deaikeitaiken_novel

【PCMAXヤリモク】可愛い巨乳インストラクターと中出しsex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
私は日々であいけいコミュニティでキュートな女の子を釣って、即ハメセックスをやってヤりまくっています(^^)
 
さて、今回は匿名で出会えるまともな出会い系マッチングサイトのPCマックスで出会った剛力彩芽似の可愛い巨乳インストラクターと兵庫県川西市で会ってセフレにして即オフパコエッチをしてきたのですが、はめどり写メが多く撮影できましたのでレポートします。
 
※この記事には過激なエッチのハメ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会い系アプリのPCMAXで出会った女はインストラクターで、名前は江梨子さんといい、顔は剛力彩芽似のすんげえ美人でした(^_^)
 
出会い系サイトPCマックスでの激カワのインストラクターのプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトPCMAXでの巨乳のインストラクターの掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
インストラクターとは、であいけいSNSのピーシーマックスで知り合ってLINEでやり取りした後、川西能勢口駅周辺の高級個室居酒屋に飲みに行った後いつも通りラブホに行ってタダマンsexをしました。
 
俺とインストラクターが兵庫県川西市の川西能勢口駅近辺のラブホの部屋に入った。俺は最近運動不足ということもあり、sexフレンドのインストラクターにトレーニングしてもらうことにした。「ほら、もう少し頑張ろう。支えてあげるから」 身体を伸ばしていられずに、どんどん腰が落ちてきた俺の身体をセフレのインストラクターが両腕を入れてフォローしてきた。 さすがインストラクターだけあって持ちあげる力がわずかに足らないくらいの感覚で、俺は残った力を振り絞るようにして自分の体重を支えていた。(む、胸が……) 限界を超えているような辛さに息を荒くしている僕だが、そんな中でも腰に柔らかいものが当たっているのが気になった。 なんとかそこに視線をやると、セフレのインストラクターのタンクトップの開いた胸のところで、大きな二つの巨乳のおっぱいがぐにゃりと形を変えながら、僕に押し当てられていた。「だ、だめ、これっ」 さらに俺のTシャツが少し捲れていて、露出した腰のところに20代のインストラクターの腕が回されている。 艶やかでしっとりとした肌の感触とインストラクターの体温が、押しつけられた巨乳の生々しさを加速させている気がした。「あっ、きゃっ」 若い僕のち○こはそんな淫靡な状況に見事に反応し、ハーフパンツの下でムクムクと起きあがってきた。 はっきりとテントを張った股間を見て、セフレのインストラクターも驚いて腕を引いてしまった。「うわっ」 もう身体を支える力など残っていない俺は、勢いよくひっくり返った。 ただ床に薄いがマットが敷かれていて、俺はその上に転がったので痛くはなかった。