deaikeitaiken_novel

【出会い系体験談】美人の巨乳レースクイーンと中出しsex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
管理人は何時ものごとく出会い系コミュニティで綺麗な女の子と出会いまくって、ただまんsexに励んでいます(o^∇^o)
 
さて、今回は本当に出会える悪徳でない出会系SNSのハッピーメール(happymail)で出会った本田翼似の美人の巨乳レースクイーン(RQ)と愛知県知立市で会ってセックスフレンドにしていますぐタダマンsexをしてきたのですが、はめ撮り写メが沢山撮影できましたのでレポします。
 
※この記事には過激なsexのはめどり写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回であいけいコミュのハッピーメールで出会った女はレースクイーンで、名前は萌絵さんといい、顔は本田翼似の半端なく美人でした(^○^)
 
出会い系サイトハピメでのセフレのレースクイーンのプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトハッピーメールでの巨乳のレースクイーン(RQ)の掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
レースクイーンとは、出会い系アプリのハッピーメールで知り合ってラインでやり取りした後、知立駅周辺の洒落たイタリアンレストランに食事に行った後エッチしてもOKとのことだったのでそのままラブホテルに行ってはめどりsexをしました。
 
俺とレースクイーンが愛知県知立市の知立駅近くのラブホテルの部屋に入った。すると俺は急に息苦しい緊張にかられた。着けているのはTシャツと長ズボンだけである。 一方本田翼激似のレースクイーン(RQ)は、黄色い半袖ニットにオレンジ色のスカートというカラフルな装いだった。だが、レースクイーンの眼つきが装いに反してひどく艶めかしい。レースクイーン(RQ)の甘酸っぱい吐息すらなんだか欲情のサインのようで、僕の鼓動は乱れに乱れていく。「ゆうきくんさあ……」 レースクイーン(RQ)は人差し指を立て、Tシャツの上から僕の乳首をねちねちといじった。「あたしとエッチしたい?」「いや、その……」 俺は息を呑んだ。(まさか……まさか、本当にsexやらせてくれるつもりなのか……) 体全体が熱っぽく火照っていたけれど、眼の前の据え膳を逃すほど満たされた生活をしているわけではない。スレンダーなレースクイーン(RQ)とエッチするところを想像しただけで、出会い系アプリのハピメで出会ったセフレとのsexに対する飽くなき欲望が煮えたぎりだす。 しかし……。 巨乳のレースクイーンは天使の皮を被った悪魔であり、僕はそのドSな本性をいやというほど知っていた。話に食いついて尻尾を振った瞬間、「冗談よ」などと鼻で笑われたら恥ずかしい。「からかわないでくださいよ」 俺はクールに笑った。「タチの悪い冗談はやめてほしいな」「あらあ、冗談なんかじゃないわよ」 
 
レースクイーン(RQ)は眉根を寄せた妖しい表情でささやいた。半開きにした唇を「キスして」とばかりに近づけてきた。(いいのか……信用して本当に……) 俺の心臓は限界を超えて早鐘を打っている。「よけいな気を揉んでないで、やっちゃえばいいんだよ」ともうひとりの自分が耳元でささやいた。 綺麗なレースクイーンはきっと、僕のことをきわめてsex経験が少ない男と思っているに違いない。だからキュートなレースクイーンはこんなふうに上から目線で誘惑することができるのだ。 本田翼激似のレースクイーンのおめこの挿入さえしてしまえば、若さあふれる速射砲でそれなりに感じさせることができるのではないだろうか。 けれども俺は、「……本当ですか?」 猜疑心いっぱいの眼でセフレのレースクイーンを見た。「僕、またモエさんに騙されたら、今度こそ立ち直れないほど心のダメージを負うと思うんですよね。」「わかった、わかった」 レースクイーン(RQ)は微笑んで体を起こし、膝立ちになった。「じゃあ、わたしが先に脱いであげる。それなら信用できるでしょう?」 巨乳のレースクイーンは黄色い半袖ニットとオレンジ色のスカートを次々に脱いでいった。(うわあっ……) するとレースクイーン(RQ)のセクシャルなランジェリー姿が眼の前に出現した。 色はパールピンク。つやつやと光沢のある生地に、フリルやリボンがふんだんに使われ、ただセクシャルなだけではなく、「エロ可愛い」とでも言いたくなるような、魅惑的なブラジャーとパンティだった。「どう? わたしだって、いつもイチゴのパンツばっかり穿いてるわけじゃないんだから」 膝立ちの体をくねらせてポーズをとるレースクイーン(RQ)に、俺は息を呑んだ。その台詞が言いたかったんだろうな、と思った。しかし、僕の眼は、レースクイーン(RQ)の高級ランジェリーにばかりとらわれていたわけではない。 下着よりもなお衝撃的だったのは、レースクイーン(RQ)の巨乳の胸だった。
 
