deaikeitaiken_novel

【出会い系ハメ撮り】てんちむ似の巨乳女社長と中出しセックス

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
管理人はせっせと出合い系コミュニティで可愛い女と即会いして、オフパコセックスに励んでいます(^○^)
 
さて、今回は出会いやすい人気の出会い系コミュニティのピーシーマックスで出会ったてんちむ似の欲求不満な巨乳女社長と愛知県小牧市で会ってセフレにしてすぐタダマンエッチをしてきたのですが、ハメどり写メがいっぱい撮れましたのでレポします。
 
※この記事にはアダルトなsexのハメ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出合い系サイトのピーシーマックスで出会った女の子は女社長で、名前はひろこちゃんといい、顔はてんちむ似のチョー美人でした(*^^*)
 
出会い系サイトPCマックスでのビッチなセレブ女社長のプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトPCMAXでのセックスフレンドの女社長の掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
女社長とは、出会系アプリのPCMAXで知り合ってLINEでやり取りした後、小牧駅周辺のお洒落な個室居酒屋に飲みに行った後sexしてもOKとのことだったのでいつも通りラブホテルに行ってハメ撮りsexをしました。
 
僕と女社長が愛知県小牧市の小牧駅近辺のラブホテルの部屋に入った。セレブ女社長は先にシャワーを浴びて、白いバスローブを羽織って浴室から出てきた。セフレの女社長のすらりとした肢体に興奮したがそれを隠し、僕は平静を装う。「じゃあ、バスローブを脱いで、ここにうつ伏せで寝てください」 と、セレブ女社長をベッドにうながした。 女社長は恥ずかしがる素振りも見せず、俺に背を向けてバスローブを脱いだ。(脱ぎっぷりがすごいな……身体に自信があるんだな) そしてセレブ女社長はショーツ一枚の姿になり、ベッドにうつ伏せで横たわった。(やばいな……たまんねえ……) 今まで出会い系サイトのピーシーマックスで出会った何人ものナイスバディの美女たちとエッチする幸運に恵まれたが、セレブ女社長の身体もそれに見劣りすることなく素晴らしかった。 sexフレンドのセレブ女社長のうつ伏せになったヒップは小気味よく持ち上がっていて、薄い紙ショーツ一枚越しに、肉づきのよさが十分に伝わってくる。 さらにだ。てんちむ似のセレブ女社長は巨乳のおっぱいを見せないままにうつ伏せになったのだが、バスローブの上からでも、巨乳の胸もたっぷりとボリュームがあることをうかがわせた。 セフレの女社長の眼鏡の似合う理知的な顔と、ムチムチのド迫力ボディ。そして匂い立つような大人の女の色気がたまらない。 僕はマッサージオイルを持ってきた。 そしてオイルを手に取って、興奮しきっているのを悟られないように、大胆にセフレの女社長のふくらはぎをじっくりと撫でさする。(おお、見た目だけじゃなくて……触り心地もすごいな……) 欲求不満なセレブ女社長はエステにでも通っているのだろう。肌はすべすべできめが細かく、指を弾くような瑞々しい張りがある。セレブ女社長の柔らかな肉の弾力は、とても三十路には思えない。 思わず抱き心地のよさを想像して震えがくるほどだ。「ああ……いいわ……」 
 
ふくらはぎを揉んだだけで、セックスフレンドのセレブ女社長はうっとりした声を漏らし、うつ伏せた尻肉を、むちっむちっと揺らす。セレブ女社長の尻揺れを見ているだけでたまらなくなり、僕は手を太ももまで大胆に持っていく。 指先を熱っぽく動かして三十路のセレブ女社長の太ももを揉みしだき、さらにはふくらはぎから太ももまで撫でさすって、ムチムチの下半身をオイルでぬらつかせた。「ああん……」 巨乳の女社長は眼鏡をはずして、サイドテーブルに置いた。 そのときに見えたヤリモクの女社長の相貌はかなり上気していて、猫のように吊り上がった目が気持ちよさそうにとろけていた。 巨乳の女社長は欲求不満か、それとも感度がいいのか……。(よし、これならいけそうだ……) セフレの女社長のふくらはぎから太ももにかけて、オイルにまみれた両手で、ぬるるると下から撫でさすっていく。 そして勢いのままに、ショーツの中に両手をぬるんっと滑らせて、美形のセレブ女社長の形のよいヒップを直になぞり上げた。「うっ! ん、アアッ……」 三十路のセレブ女社長は驚いてビクッと尻を震わせたが、ちらりと肩越しにこちらを見て、恥ずかしそうにしながらも、またうつ伏せのまま顔を伏せた。(いいんだな……気持ちよくなりたいのか) セレブ女社長の無言の了解を得た僕は、もう偶然など装わずにオイルをつけながらショーツの中の尻の丸みに指を食い込ませる。「ん……ああ……いい、いいわ……」 てんちむ似の女社長は早くも欲情を隠しきれなくなったようで、俺がてんちむ似の女社長のヒップをつかんでぷるぷると揺すってやれば、「ああん……うう……うううっ」 喘ぎ声を漏らしそうになるのを、じっとこらえるのだ。 そして丹念に肩や背中をマッサージしたあと、僕は思いきって女社長に言った。「それでは仰向けになってください」 セレブ女社長は「えっ!」と、うつ伏せたまま、顔だけを肩越しに向けてくる。 その顔にわずかに戸惑いが表れていた。僕は素知らぬ顔で、「胸や脚をマッサージをします」「わかってるわ……だけど、やっぱりちょっと恥ずかしい」「じゃあ、違うところをやりますか。足の裏とかにも気持ちよくなるツボがありますから」 僕が言うと、セレブ女社長はわずかにためらいながらも、先ほどのヒップマッサージで性感が昂ぶってしまっているのだろう、目の下を赤々と染めて、「いいわ。仰向けでお願いするわ」 と胸を手で隠したまま、セレブ女社長はゆっくりと身体を上に向けた。(やっぱりだ……俺のマッサージはかなりいけるんだな……)
 