「ごめんなさい、大丈夫?」「平気です、僕こそ、すみません」 転倒した勢いでマットにうつ伏せになっている僕は、心配するインストラクターに何度も頭を下げた。 ただまだ股間は硬いままなので、マットに腰を押しつけたまま身体を起こすことは出来なかった。「ど、どうして? ゆうきくんはなにも悪いことしてないじゃない」 ビッチなインストラクターは少し僕から目を逸らし気味にしながら、さっきまでとは違い、少し高めの声で言った。(ん? ちょっと様子が……) なにやら明らかにインストラクターの表情が変わったというか、瞳がなんだか潤んでいる気がした。 美しいインストラクターの厚めの色っぽい唇から、わずかにため息が漏れている。(まずい……早く鎮まれ……このままじゃ追い出される) 困ったことに僕のちんちんはおさまる気配がない。もとからサイズが大きく、男湯などで脱いだりすると注目を集めてしまうほどで、勃起するとさらに大きさを増すのだ。 さらにジャージ生地のパンツにくっきりと亀頭の形まで浮かんでいて、パイパンのインストラクターが驚くのも無理はなかった。「と、とりあえず、使った筋肉をストレッチするわね」 いまは自分の身体とマットの間に挟まっているちん○んをもう一度見せたら、ビンタの一つでも喰らわされるのではないかと思っている俺の腰に、インストラクターは跨がってきた。「えっ、エリコさん、ちょっと」「エリコで、いいわよ。はい、力を抜いて」 うつ伏せの僕の腰に自分のヒップを乗せたインストラクターは、両手を脇の下に入れてきた。 そのまま上に向かって引き寄せ、俺の背中を弓なりに反り返らせる。「くううう、エリコさん、ううう」 跨がったインストラクターの体重がかけられている腰を支点にして、僕の上半身が反り上がる。確かに疲労した腹筋が伸びて気持ちがいいが、俺は内心で狼狽えていた。(お、お尻が……) プロレス技をかけられているようなこの体勢になると、剛力彩芽似のインストラクターの巨乳のおっぱいにも負けないくらいに大きく実った桃尻が擦りつけられる。 しかもセフレのインストラクターはスパッツ姿なので、薄い布越しに柔肉があたる感触が生々しい。「うっ、くううう、動かさないで」 しかもセフレのインストラクターは引っ張る力を緩めたり強くしたりしていて、そのたびにお尻が前後に動く。 僕の視界には入らないものの、清楚なインストラクターの股間が腰に擦りつけられているのが感じ取られ、どうしようもなく興奮してしまう。「じゃあ今度は背筋のストレッチね」 そんな僕の気持ちに気がついていないかのようにインストラクターは、体勢を変えようとしてきた。 腰の上から降りたインストラクターは僕の身体を裏返しにしようとする。「わっ、待ってください、いまは」 このままでは再び勃起したちんこがテントを張る股間を見せてしまうと僕は焦るが、sexフレンドのインストラクターに女性とは思えないくらいの力で簡単で裏返しにされた。「さあ、腰を浮かせて背中を伸ばして」 待ってくれという言葉を無視した巨乳のインストラクターは、強引に僕のお尻を持ちあげてくる。 さっきとは逆に、マットに肩をついて身体を丸める体勢に俺はされた。
 