 きれいなレースクイーンは服の上からでも巨乳のオッパイであることはわかっていたが、驚くほど丸々としていた。 カップからはみ出したレースクイーン(RQ)の巨乳のオッパイが、眼もくらむほど深い谷間をつくっていたからである。パンティとブラジャーだけになった清楚なレースクイーン(RQ)が身を寄せてきた。 僕はヤリマンのレースクイーン(RQ)を見つめた。 見つめあった。(エロいっ! なんてエロい顔してるんだよ……) 悩殺的なランジェリー姿になったセフレのレースクイーンは、ドSの本性を見せつけてきたときの邪悪な笑みとも違う、セクシーな表情をしていた。細身のレースクイーン(RQ)のうるうると潤んだ黒い瞳、それを隠すように半分ほどおろされた瞼。下着姿を見せたことが恥ずかしいのだろうか、眼の下はねっとりと紅潮し、唇は丸く開かれている。巨乳のレースクイーンの赤い唇の間からのぞいた、白い歯列にぞくぞくしてしまう。「ねえ……」 レースクイーンはキスをねだるように、サクランボのような唇を差しだしてきた。 俺はごくりと生唾を呑みこんでから、顔を近づけていった。「……ぅんんっ!」 唇を重ねると、レースクイーンはすかさず口を開いた。プリプリした唇の感触を味わう間もなく、舌をからめとられた。「ぅんんっ……ぅんんんっ……」 積極的に舌をからめてくるレースクイーン(RQ)に釣られて、僕も舌を動かした。唾液と唾液を交換した。舌だけではなく、口内粘膜や歯まで隈なく舐めまわし、高ぶる吐息をぶつけあった。 そうしつつも、ヤリマンのレースクイーンは眼を閉じなかった。 ぎりぎりまで細めた眼をどこまでも潤ませて、僕を見つめてくる。 清楚なレースクイーンの視線をからめあわせて、眼の下の紅潮を濃くしていく。(ああっ、萌さんっ……萌さんっ……) 俺はうっとりしてしまった。そのキスが恋人同士がするようなキスに思われたからだ。 むろん、錯覚だろう。
 
 しかし、その錯覚に酔いしれてしまう。本田翼激似のレースクイーン(RQ)と恋人同士になったような気分で、セクシーランジェリーに包まれた体に手指を伸ばしていく。 レースクイーンを抱擁し、撫でまわした。まずは背中から腰にかけて。それから、お尻や太腿。レースクイーンの体は全体的にむちむちと張りつめていて、たまらなく女らしい。どこを触っても、ゴム鞠のような魅惑的な弾力に満ちている。「ぅんんっ!」 ブラジャーの上から巨乳の乳房を揉むと、スリムなレースクイーンはきゅうっと眉根を寄せた。そうしつつ、すがるように見つめてきた。息がとまるほど悩ましい表情だ。「むううっ……むうううっ……」 僕は舌をからめあいながら、巨乳のレースクイーンの巨乳のおっぱいをぐいぐいと揉みしだいた。揉めば揉むほど巨乳のバストが内側から盛りあがってくるような、不思議ないやらしさに満ちた巨乳のオッパイだった。「んんんっ……暑い」 本田翼似のレースクイーンが悶えながら言ったので、俺はうなずいた。エアコンをつけていなかったので、部屋はたしかに暑かった。レースクイーンの背中のホックをはずし、カップをめくりあげると、丸々とした巨乳のおっぱいが汗にまみれていた。小玉スイカほどもありそうな量感と、白い素肌が汗に濡れ光る様子に息を呑んでしまう。(なんて……なんていやらしいおっぱいなんだ……) レースクイーン(RQ)の巨乳のオッパイのサイズはおそらくFかG。とても片手ではつかみきれそうもない。しかし、大きさそのものよりも、丸さがすごかった。裾野のあたりの女らしいカーブに、眼を見張らずにいられない。 すかさず清楚なレースクイーンの巨乳のオッパイに手を伸ばした。 手のひらで裾野からすくいあげると、汗でつるっとすべった。その感触がたまらなくいやらしく、まずは揉むのではなく、手のひらで撫でまわした。レースクイーンの巨乳の乳房のぬるぬるとした触り心地に陶然としながら、次第に力をこめていく。指先を隆起にぐっと食いこませると、垂涎の弾力を味わえる。「んんんっ……ああああっ……」
 
