deaikeitaiken_novel

【出会い系やれる】豊田市で清楚な巨乳婦人警官と中出しsex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
私はあいわらず出会系アプリでかわいらしい女漁りをして、オフパコエッチをやってヤりまくっています((^┰^))
 
さて、今回は知り合える優良な出逢い系コミュのPCマックスで出会った清楚な巨乳婦人警官と愛知県豊田市で会ってセックスフレンドにしていますぐオフパコsexをしてきたのですが、ハメどり写メがたくさん取れましたのでレポートします。
 
※この記事には過激なエッチのはめどり写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会系アプリのPCマックスで出会った女の子は婦警で、名前はゆいさんといい、顔は松井珠理奈似の物凄く美人でした(^○^)
 
出会い系サイトPCMAXでの巨乳の婦警のプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトPCマックスでのsexフレンドの婦警の掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
清楚な婦警とは、出合い系SNSのPCMAXで知り合ってLINEでやり取りした後、豊田市駅周辺のおしゃれなイタリアンレストランに食事に行った後ホテルOKとのことだったのでいつものようにラブホに行ってオフパコエッチをしました。
 
俺とセフレの婦人警官が愛知県豊田市の豊田市駅近辺のラブホテルの部屋に入った。ラブホテルのシャワーで汗を流し、俺が部屋で地元のビールをのんでいると、「ねえ、そっちへ行っていい?」 襖の向こうから、婦警が声をかけてきた。「……ああ、いいよ」 すぐに襖が開いて、婦人警官が入ってくる。 白い半袖のTシャツを着て、ショートパンツを穿いている。 松井珠理奈似の婦警はノーブラのようで、白いTシャツをこんもりと持ちあげた巨乳のオッパイの中心よりやや上には、ポチッとした巨乳の胸の突起が浮かびあがっている。しかも、婦警のショートパンツはかろうじて尻を隠すくらいに短いので、むちむちの太腿がほぼ付け根まで見え、吊りあがったキュートなヒップの丸みも浮き彫りになっている。(この格好で寝たら、あそこにパンツが食い込んでしまうんじゃないか?) 俺はバカな心配をしつつ、「ユイさんものむか?」 隣に座った清純な婦警に缶ビールを差し出す。「飲む」 スレンダーな婦人警官は笑顔で受け取り、プルトップを開けて、ごくごくっと喉を鳴らす。「ああ、美味しい……!」 清純な婦人警官は目を閉じて言い、それから、もう一度、缶に口を当てて傾ける。セックスフレンドの婦人警官はビールを口に含んだまま、俺に顔を寄せてきた。 あっと思ったときは、キスされていた。 そのまま体重をかけられて、後ろの布団に倒れると、ビッチな婦警は口のなかのビールを少しずつ、送り込んでくる。「………!」 まさか、松井珠理奈似の婦警に口移しでビールをの?まされるとは……。 婦人警官は想像以上の悪戯っ子らしい。だが、これはこれで愉しい。 婦警に注ぎ込まれる冷えたビールをこくっ、こくっと嚥下しつつ、どうにかこぼれないように飲み干した。だが、婦警は口を離すことなく、キスをつづけ、僕のTシャツをめくって、なかに手を忍び込ませてくる。 乳首を指先でつままれて、くりっ、くりっと転がされる。 すると、思いもしなかった電流が走り、それが下腹部へと流れていき、ズボンの下の股間が力を漲らせてきた。
 