 俺は心の中でほくそ笑んだ。 やはり自分には女の性感のツボがわかるらしい。ここにきて、まさか自分のむっつりスケベに感謝するとは思わなかった。「きわどいところにも触れますから、ガマンできなくなったら手を挙げてください」 sexフレンドの女社長は巨乳のおっぱいを隠しながら、まるで少女のように恥じらい、小さく「わかったわ」とつぶやいた。 きわどいところと言ったとき、三十路のセレブ女社長が目を泳がせたのを僕は見逃さなかった。(やっぱり、期待しているんだろうな……) 俺はセフレの女社長をまっすぐに仰向けに寝かせると、折ったタオルを目の上にかけた。そしてしっかりと胸を隠している両手を下げさせる。(むう……) 立派に張りのある巨乳の乳房に、俺は思わず鼻息を荒くする。 普通アラサーだったら、もう少し形が崩れていたり、しぼんだり垂れたり、そういう巨乳のおっぱいになっていくものじゃないだろうか。 だがセレブ女社長の巨乳のおっぱいは仰向けだというのに、しっかりと下乳に丸みがあって、乳首がツンと上向いている。 さすがに乳頭や乳輪の色は、わずかにくすんだ小豆色ではあるものの、巨乳のおっぱいの張りは十分だ。 僕はセフレの女社長が目隠ししているのをいいことに、巨乳のオッパイの近くまで顔を寄せて、舌なめずりする。「それでは、巨乳の胸のマッサージをしていきますね」 手のひらにたっぷりとオイルを取って、下からすくい上げるように、両手で清純なセレブ女社長の巨乳のバストに触れると、「ンンッ……」 目をタオルで隠したsexフレンドのセレブ女社長がくぐもった声を漏らし、身をよじらせる。 巨乳のセレブ女社長の巨乳のおっぱいに触れただけでこの反応だ。かなり気分が高まっているのだろう。そこに目隠しなのだから、敏感になるのも当然だった。(フフ、触ってほしそうだけど……そうはいきませんよ)
 
 今回はセックスフレンドの女社長のほうから「お願い」と言わせなければならない。セレブ女社長のプライドを崩してしまうのは、それが効果的だろう。 俺はスタイルのいい女社長の柔らかそうな巨乳のおっぱいを揉みたい気持ちをなんとか抑えて、ヌルヌルになった両手で巨乳のオッパイの裾野をくすぐるようになぞってやる。 そのたびに、「んん……んんんっ……あ、ああっ」 とセフレの女社長は唇をかみしめて震え、悩ましい声を漏らす。 巨乳のオッパイを寄せたり、下から持ち上げたりするのだが、中心部には絶対に触れないで、周辺マッサージに徹する。すると、「んん……んんん……」 次第に欲求不満なセレブ女社長の肌が火照ってきて、しっとりと汗ばんでくる。 sexフレンドのセレブ女社長の巨乳のおっぱいを見ると、触れてもいないのに、小豆色の乳首が物欲しげにムクムクと尖りはじめている。 間違いなく欲しがっている。欲求不満な女社長のムッチリとしたボディを、ひたすら悩ましげにくねらせているのがその証拠だ。 匂い立つような色香に、俺はググッと股間を持ち上げた。 たまらなかった。ひたすらアラサーのセレブ女社長の巨乳のバストを揉みしだき、ショーツを破ってこの昂ぶったちん○んを突き入れたかった。 それでもなんとかこらえて、触れてほしいであろう乳首から離れ、女社長の腰骨から脇腹をなぞり上げる。「ひっ、んうう……」 清純な女社長は息をのみ、ビクッと震える。 さらにはくすぐったそうに太ももをこすり合わせるのだが、俺は女社長の片方の脚を持ち上げて自分の肩にかけた。「あっ……ああ……」 ヤリモクのセレブ女社長が恥ずかしがったのが雰囲気でわかった。 それはそうだろう。女社長は薄っぺらい紙の下着一枚だけ残して、大きく脚を開かされたのだから。(寛子ちゃんは意外と乱暴にされるのも好きらしいな) 気の強そうな女性は、意外とマゾなタイプが多い。(もう少し強めにやろうかな) そう思いつつ、開いた女社長の脚の付け根に顔を近づける。 想像通りすごいことになっていた。
 
