光っていた。 しかも、下のほうの膣口が、ちん○んを早く入れてと誘うようにひくひくとうごめいている。(たまらん……!) 僕がちんこを押し込もうとしたとき、「いやっ!」 と、ヤリマンのショップ店員が腰をひねった。
 
そして、ヤリモクのアパレルショップ店員はいきなりジタバタして、挿入から逃れようとする。(おいおい、今までと違うじゃないか!) 困惑した。さっきまでは明らかに欲しがっていた。 そうか……いざとなって、怖くなったんだな──。「大丈夫だよ。怖がらなくていい」 綺麗なアパレルショップ店員に言い聞かせた。「いやっ……やめてください!」 なおもセフレのアパレルショップ店員が拒もうとする。 ここまで来て、お預けはつらすぎた。それに、貧乳のショップ店員のこの抗いはポーズに違いない。「大丈夫だよ。いいから、身を任せて……」 やさしく言って、もう一度、チンコを押しつけた。「いや、いや、いや……」 アパレル店員は口ではそう言うものの、不思議に腰は逃がそうとしない。(ははん、やっぱりポーズだったんだな) オチ○チンを吉岡里帆似のショップ店員のオマ○コに押し当てて、慎重に沈み込ませていく。セックスフレンドのアパレル店員のまんこはかなり上付きだ。正常位では、上付きのほうが挿入しやすい。 いっぱいにふくれあがった亀頭部がキュートなアパレル店員のまんこの窮屈な入口を押し広げる。いったん入ると、後はぬるぬるっと吸い込まれていき、「はぁああ……!」 アパレルショップ店員が大きく顔をのけぞらせ、両手でシーツを鷲づかみにした。(すごい、きつきつだ!) まだピストンもしていないのに、おま○この窮屈な粘膜がくいっ、くいっとうごめいて、チ○コを奥へ奥へと引きずり込もうとする。(この美貌で、このお○んこ……!) 誘われるように腰を打ち据えた。 セフレのショップ店員の膝をつかんで開き、腰を叩きつける。「んっ、んっ、んっ……いやいや、ひどいわ。田村さん、ひどい!」
 
なぜか貧乳のアパレル店員がそう言う。(いや、これは合意のもとのはずで、そんなにひどいことをしているとは思わないが……そうか、これもポーズなんだな) 美形のアパレルショップ店員はMっ気があって、自分が無理やり犯されるというシチュエーションに燃えるのかもしれない。だったら──。「おらおら、いつもちやほやされて、清純ぶっているのに、いざとなったら、簡単に許しやがって……優愛ちゃんはほんとうは好き者なんだな。職場でも、いつもsexやられたくて、オマンコを濡らしているんだろう?」 俺は悪役になって、清純なショップ店員の足首をつかんで大きく左右に開かせた。すらりとした足をV字にひろげて、ぐいぐいとえぐり込んでいく。「ち、違うわ! ひどい人。ゆうきくん、ひどいわ!」 ヤリモクのアパレル店員が言うので、これもポーズだろうと思い、「おらおら、これではどうだ!」 僕はショップ店員の足を持ちあげたまま、強く腰を叩きつけた。お○んちんがアパレル店員の膣を叩くようにえぐっていき、「ぁああ、ひどい……ひど……くっ、くっ、ぁあああうぅぅ、あんっ、あんっ、あんっ……」 苦痛の表情を浮かべながら言葉を切って、吉岡里帆似のアパレル店員が喘ぎを放った。「よしよし、それでいいんだ。ヤリマンのアパレルショップ店員はMなんだな。そうら、いい声が出てきたぞ。これがほんとうの顔なんだな。もっと見せてみろ。淫らなビッチの顔を」「違う、違います……あんっ、あん、ぁあああんん」 強く叩き込むたびに、上を向いたお椀形の貧乳の乳房が縦に動いて、吉岡里帆激似のアパレルショップ店員は片方の手のひらで口をふさぎながらも、アパレル店員はととのった顔を歪め、大きくのけぞらせる。 枕に扇状に散ったヤリモクのショップ店員の長い髪も揺れて、波打っている。 俺もひどく昂っていた。 きっと、自分が悪いS男を演じているからだろう。心の奥に潜んでいたものが噴きだしている感じだ。 俺はヤリモクのアパレルショップ店員の身体を横臥させて、自分は上体を立てたまま、すらりとした片足をつかんで帆掛け舟のように引きあげ、その状態で腰を叩きつける。
 
身体をねじる形になって、吉岡里帆似のアパレル店員はつらそうに眉根を寄せる。 だが、この体位は結合が深く、亀頭部が随分と奥のほうに嵌まっているのがわかる。 抜き差しすると、おちんちんがズブズブと膣をうがち、「あんっ、あんっ、あんっ……」 微乳のショップ店員は半身になって、シーツをつかむ。「気持ちいいだろ?」「……知りません」 アパレル店員が顔を左右に振る。「ほんとうのことを言え。そうしないと、やめるぞ」 ぴたりと律動を止めた。しばらくして、アパレルショップ店員の腰がじりじりと揺れはじめた。「ぁああ、止めないでください……気持ちいいの。気持ちいいんです……ぁあああああ、突いてください!」 今にも泣きだしそうな顔で訴えてくる。「よしよし、それでいいんだ。かわいいぞ、ゆあちゃん」 まるでアパレル店員のご主人様のように言って、帆掛け舟の体位で片足をあげさせ、オ○ンチンを横の角度から叩き込んでいく。「あっ、あんっ、あんんん……ああ、ぁあああ、気持ちいいんです……気持ちいい……気持ちいい……あっ、あっ」 ショップ店員ががくん、がくんと身体を躍らせる。(んっ……もしかして、イクんじゃないか?) だが、ここではまだ気を遣らせたくない。 僕はいったん結合を外して、スリップを脱がし、全裸のショップ店員をベッドに這わせた。 自分はベッドから降りて、床に立つ。 可愛いアパレル店員をベッドの端まで後ろ向きに移動させる。 セフレのアパレル店員のかわいらしい尻をもこもこさせて、うつむいたまま近づいてくるショップ店員が愛おしくてならない。 ショップ店員の尻の底にぷっくりとしたま○この裂け目があって、内部のぬめぬめした粘膜が「来て!」とでも言うようにうごめいている。
 