(おかしい……これまで乳首をいじられて感じたことなどなかったんだが……もしかすると、結衣さんは愛撫の天才か?) 巨乳の婦警はキスをやめ、「ふふっ、乳首が硬くなってきた」 婦警はかわいく言って、大きな瞳でじっと僕を見つめてきた。 20代の婦警の前髪が乱れ、額が出て、いっそうキュートさが増している。なのに、瞳は潤んでいて、きらきらしている。 セフレの婦人警官が自分のTシャツの裾をつかんで、めくりあげながら頭から抜き取った。ぶるんっとこぼれでた巨乳のオッパイに目を見張った。 丸々としてたわわである。 しかも、婦人警官の巨乳の胸のお椀型の頂には淡いピンクの乳首がツンとせりだしていた。 婦警は全体に小麦色に日焼けしているのに、巨乳の乳房だけは抜けるように色が白く、乳輪も乳首も透きとおるようなピンクだ。「あまり見ないで……」 清純な婦警が両手をクロスさせて巨乳のバストを隠した。「ゴメン……すごくきれいな胸だね。それに、オッパイだけ真っ白だ」「わたし、元々は色白なのよ。でも、毎日のようにお日様を浴びているうちに、日焼けしちゃって……きっと、歳をとったら、メラニン色素がシミになるわ。いやになっちゃう」 清純な婦警は現代の女の子らしいところを見せながらも、手は確実に動いて、俺のTシャツを頭から抜き取っていく。「ふふっ、お腹がぷっくりしてるね。ダメよ、節制しないと。運動不足なのよ。今から運動しよ」 内臓脂肪を蓄えたお腹を触って、揉みながら言う。「そ、そうだね。頑張るよ」「あはははっ……やっぱり、俺って、へんな人」 婦警は笑いながらも、胸板に顔を寄せてきた。 胸板をなぞりながら、僕の乳首にキスをする。ちゅっ、ちゅっと唇を押しつけ、舐めてくる。
婦人警官に乳首をゆるく甘がみされて、舌先でくすぐられると、その感触が気持ち良くて股間のオ○ンチンがぐんと頭を擡げてきた。 それを察知したかのように、婦警の手がおりていって、ち○ちんをさする。 やはり、婦人警官は愛撫が上手だ。男の性感帯を巧妙に刺激してくる。「気持ちいいよ、上手いね……これで恋人がいないなんてウソだろ?」 確かめたくなって、訊いた。「ウソじゃないよ。元カレと別れてからは、もう、一年くらいエッチしてないな……いやだ、こんなこと女性に言わせないでよ」「ああ、ゴメン」「もう……余分なことは考えないようにしよ。今は俺がわたしの恋人なの。僕も巨乳の婦人警官が恋人だと思ってよ。わたしのこと嫌い?」「いや、好きだよ。とても魅力的だ」「よかった……」 ヤリマンの婦人警官はすっきりした口角を引きあげ、また乳首を舐めながら、俺のズボンとブリーフのなかに手をすべり込ませ、ち○ちんをじかに握った。 婦人警官はゆるゆると擦りながら、亀頭部の丸みにも指を伸ばして、巧妙に触ってくる。しかも、這うようにしているので、下を向いたたわわな婦警の巨乳のオッパイの先が三角に尖り、白いショートパンツが張りついた丸い尻が持ちあがっていて、その姿がとてもエロチックだった。 ち○こがますますギンとしてくると、可愛い婦人警官はいったん上体を持ちあげて、僕のズボンとブリーフに手をかけて、引きおろした。 俺はそれを助けようと腰を浮かす。 ズボンと下着がぬかれて、持ちあげた足先から引き抜かれていく。 転げ出たチンコは、自分でも驚くほど雄々しくいきりたっていた。スリムな婦警が、「すごい角度……僕、幾つだっけ?」 ち○こを握りしごきつつ、顔を覗き込んでくる。「幾つって……40歳だよ」 下腹を打たんばかりのペ〇スを誇らしく思い、ついつい自慢げに歳を告げる。「ふうん、すごいじゃない。40を過ぎても、男の人ってこんなになるんだ」「……自分でもびっくりしてるよ。きっと、相手がユイさんだからだよ。きみが白衣の天使だって思うと、ギンギンになっちゃう」
 