 ヤリモクのレースクイーン(RQ)はキスを続けていられなくなり、喉を反らしてあえいだ。感じていることを示すように、丸い隆起の頂点であずき色の乳首が硬く尖っていく。 僕はレースクイーンの乳首をつまんだ。強く引っ張ってから離すと、肉の隆起が皿に盛られたプリンのようにプルプルと揺れはずみ、「くぅうううーっ! うううっ……」 セフレのレースクイーンは悩ましい声をあげて身をよじった。巨乳と呼んでいいくらい大きな巨乳のおっぱいなうえに、どうやら感度も抜群らしい。(ああっ、たまらないっ……たまらないよっ……) 僕は両手を使ってレースクイーンの巨乳のオッパイをつかみ、揉みくちゃにしていった。硬く尖った乳首を交互に口に含み、チュパチュパと音をたててしゃぶりあげていた。 やはり巨乳のオッパイは格別である。 気がつけば、レースクイーンの巨乳のおっぱいを手や口で愛撫するだけでは飽きたらず、顔まで押しつけていた。丸々と実った巨乳のバストにほおずりしては、揉みしだいた。「んんんっ……おっぱいが好きなの?」 細身のレースクイーン(RQ)がハアハアと息をはずませながら訊ねてくる。「は、はい……」 俺はうなずいた。巨乳の乳房だけではなく、お尻や太腿や両脚の間にあるオマ○コだって大好きだったが、いまはおっぱいに夢中である。「じゃあ、いいことしてあげましょうか」 スタイルのいいレースクイーン(RQ)は俺のTシャツを脱がし、下半身のほうに移動していった。「ふふっ、すごい興奮してるね」 もっこりと盛りあがっているブリーフのフロント部分を見て、撫でまわした。セフレのレースクイーンはおいでおいでをするように指を躍らせ、玉袋から竿の裏筋にかけてくすぐるように刺激してくる。「むっ……むむっ……」 俺は仰向けの体をピーンと突っ張らせた。息苦しいほどの興奮がむらむらと蘇って欲情してしまっている。 今日のsexフレンドのレースクイーンは意地悪く焦らしてこなかった。 ブリーフ越しの愛撫もほどほどに、それを脱がせてきた。 痛いくらいに勃起したチンコが唸りをあげて反り返り、ぴしゃっと湿った音をたてて臍を叩く。
 
「いやーん、元気……」 ビッチなレースクイーンはパンティ一枚の体をくねらせて四つん這いになり、チ○ポに顔を近づけてきた。俺は身構えた。フェラをしてくれるのだと思った。その流れなら誰だってそう思うだろう。 しかしレースクイーン(RQ)は、そそり勃ったオチン○ンに舌を這わせてこなかった。亀頭を咥えこんでもこなければ、根元に指を添えてもこない。 なんと驚くべきことに、レースクイーン(RQ)は丸々と実った巨乳のおっぱいの谷間に挟んできたのである。「おおおっ……」 俺は仰天するあまり、だらしない声をもらしてしまった。まさかの展開だった。まさかヤリマンのレースクイーン(RQ)が、パイズリをしてくれるなんて夢にも思っていなかった。とにかく巨乳と言えばパイズリという、男が抱く安直なイメージをそのまま現実にしてくれるなんて……。「ああーんっ、ちん○ん、すごく熱いっ……」 セフレのレースクイーンは悶えるように身をよじりながら、左右の巨乳のおっぱいで、むぎゅっ、むぎゅっ、とオ○ンチンを挟んできた。むちむちした巨乳のバストの弾力がたまらなかった。さらに汗だ。エアコンをつけていない部屋が噴きださせた生汗が天然ローションとなり、清楚なレースクイーン(RQ)の巨乳のおっぱいとお○んちんを淫らなまでにすべらせる。「どう? 気持ちいい?」 レースクイーン(RQ)は上半身を揺すりだした。ち○ぽを胸の谷間に挟んだまま体を前後に揺すり、したたかにしごきたててきた。 しごくと言っても、手とは違ってホールド感が薄い。口唇やオマンコのようなぬめぬめした密着感もない。 だがかわりに、レースクイーンの巨乳の乳房の弾力だけは存分に伝わってくる。手指で揉みしだいているときよりも生々しく、むちむちしたスタイルのいいレースクイーンの巨乳のバストの弾力がオチンチンに届く。どこかもどかしい刺激が、熱い先走りの汁をどっと噴きこぼさせる。「むうっ……むううっ……」 自分の顔がみるみる真っ赤に茹であがっていくのが、鏡を見ないでもわかった。刺激そのものに加え、見た目もすごすぎた。 みずから巨乳の胸を両手で寄せてチ○コを挟む巨乳のレースクイーン(RQ)の姿は、身震いを誘うほど悩殺的だった。しかも時折、「いやんっ、なんか出てきた……」 とピンク色の舌を差しだしてくる。尖らせた舌先で、先走りの汁を漏らしている鈴口を、チロチロと刺激してくる。 巨乳のレースクイーンは可愛い顔をしているくせに、いやらしすぎるやり方だった。性技は卑猥なほど巧みである。
 