「だっ、だめですって、これ、す、すいません」 身体が硬いほうではないので、両脚を自分の肩の上にくるまで上げて、俺は身体を丸めた。 そうなると当然ながら、勃起したおちん○んの形がハーフパンツに浮かんだ股間が真上に向かって晒される形になった。「どうして謝るの? ゆうきくん」 布越しにとはいえ、再びとんでもないものを見せつけられ、sexフレンドのインストラクターが怒り出すかと思ったが、インストラクターはやけに落ち着いた感じで俺を見つめてきた。「で、でも俺、これ……」 ただ俺は気が気ではない。流れの中での現象とはいえ、セクハラだと言われても仕方がないからだ。 「うふふ、これって、この子のこと……?」 ただ逆にインストラクターは少しうっとりとした表情を見せると、丸められた身体の一番高い場所で硬化しているおちんちんにそっと触れてきた。「くう、なっ、なにを、エリコちゃん」 その力加減がまた絶妙で、僕は思わず声をあげながら、焦ってインストラクターを見た。 いまのいままでインストラクターがいつ怒り出すかと心配していたからだ。「若いってすごいのね、ガチガチ」 パイパンのインストラクターは身体を丸めている僕のお尻に自分の胸を押し当てながら、ハーフパンツ越しにおちん○んを揉み始める。「ちょっ、恵理子さん、くうう、ううう」 出会い系サイトのPCマックスで出会ったセフレがいた経験はある俺だったが、いままで相手をしたセフレの女性たちは勃起したオチンチンを見た瞬間、驚いて固まっていた。 それが当たり前のように感じていたから、セフレのインストラクターのこの反応はあまりに意外だった。「うふふ、見ちゃおうかしら、このおっきいの」 俺が戸惑っているうちに、インストラクターはハーフパンツをぺろりとめくってしまう。「あっ、だめですって、うわ」 ついでに穿いているトランクスも頭のほうに寄せられた脚の真ん中辺りまで持っていかれ、お尻や股間が丸出しになる。 背中を丸めた体勢なので、丸出しのお尻が天井に向かって晒された状態となり、僕は恥ずかしくてたまらない。「すごい、大きいだけじゃなくて……硬いのね」 あまりに情けない格好に女の子のように顔を赤くしている僕にお構いなしに、セフレのインストラクターは厚めの唇から舌を出すと、玉袋の辺りに這わせてきた。「くうう、そんな、うう、くうううう」 わずか一分ほど前にはトレーニングをしていた。あまりに急な展開に俺は頭がついていかない。 ただ玉袋から竿の根元へとなぞっていく濡れた舌に、腰が勝手によじれ出すのだ。「んんん……うふふ、女の子を泣かしてるんじゃないの? カノジョはいるの?」「そ、そんなことしてませんて、くうう、うくう、いません、ずっと」 確かにチ○ポは大きいほうかもしれないが、ルックスは極めて地味で、性格も大人しめの俺は、女性は二人しか知らない。 とくに最近は仕事が忙しくて恋愛などしている余裕もなかった。「あらもったいない、じゃあ私が頂いても構わないわよね」 大きな瞳を細めて笑うと、インストラクターは僕の脚を解放して、マットに仰向けにさせる。 そして膝まで降りていたハーフパンツとトランクスを脱がせると、巨乳のインストラクターはスパッツのお尻を僕の頭のほうに向けて覆いかぶさってきた。「本格的にいくわよ」 シックスナインの体勢で俺の上に乗り、巨乳のインストラクターは天を衝く亀頭部に吸いついてきた。 まず厚くて柔らかい唇が押し当てられ、そのあと唾液に濡れた舌が絡みついてきた。「あうっ、これ、くううう、だめ、はうっ」 インストラクターのテクニックと言おうか、清楚なインストラクターの舌はカリ首の部分をなぞったり、先端の尿道口を軽く擦ったりと絶妙な加減で責めてくる。 むず痒さを伴った快感が突き抜けていき、俺はこもった声をあげながら、腰をくねらせるばかりになっていた。「うふふ、可愛いわ、ゆうきくん」 こちらに濡れた瞳を向けたセフレのインストラクターはさらに大胆に唇をちんぽに押し当て、亀頭を口腔の粘膜で包み込んでいく。 そしてセフレのインストラクターはそのまま髪の毛を大きく跳ねあげながら、しゃぶりあげを開始した。「うっ、すごい、くうう、ううう」 少し気持ちが落ち着いてきた僕は、ビッチなインストラクターのフェラ○オにいつしか身を任せていた。 もちろん取材対象とこんなことをしてはいけないという思いはあるが、若い身体はそんなモラルなど無視して熱くなっていた。(お尻もすごい……) 蕩けるようなペニスの快感と同時に、僕は目の前でスパッツの布がはち切れそうになっている巨尻が気になった。 ムチムチとたっぷりと肉が乗った尻たぶが、剛力彩芽激似のインストラクターのフェラの動きに合わせてゆらゆらと揺れているのだ。
 