「エッチな人ね」「そうだよ。俺はスケベだからね」「居直ってる。でも、男はスケベじゃないと面白くないよ。スケベな人、好きよ」 真っ白な歯をのぞかせて、スリムな婦警は俺の足の間にしゃがんで、ち○ぽに顔を寄せた。 sexフレンドの婦警は赤い舌を出して、尿道口を舌先で刺激し、雁首に沿ってゆっくりと走らせる。セフレの婦警は舌を巧みにちろちろさせるので、峻烈な快感が走り抜けた。「ああ、気持ちいいよ……」「ふふっ、もっと良くなるかも」 松井珠理奈激似の婦人警官は前髪の向こうからこちらを見た。それから、かわゆい婦警は裏筋をツーッと舐めおろしていく。根元から今度は舐めあげてくる。 その間も舌を横揺れさせるので、もたらされる快感は大きい。(やっぱり、抜群に上手い……婦人警官はセックスが情熱的で巧みだと言うが、ほんとうなんだな) 婦人警官が制服を身につけて、男のちんこをほお張っている姿をついつい想像してしまった。すると、ちんちんがびくっと頭を振って、「いやだ! 今、ビクンって……俺、若いね」 うれしそうに言って、20代の婦人警官が亀頭冠の真裏に舌を当て、素早く横揺れさせた。「おっ、あっ……くっ……!」「どうしたの?」「くうぅ、それ、気持ち良すぎる」「ふふっ、かわいいんだから……」 包皮小帯を執拗に刺激されて、快感が思い切りふくれあがった。 焦らしに焦らして、婦警がようやくチ○チン本体をほお張ってきた。 ビッチな婦人警官は上から唇をかぶせて、ゆったりと顔を振りながら、チューッと吸ってくる。 真空状態になった口のなかで、亀頭冠がふくれあがっていくようだ。 スレンダーな婦人警官の繊細なほおがぺこりと凹んでいるのを見ると、いかに強く吸っているかがわかる。しかも、セフレの婦警はほお張りながら舌をからませてくるので、ぐにぐにとオチンチンを刺激される感触が心地よい。
 
ビッチな婦人警官にお○んちんを吸われながら、下側を柔らかなものでしごかれている感じだ。(ああ、気持ちいい……ユイさんはエッチの天才だ) 勝手に決めつけて、うっとりと唇と舌の感触を味わう。 と、そこに指が加わった。 ヤリマンの婦人警官のしなやかな指で根元を握って、かるくしごいてくる。同じリズムで亀頭部を中心に唇を往復されて、熱い塊がぐわっとひろがってきた。「おおぅ、くっ……ダメだ。出てしまうよ」 ぎりぎりで訴えると、松井珠理奈激似の婦人警官はすぽんとチンポを吐き出して、立ちあがった。 婦人警官は俺を見おろしながら、ショートパンツとパンティに手をかけ、尻を振りながらおろしていき、足踏みするようにして脱いだ。 婦人警官の一糸まとわぬ姿に、俺は息をのんだ。小柄だが、手足はすらりとしている。sexフレンドの婦警のオッパイはデカくて、誇らしげに乳首が上を向いている。ウエストはほどよく締まっていて、20代の婦人警官の尻はぷりんとしていた。 印象的なのは、巨乳のオッパイと下腹だけが抜けるように色が白いことだ。他の部分が健康的な小麦色に日焼けしているから、いっそう目立つ。 下腹部を覆っている飾り毛は天然のまま台形に生い茂っていて、巨乳の婦警のかわいらしい顔には似つかわしくない。だが、この自由奔放な恥毛が婦警の性格をそのまま表しているのだという気がした。「おまんこをさっきよく洗ったから、大丈夫よ」 そう言って、清純な婦人警官が尻をこちらに向けて、またがってきた。 シックスナインの格好でぐっと上体を前に屈め、俺のそそりたつちんぽを握りしめて、「ねぇ、して……お願い」 婦警はもどかしそうに尻を揺すって、誘ってくる。 目の前にぷりんとした尻が突きだされ、双臀の間にセピア色の小さなアヌスが息づき、さらに、その下のほうで薄桃色のまんこがうっすらと蕾を開いていた。ヤリモクの婦人警官は陰毛が濃いだけに、その色素沈着の薄いふっくらとした陰唇と狭間とのギャップがひどくエロチックだ。 お○んこを舐めるなど、いつ以来だろう──。
 