「ほら、ほら……すごく出てくるよ」 セフレのレースクイーン(RQ)はパイズリでオチン○ンを刺激しては、鈴口を舌でまさぐる。興奮しきったオ○ンチンが巨乳のおっぱいの間でのたうちまわり、カウパー液が、ピュッ、ピュッ、と飛ぶ。射精とは違う、ほんの数滴だけの先走り現象だ。(ああっ、出さないでっ……そんなに出さないでっ……) 女で言うところの潮吹き現象のようなものだろうか。 わがオ○ンチンながらそんな姿を見たのは初めてだったので、僕はたまらなく恥ずかしかった。恥ずかしさと裏腹の身をよじるような快美感に、布団の上でのたうちまわった。「ねえ、なんだかわたしも我慢できなくなってきちゃった……」 ヤリモクのレースクイーン(RQ)がパイズリの手をとめて言った。「わたしも……わたしもしてもらっていい?」 レースクイーンのねっとりと潤んだ瞳で見つめられ、「ええ……は、はい……」 俺は呆然としたままうなずいた。清純なレースクイーン(RQ)はクンニリングスを求めているのだろうと思った。パイズリに翻弄され、意識が朦朧としていたけれど、頑張って上体を起こそうとすると、「いいのよ、そのままで」 レースクイーン(RQ)が柔和な笑顔で俺を制した。「そのままでいい……とは?」 首をかしげる僕を見て、sexフレンドのレースクイーンはふふっと淫靡な笑みをもらすと、パンティを脱いだ。優美な小判型の草むらが眼に飛びこんできて、俺の息はとまった。 しかし、本当の衝撃はその直後に訪れた。 ヤリモクのレースクイーン(RQ)が立ちあがり、顔の上に立ったのである。両耳のすぐ脇に、ビッチなレースクイーン(RQ)の白い足があった。普通ではありえないシチュエーションに、(えええっ……) 
 
僕は言葉を失ったまま、呆然とレースクイーンを見上げた。女神の銅像を見上げるように見ると、こんもりと盛りあがった恥丘の上に、艶光りする繊毛が茂っていた。その上では、レースクイーンのふたつの巨乳のオッパイが下半分だけを見せて前に迫りだし、女らしい丸いカーブをひときわ鮮明に見せつけている。 俺は小刻みに震えだした。 しかも……。 巨乳のレースクイーン(RQ)はそのまま腰を落としてきた。むっちりとした太腿を左右に開き、和式トイレにしゃがみこむ要領で、両脚をM字に割りひろげていく。(うわあっ……) そこが和式トイレであれば、俺の顔は金隠しの位置にあった。M字に開いたセフレのレースクイーンの両脚の中心と、正面から向きあうことになる。 優美な小判型に生えそろった草むらの下に、奇麗なレースクイーン(RQ)のま○こが咲いた。 繊毛が生えているのが恥丘の上だけで、オマ○コのまわりは無毛状態だからかもしれない。縮れの少ないまんこの花びらがぴったりと身を寄せあい、妖しい縦筋をすうっと描いている様子は静謐なたたずまいである。 レースクイーンが両脚をひろげた瞬間、むっとする女の匂いが鼻についた。淡い匂いだったけれど、それはたしかに女が発情していることを示すフェロモンに違いなかった。「ああんっ、いやっ……」 本田翼激似のレースクイーン(RQ)がしゃがんだまま身をくねらせる。「わたし、はしたないことしてるっ……恥ずかしいことしてるっ……」 レースクイーン(RQ)は羞恥に身悶えながらも、見られて感じているようだった。むきだしのオ○ンコに注ぎこまれる、僕の熱い視線を感じているのである。「ねえ、早く舐めてっ……見られてるだけだと、恥ずかしいからっ……」 言いながら、清楚なレースクイーンは右手を股間に伸ばしていった。人差し指と中指を割れ目にあてがい、ぐいっとひろげた。「おおおっ……」 僕は眼を見開き、息を呑んだ。ビッチなレースクイーン(RQ)の逆Vサインを描いた二本の指の間から、薄桃色の粘膜が現れた。本田翼似のレースクイーンのお○んこの内側の肉層はひくひくといやらしいほどうごめいて、匂いたつスペルマをタラーリとあふれさせる。
 
