deaikeitaiken_novel

【出会い系やれる】欲求不満の四十路の爆乳熟女と中出しsex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
自分は飽きもせず出合い系マッチングサイトで美しい女性と即会いして、オフパコエッチをやってヤりまくっています(^▽^)
 
さて、今回は出会いまくれる無料お試しポイントがある出会い系サイトのハッピーメールで出会った中山美穂似の欲求不満の四十路の爆乳熟女と福岡県大牟田市で会ってセフレにしていますぐただまんエッチをしてきたのですが、ハメどり写メが多く取れましたのでレポートします。
 
※この記事には過激なsexのハメ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出逢い系コミュニティのハピメで出会った女の子はおばさんで、名前は安寿ちゃんといい、顔は中山美穂似のものすごく美人でした\(*T▽T*)/
 
出会い系サイトハピメでの爆乳の美魔女のプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトハッピーメールでのスレンダーな美魔女の掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
ヤリマンの美魔女とは、出会い系SNSのハピメで知り合ってラインでやり取りした後、大牟田駅周辺の洒落た個室居酒屋に飲みに行っていい雰囲気なったのでいつものようにラブホに行ってオフパコsexをしました。
 
「このあと時間ある?」 中山美穂似の美魔女は腕時計に視線を走らせた。 その手つきが、てきぱきしたものを感じさせる。 清楚なおばさんの外見は裕福な人妻だが、働いている人なのだろうか。「ありますけど」「ちょっと運動しようか。おばさんが教えてあげる」 ビッチな美熟女の甘い声が、優しげな響きを帯びる。爆乳のおばさんの瞳が濡れていた。 白い手が伸びてきて、俺の手をつかんだ。温かい手の感触に心臓が躍り上がる。 ──これってエッチな意味だよな?  美魔女に手をつかまれたまま駐車場を歩いて行く。「乗って」 白の軽自動車だった。「シートベルト締めてね」「はい」 助手席に乗り込み、シートベルトを着けると、軽自動車は滑るように動き出した。美熟女のハンドルさばきはなめらかだった。 「どこに行くんですか?」「いいところよ。お金は私が出すから心配しないで」 ──ラブホテルかな? 中山美穂似の熟女に誘われているのか? そう期待はしたが、俺は今まで、もてたためしがない。 たぶん、期待しているようなことは起こらないぞ、と必死に胸の高まりを抑えつけようとした。 だが僕の予想を裏切って、美熟女の運転する軽自動車は、ラブホの前でスピードを弱め、ウインカーを出した。そして、入り口を隠すように下がっている布の内側へと入っていく。 ──ええええええーっ? この奥はどうなっているんだろう? と常日頃思っていたが、なんの変哲もないただの駐車場だった。 ナンバープレートに板を立てかけて隠している車が多い。 僕は夢見心地でラブホテルの館内へと入る。 五分後には、爆乳の美魔女とラブホの部屋の中に入っていた。 はじめて入ったラブホテルは、ビジネスホテルよりも部屋が広く、ベッドが大きい。そっけない内装で、淫靡な雰囲気はあまりなかった。なのに、息苦しいような胸のどきどきが治まらない。「おばさんが教えてあげるわ。君が好きな女性とエッチしたとき、困らないように」 爆乳の熟女がこれからセックスしてしまってかまわない女体になったとたん、自分の目の前の女性の美しさと色気が、実感を持って迫ってきた。「ど、どうして? 杏樹ちゃん、僕を好きとかじゃないですよね?」「だって私も、二十年前はミスキャンパスだったのよ。君の恋を応援したくなったの」 恥ずかしそうにワンピースを脱いでいく美魔女は、かわいらしくて魅力的だった。 ウェーブのかかったの髪が、なだらかな肩を覆っている。 美しい美熟女はキャミソールにブラジャー、ショーツの下着姿になった。薄紫色のキャミソールは、熟女の白い肌を透かせている。 Eカップはありそうな爆乳のおっぱいに、きゅっとくびれたウエスト。美人のおばさんのお尻はハート型にせり出して、長い脚が続いている。 おばさんは痩せたいなんて言っていたが、ほどよく脂肪がついた大人の女性だ。 見てはいけない気がして顔を逸らしていたら、スレンダーな美熟女が両手で胸を隠し、心配そうに聞いた。「こんなおばさんとは、イヤかしら?」「イヤじゃありませんよ! アンジュちゃんは魅力的です!!」
 