昨年の一月にはセックス運が上昇して、奇跡的に出会い系アプリのピーシーマックスで出会ったいい女を何人も抱いたが、それで運を使い果たしたのか、それ以降は出会い系アプリのPCMAXで女に恵まれなかった。 清純な婦警に誘われるように顔を寄せて、狭間に舌を走らせると、「んっ……!」 びくんっとして、婦人警官が腰を震わせた。 少ししょっぱいように感じる。 僕はスレンダーな婦警の腰をつかみ寄せて、舐めやすいように位置を調節し、狭間に舌を走らせる。清純な婦警のオマ○コはすでにラブジュースが滲んでいて、舌にぬるっとしたものがへばりついてくる。舌を上下に這わせると、「んんんっ……んんんんっ……ぁあああぁ」 ビッチな婦人警官が思いの外、セクシーな声を洩らして、腰を切なげに揺すった。 まだ咥えることはしないで、お○んちんを握る指に力を込める。 色っぽい婦人警官は時々、思いついたように、チ○コに指を上下にすべらせる。 俺はもたらされる快感をこらえて、指で奇麗な婦警のオ○ンコをひろげる。そして、鮮やかなピンクにぬめるおめこの内側に舌を走らせる。「ぁああ……ぁああ、感じる……すごく感じる……」 婦警はかわいく喘いで、チンチンを強く擦ってくる。 俺は笹舟形の下のほうで息づいている肉豆にも舌を伸ばした。 包皮をかぶった小さな一番敏感な豆を舌で上下左右に捏ね、かるく含んで吸う。「ぁあああ、いい……! んっ、んっ、んっ……」 スタイルのいい婦人警官は心から感じている様子で、がくん、がくんと腰を躍らせ、背中を大きく反らせる。 抜群に感度がいい。こんなに感じるのに、最近男とsexしていないと言う。 ほんとうだろうか──いや、事実だからこそ、今、僕という格好の男と出逢って、奇麗な婦警はこうして身をゆだねているのだろう。 僕はピンク色の突起の包皮を指でむいた。
 
赤珊瑚みたいな色のオマ○コがぬっと現れ、それを舌でちろちろっとリズミカルになぞると、「ぁあああ、ダメっ……感じすぎる……ダメ、ダメ、ダメっ……ぁああああ、おかしくなる。おかしくなっちゃう…………うあっ、あっ、あっ……」 20代の婦警は予想以上の反応を見せて、さっきより大きく激しく腰を揺らし、おち○ちんを握る指に力を込める。 声が大きすぎる。ラブホテルなのでたとえ声が洩れたとしても、他人に聞かれることはないだろう。 僕は奇麗な婦人警官の淡い赤色をしたピンク色の突起を吐き出して、舌で弾くようにして刺激を与える。と、これも感じるようで、「ぁああ、あああ、いいのよぉ……」 セフレの婦人警官はびくん、びくんと腰を震わせていたが、やがて、ちんぽにしゃぶりついてきた。 こうすれば声を抑えることができるとばかりに、オチン○ンを口におさめ、短いストロークで唇をすべらせる。ぐちゅ、ぐちゅと卑猥な唾音がして、「んっ、んっ、んっ……」 清楚な婦人警官の洩らすくぐもった声が聞こえる。(今、セフレの婦人警官はどういう顔をして、ほお張っているのだろう?) 猛烈に、婦警の顔を見たくなった。 M字に開いた太腿の間から覗いてみたものの、見えるのは下向きのたわわな巨乳の胸とちんこをほお張る顎だけだ。(しょうがない。諦めよう……) 俺はまたクンニに集中する。 強い性感帯であるクリを強弱つけて舐めると、松井珠理奈似の婦人警官は湧きあがった快感をぶつけるように、おちんちんを激しくしゃぶってくる。 つづけているうちに、身悶えが大きくなり、やがて、こらえきれなくなったのか、チン○ンを吐き出して、「ぁああ、もう、ダメっ……欲しいよ、これが欲しい」 婦人警官は唾液まみれのち○ちんを握りしごく。「上になってくれないか?」
 