「むううっ……」 条件反射のように唇を押しつけた。ヤリマンのレースクイーンのマ○コはぽってりしていて、見た目以上に弾力があった。舌を差しだして粘膜を舐めれば、新鮮な貝肉を思わせるぴちぴちした舐め心地がした。「くぅううーっ!」 スリムなレースクイーンがのけぞって巨乳をタプタプとはずませる。バランスを崩しそうになりながらも、腰をくねらせてもちこたえる。「いやっ……いやああんっ……」「むううっ……むうううっ……」 追いかけっこが始まった。逃げるsexフレンドのレースクイーンのマ○コと、追いかける僕の唇。スリムなレースクイーン(RQ)にしても、決して舐められたくないわけではないだろう。いきなり鼻息を荒げて唇を押しつけてきた俺をいさめるようにマンコを移動させ、けれども追いかけっこ自体を楽しんでいる様子でもある。(ああっ、もっと舐めたいっ……もっともえちゃんのマンコをっ……) 唇を尖らせた俺も、舌を差しだしておま○こを追いかけることに、夢中になっていた。薄桃色の粘膜を、ねろりと舐めるたびにsexフレンドのレースクイーンの腰はビクッと跳ねあがり、むっちりした太腿がぶるぶると震える。 尖らせた舌を、おめこの肉の合わせ目まで這いあがらせれば、レースクイーンはガクガクと腰をわななかせる。やがておまんこを逃がすのをやめ、もっと舐めてとばかりに、巨乳のレースクイーンの濡れた割れ目で俺の顔を撫でまわしてきた。僕の顔面は、獣じみた匂いのする粘液でぬるぬるに濡れまみれていった。「ああっ、もう我慢できないっ!」 セックスフレンドのレースクイーン(RQ)は切羽詰まった声をあげると、腰を落とし、太腿で俺の顔を挟んできた。「むぐぐっ……」 セフレのレースクイーンの股間で鼻と口を塞がれた俺は、驚愕に眼を白黒させた。しかし、唇にはぴったりとかわゆいレースクイーン(RQ)のマンコの割れ目が押しつけられている。このチャンスを逃がすことはできないと、夢中で舌を躍らせた。呼吸ができないことも厭わずに、レースクイーンのまんこを口に含んで舐めしゃぶった。
 
「ああっ、いいっ! 気持ちいいよおっ……」 レースクイーン(RQ)があえぐ。あえぎながら腰を使いはじめる。「むむっ……むぐぐぐっ……」 窒息状態に陥った僕は意識が薄らいでいくのを感じたが、それでも意地になって舌と唇を動かした。いや、意地になってというよりは、刻一刻と潤みを増していくマンコの割れ目の舐め心地がいやらしすぎて、そうせずにはいられなかった。息ができない状況すらも、なんだか次第に気持ちよくなってくる。一瞬、ヤリマンのレースクイーンのおまんこに口を塞がれて失神するのも男子の本懐ではないかと思ったが、「やんっ、大丈夫?」 レースクイーン(RQ)が察して腰をあげてくれた。「ごめんなさい。気持ちよすぎて夢中になっちゃった」 レースクイーン(RQ)はきゅうっと眉根を寄せてこちらを見る眼は、ねっとりと潤みきっていた。「だ、大丈夫ですっ……」 俺はハアハアと息をはずませながらうなずいた。「大丈夫ですから、もっとさせてくださいっ……もっと舐めさせてっ……」「ふふっ、それじゃあ、一緒に舐めっこしようか。息がとまらない方法で……」 ヤリマンのレースクイーンは体を反転させ、四つん這いになった。女性上位のシックスナインの体勢で、俺に尻を突きだしてきた。(うおおおおーっ!) 俺は胸底で絶叫した。 同じ場所を見ているのに、前後が逆になるとすさまじい光景になった。おま○この割れ目より目立つ位置に、セピア色のアヌスホールのすぼまりが見え、そこからマンコの割れ目に続く細い縦筋が身震いを誘うほど卑猥である。 だが、その光景に見とれていられたのも束の間だった。「むううっ……」 僕は腰を反らせてのけぞった。レースクイーン(RQ)がおちん○んをほお張ったからだ。顔面騎乗位で興奮しきったち○ちんを、奇麗なレースクイーンは生温かい口内粘膜でずっぽりと包みこんできた。パイズリのときのチロチロと舌先で舐めてきたやり方とは打って変わって、レースクイーンは深々と咥えこんできた。口内で分泌させた唾液ごと、じゅるっ、じゅるるっ、と吸いたてた。「むむむっ……」 僕はあわててレースクイーン(RQ)の尻にむしゃぶりつき、桃割れに唇を押しつけた。ぱっくりと口を開いた花びらの間で、くなくなと舌を躍らせた。そうしていないとすべての神経がオチ○チンに集中していき、男の精が爆発してしまいそうだ。
 