「まぁっ。かわいいっ」 きゅっと抱きしめられて面食らう。 欲求不満な熟女はどこもかしこも柔らかく、そして温かかった。 僕は小太りで、容姿も普通で、勉強もスポーツも普通だ。そんな僕を、出会い系サイトのハッピーメールで出会ったセフレの魅力的な美熟女が抱きしめてくれている。 セフレのおばさんの甘い匂いにクラッときた。香水ではない。女の人の肌の匂い。甘くてふんわりして、股間にクる香りだった。「おばさんでごめんね。私が全部やってあげる。君は何もしなくていいの。半年ぶりだわ。ドキドキしちゃう」 耳元で美熟女の甘い声が弾ける。 ──そうか。あんじゅちゃんは、淋しいんだな。だったら、いいかな。「キスはしないほうがいいよね」 おばさんに耳たぶをあむっとかまれ、ゾクッときた。セックスフレンドのおばさんに耳にフッと息を吹きかけられ、首筋をぺろっと舐められる。 気持ちよかった。耳がこんなにゾクゾクするなんて、思ってもみなかった。「あら、おっきくなってきたわね」 清楚なおばさんに股間をスルッと撫でられて、クッと変な声が出た。「安寿さん、そ、その……」「見せてね」 スタイルのいい美魔女が膝をついた。 欲求不満な美魔女の細い指が、ズボンのファスナーを下ろす。 そして前立てからおちんちんを引っ張り出す。「うっ」「まあ。ステキ。大きいのね。ちゃんとむけてるのね。偉いわ」 セックスレスの美魔女のぷにぷにの柔らかい手でめくり返されながら、しげしげと見つめられる。セックスレスの美熟女の視線がチリチリして物理的な刺激となって感じられた。「そ、その……アンジュさん。は、恥ずかしいよ……」「ゆうき君のオチン○ンってすごく大きいのね。なんて硬いのかしら。若いわねぇ」 奇麗な美魔女の手がチ○チンを握った。そしてしゅっしゅっと前後にこする。 熟女のしなやかな手の感触に、たちまち勃起が激しくなる。 熟女が親指の腹で尿道口のあたりをトントンしたとき、腰の奥にキュッときて、今にも射精してしまいそうになった。 透明な汁が糸を引く感触がおもしろいのか、セフレの美熟女はオチ○チンに人差し指から小指までを絡め、親指で亀頭をなで回している。「うわっ。うっ、……アンジュさんっ。で、出そう、ですっ」 美魔女は、ぱっと手を離すと、え? もう、というような表情で俺を見上げた。 臨界点ぎりぎりまで高まっていた興奮が、ふっと引いていく。「すみません……」 身をすくめ、思わず謝ってしまったが、美熟女はうれしくてならないとばかりの笑みを浮かべた。「そんなに興奮してもらえるとうれしいわ。なんてかわいいのかしら。食べてしまいたいぐらいよ」 熟女は亀頭にチュッとキスをされた。 清純な熟女の唇の感触はひんやりぷにぷにで、寒天ゼリーか果汁グミのようだった。「うっ、た、食べないで、くださいね」「フェラチオよ。知らないの?」 セックスフレンドの熟女に亀頭をれろっと舐められる。「AVだけだと、思っていました」「ああ、かわいいなー、好きだなーと思うと、ご奉仕したくなっちゃうの」 美魔女は、ウェーブのかかった髪を、クの形に曲げた人差し指で耳に掛けた。 そして、舌をクチュクチュさせて口腔に唾液を溜めると、あむっとちん○んの先端をくわえた。
 