言うと、美形の婦人警官は立ちあがり、向かい合う形で俺の下半身をまたいだ。 うつむいて、しゃがみながら、チンポをつかんでセフレの婦警のオ○ンコの狭間に擦りつけ、慎重に沈み込んでくる。 ち○ちんの切先が温かくて、ぬめるものを押し広げていく確かな感触があって、「うあっ……!」 sexフレンドの婦人警官は顔を撥ねあげながら、さらに腰を落とし込んでくる。ヤリモクの婦人警官の黒髪が躍り、「ぁああああ……!」 思い切り大きな口を開いて、のけぞり、それから、両膝をぺたんと布団に突いた。亀頭部がぐぐっと婦警のお○んこの奥までめり込んでいく挿入感があって、「くっ……!」 と、僕も唸る。 温かい。そして、全体が適度な圧力でもって、ち○こをホールドしてくる。 婦警はまだ腰を動かしているわけでもないのに、粘膜がくいっ、くいっとペニスを内へ内へと手繰りよせようとする。その肉襞のうごめきがたまらなかった。「ぁああ、いい……いいのよぉ」 のけぞりながら言って、sexフレンドの婦人警官が腰を前後に振りはじめた。 すると、マンコがぎゅっ、ぎゅっと締まってきて、もたらされる歓喜に僕は酔いしれる。 僕のちん○んは最近なかったほどに力を漲らせている。それを根元から揺さぶられる。 オ○ンチンがオマ○コの奥のふくらみをぐりぐりと捏ねているのがわかる。しかも、婦警のおま○こは根元のほうが強く締まるキンチャクなので、俺のおち○ちんはますます充溢する。 こんなにおち○ちんがギンギンになったのは、ほんとうにひさしぶりだ。 自分をここまで興奮させる相手が、まだ20代の婦警だということが、信じられない。 それにしても、よく動く腰だ。ビッチな婦人警官の前後の動きは衰えることなく、加速度的に速く、大きくなる。「うおお、ちょっと……」 俺は思わずその腰をつかんで、動きを止める。 すると、清楚な婦警は両膝を立てて、上体を屈ませ、手を僕の胸板に突いた。そうやって少し前傾しながら、腰を上下に振りはじめた。 腰を思い切り浮かせて、叩きつけてくる。
 
そのたびに、ぺたん、ぺたんと乾いた音が立って、おち○ちんと膣が衝突する。「くうぅ……!」 僕は強い衝撃をこらえた。 気持ちがいい。しかし、強すぎる。 だが、セフレの婦人警官は一直線に切り揃えられた前髪のすぐ下で、大きな目を潤ませながらも、まるで男を翻弄することが悦びなのと言わんばかりに腰を激しく揺すりあげる。二本の腕で挟みつけられて丸みを増したスレンダーな婦人警官の巨乳の乳房の頂上が、俺をじっとにらんでいる。 このままでは、sex休養後の初戦で、張り切っているチ○チンがもたない。「ゴメン……強すぎる。ほんと、ひさしぶりだから、お手柔らかに頼むよ。悪いね」 恥を承知で、訴えた。「……わかったわ。じゃあ、僕が動いて。それなら、調節できるでしょ?」 ヤリモクの婦人警官が抱きついてきた。 下腹部でつながったまま、上体を重ね、至近距離で僕を見た。 婦人警官は瞬きするたびに、パチパチと音がしそうなほどの長い睫毛をしている。婦警は唇を寄せてきた。 鼻が当たって、婦人警官が顔を傾けて、鼻を避ける。それから、ちゅっ、ちゅっとついばむようなキスを浴びせてくる。 巨乳の婦人警官のなめらかな舌が、温かい吐息とともに唇をなぞってきた。俺の開いた唇の間に舌がすべり込み、僕の唇の内側をぬるっ、ぬるっと舐めてくる。(何てエッチなキスだ!) 俺は興奮して、自分からも舌をからめ、唇を吸う。「んんんっ……んんっ……」 婦警は唇を合わせて、貪りついてくる。(そうだ、ここで下から突きあげてやれば……)
 