(いいよな、俺も触っても……) ここまできてビッチなインストラクターのお尻に触れたくらいでは怒られないだろうと、僕は恐る恐るだがスパッツの上から桃尻を撫でていく。 僕の上に跨がり、激カワのインストラクターの開いた状態の太腿まで両手でほぐすように揉んでいく。「んん、んく、んんんんん」 インストラクターは一瞬だけ身体を引き攣らせたが、フェラチオの動きは止めない。 それどころかしゃぶりあげにいっそう熱がこもってきていて、もう唾液の音が静かなジムに響き渡っていた。「くうう、恵理子さん……うううう」 口腔の粘膜がねっとりと亀頭のエラを舐めていく快感に震えながら、僕はインストラクターのスパッツを脱がしていく。 そこでもインストラクターはとくに抵抗せず、黒い布がぺろりとめくれて、白い肌が露わになる。 sexフレンドのインストラクターのパンティは黒のTバックで、後ろに一本の紐が食い込んでいるのみだ。(柔らかい……) スパッツにラインが浮かばないための対策で紐のTバックパンティなのだろうが、セフレのインストラクターのむきだしになった桃尻が、僕の欲望をさらに煽り立てる。 大胆に指を食い込ませ、僕は強く尻たぶを揉みたてた。「くうん、んんんん、んく」 インストラクターは時折腰をくねらせながら、大胆に頭を振り続けている。 目と手で大きく盛りあがった剛力彩芽似のインストラクターのヒップを楽しみ、オチ○チンは濡れた粘膜に包み込まれているという極上の状況に俺は身も心も蕩ける思いだ。(自分だけ気持ちよくなってちゃだめだよな) インストラクターに身を任せるがままに快感を貪るのみでは申し訳ないと、俺は黒のTバックも引き下ろしていく。 インストラクターの大きく開かれている太腿の中央も露わになり、漆黒の陰毛の手前にピンクのマ○コの裂け目が見えた。(すごくエロい感じがする……) 出会い系サイトのピーシーマックスで出会ったかつてのセフレたちのマ○コも見てきたが、キュートなインストラクターのおま○こはなんとも淫靡に思える。 色はピンクだが、口を開いた膣口の奥に見える媚肉がなんとも肉厚でウネウネとうごめいていた。「江梨子ちゃん……んんんん」 そこに吸い寄せられるように僕は頭を起こして舌を這わせていく。 ヤリモクのインストラクターの膣口を舐め回し、その下に顔を出している肉豆も転がした。「んん、ぷはっ、ゆうきくん、あああっ、そんな風に、はあん」 ピンク色の陰核を責めると、セフレのインストラクターはすぐに腰をのけぞらせて、僕のおちんちんを吐き出して喘いだ。 責める一方だったインストラクターがあげた女の声に興奮し、僕はさらに強く舌を擦りつけていく。「ああっ、だめっ、あああん、しゃぶれないよう、ああん、あああ」 かなり敏感なほうなのか、巨乳のインストラクターは腰をくねらせて喘ぎ続けている。 トレーニングの効果か見事な丸みを保っているヒップが艶めかしく揺れ、インストラクターのお○んこ全体が小刻みに震え出す。(なんというか……すごくエロい匂い……) うごめくおめこの入口はどんどん開いてきていて、中から大量の蜜汁が溢れ出している。 透明の粘液から女の香りというか、なんとも男の欲望をかき立てる芳香が漂い、僕は思わず指を二本、突っ込んでしまった。「あああっ、はああん、それだめ、ああっ、あああ」 少々、乱暴な挿入だったように思うが、清楚なインストラクターは痛がる様子も見せずに、覆いかぶさる身体を震わせて喘ぎだす。(すごい、これが恵理子ちゃんのオマンコの中……) 粘っこい淫液にまみれているのはもちろん、ヤリマンのインストラクターのマ○コはねっとりと絡みつくように俺の指を包み込んでいた。 入れているのは指なのになんとも心地よく、本能的にピストンしてしまう。「あっ、あああっ、動かしたら、あっ、ああああ」 あまり長い時間愛撫したわけではないのに、インストラクターの肉体はもう感極まっているように思う。 出会い系アプリのピーシーマックスで出会ったいままでのセフレたちとは、そこもまったく違っていた。「ああっ、ね、ねえゆうきくん、ああっ、もう欲しいわ、私」 クチュクチュと秘裂が音を立てる中、sexフレンドのインストラクターは顔をこちらに向けて訴えてきた。 瞳はもうすでに蕩けきっていて、唾液に濡れた唇が半開きになっているのが、なんとも艶めかしい。「は、はい」 もうここまで来たら、僕もあまり躊躇う気持ちはない。 身体を起こして膝立ちになると、少し力が抜けた様子のインストラクターをマットの上に仰向けにさせた。「ああ……ゆうきくん……」 うっとりとした顔で横たわる、スパッツとパンティが膝まで下げられたインストラクターの身体が、少しくねっている。
 