「んっ、……ちゅっ、れろっ、れろれろ……ちゅぱっ」 美熟女はチン○ンに舌を巻き付けたり、ちゅっと吸い付いたりを繰り返す。「うっ、ううっ……くぅっ……」 清楚な熟女の舌先はツブツブザラザラしていて、舌先で亀頭のエラを舐められるとゾクゾクする。「くちゅっ、ちゅっ……ちゅぱっ、んっ……んっ、ねちゅっ、れろっ」 美魔女の美しい顔に、自分のち○ちんの半分ほどが消えている。 すごい眺めだった。 手のやり場に困り、巨乳の熟女の髪を撫でると、セックスフレンドの美熟女が上目遣いでほほえんだ。「気持ちいい?」 チン○ンを口から出して言う。「はい。いいです。すごく」「お口の中で射精してもいいのよ」「それは……ちょっと、悪いですよ。……風呂に入ってきてよかったなーって思ってるのに」「あはは。かわいいなぁ。かわいいなぁ」 セックスレスの美魔女は、僕の腰を抱くと、股間にスリスリとほおずりをした。 おばさんのほおを勃起したちん○んで叩いている感じになる。「ダメですよっ。あんじゅちゃんの綺麗な顔が汚れますっ」「もう、そんなかわいいこと言うなら、お口にヨリを掛けて射精させてあげるっ」 セフレの美熟女は再びオチン○ンをくわえると、そろそろと喉の奥へと入れていった。 ──大丈夫かな。 心配になるほどのディープスロートだ。「ちゅっ、ちゅっ……れろっ……ちゅぱちゅぱっ、れろーっ」 はじめの驚きから醒めて、僕はフェラチオの気持ち良さに酔った。熱くてとろとろ。セフレの美熟女の清浄な唾液がぬるぬると巻き付いてくる。セックスレスの熟女のほおの内側のすべすべ、上顎のザラザラ、喉の奥に亀頭が当たるときのねちっとした感触、舌のつぶつぶ。 ときおり熟女の歯が当たるときのチリッとした刺激さえも心地良い。「んっ、ちゅっ、ちゅっ……れろれろっ、ちゅぱっ、はぁっ、ん、んんっ」 セフレの美魔女は、顔を真っ赤にしながら、一生懸命にフェラをしてくれている。 かわいくて、ありがたくて、身体の奥がかぁっとなる。 自分がひどく魅力的な男になった気分だった。 おばさんが口腔に溜まった唾液をすすり上げようとしたのだろう。 美魔女にちゅるちゅると亀頭を吸われ、射精欲求が急速に兆した。「うっ、だ、だめだっ、も、もう、出そうだっ!」 ドバッ!「きゃっ」 セフレの美熟女がぱっと唇を離した。 唾液にまみれた亀頭が前後に弾み、精子を発射する。 ドブドブッ! ビュッ!! スタイルのいい美魔女の綺麗な顔にスペルマが降り掛かる。 鼻のアタマに精子が付いている様子は、どこかユーモラスで、征服感さえもわき起こる。四十路の美熟女はきょとんとした表情を浮かべている。その様子がかわいらしい。「うわっ、す、すみませんっ」「ふふっ。いいのよ。勢いが良くてびっくりしちゃったの」 おばさんは甘く笑った。そして、細身のおばさんは再び口唇を大きく開くと、射精途中のオ○ンチンをぱくっとくわえた。 熟女の口腔のぬるっとした熱さに、射精の勢いがさらに強くなる。 舌先が亀頭を舐め上げた。 精液が気管に入らないように、セフレの熟女は舌を立ててガードしたのだろう。
 
「うっ。ううーっ」 ビッチなおばさんに射精途中の敏感な尿道口を舌先で舐められて、頭の芯がかぁっと熱くなる。「ちゅるちゅるっ。ごくっ。ごくんっ」 40代の熟女は、口腔に精子を溜めては、ちゅるちゅるとすすり上げることを繰り返している。 びっくりするほど長く続いていた口内発射が、ようやく収まった。 ──僕ってすごい……。 万能感と達成感、征服感でクラクラする。「さすが若いから濃いわぁ。飲むの大変だった」 おばさんは、洗面所に行って、うがいをして顔を洗ってから戻ってきた。「すみません」「いいのよ。若返りそうだわ。さあ、早く脱ぎなさいな」「は、はいっ」 あわてて服を脱いでいく。 さっきおばさんの口に口内発射したばかりだというのに、いよいよだと思うと、おち○ちんに力が漲ってくる。 美熟女はベッドに横座りになって、早くおいでとばかりに枕をポンポンしている。 ビッチな熟女は薄紫色のブラとショーツ、キャミソールを着けたままなので、雪白の肌が透けてセクシーだ。「ヴィーナスみたいだ」「あらうれしい。ありがとう」 ベッドに乗って仰臥すると、中山美穂激似の熟女が白い腕を伸ばして抱きついてきた。出会い系アプリのハピメで出会ったセフレの女性とベッドで抱き合ってイチャイチャするというのははじめての体験だ。 パイパンの熟女の二の腕の柔らかさが印象的だった。胸のあたりが密着してドキドキする。「ああ、どうしよう。キスしたくなっちゃったわ。でも、フェラしたばっかりだから、おでこにしておくわね」 ビッチなおばさんに額やほおにチュッとキスをされ、ほおをスリスリして甘えてくる。美魔女の背中に手を回すと、ブラのホックに手が触れた。「取っていい?」「どうぞ」「え? あれ」 取れない。僕はあせった。「引っ張るんじゃなくて、内側に寄せるのよ。キャミソールが邪魔よね」 おばさんは上半身を起こしてキャミソールを脱ぎ捨てると、ベッドの下に落とした。 そしてベッドにうつ伏せになる。 ふくよかな印象の奇麗な熟女だが、背筋にヘコミが走っている。ヘコミにそって指を滑らすと、セフレの熟女がビクビクッと震えた。「あぁっ」 背中を真横に走るブラのアンダーベルトに指を当てる。「えっと、こうかな?」 セフレの美魔女のアドバイス通り、内側に向かって引っ張ると、あっさりとホックが外れた。 熟女が仰向けになり、肩紐から腕を抜いた。 量感のある巨乳のオッパイだった。美魔女は仰向けになっているせいでやや扁平になっているが、形が崩れたりせず、大きな風鈴を裏返したみたいだった。四十路の美熟女のはピンクで、乳首がつんと尖っている。「揉んでいいわよ」 おそるおそるタッチすると、爆乳のオッパイはふよふよと形を変えた。揉むと、指がぷよんと沈んでしまう。 温かくて柔らかくて、吸い付くような肌触りだ。「んっ……ふっ……あぁ……」「気持ちいいんだ?」「ええ」 僕は熟女に覆い被さると、片手で巨乳のおっぱいをいじり、もう片方の乳首をちゅっと吸った。
 