俺は膝を曲げて動きやすくし、唇を合わせながら、腰を撥ねあげる。 すると、おちんちんが20代の婦人警官の蕩けた膣を斜め上方に向かって擦りあげていき、「んんっ……んんんん……んんんっ……」 細身の婦人警官は必死に唇を重ねていたが、キスできなくなったのか、顔をあげて、「ぁあああ、いいよ……ズンズンくるの……あんっ、あんっ、あんっ」 俺の顔の横に顔を置いて、感極まったような声を放つ。 耳元で、婦人警官の喘ぎ声を聞いて、俺もますます興奮してきた。 気持ちが昂ってくると、疲れも気にならない。 細身の婦人警官のすべすべの背中とふっくらした尻に手を当てて引き寄せながら、下から猛烈に腰を撥ねあげてやる。 ぐちゅ、ぐちゅ……パチっ、パンっ……。 卑猥な音がして、それが俺をかきたてる。(よし、ここは一気に……!) 歯を食いしばって、たてつづけに腰を撥ねあげた。 松井珠理奈似の婦人警官はますますぎゅっとしがみついてきて、「あんっ、あんっ、あんっ……気持ちいい……気持ちいい……」 巨乳の婦人警官は耳元で甘い声を洩らす。 だが、俺もさすがに腰が疲れてきた。息が切れてきた。 このへんが、年齢を感じてしまうところだ。ここで一気に、と思っても、体が悲鳴をあげてしまう。 しかし、物は考えようで、ゆっくりとスローセックスで攻めればいいのだ。そうすれば、婦警だって徐々に快感が溜まっていき、最後に爆発するということもある。 俺は突きあげを休んで、胸のなかに潜り込んだ。 婦人警官は背が低いから、俺は苦労して胸に顔を寄せる。顔に触れている乳首をチューッと吸うと、「はぁああああ……いやん、それ……くっ、くっ……」
 
ヤリモクの婦警ががくっ、がくっと肢体を震わせる。 女性が感じてくれると、男も自分の愛撫に自信が持てる。 僕は左右の手で婦警の巨乳の乳房を揉みしだき、片方の乳首に吸いつく。 急速にせりだしてきた乳首を、舌で上下左右に転がすと、清楚な婦警は感じすぎて腰が動いてしまうという様子で尻をじりっ、じりっとくねらせる。 俺の標準サイズのちんこは、先っぽだけが膣に咥えられている。 だから、婦警は自分で動いて、チンポを深いところへ導こうとしているのだろう。ぐいっ、ぐいっと腰を突きだすたびに、チ○ポが窮屈な膣に嵌まり込んでいくのがわかる。「ぁああ、いい……いいよぉ……ねえ、突いて。奥まで欲しいよ」 ヤリモクの婦人警官が尻を後ろに突きだしながら、せがんでくる。(よし、こういうときは……) 僕はセックスフレンドの婦警の上体を起こさせ、自分も腹筋運動の要領で上体を持ちあげる。 すると、スタイルのいい婦警は上体をのけぞらせて、後ろに手を突いた。 これなら、ストロークはできる。 僕も後ろに両手を突いて腰をしゃくりあげた。ちんちんが翳りの底をえぐっていき、「んっ……んっ……ああん、突き刺さってくる……ぁああ、ああん、あん、ぁあああん……」 かわいい婦警はのけぞりながら、心から感じている声を放つ。 顔は後ろに反っているが、あらわになったセフレの婦人警官の巨乳のおっぱいが目の前で、ぶるん、ぶるるんと縦に揺れている。 その柔らかそうな肉の塊の、しなりながら波打つさまが、たまらなかった。「こっちを向いて、ゆいさんのかわいい顔を見せてくれ」 リクエストすると、sexフレンドの婦警がおずおずと顔を向けたので、「かわいいぞ」 そう言って、ぐんぐん突きあげてやる。「んんんっ……んんんっ……ぁあああ、気持ちいい」
 