「むむむっ……むぐぐぐっ……」 僕が薄桃色の粘膜を舐めまわせば、「ぅんんっ……ぅんぐぐっ……」 セックスフレンドのレースクイーン(RQ)がそそり勃ったちんぽをしゃぶりあげる。「むむむっ……むむむむっ……」 僕が舌を伸ばして肉穴をほじると、「ぅんあっ……あああんっ……」 セフレのレースクイーン(RQ)は亀頭をペロペロと舐めまわし、カリのくびれに舌をからみつけてきた。(すごいっ……すごいよ、これはっ……) 俺は生まれて初めて味わうシックスナインの衝撃的な快感に、みるみる溺れていった。 男と女が互いにオチ○チンとおま○こを舐めあうその愛撫に、もちろん憧れはあった。いつかはそんな大胆なプレイに淫してみたいと思っていた。 しかし、実際に行なってみると、想像していたよりずっと快感が強かった。まるで、めくるめく快楽の波に揺られるように、舐めては舐められる。僕とヤリモクのレースクイーンの愛撫が相乗効果を生み、どこまでもヒートアップしていく。一方的にされているわけではないので、かなり痛烈に舐めしゃぶられても、暴発を耐えることができる。(素晴らしい……素晴らしすぎるぞ、シックスナイン……) 僕は顔中を膣液まみれにして、巨乳のレースクイーン(RQ)の花を舐めまわした。じゅるじゅると蜜を啜って嚥下しつつ、ペ〇スに与えられる刺激に身悶えた。身悶えながら、もっと素晴らしくなる方法を思いついた。「むむっ……むむむっ……」 桃割れに顔を押しつけながら、セフレのレースクイーン(RQ)のヒップを左右に揺さぶった。かなり激しく、倒れるほどの勢いで揺さぶると、「ぅんあっ……な、なに?」 レースクイーンが焦った顔で振り返ったが、その拍子にお互い横向きに倒れた。
 
「いやーんっ、なにするのよ……」「いや、その……」 僕は興奮に声を上ずらせながら言った。「ちょっと、その……横向きの体勢でしてみたかったっていうか……」「……やだ、もう」 レースクイーン(RQ)が俺の思惑に気づいて?を赤く染める。「わたしが舐める顔、見たくなったんでしょう?」「……すいません」 僕は上目遣いで謝った。図星だった。「べつにいいけど……恥ずかしいな……」 スタイルのいいレースクイーン(RQ)は言いつつも、髪をかきあげて耳にかけた。僕の位置から横顔がばっちり見えるように気遣いつつ、レースクイーンは唾液にまみれた唇をひろげて勃起しきったお○んちんを口に含む。大胆に唇をスライドさせはじめる。「むむむっ……」 僕はセフレのレースクイーン(RQ)の舐め顔に眼を見張りながら、横向きに寝ているビッチなレースクイーン(RQ)の両脚をM字に割りひろげていった。うぐうぐとチンコを舐める顔もいやらしかったが、同時に両脚をひろげてま○こをむきだしにした様子は悩殺的にもほどがあった。ただでさえ刺激的なシックスナインが、横向きになったことで視覚的にもパワーアップした。 いや、視覚的だけではない。 四つん這いになった尻の桃割れに顔を突っこんでいるときには、レースクイーン(RQ)のクリへの愛撫が不充分だったが、その体勢なら肉の合わせ目が無防備な状態で露出している。舐めてもいいし、指でいじってもいい。舐めながら指でいじることだって可能だ。「ぅんんんっ……んんんんんーっ!」 薄桃色の粘膜を舌でほじりながらクリトリスを指で転がすと、レースクイーンはおち○ちんを咥えたまませつなげに眉根を寄せて鼻奥で悶えた。先ほどまでとは明らかに反応が違った。やはり肉の合わせ目にあるクリちゃんは、女の急所中の急所らしい。(こんなことしたら、どうだ……)
 