「あぁっ!」 巨乳のオッパイの片方を揉みながら、もう片方の乳首を舌先で転がしたり、ちゅっと吸ったりを交互に繰り返すと、熟女が甘い声をあげて悶える。「んっ、んんっ、だ、だめっ。そ、そんなにされると……っ」 おばさんの爆乳のオッパイを揉んでいると、心地良さのあまり陶然としてきた。マシュマロのように柔らかく、低反発まくらのように指が沈む。 きゅっと握ると、セックスレスのおばさんの巨乳のおっぱいがさまざまに形を変えるのが珍しい。汗ばんでいるせいで、手が吸い付くようだった。 スリムな美魔女が腰をもじつかせた。「んっ……んんっ、どうしてそんなに余裕たっぷりなの? 早く入れて」 余裕なんてない。たぶん僕は、興奮しすぎていて、なんというかどうしていいかわからなくなっているだけだ。 sexフレンドの熟女がベッドの上で腰をくねらせながら、ショーツを脱いでいく。 ショーツの股間のあたりはとろとろに濡れていて、アラフォーのおばさんが僕のつたないペッティングで興奮してくれたことを示している。「おニューなのに、びしょびしょになっちゃったわ」 おニューという言葉に笑ってしまう。 若々しく見えるセックスレスの美熟女だが、なるほどアラフォーだ。「もうやだ。笑わないでよ」「すみません。安寿ちゃんがかわいくて……」 くるくるによじれたショーツが、中山美穂激似の美魔女の手で足首から抜かれた。 匂いが変化した。人肌の甘い体臭だったのが、レモンヨーグルトの香りになっている。ラブジュースの匂い、発情のしるしだ。 フェロモン臭にぐっときて、興奮が極まった。かぁっとなってしまい、無我夢中でビッチな美魔女に覆い被さる。「安寿ちゃんっ! ゆ、杏樹ちゃんっ」 股間のあたりに亀頭を突き立てるが、うまく入らない。 脳裏が真っ白になった。「ううっ」 ──いやだ。どうしよう。カッコワルイ……。「落ち着いて」 sexフレンドの美魔女がきゅっと背中を抱いた。温かい腕の感触に、うわずっていた気持ちがすっと凪いだ。「はじめてで、うまく出来る人はいないわ。当然よ。……見せてあげる。ココに入れるの」 美熟女は、下肢をそろそろと開いた。「ううっ」 四十路の熟女のむっちりと脂肪の乗った真っ白な太腿の間に、ヘアで飾られたおま○こがある。スリットを通したマ○コの中央に、二枚のま○このビラが覗いている。 秘裂のはじまるところに、フードに半ば隠れた肉豆があった。 おばさんの細い指が、大陰唇ごと花びらを開く。おま○こが形作るピンク色の杯から、内側に溜まっていた膣液がとろりと落ちた。 ベイクドチーズケーキの香りがさらに濃度を増した。 俺は、顔を近づけてまじまじと熟女のま○こを見た。 桃色の粘膜の奥に、みっしりとヒダをあわせてすぼまっている膣口がある。「触ってもいい?」「いいわよ」 熟女のピンク色の突起に指を当ててツンツン押すと、コリコリした感触が返ってきた。一番敏感なところが勃起し、フードがつるりとむける。 人差し指と親指の腹でつまみ、くるくると丸めると、セフレの熟女が甘い声をあげて悶えた。「ああんっ、だめっ、……ああっ、ひぁんっ……だめっ、感じすぎて痛いのよっ。そっとしてっ」 パイパンのおばさんのクリちゃんからあわてて指を離す。つい珍しくて、敏感なところをいじりすぎてしまった。 美魔女のま○この奥に指を入れると、ちゅっと肉ヒダが吸い付いてきた。「うわっ」 中山美穂激似の美熟女のマンコはぬるぬるで熱くて、指が融けてしまいそうだ。それでいて、指の腹に当たるところはイクラみたいなツブツブでプチプチしている。美魔女のオマンコにちゅーっ、ちゅーっと吸い付いてきてはふっと緩む。まったくはじめての感触だ。「その、い、入れて、いい?」
 