ビッチな婦人警官は艶かしい声をあげながらも、顔はこちらを見ている。 きゅっと結んだ口が突きあげるたびにゆるんで、「あっ……あっ……」 と、哀切な声が洩れる。 セフレの婦人警官は眉を八の字に折って、顎をせりあげている。その愛らしくも切なげな表情がたまらなかった。 僕はそのままビッチな婦警を後ろに寝かせ、足を抜いて、上になろうとした。 しかし、体の柔軟さがなくなったのか、足が攣りそうになって、どうしても膝が抜けないのだ。昔できたことが、今はできない。 ショックだった。だが、情事の最中に打ちのめされている暇などない。 いったん結合を外し、婦人警官の膝を持ちあげて、再突入した。これは上手くいった。 sexの途中で挿入を外してはいけないというルールも実益もないのだから、最初からこうすればよかった。 sexフレンドの婦警の膝の裏に手を添えて、持ちあげるようにしてち○こを叩き込む。 大きく開いた婦警の太腿の奥に、濃い陰毛が天然のまま生えて、その底に赤銅色のおちんちんが突き刺さっている。 細身の婦人警官は顔を持ちあげ、体内にちんちんが埋まっているのを見て、「ぁああ、すごい……僕のちんこがこんなにいっぱい……ぁああ、突いて、ぐいぐい突いてよぉ」 もう一刻も抽送が待てないとばかりに、松井珠理奈似の婦人警官は自分から腰をくねらせる。 巨乳の婦人警官はお人形さんみたいなかわいい顔をしているのに、この貪欲さ──。「よし、突いてやる。思い切り突いてやるからな」 婦人警官の膝裏をつかんで持ちあげ、体重を載せたストロークを叩き込んだ。ぐいぐいとえぐりたてると、窮屈なオマ○コもそれに応えて、締まってきて、「んっ……んっ……んっ……ぁあああ、すごい、すごい……僕、すごいよ……ぁああああうぅ」 婦人警官は右手の甲を口に添えて、顔をのけぞらせる。
 
真っ白な巨乳の胸が打ち込むたびにぶるん、ぶるるんとしなりながら縦に揺れて、その豪快な揺れを見せる巨乳のバストと、婦警のかわいらしい顔が同一人物のものだとは到底思えなかった。 俺は膝を放し、前に倒れて、婦人警官を抱きしめた。 セフレの婦警の肩口から手をまわして、首の後ろを引き寄せながら、ぐいぐいとえぐりたてていく。「あんっ、あんっ、あんっ……」 巨乳の婦警は両足をM字に開いて、オチンチンを深いところへ導きながら、大きくて潤みきった目が快楽で閉じそうになるのを必死にこらえて、見あげてくる。 その表情が可憐だった。 つづけざまに腰を躍らせると、婦警の目がふっと閉じられて、「ぁあああ、いいのぉ」 と、のけぞりかえった。 サクランボのように赤くぽってりとした婦警の唇を、僕は奪い、唇を重ねながら打ち込んでいく。 すると、ヤリモクの婦人警官の温かくて、ぬるぬるしたまんこの粘膜がウエーブでも起こしているみたいに、うごめきながらおち○ちんにからみついてくる。 入口の締めつけが強いので、ピストンするたびに、俺も追い込まれる。だが、松井珠理奈激似の婦警が気を遣るまでは絶対に射精したくない。それが、40歳を過ぎた男のせめてもの矜持だ。 俺はキスをやめて、腕立て伏せの格好で片方の巨乳のオッパイを揉みしだいた。 巨乳の婦人警官のお椀を伏せた形の巨乳の乳房は抜けたように色が白く、しかも、生意気そうに上を向いた乳首と乳輪は鮮やかなコーラルピンクにぬめ光っている。 背中を折り曲げて、片方の乳首に舌を走らせた。 ちろちろっと先端を舐めながら、婦人警官の巨乳の乳房のふくらみを揉みしだいた。「あんっ……あんっ……感じるの。それ、感じるの……ぁあああ、いやん、腰が動く……勝手に動くのぉ」 婦人警官はかわいい顔をくしゃくしゃにして、下腹部をもっととばかりにせりあげて、「ねえ、イカせて……イキたいの……イキたいの……ぁああああ、突いて。奥まで貫いて!」 ヤリマンの婦人警官は僕の腕をつかんで、潤みきった鳶色の瞳を向けてくる。 僕は最後の力を振り絞って、腰を叩きつけた。 腕立て伏せの格好で、両足を伸ばし、全体重を切っ先に集めて、チ○コをえぐり込んでいく。
 