 ショーツはオイルで濡れていたが、セフレの女社長の股のところはオマンコの割れ目が浮き立ち、小さなシミがついているのが見えた。それでもまだ触らない。 俺は手を滑らせ、太ももの付け根をギュッギュッと親指で押した。「んんん……くぅぅぅぅ……」 ビッチなセレブ女社長の腰が、ビクッ、ビクッ、と震えはじめる。 さらにその付け根の部分から、鼠径部の窪みまでを指で押していくと、「あっ……だ、だめっ……ああ、下半身がジーンとしちゃうわ……」 てんちむ似の女社長はいよいよ切羽つまってきたらしく、きわどい台詞を口にして、ハア……ハア……と熱っぽい喘ぎを見せる。 なんとかこらえようとしているのだが、欲求不満なセレブ女社長は脚を開いたまま、もっと触ってとばかりに下腹部をせり上げてきた。(フフ、もうガマンできなくなってきてるな……) ここまできたら、大丈夫だろう。 僕は思いきって声をかけた。「ヒロコさん、ショーツを脱がさせていただいてもよろしいですか?」 ビッチな女社長はハッとしたような素振りを見せる。「な、なによそれ……破廉恥なまねは……」「申し訳ございません。かなり効く部分なので、羞恥を感じるとは思いますが……」 女社長は上体を起こしてタオルを取ると、恥ずかしそうな、しかし調子に乗らないでと怒っているような、複雑な表情を見せる。「ほ、本当なのね……」「はい」「わ、わかったわ。だったらやってちょうだい」
 
 セレブ女社長は最後には相貌を赤く染めて、また仰向けになった。 僕がショーツに手をかけると、巨乳の女社長は脱がしやすいように腰を浮かせた。 わざと恥ずかしがらせようと、ゆっくりと下ろしていく。するとセレブ女社長のまんこを隠す黒々とした恥毛が少しずつ見えてくる。 ショーツを取り払い、セレブ女社長のまんこに手を伸ばす。わずかに脚を開かせると、いかにも具合のよさそうな、ふっくらと肉厚の花唇が見えてくる。(弘子ちゃんのオマ○コの具合はどうだろう?) ドキドキしながら指でそっとスキンマンコを押し開いてみれば、大きめの肉ビラと赤みのある内部が覗き、すでにきらきらした雫をしたたらせていた。「な、なにをしているの!」 清純な女社長がハッと股を閉じる。 もっとも秘めやかなマンコを、いきなり指で開かされた感触があったのだろう。 しかし、僕は戸惑うことなく、「すみません。ここが気持ちよくなるツボでして」 しれっと言いながら、もう一度強引にきれいな女社長の脚を開かせる。 欲求不満な女社長は不満がありそうだったが、そのまま黙っていた。(ツボがあるのは本当なんだよな) 俺は巨乳のセレブ女社長の足の付け根部分を、人差し指、中指、薬指の三本の指でソフトタッチで押したり、なぞったりする。 すると、「んんんっ……くぅううう……」 と女社長が先ほどより低い、こらえきれないといった喘ぎ声を漏らす。 女社長は股を開かされているのは、さすがに恥ずかしいらしく、ぶるぶると震えている。そんな美形のセレブ女社長のじらいを見ているだけで、股間がギンギンに漲ってくる。(しかし、すごい身体だよな……) 女社長が、フルヌードをさらしている。
 