「いいわよ」 熟女の膝を腰で割り、覆い被さる。ベッドがギシッと鳴った。 亀頭をスリットに当て、前後に揺すりながらおまんこのヘコミを探していく。 はじめてのことは緊張する。ドキドキが募るが、ここかな、と思うところで、ぐっと腰を押し込む。 おばさんが自分から腰を回して、入れやすいようにしてくれた。 にゅるっ。 亀頭がセフレのおばさんのおまんこに入っていく。 熱くてとろとろ、ふわふわでぬるぬるの肉ヒダに包まれて、うにゅうにゅと揉み込まれる。「ああ、入ってくる」 熟女がため息のような声をあげた。「うっ、ううっ、は、入った?」 40代の熟女のオ○ンコに入れるのは困難だったが、亀頭が入ってしまうとあとはすぐだった。先端でヒダを押し広げながら進んでいく。チ○コがずぶずぶとまんこに沈む。やがて、亀頭が美熟女の子宮口を押し上げて進入が止まった。 まったく初めての感触だった。フェ○チオともテコキとも、もちろん自分の右手とも、まったく違う感触だ。 ──これが女の人のマンコなんだ。 興奮と達成感で、ぼうっとする。 おばさんはぶるっと身体を震わせた。「ああ、大きい……。ゆうきくんのオ○ンチン、大きいわぁ……」 お世辞ではない。四十路の美魔女の子宮の入り口まで亀頭が届き、身体の内側をいっぱいにされている。喉から出そうなほどだ。 僕がどこか、自慢げな顔をしているのもかわいらしい。美魔女はふー、ふーっとため息をついている。 俺の瞳に自分の顔が写っている。おばさんは自分の顔が、いかにも優しげな表情を浮かべていることに気付く。出会い系アプリのハピメで出会ったセフレの男の目には、おばさんはこんな風に見えているのだ。 女神様になった気分でうれしい。「動いてちょうだい」 ヤリモクの熟女は下腹に力を入れ、身体の中のチンポをキュッと締めて催促すると、感動に浸っていた僕がはっとして腰を動かし始めた。 亀頭のエラがセックスフレンドの美魔女の膣ヒダを引っかけながら後退していく。全部抜け出るかと思った瞬間、確かめるようなゆっくりした動きで、再び奥を突き込んだ。「あぁっ、いい、いいわぁっ」 ずごっ、ぐちゅっ、じゅぷっ。 ベッドがギシギシと鳴り、結合部が粘着音を立てる。 俺は、顔を真っ赤にして、ゆっくりゆっくりした動きで腰をスライドさせている。「もっと、乱暴にしても、いいのよ」「乱暴になんか、できない。安寿ちゃんが魅力的だから」 ──ああ、なんてかわいいのかしら。ゆうきくん、もうちょっと大人になって、自信をつけたら、いい男になりそうね。「いやだわ。好きになりそうよ」 俺に好かれている女性がうらやましくなり、おばさんは甘い声をあげて彼の背中に両手を回した。「んっ……んんっ……はぁっ……あぁっ」 とくに奥がたまらなかった。俺のチン○ンは大きいから、奥にゴリゴリ亀頭が当たる。 亀頭が奥を突き上げるとき、清純な美熟女の子宮にビインッと衝撃が走り、淫液がドブッと出た。「うっ、なんかどろっ、って」 僕は驚きのあまり、動きを止めた。 熱くて濃い分泌液の噴出は、まるで女の射精のようだった。 かわいい美熟女が喜んでくれているのがわかり、動きが激しくなってしまった。「ううっ」「ああっ、いいっ! 気持ちいいわぁっ」
 