 男を誘惑するインストラクターのの淫らな動きに吸い寄せられるように、僕はパイパンのインストラクターのタンクトップを脱がし、その下に現れた黒のスポーツ用のブラジャーももぎ取った。「うおっ」 続けて脱ぎかけのスパッツも引き下ろそうとした僕だったが、インストラクターの仰向けの上体の上で弾んでいる巨乳のバストに目を奪われてしまった。 あまり脇のほうに流れずに小山のように盛りあがる巨乳のおっぱいは、白い肌がしっとりとしていて、指で押せばどこまでも食い込んでいきそうな柔らかさを見せつけていた。「うふふ、Hカップあるのよ。鍛えてるから垂れていないのが自慢なの」 セフレのインストラクターは少し自信ありげにそう言うだけあって、見事な丸みを保っている巨乳の胸から俺は目を離せない。 頂点にある乳首も色素が薄くて美しいが、巨乳のオッパイなりに広めの乳輪がこんもりと盛りあがり、ここはインストラクターの雰囲気というか、淫靡さを強調しているように思えた。「確かにすごいです……」 少し声をうわずらせながら、セフレのインストラクターの下半身も脱がし、自分も全裸になった僕は、身体を覆いかぶせていく。 少し熱くなっている肌と肌が触れあう感じが生々しい。「揉んでもいいですか?」 開き気味のセフレのインストラクターの肉感的な脚の間に身体を入れた俺は、一応、許可を得ながらとんでもない迫力を見せつけている巨乳の乳房に手を伸ばしていく。「私の全部を好きにしていいのよ、ゆうきくん」 少し緊張している俺を見て、細身のインストラクターは優しげな笑みを浮かべた。 そして俺の両手首をつかんで自分の巨乳の乳房に引き寄せていった。「綺麗なのに柔らかいです」 包容力のあるインストラクターの導きに、俺は初体験ではないのに、自分が童貞になったような気持ちになる。 ただ自分ばかり楽しんでいては申し訳ないので、セフレのインストラクターの巨乳のオッパイを優しく揉みながら、すでに尖りきっている感じの乳頭を爪で軽く引っかいた。「はああん、あっ、そこだめ、ああっ、ああん」 かなり敏感な体質なのか、ここでもセックスフレンドのインストラクターは鍛えられて引き締まった腰を弓なりにして身悶えている。 美しいインストラクターの声もどんどん大きくなり、半開きの唇からはずっと甘い息が漏れていた。(こっちもヒクついてる……) インストラクターの両手が埋まりそうなほどボリュームがある巨乳の胸を揉みながら、俺は濃い陰毛に覆われたパイパンのインストラクターの股間を見た。 ずっと小さな脈動を繰り返している濡れたおま○こ。そこがなんだか自分を誘っている気がして、俺は本能的に亀頭を押し当てた。「あっ、ゆうきくん、それは、あっ、あああああ」 巨乳のおっぱいに気持ちが集中しているときにちんぽが膣口を引き裂いたので、セフレのインストラクターは激しく戸惑い、大きな瞳を白黒させている。 ただインストラクターは痛がっているようには見えないので、俺はそのままゆっくりとオチ○チンを前に押し出していった。「あああっ、あああん、太い、あああっ、あああ」 ここでも女の包容力を発揮し、セフレのインストラクターはどんどん入ってくるチンポをしっかりと受け止めている。 ただ大きく開かれた長めの足はビクビクと震え、インストラクターの美しい顔も快感に歪んでいた。「くううう、江梨子ちゃんの中も、ううう、すごく気持ちいいです」 悦楽に翻弄されているのはインストラクターだけではない。俺のほうも、濡れたオ○ンコの甘い絡みつきに歯を食いしばっていた。 ラブジュースにただれきったセックスフレンドのインストラクターのまんこに亀頭が擦れると、腰が震えるほどの快感がつきあがってくる。「くううう、ううっ、恵理子ちゃん」 出会い系サイトのピーシーマックスで出会ったかつてのセフレたちとはあまりに違う、ねっとりとしたマンコの締めつけに声を震わせながら、僕は力を込めて、仰向けのインストラクターの奥に向かって亀頭を押し込んだ。「あっ、ああああん、すごい、ああう、はああああん」 巨大な巨乳のオッパイを大きく弾ませながら、インストラクターはマットの上で背中を弓なりにする。 インストラクターの膣奥にある子宮口に亀頭が食い込むと、周りの媚肉がキュッキュッと締めあげてきた。「えりこさん、すごく気持ちいいです、くうう」 20代のインストラクターのオマンコの心地よさに感動しながら、俺はもう本能の赴くがままにピストンを開始した。 エラの張り出した亀頭が大きく前後して、濡れた粘膜を引っかいていく。「ああん、はあああん、あああっ、ゆうきくん、あああっ、私も、いい、あああ」 こちらも女の昂ぶりに溺れるように、セフレのインストラクターは肉感的なボディをくねらせて悶絶している。 結合部からクチュクチュと粘っこい音が響き、かき出された愛液がマットに飛散していた。「あっ、ああああん、はああん、ああっ、いいっ、ああっ、たまらない」 巨乳のインストラクターは髪を振り乱し、唇を大きく開いて喘ぎ続ける。全身で快感を甘受しているセックスフレンドのインストラクターの姿に俺は驚いていた。(少しは苦しそうにするのにな……) 出会い系アプリのピーシーマックスで出会ったかつてのsexフレンドたちは、僕の巨大なおち○ちんに馴れるまで少し時間がかかっていたように思う。 苦しそうにしたり、ちょっと待って欲しいと言われたりと、俺も気を遣うことが多かった。 ただインストラクターはその巨根に怯むことなく、全身で受け止めている感じだ。
 