 アラサーとは思えぬ張りのある巨乳のバストや、ピン勃ちした乳首、しっかりと手入れされた巨乳のセレブ女社長の恥毛や、その下に息づく恥ずかしい赤みまでがばっちりと見えていて、しかもセレブ女社長は全身をオイルでぬらつかせて、悩ましく悶えている。(くうう、触りたい……舐めたい……いや、でも、もう少しでこの人も落ちる……) 僕はさらにじっくりと三十路のセレブ女社長の太ももの付け根を指で揉みしだきながら、陰唇の外側をすぅっと撫でたり、ぷくっとしたクリちゃんにわざと触れたりする。「んぅ……くく……くぅぅ……」 セフレのセレブ女社長は唇をかみ、必死に声をこらえている。プライドの高い女性だから、僕から、お願いします、と哀願するのを待っているのだろう。 だが、こちらからはお願いしない。セフレのセレブ女社長が折れるまで待つつもりだ。 今度は女社長の巨乳のオッパイの周辺をマッサージした。 下からすくい上げ、アンダー巨乳の胸を撫でたり、「巨乳のおっぱいのGスポット」と呼ばれる腋の下と巨乳のオッパイの境界線、スペンス乳腺を指で刺激したり、恥骨へと向かう性感ラインをフェザータッチで揉んだりすれば、いよいよアラサーのセレブ女社長は腰を淫らに揺すり、足の先を突っ張らせてよがってくる。「ああ……だめっ……だめよ……こんな、こんなの……」 セレブ女社長は仰向けの全裸をぶるぶると震わせ、ハア、ハア、と熱い吐息をこぼしている。 セレブ女社長の脚を広げさせれば、ぬらつくオマンコが先ほどよりもぐっしょりと濡れて、キツい獣のような匂いを放っている。「ああ……もう、お願い……お願いよお……」 腰をくねらせて、ついに欲求不満なセレブ女社長が哀願した。
 
「どうしたんですか?」 俺もガマンしながら、しかしまだまだとばかりに、涼しげな声で言う。「ああ……わ、わかるでしょう? せ、切ないの……」 スレンダーなセレブ女社長を見れば口惜しさに唇を?んでいる。おそらくタオルの下ではすがるような目をしているに違いない。「どこがですか? どこが切ない……」「う……うう……あ、オマンコよ……」 言いながら、三十路の女社長は腰をよじらせる。「マ○コ?」「ま○こ……ま○こよ……ああん、あなた、私にそれを言わせたいんでしょう? ……ねえ、マンコよ。これでいいんでしょう? お願い、ねえ、舐めて……」 欲求不満な女社長が開き直ったように卑猥な単語を連発しながらも、首元から耳までを真っ赤にして、ずりずりと脚を開いていく。 僕は舌で唇を湿らせて、ニヤニヤと笑った。「それだと、マッサージの範疇を超えますが……特別ですよ」「ああ……お願いっ……」 スレンダーなセレブ女社長が目隠ししたまま、つらそうに呻いた。 俺も、実のところはもう限界だった。セックスフレンドの女社長を素っ裸にして、肝心なところに触れないお預け状態を長く続けられるわけがなかった。「じゃあ……いきますよ」 俺は勢いよくてんちむ似のセレブ女社長の両脚をつかむと、情け容赦なく、ぐいっと左右に割り広げてMの字に開脚させた。「あああ……い、いやっ……いやよ、こんな格好」 スタイルのいい女社長が悲鳴をあげる。 清楚な女社長は大きく広げられたオマ○コの中心部を見られたくないと、両手で隠そうとするが、「こうしないと舐められないですよ。いいんですか」 俺がぴしゃりと言うと、セフレのセレブ女社長は「ううっ」と啜り泣きを漏らして、おずおずと手を引っ込めた。「そうですよ。素直でいいです」 俺は露わになったセフレの女社長のおまんこに顔を近づける。(すごいな……) 合わせ目を指でくつろげれば、ぐちゃぐちゃに煮詰まったオ○ンコの内部から、透明な分泌液がしたたってくる。 
 
マンコの合わせ目をすうっと指で撫でるだけで、「ぁああ……あああ……」 とてんちむ似の女社長は腰を浮かしながら悶え、黒髪が乱れるほど首を打ち振った。 セレブ女社長の顔が喜悦に歪んでいるのがわかる。 セフレのセレブ女社長のマンコをお望み通り舐めてしまうのもいいが、その前に指でいじめたくなってしまった。 俺は、M字に大きく開いた内ももや、オマンコの割れ目からアヌスにつながる会マンコの細い筋を指腹でこすってやる。すると、「うぅ……くぅぅぅぅ……」 とたんにセフレのセレブ女社長はのけぞり、爪先をギュッと内側に丸める。 その動きに呼応するかのように、セフレの女社長の薄紅色の膣粘膜の奥からは、熱い粘り汁がしとどにあふれてくる。 僕は唾をのみ込み、セフレのセレブ女社長の狭いお○んこに中指を押し込んでいく。 指はぬるっと滑り込み、入れたとたんにぷっくりしたおまんこの襞が、待ってましたとばかりにからみついてくる。「ぅう……ぁあああ! ……いい、いいわ……」 女社長はぶるぶると震えながら、愉悦に浸りきった声をあげる。 さらに人差し指を加え、二本の指で奥までを穿つ。 ビッチな女社長のまんこが指を猛烈に食いしめてくる。俺はさらに指の股がオマ○コにつくほどぎりぎりまで指を差し込んだ。「んぅ!」 セックスフレンドの女社長が顎を跳ね上げる。 アラサーのセレブ女社長の豊満なボディがくなくなと悶えて、乳頭勃起した巨乳のおっぱいが揺れ弾んだ。 セレブ女社長のM字開脚の美脚は小さく痙攣し、膣肉が指を奥へと引き込もうと吸いついてくる。 セフレのセレブ女社長の反応があまりに色っぽくて、もっと見たいと、奥まで穿った二本の指でぐりぐりとかき混ぜた。「んんんんっ……ああんっ、だめっ……それ……ああん、か、感じちゃう……」 欲求不満な女社長はあられもなくよがり泣き、ついには切なそうに腰をせり上げてくる。 もっとだ。もっと責めてやりたい。 俺は指を鉤状に曲げ、膣の天井をしつこく刺激した。いわゆるGスポットというヤツだ。「あ……ああん……いや、ああっ……それだめっ……ああん」
 