ぐいっ、ぐいっとち○ちんが内部の粘膜をうがち、恥骨がクリトリスらしいところを擦りあげていくのがわかる。 婦警の蕩けた膣の粘膜が行き来するオ○ンチンにまったりとからみつきながら、締めつけてくる。 僕のオチンチンが根元まですっぽりとセフレの婦人警官のおま○こに包み込まれている。 二人は今、つながってひとつになっている。それが、とても大切なことに思える。奥歯を食いしばって打ち込んでいくと、「ぁああ、ぁああああ……イクわ。イキそう」 セフレの婦人警官は僕の立てた腕を強くつかんで、顔をのけぞらせながら、とろんとした目を向けてくる。 婦人警官の女の情欲をたたえた目に、僕は奮いたたされた。「行くぞ」 スパートした。思い切り開かれた巨乳の婦人警官の足の間に腰を割り込ませながら、おちんちんでずりゅっ、ずりゅっと体内をつづけざまにえぐりたてる。「あん、あんっ、あんっ……ぁああ、来るわ、来る……イクよ。イッていい?」 松井珠理奈激似の婦警が涙目で訊いてきた。「いいぞ。セフレの婦警がイクところを見せてくれ。ああ、俺も、俺も出す!」 僕は熱いものが下腹部でふくれあがっていくのを感じつつ、さらに反動をつけた強いストレートを打ち込んだ。 オチン○ンが窮屈なまんこに突き刺さっていき、「あん、あん、あん……ぁああ……イ、イク、イッちゃう!」 セフレの婦警がさしせまった様子で、腕にしがみついてきた。 今だとばかりに腰を叩きつけたとき、「イク……やぁあああああぁぁぁぁぁ……くっ!」 セフレの婦警がのけぞりかえった。俺の腕から手を離して、シーツを思い切り鷲づかみにして、がくん、がくんと震えている。 婦人警官のオマンコがエクスタシーの痙攣をするのを感じて、駄目押しとばかりにもうひと突きしたとき、僕も絶頂に押しあげられた。 奥まで打ち込んだところで、僕が「イクッ!」と言いながら清楚な婦警のま○この中に白濁液を大量に中出しした。こんな歓喜に満ちた中出しセックスはいつ以来だろうか──。 脳味噌がぐずぐずになるような陶酔のなかで、精液熱いザ○メンの放出を味わった。 すべてを打ち終えて、僕はぐったりとヤリモクの婦警の女体に覆いかぶさっていく。 sexフレンドの婦警もしばらくは余韻を味わっているようだったが、やがて、下から僕を見て、「すごかった……ゆうきさん、とても40歳過ぎとは思えなかった」 婦警は汗の引きかけた身体で抱きついてくる。 たとえそれが世辞であっても、うれしかった。「きみのお蔭だよ。ゆいちゃんが魅力的でセクシーだから、俺も頑張れた」 そう言って、俺はすぐ隣にごろんと横になる。 すると、20代の婦人警官が身体を寄せて、ぴったりとくっついてきたので、とっさに右手を出して腕枕した。「もう少しここにいても、いいでしょ?」 巨乳の婦人警官が顔を肩と胸の中間地点に乗せて、手を胸板に置いた。「ああ、いいよ、もちろん……」 俺が頭を撫でると、20代の婦人警官は「幸せ」と呟いて、ぎゅうとしがみついてきた。
 
出会い系サイトピーシーマックスでの巨乳の婦人警官との即ハメsexのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓





















































 
今回ビッチな婦警と即ただまんsex出来た出会い系はPCマックスです。
 
なおピーシーマックスを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと今からすぐsexさせてくれるかわゆい女性と出会ってセフレにして即ハメセックスできませんので、ピーシーマックスに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
PCMAXのような出合い系サイトで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで分かりやすく説明していますので参考にしてください。
 
⇒出会い系サイトPCMAXの詳細はこちら
 
※PCマックスは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.