(インストラクターだから?) どちらにしても普通の女にはないエッチに対する強さをインストラクターは持っているように思う。 これならと僕は、自分の欲望をすべてインストラクターにぶつけてもいいように思った。「エリコさん、僕のちんちんを全部、入れてもいいですか?」「ああっ、え?」 正常位でピストンを繰り返しながら、しなやかな白い脚をがっちりと両手で抱えて言うと、ヤリモクのインストラクターは驚いた顔を向けてきた。「俺のはまだ全部入っていないんです」 そう伝えてから僕が結合部に目をやると、ビッチなインストラクターも驚いたように上半身を起こしてきた。「そんな……こんなに深くに来てるのに……」 まだオチ○チンの根元が三センチほど膣口から露出している。俺はいきなり最奥にまで挿入したらインストラクターが苦しいだろうと、いつも最初にセックスする時はこうしていた。 女の人を痛がらせてまで自分の快楽を追求したくはなかったからだ。「やっぱりやめときますか……」 パイパンのインストラクターなら大丈夫な気がしたのだが、さすがのインストラクターもすでに膣奥に深々と食い込んでいるおちん○んが、まさかすべて入っていなかったとはと驚愕している。 僕は気が引けて、無理な要求をしてしまったと、少し腰を引いた。「あ、あん、優しいのねゆうきくんは、いいのよ、あなたの思うがままにして」 ヤリマンのインストラクターはさらに上体を起こして、俺の肩に手を伸ばしてきた。 さすがと言おうか、腹筋の力だけで上半身を持ちあげた巨乳のインストラクターは、膝立ちの僕に抱きついてきた。「は、はい」 美しいインストラクターの肉が薄めの腹部に見とれながら、僕はインストラクターの肉感的な身体を抱き寄せ、自分はマットに尻もちをついて座る。 体位が対面座位に変わり、入ったままのチ○チンがさらに奥に向かい始める。「あっ、あああああん、すごい、あああっ、ああああ」 体位を変えた拍子に、半分くらいまで抜けていたち○こが、再び巨乳のインストラクターの奥を抉っていく。 しかも今度は途中で止まらず、最後までインストラクターの膣奥に食い込んでいった。「くうううん、ああっ、深い、あああっ、ああああ」 僕がセフレのインストラクターの腰を支えてゆっくりと下ろしてはいるが、かなりの圧迫感があるようで、可愛いインストラクターは大きく唇を割り開いている。 チンコはついに先ほどまでの深さを越え、亀頭が子宮口を大きく持ちあげてすべて収まった。「あああっ、はあああん、これすごい、ああああ」 巨乳のインストラクターのムチムチのヒップが、座った僕の太腿に密着するのと同時に、美形のインストラクターはさらに大きく声をあげて背中をのけぞらせた。 身体を起こした状態になるとあらためてその形の良さがわかる巨乳のおっぱいが大きく弾み、汗ばんだ身体がエビ反りになる。「大丈夫ですか、江梨子ちゃん」 もう僕の首に腕を回してどうにか身体を支えている感じの、インストラクターの腰を懸命に支えながら、僕は心配になって声をあげた。「あああっ、すごいこのおチ×チン、あああん、来てえ、あああん」 潤んだ瞳を妖しげに輝かせたまま、色っぽいインストラクターは甘い声をあげると、なんと自ら肉感的なヒップを僕の太腿に擦りつけてきた。「は、はい、いきます、くううう」 パイパンのインストラクターのおまんこの肉が亀頭に擦りつけられ、僕は快感に喘ぎながらちんちんを上に突きあげた。 セフレのインストラクターの性欲は凄まじく、もう気を遣う必要もなさそうだ。「ああん、すごくいい、あああっ、お腹の中までち○ちん来てるみたい、ああっ」 丸みのある巨乳のおっぱいを踊らせ、セフレのインストラクターは悦楽に瞳を蕩けさせている。 もともと色っぽい巨乳のインストラクターだが、淫らさが増していて、その大きく開いた厚めの唇を見ているだけで興奮が止まらない。「ううっ、恵理子さんの中も、くうう、すごい」 俺も甘くねっとりとした絡みつきを見せるマンコに溺れながら、下から激しいピストンを繰り返す。 膝の上で跳ねる巨乳のインストラクターの美しいボディの前で波打つ巨乳の胸を、本能的に揉みしだいた。「ああっ、もうイクわ、ああああん、あああっ、こんなの耐えられない、ああ」 そしてsexフレンドのインストラクターは限界を叫び、俺の腰に長い脚を回して、ヒップを押しつけてきた。「ううっ、僕もイキそうです、くううう」 久しぶりの行為というだけでなく、セフレのインストラクターのまんこの甘い締めつけにも翻弄されている俺も、意外なほどに早く限界を迎えていた。「あああっ、来てゆうきくん、あああっ、あとから飲んでも効くアフターピルあるから、ああっ、気にしないで中出ししてえ、あああん」 僕にそう告げながら剛力彩芽激似のインストラクターは大きく背中をのけぞらせた。 身体が弓なりになった勢いで、俺の手からHカップの巨乳のバストがこぼれ落ち、大きく波を打って弾んだ。「は、はい、おおおおお」
 