 やはりここは効くらしく、まるでおしっこをガマンするように三十路のセレブ女社長がもじもじと下腹部を揺らしている。 俺は脚を閉じようとしている美人の女社長の太ももをしっかりと割り開いて、なおも欲求不満な女社長の膣奥上部の窪みをぐりぐりといじりたてた。「はぁ……はうう……! い、いや、いやぁぁぁ!」 ぐっしょりと湿ったセレブ女社長の膣からは愛液があふれ、俺の指どころか手首までをびしょびしょに濡らしていく。 俺は女社長の太ももを押さえつけていた左手を伸ばして、激しく揺れる巨乳の胸をじっくりと揉みしだいた。(な、なんだこりゃ、柔らかい……) ムニュ、ムニュ、と形がひしゃげるほど巨乳のオッパイを揉み込めば、指の間から薄い小豆色の乳首がさらに尖ってくる。 そんな巨大なふくらみをじっくり堪能しつつ、指でsexフレンドの女社長の乳首をつまんで、こりっ、こりっ、と刺激すると、「ああああッ……」 セレブ女社長が顎を勢いよく跳ね上げる。 その拍子に、顔にかかっていたタオルが床に落ちた。 セックスフレンドの女社長は一瞬、まぶしさに顔をしかめたものの、すぐにうっとりとした表情に戻って、悩ましげに喘いだ。 ますます乳首が硬くなっていく。 僕はその尖りに顔を寄せ、チュウッと吸い立てる。「んんんっ、んんんん……」 30代の女社長は首に筋がくっきり浮かぶほどのけぞり、M字の両脚を閉じることもないまま、オイルまみれのぬらついたボディをくねらせた。(おおう……たまらないな……) 女社長は先ほどまでは両脚を大きく広げられるのを恥ずかしがっていたのに、今ではもっとマンコを触ってとばかりに自ら脚を開いていく。 指を抜き差しするセフレのセレブ女社長のおまんこは、透明な愛液どころかべっとりした白い体液まで分泌し、乳首はもげそうなほど突起している。 清純な女社長の美貌を見れば、脂汗すらにじませて、もうだめっ、とばかりに大きな瞳をとろけさせている。
 
 そろそろ望むモノを与えてやる、と僕はビッチな女社長の股間に顔を近づけて、オマ○コから漏れ出る粘り汁を、じゅるるる、と吸い上げた。「くぅぅぅぅ……」 セックスフレンドの女社長は喘ぎ、したたかに身をよじる。 さらにはマ○コの上部にある小さな一番敏感なところを、舌でツンとつついた。 とたんにスリムなセレブ女社長は狭いベッドの上で背をグーンとしならせて、シーツが?がれるほど強く拳を握りしめた。 赤く充血したビッチな女社長のクリを、舌先でねろっねろっと舐め、そのまま唇でチュッとキスして、ぱくっと吸いつけば、「い、いやっ! だめっ……それだめっ……! イクッ、イクッゥゥ!」 と三十路のセレブ女社長はガクガクと腰を揺すりはじめるのだった。(イッ、イッた? クンニだけでイカせた……) 素っ裸のままベッドの上でぐったりしているセレブ女社長のま○こからは、蜜が小水のように垂れこぼれている。 スタイルのいい女社長のオマンコから指を抜けば、中指と人差し指はふやけたようになり、どろっとした白い膣液が爪の間や指の関節にたっぷりと付着していた。「ああ……欲しいわ……指だけじゃいや。ねえ、内緒にしておくから」 息を整えていたセフレのセレブ女社長が上体を起こし、うっとりしたような目で俺を見つめる。 セフレのセレブ女社長は、可愛くてたまらない。 こちらももうガマンできなくなっていた。「わかりました……寛子さん」 僕はシャツ、ズボン、下着までも脱いで、生まれたままの姿になった。 おち○ちんが天を向くほどにそそり勃っている。 てんちむ似のセレブ女社長はそれを見て、今にも涎を垂らさんばかりに目を細めた。「ああ……きて……」 俺は言われるままに狭いベッドに乗ってセレブ女社長を押し倒し、どちらからともなく唇を重ねた。
 