 今度はヤリマンのレースクイーン(RQ)のオ○ンコの割れ目を指でいじりながら、肉豆に吸いついた。チュウチュウ音をたてて吸いあげると、口の中でクリちゃんがぐんぐん尖っていった。クチュクチュと舌先でもてあそんでやれば、「ぅんんんあっ……はぁああああああーっ!」 セフレのレースクイーン(RQ)はチ○チンを咥えていられなくなり、甲高い悲鳴をあげて髪を振り乱した。「……ねえ、そろそろしよう?」 ハアハアと息をはずませながら、親指の爪を?んで見つめてくる。「入れていいでしょ? これを……これをわたしのなかに……」「あっ、いや……」 巨乳のレースクイーン(RQ)が騎乗位でまたがってこようとしたので、僕はあわてて制した。「僕が……僕が上になってもいいですか?」「なに言ってるのよ。ゆうきさんはおとなしく寝てなさい」「ダメよ。黙って横になってなさい」 お互い譲らず、体位が決まらない。しかし、欲情の加減はsexフレンドのレースクイーンのほうが切実だったらしい。一刻も早くつながりたいという風情で、折衷案を出してきた。「じゃあ、座ってするのはどう?」「座って?」「それなら、正常位と騎乗位の中間でしょ。ほら、あぐらをかいて……」「いや、でも……」 俺は苦々しく顔をしかめた。座ってするということは、結局、20代のレースクイーンが上になるということだろう。なんだかずるい気もしたが、初めての体位なので好奇心が疼いた。迷いながらもあぐらをかいてしまうと、セフレのレースクイーンがすかさずそこにまたがってきた。両脚を大胆なM字に開き、濡れたマンコに亀頭をあてがう。「……いくわよ」 眼と眼を合わせながら、チン○ンとおめこをぬるぬるすべらせる。「入れるわよ……入れちゃうわよ……」 言いながら、腰を落としてくる。
 
ずぶりと亀頭を呑みこんだところで一瞬躊躇したが、長々とシックスナインで舐めあっていたお○んちんとまんこは、どちらもびしょ濡れで、レースクイーンが体重をかけてくると、ずぶずぶと一気に結合を深めていった。「はっ、はぁあうううううーっ!」 亀頭がぐっと子宮を押しあげ、巨乳のレースクイーンがちぎれんばかりに首を振る。僕の肩に置いていた両手を首にまわし、しがみついてくる。「ああっ、大きいっ……俺のくんのペ〇ス、大きいよおおおっ……」「むむむっ……」 僕もセフレのレースクイーン(RQ)を抱きしめた。スレンダーなレースクイーン(RQ)はむちむちして、たまらなく抱き心地がよかった。抱きしめることで結合の歓喜がより深く味わえた。(ず、すいぶんキツいな……) 巨乳のレースクイーン(RQ)のオマンコは内側に肉ひだがびっしり詰まっていて、結合しただけでたまらない密着感が訪れた。とはいえ、発情の証である粘液が奥の奥までしたたっているので、「ああっ!」 スレンダーなレースクイーン(RQ)が身をよじれば、くちゃっと音をたてて性器と性器がこすれあう。「あああっ……はぁああああっ……」 ヤリモクのレースクイーンと眼を合わせたまま、腰を使いだす。くちゃっ、くちゅっ、と音をたてて、股間をしゃくるように動かしてくる。「むむっ……むむむっ……」 摩擦の衝撃に翻弄されつつ、僕は必死に眼を細めて巨乳のレースクイーンを見ている。お互い切羽詰まった涙目で視線をからめあったまま、肉がこすれあう快感に身をよじる。「あああっ……いいっ!」 レースクイーン(RQ)は痛切な声をあげると、腰振りのピッチを速めた。ターボがかかったようにぐんぐんと股間をしゃくるピッチをあげていった。 おち○ちんとマンコの結合部から聞こえてくる肉ずれ音が、ぬんちゃっ、ぬんちゃっ、と粘りつくような音に変わり、ヤリマンのレースクイーン(RQ)の体はそれを振りきるように、俺のあぐらの上でゴム鞠さながらにバウンドしていく。(おおおっ……す、すごいっ……) 俺はセフレのレースクイーンのはずむ体をしっかりと抱きしめた。抱きしめるほどに、結合感が深まっていくような気がした。腕の中で巨乳のレースクイーンの動きは、両腕で締めれば締めるほど、切実になっていく。 
 