 どうして清楚なインストラクターがアフターピルを常備しているのか、少しは気になるが、もう考えている余裕などない。 くびれた剛力彩芽激似のインストラクターの腰を抱き寄せると、俺はこれでもかと膣奥にペ〇スを突き立てた。「はああああん、ああっ、すごいの来る、ああっ、イク、イクううううう」 今日一番の絶叫をラブホテルの部屋に響かせたきれいなインストラクターは、汗に濡れた身体を引き攣らせて、快感の極みにのぼりつめた。 俺の腰に回された両脚がガクガクと痙攣しながら、強く締めあげてきた。「俺も、くうう、出る」 インストラクターの絶頂の反応は媚肉にも出ていて、チ○チンに吸いつくようにして絞られる。 インストラクターのオ○ンコの甘さに溺れながら、僕はちん○んを最奥に突き立てて顔を歪めた。「ああっ、たくさん出して、あああん、すごい、熱い、あああっ、あああん」次の瞬間俺が「ああ、俺も、おおっ、いくっ!」と言いながらセフレのインストラクターのオマ○コの中に精液をたくさん中出しした。 セフレのインストラクターは膣奥に注ぎ込まれるザーメンにすら快感を得ている様子で、何度も俺の太腿に乗せた桃尻を震わせていた。「ううう、くう、江梨子ちゃんの中、ううっ、すごい」 同時に細身のインストラクターのマンコのほうもウネウネと軟体動物のようにうごめいていて、僕はその絡みつきに溺れながら何度も精液を中出しした。「あっ、ああああん、やだ、終わったのにまだ硬いまま……」 互いにエクスタシーの発作が収まり、ようやく一息つけたそのとき、パイパンのインストラクターが軽く僕にキスをしながら言った。「す、すいません。でも江梨子ちゃんの中がずっと動いてて」 セフレのインストラクターのおまんこはいまも微妙な脈動を繰り返していて、僕のチンチンを軽く締めてきている。 とくに竿の根元辺りが強めなので、なかなか勃起が鎮まらないのだ。「うふふ、36歳だっけ? 若いってすごいのね」 ヤリモクのインストラクターは僕の若さも知っている。 射精後も逞しく自分を貫いているちんぽが覗く股間を見て舌なめずりをした20代のインストラクターは、腰をゆっくりと動かし始めた。「ちょ、ちょっと恵理子さん、なにを、くうう、うううう」 勃起状態を保っているとはいえ、精を放ったあとのおちんちんを媚肉が擦ると、むず痒いような感覚に囚われる。「私が動くからね、ほら、あっ、あああ」 インストラクターはどんどん腰の動きを大きくしながら、俺の肩を押してマットに仰向けにさせる。「あああっ、硬さが変わらないなんて、あああん、すごい、あああっ」 そして自分は俺の腰に跨がったまま、身体ごと上下に動かしてち○ちんを貪るのだ。 sexフレンドのインストラクターが色っぽい目つきで僕を見下ろしながら、Hカップ巨乳のおっぱいを踊らせている。(さっきイッたばかりなのに……?だろ……) 騎乗位で跨がり、色素が薄い乳首ごと柔乳を波打たせる剛力彩芽似のインストラクターを、僕は呆然と見あげていた。 先ほど絶頂を迎えた際は、息も絶え絶えといった感じだったのに、いまは完全に復活している。(な、舐めてた……インストラクターの体力を……) 清純なインストラクターのスタミナは、僕の想像を軽く超越しているのだ。「あああっ、あああん、いいわ、ああああん、深いところに当たる、ああ、こんなの初めてよ、あああっ」 インストラクターの厚めのセクシーな唇には微笑みすら浮かんでいて、最初に僕のおちん○んを受け入れた際の戸惑いなどまったくない。 まさに女が快感を貪っている状態で、大きく実った桃尻が仰向けの僕の腰に叩きつけられる音が、ラブホの部屋に響いている。「くううう、えりこちゃん、ううう、すごいです、うううう」 最初はむず痒さが快感に勝っていた感じの僕だったが、いまはスレンダーなインストラクターのねっとりとしたマンコの粘膜に亀頭を擦られる心地よさに包まれていた。 チ○チンは中出ししたのを忘れたかのように脈打ち、そのままイッてしまいそうになるのを歯を食いしばって耐えている有様だ。「ああん、ああっ、私、ああっ、すごく感じてるわ、ああっ、あああ」 巨乳のオッパイをブルブルと弾ませながら、剛力彩芽似のインストラクターは時折天井を見つめながら息を詰まらせている。 巨乳のインストラクターは身体を上下させるリズムもかなり速く、息づかいも激しくなっているのに、ペースがまったく落ちないのはさすがだ。「あふっ、ああっ、またイッちゃいそう、ああん、クセになるわ、このチ○コ」 ついには淫語まで口にしながら、インストラクターはさらに腰を前後にも動かし始めた。「それだめです、ううう、僕の出ちゃう」 巨乳のおっぱいをまるで別の生き物のように踊らせるインストラクターの淫らなダンスに、俺はもう情けない声をあげるばかりだ。 パイパンのインストラクターの濡れたマンコが亀頭部に密着したまま、こねるように擦りあげてくる。 快感に全身が痺れきっていて、なにかを考えているのも辛かった。「ああああん、来て、あああっ、二回目出して。ああっ、私もうイクぅ」「は、はいいいい、うううっ、僕もイクっ」
 