「ぅううん……んんっ……」 ふたりで貪るように口を吸い合い、ぴちゃぴちゃと音がするほど激しく舌をからませる。 ディープキスでアラサーの女社長の甘い呼気や唾液を楽しみながら、僕は清楚なセレブ女社長の身体をまさぐった。 汗とミルクの匂いのするヤリマンの女社長のオイルまみれの女体はすべすべして、肌を合わせればこのうえない心地よさに包まれる。 ビッチなセレブ女社長の熟れきった量感の尻を撫で、もちもちするような柔らかさを味わい、さらに巨乳のオッパイに手を伸ばす。「ンンンッ……」 裾野からゆったりと揉みしだくと、もうキスもしていられないとばかりに、女社長がのけぞった。 指が沈み込む柔らかな巨乳のオッパイも、若い女にはない魅力だった。 30代の女社長の巨乳の胸のもっちりした揉み心地に、僕はふたつのふくらみを揉みくちゃにして、ピンピンになった乳首を、チュッ、チュッ、と吸う。「ああ……ああんっ……」 すると、セフレのセレブ女社長は切なげに眉根を寄せて、きりきりと身体を強張らせる。 女社長の美貌が、今は期待と恥じらいでとろけきって、眉間に淫らがましい縦ジワをくっきりと刻んでいる。「ああ……たまりませんよ、寛子さん……」 ガマンしていた分、欲望全開で女社長を愛撫した。 右手でセフレの女社長の巨乳のおっぱいをむにゅむにゅとひしゃげながら、反対の巨乳のオッパイに吸いついたり、舌でねろねろと乳首を舐めたりする。 一度イッたからだろう。女社長の身体からは甘ったるい汗の匂いとともに、濃厚でツンとする獣じみた匂いがした。女社長の腋に舌を這わせれば、ぴりっとする汗の味がする。 だが決していやな味でも匂いでもなく、まるで熟成されたような、快いまろみだった。ヤリマンのセレブ女社長の腋を舐めれば舐めるほどに、股間のちんちんがぐんぐんと硬くなって、清楚なセレブ女社長の太ももにこすりつけられる。「ああっ……すごいわ……」
 
 女社長の言葉に、俺はハッとなった。「あっ……すみません、自分ばっかり好きなこと……」「いいのよ」 セフレの女社長は僕の汗ばんだ髪の毛を撫でつけながら、優しく微笑んだ。「男の人に激しく求められるなんて久しぶりなの。好きなようにしていいのよ」(好きにしていい……) 女社長にそんなふうに言われると、ぐっと興奮が増してくる。「いいんですか? 本当に好きなことしますよ……」 とヤリマンのセレブ女社長を見つめて言えば、セレブ女社長はまるで少女のように恥じらい、こくりと小さく頷いた。 もう欲しかった。一刻も待てなくなっている。 巨乳のセレブ女社長の足下にしゃがんで脚を広げさせて、ゆっくりと腰を送る。 するとてんちむ激似のセレブ女社長は恥ずかしそうに顔をそむけるのだが、ようやくという期待に満ちた、いやらしい表情を覗かせた。「もうこんなになってます。本当は弘子ちゃんの中に入りたくて、さっきからチンチンが暴発しそうだったんです」 わざと卑猥な言葉で煽り立てると、セフレのセレブ女社長はちらりと股間を見つめ、「ウフフ、本当、すごいわね……」 と、うっとりと?を赤らめる。「入れますよ」 僕は「むううう」と息をつめて、猛ったち○こをsexフレンドのセレブ女社長の濡れたまんこに押しつける。 ち○この切っ先が狭い入り口をめりめりと押し広げる感触があり、ブツッとほつれるように抵抗が切れれば、女社長の熱いマンコの中にち○こが包まれていく。「んんっ! んんんんっ!」 マンコの中にずぶずぶと差し入れた瞬間、女社長は顎を上げて、背を大きくしならせた。 挿入の感触がすさまじかったのか、セフレのセレブ女社長は目を見開き、ぶるっ、ぶるっと震えている。しかしそれは僕も同じだった。
 