熱狂が訪れた。 女性上位の体位なのに、騎乗位とは違う体の密着感がある。騎乗位と正常位の、いいとこ取りをしたような感じで、レースクイーンの女体の高ぶりを腕の中で生々しく感じとることができる。(ああっ、もっとっ……もっと深くっ……) 俺はレースクイーン(RQ)の背中にあった両手をヒップの方におろしていった。尻の双丘をつかみ、ぐいっ、ぐいっ、と引きつけた。「はっ、はぁうううううーっ!」 巨乳のレースクイーンが白い喉を見せてのけぞる。僕は巨乳のレースクイーン(RQ)の腰振りのピッチより速く、両手で尻を引きつけた。女体の全体重が腕にかかって筋肉が攣りそうだったが、刺激が高まった。高くあげて引きつけるときの、最奥を突きあげる感じがたまらない。 しかし、それは長くは続かなかった。「ああっ、いいっ! いいようっ!」 レースクイーンが叫びながら仰向けに倒れたからである。抱きしめあっているので、体位が自然と、念願の正常位になったのだ。「むううっ!」 俺は鼻息荒く腰を使いはじめた。正常位になった途端、腰に羽根が生えたように軽くなった。ぐいぐいとピストン運動を送りこんでは、チンチンで「の」の字を書くように腰をグラインドさせる。「はぁあああっ……はぁああああっ……はぁうううううーっ!」 俺の腰使いに翻弄され、ヤリモクのレースクイーンのあえぎ声は一足飛びに甲高くなっていった。 手応えあり、だった。 むちむちボディが腕の中で反り返っていく。汗にまみれ、ふたつの体の間でひしゃげた巨乳のレースクイーンの巨乳のオッパイの感触が、この世のものとは思えないほどいやらしい。ただでさえ締まりのいい清楚なレースクイーン(RQ)のまんこが、おちんちんを食いちぎらんばかりに締めてくる。
 
「むううっ……むううっ……」 だが、俺も負けてはいなかった。はちきれんばかりにみなぎったペ〇スで、ずぼずぼと細身のレースクイーンのマンコを穿った。凶暴に張りだしたエラで、内側の肉ひだを逆撫でにする。「はぁあああああーっ! はぁあああああーっ!」 レースクイーンが背中に爪を立ててくる。血が出るくらいに強く食いこまされたが、興奮しきった僕にとっては、いまは痛みすら快感だった。「はぁああああっ……ダ、ダメッ……もうダメッ……わたし、イクッ……イッちゃううううううーっ!」 切羽詰まった声をあげて、セフレのレースクイーン(RQ)が白い喉を突きだす。反り返ったままこわばっていた女体が、ビクンッ、ビクンッ、と跳ねあがった。壊れたオモチャのように暴れまわり、と同時に、おま○こがぎゅっとち○こを食い締めた。「おおおおっ……」 こみあげる射精欲に、俺のストロークは限界を超えた。火の出るような勢いで、締まりを増したまんこから出し入れした。「おおおおっ……出るっ……もう出るっ……おおおおおーっ!」 雄叫びにも似た声をあげ、俺はキュートなレースクイーンのまんこの中に精子をいっぱい中出しした。煮えたぎるように熱いラブホテルが、ドクンッ、ドクンッ、と中出しされた。精子を放出するたびに、尿道を灼熱が駆けくだっていき、身をよじるような快美感が訪れた。「はぁあああああっ……はぁあああああっ……」「おおおおおおおっ……おおおおおおおっ……」 喜悦に歪んだ声をからめあわせ、身をよじりあった。長々と続く射精の間、お互いの体にしがみついていた。
 
出会い系サイトハッピーメール(happymail)での巨乳のレースクイーン(RQ)とのタダマンエッチのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓



















































 
今回セフレのレースクイーン(RQ)と今からすぐタダマンsex出来た出会い系はハピメです。
 
なおハッピーメールを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないといますぐエッチさせてくれる可愛い女と出会ってセックスフレンドにしてタダマンsexできませんので、ハピメに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハッピーメールのような出会い系コミュニティで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで具体例を示しながら説明していますのでご覧ください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハッピーメール(happymail)は18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【PCMAXやれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【PCMAXセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【PCMAXヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【PCMAX体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【PCMAXハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【PCMAXヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【PCMAXやれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【PCMAXセフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.