 セフレの美魔女はのびやかな声をあげて悶えている。 セフレのおばさんは奥を突くと気持ちがいいらしいと気がつき、オチン○ンを深く入れたままで、小刻みに腰を動かした。 巨乳の熟女の子宮口のこりっと硬い感触と、きゅうきゅうと締まってはフッと緩む膣ヒダの感触が交互に押し寄せてくる。 ドブッ。 亀頭がセックスレスのおばさんの子宮を押したとき、またもマン汁が出た。「あっ、あぁっ、奥だめっ、きゅんきゅんするのっ」 かぁっと身体が熱くなった。 僕はもう汗まみれだ。 出会い系アプリのハッピーメール(happymail)で出会ったセフレの美熟女がこんなにも喜んでくれている。「うっ、ううっ」 うれしくて晴れがましくて、腰の奥で熱い溶岩がぐらぐらと煮えたぎる。 ずぶっ、ずこっ、ぐちゅっ。 ギシッ、ギシギシッ。「だめっ、も、もうっ、イきそうよぉっ」 清楚な熟女の下肢が背中に回った。腰を浮かして、ふくらはぎで僕の腰をロックして、爆乳の美熟女はもっと奥まで欲しいのとばかりに腰を揺らしてくる。 俺が腰を突き上げるたびに、セフレの美魔女の爆乳の乳房がぷるんぷるん揺れて、赤い乳首が空中に見えない線を描く。「俺も、ですっ」 僕は膝立ちになり、上から押し込むようにして律動した。 ごりっ。 亀頭が奥を突き上げた瞬間、爆乳の熟女が三回目の粘り汁を吐き出し、ブルブルッと震えた。「ああっ、イくっ! イッちゃうぅうーっ」 身体がクッと硬くなり、腰がさらに上がった。 美魔女の身体は人形のように硬直しているのに、膣ヒダはきゅーきゅーっと吸い出すようにうごめく。「で、出るっ!」 ドブッ! ドクドクッ、ビュルはが「ううっ、俺、いく、いくいく!」と言いながら美熟女のマンコの中に精液をいっぱい中出しした。それは、孤独な一人エッチとは違い、深い満足感をもたらした。 セフレの美熟女は、腰を高く突き上げたままで、ぶるぶると震えている。 射精途中のチンコに、オマンコの肉ヒダが絡みついてくる。 まるで精子を一滴残らず子宮に収めようとするかのように。 溜まったものを吐き出すときに特有の快感と、深い満足感に襲われる。 身体が空に向かって飛び上がるような、それでいて地の底に落ちていくような、クラクラする快感だ。 射精が全て収まったとき、セフレの美魔女の緊張がやわらかくほどけ、ぽすっと音を立て腰が落ちた。「ああ、もう、疲れちゃったわ。ゆうきくんの、大きいし、すっごくいっぱい出たもの。お腹がたぷたぷになっちゃった」 二人でシャワーを浴びてから身だしなみを整えていると、ヤリマンのおばさんが怨ずるように流し目をくれた。「ごめん……じゃないな。ありがとう。安寿ちゃん」「お礼を言うのは私のほうよ。若いときに戻った気分で楽しかったわ」 清楚な熟女はあっと言う間にワンピースを纏うと、笑みを浮かべて言った。 「その……、また逢えるかな……?」「だめよ。ゆうきくんは、好きな女の子にアタックするのよ。わかった?」「アタックか」 ときおりセフレのおばさんの口から出る死語がかわいかった。「そうよ。がんばりなさい。そろそろ出ましょう! 大牟田駅まで送ってあげる」 僕はどこか名残惜しい気分で、ラブホテルをあとにした。
 
出会い系サイトハピメでのsexフレンドの美魔女とのタダマンsexのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓















































 
今回スタイルのいいおばさんと即タダマンセックス出来た出会い系はハピメです。
 
なおハッピーメール(happymail)を利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないといますぐエッチさせてくれる綺麗な女性と出会ってsexフレンドにしてオフパコエッチできませんので、ハッピーメールに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハッピーメールのような出逢い系コミュニティで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで分かりやすく説明していますのでご覧ください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハッピーメールは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.