 指を入れたときもそうだったが、セレブ女社長の膣の締まりは尋常ではなく、ち○ぽを膣全体で締めつけてくる。(うわあ……やばいぞ……これ……気持ちよすぎる) 温かなぬくもりに誘われるように、僕はズブズブと最奥まで貫いた。 するとセレブ女社長は、「ああっ、ああああっ……」 と歓喜の声をあげ、汗にまみれた身体を揺らして、再び大きくのけぞった。 俺は突き入れながら、前傾姿勢となって清純なセレブ女社長の背に手を差し入れて、豊満なボディを抱きしめ密着した。 セレブ女社長は柔らかでしっとりした抱き心地だった。 もっちりした感触。そして巨乳のセレブ女社長の濃密な甘い匂いに酔いしれて、俺は抱きしめながら本能的に腰を使った。「ああんっ、だ、だめっ……そんなにしたら、あああッ!」 女社長は俺の腕の中で悶え泣き、両手を伸ばしてしがみついてきた。 さらには女社長のほうから腰を押しつけ、ぐいぐいと前後に揺らしてくる。「ううっ……弘子さん」 食いしめられながら、根元から揺さぶられる。 たまらなくなって、さらに激しく抜き差しした。おちん○んがびっしょり濡れた襞をこする。 ぬちゃ、ぬちゃ、と粘っこい音を立てて、ひたすらに打ち込めば、「い、いいわ……してっ、あああんっ、もっと突いてっ!」 とセレブ女社長がせがむように見つめてくる。 僕は腰をひたすらに使いながら背を丸めて、揺れ弾むスレンダーな女社長の巨乳の胸に指を食い込ませ、しこりきった乳首を舌を伸ばしてねろねろと舐めしゃぶる。「んんっ……! ああっ、あああんっ」 セフレの女社長は、もっとと言うように巨乳のバストを前に突き出し、甘い声をあげる。 ずちゅ、ずちゅ、という卑猥な水音や、パンパンッという肉の打擲音がラブホの部屋に響き渡る。
 
 俺と欲求不満な女社長の汗と汗が混じり合って、シーツに大きなシミをつくり、獣じみたsexの匂いが、むせ返りそうなほど充満する。「はぁぁぁ……いい、いいわ……あああンッ」 上品だったはずのスレンダーな女社長はもう、あられもない姿をさらけ出し、いよいよ淫らに乱れはじめる。 俺ももう頭の中が真っ白になっていた。 もっとだ。もっと気持ちよくさせたい。 俺は左右に広がっていたてんちむ激似の女社長の両脚を自分の肩にかけて、ぐいと体重を前にかける。するときれいなセレブ女社長の裸身が腰のところから折れ曲がって、上から腰を打ち下ろす形になる。 マングリ返しだ。これで股の間から女社長の顔が見える。 押さえつけられて少し苦しそうだった。そんな巨乳のセレブ女社長がまっすぐにこちらを見たときだ。オチン○ンが自分の中に出入りしているのが見えたのか、「ああん……いやぁ……」 と綺麗な女社長はほおを紅潮させて顔をそむけた。 その恥ずかしがる顔が可愛らしくて、セレブ女社長を上から見下ろしながら、僕は腰振りのピッチを上げた。 この角度は体重をかけやすかった。 上から下に向けるように、ぐいぐいと腰を使えば、セフレのセレブ女社長の子宮に届くほどに奥まで貫くことができる。 カリ首の出っ張りが女社長のおまんこをこする感覚がわかる。ずちゅ、ずちゅ、と激しい水音を立てながら体重をかけて打ち込めば、嫌がっていた女社長も、「はあああ……! ふ、深いッ! ああんっ……」 と思いきり顔をのけぞらせる。 狭いベッドが壊れるのではないかと思われるほど、キイキイときしむ音を出し続ける。 ラブホの部屋は暖房を弱めているのに、僕は汗まみれになり、飛び散った汗の雫が、巨乳のセレブ女社長の顔や巨乳のおっぱいにポタッポタッと垂れた。 女社長はまるで気にしない様子で、打ち込まれるたびに声をあげて、きりきりと熟れた肉体を震わせる。(た、たまらん……たまらんぞ……)
 