僕はオチンチンをアパレルショップ店員のマンコに押しつけて、ゆっくりと沈み込ませていく。 一度、侵入を許したはずのま○こだが、体位が違うとまた加減も変わるのか、とても窮屈で、細い道をこじ開けているような感触があって、「くっ……!」 ショップ店員がぎゅっとシーツをつかんだ。(おおぅ、締めつけてくる!) 俺は清楚なアパレルショップ店員のほっそりしたウエストをつかみ寄せて、意識的にゆったりと浅いところを往復させる。 オマンコの奥までは届いてない。 この焦燥感がセックスフレンドのアパレルショップ店員を焦らし、性感を昂らせるはずだ。 徐々にピッチをあげていき、すこすこと素早く擦りあげると、ビッチなアパレルショップ店員の気配が変わった。「ぁああ、ああ、気持ちいい……気持ちいい……」 そう言いながらも、微乳のアパレル店員はもっととばかりに腰を前後左右に揺らせる。 さらには、sexフレンドのショップ店員は自分で尻を大きく前後に振って、チンチンの深い挿入を求めてくる。「どうした? 奥を突いてほしいのか?」 たぶんそうだろうと思って、確かめる。「……はい。奥を……奥に……欲しい!」「貪欲な雌だな。きれいな顔をしているのに、身体は貪欲な雌だ。そうだな?」「はい……はい……わたしは貪欲な雌です。ぁああ、お○んちんをください。奥に……」 ショップ店員が素直に言ったので、いっそう気持ちが昂った。(いい子じゃないか……それに、Mだ!) ますます昂揚してきて、すこすことしばらく浅い抽送を繰り返しておいて、いきなり、ズドーンと突くと、「ぁあん……!」
 
スレンダーなアパレルショップ店員が顔を撥ねあげて、背中を弓なりに反らせた。 アパレルショップ店員のすべすべした背中はうっすらと肩甲骨が浮きでて、しなやかな曲線が美しい。 僕はまた浅瀬を往復させ、いきなり、ズドーンと強く突く。切っ先が奥まで届き、「うあっ……!」 ヤリモクのアパレル店員が生臭い声を洩らした。 そこで、俺はつづけざまに突く。尻を引き寄せておいて、深いところにぐいぐいと突き刺していく。 パン、パパン……。 乾いた音がして、ビッチなアパレルショップ店員の女体が前後に揺れ、「あん、あん、あん、ぁああん……ぁあああ、許して!」 そう言いながらも、ショップ店員は感じているのか、尻をいっぱいに後ろに突きだしてくる。 やはり、床に立ってのバックは具合がいい。全然、疲れない。 全身を使えるから、打ち込みも深く、激しい。「あん、あん、あんっ……ぁああ、あああ、くうぅ」 セフレのアパレルショップ店員はシーツを鷲づかみにしている。二つのシーツの皺が、吉岡里帆似のアパレル店員がいかに感じているかを伝えてくる。 僕は両手をサイドからまわし込んで、アパレルショップ店員の貧乳のバストをとらえる。
 
じっとりと汗の滲んだ乳肌を揉みしだき、頂上の突起をつまんで捏ねる。「ぁああ、あああ……いいの。いいの……ぁあああ、あああああ、ください。突いて! わたしをメチャクチャにして!」 かわいらしいアパレルショップ店員が言う。「よし、メチャクチャにしてやる。そうら」 俺は覆いかぶさるようにショップ店員のぺちゃぱいのバストを揉みしだき、それから、上体を立てて、尻たぶをつかんだ。 ぷりぷりっとしたショップ店員の尻肉に指を食い込ませ、そのしなりを愉しみつつ、つづけざまに腰を突きだした。「あん、あん、あんんっ……ぁあああ、イキます。イッていいですか?」 アパレル店員がかわいく許可を求めてくる。「いいぞ。イッていいぞ」 ここはイッてもらおうと、強いストロークに切りかえた。 激しく叩きつけると、アパレルショップ店員はシーツを鷲づかみにし、顔を上げ下げして、「イク、イキます……ぁあああああぁぁぁ、くっ!」 俺も「うっ!」と言いながら美しいアパレルショップ店員のオマ○コの中にザ○メンをたっぷり中出しした。アパレルショップ店員は同時に背中をいっそうしならせて躍りあがり、それから、力尽きたように前に突っ伏していった。 アパレルショップ店員のおめこから抜いたち○ぽは、スペルマを射精後も天井に向かってそそりたったままだった。
 
出会い系サイトPCMAXでの細身のアパレルショップ店員とのハメ撮りエッチのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓























































 
今回20代のショップ店員と今すぐオフパコsex出来た出会い系はPCマックスです。
 
なおピーシーマックスを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと今すぐエッチさせてくれる美しい女性と出会ってセックスフレンドにしてオフパコセックスできませんので、PCMAXに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
PCMAXのような出会系アプリで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで具体例を示しながら解説していますので見てください。
 
⇒出会い系サイトPCMAXの詳細はこちら
 
※ピーシーマックスは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.