 呼吸を合わせるように叫び、俺も最後の一回は腰を強く上に突きあげた。「そこ、ああああん、すごい、イクううううううう」 絶叫とともに背中を大きく弓なりにして目を泳がせたセフレのインストラクターは、ペニスに跨がった身体を激しく痙攣させた。 その震えが巨乳の乳房にも伝わり、sexフレンドのインストラクターの白い柔肉が大きく波打っていた。「うううっ、僕も、くうう、イク」 僕も本日二回目のザーメンを美しいインストラクターのマ○コの中にたっぷり中出しした。さっき射精したことを忘れたかのように大量のザーメンがヤリマンのインストラクターのオ○ンコの最奥に中出しされた。「あああっ、熱いの来てるわ、ああっ」 ここでもパイパンのインストラクターは中出しを悦ぶような様子を見せながら、全身を歓喜に震わせている。 そしてセフレのインストラクターは少しでも精液を貪ろうとしているのか、ヒップを前後に動かして、おまんこをチン○ンに擦りつけてきた。「くうう、えりこちゃん、それだめ、ううっ、くうう」 イッている最中のち○こをさらに責められ、顔を歪める僕は、今日はセフレのインストラクターに死ぬまでザーメンを搾り取られるのではないかと思った。
 
出会い系サイトPCマックスでの巨乳のインストラクターとのはめ撮りセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓























































 
今回セックスフレンドのインストラクターと今からすぐオフパコセックス出来た出会い系はPCマックスです。
 
なおピーシーマックスを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと今すぐエッチさせてくれる可愛い女の子と出会ってsexフレンドにしてオフパコセックスできませんので、ピーシーマックスに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ピーシーマックスのような出会系SNSで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで具体例を示しながら解説していますので見てください。
 
⇒出会い系サイトPCMAXの詳細はこちら
 
※PCMAXは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.