 女社長のおめこの具合が陶然となるほどに心地よかった。 気を抜けば射精しそうなほどだった。それくらいの名器だ。もっと別の体位でも味わいたいと、俺は名残惜しくもヤリマンの女社長の膣からおちん○んを抜き取った。「ああ……」 女社長は「どうして?」という顔で見つめてくる。が、しかし、「四つん這いになってください」 と僕が言えば、キュートな女社長はパアッと顔を輝かせて、恥も外聞もなく犬のようになって、豊満な尻をこちらに向けた。「は、早く……早くちょうだい……アラサーの女社長を犯してッ」 セレブ女社長は大きな尻をくねらせて、一刻も早くと肩越しに切なそうな顔を見せてくる。「なんていやらしい人なんだ。あんなに上品ぶって……寛子ちゃんは……」「ああ、私、いやらしいの……とってもエッチなのよ、ああん早く」 清純なセレブ女社長の突き出された尻はまるでお漏らしでもしたかのように、太ももまで分泌液でびっしょりと濡れている。 生臭い性の匂いがビッチな女社長の尻割れから漂ってくる。 僕はセフレの女社長の発情した匂いを嗅ぎながら、くびれた腰をがっちり持って、いきなり奥までバックからズブズブと貫いた。「くぅぅぅぅぅぅぅ!」 違った角度で入れられたのがたまらないのだろう。 てんちむ激似のセレブ女社長は切なげに喘いで、四つん這いのまま尻をぶるぶると震わせた。「くっ、あああんっ……いい、いい……」 抜き差しすれば、巨乳のセレブ女社長はもう手で身体を支えることもできず、肘でかろうじて支えながら、ちんちんでえぐられるのをじっくりと味わっている。 僕もバックの気持ちよさに「むううう」と息をつめた。 女社長のマ○コの密着感もよかったが、なによりこの肉のつまった丸々とした尻だ。 腰を打ちつけるたびに、ぶわんぶわんと押し返してくる弾力がたまらず、可愛らしいセレブ女社長のとろけるような肉の具合を楽しめるのだ。「ああ、すごいですよ。寛子ちゃんのお尻も、まんこも……」「ああんっ……好きにして、好きにしていいのよぉ……私のお尻も、まんこも全部あなたのモノよ……ああんっ、あああ……」
 
 今のてんちむ激似の女社長ははとても可愛く素直な女になっている。 俺はさらにスパートした。もう限界まで追いつめられていた。 腰を持って打ちつけるたび、てんちむ似のセレブ女社長のオマンコの奥からいやらしい水音が立つ。「はあああ……も、もう、だめっ……イクッ……ああんっ……イキそうよ」 身体を震わせながら、いよいよヤリマンの女社長は差し迫った声をあげる。「ぼ、僕もです……イキます。出しますよ……」「ああ、ちょうだい。お願いッ、イカせて……セフレのセレブ女社長をイカせてっ」 四つん這いになったセレブ女社長は、恥も外聞もなく叫んだ。 俺は腰を持ったまま、バックで深い連打を送り込んだ。 パンパン、パンパン、と打擲音が響き、打ち込むたびに下垂したセレブ女社長のimension19のおっぱいが、ぶるんぶるんと悩ましく揺れる。「いい……いいわ……ああああっ……」 感極まった声をあげたてんちむ激似の女社長は、うなだれながらブルブルと震えた。セレブ女社長の黒髪が落ちて、色っぽいピンク色に染まったうなじがまぶしく目に飛び込んでくる。 そして、さらに奥まで突き入れたときだった。「ああっ……イッちゃう……イクッ、こんなの初めてよ……はああああ……おかしくなるっ、おかしくなるぅぅ……!」 絶叫しながら清純な女社長は、四つん這いの肢体を、ビクン、ビクン、と跳ね上げた。 同時に清純なセレブ女社長のまんこが絞り取るように収縮した。尿道までせり上がってきた快楽が、もうガマンできないとばかりに決壊した。「うううう……ぐうう……」 すさまじく気持ちのよい中出しだった。 俺はバックから入れたまま爆ぜて、どくっどくっとアラサーのセレブ女社長のマ○コの中にザーメンをいっぱい中出しした。あまりに気持ちよくて、爪先から腰まで震えて力が入らなくなる。気がついたら、ハアハアと息をこぼして、ヤリマンの女社長の背中にしがみついていた。 頭の先まで痺れるような射精だった。荒い息がようやく収まり、僕はずるりとチン○ンを抜いて、ベッドから下りてティッシュでオチ○チンを拭った。 てんちむ激似のセレブ女社長もようやく上体を起こし、乱れた髪を手でかき上げた。「恥ずかしいわ。私、三十路なのよ。こんなに乱れて……」「たまりませんでした。僕も我を忘れて……」「いいのよ、私が望んだんだもの……」 清純な女社長は凄艶たる美貌にうっすらと笑みを浮かべた。
 
出会い系サイトPCマックスでのてんちむ似のセレブ女社長との即ハメセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓



















































 
今回30代のセレブ女社長といますぐタダマンセックス出来た出会い系はピーシーマックスです。
 
なおPCMAXを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないとすぐセックスできる奇麗な女性と出会ってsexフレンドにして即ハメsexできませんので、PCMAXに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ピーシーマックスのようなであいけいコミュで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで具体的に解説していますので参考にしてください。
 
⇒出会い系サイトPCMAXの詳細はこちら
 
※PCマックスは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.